派遣社員として働いていても、産休・育休を取得することができます。

ただし、直雇用されている社員と比較すると、産休・育休の取得方法に明確な違いがあります。ここでは、派遣社員が産休・育休を取得する方法についてご紹介します。




派遣社員の産休の取得方法

産休は「産前と産後休業」のことをいいます。産前休業は、本人が請求すれば出産予定日の6週間前から(多胎妊娠の場合は予定日の14週間前から)取得が可能です。

産後休業は、出産した日の翌日からから8週間の取得が義務付けられており、この期間は就業することができません。ただし、出産から6週間経過後本人の請求により、医師が支障がないと認めた場合は、仕事に復帰できます(労働基準法第65条)。

なお、派遣社員には契約期間があり、産休中にこの契約期間を迎えると、契約期間が終了します。労働基準法では、「産前産後の休業中+30日間の解雇の禁止」と定められていますが、これは派遣社員には適用されません。

その場合、産休・育休中に限り正社員などの直雇用に切り替えてもらう方法があるので、派遣会社に相談してみましょう。

派遣社員の育休の取得方法

育児休業は、産後休業が終了してから、子が1歳になる誕生日の前日まで取得できます。ただし、保育所に入所できないなどの理由により、育休を延長したい場合は、最長で1年6か月までの延長が認められています。

育休の申請期限は休業開始予定日の1ヶ月前までです。産休に入る前か、遅くとも産休中には申請を出しておくと良いでしょう。

ただし、派遣社員の育児休業は以下の条件をすべて満たしている場合に限られています。1つでも該当しなければ、育休の取得ができない可能性があるので、派遣会社に問い合わせてみることをおすすめします。

・同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている
・子の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる
・子の2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ契約更新されないことが明らかでない

1.は、「子どもが2歳を過ぎても引き続き契約される可能性がある」という意味です。

また、派遣元の労使協定により育児休業に関する下記の取り決めに該当する場合、育休を取得できなくなる恐れがあるため、派遣会社に問い合わせてみましょう。

①同一の事業主に雇用された期間が1年未満
②派遣元との雇用期間が1年以内に終了する
③一週間あたりの所定労働時間が2日以内

産休・育休は派遣先企業ではなく派遣会社に申請すること

以上の産休・育休の取得は、登録している派遣スタッフ個人にかかわることであり、派遣先企業の業務とは無関係なので、派遣会社に申請手続きを行いましょう。

その際、派遣先には産休・育休取得申請の手続きをしていることを報告し、休業期間と復帰予定の時期も相談のうえ決定します。申請手続きについてわからないことがあれば、派遣会社に確認しておきましょう。

登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
>>派遣recoで一番登録されている派遣会社です<<

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・豊富な職種
クリックマンパワーに登録してお仕事を探す
>>1分で登録完了<<

事務職求人にとても強い
・世界的企業の安心感
・福利厚生が充実




エリア別おすすめ派遣会社ランキング
北海道 北海道
東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 京都 大阪 三重 滋賀 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
沖縄 沖縄
おすすめの記事