ビズリーチの評判・口コミ

「ビズリーチって悪い評判も聞いたことがあるけど、大丈夫だろうか」そんな不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職活動に失敗しないためにも、利用する前に評判や口コミを確認しておきたいですよね。

この記事ではこのような疑問を持たれている方のために、実際に利用した方からの口コミや評判を基に、転職業界を知り尽くした筆者がビズリーチのメリット・デメリット、注意点、利用の流れなどを徹底的に調査しました。

求職者の方々からのご質問をまとめたよくある質問の解説もありますので、参考にしてみてください。

記事の目次

ビズリーチの評判・口コミ調査まとめ

ビズリーチ

運営会社 株式会社ビズリーチ
本社所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
設立 2007年3月
対応地域 首都圏に7拠点
求人は全国・一部海外のお仕事も有り
対応年代 30代40代50代※制限は無し
求人数 公開求人数:約128,000件
職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT技術職、
ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学、金融、研究・臨床開発・治験、建築・土木、人事、サービス、プロジェクト管理、Webサービス・制作、
デジタルマーケティング、広告、新聞・出版、テレビ・放送・映像・音響、デザイン、素材、食品、化粧品、
日用品、不動産、施工管理、医療営業、生産管理・品質管理・品質保証、学術・PMS・薬事、医療・看護・薬剤
利用料金 スタンダード:無料
プラチナスカウトのみ閲覧・返信が可能。また応募については、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能。
※プラチナスカウトとは、通常のスカウトに比べてかなり貴重なスカウトのことです。

タレント:3,278円(税込み)/30日間
ハイクラス:5,478円(税込み)/30日間
タレント・ハイクラス共に全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募、ヘッドハンターへの相談が可能。ビズリーチを最大限活用して、転職活動を進めることができます。
※タレント・ハイクラスに分けられる会員クラスは、新規会員登録時に現在の年収などをもとに審査によって決定されます。

公式サイト https://www.bizreach.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

 
ハイクラス転職に特化!
特に30代後半・40代・50代のハイキャリア転職に特化した転職サイトです。

ビズリーチの特徴
選ばれた人だけのハイクラス転職サイト
ヘッドハンター・企業によるスカウト制度
30代後半・40代・50代におすすめ

メリット
  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • 登録したらあとは待つだけでもOK
  • ヘッドハンターを自分で選ぶことができる
デメリット
  • 無料で利用できる範囲が少ない
  • 転職市場価値の低い人はスカウトされづらい
  • 質の悪い求人がある

▶︎横にスクロールできます▶︎

ビズリーチは国内最大のハイクラス転職サイトであり、多くの方に利用されているので、自分とは合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。
ビズリーチの悪い評判はそんな方たちからの意見でした。

また、ビズリーチは転職エージェントのような支援サービスが有料であるのが、特徴です。
求職者からも料金をいただくことで、より求職者に寄り添った質の高い支援が実現されています。

また、無料でも下記のようなサービスがご利用いただけます。

無料で利用できるサービス

  • 企業名を除く求人情報の検索・閲覧
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトの閲覧・返信
    ※プラチナスカウトとは、通常のスカウトに比べてかなり貴重なスカウトのことです。

全ての求人やスカウトの情報を閲覧したり、ヘッドハンターへの相談をするためには有料登録をする必要があります。
これらの有料サービスは1週間の無料体験も実施しているので、試しに有料サービスを体験してみて、使い勝手が良ければそのまま登録するという使い方もおすすめです。

自分に合うものを見つけられるように下記の内容も参考にしてください。
20代前半の方は第二新卒に特化している「ハタラクティブ」などがおすすめ。
20代後半、30代前半の方は対象の求人数が多く、転職もしやすい時期です。選択肢が豊富ですので、複数の転職エージェントに相談してみましょう。
ただ、年齢を重ねるにつれ異業種への転職は難しくなっていきます。業界・職種に特化した転職エージェントの利用も検討しましょう。
また、40代・50代になるとさらに求人は限られてきます。
今までのスキルや経験を活かせる特化型転職エージェントやハイクラス向けの「JACリクルートメント」などを併用することがおすすめです。

お急ぎの方のために、まずビズリーチの調査結果をまとめました。
記事の後半には悪い評判も含めた実際に利用した方々からの口コミやビズリーチのメリット・デメリット、特徴などの解説をいたします。
この記事を最後まで読めば、ビズリーチに登録すべきかどうかをご自身で判断できるようになります。

ぶっちゃけ話転職サービス選びで最も重要なことは「あなたとの相性」です。
ご自身の希望を最大限に叶えるためにも複数のサービスに実際の詳細を見ることがおすすめします。そして、サービスの使い心地や求人を実際に目で見てさらに厳選してください。
効率的にあなたに合った転職サービスが見つかります。

ビズリーチの評判・口コミ

口コミアイコン
30代男性(年収800万円台)
他の転職サポート系サービスも使ったことがありますが、ビズリーチほど年収の高い求人がそろっているところは見たことがないです。
また、スカウト機能と自分から応募できる機能から自分の好きなやり方を選ぶことができるので、自分なりの転職活動ができて楽しかったです。
転職活動を効率的に進めることができたので個人的にはかなり使い勝手の良いサービスでした。
その他のレビューを見る
CareeReco(旧派遣reco)
平均評価:  
 2 レビュー
by T.Y
外国人のコンサルタントが転職の味方になってくれるエージェント

ビズリーチは、「ハイキャリア層」の求人が多いので、自分みたいなミドルキャリア層でも転職できるか心配でしたが、希望通りの転職をすることができました。

自分を担当してくれたコンサルタントは「外国人」だったので、少し心配でしたが、かなり細かい部分まで詳細なやり取りをメールでしてくれました。外国人のコンサルタントで良かったと感じたことは「交渉力が強かった」ことです。

パフォーマンスを上げるという条件が付きましたが、年収を上げてくれ、自分が希望して年収まで上げてくれました。転職しようとしていた企業のいいところや悪いところも、きちんと教えてくれたので、ビズリーチを利用して良かったと感じました。

by シーカ
スカウト受信率は抜群、ヘッドハンターとのコンタクトも取りやすい

ビズリーチの良いところは、何といってもスカウト数の数が多い点です。スカウト送信するのは企業だけでなく、ヘッドハンターも含まれますので、すぐに複数の企業とのやりとりが出来るわけではありませんが、自分の可能性を知るためにも、ヘッドハンターやエージェントともコンタクトを取れるのは非常に良いと思います。

また、ビズリーチ自体が急成長を遂げているIT企業ということもあり、IT企業経験者や人材業界経験者であれば、高確率でビズリーチ自体からもスカウトが送られてくることもあります。私や私の友人もビズリーチからスカウトを受信しており、これは他サービスにはなかなか無い特徴だと思います。

なお、あえてマイナス点を挙げるならば、唯一の有料サービスである点かと思います。企業視点では、課金している本気の転職希望者とコンタクトか取れるというメリットがありますが、求職者の利点はあまり無かったように感じます。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

良い評判・口コミから分析|ビズリーチを利用するメリット

良い評判・口コミを集めて分析したことで分かった、ビズリーチを利用するメリットを3つにまとめたので、解説と裏付けとなる情報もご紹介いたします。

ビズリーチを利用するメリット

  • 年収1,000万円以上の求人が30%以上
  • 登録したらあとは待つだけでもOK
  • ヘッドハンターを自分で選ぶことができる

1.年収1,000万円以上の求人が30%以上

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職」というキャッチフレーズの通り、ハイクラスの転職に特化した転職サイトです。
年収800万~2,000万円クラスの求人が多数揃っており、年収アップやさらなる高みを目指す転職をご希望の方にはうってつけです。

求人数も業界トップクラスで、公開求人約128,000件、非公開求人23,000件以上です。
この求人数は、さすが国内トップクラスのハイキャリア転職サイトといったところでしょう。

ビズリーチの求人例
ビズリーチで公開されている求人情報の一部をご紹介します。
下の画像のように、経営者層や高年収の求人が多数揃っています。

求人情報

会員登録をすることで企業名など詳細な求人情報を知ることができます。
このようなハイクラスの求人ほど一般には公開されないものなので、ビズリーチを利用することで非公開求人にも出会うことができるのは大きなメリットです。

また、オンライン×エンタメ求人や英語力を活かせる求人など、いま流行りの求人を特集で紹介しているのもビズリーチの面白いところです。

おすすめ求人

ビズリーチを利用すれば、経営幹部などのプロフェッショナル向け求人珍しい職種など、一人で転職活動をしているだけでは出会えなかった企業に出会うことが出来そうです。

口コミアイコン
40代男性(年収:1,000万円台)
求人のレベルがとても高かったことが印象に残っています。
登録が完了してそこまで時間がたたずに連絡が来て、転職成功までもとても丁寧に対応してくれました。
求人内容に関しては少し疑ってしまうほどのレベルで驚きました(笑)
スカウトを待つのもいいですが、自分で求人を探すのも楽しかったです。
口コミアイコン
30代男性(年収:800万円台)
求人情報についてですが、年収に関しては完全に自分の想像を超えていて驚きました。
予想していたよりも質の高い求人に出会うことができて、一定層からのキャリアアップのために活用しやすいサービスだったと思います。
ただ転職が決まるまでに割と時間がかかってしまったので、なにかと不安な時期が続いたことについては少し残念でした。

2.登録したらあとは待つだけでOK

ビズリーチは、求職者が自分で求人を検索する転職サイトとしての機能に加え、スカウト制度を採用しています。

転職活動をするうえで、「時間がなくて自分で求人情報や転職情報を集めることができない」というのは誰もが悩む課題の1つだと思います。
スカウト機能があることによって、求職者は登録したあとに待っているだけでも求人に出会うことが可能です。

スカウトサービスとは
スカウトサービスとはあなたが企業を探すのではなく、企業側からあなたを探してくれるサービスです。
希望条件や職務経歴などを登録しておくと、その情報を基にあなたに興味をもった企業からあなたへのアプローチが届きます。なお、氏名など個人を特定する情報は公開されません。

ビズリーチの場合は、求人企業からの直接スカウトに加え、ヘッドハンターによるスカウトがくることもあります。
企業と直接やり取りする方法に加え、担当のヘッドハンターのサポートによって効率的かつ高い成功率の転職活動を行うことができます。

ヘッドハンターとは
ヘッドハンターとは、役員クラスや経営に関する即戦力になる方などを対象として、人材と企業のマッチングをサポートするお仕事です。
マッチングサポートの手段はヘッドハンターによって異なり、専門企業に所属している方や個人で独立している方など様々です。

自分はスカウトしてもらえるのか心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、ビズリーチには約4,000名のヘッドハンターが登録しており、ビズリーチ利用者の80%以上がスカウトで転職を成功しているという実績があります。

しかし良い求人のスカウトをもらうためには、それ相応の実績や経歴が必要となる場合があるので注意が必要です。
ご自身の経歴に自信がある方は、是非ビズリーチに会員登録して優良求人からのスカウトをもらってください。

口コミアイコン
30代男性(年収:700万円台)
転職サポートのサービスで、このようなスカウトというシステムがあることを知らなかったので、初めてビズリーチを使うときには驚きました。
登録して数日後にスカウトをもらうことができたのでスムーズに転職活動を進められました。
自分が面倒くさがりな性格だったこともあり、代わりに求人を探してもらえるというサービスはとても助かりました。
口コミアイコン
40代女性(年収:700万円台)
忙しかったこともあって転職活動になかなか時間をさけずにいました。
そのような状況でスカウトサービスはとても便利でした。
なにもしていなくてもどんどんスカウトの連絡や求人案内の連絡が来るので、とても濃密な時間の使い方ができたと思います。
求人の質もいいので選ぶのが大変だったこと以外は文句の付け所がありません。

3.ヘッドハンターを自分で選ぶことができる

ビズリーチでは、ヘッドハンターを、求職者側から自由に選ぶことができます。

転職エージェントの場合、基本的にコンサルタントを指名してサービスを利用することができず、人柄や意思疎通の面でミスマッチが起こるということが頻繁にあります。
しかし自由にヘッドハンターを選ぶことができるビズリーチの場合はこのようなミスマッチが起こり得ないので安心です。

会員登録をすることで、ビズリーチに登録している約4,000名のヘッドハンターの情報を詳しく見ることができます。
担当業種や経験年数、そして英語力や独自のヘッドハンタースコアなどで詳細検索できるので、あなたの要望にマッチしたヘッドハンターを探すことができます。

ヘッドハンター検索画面

ヘッドハンターは、自分の人生を左右する転職活動のパートナーとなる存在です。
特にハイキャリアの転職となると失敗が許されないため、あなたに最適なヘッドハンターに担当してもらうことが非常に大切です。

こうした点において、求職者の意思でヘッドハンターを選べるシステムを採用していることは、ビズリーチの大きなメリットの1つと言えます。

口コミアイコン
40代男性(年収:800万円台)
過去に転職エージェントを利用したときに、優良求人だと言って紹介された企業に入ったらブラックだったということがありました。
その経験から人間不信になりかけたほどの経験でした。
ビズリーチの場合は自分で担当者を選べるということで、あの時のような悪質な担当者にあたることもないと思い利用しました。
結果的にとても良い方に担当していただき、転職を成功させることができました。
口コミアイコン
50代男性(年収:1,000万円台)
転職なんて人生でそう何度もしたくなかったので、担当してもらう人は自分が心から信頼できる人にお願いしたいと思っていました。
ヘッドハンター選びにはかなり時間をかけ慎重に行いました。
その結果、自分の希望にマッチしたヘッドハンターと出会うことができ、個人的にとても満足できる求人をたくさん紹介してもらうことができました。

悪い評判・口コミから分析|ビズリーチを利用するデメリット

ビズリーチの悪い評判を聞いたことはありませんか?
ここでは、悪い評判・口コミもご紹介いたします。

ビズリーチは国内最大級のハイクラス転職サイトであることもあり、100万人以上の登録者がサービスを利用しています。ここまで多くの登録者がいれば、いい評価ばかりだけではなく悪い評価が出てくるのも当然であると言えます。
ですから、あなたもビズリーチの悪い評判を聞いたことがあるのではないでしょうか。

またヘッドハンターのスカウトを利用する場合、ヘッドハンターによってサポート体制が異なるようです。
転職サービスを利用するときには実際に使ってみての使い勝手や自分との相性が大切になりますので、実際に利用してみて合わないようであれば他の転職サービスの利用を検討してみてください。

デメリットに対する対策もご紹介いたしますので、是非参考になさってください。

ビズリーチを利用するデメリット

  • 無料で利用できる範囲が少ない
  • 転職市場価値の低い人はスカウトされづらい
  • 質の悪い求人がある

1.無料で利用できる範囲が少ない

ビズリーチの口コミ・評判の中には、無料で利用できるコンテンツの範囲の狭さに対する悪い評価が多かったです。
ビズリーチは会員登録などは無料で行えますが、積極的に転職活動したい場合や秘匿性の高い求人情報を得たい場合には、有料会員登録が必要です。

他の転職サービスの場合は基本的にすべてのサービスを無料で利用できるため、このような評価になってしまうのは当然かもしれません。
しかしビズリーチが利用を有料としている理由は、お客様を真のお客様だと考えているためです。

ビズリーチが有料の理由

求人企業やヘッドハンターからのみお金をもらって求職者からお金をもらわないでいると、結果的に求人企業やヘッドハンターが得をするようなサービスになっていってしまいます。

ビズリーチがなぜ有料会員制を採用しているかを考えてみると、評価も変わるかもしれませんね。

口コミアイコン
40代女性(年収:600万円台)
登録して2日程度しかプレミアムステージと同じ恩恵を受けることができなかった。
本気で転職するために利用するとなると無料会員のサービスの範囲では不可能なので、有料会員になるしかない。
にもかかわらず登録に関しては無料であることを強調しているところがいやらしいと思った。
口コミアイコン
30代男性(年収:700万円台)
転職支援サービスの醍醐味である非公開求人の閲覧が、無料会員ではできないことに驚いた。
スカウトを見ていても突然無料会員では閲覧不可能になる部分もあり、ビズリーチを利用していくうえで無料会員はかなり肩身が狭いと思った。
無料会員で無理やり転職成功まで頑張るくらいなら別のサービスを使ったほうがいいのではないかと思う。

2.転職市場価値の低い人はスカウトされづらい

ビズリーチは30代後半・40代・50代などハイクラス転職に特化した転職サイトです。
年収やポジションのレベルが高い分、募集業界や職種の関係上、どうしても応募条件が厳しくなってしまう求人が多いです。

そのため、職務経歴などの登録情報で企業やヘッドハンターの目にとまるような経歴がない場合は、なかなかスカウトされないという現状があるようです。

口コミアイコン
40代男性(年収:550万円台)
求人情報を見て、行きたいところはたくさんあったにもかかわらず、スカウトがこないどころかこちらから応募しようとしてもなかなか対応してもらえませんでした。
おそらく私の経歴を見て応募不可と判断されたんだと思います。
また、しっかりした経歴がなければ丁寧なサポートは受けられないようです。
書類の添削をお願いしたのにずっと後回しにされました。
口コミアイコン
40代女性(年収:500万円台)
登録してもなかなか良いスカウトの連絡がこない。
また、自分で探してもほとんどの求人の応募要件を満たすことができない。
職務経歴や希望の職種などは登録してあるはずなのにまったく関係のない求人ばかりを紹介してきてもはや不思議だった。
しかも有料会員になればもっと良い求人を紹介するといった宣伝が定期的にメールで送られてくるので、人を馬鹿にしているのかと思った。

3.質の悪い求人がある

ビズリーチを利用していて質の悪い求人に出会ったという口コミも多くありました。
おそらくこのような評価をする方は自分で求人を探さず、スカウト機能やメールでの求人紹介のみを利用していると考えられます。
これらの機能は自分で求人を探す手間が省けるというメリットがありますが、自分で求人を探すことがないため、求人の詳しい情報まで知ることができないことがデメリットとして考えられます。
求人とのミスマッチをさけるため、ビズリーチの求人検索機能や口コミサイトを活用して、詳しい求人情報を調べるようにするとよいでしょう。
年収や職種だけで求人の質を判断してしまうと、思わぬミスマッチが起こる要因にもなるので注意しましょう。

口コミアイコン
40代女性(年収:800万円台)
まったく聞いたこともない企業ばかりからスカウトが来て不安になった。
この年齢での転職は失敗したくないという気持ちがあったので、怖くてエントリーできなかった。
もっと詳しい情報ももらえるようなシステムがあるといいと思った。
口コミアイコン
30代男性(年収:900万円台)
自分の希望にはマッチしない求人ばかりからスカウトがきたので残念だった。
また、メールで求人を紹介されてもそれがどのような仕事なのかよくわからないということが多かった。
もう少し詳しく教えてくれても良いのではないかと思う。
口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

ビズリーチの登録後の流れ

ビズリーチの利用の流れは、他の転職サイトや転職エージェントとは異なり、採用企業と直接やりとりするのか、ヘッドハンターのサポートを受けるのかによって変化します。
さらにヘッドハンターによっても利用する流れに若干の差異があります。

とは言っても根本となる流れは共通しており、他の転職サービスと大きく異なるわけではないので、基本の流れを理解しておきましょう。

1.登録
2.スカウトをもらう・求人に応募する
3.ヘッドハンターと面談(ヘッドハンターのサポートを受ける場合)
4.面接
5.内定・入社

1.登録

ビズリーチを利用するには、まずは「会員登録(無料)」フォームから申し込む必要があります。
登録は簡単で、平均して約5分ほどで完了します。

2.スカウトをもらう・求人に応募する
a).企業と直接やり取りする場合

・企業から届いたスカウトに返信
・企業が掲載している求人を自分で検索して応募
・メールで送られてくる職務経歴とマッチした求人に応募

これらの方法で応募することで、企業と直接やり取りすることができます。

b).ヘッドハンターのサポートを受ける場合

・ヘッドハンターからのスカウトに返信
・ヘッドハンターが掲載している求人を自分で検索して応募
・ヘッドハンターを検索

これらの方法でヘッドハンターからのサポートを受けながら転職活動を進められます。

3.ヘッドハンターと面談(ヘッドハンターのサポートを受ける場合)

ヘッドハンターのサポートを受ける場合、求人応募の後に面談が行われます。
面談では、ヘッドハンターにより詳細な希望を伝えることによって、より希望にマッチした求人を紹介してもらうことが可能です。

面談の場所や日程、服装についてはヘッドハンターによって異なります。
下記に基本的な転職エージェントとの面談時の服装について紹介しているので是非参考にしてください。

面談時の服装
面談時の服装は自由です。
リラックスして話せることを重視するのであれば、着慣れた私服などがいいでしょう。
一方、企業との面接対策も兼ねて身だしなみのアドバイスも受けたいという方はスーツなどでいくのもおすすめです。
身だしなみのアドバイスはどこをどのように注意すると採用担当者からの印象が良くなるのか、より具体的に提案してもらいましょう。

ヘッドハンターによってはお電話にて面談を実施してもらうことも可能です。
株式会社ビズリーチの拠点での面談の可能性もありますので、下記にビズリーチの拠点を紹介しておきます。

全国の拠点一覧
東京本社
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1
各線渋谷駅より徒歩4分

渋谷363清水ビル
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-3 渋谷363清水ビル7F
各線渋谷駅より徒歩4分

渋谷新南口ビル
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル6F
JR渋谷駅より徒歩1分

ネクストサイト渋谷ビル
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル5F
各線渋谷駅より徒歩10分

関西オフィス
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-1-3 桜橋御幸ビル9F
大阪市営地下鉄西梅田駅より徒歩1分、JR北新地駅より徒歩2分、JR大阪駅より徒歩5分

名古屋オフィス
〒450-6322
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋22F
各線名古屋駅より徒歩5分

福岡オフィス
〒810-0002
福岡県福岡市中央区西中洲12-33 福岡大同生命ビル12F
地下鉄空港線天神駅より徒歩5分

面談を通じて今後のキャリアについて考え、強みや弱みを共有することでお互いの信頼関係を構築します。
無理に転職をせかされたりすることはないので安心してくださいね。
面談で行うのは下記のような内容です。

キャリアの棚卸し

ヘッドハンターと共に客観的にみたあなたの強み・弱みを整理します。

転職の目的や希望条件の確認

転職で実現したいことや譲れない条件の確認をします。転職すること自体がゴールではなく、転職してどうなりたいかを考えます。入社後の活躍やキャリアアップ、どのような生活・環境を望むのかしっかり伝えておきましょう。

方向性の明確化

面談後の転職活動の進め方を決めます。希望の転職時期から逆算してスケジュールを立てていきます。

現在の転職市場に関する情報共有

現在の転職市場ではどのような人材が求められているのかなどの情報を得ることができます。客観的にみた、あなたの評価・強みを確認しておきましょう。

当日の面談をスムーズに進めるためには、希望条件や希望職種・業界をある程度具体的に考えておきましょう。
ヘッドハンターとの面談では、最新の転職市場の情報を得られるだけでなく、あなたの現在の状況や今後の方針を整理しながらスケジュールを立てることができますので、やるべきことが明確になってくると思います。

また、ヘッドハンターに希望の条件を詳細に話せば話すほど、その条件にマッチした、スカウトにも載らないほど秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

非公開求人とは
多くの転職サービスは非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職サービスを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職サービスから紹介してもらいましょう。

4.面接

面接は企業とあなたのお互いの理解を深める場です。

ヘッドハンターを経由する場合、面接前にしっかりと面接対策として模擬面接を行ってくれています。

応募企業に合わせたあなたのアピールすべきポイントをアドバイスしてくれるので、面接官に伝えるべき内容を忘れずに把握しておくことができます。

面接で緊張してしまうという方でも、こうした面接対策があるので安心です。
面接後には企業からのフィードバックを共有してくれるヘッドハンターもいるので、次回以降の面接に活かすことができます。

5.内定・入社

ヘッドハンターを経由した場合、自分ではなかなか言いづらい給与などの交渉や、勤務開始日の打ち合わせなどをヘッドハンターが代わりに行ってくれます。
前職の退職に関する交渉のアドバイスも行ってくれるので、転職の際にありがちな退職困難に陥る心配もありません。

ヘッドハンターによっては転職成功してもそこから数か月はサポートを継続してくれることもあります。
職場での悩みなど何でも相談してみるとよいでしょう。

また、ビズリーチは無事入社が決まった方にお祝いを用意しています。
受け取り忘れが無いようににしましょう。

ビズリーチに関するよくある疑問

Q1.登録情報はどのように見られている?
Q2.人材紹介と人材派遣は何が違うのですか?
Q3.なぜ有料コンテンツがあるのですか?
Q4.ヘッドハンターに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?
Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

Q1.登録情報はどのように見られている?

登録されたレジュメの内容は求人企業ヘッドハンターに公開されます。
しかし「氏名」、「メールアドレス」、「生年月日」、「電話番号」の欄の情報はみられることはありません。
スカウトへの返信、ヘッドハンターへの相談、求人情報への応募依頼などを行うことで、実名を含んだ登録情報が公開されます。

Q2.人材紹介と人材派遣は何が違うのですか?

人材紹介は、しばしば人材派遣と同義にされることがあります。
しかし人材紹介と人材派遣は異なるサービスなので、その違いをご説明します。
人材派遣は、人材派遣会社が人材を雇用し、一定期間企業に派遣するサービスです。
これに対して人材紹介は正社員としての雇用を希望される方に、面談、求人紹介、面接対策などの転職サポートを提供するサービスです。

Q3.なぜ有料コンテンツがあるのですか?

ビズリーチはお客様のことを真のお客様として扱うために有料コンテンツを設けています。
無料で利用することができるということは、転職サービスにお金を払っている求人企業やヘッドハンターと比べて優遇されない可能性が高いことを意味します。
無料サービスの場合、転職サービスが儲けるために求人企業やヘッドハンターに配慮した行動をとった結果として、求職者が不利益な転職をさせられることもあるのです。

Q4.ヘッドハンターに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?

ヘッドハンターに話したことがそのまま企業に伝わるわけではありません。
職歴が多かったり、退職理由が話しづらいものだったりするとごまかしてしまいたくなるものですが、なるべく正直に伝えることをおすすめします。
嘘をついたり、その場限りのごまかしをしてしまうと、これまでの経験を整理したときにつじつまが合わなくなってしまう上に、二度とその企業の選考を受けられなくなってしまう可能性もあります。

ヘッドハンターは経歴などの少しでも良い見せ方・伝え方も一緒に考えてくれます。
不安なことは気軽に相談してみましょう。

Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

可能です。
具体的な転職時期が定まっていない方の登録も受け付けているので、転職を少しでもお考えの方はお早めに登録しておきましょう。
早めに登録しておくことで、より多くの求人を紹介してもらえます。
さらに、長くかかわることで強い信頼関係をヘッドハンターと構築できるので、よりマッチ度の高い求人を紹介してもらうことができます。

ビズリーチの利用がおすすめなひと

ここまでの口コミに基づいたビズリーチのメリット・デメリットをふまえて、ここではビズリーチがどのような人におすすめかをご紹介していきます。         
ビズリーチは、転職サイトとしての機能とスカウトシステムを兼ね備えていることと、ハイキャリアに特化した質の高い求人が特徴です。

そのため、ハイクラス転職を狙う30代後半、40代、50代のすべての方におすすめの転職サービスです。

ですが、転職サービスを選ぶ際にはひとつの転職サービスだけに頼らないことが最も重要です。
なぜなら、あなたの希望する働き方と転職サービスの得意不得意が合っていなければ本当に希望していた働き方を叶える求人には出会えないからです。

ビズリーチと併せて複数の転職サービスを利用し、転職サポートを希望する場合は数名のキャリアアドバイザーと出会うことで、あなたの希望する働き方をきちんと理解してくれるひとに出会えると思います。

まずは、多くの方におすすめしたい総合型転職サービス業界大手2社をご紹介いたします。

▶︎横にスクロールできます▶︎

次に、特化型転職エージェントを一覧でご紹介いたします。
特化型転職エージェントは特定の職種・業界・タイプ別に特化したサポートが魅力です。
気になる業界がある方はそこに特化したものをお選びください。担当者が業界出身者であることが多く、専門性の高いアドバイスを得ることができ、転職活動がスムーズに進められる可能性が高くなります。

ハイクラスや第二新卒、女性などの特徴に合わせた転職エージェントもありますので、下記の表の中にはあなたに合ったものもあると思います。

おすすめサービス 公式サイト
看護師 看護のお仕事 https://kango-oshigoto.jp/
介護 スマイルSUPPORT介護 https://www.h-career-support.com/kaigo/
保育士 保育ひろば https://hoiku-hiroba.com/
薬剤師 薬キャリ https://pcareer.m3.com/
IT・Web
エンジニア
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
製造業系
エンジニア
メイテックネクスト https://www.m-next.jp/
管理部門
(経理・財務・
人事・総務)
MS-Japan https://www.jmsc.co.jp/
公認会計士 マイナビ会計士 https://cpa.mynavi.jp/
医師 エムスリーキャリア https://agent.m3.com/
アパレル クリーデンス https://www.crede.co.jp/
クリエイティブ マスメディアン https://www.massmedian.co.jp/
マーケティング マーケティング
転職.com
http://www.marketing-jac.com/
コンサル JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp/
金融 マイナビ金融AGENT https://mynavi-agent.jp/
ゲーム Geekly https://www.geekly.co.jp/
外資 ロバート・
ウォルターズ
https://www.robertwalters.co.jp
管理職・
ハイクラス
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
女性の転職 パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
ニート・
フリーター
就職Shop https://www.ss-shop.jp/
ベンチャー Goodfind https://www.goodfind.jp/2020/
第二新卒 ハタラクティブ https://hataractive.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

最終的には総合型と特化型で合計3社ほど利用するのがおすすめです。

各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたで合う合わないがはっきりとしてくると思います。
使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。
また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めて転職エージェントを選んでみるのもいいですね。
転職エージェントは担当するキャリアコンサルタントの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

転職エージェントを最大限に活用する6つのポイント

1.連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。
複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。
あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。
転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンサルタントはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。
担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

ビズリーチの評判・口コミまとめ

この記事ではビズリーチの評判・口コミとそれを基にしたビズリーチのメリット・デメリットなどをまとめてご紹介いたしました。

ビズリーチの特徴
ハイクラス転職に特化
ヘッドハンター・企業によるスカウト制度
30代後半・40代・50代におすすめ

ビズリーチはハイレベルな求人とヘッドハンターの質の高さが魅力ですが、一方で無料で利用できない範囲が広く、担当者によっては希望に沿った求人を紹介してもらえない場合もあるようです。

他の転職サービスも併用し、あなたの転職の成功確率を高めましょう。

>>転職エージェントおすすめランキング

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄