CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

調剤薬局って人気のイメージがあるけど、実際どうなの?
調剤薬局に転職したいけど、どうやったら転職できるの?

上記のような悩みや疑問を抱えている人が多いと思います。

そこで今回は、調剤薬局への転職方法と調剤薬局で働くメリット・デメリット
その他にも調剤薬局で働く薬剤師の年収など様々な知識をご紹介します。

記事を読む前と読み終わった後では、転職活動の進み方が大きく異なるでしょう。ぜひ参考にしてください。

薬剤師求人が
圧倒的に多い
薬キャリ

薬キャリ
薬剤師登録者数No.1
コンサルタント満足度95%

\60秒で登録完了/

公式サイト→

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
最短3日で転職!
キャリアアップにも強みあり

\60秒で登録完了/

公式サイト→

記事の目次

調剤薬局へ転職したいなら転職エージェントを利用すべき

調剤薬局へ転職したいけど、何から始めたらいいのか分からない…。

このような悩みがある方はぜひ転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントとは転職相談・求人紹介・面接対策・書類添削・入社後のアフターフォローなどのサポートを全て無料で行ってくれるサービスです。

転職活動がスムーズにできるだけでなく、大手調剤薬局から地方の小さな調剤薬局まで幅広い求人を扱っているため
あなたが求めている仕事に出会える可能性がかなり高いです。

「妥協したくない」「失敗したくない」と考えている人はぜひ登録だけでもしておくと、今後の転職活動が捗るでしょう。

転職決定者は約4.2社の転職エージェントを利用
実は転職を見事成功させた人ほど複数の転職エージェントを利用していることがリクルートの調査により確認されています。

【転職エージェント利用社数】

転職決定者 平均 4.2 社
全体 平均 2.1 社

複数の転職エージェントを利用することが転職成功につながる理由は2つあります。
1つ目の理由は非公開求人の存在です。特に総合型転職エージェントの場合、そのエージェントでしか見ることができない独占の非公開求人を扱っています。複数の転職エージェントに登録することで多くの非公開求人を見ることができ、自分の可能性を広げることができます。
2つ目の理由は自分に合った転職エージェントを見つけやすくなることです。実際に複数の転職エージェントに登録して利用してみることによって、転職エージェントとの相性を実際に感じることができます。
転職活動を成功させるためには、自分に合った転職エージェントを見つけることがとても重要なので、その後の転職活動をより効率的に進めるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

【関連記事】
転職エージェントとは|利用方法や上手な選び方まで徹底解説

調剤薬局への転職で利用すべき転職エージェント

ではさっそく、調剤薬局の求人が豊富で、評判やサポートの質が高い転職エージェントを5つご紹介します。

全て登録・利用が無料なので複数登録しておきましょう。

複数の転職エージェントに登録することで、幅広い求人情報を集めることができます。

求人数 サポート力 評判・質 提案力
薬キャリ
リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
アプロドットコム

▶︎横にスクロールできます▶︎

初めて転職する人はサポート力の高い薬キャリ
転職経験があり、より多くの求人を見極めて理想の職場を検討したい人は
求人数の多い「マイナビ薬剤師の利用すると良いでしょう。

1.薬キャリ|最初に登録しておくべき転職サイト

薬キャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3career.com/

薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。
「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

最短即日で最大10件の求人を紹介するなど、スピード感のある対応が人気で、非公開求人も紹介してくれます。また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。
ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。

求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

公開求人数 約57,000件(2020年3月現在)
非公開求人 8,000件以上
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案もらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。
求人もすぐに何件か提案してくレました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。

>>薬キャリの口コミ・評判をみる

2.リクナビ薬剤師|キャリアアップしたい方におすすめ

リクナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師さんのための転職サイトです。
「エージェント型」のサイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポートしてくれます。また、最短3日での転職が可能で急いで転職したい!と希望している方にもおすすめです。

リクナビ薬剤師の最大の魅力は、キャリアアップしやすい点です。高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。
ドラッグストアや薬局への転職にも強いです。

公開求人数 約35,000件(2020年3月現在)
非公開求人 75%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
前職はかなり残業があったので残業が少ない職種を希望していました。給与もできるだけ下げたくない、と希望を伝えたところ、的確な求人を紹介してもらえ、ドラッグストアに転職できました。
大きくはないですが給与も上がりました。微妙なニュアンスの違いについてもしっかり聞いていただけ、連絡も早く丁寧でした。

>>リクナビ薬剤師の口コミ・評判をみる

3.マイナビ薬剤師|20代・30代の転職におすすめ

マイナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は、20代や30代に人気のマイナビが運営する薬剤師さんに特化した「エージェント型」転職サイトです。全国15拠点の薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さです。利用者満足度No.1も獲得しています。
また、紹介件数は平均19.5件と他と比べても多く、選択肢が多い方が嬉しい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるので、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。
サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、とても探しやすいのではないでしょうか。定期的に転職相談会も実施しているので、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
非公開求人 40%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。
そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。

>>マイナビ薬剤師の口コミ・評判をみる

4.ファルマスタッフ|転職に不安な方におすすめ

ファルマスタッフ

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師さんのための「エージェント型」転職サイトです。
転職相談満足度96.5%と満足度が高く、求人数も約60,000件。
グループ会社には、日本調剤株式会社があり、教育のノウハウがしっかりしているため、登録者はしっかりとした教育環境を利用できることも大きな魅力です。
  面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。
  「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているので、転職はまだ具体的に考えていない方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。
また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。

>>ファルマスタッフの口コミ・評判をみる

5.アプロドットコム|正社員以外の幅広い提案も。

アプロドットコム

   

おすすめ度:
公式サイト: https://apuro.com/

アプロドットコムは、求人数約5万件を誇る「エージェント型」転職サイトです。
求人数が多いことや、丁寧なサポート体制が魅力で、面接対策や履歴書の書き方までサポートを受けることができます。また、派遣の求人数も多いため、正社員だけでなく幅広い提案をしてもらえます。
登録後、900本以上の講座を無料で受講することができ、薬剤師としてデビューしてから日が浅い方もしっかり学びを深めながら転職することができます。
求人数が多い分、駅近など条件の良い求人も多いという口コミも。今よりも条件はよくしたいけどまだ自信はない…そんな方におすすめの転職サイトです。

公開求人数 約47,000件(2020年3月現在)
非公開求人 約20,000件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

アプロドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
前回の転職では大手サイトを使いましたが、評判の良かったアプロドットコムさんに登録しました。残業の量や休みなどしっかりこだわったのですが、満足する転職になりました。
面接に同席してくれ、評判通り丁寧なエージェントでした。ただ、提案してもらった求人より自分で探した求人の方がしっくりきました。

もっと薬剤師の転職に強い転職エージェントを知りたい方は以下の関連記事もぜひご覧ください。
>>薬剤師におすすめの転職サイトランキング

調剤薬局とは

調剤薬局とは薬剤師が常駐している医師の処方に基づいた調剤をすることができる基準を満たした施設が整っているなどが当てはまる薬局を指します。

厚生労働省の地方部局である「地方厚生局」の保険指定を受けている保険薬局と呼ばれることもあります。

調剤薬局の種類

調剤薬局は現在まで大きく変化を続けていて、様々なタイプに分けられます。以下はその例です。

  • チェーンのドラッグストアと併設
  • 病院に隣接している薬局と併設
  • 在宅訪問メインの薬局
  • 地域の個人経営の薬局と併設
  • 都市圏のビルに属している薬局と併設

薬局は統合する可能性が高く、地域や状況に合わせて様々な変化をしています。

これからも新しい形式の調剤薬局がでてくると考えられるでしょう。

地域に根付いた調剤薬局

地方にある調剤薬局はかかりつけ薬局という位置にあります。

地域に住んでいる年配の方やお年寄りなど
疾患を抱えた方に処方する薬を調合したり、薬の管理や使用方法を指導するなど
密着した関係を築いている調剤薬局も多いです。

このようにニーズが高い調剤薬局は、今後も増えていくでしょう。

専門的な知識を扱う調剤薬局への転職を考えている方は、早めの行動をおすすめします

調剤薬局の実態

調剤薬局はドラッグストアとは異なり
調剤する薬以外の製品を扱うことはほとんどありません。

基本的には残業はなく
希望すれば週休2日とすることも可能である調剤薬局は多くあります。

一方で、病院と比べて狭い世界であるため
人間関係で悩みを抱えている人もいます。

調剤薬局にはメリット・デメリットが存在します。
転職エージェントに雰囲気など聞いて、ミスマッチが起こらないように注意しましょう。

調剤薬局の年収

ここでは、調剤薬局で働く薬剤師の年収をご紹介します。

病院やドラッグストアと比較した時の平均年収なので、参考程度に確認してください。

1.調剤薬局の年収|職場別比較

「調剤薬局へ転職すると、年収が下がるのではないか」と不安に感じている方が多いと思います。

結論を申しますと、年収が下がる傾向はありますが、大きく下がることはありません

参考程度に各薬局の年収を表にまとめました。
興味のある人はご覧ください。

初任給 平均年収
調剤薬局 22万~35万円 450万円~650万円
病院 20〜25万円 400万円〜650万円
製薬企業 20〜22万円 600万円〜1200万円
ドラッグストア 25〜35万円 500万円〜800万円
薬局 30万円~35万円 500万円~700万円

もちろん、経験年数や勤務エリアによってこの数値は変わってきます。

今後どのようなキャリアを積み上げていくか明らかにしておくと
今後の転職がスムーズに進むでしょう。

2.調剤薬局|年収アップの方法

ドラッグストアや通常の薬局と比較して
調剤薬局の平均年収は低いのが事実です。

しかし、年収が上がらないということはありません。

以下で、調剤薬局で働く薬剤師が年収を上げる方法をご紹介します。

できる範囲で実践してみましょう。

  • 地方の優良調剤薬局を探す
  • 管理薬剤師の役職を経験する
  • 専門の転職エージェントを利用して年収の交渉をする

地方の優良調剤薬局を探す

地方の調剤薬局には
小規模で人手不足な状況にある薬局があります。

そのような場所は、高い年収を払ってでも人手が欲しいと感じています

「今すぐにでも年収を上げたい」と感じている人は
地方の年収が高い優良調剤薬局を探すと良いでしょう。

人が多く、1人当たりの年収が抑えられてしまう都市圏の調剤薬局と違い
高い給料を目指すことができます。

管理薬剤師の役職を経験する

調剤薬局に限らず、薬剤師の業界は経験年数や実績を考慮した採用が多いです。

特に「管理薬剤師」などの役職を経験している人に対しては待遇が良くなります。

キャリアアップの面でも上の役職につけるよう努力することが
年収アップの道のりとして確実でしょう。

専門の転職エージェントを利用して年収の交渉をする

調剤薬局へ転職する時
薬剤師専門の転職エージェントを利用して転職すると
比較的高い年収・好条件で働くことができます。

通常応募ではそこまで高くない給与でも
転職エージェントを通して応募することで
期待より高い年収を目指すことができます

とにかくおすすめの転職エージェントを利用したいという人は
以下の3つの転職エージェントに登録しておくと、転職活動がかなり捗ります。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

その他に、薬剤師が「使わない方が良い転職サイト」と「使うべき転職サイト」【最新版】メディカル・医療業界おすすめ転職エージェント36選の記事を一緒にみると効率よく年収アップすることができるでしょう。

大手調剤薬局の売り上げ

調剤薬局の大手ってどこがある?という人に向けて
大手調剤薬局の売り上げをランキングでまとめています。

大手調剤薬局の売上ランキング
  1. アインホールディングス:263,750(百万円)
  2. 日本調剤:231,001(百万円)
  3. クオール:153,221(百万円)
  4. メディカルシステムネットワーク:99,617(百万円)
  5. スズケン:96,439(百万円)
  6. 東邦ホールディングス:96,124(百万円)
  7. トーカイ:45,053(百万円)
  8. ファーマライズホールディングス:40,417(百万円)
  9. シップヘルスケアホールディングス:27,050(百万円)
  10. メディカル一光:22,898(百万円)

参考:【2020年版】調剤薬局 売上高ランキング

2018年に調剤基本料に関する
締め付けや基準調剤加算の廃止などがあり
上位にランキングする調剤薬局の入れ替わりが大きく起きた年でした。

賞与や給与、福利厚生が気になる方は詳しく調べてみましょう。

大手調剤薬局の評判

上記でまとめた調剤薬局のランキングから
更に評判や総合評価をトップ3に並べてました。

参考程度にご覧ください。

  • メディカルシステムネットワーク:3.35
  • アインホールディングス:3.14
  • 日本調剤:3.14

参考:OpenWork

売り上げが高い会社だとその分福利厚生などよく
働く環境としては評判がいい傾向があります。

会社との相性もありますので
転職する時は社風や職場環境なども事前に調べておくと
ミスマッチが起こりにくいです。

調剤薬局への転職が人気の理由

調剤薬局はドラッグストアや病院と比べて
安定している・薬剤師のスキルを磨ける・働きやすい・転勤や移動がしやすいといった理由で人気な傾向にあります。

以下でそれぞれ解説します。

1.安定している

調剤薬局は病院の薬局などと比較して
激務になることが少なく、身体的・精神的に安定して働くことができます

また、資格を必要とする仕事なので
常に求人もあり、転職をする場合でも躓くことなく転職活動を行うことができるでしょう。

年と経験を重ねることで年収も上がりやすいので
長期的に安定して働きたい人には向いている職場だと思います

2.薬剤師のスキルを磨ける

通常の薬局では
頼まれた薬を提供し使用方法を伝えることが業務内容になります。

一方、調剤薬局は薬の調合を行いますので
専門的な知識と実践的な経験を磨くこと
ができます。

これからも薬剤師としてキャリアを進もうと考えている人にとって、様々な経験が詰める調剤薬局は人気の職場です。

3.働きやすい

あなたが勤務する調剤薬局にもよりますが
基本的に調剤薬局は福利厚生が充実しています。

育休はもちろんのこと、完全週休二日制や
「生理休暇」など女性にとって働きやすい環境を整えている調剤薬局も増えています

産休明けの復職や勤続手当などもあるので、ライフワークバランスを重視している人からも人気です。

>>女性に強い転職サイトおすすめランキング

4.転勤や移動がしやすい

関東や関西圏の比較的規模の大きいい調剤薬局の場合
移動や転勤の申請が行いやすい特徴があります。

そのため、「パートナーの転勤によって仕事を辞めなければならない」といったような理由で退職する人が少ないです。

融通の利く働き方ができる点も人気の理由となっています。

注意点

上記のような魅力があるため
調剤薬局へ転職することが人気になっています。

しかし、全ての調剤薬局が転勤がしやすい・安定しているといった好条件ではありません。

あなたの望んでいる条件の調剤薬局を見つけるためにも、以下の転職エージェントの利用をおすすめします。

担当のコンサルタントが薬局から直接聞いた条件をもとに求人を紹介してくれるので、ミスマッチの起こる可能性がとても低いです。

薬キャリ

薬キャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3career.com/

薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。

全国の提携コンサルタント企業30社以上の
薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。

「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

最短即日で最大10件の求人を紹介するなど
スピード感のある対応が人気
非公開求人も紹介してくれます。

また、医療業界に顔が広い企業でもあるため
製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。

ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。

求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職エージェントですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

公開求人数 約57,000件(2020年12月現在)
非公開求人 8,000件以上
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

>>薬キャリの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師さんのための転職エージェントです。

「エージェント型」のサイトで
薬剤師専任のキャリアアドバイザーが
転職をしっかりサポートしてくれます。

また、最短3日での転職が可能で急いで転職したい!と希望している方にもおすすめです。

リクナビ薬剤師の最大の魅力は
キャリアアップしやすい点です。

高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。

ドラッグストアや薬局への転職にも強いです。

公開求人数 約35,000件(2020年12月現在)
非公開求人 75%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

>>リクナビ薬剤師の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

調剤薬局で求められること

調剤薬局で働くには、どんなスキルが必要なのか気になる…
そんな方に向けて、調剤薬局で求められるスキルをまとめました。

スキル1.コミュニケーション能力

調剤薬局では、患者1人1人にサポートを
受けてもらえるように、日々信頼関係を作り上げていけるコミュニケーション能力が必要となります。

かかりつけ薬剤師・薬局制度により
サポートを受けてもらうために患者の同意書にサインをもらいます。

そのため、薬剤師としてあなたが信頼できる人か見られます。

薬を提供してくれる薬剤師ではなく、患者を支える薬剤師として働くことが大切です。

スキル2.勤めている地域に寄り添う考え方

調剤薬局は、地域の薬の交通整理を行う役割があります。
その地域に住んでいる人たちが
どういったことを薬剤師に臨んでいるのか考えることが必要になってきます。

また、服薬サポートや患者の健康管理など
相談に乗ることができる知識も必要です。

地域の人に頼りにされていることを常に頭に入れて働くことが大切です。

スキル3.薬剤師としての経験

専門職であるため
薬剤師として働いてきた経験や実績も必要となってきます。

ドラッグストアや院内で勤める薬剤師と
調剤薬局の薬剤師とでは業務内容が異なりますが、活かせることもあります。

以下でご紹介します。

ドラッグストアから調剤薬局への転職で活かせること

ドラッグストアで勤務していた人の中には
OTC専任の薬剤師だった人もいるでしょう。

日々顧客からの相談に応じるため
コミュニケーションや一般薬品に関する知識は豊富だと思います

調剤薬局でも
薬品の管理や患者とのコミュニケーションをする機会が多いので
ドラッグストアで培ったスキルは十分活かせるでしょう。

院内薬局から調剤薬局への転職で活かせること

院内薬剤師は
医師や他の薬剤師との医療チームで活動することが多いため
薬剤師同士の連携に慣れていると思います。

調剤薬局でも
患者だけでなく薬剤師との連帯やコミュニケーションは大切です。

地域の診療所やクリニックの医師と関わることもありますので、院内薬剤師として働いた経験を活かせるでしょう。

大手調剤薬局で働くメリット・デメリット

ここでは、大手調剤薬で働くことによるメリットとデメリットについてご説明していきます。

メリットとデメリットをそれぞれ考慮した上で
大手調剤薬局に転職するか決めましょう。

大手調剤薬局で働くメリット

大手調剤薬局は資金力や人材が豊富で、従業員に対してのサポートが充実しています。

特に以下の2つはメリットとして大きいでしょう。

メリット
  1. 研修制度が整っている
  2. 管理職や幹部職に就くことができる

研修制度が整っている

未経験者や、まだ薬剤師としてのキャリアが浅い人のために研修制度を設けている点が、メリットのひとつとして挙げられます。

まだ業務に自信がないという人も
研修制度が整っているため安心して働くことができます。

これは中小薬局ではあまり見受けられない制度なので
もし未経験からの挑戦であれば研修制度のある大手調剤薬局に転職すると良いでしょう。

安定して働ける

これは働いていく上で重要なポイントですが
大手の場合は業績が悪化してもすぐに閉店
そして解雇という流れにはまずなりません。

チェーン店であればリスクを分散することができるため、それぞれの調剤薬局が一身に負荷を背負うことがなくなるからです。

また、福利厚生が整っていることや
比較的高額なボーナスが貰える点も見逃せません。

安定した働き方をしたいのであれば、大手をおすすめします。

管理職や幹部職に就くことができる

大手調剤薬局は事業拡大を視野に入れていることが多いという特徴があります。

そのため、新規店舗を立ち上げる際に管理職として配属されることも考えられます。

管理職に就くことができれば
店舗経営に直接関わることも可能
ですし
より一層やりがいを持って業務に取り組むことができるでしょう。

大きな仕事を責任を持ってやり遂げることが好きだ、という人にとっては最良の環境であると言えます。        

大手調剤薬局で働くデメリット

メリットだけではなく、デメリットについても把握しておきしょう。

メリットばかりに目を向けてしまうと、冷静な判断ができなくなってしまいます。

大手調剤薬局で働くと、以下のようなデメリットがあるでしょう。

デメリット
  1. 転勤の可能性がある
  2. 調剤以外の業務が増える

転勤の可能性がある

大手調剤薬局には転勤の可能性があります。

そのため、転勤はしたくない、単身赴任には抵抗感がある
といった人にとっては働きにくい環境だと言えます。

栄転という可能性も考えられますが
現在の職場で満足していて転勤したくないと考えているなら、無理をする必要はないでしょう。

しかし、大手で働く以上、転勤は覚悟しておかなければなりません。

調剤以外の業務が増える

薬局を訪れる人とのコミュニケーションや調剤という業務の他に、書類仕事などが増えるというデメリットがあります。

本部に送らなければならない書類を作成するために残業をしなければならないケースもしばしば見受けられるため、調剤以外の業務に時間を取られたくないという人にとっては大きなデメリットだと言えるでしょう。

他にも店舗内で行われるキャンペーンの用意など
薬剤師本来の業務とは別の仕事を任されることも多々あります。

調剤のみに集中したいという人にはあまり向いていないかもしれません。

中小調剤薬局で働くメリット・デメリット

続いて、中小調剤薬局で働くメリットとデメリットについてご説明していきます。

大手とは規模が違うため、働き方も異なる点に注目していきましょう。

中小調剤薬局で働くメリット

まずは、中小規模の調剤薬局で働くメリットについてご説明していきます。

大手と異なり規模が小さい分
従業員1人1人に対しての業務を経験できる機会が多い特徴があります。

その他にも、以下のようなメリットがあるでしょう。

メリット
  1. 大手よりも高給与である
  2. 患者とのコミュニケーションがとりやすい
  3. 上司の意向がわかりやすい

大手よりも高給与である

中小の調剤薬局は大手よりも平均的に高給与であるというメリットがあります。

給与面で悩みがあるという人には、中小規模の調剤薬局がおすすめです。

小さい薬局だから給与が低いだろうというイメージは、実は逆なのです。

大手で安定した働き方をすることももちろん良いですが
高給与である中小規模の薬局も大きな魅力を持っています。

患者とのコミュニケーションがとりやすい

中小規模であると
患者一人一人に時間をかけてじっくりと向き合いやすくなります。

そのため、薬局を訪れる患者とのコミュニケーションを大切にしたいという人には中小規模の薬局が向いているでしょう。

中小規模の調剤薬局では患者からの質問に丁寧に答えることや、現在の容態を詳しく聞き取ることができるため、患者との距離が近いところが大きなメリットです。

上司の意向がわかりやすい

中小規模の調剤薬局は
大手よりも上司と距離が近いため
その意向を理解・把握しやすい
というメリットがあります。

上司がどのようなビジネスプランを持っているか
薬局全体をどのように経営・運営していきたいのかを
日々の業務の中で知ることができます。

大規模な薬局であると
上司が現場の状況を把握しないまま経営が進んでいく場合があります。

その点、中小規模の薬局は身近に上司がいるため、齟齬が起きにくいのです。

中小調剤薬局で働くデメリット

次に、デメリットの面です。

大手と比べて、人との距離が近くなることで、以下のようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 人間関係で悩みやすい
  2. 一人一人の役割が大きい

人間関係で悩みやすい

職場が狭いため
相性の合わない人がいると人間関係が大変になる
というデメリットがあります。

先輩や上司など、少人数ゆえに関わる人が限られるため、一度良くない印象を持ってしまうとなかなか打ち解けられず、職場に居づらくなるという人も少なくはありません。

一人一人の役割が大きい

少人数で運営しているため
一人一人が果たさなければならない役割が大きいこともデメリットのひとつです。

自らの素早い判断が必要とされ
すぐに動かなければ、するべき業務がどんどん積みあがってしまいます。

同僚に負担をかけないためにも
自力で業務を進めていくしかありません。

少人数で業務を回していくためには
一人一人の高いスキルと処理能力が必要なのです。

求人で確認しておく項目
調剤薬局の求人を見る時は、以下の項目を確認して選びましょう。ただ年収や福利厚生をみて選んでしまうと、仕事内容のミスマッチが起きるなど、デメリットがありますので注意しましょう。

  • 給与
  • 勤務時間
  • 週休制
  • 転勤の有無
  • 年間休日数
  • 対応科目
  • 転勤の有無
  • 門前薬局かチェーン薬局か
  • 薬剤師の人数
  • 処方箋枚数
  • 職場の雰囲気

調剤薬局に転職した際にありがちな後悔

ここでは、調剤薬局に転職した際にありがちな後悔と
対処法についてご説明していきます。

待遇面だけに惹かれて転職してしまった

待遇面、給与の高さなどに惹かれて転職したは良いものの
実際に働き始めたところ、長時間の残業や職場でのフォロー体制が整っていないという不満が起きる人も少なくはありません。

高給与は転職をする上で重要なポイントですが、それだけにこだわってはいけません。

勤務時間の長さや、職場によって異なる仕事への取り組み方は、転職する前に確認しておく必要があります。

多少妥協してでも働きやすい職場を選ぶのがベストです。
自宅からの交通の便や、働く環境は長く働き続ける上で非常に重要であると言えます。

決して待遇面だけを見て転職を決めることがないようにしましょう。

早く決めるために無理をして転職してしまった

転職を考えている人の中には
今の職場から一刻も早く離れたいという人も多いでしょう。

しかし、妥協に妥協を重ねて
全く望まない条件のところに無理をして転職をしても、全く意味はありません。

そういった条件の職場で働くことは容易ではなく
すぐにまた転職するべきかと考えてしまうからです。

転職を重ねることは時間を使うだけではなく精神的にも負荷がかかり、ストレスが重なってしまいます。

一度の転職で希望する条件の職場に辿り着くためには
まず一度落ち着いてから転職活動を始めるようにしましょう。

人間関係を変えるため転職したが、変わらなかった

せっかく転職したけれど
ほとんど以前勤めていた職場と人間関係が変わらず
何のために転職したのかわからないという人も多いのが現状です。

これは、転職する際に希望する条件をはっきりさせておかなかったことが原因だと言えます。

また、第一希望、第二希望、といったように条件には優先順位をつけましょう。

希望する条件を全て満たす職場を探すことは困難を極めます。

そのため、自分が何を優先して転職をしたいと考えているのかを、転職活動を開始すると同時に明確にしておきましょう。

軸がぶれなければ転職を失敗することはありません。
以前の職場の何が自分にとって不満だったのかを洗い出し
その点を解決できる職場に転職することができるようにしましょう。

薬局の統廃合されてしまう

せっかく転職したのに
業界再編によって薬局が統廃合されてしまうことです。

現在、薬局はコンビニよりも多く存在し
M&Aといった薬局の数やあり方が大きく変化しています。

転職先の会社に魅力を感じたから入社したのに
転職後、別の会社と統合してしまう、なんてこともまれにあります。

転職する前に
業界の動きと希望している企業の
今後の変化を調べておくことが大切です。

調剤薬局への転職 まとめ

ここまで調剤薬局に転職するための方法と、メリットとデメリットについてご説明してきました。大切なことは、視野を広く持つことです。

ひとつの条件にこだわりすぎることや、焦ってどこでも良いと飛びついてしまうことは転職失敗に繋がってしまいます。

転職できるか不安」「少しでも成功率を上げたい」と考えている方はぜひこの記事で紹介した転職エージェントを利用しましょう。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

関連記事:調剤薬局・薬局薬剤師の年収を調査|年収アップのコツも紹介

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄