CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

自由な働き方を求める人が増え、フリーランスとして働くエンジニアは急増しています。
人気の高まりにつれ、フリーランスの案件獲得が難しくなってきています。

フリーランスエンジニアが増えている今、稼ぐためにエージェントを利用することは必須になっています。

この記事では、現役フリーランスへの調査をもとにエンジニアが使うべきおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します。

記事を読み進めるのが面倒な方は、下記のリンクからおすすめのフリーランスエージェントをご覧ください。

・おすすめのフリーランスエージェントはこちら

>>エンジニアにおすすめのフリーランスエージェント12選

記事の後半では、フリーランスエージェントの選び方や、フリーランスで稼ぐためのポイントなども解説しています。
フリーランスエンジニアとして稼いでいきたいという方は、是非最後まで記事を読み進めてみてください。

記事の目次

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェント12選

それでは早速、おすすめのフリーランスエージェントをご紹介していきます。

現役フリーランスの方の意見をもとに案件の数・案件の質・サポート力の3項目で評価し、おすすめエージェントを厳選しました。

ぶっちゃけ話フリーランスエージェントは、あなたとの相性によってサービス満足度が大きく異なります。
確実にあなたに合ったエージェントを見つけたい方は、複数のサービスに登録することをおすすめします。

1.レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

運営会社 レバテック株式会社
設立 2017年8月
拠点 東京・大阪・愛知・福岡
おすすめ度:
公式サイト: https://freelance.levtech.jp/

「レバテックフリーランス」は、認知度No.1のフリーランスエージェントです。

取引企業数4.000社と業界トップクラスを誇っており、利用者の平均年収はなんと約862万円となっています。
また、IT業界の知識が豊富な担当者による手厚いサポートにも定評があり、利用者の満足度90%以上を維持しています。

フリーランスとして稼いでいきたい方は、まず登録しておくべきフリーランスエージェントです。

口コミアイコン
20代男性
レバテックフリーランスはとにかく案件を継続して紹介してもらえるところに魅力を感じました。
正直フリーランスになったばかりで不安がありましたが、レバテックフリーランスに登録してから案件に困ったことがないので、本当に助かっています。
単価自体もかなり高いので満足しています。
強いて言えば自分の好みの案件がもう少しあると尚良いです。


2.フォスターフリーランス

フォスターフリーランス

運営会社 株式会社フォスターネット
設立 1996年11月
拠点 東京
おすすめ度:
公式サイト: https://freelance.fosternet.jp/

「フォスターフリーランス」は、業界20年以上の実績があるフリーランスエージェントです。

1996年にサービスを開始し、これまで15.000人以上のフリーランスエンジニアをサポートしてきています。

9割の案件がWEBサイトなどでは募集されていない非公開案件で、最高報酬230万円など高報酬案件を多数保有しています。
高額案件を狙いたい方におすすめのフリーランスエージェントです。

口コミアイコン
30代男性
フォスターフリーランスは知人の紹介で利用しました。
他にもエージェントに登録はしていますが、一番の違いは報酬単価の高さでしょうか。
ですがもちろん単価の高い案件はハードルも高いので、気合を入れないとダメだなって感じです。


3.PE-BANK

PE-BANK

運営会社 株式会社PE-BANK
設立 1989年5月
拠点 東京・横浜・北海道・宮城・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡
おすすめ度:
公式サイト: https://pe-bank.jp/

「PE-BANK」は、フリーランスエンジニアのスキル・希望にあった案件を紹介してくれるエージェントフリーランスです。

全国9都市に拠点があるため、全国のフリーランスエンジニアの方が案件を紹介してもらうことができます。
取引企業数約1.000社で5万件以上の案件を保有しているので、安定性も重視したいフリーランスエンジニアの方にもおすすめです。

高額案件も多数保有しており、関東エリアの平均年収は800万円以上です。

口コミアイコン
20代男性
地方に住んでいる自分にとって、全国各地のエリアに対応しているのはとても助かりました。
案件の希望についても細かく聞いてくれるので、心地よく使わせてもらっています。
個人的には確定申告について何もわからなかったのですが、そこもサポートしてもらえたのが嬉しかったです。


4.ギークスジョブ

ギークスジョブ

運営会社 ギークス株式会社
設立 2007年8月
拠点 東京・大阪・福岡・愛知
おすすめ度:
公式サイト: https://geechs-job.com/

「ギークスジョブ」は、長期的な案件紹介に力を入れているフリーランスエージェントです。

契約決定率80%・平均年収840万円以上の室の高い案件紹介を武器に、長期的な高額報酬を見込むことができます。

利用者の口コミを見てみても、「仕事がなくなることがない」「高額案件が多い」などの高評価を得ています。

15年以上の事業実績があるので、信頼できるエージェントを利用したい方におすすめのサービスです。

口コミアイコン
30代男性
フリーランスになるにあたって、案件がどれだけあるのかが本当に不安だったのですが、ギークスジョブを使ってみるとそんな心配はいらなかったなと思っています。
会社員のときよりも圧倒的に年収が上がりましたし、なおかつ安定感もあるので、正直現状に何も不満がないという状況です。


5.ミッドワークス

ミッドワークス

運営会社 株式会社 Branding Engineer
設立 2013年10月
拠点 東京・渋谷(第1~第4オフィス)・宮崎・大阪
おすすめ度:
公式サイト: https://mid-works.com/

「ミッドワークス」は、独立・フリーランスエンジニアの支援に特化したエージェントです。

「エンジニアが選ぶIT系フリーランス専門エージェントサービス」「価格満足度の高いIT系フリーランス専門エージェントサービス」「案件充実度の高いIT系フリーランス専門エージェントサービス」

上記3部門で第1位を獲得しています。

最近需要が高まっているリモートの案件も多く保有しているため、在宅で働きたい方にもおすすめのフリーランスエージェントです。

口コミアイコン
30代女性
在宅の案件が多かったので、継続的にミッドワークスを利用しています。
確定申告のセミナーに参加できるのもメリットの1つかなと思います。
案件自体も希望通りのものを紹介してもらえているので、いい感じのエージェントだと思っています。


6.ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

運営会社 株式会社Hajimari
設立 2015年2月
拠点 東京・大阪
おすすめ度:
公式サイト: https://itpropartners.com/

「ITプロパートナーズ」は、週2日からの案件紹介が可能なフリーランスエージェントです。

自由な働き方を目指すフリーランスの方は、週2日から働ける案件を紹介してもらうことができるのは大きなメリットです。

クライアントからの直接案件が多いので、高単価を見込むことができます。

求人案件としてはスタートアップやベンチャーの割合が多いので、最新のトレンド技術を取り入れている企業で働くことも可能です。
市場価値を高めたいフリーランスエンジニアの方にもおすすめのエージェントです。

口コミアイコン
30代男性
週2~3日の案件が多いので、楽な働き方を求めていた私にはピッタリでした。
週3日でも月給50万円ほどもらえる案件を紹介してもらえたので、会社員時代では考えられないような待遇を受け取ることができています。


7.クラウドテック

クラウドテック

運営会社 株式会社クラウドワークス
設立 2011年11月
拠点 東京・大阪・福岡
おすすめ度:
公式サイト: https://crowdtech.jp/

「クラウドテック」は、株式会社クラウドワークスが運営するフリーランスエージェントです。

自由な働き方を実現したいエンジニアサポートに力を入れており、リモートワークや週3・4日から働ける案件を多く保有しています。

特にリモートワークが可能な案件数では業界トップクラスなので、フルリモートで働きたいなど、自由な働き方を求めている方におすすめのフリーランスエージェントです。

口コミアイコン
20代男性
わずらわしい人間関係が苦手だったので、リモートで働ける案件が欲しくてクラウドテックを利用しました。
フルリモートで月70万円の案件をもらえたので大満足です。
クラウドワークスもよく使っていたので、安心感のあるサービスでもあります。


8.エミリーエンジニア

エミリーエンジニア

運営会社 株式会社ビスタクルーズ
設立 2006年12月
拠点 東京
おすすめ度:
公式サイト: https://engineer.emilee.info/

「エミリーエンジニア」は、高単価案件に強みを持つフリーランスエージェントです。

利用者の口コミによると、高いマッチング力が魅力で、エンジニアの方のスキルによって最適な案件を紹介してもらうことが可能なようです。

平均年収819万円と高単価の案件の多さも特徴であり、年収1000万円以上を実現している多くのフリーランスエンジニアが利用しているサービスです。

口コミアイコン
30代女性
単価の高い案件を受けたいと思い利用しました。
月給90万円の案件をもらえたので、その点では満足でした。
しかし私のスキル的には、単価が低めの案件にしか参画できなかったので、少し残念でした。


9.FREE-DA

FREE-DA

運営会社 株式会社ハイウェル
設立 2007年6月
拠点 東京
おすすめ度:
公式サイト: https://hiwell.jp/

「FREE-DA」は、フリーランスエンジニアの案件受注から資金繰りのサポートまで行っているフリーランスエージェントです。

高単価の案件の紹介はもちろん、確定申告や会計処理の進め方までトータルサポートしてもらうことができます。

FREE-DAの大きな特徴の1つとして、報酬を最短で受け取ることができる「FREE-DA即払い」サービスがあります。

フリーランスエンジニアが困ることの1つとして、報酬受け取りの際のトラブルによって、受け取りの遅延などが起こりやすいです。

確定申告や報酬の受け取りなど、金銭面のサポートを受けたい方におすすめのフリーランスエージェントです。

口コミアイコン
20代男性
会社員じゃなくなることによって、お金の管理の面で様々な不安がありました。
金銭面のサポートが強いということで知り合いから紹介されたので、フリーダを使ってみました。
そもそも報酬を受け取るのが遅れてしまう可能性があることすら知らなかったので、そのような基礎から教えてもらえたのは非常に助かりました。


10.ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランス

運営会社 株式会社ポテパン
設立 2014年9月
拠点 東京・大阪
おすすめ度:
公式サイト: https://freelance.potepan.com/

「ポテパンフリーランス」は、Webサービス関連を中心にエンジニアと企業のマッチングを行うフリーランスエージェントです。

Web系を中心に、いま必要とされているスキルを使う案件を多数保有しているため、エンジニアとしての価値を高めながら働くことができます。

案件で必要とされる言語としては、Java、PHP、Ruby on Rails、Pythonなど今主流のものばかりです。

他にもSwiftを使ったアプリ開発など、幅広い案件を保有しているので、あなたに合った案件を探してみましょう。

口コミアイコン
30代男性
全体的に、良くも悪くもバランスの良いサービスだなと思いました。
求人の幅は広いし活かせる言語も多かったので良かったです。
ですがそれぞれの案件がそこまで単価が高くなかったことがあり、質が高いとは言えない感じでした。
他のサービスと比較してもまあ普通といった感じですかね。


11.TECH STOCK

TECH STOCK

運営会社 INTLOOP株式会社
設立 2005年2月
拠点 札幌・東京・愛知・大阪・沖縄・福岡・海外拠点あり
おすすめ度:
公式サイト: https://tech-stock.com/

「TECH STOCK」は、15年以上の実績がある信頼性の高いフリーランスエージェントです。

案件の質の高さに特徴があり、直請け案件が93%を締めており、月の報酬が80万円以上の案件を多く保有しています。

報酬の支払いは翌月15日なので、支払いサイトの短さも利用者にとってメリットとなります。

全体的に使いやすいフリーランスエージェントなので、案件がもっと欲しいというフリーランスの方は利用してみると良いでしょう。

口コミアイコン
30代女性
最近案件があまりもらえていないなと感じていたので、テックストックを利用してみました。
他のサービスと比べるとサイトの使いやすさが良かったなと思ってます。
希望の条件で求人をすぐ探せるので、その点ではいいサービスだなと思いました。


12.PMO NAVI

PMO NAVI

運営会社 エッジテクノロジー株式会社
創立 2008年9月
拠点 東京
おすすめ度:
公式サイト: https://pmo-navi.com/

「PMO NAVI」は、ハイクラス・ハイレベル求人案件に特化したフリーランスエージェントサービスです。

PMやPMO、ITコンサルティングや業務コンサルティングの案件を多く保有しており、ハイクラス層の案件紹介に強みを持っています。

単価が100万円を超える案件を多く保有しているので、ハイクラスならではの報酬を受け取ることができます。

一方でプログラミングができるだけなど、基礎的なエンジニアスキルしかない方は案件を受けることができない場合が多いので、経験豊富な方にこそ利用がおすすめできるフリーランスエージェントです。

口コミアイコン
30代男性
有名なフリーランスエージェントだと、なかなか単価の良い案件を見つけることができませんでした。
PMO NAVIでは私が求める水準の案件を紹介してもらうことができたので、使ってよかったと思っています。
欲を言えば、ITコンサルの単価がもう少しだけ高くなっていると良いとは思いました。

フリーランスエージェントを使うべき理由

フリーランスエンジニアの方の中には、「そもそもエージェントなんて使う必要があるのか」「せっかくフリーランスになったのに会社員とあまり変わらないのではないか」このように考えている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、安定して稼ぎたいエンジニアの方は絶対にフリーランスエージェントを利用するべきです。

ここからはフリーランスエージェントがそもそもどのようなサービスなのか、メリット・デメリットをご紹介し、フリーランスエージェントを使うべき理由を説明していきます。

フリーランスエージェントとは

フリーランスエージェントは、簡単にいうと「エンジニアの代わりに案件を取ってきてくれる存在」です。

フリーランスエンジニアは基本的に、自分で企業に営業をして、自分で案件を獲得しなければなりません。
特にフリーランスになったばかりの方は信頼も少ないので、案件獲得に苦戦することが多いです。

フリーランスエージェントの役割は「企業から依頼された案件をフリーランスに紹介する」ことなので、難しい案件の獲得を、代わりに行ってくれる存在なのです。

フリーランスエージェントの役割

最近のフリーランスエージェントは、上記の役割に加え、契約締結などの事務処理・独立サポート・確定申告のサポートなど、フリーランスエンジニアが本業以外に行わなければいけない業務のサポートをしてくれます。

フリーランスエージェントの役割は、エンジニアの本業以外の代行をしてくれるサービスと認識しておくと、利用するメリットを感じやすいと思います。

フリーランスエージェントを利用するメリット・デメリット

ここからは、フリーランスエージェントのメリットとデメリットをご紹介します。

フリーランスエージェントを利用するメリット・デメリットはそれぞれ下記のようになっています。

フリーランスエージェントのメリット・デメリット

メリット
  • 案件の受注が安定する
  • 高単価の案件を受けられる
  • 本業に集中できる
  • 将来についての相談ができる
デメリット
  • 自由度が下がる
  • 収益性が下がる

▶︎横にスクロールできます▶︎

フリーランスエージェントを利用するメリット

まずはフリーランスエージェントを利用するメリットをご紹介していきます。

案件の受注が安定する

1つ目のメリットは、案件の受注が安定することです。

フリーランスエンジニアが最初につまずくのは、案件を獲得する難しさです。
また、今は仕事がもらえていても、「いつか案件がなくなってしまったらどうしよう」と不安になる方も多いと思います。

フリーランスエージェントを利用することで継続的に案件を紹介してもらうことができるので、案件数に対する不安は解消されます。

このようにフリーランスになる際に危惧される「安定性」を確保できるのが、フリーランスエージェントを利用する最も大きなメリットです。

高単価の案件を受けられる

2つ目のメリットは、高単価の案件を受けられることです。

フリーランスになったばかりの方は特に、案件の選択肢が少ないため、高単価の案件を受けるのが難しいです。
そこまで経験が多くないエンジニアの場合は、スキルのアピール方法や交渉手段も身についていないと思いますので、高単価案件のハードルはさらに高くなります。

フリーランスエージェントは、あなたのスキルを考慮したうえで最も報酬の高い案件を探してくれますし、高単価を希望していることを伝えれば、企業に対して交渉も行ってくれます。

その他にも、あなたの希望を叶えるために様々な調整を行ってくれますので、1人だけで案件を獲得するときよりも高単価案件を受けられる可能性が高まります。

本業に集中できる

3つ目のメリットは、本業に集中できるようになることです。

フリーランスエンジニアの場合、本業だけではなく資金繰りや報酬の受け取り、確定申告など、様々な事務作業を行う必要があります。
もともと会社員として働いていた方の場合、このような作業は面倒だと感じたり、やり方が分からない方が多いと思います。

フリーランスエージェントはこのような面倒な事務作業なども代わりに行ってくれるので、エンジニアとしての本業に集中することができるようになります。

将来についての相談ができる

4つ目のメリットは、将来についての相談ができることです。

フリーランスエンジニアの方によくあるのが、「突然自分の将来が不安になる」ことです。
これは元々会社員として働いていた方にありがちで、安定性のある環境から独立したことで、不安に駆られてしまう事が多いのです。

また、フリーランスは1人で仕事をすることも多いため、客観的な意見も取り入れづらい環境になってしまいます。

フリーランスエージェントには、将来のことについて相談することも可能です。

その他にも、何か相談したい時に話せる相手ができるというのは、フリーランスエージェントを利用するメリットの1つです。

フリーランスエージェントを利用するデメリット

ここまでフリーランスエージェントを利用することによるメリットをご紹介してきましたが、実はフリーランスエージェントにはデメリットも存在します。

デメリットまでしっかりと理解し、フリーランスエージェントを利用するときに失敗しないようにしましょう。

自由度が下がる

1つ目のデメリットは自由度が下がることです。

自分だけで案件を探しているときは、リモートワークの案件や、週2・3日から働ける案件も多いです。
しかしフリーランスエージェントが紹介してくれる案件は、出社必須の案件や週5日勤務の案件などが多いので、自由度が下がってしまいます。

働く自由度を求めてフリーランスになった方も多いと思いますので、この点はフリーランスエージェントを使うデメリットということができます。

ですが最近は、フルリモートや週2日から勤務可能な案件に特化して紹介しているエージェントもあるので、自由度を保ちながらエージェントを利用することも徐々に可能になってきています。

収益性が下がる

2つ目のデメリットは、収益性が下がってしまうことです。

フリーランスエージェントを利用する場合、案件探しを代わりに行ってもらう代わりに、仲介手数料によって報酬が自分で案件を受ける時よりも下がってしまいます。

これは案件を代わりに探してもらっているので当たり前のことではありますが、報酬額が少しでも減るのが嫌という方には、デメリットとなってしまうでしょう。

ですがフリーランスエージェントを利用すると高単価案件を紹介してもらえるメリットがあるので、収益性の低下もそこまで気になることではないでしょう。

フリーランスエージェント利用時の6つのポイント

フリーランスエージェントを利用するからには、できるだけ条件の良い案件を効率的に紹介してもらいたいですよね。

あなたの希望条件にマッチした案件を紹介してもらうためには、知っておかなければいけない6つのポイントがあります。
ポイントをしっかり理解して、条件の良い案件を紹介してもらえるようにしましょう。

1.連絡は素早く・こまめに

担当のエージェントとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開案件を紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い案件はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、エージェント経由の場合であっても書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、エージェントと企業の両者に好印象をもってもらえます。
複数のフリーランスエージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、案件探しの熱意を伝えてみましょう。
あまり連絡がないと案件探しを終えたと判断され、新しい案件の紹介があまりされない可能性があるからです。

2.勤務開始時期は「良い案件があればすぐにでも」

エージェントとの面談では勤務開始時期を聞かれることが多いです。その場合には少し時間をかけて案件探しをしたい場合にも「良い案件があればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は良い案件を優先的に紹介してもらうためです。
フリーランスエージェントも早期に売上に繋がりやすい、案件探しの熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、勤務時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに仕事がしたい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い案件は非公開で募集が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

フリーランスエンジニアの案件獲得においては、企業が求めるエンジニア像とあなたのスキルのマッチ度合いが重要になります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと、あなたにとっても企業にとってもデメリットしかありません。
案件参画後にミスマッチが発覚するなどといったことがないようにするためにも、スキルや経歴は正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数のフリーランスエージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4.希望条件は優先順位や理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える案件を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のエージェントに共有することが重要です。
なぜならエージェントはその希望条件をもとにあなたに合った案件を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな案件ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった案件を紹介してもらえる可能性が高まります。

5.ひとつの案件に対して応募は一度だけにする

場合によっては、複数のフリーランスエージェントが同じ案件を保有している場合もあります。しかしそのような場合でも、同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。
さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側もエージェント側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては案件を受けられなくなったり、その企業に再応募することはもちろんフリーランスエージェントからも良い案件は紹介されなくなってしまうでしょう。

6.企業の口コミを確認しておく

案件を受ける際には、念のためその企業の口コミや評判を確認しておくようにしましょう。
フリーランスとして働くなら別にいいじゃないかと思う方もいると思いますが、社員からの評判が悪い企業は、フリーランスの方に対しても同様、もしくはそれ以上にひどい対応をしてくる可能性が高いです。
案件参画後に嫌な思いをしないためにも、案件を受ける前に必ず企業の口コミを確認しておくようにしましょう。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

あなたにぴったりのフリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントを利用して仕事をしていきたいあなたが失敗しないよう、フリーランスエージェントの選び方をまとめました。以下のステップで進めることで効率よく、失敗しないエージェントを見つけることができます。

まずは求人数の多い「大手フリーランスエージェント」から1〜2社登録

この記事の最初のエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント12選の上位5つのフリーランスエージェントは大手の中でも特に利用されている方が多く、案件が多く、サポートも手厚いため多くの方におすすめできるフリーランスエージェントです。

まずは上位5つの中から1〜2社登録して、どのような案件があるのかを確認しながらあなたのご希望と照らし合わせてみてください。また、幅広い条件・待遇の案件があるため、あなたが考えていなかったような案件も見つかり、選択肢が広がるかもしれません。

複数社登録することでフリーランスエージェントごとに比較ができます。案件の量・質だけでなく、サービスの使いやすさ、サポートの充実度も比較できますのでより良いフリーランスエージェントに出会うためには必須です。

また、実は良い案件をもらっている人ほど複数のフリーランスエージェントを利用していることが、利用者への調査により確認されています。

80万円以上の案件をもらえた方は平均4.2社のフリーランスエージェントを利用
80万円以上の案件を継続的に紹介されている方は、平均4.2社のフリーランスエージェントに登録していることが利用者への調査により確認されています。

【利用フリーランスエージェント数】

80万円以上の案件継続参画者 平均 4.2 社
全体 平均 2.1 社

複数のフリーランスエージェントを利用することが良い案件の紹介につながる理由は2つあります。
1つ目の理由は非公開案件の存在です。特に大手エージェントの場合、そのエージェントでしか見ることができない独占の非公開案件を扱っています。複数のフリーランスエージェントに登録することで多くの非公開案件を見ることができ、自分の可能性を広げることができます。
2つ目の理由は自分に合ったフリーランスエージェントを見つけやすくなることです。実際に複数のエージェントに登録して利用してみることによって、フリーランスエージェントとの相性を実際に感じることができます。
良い案件を継続的に紹介してもらうためには、自分に合ったエージェントを見つけることがとても重要なので、その後の案件獲得をより効率的に進めるためにも、複数のフリーランスエージェントを利用することをおすすめします。

非公開案件とは
多くのフリーランスエージェントは非公開案件を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、フリーランスエージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず案件を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に案件を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業はフリーランスエージェントを利用した非公開案件として人員を募集します。

こうした背景から、非公開案件は大企業や有名企業の案件や、特定の分野の自分に合った案件を見つけやすいので、積極的にフリーランスエージェントから紹介してもらいましょう。

ニーズに合った特徴のフリーランスエージェントに登録

あなたの希望により近い特徴のあるフリーランスエージェントを選びましょう。
エンジニアにおすすめのフリーランスエージェント12選で紹介しているサービスには、それぞれ強みを持つ案件やサポートの特徴があります。
あなたのニーズに特化しているサービスを大手フリーランスエージェントと併用することで、効率的に案件探しを進めることが出来ます。

合計3社ほど利用しながら比較してみる

大手フリーランスエージェントとニーズに特化したフリーランスエージェントを合計3社ほど登録をしたあとは各社の案件を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
案件の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたに合う合わないがはっきりとしてくると思います。
使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他のフリーランスエージェントの利用も検討しましょう。
また、案件探しを進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めてフリーランスエージェントを選んでみるのもいいですね。
フリーランスエージェントは担当者との相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

フリーランスエージェントを利用した案件受注までの流れ

フリーランスエージェントを利用するには、まずは各サービスのホームページから申し込む必要があります。
また、申し込み後の手順は下記のとおりです。しっかりと活用するためのポイントも併せてご紹介いたします。

1.各サービスのホームページから申し込み
2.ポートフォリオ・スキル・経歴などの登録
3.担当者との面談
4.案件紹介
5.企業と面談
6.案件参画

1.各サービスのホームページから申し込み

まずは、各サービスのホームページから申し込みます。
それぞれのフリーランスエージェントのホームページについては、エンジニアにおすすめのフリーランスエージェント12選にURLを掲載しているので、是非ご活用ください。
多くのサービスが無料で簡単に登録ができます。

2.ポートフォリオ・スキル・経歴などの登録

次に、あなたのポートフォリオやスキル、これまでの経歴などの登録を行います。

サービスによって異なりますが、多くの場合はWeb上での登録、メールでの送信、郵送などです。

エンジニアのレベル感によって紹介される案件が変わってきますので、あなたのスキルを明確に伝えられる内容を心がけましょう。

3.担当者との面談

続いて、フリーランスエージェントとの面談が行われます。

手段としては直接オフィスに訪問するかWebや電話での実施となりますが、最近ではWeb面談の形式がとられることが多いようです。

ここではあなたのスキルや経歴に関する詳細情報を質問されたり、希望条件の詳しいヒアリングが行われます。

ここで伝えた内容によって、どのような案件が紹介されるか決まるので、希望条件に優先順位をつけてしっかりと伝えるようにしましょう。

4.案件紹介

あなたの希望条件に合う案件が見つかり次第、案件の紹介が行われます。

案件の内容や条件、必要なスキルなどが送られてくるので、ミスマッチが無いようにしっかり確認しておきましょう。

あなたの希望に合う案件だった場合、参画したい旨をエージェントに伝えます。

5.企業と面談

多くの場合、案件への参画を伝えた後に、企業との面談が行われます。
回数は企業によって異なりますが、基本的には1回だけで済むことが多いです。

ここではお互いに条件の確認をしたり、案件参画前の最終確認を行います。
緊張するかもしれませんが、担当エージェントが同行してくれるので安心しましょう。

参画後のミスマッチがないように、気になることがあれば必ず質問しておくようにしましょう。

6.案件参画

晴れて案件に参画します。

月末には勤務管理表や作業報告書などの提出が必要なことが多いので、忘れずに行ってください。

何か困ったことなどがあれば、担当エージェントに連絡するようにしましょう。

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェントまとめ

この記事では、フリーランスエンジニアの方が利用すべきおすすめのフリーランスエージェントを、ご紹介しました。
記事の後半では、フリーランスエージェントの選び方などの役立つ知識をお伝えしたので、参考にしていただければ幸いです。

条件の良い案件を継続的に紹介してもらうためにも、あなたにぴったりのフリーランスエージェントを探してみてください。
>>フリーランスエージェントおすすめランキングに戻る

企業に転職したいと考えているエンジニアの方がいれば、下記の記事もおすすめです。
>>IT・エンジニアにおすすめ転職エージェント16選|タイプ別に徹底解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄