ワークポートの評判・口コミ

「ワークポートって悪い評判も聞いたことがあるけど、大丈夫だろうか」そんな疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職活動に失敗しないためにも、利用する前に詳細や評判、口コミを確認しておきたいですよね。
この記事ではワークポートを実際に利用した方からの口コミや評判を基に、転職業界を知り尽くした筆者がワークポートのメリット・デメリット、注意点、利用の流れなどを徹底的に調査しました。

求職者の方々からのご質問をまとめたよくある質問の解説もありますので、参考にしてみてください。

記事の目次

ワークポートの評判・口コミ調査まとめ

ワークポート

運営会社 株式会社ワークポート
本社 〒141-0032
東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
設立 2003年3月
対応地域 全国に20拠点
求人は全国あり
対応年代 20代30代※制限は無し
求人数 公開求人数:約25,000件
職種 ソフト開発/システムエンジニア系・クリエイティブ系・ネットワーク系・サポート系・研究・製品開発/品質・
評価系・コンサルタント・プリセールス系・ゲーム関連・ものづくり系エンジニア・営業系・事務・管理系・
企画系・マーケティング・プロモーション系・役員・販売・サービス系・未経験・第二新卒系・その他
利用料金 無料
公式サイト https://www.workport.co.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

IT・WEB業界に強い転職エージェント!
スピーディーな転職サポートで17年の実績があります。

ワークポートの特徴
転職決定人数No.1!
専門性の高い転職サポート
IT・WEB・ゲーム業界への転職に強い

メリット
  • サポート内容が充実している
  • 未経験含めたIT業界への転職サポートが充実
  • スピーディーに転職活動を進めることができる
デメリット
  • IT・WEB・ゲーム以外の業界に弱い
  • ドライな対応をされる場合がある
  • 求人の質よりも量を重視する傾向がある

▶︎横にスクロールできます▶︎

ワークポートはスピード感のあるサポートが話題になっていることもあり多くの方に利用されているので、自分とは合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。
ワークポートの悪い評判はそんな方たちからの意見でした。

お急ぎの方のために、まずワークポートの調査結果をまとめました。
記事の後半には悪い評判も含めた実際に利用した方々からの口コミやワークポートのメリット・デメリット、特徴などの解説をいたします。
この記事を最後まで読めば、ワークポートに登録すべききかどうかをご自身で判断できるようになります。

ぶっちゃけ話ワークポートは求人数が圧倒的で利用全体のスピード感も早いので、転職をお考えの方にはまずおすすめしたい転職エージェントです。他のエージェントと比較するためにも一度登録してみることをおすすめします。

 

ワークポートの評判・口コミ

口コミアイコン
20代男性(年収:200万円台)
とにかく求人の量が多かったです。
一度に大量の求人を紹介してもらうことができ、そのどれもが自分の希望とマッチしていたので正直選ぶのが大変でした。
サポートの対応もすぐにしてくれるので、こちらが不安な気持ちになることなく転職活動を進められたのが良かったです。
その他のレビューを見る
CareeReco(旧派遣reco)
平均評価:  
 3 レビュー
by たらきょ
専門職や技術力のある転職先を探すのにオススメ

ワークポートは非常に専門性の高い転職エージェントだと感じられました。ITやエンジニアやプログラマーなど、聞き慣れた転職サイトよりも、専門系や技術系のレベルがかなり高い印象です。

なので、ワークポートはそういった専門スキルを持っている人には強く、エージェントの方が非常に親身になってサポートしてくれます。

一対一での会話はもちろん、返信なども早く、紹介数も求めればたくさん教えてくれます。また、専門以外に興味がある会社へも、いくつか手段を提案してくれてアプローチをしてくれます。

逆に、あまり手に決まった職や実績がないと、専門性が強すぎて御門違いな感覚があります。

by N
ワークポートを利用して、実際に仕事が決まった

ワークポートを利用してゲーム業界に転職をしました。私がワークポートを知ったのは友人からの紹介で、ゲーム業界の転職に強いと聞いたのがきっかけです。

さっそくウェブサイトから申し込み、予約をして恵比寿にある会社でエージェントと会いました。エージェントにあった感想は「意外と若い」ということです。

最初は不安になりましたが、話してみるとゲーム業界の知識がとても豊富で安心して任せることができました。帰宅後すぐに、数件案件が届いていたので、吟味させていただき転職に成功しました。

by T・K
丁寧な対応だが、首都圏のみの求人に強い

サイトの登録をしてから、お電話をいただけるまで1~2日だったので、対応はとても早いな~という印象でした。電話も安心できるもので、丁寧に面談をしていただけました。

ワークポートはITに特化した求人を紹介してくれるということでしたが、残念ながら首都圏を中心とした都会地域の求人ばかりで、地方の求人は数件程度と期待していた求人の紹介はいただけませんでした。

ですが、随時求人を教えていただけるということと、今後のサポートもしていただけるということで、親身になってくれるエージェントだと感じました。

ワークポートは、王手の転職エージェントと比較するとより身近に寄り添って相談に乗っていただけるという点では、ある意味心強い会社だと思います。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

良い評判・口コミから分析|ワークポートを利用するメリット

良い評判・口コミを集めて分析したことで分かった、ワークポートを利用するメリットを3つにまとめたので、解説と裏付けとなる情報もご紹介いたします。

ワークポートを利用するメリット

  • サポート内容が充実している
  • 未経験含めたIT業界への転職サポートが充実
  • スピーディーに転職活動を進めることができる

1.サポート内容が充実している

ワークポートは転職エージェントの中でもサポート内容の充実度に対する高評価が多いようです。

ワークポートが提供しているサービスは以下のような内容です。

サービス内容

「本当に価値ある情報だけをあなたに届けます」という謳い文句にあるように、転職コンシェルジュは専門性の高いサポートを提供しています。
この転職コンシェルジュという独特の呼び方は、「転職活動にまつわる様々なご要望にお応えする」というコンシェルジュのようなマインドを持つ意識から生まれました。

このように徹底されたサポートを続けてきた結果、ワークポートはこれまで50万人以上の利用実績があり、転職決定人数No.1の実績を誇っています。

また、サポートの一環として独自のeコンシェルというツールを導入しており、おすすめ求人の閲覧や転職活動状況をコンシェルジュと共有することができ、転職活動の進捗を一目で確認することができます。

eコンシェルサービス

さらに未経験者に対する教育制度も充実しています。
例えば毎月100名以上をITエンジニアとして就職させている「みんスク」を運営しており、業界知識の浅いエンジニア未経験者に対する教育体制が整っています。

みんスクには下記のようなコースが用意されており、学びたい内容に応じたプログラムを受講することができます。

みんスク サービス内容

このように他社にはないサポート内容が充実している点はワークポートの大きなメリットです。

口コミアイコン
30代男性(年収:400万円台)
サポートの充実度が良かったです。
アプリで進捗度合いを確認することができるので、これから何をすればいいかがすぐにわかってとても便利でした。
また、担当の方の対応も迅速で、ストレスフリーで転職活動を進めることができました。
口コミアイコン
30代女性(年収:400万円台)
担当の方の私が希望する業界に関する知識量がすごいなと感じました。
プロなので当然と言えばそうかもしれませんが、質問したことなどすべてに対して丁寧にわかりやすい説明をしてくださって、転職に役立つ情報をたくさんもらうことができました。
全体としてサービスが充実している印象があり、使い心地がよかったです。

2.未経験含めたIT業界への転職サポートが充実

ワークポートはIT専門の転職エージェントとしてサービスを開始したということもあり、特にIT・WEB・ゲーム業界の求人に強みを持っています。

ワークポートのIT・WEB・ゲーム業界への強さは転職業界の中でもかなり評価が高く、一部では大手の転職エージェントや他のIT計転職サービスよりも紹介してもらえる求人が多いという声もありました。
下記のような大手・有名IT系企業の紹介実績があります。

紹介実績

IT関連・未経験IT求人
実際にIT・WEB・ゲーム業界に絞って求人を検索してみると下記のような結果となりました。

IT系求人検索結果

IT・WEB・ゲーム業界だけで検索しても14,000件以上の求人が表示され、全体の求人の約60%を占めています。
※実際に検索に使用した職種は赤線で囲った部分になります。

また、ワークポートは未経験でのIT・WEB・ゲーム業界への転職サポートも充実しています。
求人検索画面でも「未経験・第二新卒系」というカテゴリがあり、未経験を対象とした求人紹介も行っています。
未経験からのIT系求人を検索した結果は下記のようになっていました。

未経験IT系求人検索結果

こちらも約700件と、全体に対する割合は多くないものの、未経験可能な求人数であることを考えるとかなり多いと言ってよいでしょう。

口コミアイコン
30代男性(年収:400万円台)
IT業界での転職を目指していたのでとても使い勝手が良かったです。
求人の量は今まで使ってきた転職サービスの中でもトップクラスで、大手よりも多かった気がします。
一度に多くの求人を紹介してもらえるので、自分の可能性が広がる転職先選びができました。
また、ITに関する情報量が多いので、分からないことを質問するとなんでも丁寧に回答してくださりとても助かりました。
口コミアイコン
20代女性(年収:300万円台)
未経験でしたがIT転職に挑戦したいと思いワークポートを利用しました。
未経験に対してもサポート体制がかなり整っており、特に丁寧な研修にはとても助けられました。
初めての業界に挑戦するのはすごく不安でしたが、無事エンジニアとして転職することができたので感謝でいっぱいです。

3.スピーディーに転職活動を進めることができる

ワークポートは、利用し始めてから転職先が決まるまでのスピード感が良いという評価が多く寄せられていました。

実際に調査してみたところ、まずワークポートは登録の段階から必要最低限の情報の入力のみで完了することがわかりました。
一般的な転職エージェントの場合は3~4ページ程度の入力項目がある一方で、ワークポートは1ページのみの入力で、約60秒で登録が完結します。

登録画面

また、コンシェルジュの求職者に対する対応がかなりスピーディーであることもわかりました。
独自のツールであるeコンシェルでやり取りを行うため、一般的な電話やメールでやり取りをする転職エージェントの場合と比べてスムーズにコミュニケーションをとることができます。

このようなワークポートのスピード感は、転職活動という不安な期間を少しでも早く終わらせたい、スピーディーに転職活動を進めていきたいという方にとっては大きなメリットです。

口コミアイコン
20代女性(年収:300万円台)
転職が決まるまでの期間が短すぎて驚きました。
登録してからすぐに面談をし、その場でたくさんの企業を紹介してもらうことができました。
これだけの求人に応募するとなると手間がかかりそうだなと思っていると、その日中に応募完了の連絡が来て、あっという間に面接でした。
無事に内定をもらうことができて、ワークポートのおかげであっという間に転職活動を終わらせることができました。
口コミアイコン
30代男性(年収:400万円台)
サービスのスピード感がよかったです。
こちらがアクションをするとすぐに担当の方も対応してくださり、転職活動開始から終わりまでがあっという間に進み、もどかしい気持ちになる瞬間が一切なかったです。
転職先が決まらない時期は不安になるので、すぐに終わらせることができてよかったです。

悪い評判・口コミから分析|ワークポートを利用するデメリット

ワークポートの悪い評判を聞いたことはありませんか?
ここでは、悪い評判・口コミもご紹介いたします。

ワークポートはIT関連の転職に強みを持ち、同業者の中でも評価が高いため多くの登録者がサービスを利用しています。登録者が多数いれば、いい評価ばかりだけではなく悪い評価が出てくるのも当然であると言えます。
ですから、あなたもワークポートの悪い評判を聞いたことがあるのではないでしょうか。

また、担当のコンシェルジュによってサポート体制が異なるようです。
転職エージェントを利用するときには担当者との相性が重要なポイントになりますので、実際に利用してみて合わないようであれば担当者の変更や他の転職エージェントの利用を検討してみてください。

デメリットに対する対策もご紹介いたしますので、是非参考になさってください。

ワークポートを利用するデメリット

  • IT・WEB・ゲーム以外の業界に弱い
  • ドライな対応をされる場合がある
  • 求人の質よりも量を重視する傾向がある

1.IT・WEB・ゲーム以外の業界に弱い

ワークポートの求人は約60%がIT・WEB・ゲーム業界が占めており、それ以外の業界に関してはあまり強くないようです。

しかしもともとITに特化して転職サポートを行っていたにも関わらず、現在では幅広い業界・職種の転職を扱っているため、今後IT・WEB・ゲーム業界以外のサポートも強くなっていくことが考えられます。

口コミアイコン
30代男性(年収:400万円台)
ITを専門としているような感じがした。
特にそのような記述はなかったので登録したが、まったく希望していないのにIT関係の求人を紹介され、押しつけがましい提案をされた印象がある。
他の求人がないならそう言ってほしい。
口コミアイコン
20代女性(年収:400万円台)
未経験から挑戦したいとなるとほとんどIT関連しか選択肢がない。
一応IT以外の未経験可能求人をサイトでは見たが、実際に紹介されることは一度もなく、なぜかIT関連の求人ばかり紹介された。
掲載されている求人を本当に保有しているのか疑ってしまった。

2.ドライな対応をされる場合がある

対応が早いことが好評のワークポートでしたが、スピーディーなサポートをする反面、その作業が事務的、機械的になっているという口コミもありました。

親身なサポートを求めていた方にとっては、少しドライだと感じられてしまったのかもしれません。

口コミアイコン
30代男性(年収:500万円台)
しっかりとやるべきことはやってくれるのですが、なんとなく態度がドライな気がしました。
転職エージェントは結局人に自分の人生の選択をお手伝いしてもらうことなので、担当の方を信頼したうえで利用したかったです。
その点においてはあまり良いサービスとは言えないかなと思いました。
口コミアイコン
30代女性(年収:400万円台)
コミュニケーションなどの対応が早く、スムーズなサポートをしてくれるのですが、機械的な対応をされているようで悲しかったです。
一応転職先が決まるまでサポートしてくれましたが、内定を担当の方と一緒に喜べるような気持ちにはなりませんでした。

3.求人の質よりも量を重視する傾向がある

ワークポートは求人の量が他社に比べて多いことが特徴ですが、求人の質を見てみると他社と比べて見劣りするものが多いという口コミも見られました。
未経験やに対する求人も取り扱っており、どちらかというと若年層向けの印象が強いサービスなので、ミドル・ハイクラス向けのサービスに比べると質が低いと感じる人もいるのかもしれないです。
質の高い求人を紹介してもらいたいという方は、「JACリクルートメント」のご利用をおすすめします。

また、担当者によって求人の質が異なることもあるので、紹介された求人の良しあしをご自身で判断できるようにしておきましょう。

口コミアイコン
20代男性(年収:300万円台)
そこそこ有名な企業を紹介してもらうことができたのでテンション上がっていました。
しかし実際に入社してみるとそこはブラック企業で、地獄を見ました。
紹介された企業もしっかりと自分でリサーチすることが大切だと思いしらされました。
口コミアイコン
30代女性(年収:300万円台)
自分が希望していたものとは大きく異なるような求人ばかり紹介された。
担当者によるらしいが、希望に合う求人がないと適当な求人を紹介してくることがあるとのことなので気を付けてください。
口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

ワークポートの登録後の流れ

ワークポートを利用する際のひと通りの流れをご説明します。
それぞれの手順において受けられるサービスを詳しく解説するので、実際に利用する前に参考にしてみてください。
まずは大まかな流れとしては下の図のようになっています・

ご利用の流れ

それではそれぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

1.登録
2.面談・求人紹介
3.書類審査・面接
4.内定・入社
5.アフターフォロー

1.登録

まずは、「転職相談はこちら」フォームから申し込みます。
申し込みでは下記のような内容を入力します。

  • 名前・生年月日
  • メールアドレス・電話番号
  • お住まいの都道府県
  • 希望勤務地
  • 希望職種

まだ転職を考え始めた初期段階であまり具体的に分からないという方も大体で構いませんので入力しておきましょう。
お申し込みの内容により担当のコンシェルジュが変わる可能性があります。
申し込み完了後、面談日程調整の連絡がきます。
約60秒で登録が完了し、全てのサービスを無料で利用できるので安心して登録しましょう。

転職エージェントとのやりとりをスムーズに
勤務中に転職エージェントからの着信があったりすると困るという方も多いのではないでしょうか。
そのような方はあらかじめ「電話対応が可能な時間帯」「メールなら対応できる時間帯」を伝えておくと安心です。
それでも、急ぎの場合もあったりしますので「不在の場合には、必ず留守番電話を残してください」と伝えておくのも有効です。
2.面談・求人紹介

面談では、コンシェルジュにこれまでの経歴や希望の求人条件を伝えます。
遠方の方はお電話にて面談を実施してもらうことも可能です。

面談を通じて今後のキャリアについて考え、強みや弱みを共有することでお互いの信頼関係を構築します。
無理に転職をせかされたりすることはないので安心してくださいね。
面談で行うのは下記のような内容です。

キャリアの棚卸しコンシェルジュと共に客観的にみたあなたの強み・弱みを整理します。

転職の目的や希望条件の確認

転職で実現したいことや譲れない条件の確認をします。転職すること自体がゴールではなく、転職してどうなりたいかを考えます。入社後の活躍やキャリアアップ、どのような生活・環境を望むのかしっかり伝えておきましょう。

方向性の明確化

面談後の転職活動の進め方を決めます。希望の転職時期から逆算してスケジュールを立てていきます。

現在の転職市場に関する情報共有

現在の転職市場ではどのような人材が求められているのかなどの情報を得ることができます。客観的にみた、あなたの評価・強みを確認しておきましょう。

当日の面談をスムーズに進めるためには、希望条件や希望職種・業界をある程度具体的に考えておきましょう。

コンシェルジュとの面談では、最新の転職市場の情報を得られるだけでなく、あなたの現在の状況や今後の方針を整理しながらスケジュール立てることができますので、やるべきことが明確になってくると思います。

そして面談で明確にした希望条件や人間性の深堀りから、ワークポートが保有する求人から条件に合った求人を紹介してもらいます。
ここで転職エージェントを利用する大きなメリットの一つである、「非公開求人」も紹介してもらうことができ、思わぬ大手や有名企業の求人に出会える可能性があります。
また、業界に特化したコンシェルジュにより、求人を見ているだけではわからない企業の雰囲気や業界の転職状況、さらに書類選考・面接選考通過の難易度についても、詳しい情報を聞くことができます。

非公開求人とは
多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

全国の拠点一覧
本社オフィス
〒141-0032 
東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F

JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
「大崎駅」北改札口から徒歩5分

大崎オフィス
〒141-0001
東京都品川区北品川5-9-11
大崎MTビル8F

JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
「大崎駅」北改札口から徒歩8分

大崎第2オフィス
〒141-0022 
東京都品川区東五反田2-14-18
新倉本社ビル1F

JR「大崎駅」から徒歩4分
JR・都営浅草線「五反田駅」から徒歩8分

立川オフィス
〒190-0012
東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル7F

JR「立川駅」北口から徒歩5分
多摩都市モノレール「立川北駅」南口から徒歩6分

秋葉原オフィス
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2丁目15-10 ニュー山本ビル7F

JR「秋葉原駅」昭和通り口から徒歩8分
都営新宿線「岩本町駅」A4出口から徒歩5分

埼玉オフィス
〒330-0846 
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
大宮大門町MIIビル 6F

JR各線「大宮」駅徒歩6分

横浜オフィス
〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
NMF横浜西口ビル 6F

JR・京浜急行線・相鉄線「横浜駅」西口徒歩5分
東急東横線・みなとみらい線「横浜駅」西口徒歩5分
横浜市営地下鉄線「横浜駅」9番出口徒歩3分

千葉オフィス
〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天1-15-3 リードシー千葉駅前ビル7F

JR「千葉駅」西改札口から徒歩1分
千葉都市モノレール「千葉駅」から徒歩7分

仙台オフィス
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
宮城野センタービル4F

JR「仙台駅」東口徒歩5分
地下鉄東西線 「宮城野通駅」北2口徒歩1分

東海オフィス
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
いちご丸の内ビル 8F

名古屋市営地下鉄「久屋大通駅」1番出口徒歩4分

名古屋オフィス
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町15番19号
秋田学園名駅ビル 2F

JR「名古屋駅」大閤通口から徒歩2分

大阪オフィス
〒541-0046 
大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
アーバンエース北浜ビル14F

地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」17番出口徒歩4分
地下鉄堺筋線「北浜駅」6番出口徒歩4分
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」13番出口徒歩7分

京都オフィス
〒600-8211
京都府京都市下京区真苧屋町207番地 ネオフィス七条烏丸4F

JR「京都駅」中央口から徒歩5分
京阪本線「七条駅」3番出口から徒歩10分

神戸オフィス
〒650-0034 
兵庫県神戸市中央区京町69
三宮第一生命ビルディング 11F

JR線「三ノ宮」駅徒歩11分
阪急線「三宮」駅徒歩7分
阪神線「三宮」駅徒歩9分

岡山オフィス
〒700-0901
岡山県岡山市北区本町6-30 第一セントラルビル2号館5F

JR「岡山駅」後楽園口(東口)から徒歩3分

面談時の服装
面談時の服装は自由です。
リラックスして話せることを重視するのであれば、着慣れた私服などがいいでしょう。
一方、企業との面接対策も兼ねて身だしなみのアドバイスも受けたいという方はスーツなどでいくのもおすすめです。
身だしなみのアドバイスはどこをどのように注意すると採用担当者からの印象が良くなるのか、より具体的に提案してもらいましょう。
3.書類審査・面接

応募したい企業が見つかると、コンシェルジュが応募手続きをしてくれます。
このときに提出する応募書類は添削をしながら一緒に作成してくれるので、書類作成に自信のない方でも安心です。
また、応募書類と一緒に推薦状を提出してくれるので書類通過率が高まります

4.内定・入社

見事内定を獲得した場合にはコンシェルジュからの連絡によって通知を受け取ることになります。
面接に合格するまでがワークポートの役割ではありません。
自分ではなかなか言いづらい給与などの交渉や、勤務開始日の打ち合わせなどを代わりに行ってくれます。

5.アフターフォロー

転職先が確定した後も、前職の退職に関する交渉のアドバイスも行ってくれるので、転職の際にありがちな退職困難に陥る心配もありません。
転職後のキャリアに関する相談なども承ってくれるので、気軽に連絡してみましょう。
サポートの質が高いと評判のワークポートだけあって、アフターフォローも充実していますね。
ワークポートはここまでのサービスをすべて無料で行ってくれます。

ワークポートに関するよくある疑問

Q1.コンシェルジュに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?
Q2.転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?
Q3.なぜ無料でサービスを受けられるのですか?
Q4.紹介された求人は応募しないことも可能でしょうか?
Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

Q1.コンシェルジュに話したことは企業にも筒抜けなのでしょうか?

転職エージェントに話したことがそのまま企業に伝わるわけではありません。
職歴が多かったり、退職理由が話しづらいものだったりするとごまかしてしまいたくなるものですが、なるべく正直に伝えることをおすすめします。
嘘をついたり、その場限りのごまかしをしてしまうと、これまでの経験を整理したときにつじつまが合わなくなってしまう上に、二度とその企業の選考を受けられなくなってしまう可能性もあります。

コンシェルジュは経歴などの少しでも良い見せ方・伝え方も一緒に考えてくれます。
不安なことは気軽に相談してみましょう。

Q2.転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?

人材紹介という単語でも呼ばれる転職エージェントは、しばしば人材派遣と同義にされることがあります。
しかし転職エージェントと人材派遣は異なるサービスなので、その違いをご説明します。
人材派遣は、人材派遣会社が人材を雇用し、一定期間企業に派遣するサービスです。
これに対して転職エージェントは正社員としての雇用を希望される方に、面談、求人紹介、面接対策などの転職サポートを提供するサービスです。

Q3.なぜ無料でサービスを受けられるのですか?

ワークポートは求人企業からの紹介手数料で運営しているため、求職者からお金をもらう必要がありません。
そのため全てのサービスを無料で受けることができます。

Q4.紹介された求人は応募しないことも可能でしょうか?

もちろん可能です。コンシェルジュと価値観が合わないとあなたが考えていたものと違う求人ばかり紹介されてしまうということもあるかと思います。
そういった場合はなぜその求人ではだめなのか、絶対に譲れない条件などをなるべく具体的に伝えましょう。
そうすることで、希望の求人を紹介してもらいやすくなっていきます。

Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

可能です。
具体的な転職時期が定まっていない方の登録も受け付けているので、転職を少しでもお考えの方は早めに登録しておきましょう。
早めに登録しておくことで、より多くの求人を紹介してもらえます。
さらに、長くかかわることで強い信頼関係をコンシェルジュと構築できるので、よりマッチ度の高い求人を紹介してもらうことができます。

ワークポートの利用がおすすめなひと

ここまでの口コミに基づいたワークポートのメリット・デメリットをふまえて、ここではワークポートがどのような人におすすめかをご紹介していきます。
ワークポートは、IT・WEB・ゲーム業界に特化していることとサポートのスピード感が特徴です。

比較的若年層向けのものが多いですが、求人数が多くサービスの使い勝手が良いため、登録だけはしておいて損のないサービスです。

そのため、20代・30代を中心に、転職活動をするすべての方におすすめの転職エージェントサービスです。

なかでもやはりIT・WEB・ゲーム業界の求人が多く、未経験者に対するサポートも充実しているので、こうした業界に挑戦したい方にとっては特にメリットの多いサービスとなっています。

ですが、転職エージェントを選ぶ際にはひとつの転職エージェントだけに頼らないことが最も重要です。
なぜなら、あなたの希望する働き方と転職エージェントの得意不得意が合っていなければ本当に希望していた働き方を叶える求人には出会えないからです。

ワークポートと併せて複数の転職エージェントを利用し、数名の担当やと出会うことで、あなたの希望する働き方をきちんと理解してくれるひとに出会えると思います。

まずは、多くの方におすすめしたい総合型転職エージェント業界大手2社をご紹介いたします。

▶︎横にスクロールできます▶︎

次に、特化型転職エージェントを一覧でご紹介いたします。
特化型転職エージェントは特定の職種・業界・タイプ別に特化したサポートが魅力です。
気になる業界がある方はそこに特化したものをお選びください。担当者が業界出身者であることが多く、専門性の高いアドバイスを得ることができ、転職活動がスムーズに進められる可能性が高くなります。

ハイクラスや第二新卒、女性などの特徴に合わせた転職エージェントもありますので、下記の表の中にはあなたに合ったものもあると思います。

おすすめサービス 公式サイト
看護師 看護のお仕事 https://kango-oshigoto.jp/
介護 スマイルSUPPORT介護 https://www.h-career-support.com/kaigo/
保育士 保育ひろば https://hoiku-hiroba.com/
薬剤師 薬キャリ https://pcareer.m3.com/
IT・Web
エンジニア
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
製造業系
エンジニア
メイテックネクスト https://www.m-next.jp/
管理部門
(経理・財務・
人事・総務)
MS-Japan https://www.jmsc.co.jp/
公認会計士 マイナビ会計士 https://cpa.mynavi.jp/
医師 エムスリーキャリア https://agent.m3.com/
アパレル クリーデンス https://www.crede.co.jp/
クリエイティブ マスメディアン https://www.massmedian.co.jp/
マーケティング マーケティング
転職.com
http://www.marketing-jac.com/
コンサル JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp/
金融 マイナビ金融AGENT https://mynavi-agent.jp/
ゲーム Geekly https://www.geekly.co.jp/
外資 ロバート・
ウォルターズ
https://www.robertwalters.co.jp
管理職・
ハイクラス
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
女性の転職 パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
ニート・
フリーター
就職Shop https://www.ss-shop.jp/
ベンチャー Goodfind https://www.goodfind.jp/2020/
第二新卒 ハタラクティブ https://hataractive.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

最終的には総合型と特化型で合計3社ほど利用するのがおすすめです。

各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたで合う合わないがはっきりとしてくると思います。
使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。
また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めて転職エージェントを選んでみるのもいいですね。
転職エージェントは担当するキャリアコンシェルジュの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

転職エージェントを最大限に活用する6つのポイント

1.連絡は素早く・こまめに

担当のコンシェルジュとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。
複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。
あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。
転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンシェルジュに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンシェルジュはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。
担当のコンシェルジュによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

ワークポートの評判・口コミまとめ

この記事ではワークポートの評判・口コミとそれを基にしたワークポートのメリット・デメリットなどをまとめてご紹介いたしました。

ワークポートの特徴
転職決定人数No.1!
専門性の高い転職サポート
IT・WEB・ゲーム業界への転職に強い

ワークポートはIT・WEB・ゲーム業界への強さとスピーディーなサポートが魅力ですが、一方で利用する敷居が高いことや、担当者によっては押しつけがましい求人紹介もあるようです。

他の転職エージェントも併用し、あなたの転職の成功確率を高めましょう。

>>転職エージェントおすすめランキング

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄