派遣社員は残業代が出ない、派遣社員は残業をしてはいけないという言葉をよく聞くことがありますよね。

確かに派遣社員は正社員と違って、決められた時間で雇用契約を結んでいるため、印象としては残業してはいけないように感じる部分も大きいでしょう。実際に、派遣で働いていて「派遣だから残業しないで」と派遣先企業の社員に言われたことがある人も多いかもしれません。

では、派遣社員は残業代が出ないというのは本当なのでしょうか。

もし残業代が出ないのであれば、残業を強いられた際は断りたいものですが、残業をもし断った場合はどうなってしまうのでしょうか。




派遣社員にも残業代は出る

派遣社員は残業代が出ないという誤解がよくありますが、派遣社員でも残業代はしっかりと支給されるようになっています。

労働基準法では、「1日8時間、週40時間以内」という法定労働時間が定められています。この法定労働時間を超えて働くと残業代が支払われる仕組みになっています。これは正社員だけではなく、派遣社員、アルバイトにも当てはまることです。

さらに、派遣として働く際には雇用契約を派遣会社と結びますよね。もし残業の可能性がある派遣先で働くのであれば、労働基準法第36条の「時間外・休日労働に関する協定」が結ばれているはずです。この協定は通称36協定と言います。

もし36協定が結ばれているのであれば、雇用契約書の同じ項目のところに1日〇時間まで、1ヶ月〇時間などの残業についての記載があります。

この契約に基づいて、派遣社員も法定労働時間を超えた場合は残業代が支払われる仕組みになっています。

残業しても残業代が割り増しにならない可能性も

ただし、契約によっては残業しても残業代は割り増しにならず、通常の時給通りに支払いがされるケースがあります。

残業代は通常25%割り増しで支払われるようになっていますが、これはあくまで法定労働時間を超えたときの話になります。

では、例えば通常の勤務時間が10時~18時などの7時間だった場合はどうでしょうか。この場合実働時間は7時間となり、もし1時間残業したとしても法定労働時間の8時間の中におさまっている計算になりますよね。

すると、残業代は通常の時給通りの計算で支給されることになります。もし時給が1500円だった場合はそのまま+1500円で上乗せされてくるというわけです。

ですが、2時間残業した場合は法定労働時間の8時間を超えて9時間働いたことになりますよね。すると、1時間分だけ残業代が割り増しになって上乗せされてくることになるというわけです。

1500×7時間=10,500円

ここに、

+1500円(法定労働時間内の残業)

+1875円(法定労働時間外の残業なので1500円の25%割り増し)

なので、この日の賃金は2時間の残業代がプラスされて13,875円ということになります。

残業がない契約なら断れる

では、もし36協定が結ばれていない「残業の無い契約」をしていた場合、残業を命じられた際には断れるものなのでしょうか。

これは当然ながら、残業ありきの契約をしていないため、残業は断れることになります。むしろ、「契約にないので残業できません」としっかりと伝えて断るべきです。

たまにありますが、残業なしの契約なのにも関わらず、ルール違反的にサービス残業などを強いられることがあります。

もし正社員も当たり前のようサービス残業をしていると、確かに断りづらい空気が生まれるものです。しかし、ルール違反はルール違反なので、毅然とした態度で断ることが必要です。我慢してサービス残業を受け入れてしまっても、自分が困るばかりなのは間違いありません。

そして、派遣会社には報告と相談を忘れないようにしましょう。派遣社員にとって雇用主は派遣会社なので、何かあった際に連絡すべきは派遣会社になります。

残業ありきの契約だが残業を断りたい場合

36協定が結ばれている残業ありきの契約なのにも関わらず、残業を断りたいときはどうすれば良いのでしょうか。

契約で残業の可能性を示唆している以上、残業があった際にも受け入れなければいけませんが、何か理由があればもちろん残業を断れないわけではありません。

どうしても外せない用事や、体調不良など、事情があれば残業を断ることはできるでしょう。ただ、残業ありきの契約をしている以上は、単純に「残業はやりたくない」という理由では残業を断ることは難しいということです。

もし残業ありきの契約であるのにも関わらず、何かしら理由をつけて毎回残業を断っていれば、「あの人はやる気がない」と思われてしまうのは仕方がないことでしょう。他の派遣社員が残業をしているのであれば、余計にそのような空気は流れます。

契約で決められた時間は働いている以上、指揮命令を下す正社員も強くは言えないかもしれません。ですが、職場の空気も大事なところです。なんとなく「場の空気を乱す人」という認識がついてしまうのは否めません。

ただ、「派遣社員=残業しないもの」という勝手なイメージだけで残業を断るのは、自分自身の誤解である可能性があります。雇用契約を結ぶ際には、残業について契約はどうなっているのか、しっかりと確認するようにしておきたいところですね。

まとめ

残業代は正社員だけではなく派遣社員やアルバイトであっても、法定労働時間を超えて働いたのであれば等しく支給されるようになっています。

雇用契約の内容を確認せず、「派遣社員は残業できないもの」というイメージを先行させてしまうのは辞めましょう。

また、派遣先企業が「契約的に派遣社員を残業させて良いものなのか、ダメなのか」ということをよく把握していない場合もあります。損をする働き方にならないためにも、契約上残業についてはどうなっているのか、自分でもしっかりと把握をしておくことは大事なことです。

おすすめの派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
>>派遣recoで一番登録されている派遣会社です<<

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・日本トップクラスの求人件数
クリックマンパワーに登録してお仕事を探す
>>1分で登録完了<<

事務職求人にとても強い
・世界的企業の安心感
・福利厚生が充実




エリア別おすすめ派遣会社ランキング
北海道 北海道
東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 京都 大阪 三重 滋賀 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
沖縄 沖縄
おすすめの記事