「神戸で保育の派遣で働きたいけど、どの派遣会社がいいのかわからない」
「神戸の派遣の時給相場がわからない」

このように考えている方も多いのではないでしょうか。

派遣会社ってたくさんの種類があってどれがいいのか分からないですよね。

この記事では神戸の派遣保育士の特徴やおすすめの派遣会社5選等を徹底的に解説します。

神戸の派遣会社は地方の派遣会社と比べると異なる点があるので、知っておくとあなたの派遣会社選びに役立つはずです。

サービス名 総合評価 特徴
保育ひろば
全国に求人あり!
好条件案件も。
ほいく畑
短期間勤務や少人数保育など
人気の求人が豊富!
未経験の方も!
保育情報どっとこむ
非公開求人◎
リアルな口コミも。

記事の目次

神戸で派遣保育士として働きたい方必見|知っておきたい派遣会社

まず初めに、神戸で派遣保育士として働きたい方に登録してほしい神戸の優良な保育士派遣会社を2社紹介します。

より詳しく知識をつけたい方は下記のこのまま読み進めてください。

ランキングを先に見たい方はこちら

保育士求人数が
抜群に多い

保育ひろばバナー

保育ひろば
求人数7,446人
全国対応
月収24万・残業無し

\60秒で登録完了/

ほいく畑バナー

ほいく畑
求人数4,093人
全国対応

\60秒で登録完了/

保育士派遣とは|直接雇用との違いを解説

そもそも正規雇用(社員やパート、アルバイト)と派遣では働き方ではどういった違いがあるのでしょうか。

大きな違いは雇用主です。
正規雇用やパートは保育施設を運営する会社や人によって直接雇用されます。

対して派遣は、保育施設と契約を結んでいる派遣会社と雇用契約を結びます。そして、派遣会社のスタッフとして保育施設に勤めることになるのです。

そのため、保育施設は業務上の指示や管理を行い、勤怠の管理や給与の支払い・福利厚生などは派遣会社によって行われるのです。

派遣社員にも働き方は複数あります。

派遣の種類
  • 登録型派遣

    派遣期間を設けるタイプ派遣です。

    一般的に派遣と呼ばれるものは登録型派遣と考えて問題ないでしょう。

    派遣期間が満了し、契約更新がされなければそこでの派遣業務は終了し、次の派遣先を探す必要があります。

  • 常用型雇用派遣

    派遣スタッフが派遣会社に常に在籍し、派遣されていないときでも給与が発生する働き方です。

    登録型派遣では期間が満了すると、派遣会社との雇用契約もいったん終了します。
    しかし、常用型派遣では、派遣期間が終わっても派遣会社との雇用契約は継続するのです。

  • 紹介予定派遣

    紹介派遣は派遣期間が終了した後に、正社員として入社することを見込んだ働き方です。

    お試し期間のような働き方なのであなたと保育施設とのミスマッチが少ないことが特徴です。

神戸の保育士派遣の平均給与相場|正社員との比較

保育士派遣として働く方が気にするポイントとして正社員との給料の差があるのかではないでしょうか。

そこで私立保育園で正社員として働く保育士の方の給料の平均を紹介します。

私立保育園で正社員として働く保育士の給料

  • 20代:平均年収273万円
    月収(手取り)16.6万×12か月+ボーナス(年間)41.7万×2回
  • 30代:平均年収275万円
    月収(手取り)17万×12か月+ボーナス(年間)32.7万×2回
  • 40代:平均年収331万円
    月収(手取り)19.5万×12か月+ボーナス(年間)46.1万×2回

出典:マイナビ保育士

私立保育園で働く保育士の方の平均年収は296万円という結果になりました。

これを月給で換算すると24.6万円となります。
月に21日、8時間勤務としたとき時給は1,464円となります。

一方で派遣保育士の場合は相場時給は1,200円~1,800円程です。
平均すると1,500円となります。

つまり、派遣として働く方が高い時給で働くことができるのです。

神戸の派遣保育士|求人例

神戸の派遣保育士の求人例を保育情報どっとこむを利用して調査しました。

全体の求人は時給1,200円以上のものが多く高い時給設定となっていることがわかります。

神戸市はその中でも1300円以上の求人が多く、平均的に高いと言えるでしょう。

実際の求人情報を3つ紹介します。
保育情報どっとこむ求人例

ポイント

未経験・ブランクある方でも大歓迎の求人です。
書類、ピアノが無く、とても勤務しやすい業務内容になっております。

保育情報どっとこむ求人例

ポイント

人間関係良好でとても働きやすい職場環境です。
勤務時間相談可能の好求人です。

保育情報どっとこむ求人例

ポイント

4,5歳の保育補助の求人です。
終了時刻も相談可能で、入職時の健康診断費支給など福利厚生も充実しています。

このように神戸の派遣保育士の求人は時給が高く、人気のあるものが多いのです。

神戸の派遣保育士の特徴

それでは神戸の保育派遣の特徴を見ていきましょう。

神戸には認可保育所:1043所、認証保育所:384所もの保育施設があります。(2020年時点)

しかし、人手不足のため豊富な求人数で高時給の求人が多いのです。

中には1500円以上の高時給求人もあります。

スキルが高ければ高い程高時給に!

保育士として、スキルが高ければ派遣に登録する際にもとっても有利になるのです。

保育士が持っていると有利になる経験・スキル
  • 障害児保育
  • 主任保育士
  • 病棟保育
  • 病児保育
  • 乳児保育
  • クラス担任経験

このような経験を持つ保育士は少ないので非常に重宝される傾向にあります。

そのため高時給での派遣先が見つかる可能性が高いのです。

しかし高いスキルや経験を持っていても、どのように派遣先を探すのか迷いますよね。

そこで派遣会社に登録してキャリアコンサルタントに相談することをおすすめします。

キャリアコンサルタントはあなたにマッチした派遣先を紹介してくれるのです。

記事の後半では派遣会社の選び方とお勧めの保育士向け派遣会社を5社紹介します。

派遣保育士の業務内容

派遣保育士は、雇用期間が終われば年度途中でも退職という形になるので、担任や責任ある役回りを任されることはあまりないです。

派遣保育士が担当する業務で可能性が高いのは、正職員のサポートが主になります。

担任クラスを持たないフリー保育士として、複数のクラスのサポートをします。

おむつの取替えや子供たちの食事補助、外遊びやお昼寝を見守ったり、子供たちのお世話の他、教室・トイレの掃除、衣類の洗濯、制作物作成のサポートなど、保育関係以外の仕事内容が多くなる事もあります。

現場によっては、派遣保育士と正職員の保育士の仕事をきちんと分けて、クラス担任や保育園の行事関連の作業や会議の出席、保護者への対応なし、という現場もあります。

そのため、残業・持ち帰り業務はほとんどなく、家庭や育児との両立も可能で、責任も重くないので、ブランクのある方は現場復帰がしやすい環境になっています。

ですが、現場によっては、派遣保育士にも正職員と同等の仕事を任されるケースもあります。

なので、そういった業務内容の認識の違いを起こさないためにも、保育士が派遣で勤務する際には、待遇面や雇用条件のみならず、業務内容もしっかりチェックして、実際勤務した際に、ミスマッチが出た際にはしっかりと職場に対応してくれる派遣会社を選びましょう。

神戸の保育士派遣会社の選び方・注意点

派遣会社は非常に多く、自分にぴったりの派遣会社を見つけるのは困難です。

良い派遣会社が多いのですが、中にはブラックな環境を勧めてしまう派遣会社もあるようなので慎重になって選ぶ必要があります。

あなたにぴったりの派遣先を見つけるために以下の3つのポイントに注意して登録しましょう。

保育士派遣会社の選び方
  • 実績のある大手派遣会社を選ぶ
  • 福利厚生や登録後のフォローも確認する
  • 求人数の豊富な会社を選ぶ
  • 優良派遣事業者に選定されているところを選ぶ

それでは一つずつ解説します。

実績のある大手派遣会社を選ぶ

数ある派遣会社の中でも保育士に特化した大手派遣会社を選ぶようにしましょう。

たくさんの方を派遣スタッフとして紹介してきた実績を持つ大手派遣会社なら保育施設とのつながりが強いです。

そのため、勤務時間やシフトの交渉を行いやすく、結果希望通りの派遣先で働くことができる可能性が高いのです。

実績が多い派遣会社を見つける際には求人数を確認しましょう。

求人数が多い派遣会社は登録スタッフが多いので、実績もしっかりあるのです。

福利厚生や登録後のフォローも確認

先述したように、派遣会社が雇用主になるため福利厚生や派遣中のフォローは派遣会社から受けることになります。

そのため連絡のとりやすく、フォロー体制がしっかりしている派遣会社を選ぶようにしておきましょう。

どこの派遣会社でも条件を満たすことで社会保険や福利厚生を受けることができるのですが、派遣会社によってはさらに

  • 交通費
  • 引っ越し手当の支給
  • キャリアアップ支援

などの福利厚生を受けられる場合があるのです。

なので福利厚生なども確認しておくようにしておきましょう

求人数の豊富な会社を選ぶ

求人の豊富さは、「この派遣会社から紹介されるなら安心」という、派遣先から保育施設から信頼されているという証拠になります。

また求人数が豊富であれば、自分の希望条件に合った求人が見つかる可能性がグッと高まります、。

求人数に関しては、派遣会社のトップページに書かれていることが多いので、是非チェックしてみてください。

優良派遣事業者に選定されているところを選ぶ

「優良派遣事業者」というのは、厚生労働省に委託された期間に認められている派遣会社です。
法令遵守はもちろん、派遣会社が勤務しやすい環境が整えられています。

優良派遣事業者の選定を受けている派遣会社なら、就業前後の手厚いサポートや、福利厚生がしっかりと完備されていることが多いので、安心して勤務することが可能です。

これから派遣保育士として働きたい方は、上記の4つのポイントを意識して派遣会社選びを行いましょう。

ぶっちゃけ話派遣会社は人によって合う合わないの差が大きいのです。
あなたの希望の働き方を最大限に実現するために、複数のサービスに登録してみてサービスの使い心地や担当者との相性を確認してみましょう。

神戸の口コミや評判がいい保育士派遣会社ランキング

1.保育ひろば

保育ひろば

社名 株式会社ネオキャリア
対応拠点 東京・神奈川
福岡・埼玉・千葉・大阪・茨城・愛知
栃木・群馬・兵庫・静岡・岐阜・北海道・宮城・広島
総求人件数 7,446件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 一般労働者派遣許可 許可番号 派13-070366

保育ひろば公式サイト:https://hoiku-hiroba.com/

保育ひろばは全国47都道府県の保育士・幼稚園教諭の求人募集情報を掲載している保育士求人専門の転職支援サービスです。
経験豊富な地域専属のコンサルタントが全国4万件以上の施設の中から希望に沿った求人を紹介してくれます。

保育ひろばの特徴は、保育士の利用満足度が94.2%と高いことです。
登録〜面談まで最速1営業日以内と対応スピードがはやいことや、内定まで手厚くフォローをしてくれることなど、サービスのきめ細かさを評価する声が多くみられました。

また、月給25万円以上の好条件案件が多く、交通費の一部補助など福利厚生が充実しているのも人気の秘密です。

人気の認可保育園の求人をはじめ、病院内保育、事業所内保育、病児保育といった保育士求人以外にも、幼稚園、認定こども園、学童まで幅広い求人を取り扱っているので、保育の仕事に少しでも興味がある方は必ず登録をしましょう。

\60秒で登録完了/


2.ほいく畑

ほいく畑

社名 株式会社ニッソーネット
登録拠点 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・岐阜県
愛知県・静岡県・三重県・滋賀県
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県
福岡県・広島県・山口県・佐賀県
派遣求人件数 4,093件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 労働者派遣事業 許可番号:派27-029007

ほいく畑公式サイト:https://hoikubatake.jp/

ほいく畑は厚生労働大臣認可の就業支援センターとしても認可されている保育士専門の老舗派遣会社です。
地域との繋がりが強く、自宅近くでの職場をお探しの方にもおすすめの会社です。

私立保育園での勤務以外にも公共保育園、学童保育、企業内保育など、なかなか正規雇用の求人が出ない仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

保育士に人気の短時間勤務や少人数保育の案件が豊富にあり、ブランクがあったり未経験の方でも募集している案件が多いです。
専任のコーディネーターが1対1でサポートをしてくれるため、希望の職場を簡単に見つけることができます。

また、ほいく畑にはスマホで申請するだけの給料週払い制度があるため、急に出費がかさんだ時にも安心です。

\60秒で登録完了/


3.保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

社名 株式会社アスカ
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 17,677件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 一般労働者派遣事業許可番号(般11-300087)

保育情報どっとこむ公式サイト:https://www.hoikujyouhou.com/

保育情報どっとこむは人材派遣アスカグループが運営する保育専門求人サイトです。
厚生労働大臣の認可も受けており、官公庁との繋がりも強いという特徴があります。

また、完全無料で登録するだけで保育に特化したキャリアコンサルタントがつき、非公開求人を含めた就職のサポートをしてもらえます。

保育のお仕事は非公開求人が多いです。
人気の求人は公開してしまうと募集が殺到してしまうため、登録者に限り公開されます。

また非公開求人の中には実際に働いているスタッフや入院患者さんからの口コミが掲載されていることが多いです。

派遣会社の営業担当から聞ける話よりもリアルな口コミを聞くことができますので、求人選びに失敗したくない方にオススメです。

\60秒で登録完了/


4.保育のお仕事

保育のおしごと

社名 株式会社ウェルクス
派遣
求人数
781件(2020年3月時点、派遣のみ)

保育のお仕事公式サイト:https://hoiku-shigoto.com/

保育のお仕事は、保育士・幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っているサイトです。
毎月4,000名以上の登録実績があり、全国各地の求人情報を扱っています。

保育のお仕事の案件はサイト上に掲載されない非公開求人も多いです。
専任のキャリアアドバイザーから1to1できめ細かいサポートを受けることができ、登録後に希望の条件を伝えるとそれに合った非公開求人を紹介してもらうことができます。

園の雰囲気や保育方針などもアドバイザーから事前に聞くことが出来るため、ミスマッチが少ないのが特徴です。


5.保育士求人JobMedley

保育士求人JobMedley

社名 株式会社メドレー
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 18,043件(2020年3月時点)

ジョブメドレーは医療・介護福祉・歯科の総合求人No.1サイトです。

日本全国の保育のお仕事を取り扱っており、正社員・契約社員やパート・アルバイトを含んだ求人数は約20,000件です

お仕事探しも転職エージェント型ではなく、自分で好みのお仕事に応募するタイプなのでご自身のペースでお仕事を探せます。転職会社からのしつこい電話や催促などありません。

お仕事も日本全国にあるため、都心だけでなく地方の保育のお仕事に強いのも特徴的です。

ただ、自分でお仕事を探すのが大変とお考えの方にも安心のサービスがあり、もし気になる求人が見つからなくても無料の会員登録をしておけば担当のキャリアサポートがあなたに変わって求人情報探しをお手伝いします。
その上、プロフィールを登録しておけば、各企業からスカウトメールを受け取ることも出来ますので、まずは登録しておくことを強くおすすめします。

ジョブメドレーはお祝い金制度も設けられており、ジョブメドレー経由で入職された方にボーナスをプレゼントしています。求人によって金額は変動しますが、案件紹介画面から確認できます。

\60秒で登録完了/

総合求人No.1は楽天リサーチ (2016年7月)調べ

まとめ:おすすめの派遣会社

サービス名 総合評価 特徴
保育ひろば
全国に求人あり!
好条件案件も。
ほいく畑
短期間勤務や少人数保育など
人気の求人が豊富!
未経験の方も!
保育情報どっとこむ
非公開求人◎
リアルな口コミも。

神戸の保育士派遣|時給を上げるための3つのポイント

「保育士は給料が安いイメージがある」「時給がなかなか上がらない」

このような悩みをもつあなたのために時給を上げる3つのポイントを紹介します。

時給を上げるためのポイント
  • 交渉するタイミングを決める
  • 具体的な金額を提示する
  • 資格を取得する

交渉するタイミングを決める

時給アップするためには交渉するタイミングが重要になります。

特に時給がアップしやすいタイミングは、働き始めてから1年と言われています。

なぜ1年なのか
派遣社員として評価できる材料が揃うためです。
1年間の間にどのような業務を行えるようになったのか、どういう点で会社に貢献できているのかなどを具体的に担当者に話すことで時給アップの可能性が高まります。

具体的な金額を提示する

仕事を探す時に、キャリアコンサルタントに具体的な金額を提示することが重要となります。

理由として、具体的な金額を提示することでより本気度が増すからです。

派遣会社も具体的な金額を提示してもらうことで派遣先を決めやすくなります。

しかし、あまりに突飛な金額を提示しては相手にされない場合もあるので、自分の実力や貢献度と周りとの時給を比較してみて適切な時給を提示しましょう。

神戸では人手不足が深刻な場面が多いので、多くの仕事が任されやすいです。

そのため上記のような保育士として貴重な経験を積んでいることもあります。

あなたの業務内容振り返って時給アップを申請してみましょう。

資格を取得する

まず、保育士になるには資格が必要です。
資格がないと保育士になることはできないので保育補助という働き方になってしまします。

それに加えて業務に役立つ資格を取得することで他の派遣スタッフと差をつけることができるので交渉の際に有利になります。

なので、時給を上げるためには、勤続年数や経験も必要ですが、資格も取っておきましょう。

とっておきたい資格

  • 食育スペシャリスト

    職に関する深い知識と企画力、プレゼンテーション力があることを認定する資格

  • 環境アレルギーアドバイザー

    日本環境保健機構が主催する環境由来の健康問題に対しての正しい知識を有し、患者やその家族・周囲の環境を理解して環境改善をサポートする専門家のための資格

  • 幼児食ベーシック

    日本幼児食協会が認定する幼児期の食育や栄養、食物アレルギーや食品添加物についての基礎知識があることを認める資格

  • チャイルドマインダー

    家庭的・少人数保育のスペシャリストの民間資格

  • 絵本専門士

    絵本に関する高度な知識、技能及び完成を備えた絵本の専門家のための国立青少年教育振興機構が認定する民間資格

  • イングリッシュエキスパート保育士

    英語教育の低年齢化が勧められる時代に役立つ保育英語検定

  • 認定病児保育スペシャリスト

    病期やケガなど体調不良の子どもに対応できるスキルを身に付けるための資格

  • ベビーサイン講師

    まだ喋れない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションを取る「ベビーサイン」を教える講師の資格

神戸で派遣保育士として働くことのメリット

ここまで読んで実際に派遣保育士で働いてみたいという方向けに、メリットとデメリットを解説していきます。

メリットの面で派遣保育士としての働き方のニーズも高まってきている一方で、デメリットの面で直接雇用を魅力的に感じる方もいます。

しっかりと見極めてあなたにぴったりの働き方を見つけてください。

派遣保育士のメリット
  • 直接雇用よりも高時給の場合がある
  • 残業・持ち帰り作業がほぼない
  • 勤務条件を自由に選べる
  • 自分にあった職場を選べる
  • 派遣会社のサポートがある
  • ブランクに悩む方にぴったり
  • 事情に合わせて柔軟な働き方ができる
  • 職場の空気が合わないと感じたら変えやすい

直接雇用よりも高時給の場合がある

派遣保育士の給料は時給で換算されます。
相場は先述したように1,200円~1,800円となっています。

これは私立の保育施設で正社員として働く給料の時給換算したものよりも高い額だと記事の最初に解説しました。

一方で保育士のパートやアルバイトの時給相場は最低賃金プラス100円~200円となっています。

神戸では最低賃金が899円なので相場は999円~1099円になります。

残業・持ち帰り作業がほぼない

派遣保育士は、正社員の保育士と比較して、残業が基本的に少ないです。

勤務条件に「時間外労働なし」と定めてる場合もありますし、実際に残業がどれぐらい出ているかをチェックした上で、雇用契約を結べます。

仮に残業をしたとしても、その分の残業代はきちんともらえます。

正社員だと、職場の空気でサービス残業をしなければならなかったり、持ち帰りの作業が出てしまったりすることも多いです。

ですが、派遣保育士のケースだと、施設との間に派遣会社が仲介として入ることで、ルールに沿った給与の受け取りが可能になります。

勤務条件を自由に選べる

派遣保育士の給料は時給で換算されるので、家事と仕事を両立したいママ保育士さん等の自分のライフスタイルを大切にした働き方ができるのです。

例えば、月水金の週3日勤務で1日だけ午後2時に退社といった働き方も可能です。

派遣保育士の仕事内容はサポートがメインとなるので勤務時間が短いからといって迷惑に感じる必要もありません。

給料も派遣会社が支払うので、派遣会社に認める働き方に準ずることができます。

自分にあった職場を選ぶことができる

保育士として保育施設で働く場合、各施設の求人情報を集めてそれぞれに面接をする必要があります。

しかし最近では正規雇用の数を減らす施設が増えているため求人を集めることがむずかしくなりつつあります。

派遣会社に登録すると、キャリアコンサルタントと面談して希望の勤務条件にマッチする求人を紹介してくれるので自分で探す手間が省けます。

また、休日や勤務条件などの細かい条件交渉も派遣会社が行ってくれるので楽にあなたにあった仕事を見つけることができるでしょう。

派遣会社のサポートがある

勤務条件や職場環境においてトラブルが生じたとしても、派遣会社が間に入ってサポートしてくれます。

入職前の不安の相談から、実際に勤務していく中で悩んでいる事まで、派遣会社のサポートを受けられるのは、派遣の大きな強みと言えるでしょう。

ブランクに悩む方にぴったり

派遣保育士としての働き方は正社員として急に働くことに対して不安がある方にもおすすめです。

短期的に働くことで感覚を取り戻すことができます。

また、「最終的には安定した正社員になりたい」という方も紹介派遣という働き方ができることが特徴です。

人間関係が不安な方も、紹介派遣として働くことで事前に職場環境を知ることができますし、トラブルが発生した場合も派遣なら短期間で職場を離れることができるのです。

事情に合わせて柔軟な勤務が可能ができる

派遣保育士は勤務日数や勤務時間の希望に合わせた、仕事を選ぶことが可能です。

「お昼だけ」「扶養家族を維持したまま」といった勤務したいという方が可能です。

自身のライフワークバランスに合わせながら、保育士の勤務ができるのは、とても魅力です。

職場の空気が合わないと感じたら変えやすい

派遣保育士は契約期間の更新を経て、仕事を継続します。

なので「ここの空気が合わないな」と思ったら、契約の更新をしなければ、簡単に職場を変更することができます。

心理的なストレスが減らされるという意味でも、派遣保育士のメリットとも言えます。

神戸で派遣保育士で働くことのデメリット

ここまで派遣保育士として働くことのメリットを紹介してきました。
メリットばかりではなく、もちろんデメリットもあります。

派遣保育士のデメリット
  • 契約期間が決まっている
  • ボーナスなしのため年収だけで考えると正社員よりも低い
  • 給与に安定性がない
  • 大きな仕事を任されにくい
  • 派遣保育士で絞った求人の数は制限がある

契約期間が決まっている

派遣契約には一定期間が決まっています。

仮に自分が好きだった職場であったとしても、契約更新が無ければ、その現場から退職せざるを得ない場合もあることは頭に置きましょう。

また、派遣という勤務方法が決まっていたとしても、慣れた職場で勤務し続けるために雇用形態を変えなくてはいけません。

ボーナスなしのため年収だけで考えると正社員よりも低い

派遣社員はボーナスを除いた月収を時給換算すると派遣保育士のほうが高いですが、ボーナスを入れた年収で比べてみると、正社員の方が高いです。

ボーナスがあるというのが正社員のメリットですが、業務量も多く、残業代も出ない中で拘束時間が長い職場であっても月給は固定制が多いため、勤務した分しっかり給与に反映される派遣保育士は業務量から見ると正社員より時給は良いと言えます。

給与に安定性がない

派遣保育士は時給制なので、勤務した分だけ給与がもらえます。ですが、これは勤務しなければ給与がないという意味になります。

仮に、体調不良によって休んでしまった場合、その日の給与は0円です。

また祝日によって休日が多く、勤務日数が少なくなった場合も収入は少ないです。

一方で、正社員であれば、固定の月給制なので、月の出勤日数によって給与が変化することはありません。
体調不良で休んだ際には、有給として扱われるケースが多いです。

大きな仕事を任されにくい

派遣保育士の業務内容は、主にクラスの補助だったり、フリーとして人手不足のところのカバーする役回りをします。

クラスを任されたとしても、サポートの役割が大きく、担任保育士の雑務が多いのでクラス担任や行事の指揮などは任せてもらえないことが多いです。

勤務し続ける中で、やりがいを見つけ、もっとこうしたほうがいいのではないか、と保育活動や運営に対する意識が芽生えるケースもあります。

ですが、派遣保育士の立場だと、大きい業務は任されず、やりがいが見つからないという声もあります。

派遣保育士で絞った求人の数は制限がある。

派遣保育士に限って募集情報を探してみると、保育士不足の割に意外と実際の求人数が少ないというギャップを感じた人もいると思います。

理由としては、派遣保育士の受け入れている保育園が全体のほんの一部のみだからです。

人件コストで考えてみると、保育園にしてみれば派遣保育士の受け入れは直接雇用のパートを入れるよりコストが大きい場合があります。

保育士募集の求人を出していたとしても、派遣保育士の求人は出していないという保育園も多く存在します。

そういった場合、自分が勤務したいと思っている保育園だったとしても、派遣保育士という形で働くことは不可能になってしまいます。

神戸での派遣保育士がおすすめな人

神戸での派遣保育士におすすめなのは、下記のような方です。

派遣保育士がおすすめな人
  • 子育ての関係で時間に限りがある方
  • 何事にも協力的で臨機応変な対応が可能な方
  • 人間関係の悩みを抱えたくない方
  • 久しぶりの現場復帰で感覚を戻していきたい

子育ての関係で時間に限りがある方

子育てをしながらで短時間勤務を希望している方でも、派遣保育士がおすすめです。

短時間勤務の正社員を採用されている保育園も存在しますが、勤務時間は短時間であっても正社員であるため、クラス担任や保育園の行事への参加など、業務量は派遣保育士よりも負担が大きいです。

子育てをメインに仕事をしたいという方の大多数は、仕事は育児の間の時間と考えている方が多いです。

こうした育児メインに考えている方にとって、必然的に負担が大きくなる正社員より、保育補助のように人手が足りない業務をサポートする派遣保育士の方がおすすめです。

また、育児中だと、お子様の体調不良によって休むこともあると思います。

こうしたケースにおいても、正社員だと休日が取れなかったり、休めても罪悪感を感じたりもしますが、派遣保育士であれば休日は派遣会社に休みたいという旨を伝えれば良く、精神的負担が少ないです。
クラス担任など責任の大きい業務を任されないため、休日を取ったとしても正社員ほど大きな障害にはなりにくいです。

協調性に優れ、臨機応変な対応が可能な方

派遣保育士は、何事にも協力的な人に向いています。

派遣は期間が決まっている勤務スタイルなので、正社員と比較すると、職場がすごく変わりやすいです。

なので、各現場ごとの方針に合わせて園児と向き合い方を変えていける臨機応変さや、新しい現場にすぐ溶け込めるような協調性がある人は、難なく派遣保育士の仕事が可能と言えるでしょう。

人間関係の悩みを抱えたくない方

職場での面倒な人間関係やストレスを回避したい人は、派遣保育士がすごくおすすめです。

派遣は3ヶ月、6ヵ月といった契約を更新しながら勤務する雇用スタイルなので、もしも現場の雰囲気に合わないなと感じたら「契約満了」という形で退職が可能だからです。

また、長期的に勤務することを想定しながらだと、仮に職場に気が合わない人がいたとしても「今後のことを思うと仲良くしておかなければ」と気を使ってしまいますが、期間が決まっていれば変に気を使う必要もありません。

なので人間関係での悩みを持ちやすい方や、職場ではドライな関係を希望する人には、いい意味で他の職員と距離感が保ちやすい派遣保育士はおすすめです。

久しぶりの現場復帰で感覚を戻していきたい方

長めのブランクの末、保育士に復帰したいといった場合、いきなり正社員として勤務するのは不安に思うのも当然だと思います。

派遣保育士の方が業務量が少ないわけではないですが、正社員では職場環境に合わなかった場合、辞めたいと考えた時に簡単に退職できないという精神的負担が大きいです。

それに比べ、派遣保育士は契約期間が決まっているので、楽な気持ちで始めることが可能です。

また、家事や育児の時間も欲しい、というのが復帰する保育士の方の前提条件です。

こういった条件をクリアした職場を見つけ出すためにも、家事や育児の間のちょっとした時間に見つけ出すのは中々難しいです。

なので、条件交渉も自分たちの代理でしてくれる派遣会社だと、条件にマッチした職場がすぐに見つかりやすいです。

派遣保育士では責任の大きい業務を任されることもないので、精神的な負担も少なく、現場の雰囲気を感じれるので、少しずつ感覚を取り戻すことができます。

神戸の派遣会社を最大限に活用する10のポイント

1.複数の派遣会社に登録する

派遣会社は複数登録しておきましょう。

理由としては

複数の登録がおすすめの理由
  • 担当者を比較できて最適な人を選べる
  • 用途によって会社を使い分けることができる
  • 非公開求人や独占案件をカバーできる

が挙げられます。

下記の派遣会社に登録し、担当者に相談してみて対応に満足できた派遣会社に頼ってみましょう。

おすすめの派遣会社

サービス名 総合評価 特徴
保育ひろば
全国に求人あり!
好条件案件も。
ほいく畑
短期間勤務や少人数保育など
人気の求人が豊富!
未経験の方も!
保育情報どっとこむ
非公開求人◎
リアルな口コミも。

2.連絡は素早く・こまめに

派遣会社は企業から依頼を受けると、データベースの中から条件を絞って応募者を探していきます。

この時に更新日の新しい順番(連絡が新しいもの)から優先的に案件を紹介しています。

連絡が遅いとなぜ優先されないのか
更新日が古い=連絡をとっていない
というアルゴリズムになっています。連絡をとっていないということはすでに派遣先を決めた可能性が高いと判断されてしまうので、連絡は素早く・こまめに取りましょう。

3.仕事開始時期は「良いところがあればすぐにでも」

担当者との面談では必ず希望の時期を聞かれます。

その場合には少し時間をかけて仕事を探したい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

派遣会社では売り上げ目標を設定しているため、担当者は日々契約に追われています。

そのため、時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに派遣で働きたい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

4.就業前後のフォロー体制を聞いておく

派遣会社のフォロー体制は必ず確認しておきましょう。

就業前であれば「希望にあった求人を紹介してくれるか」「企業との面談対策」をしっかりと行ってくれるかどうかを注意深く確認しましょう。

就業後のフォロー体制としては、「派遣先への訪問頻度」「派遣会社への連絡体制」などを聞き出し、継続して相談しやすい環境かどうかを確認しましょう。

5.福利厚生や研修制度について聞く

スタッフサービスの福利厚生や研修制度を今一度確認しましょう。

よく勘違いされやすいポイントですが、派遣社員の受けられる福利厚生や研修制度は、派遣先の企業のものではなく登録した派遣会社から提供されるものです。

そのため、勤務先が決まってからでは遅い場合があるので早めに確認しましょう。

6.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。

また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の派遣会社を利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

7.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。

より自分の希望を叶える派遣先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当者に共有することが重要です。

なぜなら担当者はその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

8.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数の派遣会社から応募しないように注意しましょう。

さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も派遣会社側も混乱させてしまいます。

企業側から「他の派遣会社からも応募がある」と担当者に連絡が入ってしまう恐れがあります。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん派遣サイトからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

9.推薦文は確認させてもらう

派遣会社は企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。

「推薦文」とは派遣会社が企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

 

担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

 

10.担当者に情を持たない

担当者に情を持って接してはいけません。仮に担当者に対して合わないと感じた場合に変更しずらくなってしまい良い会社が見つからなくなる恐れがあります。

そのためシビアな目をもって担当者を見るようにしましょう。

神戸の保育士派遣会社|登録からお仕事開始までの流れ

保育士派遣会社の登録からお仕事開始までの流れを説明します。
1.WEBサイトから登録
2.電話や面談で希望条件などを相談
3.仕事応募or派遣会社からの仕事の紹介
4.派遣会社社内選考
5.職場見学(顔合わせ)
6.派遣先での就業開始

1.WEBサイトから登録

まず派遣会社に登録する必要があります。
多くの派遣会社はWEBまたは電話から登録が可能です。

簡単な入力で登録ができますので気軽に登録してみてくださいね。
登録を完了すると詳細な求人情報も見ることができます。

おすすめの派遣会社

サービス名 総合評価 特徴
保育ひろば
全国に求人あり!
好条件案件も。
ほいく畑
短期間勤務や少人数保育など
人気の求人が豊富!
未経験の方も!
保育情報どっとこむ
非公開求人◎
リアルな口コミも。

2.電話や面談で希望条件などを相談

派遣会社から電話やメールで連絡があります。
その後電話、または直接派遣会社に行き、勤務可能日や勤務時間、仕事内容などの希望条件を相談します。

この時にどうしても外せない希望などがあればしっかり伝えておきましょう。

3.仕事応募or派遣会社からの仕事の紹介

派遣会社への登録後、WEBページ上で仕事の応募ができるようになりますので、自分で良い条件の求人を見つけたら応募してみましょう。

派遣会社側でも自社が保有している派遣案件と派遣会社の登録者をマッチングしており、適合している方がいれば電話又はメールにて連絡してくれます。

4.派遣会社社内選考

あなたがお仕事を応募した場合、または派遣会社が紹介した仕事を受諾した場合は、派遣会社内で社内選考がおこなわれます。

選考の理由は他の応募者と比較して経歴やスキルが今回紹介する仕事とどちらが適合しているかを判断するためです。

5.職場見学(顔合わせ)

社内選考通過後、紹介された会社での職場見学(顔合わせ)があります。
実際に紹介された保育施設に派遣会社の担当と行き、自身の経歴の説明や仕事説明などが行われます。

あなたと保育施設との情報に相違が無いことを解消するために行います。

実際に働き始めて「最初に言われたことと違う」とならないように、しっかり質問をしてくださいね。

6.派遣先での就業開始

職場見学であなたの就業の意志が固まれば、派遣先での就業開始です。

派遣登録から就業開始までの期間

登録から就業開始まで、通常2,3週間程時間を要します。

すべてのタイミングがいい方ですと登録から就業開始まで3日の方などもいます。

神戸の派遣保育士によくある質問

Q1:派遣と正社員の違いは?
Q2:派遣はどういう人が向いているの?
Q3:日払いは可能?
Q4:未経験でも勤務できるところはありますか?
Q5:実際に記載されていた業務内容と違っていたらどうするべきですか?

Q1:派遣と正社員の違いは?

  • 雇用期間
  • 福利厚生
  • 平均月収

このような面で違いがあります。

派遣だと、最長で3年しか同じ職場で働くことができません。

福利厚生は派遣先の会社ではなく、派遣会社での福利厚生を受けることになります。

平均月収は派遣の方が高時給で設定されている場合があるので高いといった傾向があります。

Q2:派遣はどういう人が向いているの?

派遣に向いている方は

  • プライベートを大事にしたい方
  • スキルアップに専念したい方
  • 副業で働きたい方

派遣は複数の職場を経験できるのでスキルアップを臨みやすい環境でしょう。

Q3:日払いは可能?

派遣先によります。

求人を申し込む際に確認しておきましょう。

Q4:未経験でも勤務できるところはありますか?

未経験歓迎の求人も多数あります。

特に子供と接する事が多いので、経験はもちろんながら、応募者の人柄や持っている雰囲気なども重要視されます。

ただし、条件面などに関しては、経験者の方が良いことが多いのでそこは理解しておきましょう。

Q5:実際に記載されていた業務内容と違っていたらどうするべきですか?

「残業少なめって記載されていたのに、残業が多い」「保育補助の募集だったのに、担任を任されてしまった」など、派遣先での業務が希望と異なった際には、すぐに派遣会社に連絡してください。

派遣会社の担当コンサルタントから、派遣先に改善交渉を行います。

希望の勤務方法は、入職前にしっかりとヒアリングを取り、派遣先の保育園などと面談時に意見交換をして勤務条件を書面に記してありますので、迷わず担当コンサルタントに相談してみてください。

神戸の保育士派遣会社のまとめ

この記事では神戸の保育士派遣会社のおすすめや特徴、派遣会社の活用方法などを詳しく解説しました。

神戸では高時給の求人を持つ派遣会社が多いですが、他の派遣保育士の方との競争も激しいといえます。

そのためこの記事で紹介した派遣会社に複数登録する方法がおすすめです。

そうすることであなたの希望の働き方のマッチした求人を見つけることができるでしょう。
>>その他の業種の派遣会社人気おすすめ比較ランキング

おすすめの派遣会社

サービス名 総合評価 特徴
保育ひろば
全国に求人あり!
好条件案件も。
ほいく畑
短期間勤務や少人数保育など
人気の求人が豊富!
未経験の方も!
保育情報どっとこむ
非公開求人◎
リアルな口コミも。
都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄