転職サイトおすすめランキング

転職サイトと言ってもたくさんありすぎて、どの転職サイトが一番自分にぴったりなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで、実際に転職サイトを利用した転職経験者の口コミや転職エージェントとして働くプロの目からみた、絶対に登録しておくべき転職サイトをランキングにまとめました。
さらに、自分にぴったりの求人が見つかる、「転職サイトの選び方」もご紹介します。
転職活動にぜひご活用ください。

最初にチェック!総合満足度の高いおすすめ転職サイト3選

これから各転職サイトについてまとめていきますが、かなり長くなりますので、先に総合満足度の高い転職サイトをご紹介します。
まずは、しっかり知識をつけたいという方には「転職サイトの選び方」をご確認ください。

ぶっちゃけ話転職サイトは種類がたくさんあり、人によって合う合わないが大きいです。
複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみるのがいちばん効率的に希望の求人を探す近道です。

転職サイト名 総合評価 コメント
1位 リクルートエージェント
求人業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
2位 マイナビエージェント
新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
3位 Spring転職
エージェント
国内有数の大手企業、外資、優良中堅企業など幅広い企業の紹介もあり

転職サイトおすすめランキング

まずはプロ視点とユーザー視点で「メリット・デメリット」「求人数」「サポート力」を比較して、厳選した総合的に満足度の高いおすすめランキングをご紹介します。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

2位:マイナビエージェント

   マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

3位:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

4位:doda

doda転職サイト

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトおすすめ第1位は転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営している、業界最大手の転職情報サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で転職者満足度No.1も獲得しています。首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!という口コミもありました。

他の転職サービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
企業から直接オファーが届くスカウトサービスや、サイトには掲載されていない非公開求人などを含む10万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスもありますので、ぜひ登録してみてください。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

5位:リクナビNEXT

リクナビNEXT転職サイト

おすすめ度:

公式サイト: https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTはリクルートキャリアが運営する転職情報サイトです。
転職者の8割が利用していて、求人の量も膨大です。
さらに、扱っている求人の8割以上がリクナビNEXTのみにしか掲載されていない限定求人のため、登録しておくと他で出会えない求人を見つけることができます。
また、転職活動を成功に導いてくれるようなコラムや、直接企業からオファーをもらえるスカウトサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収500万円台)
良かったところは、求人企業数が多く、
他のサイトには載っていない大企業も掲載されている為、自分のスキルや資格に合わせて企業を探すことができたことです。
また、様々な条件で検索ができるので、探しやすくサイトも閲覧しやすかったです。
自己PRやエントリーシートを使って書類選考を求める企業が多い為、迅速に面接試験まで進むことができました。
大企業が多いため他人との差別化は必要だと思いました。

6位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:

公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

7位:ビズリーチ

おすすめ度:

公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職エージェントです。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスという特徴があります。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方には是非一度登録してみることをおすすめします。

口コミアイコン
30代男性(IT / 年収900万円台)
ビズリーチは何といってもスカウトの数が多いです。
自分の可能性を知るためにも、ヘッドハンターやエージェントともコンタクトを取れるのは非常に良いと思います。
ビズリーチ時代が急成長を遂げているIT企業ということもあり、IT起業経験者や人材業界経験者であれば、高額率でビズリーチ自体からもスカウトが送られてくることもあります。
私や私の友人もビズリーチからスカウトを受信しており、これは他サービスにはなかなか無い特徴だと思います。

8位:type転職エージェント

type転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収400万円台)
type転職エージェントは転職エージェントの老舗企業だと聞いていたので、自分に合った転職先を探し出してくれるのではないかと期待して登録しました。
非公開求人の取り扱い量がとても多かったです。type転職エージェントの求人は、質にもこだわっているようで、紹介してくれた企業はしっかりとした企業ばかりでした。

自分が出した条件には、厳しいものがありましたが、そこを見事にクリアしてくれて転職先を見つけてくれたので、こちらを利用して良かったなと感じました。

9位:パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:

公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
20代女性(マーケティング / 年収500万円台)
キャリアアドバイザーが現実的なキャリアプランを提示してくれたことが印象に残っています。
現在だけでなく数年後にさらなるステップアップを目指した転職を考えることができる転職活動のアドバイスをいただけました。
最初は紹介された求人が少なく、不安を感じましたが、最終的には自分に合った求人を吟味していただいたうえでの提案でしたので大変感謝しています。

10位:ミイダス

ミイダス転職サイト

おすすめ度:

公式サイト: https://miidas.jp/

ミイダスは、約200万人の年収データと転職実績データを元に自分の市場価値を計測できるサービスです。
また、登録した情報などから企業側から「面接確約」のオファーがもらえることも魅力です。
一部、「想定オファーの金額が当てにならない」「オファー求人の質が悪い」との口コミも見かけます。
このサービスでは利用者側からのアクションはできないため、
メインでの利用というより、自分のビジネスマンとしてのスキルやパーソナリティ診断、分析を転職に活用する目的などでの登録をおすすめします。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収500万円台)
良いところは、自己分析が3つ無料で利用でき、日経バリューサーチなどで業界の情報を集められるところだと思います。
面接確約でオファーが来ることも嬉しいですが、的外れなオファーの中から自分がぴったりだと思う求人は自分で選ばなければいけないのは手間に感じました。
時間があって転職しようか悩んでいる人などにはいいかもしれません。

11位:ウズキャリ

ウズキャリ

おすすめ度:

公式サイト: https://uzuz.jp/

ウズキャリは「既卒・第二新卒専門」の就活サポートサイトです。
他サイトよりもサポートがしっかりしていることが魅力で、一人一人に合わせたサポート体制をとっています。
ウズキャリの社員も元既卒や元第二新卒なので話しやすく、リアルな話が聞けます。
また、掲載している求人からは「ブラック企業」を徹底的に排除しています。
そのため入社1年後の定着率は94%を超えています。
ただ、関東圏を中心とした求人しかなく、求人数も多くはないです。
サポートに時間をとってくれますが、その分こちらも時間がかかってしまうというデメリットも。
しっかりとサポートして欲しい、時間に余裕のある方は求人数の多いサイトと併用すると良いでしょう。

口コミアイコン
20代男性(営業 / 年収300万円台)
派遣の仕事をしていても転職先を探すサポートをしてくれました。
転職相談は週末にも対応してくれたため、自分の予定と両立して行動が出来ました。
非常に熱心で親身になって協力してもらえていると感じました。
一方でUZUZが持つ求人は特定の地域に集中しがちで
私の地元での求人が無いことに少し不便を感じました。
それでも良いサポートのおかげで憧れていたIT企業の技術職に転職できて良かったです。

    

「サイト型」と「エージェント型」の違い

転職サイトは、「サイト型」と「エージェント型」の大きく2つに分類することができます。
転職活動を効率的に進めたい方は、それぞれメリット・デメリットがありますので、サイト型、エージェント型のどちらにも登録しておくことをおすすめします。
2つの違いをまとめましたので、参考にしてください。

  

エージェント サイト コメント
気軽さ 時間と場所を選ばないサイト型は
自分のペースで進められます
転職活動期間 エージェント型は丁寧なぶん、
時間がかかってしまうことも。
第3者の評価 エージェント型は直接相談ができ、
自分を外側から分析してもらえます。
転職アドバイス 転職のプロに直接話が聞けるエージェント型。
一方サイト型にも成功ノウハウなどを集めたサイトもあります。
求人数 サイト型の方が求人数は多いです。
情報量 1つの求人に対する情報量はエージェント型だと
内部事情などまで聞くことができるため多いです。
定着率 内部事情など先に詳しい話が聞けるため
就職後との差が少ないです。
入社成功率 サイト型は書類選考が通らないことも多いですが
エージェント型は企業にプッシュしてくれることも。

▶︎横にスクロールできます▶︎

転職サイトの選び方|あなたに合った転職サイトが分かる

1. 転職エージェントに登録

転職が初めての方や、就職後の差を少なくしたい方は、「エージェント型」転職サイトへの登録が必須です。
  

エージェント型のメリット
  • 履歴書などの書き方や面接について教えてもらえる
  • 転職のアドバイスがもらえる
  • 1つの求人に対する情報量が多い
  • 企業にプッシュしてもらえるため入社成功率も高い
  • しっかりと指導してくれるエージェントや、自分の代わりにアタックしてくれるエージェントなど様々なエージェントがありますので、自分にぴったりなエージェントを探してみてください。

    <タイプ別おすすめエージェント>

    おすすめサービス 公式サイト
    看護師 看護のお仕事 https://kango-oshigoto.jp/
    介護 スマイルSUPPORT介護 https://www.h-career-support.com/kaigo/
    保育士 保育ひろば https://hoiku-hiroba.com/
    薬剤師 薬キャリ https://pcareer.m3.com/
    IT・Web
    エンジニア
    レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
    製造業系
    エンジニア
    メイテックネクスト https://www.m-next.jp/
    管理部門
    (経理・財務・
    人事・総務)
    MS-Japan https://www.jmsc.co.jp/
    公認会計士 マイナビ会計士 https://cpa.mynavi.jp/
    医師 エムスリーキャリア https://agent.m3.com/
    アパレル クリーデンス https://www.crede.co.jp/
    クリエイティブ マスメディアン https://www.massmedian.co.jp/
    マーケティング マーケティング
    転職.com
    http://www.marketing-jac.com/
    コンサル JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp/
    金融 マイナビ金融AGENT https://mynavi-agent.jp/
    ゲーム Geekly https://www.geekly.co.jp/
    外資 ロバート・
    ウォルターズ
    https://www.robertwalters.co.jp
    管理職・
    ハイクラス
    ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
    女性の転職 パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
    ニート・
    フリーター
    就職Shop https://www.ss-shop.jp/
    ベンチャー Goodfind https://www.goodfind.jp/2020/
    第二新卒 ハタラクティブ https://hataractive.jp/

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    2. 転職サイトから1〜2社登録。10,000件以上の総合サイトがおすすめ。

    転職エージェントで希望にあった求人を紹介してもらえなかった場合やサポートが受けられなかった方は「サイト型」の転職サイトに登録してみてください。
    転職エージェントよりも求人数が多く、コラムなどで転職活動についてまとめているサイトも多数あります。
    ランキング上位の転職サイトは総合型の中でも特に利用されている方が多く、求人も多数、サポートも手厚いため多くの方におすすめできる転職サイトです。
    まずはこの中から1〜2社登録して、どのような求人があるのかを確認しながらご自身のご希望と照らし合わせてみてください。また、幅広い業界・職種の求人があるため、ご自身が考えていなかったような求人も見つかり、選択肢が広がるかもしれません。

    特に、地方を検討している方や、珍しい職種を希望している方は、掲載数が10,000件以上の総合サイトに登録しておくことをおすすめします。
    転職サイトおすすめランキング1位の「doda」なら100,000件以上の求人がありますので、登録しておくことをおすすめします。
      
    公式サイト:https://doda.jp/

    3. 合計3社以上を利用しながら比較してみる

    「エージェント型」「サイト型」を合計3社ほど登録したあとは各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。

    比較のポイント
  • 求人検索のしやすさ
  • 担当者との連絡方法
  • 担当者の熱意
  • 進めていくうちに、ご自身で合う合わないがはっきりしてくると思います。
    使いやすいサービスであればそのまま継続し、もっと他に検討してみたいと思った場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。
    また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思います。そのタイミングで改めて転職サイトを選び直しても良いですね。
      
    転職サイトは見やすさ、担当者との相性や求人情報の質が最も重要です。まずは登録してみて、一番良いと思った転職サイトを活用する、という心構えで選んでみてください。

    転職サイト 5つの活用術

    1. 事前準備は入念に。

    「転職したい!」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
    一番手間と時間がかかる事前準備。転職エージェントに頼ってみたり、転職サイトのコラムを読みながら準備を進めましょう。
     

    転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる
  • 自己分析のための「キャリアタイプ診断」は登録後利用できるようになりますので、ぜひ利用してみてください。
    登録はこちら>>doda公式サイト

    また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。年収をあげたい、雇用形態を変えたい…などです。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。
    転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。
    事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

    2. リアルイベントを活用する

    「サイト型」の転職サイトでは転職フェアを開催しています。
    転職フェアでは、直接企業に話を聞くことができるため、うまくいけばそこから面接に進めることも。
    Web上にある情報よりもよりしっかりとした内容や自分の聞きたい情報を聞けることも魅力です。
    ほとんどのイベントが無料で参加できます。
    キャリアアップや職場環境、転職に悩んでいる方にむけたブースが用意されていることもありますので、転職を決めきっていない方も気軽に参加できます。
    これまで転職先に考えていなかった業界のことを知ることができる機会にもなりますので、ぜひ足を運んでみてください。

    3. [エージェント型] 転職時期は「すぐにでも」

    転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
    “良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。
    転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
    また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

    4. [エージェント型] 経歴やスキルは正直に伝える

    一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
    入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
    また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

    5. [エージェント型] 担当のキャリアコンサルタントは変更できる

    実際にやり取りをしてみると担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。そのような場合には別の転職エージェントを利用してみるというのもおすすめですが、その他のサービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当のキャリアコンサルタントを変えてもらうというのもおすすめです。
    どうしても相性などの問題もありますので担当変更はさほど大きな問題ではありません。ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので、注意しましょう。

    転職サイトに関するよくある疑問

    なぜ無料で使えるの?

    転職サイトはあなたが入社する際に、企業から紹介料を受け取っているからです。
    紹介料はあなたが入社した場合に支払われる年収の数%に当たる金額とされることが多いため、あなたがお給料の良い就職先に入社することは転職サイトにとってもメリットなのです。
    ただし、あなたが転職しなければ利益にならないので、無理な提案をするエージェントもいる可能性があります。
    このページ内で紹介しているような評判の良い転職エージェントを選んだり、複数のエージェントを比較することでそのような転職エージェントに騙されないように注意しましょう。
    評判の良い転職サイトはこちら

    スカウトサービスとはどのようなサービスですか?

    スカウトサービスとは、「企業から直接オファーがもらえる」サービスです。求人をみる余裕はないけれど転職を考えている方や自分にマッチした条件の会社を探している方におすすめです。
    また、スキルや経歴だけ公開して匿名でオファーを待つことができるため、在職中の方でも安心して利用できます。
    大手転職サイトは基本的に導入しているサービスなので気になる方は利用してみてください。

    登録後の流れはどのようになりますか?

    <サイト型>

    1.転職サイトの登録ページから登録する

    各転職サイトの公式ページから登録します。
    同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるので注意しましょう。

    2.サイト内で求人を探す

    職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。
    1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

    3.エントリーする

    自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。
    サイト内から応募できます。

    4.面接

    エントリー後、サイトに登録した情婦などから選考が始まります。
    面接に進んだ場合は企業から連絡があります。

    5.内定

    無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。
    内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをする形になります。

    <エージェント型>

    1.転職エージェントのサービス登録ページから登録する

    各転職エージェントの公式ページから登録します。
    登録完了メールも確認しておきましょう。

    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

    登録後、数日以内に連絡があります。
    10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。

    3.担当者によるキャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
    初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

    • 現在の転職市場についてレクチャー
    • ご自身のキャリアの棚卸
    • 転職理由のヒアリング
    • 転職するうえでのご希望条件の整理
    • ご自身の強みの棚卸

    4.求人を紹介してもらう

    キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。

    5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう

    気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
    作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。
    書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

    6.面接対策を受ける

    書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

    7.内定と退職手続きのサポート

    内定の連絡もエージェントから知らされます。
    内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます!

    転職サイトランキングまとめ

    この記事では、実際に転職サイトを利用した方の評判やレビュー・口コミをまとめてご紹介いたしました。
    転職サイトは転職活動をするには欠かせない存在です。
    転職活動が初めてであれば「エージェント型」の転職サイトも活用して、希望の求人を見つけてください。

    本記事でご紹介した転職サイトの中から3社ほど登録し、実際に利用してみて、相性を確かめてみてくださいね。
    きっと効率よく自分なりの転職活動を見つけることができると思います。

    ランキングに戻る

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄