薬剤師におすすめの転職サイト20選|口コミや選び方も解説

CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

薬剤師向け転職サイトを探したいけど、たくさんありすぎてどの転職サイトを選んだら良いのかわからない、そんな悩みを抱えていませんか?

実は転職サイトにはそれぞれ得意分野があるため、あなたのご希望や状況にあった転職サイトを選ばないともったいないのです。

そこで、あなたにぴったりの転職サイトを見つけられるよう、おすすめの転職サイトをランキング形式でまとめました。

>>薬剤師におすすめの転職サイトはこちら

選び方やポイントを解説していきます。
しっかり知識をつけたい方は最後まで読んでみてください。

記事の目次

最初にチェック!薬剤師おすすめ転職サイト|ランキング上位の2つを紹介

このあと、自分にあった転職サイトを選ぶ方法について解説しますが、先に満足度が高く、質も良い転職サイトをご紹介します。

「先におすすめが知りたい」という方はこちらを参考にしてくださいね。

ぶっちゃけ話1つの転職サイトに登録して終わりだと思っていませんか?実は、サイトによっては連絡の頻度や傾向など、合う合わないがとても大きいです。

そのため、複数の転職サイトに登録し、サービスの使い心地や担当者との相性を確認することがストレスなく転職活動を進める近道です。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
マイナビ薬剤師 約58,000件
利用者満足度が高い
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

薬剤師におすすめの転職サイトランキング20選

薬剤師の転職サイトをお探しのあなたにおすすめの転職サイトをランキング形式でまとめました。ランキングを読み終わる頃にはあなたにぴったりの転職サイトが見つかるはずです。

ぶっちゃけ話
転職エージェントは人によって合う合わないの差が大きいです。

あなたが希望する働き方を最大限叶えるためには、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみましょう。

  

薬キャリ マイナビ薬剤師 ファルマ
スタッフ
アプロ
ドットコム
リクナビ
薬剤師
ファーマ
キャリア
ヤクジョブ ファゲット 薬剤師転職
ドットコム
アポプラス
薬剤師
お仕事ラボ ヤクジョ ファルメイト Guppy
総合評価
タイプ サイト
エージェント
エージェント エージェント エージェント エージェント エージェント エージェント サイト
エージェント
サイト
エージェント
エージェント エージェント エージェント エージェント エージェント
エリア 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1 全国 *1
公開求人数 約57,000件 約60,000件 約60,000件 約47,000件 約35,000件 約30,000件 約95,000件 約16,000件 約30,000件 約13,000件 約48,000件 約24,000件 約12,000件 約14,000件
電話面談
正社員
募集
派遣
募集
パート
募集
利用料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
特徴 非公開求人多数!
最初に登録すべき
転職サイト
20〜30代に人気
利用者
満足度が高い
薬剤師転職サポート20年
求人数も充実!
教育システムあり!
条件にしっかり
こだわりたい方に!
キャリアアップを狙う
多くの世代に
おすすめ
オーダーメイド求人で
ぴったりな求人が見つかる
サイトがみやすい!
情報の質が高いサイト
サイト型!
スカウト機能など
嬉しい機能がたくさん
転職支援金あり!
企業に直接アタック◯
初めての転職に
おすすめ!
求人をカスタマイズ
して提案してくれます!
転職先の事情を
把握した担当者が
提案
長く働くならここ!
低離職率が魅力
高収入を狙える求人を
提案してくれます!

▶︎横にスクロールできます▶︎

*1:一部対応していない地域があります。
*2:2020年3月時点

1.薬キャリ|最初に登録しておくべき転職サイト

薬キャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3career.com/

薬キャリは、医療業界専門のエムスリーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人は5万件以上と圧倒的。
「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数が多くいます。

最短即日で最大10件の求人を紹介してくれるスピード感のある対応も人気で、非公開求人も紹介してくれます。
また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などを視野に入れている方におすすめです。

さらに、ママさん薬剤師をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つです。

求人数・情報の質・サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトのため、転職を考えている方は最初に登録しておくと良いでしょう。

公式サイトはこちら

公開求人数 約57,000件(2020年3月時点)
非公開求人 8,000件以上
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。
自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案してもらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。

求人もすぐに何件か提案してくれました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。

>>薬キャリの評判・口コミ|利用者の本音を調査しました

2.マイナビ薬剤師|20代・30代の転職におすすめ

マイナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は20代や30代に人気のマイナビが運営する、薬剤師に特化した「エージェント型」転職サイトです。
薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さが魅力であり、高い利用者満足度を誇っています。

また、紹介件数は平均19.5件であり、他と比べても多いため、選択肢を増やしたい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるため、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。

サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、目当ての求人が探しやすいことも魅力です。定期的に転職相談会も実施しているため、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

公式サイトはこちら

公開求人数 約60,000件(2020年3月時点)
非公開求人 40%
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

マイナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。

そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。

>>マイナビ薬剤師の評判・口コミ|利用者の本音を調査しました

3.ファルマスタッフ|転職が不安な方におすすめ

ファルマスタッフ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師のための「エージェント型」転職サイトです。

転職相談満足度が高く、求人数も約60,000件と豊富です。グループ会社に日本調剤株式会社があるためノウハウがしっかりしており、充実したサポートを受けられるのは心強いですよね。

面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。
「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているため、転職はまだ早いかもという方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

公開求人数 約60,000件(2020年3月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。

あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。
また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。


4.アプロドットコム|正社員以外の幅広い提案も

アプロドットコム

   

おすすめ度:
公式サイト: https://apuro.com/

アプロドットコムは、求人数約5万件を誇る「エージェント型」転職サイトです。求人数が多いことや、丁寧なサポート体制が魅力で、面接対策や履歴書の書き方まで豊富なサポートを受けられます。

また、派遣の求人数も多いため、正社員だけでなく幅広い提案をしてもらえます。登録後、900本以上の講座を無料で受講でき、薬剤師としてデビューしてから日が浅い方もしっかり学びを深めながら転職が可能です。

求人数が多い分、「駅近」のように条件の良い求人も多いという口コミも。今よりも条件は良くしたいけどまだ自信はない、そんな方におすすめの転職サイトです。

公式サイトはこちら

公開求人数 約47,000件(2020年3月時点)
非公開求人 約20,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

アプロドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
前回の転職では大手サイトを使いましたが、評判の良かったアプロドットコムさんに登録しました。残業の量や休みなどしっかりこだわったのですが、満足する転職になりました。
面接に同席してくれ、評判通り丁寧なエージェントでした。ただ、提案してもらった求人より自分で探した求人の方がしっくりきました。

5.お仕事ラボ|薬剤師のプロが運営

お仕事ラボ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.oshigoto-lab.com/

お仕事ラボは利用満足度90%以上※の「エージェント型」転職サイトです。

就職してからの定着率に定評があり、就職前と就職後のギャップの少なさが売りです。これは、転職先の事情を把握している担当者が面談を行ってくれるからであり、精度の高い求人を紹介してもらえると同時に、転職先について細かく聞くこともできます。

お仕事ラボを運営する株式会社AXISは、株式会社アイセイ薬局の100%子会社です。代表が薬剤師だからこその、薬剤師の気持ちに寄り添った丁寧なコンサルティングが期待できます。

※MedicalTribune調べ

公式サイトはこちら

公開求人数 約25,000件(2022年8月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

お仕事ラボの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収500万円台)
最初担当していただいた方は連絡が遅く、進まなかったので担当者を変えてもらい、そのあとはとてもスムーズに転職活動ができました。紹介してくれた求人数は多くはありませんでしたが、一つ一つしっかり情報を聞けたので満足しています。
面接に行っただけで交通費を支給してもらえたのでうれしかったです。

>>お仕事ラボの評判・口コミ|利用者の本音をまとめて調査しました

6.エクスファルマ|実務経験ありのアドバイザー在籍

エクスファルマ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.expharma.jp/

エクスファルマは、専門性の高いアドバイスとサポートが魅力の薬剤師向け転職サイトです。

コーディネーターは医療業界で実務経験がある方のみで構成されています。
あなたの目線に寄り添ったアドバイスをしてくれるため、安心して転職活動を進められます。

転職活動を行う中で、「気に入る求人が見つからなかったらどうしよう」と感じる方も多いのではないでしょうか。

エクスファルマでは、コーディネーターが積極的に条件交渉も行ってくれます。求人の取り扱いは薬剤師だけで約7,000件と豊富にあり、交渉次第では、「気になる求人」が「あなたの希望にぴったりの求人」に変わることもあるでしょう。

転職活動に不安を感じる薬剤師の方や、転職の条件は妥協したくないという薬剤師の方は、ぜひエクスファルマに登録して相談してみましょう。

全サービスを無料で利用できるため、気軽に登録や相談をしてみてください。

公式サイトはこちら

公開求人数 約7,000件(2022年7月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

エクスファルマの口コミ・評判(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
現場のことをよく知る薬剤師出身の担当者さんが、鋭い交渉を積極的にしてくださり、待遇アップに加えて知りたかった情報を入社前にたくさん得ることができました。
仲の良い先輩に相談をするような感覚で、他社の現場経験のないコンサルタントの方と、明らかな差を感じました。

7.ジョブバディ|入職後の満足度が高い

ジョブバディ

おすすめ度:
公式サイト: https://job-buddy.net/

ジョブバディは、株式会社スタイル・エッジCAREERが運営する転職エージェントです。
全国各地の求人を取り扱っており、特に関東を中心とした求人情報が多く掲載されています。

また、納得のいく転職ができるよう、求職者に寄り添ったサポートがジョブバディの特徴です。
求職者の要望や人柄をアドバイザーが把握できるように、電話面談ではなく対面の面談が徹底して行われています。

そのため、転職が難しいとされるシニア世代でも、粘り強いサポートであなたの希望条件にあう転職が可能です。

公開求人数 約60,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ジョブバディの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
30代、初めての転職の際にこちらを利用しました。

1回目の転職という事でかなり不安がある中でのスタートだったのですが、担当者が親切に丁寧にいろいろと教えてくださり、とても助かりました。
次回、転職する際にはまたお世話になりたいと考えています。

8.ファルメイト|雇用形態が充実

ファルメイト

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pharmate.jp/

ファルメイトは高収入転職が魅力の「エージェント型」の転職サイトです。

時給2,800円が最低保証であり、専任のコーディネーターがしっかり転職をサポートしてくれるため、派遣やパートでの就職でも高収入を狙えます。

様々な雇用形態を検討している方やしっかりと稼ぎたい方におすすめの薬剤師向け転職サイトです。

公式サイトはこちら

公開求人数 約15,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ファルメイトの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収400万円台)
コーディネーターの方から職場の雰囲気や内部事情など、詳しく教えてくれたので入社前の不安が少なかったです。派遣の求人が多かったのですが結局正社員で以前よりも少し収入の上がった職場に就職できました。
求人の情報はコーディネーターの方から連絡をもらえました。

9.リクナビ薬剤師|キャリアアップしたい方向け

リクナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師のための転職サイトです。

「エージェント型」のサイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポートしてくれます。また、「最短3日での転職が可能で急いで転職したい」と希望している方にもおすすめです。

リクナビ薬剤師の最大の魅力は、キャリアアップしやすい点です。高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。

公式サイトはこちら

公開求人数 約35,000件(2020年3月時点)
非公開求人 75%
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

リクナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
前職はかなり残業があったので残業が少ない職種を希望していました。給与もできるだけ下げたくない、と希望を伝えたところ、的確な求人を紹介してもらえ、ドラッグストアに転職できました。

大きくはないですが給与も上がりました。微妙なニュアンスの違いについてもしっかり聞いていただけ、連絡も早く丁寧でした。


10.ファーマキャリア|オーダーメイド求人

ファーマキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://pharmacareer.jp/

ファーマキャリアは、業界で初めてオーダーメイド求人を取り入れた「エージェント型」転職サイトです。オーダーメイド求人とは、希望条件を聞いた上で企業と交渉を重ね、あなたにぴったりな条件にしてから提案してくれるサービスです。

コンサルタント一人一人が担当する薬剤師の数を限定しているため、レスポンスの早さやコンサルティングの質の高さで人気があります。
また、コンサルタントの教育もしっかりされています。

地方の求人数はかなり限定されていますが、質の高いコンサルティングを受けられるため、求人数の多い転職サイトと併せての利用がおすすめです。

公開求人数 約30,000件(2020年3月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ファーマキャリアの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
とにかくレスポンスが早かったです。早めに転職活動を終えたかったのですが、妥協はしたくない旨を伝えたところ、自分の希望にマッチした求人を提案してくれたので驚きました。
てきぱきと転職活動を進めることができて良かったです。掲載されている情報は少なかったですが、担当さんからしっかり話は聞けたので問題ないと思います。


11.ヤクジョブ|40代・50代の求人も豊富

ヤクジョブ

おすすめ度:
公式サイト: https://yaku-job.com/

ヤクジョブは、利用満足度の高さと圧倒的な求人数が魅力の「エージェント型」転職サイトです。

90,000件以上の求人数があり、取引企業・医療機関は7,000件を超えています。そのため、地方での転職を検討している方やこだわった転職先を探している方におすすめです。

情報の質も良いと評判で、企業訪問レポートや職場訪問ブログなどしっかりとした情報が揃っています。また、雇用形態問わず同じコーディネーターが担当してくれるため、他の雇用形態も一緒に相談できます。

ただ、サポートがしっかりしている反面、電話やメールがかなり頻繁に来るという口コミも見かけるため、事前に希望する連絡頻度を伝えておくと良いでしょう。

公開求人数 約95,000件(2020年3月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ヤクジョブの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
求人がとても多いので登録しました。サイトはかなりすっきりとしたデザインで求人検索がしやすかったのが良かったです。載っている情報で就職するのは難しいと感じるくらいの情報量でしたが、コーディネーターの方はしっかりと情報提供してくれました。

仕事をしながらの転職活動でもあったのですが、仕事中にメールが結構きていたので焦ってしまいました。逆にそのおかげもあって早く転職できたので良かったのかもしれません。


12.ファゲット|スピード感を重視する方向け

ファゲット

おすすめ度:
公式サイト: https://www.phget.com/

ファゲットは、「サイト型」「エージェント型」どちらも揃えている転職サイトです。必要があれば人材紹介サポートを受けられますし、自分で直接応募することも可能です。

また、ファゲットではスカウト機能もあります。
そのため、転職を急いでいない方や忙しくて転職活動のための時間を作れない方は、登録しておくとオファーメールがもらえますよ。

掲載されている求人数は約20,000件。
人材紹介サポートに登録すると非掲載求人を紹介してもらえます。

公開求人数 約30,000件(2020年3月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ファゲットの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収400万円台)
残業と休日出勤が多いことを理由に転職を決意しました。公開されている求人数は多くなく、他のサイトと併用しましたが、対応が他に比べて早く実際に働いていた方からの感想なども聞くことができたのでありがたかったです。
規模は小さいですが、コンサルタントの方からご紹介いただいた施設はどれも自分にあっていると感じました。


13.病院薬剤師ドットコム|初めて転職する方向け

病院薬剤師ドットコム

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ph-10.com/

病院薬剤師ドットコムは、初めて転職する方におすすめできる「エージェント型」転職サイトです。書類の作成から面接、条件の交渉まで徹底的にサポートしてくれます。

退職時の伝え方から入社後の支援まで、他にはない細やかなサポートは魅力のため、転職活動に不慣れな方は登録しておくことをおすすめします。

公開求人数 約13,000件(2020年3月時点)
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

病院薬剤師ドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
自分の悪い部分も指摘してもらえたのはここだけでした。面接に同行もしてくれ、その後の交渉も代わってもらえたのですごく気持ちが楽になりました。
連絡はかなり多く、人によっては急かされていると感じるかもしれませんが、早く転職活動を終わらせたかったのでむしろありがたく感じました。


14.アポプラス薬剤師|確かな支援実績

アポプラス薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://www.apo-mjob.com/

アポプラス薬剤師は全国展開している「エージェント型」の転職サイトです。コンサルタントは薬局の現場で経験を積んでおり、現場目線のアドバイスを受けられます。

また、求人をカスタマイズして自分の条件にあった状態で紹介してもらえるため、希望条件に近い提案をもらえます。

研修が充実していることも特徴で、eラーニング研修だけでなく、調剤実技研修や無菌調剤研修などの研修を受けられますよ。

掲載されている情報は多くはないですが、コンサルタントが丁寧に相談に乗ってくれるため、おすすめです。

公開求人数 約40,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

アポプラス薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
40代女性(薬剤師 / 年収500万円台)
かなり歴史のある転職サイトだったので登録しました。子育てが終わっての復帰だったのですが、ブランクがあっても多くの求人を紹介してもらえて良かったです。
給与面で納得できなかったので最終的には他で転職を決めましたが、対応も丁寧でした。

15.ヤクジョ|転職後長く働きたい方におすすめ

ヤクジョ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.yakuzaishisyusyoku.net/

ヤクジョは自分にあった求人紹介が魅力で、低い離職率を誇る「エージェント型」転職サイトです。

自分の希望だけでなく将来のキャリアプランやライフスタイルに合わせて求人を紹介してくれるため、長く働きたいというご希望がある方にはぴったりの転職サイトです。

転職までの平均紹介件数がたったの4.38件と、いかに紹介してくれる求人がマッチしているかが伺えます。

また、派遣やパートなど様々な雇用形態でも紹介してくれるため、最初から転職は不安という方は紹介予定派遣も選択可能です。

地方の求人は多くないため、地方で検討している方は求人数の多いサイトとの併用をおすすめします。

公開求人数 約12,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島

ヤクジョの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
働きながらの転職活動で、他のエージェントは連絡が途切れることもあったのですが、ヤクジョさんはこまめに連絡をとってくれたのがありがたかったです。また、紹介してもらった職場の内部事情などを就職前にしっかりと聞くことができたので転職後も違和感なく働けています。

業務時間中に何度か電話があり、出られないとその後も何度かかけてきたことがあったのでその点は気になりました。

16.Guppy|自己分析から始めたい方におすすめ

Guppy

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.guppy.jp/

Guppyは医療介護福祉に関する転職を扱っている、「サイト型」の転職サイトです。

薬剤師の転職は約7,000件と少ないですが、スカウト機能や適性診断、優良求人のメッセージ通知など自分で転職活動をするのにありがたい機能が揃っています。

適性診断は3,000法人以上が利用している信頼のあるソフトのため、登録後、一度受けてみて自己分析に活用することをおすすめします。

公開求人数 約6,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外

Guppyの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
求人数が少ないので、メインで利用というより登録しておいてスカウトや求人の通知を待つ、というような使い方をしました。適性診断も自己分析に使えるのでやってよかったです。
しつこく連絡してくるエージェントが多いので、積極的なサポートがないのは楽でした。


17.エン転職|20代・30代の若手層に強い

エン転職

おすすめ度:
公式サイト: https://employment.en-japan.com/

エン転職は幅広い求人を扱っている、総合型転職サイトです。会員数は900万人を超えますが、そのうちの71.9%※が35歳以下というように特に若手層から高い人気を得ています。

求人によっては担当者が直接取材を行ってくれているため、リアルな求人情報が記載されていることもエン転職の魅力です。

また、総合型転職サイトのため、薬剤師以外にも様々な職種を扱っており、製薬会社やドラッグストアなど薬剤師に人気の転職先を豊富に探せます。

薬剤師だけでなく、幅広い選択肢をもって転職活動を行いたい方におすすめです。

※公式サイトより

公開求人数 約6,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外

エン転職の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
求人には担当者による情報が掲載されているため、転職先選びの際に役立ちました。
薬剤師求人はそこまで多くないですが、一般企業の求人は豊富でしたので、視野を広げることに繋がりました。


18.ジョブデポ薬剤師|初めての転職も安心

ジョブデポ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://j-depo.com/

ジョブデポ薬剤師は、withCareer株式会社が運営している転職エージェントです。薬剤師の転職に特化し、非公開求人を含めて8万件以上の求人情報を取り扱っています。

転職先の相談や労働条件の交渉など手厚いサポートが受けられるため、初めての転職活動でも安心です。

また、業界トップクラスの求人数を誇っているため豊富な選択肢から転職先を選べます。

様々な求人を比較しながら選ぶことで、後悔のない転職が目指せる転職サイトです。

公開求人数 約3,500件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄


19.薬剤師ワーカー|全国の求人に対応

薬剤師ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://yakuzaishi-worker.com/

薬剤師ワーカーは、株式会社トライトが運営する転職エージェントです。全国各地の転職活動に対応しており、北海道から九州まで広い範囲に拠点が設けられています。

また、メールや電話を利用すれば、国外からでも転職相談が可能です。専任アドバイザーが転職先の紹介から、面接対策、条件交渉まで一貫して行うため、転職後のミスマッチが少ないメリットがあります。

公開求人数 約22,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄


20.ジョブメドレー|東京都内の薬剤師転職に強い

ジョブメドレー

おすすめ度:
公式サイト: https://job-medley.com/

ジョブメドレーは医療介護従事経験者によって運営されている転職サイトです。

日本最大級の求人数を保有しており、都内を中心に全国各地の様々な案件が掲載されています。

ジョブメドレーでは、キーワードから絞って求人検索ができたり、気になる求人のキープができたりするため、転職活動を効率的にすすめたい方にぴったりです。

求人を豊富に保有している転職サイトを使いたいという方におすすめです。

公開求人数 約15,000件
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄

ジョブメドレーの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
使いやすかったです。最初の頃、ショートメールでメッセージが来ましたが、現職で見られないようにしないといけないのでショートメールが来ると事前に知りたかったです。地域をもう少し簡単にいろいろなパターンで探せるとありがたいです。例えば〇〇駅から何分の範囲、とか。
※参照:独自アンケート

薬剤師向け転職サイト一覧

ここでは薬剤師向けの転職サイトを一覧でご紹介します。

一目で比較できるように表にまとめています。気になる転職サイトがあったら登録してみてください。

転職サイト名 総合評価 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
マイナビ薬剤師
20代・30代におすすめ
ファルマスタッフ
転職が不安な方向け
アプロドットコム
正社員以外の幅広い提案も
お仕事ラボ
定着率95%
ファルメイト
正社員への転職にこだわらない方向け
リクナビ薬剤師
キャリアアップしたい方向け
ファーマキャリア
自分に合った職場を見つけて欲しい方向け
ヤクジョブ
40代・50代の求人も豊富
ファゲット
スピード感重視の方向け
病院薬剤師ドットコム
初めての転職活動におすすめ
アポプラス薬剤師
転職活動の全部をお任せできる
ヤクジョ
転職後長く働きたい方向け
Guppy
自己分析から始めたい方向け
エン転職
20代・30代の若手層に強い
ジョブデポ薬剤師
8万件以上の求人数
薬剤師ワーカー
アフターフォローが万全
ジョブバディ
40代・50代の転職に強い

【勤務地別】薬剤師向け転職サイト

ここでは薬剤師数が多い地域を中心に、薬剤師に強い転職サイトを厳選してご紹介いたします。

興味のある地域がありましたら、参考にしてください。

東京の薬剤師向け転職サイト

東京都は人口が多いこともあり、薬剤師求人が豊富に存在しています。

東京都の薬剤師求人をお探しの方は以下の転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ

兵庫の薬剤師向け転職サイト

兵庫県で薬剤師求人をお探しの方は、これから紹介する転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
アプロドットコム
利用者満足度が高い
お仕事ラボ
定着率95.6%※

※MedicalTribune調べ

広島の薬剤師向け転職サイト

広島県は広島大学の薬学部が人気なこともあり、薬剤師の数が多いです。

そのため、転職サイトを利用してより効率的に転職活動を行う必要があります。

広島県の薬剤師求人をお探しの方は以下の転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ

徳島の薬剤師向け転職サイト

徳島県は県内だけでも徳島大学と徳島文理大学の2つに薬学部があることから、県内人口における薬剤師の割合が高い傾向です。

そのため、転職サイトを利用してより効率的に転職活動を行う必要があります。

徳島県の薬剤師求人をお探しの方は、以下の転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
リクナビ薬剤師
キャリアアップしたい方向け
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ

【雇用形態別】薬剤師向け転職サイト3選

ここでは希望の雇用形態別に、薬剤師向け転職サイトを厳選してご紹介いたします。

興味のある項目がありましたら、参考にしてください。

正社員求人を探す薬剤師向け転職サイト

正社員求人を探す薬剤師におすすめの転職サイトを3つに厳選してお伝えします。

正社員求人は薬剤師からの人気が高いため、転職サイトを利用して効率的に応募しましょう。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ

派遣求人を探す薬剤師向け転職サイト

派遣求人の中でも、薬剤師求人は比較的給料が高い傾向にあります。

そのため、しっかりと派遣求人を見極めてより良い待遇の案件に応募しましょう。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ
お仕事ラボ
定着率95.6%※

※MedicalTribune調べ

パート求人を探す薬剤師向け転職サイト

他の求人と比べて、比較的高い時給の求人が多いのが薬剤師パート求人の特徴です。

これからお伝えする転職サイトを活用して、より良い条件の求人を見つけましょう。

転職サイト名 求人の質 特徴
アプロドットコム
パート求人が充実
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
ヤクジョブ
ドラッグストア求人が豊富

【希望年収別】薬剤師向け転職サイト3選

ここでは希望の年収別に、薬剤師向け転職サイトを厳選してご紹介いたします。

興味のある地域がありましたら、参考にしてください。

300~400万円を目指す薬剤師向け転職サイト

年収300~400万円の薬剤師求人をお探しの方は以下の転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ

400~500万円を目指す薬剤師向け転職サイト

年収400~500万円の薬剤師求人をお探しの方は以下の転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
ファルマスタッフ
転職が不安な方におすすめ

500万円以上を目指す薬剤師向け転職サイト

年収500万円以上の薬剤師求人をお探しの方は以下の転職サイトを利用してみてください。

転職サイト名 求人の質 特徴
薬キャリ
最初に登録しておくべき転職サイト
マイナビ薬剤師
利用者満足度が高い
ビズリーチ
ハイクラス転職に特化

薬剤師転職サイトを選ぶ3つのポイント

これから転職サイトを選ぶ際のポイントについて解説していきます。少し長くなりますので、先にランキングを確認したいかたはこちらを参考にしてください。

初めて転職される方や転職に不安を感じている方はまず以下の3つのポイントをチェックしておくと選びやすいです。

転職サイトの種類とサポート体制

転職サイトには「サイト型」と「エージェント型」の2種類があります。薬剤師の転職サイトは主にしっかりサポートをしてくれる「エージェント型」が多いです。

エージェント型は自分の希望にあった求人を紹介してくれるため、転職活動に不慣れな方や忙しい方にはぴったりです。

どちらもメリットデメリットはありますが、偏った求人や意見にならないよう、どちらにも登録しておくことをおすすめします。また、転職サイトごとにサポート体制の手厚さも違います。

「エージェント型」であれば、どこまで担当者がサポートしてくれるのか、「サイト型」であれば、コラムやサイトの見やすさを確認してみてください。

サポートが手厚すぎて自分には合わなかった、逆にさっぱりしすぎていた、など転職サイトによってバラバラです。感じ方も人それぞれですので、自分にあった転職サイトを選びましょう。

>>薬剤師転職サイトランキングはこちら

求人数

転職は情報量が成功のカギです。情報が多ければ多いほど選択肢が広がります

特に、地方での勤務を検討している方や、条件にしっかりこだわっていきたい方は、掲載数10,000件以上のサイトに登録しておくことをおすすめします。

>>薬剤師転職サイトランキングはこちら

情報の質

求人数が多くても掲載されている情報が薄い場合や知りたい情報が載っていない場合もあります

自分が求めている情報がしっかり載っているのかどうか、すぐに聞けるのかどうかも1つのポイントです。

求人数が少ない一部の転職サイトでは、求人を掲載している企業一つ一つに取材をしているサイトもあります。転職サイト選びの基準にしてください。

>>薬剤師転職サイトランキングはこちら

薬剤師が転職サイトを利用するメリット・デメリット

初めて転職サイトを利用する方は、転職サイトがどのようなサービスなのか気になりますよね。

ここでは、転職サイトを利用するメリット・デメリットについてご紹介します。

転職サイトのメリット

転職サイトを利用すれば、次のような面であなたの助けとなってくれます。事前にメリットを知っておくことで、効率的に転職活動が行えるでしょう。

求人検索の時間と労力を減らせる

転職活動では、あなたの希望に合った条件の求人情報を探さなければなりません。

たくさんの求人情報から選ぶことは大変ですが、転職サイトの検索機能はとても充実しているため、簡単に希望条件の求人情報を検索可能です。

また、転職エージェントでは担当者があなたに合った求人情報を紹介してくれるため、検索する時間・労力をより軽減できます。

非公開求人の情報を得られる

転職サイトの多くが非公開求人を取り扱っているため、条件の良い非公開求人情報も入手可能です。特に求人情報掲載数の多い転職サイトを選べば、幅広い選択肢を得られます。

また、複数の転職サイトに登録することで、より多くの情報を比較しながら求人情報を検索可能です。

雇用条件の交渉ができる

転職エージェントにおけるコンサルタントのサポートは、履歴書の添削から面接対策まで幅広く、雇用条件の交渉も可能です。

あなた自身ではなかなか言いづらくても、担当者があなたの代わりに交渉をしてくれるため、企業と気まずい雰囲気にもなりません。

企業の内情を教えてもらえる

転職サイトでは、求職者だけでは知り得ない職場の雰囲気や情報を教えてくれるため、転職後のミスマッチを防げます。

転職前は、応募する企業がどのような職場なのか不安も大きいですよね。

転職のサポートをしてくれる担当者は、今までの実績・調査により、企業や業界の内情を良く知っていることが多く、個人では得られない情報も教えてもらえますよ。

>>薬剤師転職サイトランキングはこちら

転職サイトのデメリット

転職サイトのサービス内容があなたに合わない可能性もあるため、利用する前にはそのデメリットも知っておきましょう。

担当者との電話やメールでの連絡が必要

転職サイトの担当者は、あなたに合った求人を紹介するために、あなたの要望・経歴などを電話嫌メールで詳しく聴取する必要があります。

また、応募を決めたあとでも、進捗を把握するために連絡を取らなければいけません。

転職支援を受けられる一方で、頻繁に電話やメールで連絡をしなければならないことがストレスに感じる場合もあります。

担当者によって急かされる・強引な紹介をされる場合もある

転職サイトでは、書類作成から求人への応募まで、担当者がスケジュールを組むことがほとんどです。

求職者のペースと合わない場合は、急かされていると感じることもあるでしょう。

また、転職サイト・エージェント側は、求人情報の掲載・採用によって企業から報酬を得ています。

求職者はほとんどの転職サイト・エージェントを無料で利用できますが、求職者の採用が転職サイト・エージェントの利益に繋がるため、担当者によっては希望に合っていない求人を強引に紹介されることもあるようです。

>>薬剤師向け転職サイトはこちら

薬剤師転職サイト活用術|転職を成功させるために

薬剤師の方が転職サイトを活用するポイントを5つにまとめてご紹介しています。

ここでお伝えするポイントを踏まえることで、転職活動を成功させやすい傾向です。ぜひ参考にしてください。

1.事前準備は入念に

「転職したい」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
一番手間と時間がかかる事前準備。転職エージェントに頼ったり、転職サイトのコラムを読んだりしながら準備を進めましょう。

転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる
  • また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。
    例えば、年収をあげたい、雇用形態を変えたいなどが挙げられます。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。

    転職活動に時間がかかればかかるほど、資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。
    事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう

    焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

    2.転職サイトに複数登録して比較しながら使う

    転職サイトにはサイトごとに強みや特徴があります。
    「求人数」や「求人の幅」に強みのあるサイトやサポートが得意なサイト、病院や企業などの求人が多いサイトがありますが、あなたの希望全てが揃っている転職サイトはなかなかありません。

    そのため、求人数の多い転職サイトとあなたの希望に近いより特化型の転職サイトを同時に利用することをおすすめします。

    また、転職エージェントであれば担当者やエージェントごとに合う合わないが出てきます。
    先にいくつか登録した中からあなたにあった転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

    3.キャリア面談や面接対策などのサポートを利用する

    転職サイトによっては、キャリア面談や面接対策など転職活動をサポートする機能が充実している場合があります。
    これらの転職支援機能を活用することも、転職活動を成功させるうえで大切です。

    この記事でもどのような支援機能があるのか紹介していますが、転職サイトに登録した際はホームページを改めて確認して、どんなサービスがあるのか確認しましょう。

    4.経歴やスキルは正直に伝える

    一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。
    後から「話が違う」となってしまうと虚偽報告をする人物とみなされ、紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

    入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまったといったことがないようにするためにも、正直に伝えることをおすすめします。

    また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談を受けることも可能です。

    5.合わないときは担当者を変更する

    実際にやり取りをしてみると、担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもありますよね。

    そのような場合には別の転職エージェントを利用してみるという方法もおすすめですが、担当のキャリアコンサルタントを変えてもらう方が良い場合もあります

    相性の問題もあるため、担当変更はさほど大きな問題ではありません。
    ただし、頻繁に担当者を変えたりあまりに失礼な態度をとったりしてしまうと、要注意人物とされてしまうこともあるため注意しましょう。

    >>薬剤師向け転職サイトはこちら

    特徴3選|当てはまる転職サイトは選ぶな

    近年、たくさんの転職サイトをインターネット上で閲覧可能です。
    それぞれの転職サイトには特徴があり、適切なサイトを選ばなければ希望通りの転職先に決まらない可能性があります。

    ここでは、転職サイトを選ぶときに避けてほしい、3つの特徴についてご紹介します。

    利用目的と合っていない

    転職サイトがあなたの利用目的と合っていない場合、転職活動が滞ってしまいます。転職サイトには様々な種類・特徴があるため、あなたに合ったものを選ぶようにしましょう。

    あなたの優先したい条件が得意な転職サイトを選ぶことで、転職成功への助けとなりますよ。

    転職サイトを選ぶときに重要な項目は次の通りです。

    • 年齢
    • 地域
    • 年収
    • 職種
    • 雇用形態(正社員・派遣社員・パート)

    悪い評判や低評価の口コミが多い

    口コミは個人の意見ですが、やはり悪い評判や低評価の口コミが目立つ転職サイトでは、満足のいく転職活動ができない可能性があります。

    すべての口コミを鵜呑みにする必要はありませんが、参考になる意見も多いため、利用を考えている転職サイトの評価をチェックしておきましょう。

    実際に利用した方の口コミを知ることで、あなたが望んでいる転職サイトかどうかをイメージできます。

    転職時期を急かしてくる

    転職サイトによっては、求職者の希望と異なる提案をされたり、転職時期を急かされたりすることもあるようです。

    転職サイトは、求人情報を掲載している企業から報酬を受け取っています。

    採用決定によって料金が発生する転職サイトでは、報酬を受け取るためにできるだけ多くの求職者に転職を進めなければなりません。

    希望条件が叶う転職をしたいと考えている求職者にとって、転職サイト側の都合で転職を進められることは苦痛ですよね。

    転職サイトの利益よりも、求職者の満足度を優先してくれる転職サイトを選びましょう。

    薬剤師転職の前に知っておきたい4つのこと

    転職したいと思っていても、不安があってなかなか転職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。薬剤師の転職についてあらかじめ知っておくと、不安が軽減される可能性があります。

    ここでは、今後薬剤師として働いていくあなたに、知っておいて欲しい4つのことをご紹介します。

    どんな人が薬剤師に向いているのか

    職場によって業務内容は異なりますが、次のような方には薬剤師がおすすめです。

    • 几帳面な方
    • 責任感がある方
    • コミュニケーション能力が高い方
    • 新しい知識を取り入れる向上心がある方

    薬剤師は数多くの薬剤を管理し、定められた量の調剤が必要です。
    よって、細かい作業が苦にならない、几帳面な方は薬剤師に向いています。また、薬剤の管理や調剤には責任感も不可欠です。

    さらに、薬についてわかりやすく説明できるように、コミュニケーション能力の高い方が望まれます。

    患者さんに思いやりのある対応をすることで、信頼される薬剤師となれるでしょう。

    加えて、日進月歩する医療業界では、常に新しい情報・知識を取り入れていかなければなりません。

    医療・薬剤に関連する興味や向上心がある方は、薬剤師に向いているでしょう。

    薬剤師はいらないと言われてしまう理由

    薬剤師がいらないと言われてしまう理由に、IT技術の発展が挙げられます。

    「処方箋に従って薬剤を用意する」という単純に思われがちな薬剤師の業務が、今後不要になるのではないかと不安視されているようです。

    近年では、お薬手帳の電子化が進み、アプリに処方箋の写真をアップロードするだけで、直接薬局に出向かなくても受付できるシステムが構築されています。

    厚生労働省が電子処方箋のガイドライン作成、調査研究事業を進めていることから、医療業界では今後さらなるIT化が進むでしょう。

    確かに、業務をIT化することで、処方する薬剤数の数え間違いや処方箋入力ミスなどのヒューマンエラーを防げます。

    しかし、他医療従事者との連携や患者さんへの配慮など、薬剤師にしかできない業務内容もあるため、薬剤師が職業としてなくなる心配はないでしょう。

    ※参照:厚生労働省|電子処方箋の概要等

    薬剤師として働く魅力・やりがい

    薬剤師として働く魅力・やりがいには、主に次の3つがあります。

    • 患者さんの命・健康を守れる
    • 患者さんに直接感謝してもらえる
    • 最先端の知識・スキルを学べる

    薬剤師が処方した薬によって患者さんの命・健康を守れることは、大きなやりがいに繋がります。

    薬剤師の仕事に魅力ややりがいを見つけることは、転職活動をする上で大きなモチベーションです。

    職場によって業務内容も異なるため、あなたがどのような仕事をしたいか、仕事に何を求めているのかを考えて転職先を決めましょう。

    薬剤師転職は厳しいのか

    薬剤師の数は年々増え、近年のIT化も相まって、転職は簡単なものではありません。

    薬剤師の増加は、2006年度の法改正によって薬剤師養成課程の修業年数が4年から6年になったことが大きく影響しています。

    法改正に伴って薬学部が増設され、薬剤師の増加に需要が追いつかなくなると予想されており、文部科学省は、早ければ2025年度以降は新たな設置や定員増加を認めない方針です。

    しかし、薬剤師が活躍できる職場は幅広く、現時点ではまだ需要が安定しています。

    また、地域によっては薬剤師が不足している場所もあるため、あなたが転職を希望する地域の求人数を確認してみましょう。

    「転職が厳しいのでは」と感じている方は、転職サイト・転職エージェントを活用することで、不安が解消されるかもしれません。

    薬剤師転職で失敗しないためのポイント5選

    転職したいと考えていても、希望通りの転職ができるのか不安ですよね。ここでは、薬剤師の転職で失敗しないためのポイントをご紹介します。

    複数の転職サイトに登録する

    転職を成功させるためには、複数の転職サイト・エージェントの活用がおすすめです。

    転職サイト・エージェントによって取り扱っている求人情報が異なるため、2〜3つの転職サイトを併用してより多くの求人情報を得られるようにしましょう。

    それぞれの転職サイトで非公開求人も保有しているため、好条件の求人情報を得られる可能性が高いです。

    ただし、あまり多くの転職サイトに登録すると、求人の検索や担当者とのやり取りがストレスになってしまうかもしれません。複数の転職サイトに登録する際は、あなたが無理をしない範囲内に収めましょう。

    転職理由を明確にする

    転職活動を始める際、まずは転職したい理由を明確にしておきましょう。転職を考えているということは、現状に不満を持っているはずです。

    何に不満があるのか、何を目指しているのかをはっきりさせることで、転職先への希望条件が定まります

    転職理由をうやむやにしてしまうと、現状を改善できない可能性があるため注意しましょう。

    自己分析を怠らない

    自己分析の怠りは、転職失敗に繋がる可能性があるため注意が必要です。

    転職先を選ぶときは、今のあなたに何ができるのか、何を目指しているのかを客観的に考えておきましょう。

    自己分析では、次の3項目についてあなたのなかで判断基準を決めておくと、応募する求人情報を的確に選べます。

    • どんな仕事をしたいか
    • どんな条件を求めているか
    • どんな職場環境が良いか

    情報収集は徹底的に

    転職を成功させるためには、情報収集が不可欠です。

    求人情報はもちろん、応募する企業の業務内容や雰囲気を事前に知っておくことで、企業がどのような人材を望んでいるのか、あなたに合った職場かを判断できます。

    また、たくさんの求人情報をチェックし、あなたの市場価値を把握しておきましょう。

    あなたのスキルや経験でどのくらいの年収が望めるか、いつ転職するべきかが見えてきます。

    転職先が決まってから今の職場をやめる

    今の職場を辞めたい気持ちが強い場合に、退職届を出してから転職活動を始める方がいますが、転職先が決まらない状態での退職はあまりおすすめできません。

    収入面を考えると、できるだけ退職日から再就職までの期間は短い方が良いですよね。

    退職日を先に決めてしまうことは、自分で転職先を決めるまでの期間を制限してしまうことに繋がります。

    転職先が決まらない不安や引き継ぎの忙しさが相まって、精神的・体力的に余裕がなくなり、転職先を焦って決めてしまうことになりかねません。

    転職を成功させるためには、様々な求人情報を比較し、今よりも良い転職先を選ぶ必要があります。

    退職届は、できるだけ転職先から内定をもらったあとに提出しましょう。

    薬剤師転職サイト登録の流れ

    ここでは、サイト型転職サイトとエージェント型転職サイトにわけて、登録の流れをご紹介します。

    転職サイト登録の流れ

    サイト型の場合

    サイト型の場合の流れは以下の通りです。

    1.転職サイトの登録ページから登録する

    各転職サイトの公式ページから登録します。
    同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるため、注意しましょう。

    2.サイト内で求人を探す

    職種や勤務地、希望の年収など様々な条件からで求人検索を行います。

    1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

    3.エントリーする

    自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。

    自分の希望にあっていると思った企業であれば、自分でサイト内から応募しましょう。

    4.面接

    エントリー後、サイトに登録した情報をもとに選考が始まります。
    面接に進んだ場合は企業から連絡があります。

    5.内定

    無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。

    内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りを行うことが多いです。

    エージェント型の場合

    エージェント型の場合の流れは以下の通りです。

    1.転職サイトの登録ページから登録

    各転職サイトの公式ページから登録します。登録完了メールも確認しておきましょう。

    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

    登録後、数日以内に連絡があります。10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。

    忙しい方や遠方の方はオンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

    3.担当者によるキャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

    初回の面談では下記のような内容について聞かれるため、考えておきましょう。

    • 現在の転職市場についてレクチャー
    • ご自身のキャリアの棚卸
    • 転職理由のヒアリング
    • 転職するうえでのご希望条件の整理
    • ご自身の強みの棚卸

    4.求人を紹介してもらう

    キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。

    もちろんサイト内で気になる求人があった場合は自分からエージェントに相談することも可能です。

    5.書類選考や面接をサポートしてもらう

    気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。

    作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。

    転職未経験の方はサポートのしっかりした転職エージェントに登録しておきましょう。

    書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから通知されます。

    6.面接対策を受ける

    書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

    面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。

    面接に同行してくれる転職エージェントもあります。事前に自分にあっている転職エージェントを探しておきましょう。

    7.内定と退職手続きのサポート

    内定の連絡についてもエージェントから報告されるケースがほとんどです。

    内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

    薬剤師の転職事情

    薬剤師として転職を成功させるには、現在の転職事情を知っておく必要があります。

    ここでは、薬剤師の給料から転職に役立つ資格まで、詳しくご紹介します。

    >>薬剤師転職サイトランキングはこちら

    薬剤師の給与事情|平均年収は581万円

    厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の平均年収は約581万円※1でした。これは、国税庁が調査した日本の平均年収※2よりも高い傾向にあります。

    男女で年収を比較すると、男性の方が約84.7万円高い結果でした。男性よりも女性の方が低い年収となった理由は、産休・育休や育児に伴う時短勤務が影響している可能性があります。

    性別 平均年収 平均年齢
    男女の合計 約580.7万円 42.3歳
    男性 約631.5万円 42.3歳
    女性 約546.8万円 42.1歳

    (参照:令和3年賃金構造基本統計調査より、平均年収は「きまって支給する現金給与額に12ヶ月を乗じ、年間賞与その他特別給与額を加算した金額」とした)

    ※1参照:e-Stat ※2参照:国税庁|民間給与実態統計調査

    薬剤師の転職時期

    薬剤師の転職におすすめな時期は、主に次の3つです。

    • 求人募集が出やすい時期
    • ボーナス支給後
    • 職場に迷惑が掛からない時期(人員の不足がない時期)

    この3つの時期と、あなたが転職したいと思った時期やライフスタイルが変わる時期を考慮しながら転職時期を見極めましょう。

    薬剤師の転職理由

    個人によって転職のきっかけは様々ですが、薬剤師が職場を辞めるとき、どのような理由があるのでしょうか。

    薬剤師が転職を考える理由として、主に次の4つが挙げられます。

    • 現職場の人間関係に不満がある
    • 現職場の労働環境に不満がある
    • 今より収入を上げたい
    • スキルアップ・キャリアアップを目指したい

    多くの方が人間関係・労働環境・収入や待遇に不満があるというマイナスの気持ちで転職を考えますが、スキルアップ・キャリアアップを目指して転職を目指す方もいます。

    >>薬剤師転職サイトランキングはこちら

    薬剤師は求人サイトが豊富

    薬剤師は、医療従事者のなかでも医師、看護師に並ぶメジャーな職業です。そのため、薬剤師に特化した転職サイト・エージェントは豊富にあります。

    利用できる求人サイトが多いと得られる情報が増えるため、マイナーな職業よりも容易に転職活動が可能です。複数の求人サイトを活用し、転職活動を有利に進めましょう。

    >>薬剤師転職サイトランキングはこちら

    薬剤師転職に役立つ資格

    国家資格である薬剤師は、民間の認定・専門資格を取得することで、さらに市場価値を上げられます。

    あなたのスキルアップに繋がるだけでなく、転職に役立つ資格も多いため、今後転職を考えている方は資格取得を視野に入れておきましょう。

    主な認定・専門資格は次の通りです。

    • がん薬物療法認定薬剤師
    • 感染制御認定薬剤師
    • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
    • 糖尿用薬物療法認定薬剤師
    • 漢方薬・生薬認定薬剤師

    また、在宅医療を行なっている薬局では、介護福祉系資格であるケアマネージャーも重宝されます。

    >>薬剤師転職サイトランキングはこちら

    薬剤師のキャリアプラン

    ここでは、薬剤師のキャリアプラン例を大きく4つに分けてご紹介します。

    これから転職活動をするうえで、自身のキャリアプランに迷いがある方はぜひ参考にしてみてください。

    >>薬剤師転職サイトランキングに戻る

    管理職を目指す

    薬剤師のキャリアプランとして管理職を目指す方は非常に多いです。ここでいう管理職とは、管理薬剤師やマネージャーのことを指します。

    薬剤師が管理職を目指す場合、2通りの方法が考えられます。1つ目は社内でキャリアを積んでいく方法、2つ目が転職を用いてキャリアアップを目指す方法です。

    現在の職場が、そのまま勤め上げることで管理職まで昇進できる環境である場合は、そのままキャリアを積み重ねて管理職を目指しましょう。

    一方、現在の職場でキャリアアップを図るのが難しい場合は転職を用いて管理職を目指すのがおすすめです。

    エリアマネージャーや管理薬剤師を募集している求人に応募したり、キャリアアップできる環境が整えられた職場に転職することで、より効率的に管理職を目指せます。

    専門性を高める

    管理職を目指さないキャリアプランとして、専門性の高い薬剤師になるという手段もあります。

    専門性の高め方は多岐にわたり、6年生薬学生の指導に必要な認定実務実習指導薬剤師という資格を取って薬剤師業界の発展に寄与する。

    がん専門薬剤師、在宅療養支援認定薬剤師などの資格を取って1つの分野に特化するなどの方法があります。

    専門性を高めることには、薬剤師としての市場価値が上がる、仕事の幅が広がるなどのメリットがあり、より良いキャリアの実現に繋がります。

    開業する

    調剤薬局の開業を目指す薬剤師は少なくありません。開業することで、理想の調剤薬局を実現できたり、主体的に目標や方針を定めたりが可能です。

    薬剤師が開業方法は大きく分けて、新規開業するかフランチャイズを利用して開業するかの2通りです。

    新規開業の場合は経営のハードルが高いですが、より主体的に調剤薬局の運営に携わることが可能です。

    フランチャイズで開業する場合、経営のリスクは低くなりますが主体的に運営に携わりずらいという側面もあります。

    企業によっては独立支援制度やフランチャイズ制度を設けている場合もあるため、そういった企業に転職しつつ開業のためのノウハウを習得することも1つの方法です。

    異業種に転職する

    薬剤師から別の職種に転職する方は決して少なくありません。場合によっては、異業種に転職したことで、薬剤師のときの収入を大きく上回ることに成功した方もいます。

    薬剤師としての経験を活かせる職種としておすすめなのが営業職とキャリアアドバイザーの2つです。

    特に、製薬会社の営業職と薬剤師に関するキャリアアドバイザーであれば、薬剤師として培った経験やスキルを存分に発揮できます。

    製薬会社の営業職であれば、薬剤師としての確かな知識をもとに、説得力のある営業活動が可能です。

    また、キャリアアドバイザーは薬剤師としての転職経験や内部事情への理解をもとに、薬剤師に寄り添った転職支援が行えます。

    営業職や人材紹介業に関わらず、異業種に転職する場合には幅広い職種を扱う転職エージェントの利用がおすすめです。

    ※関連記事
    営業職におすすめの転職エージェントランキング|プロ厳選の15選
    薬剤師が異業種へ転職するためのポイントをプロが解説

    薬剤師が転職を失敗してしまった体験談

    「より良い職場を求めて転職をしたけれど、実際に勤めてみたら失敗だった」という結果はできるだけ避けたいですよね。ここでは、実際に転職失敗してしまった薬剤師の口コミをご紹介します。

    転職したら希望条件と違った

    実際に勤めてみたら、休憩時間なく働かされたという体験談です。

    短期間に再転職を希望すると職歴が不利に働いてしまう可能性があるため、転職先は慎重に決めましょう。

    口コミアイコン
    Kさん 20代・男性
    薬剤師、辞められるもんなら辞めたいよ。

    転職失敗した。再転職するにも職歴で弾かれた。そりゃそうだ。再転職希望なんだから。

    労基署は何やってるんだ。
    法律守ることってそんなに難しいのか。
    休憩を与えないで開店することで、そんなに利益が見込めるのか。

    そもそもなんで採用面接で騙したんだ

    (出典:Twitter

    転職前に比べて業務内容がつまらなかった

    勤務形態の改善を求めて転職したけれど、業務内容が合わなかったという体験談です。

    転職エージェントでは、転職先の業務内容や残業数をリサーチしてもらえるため、有効に活用しましょう。

    口コミアイコン
    Uさん女性
    薬局転職したけどつまらない
    無駄に拘束時間長い
    病院薬剤師、夜勤がきつくてやめたけど、やってる内容は病院の方が楽しかった。
    てか朝の掃除20分ぐらい前から強制させるくせに前残業つかないの腹立つな

    (出典:Twitter

    職業紹介所の対応が不十分だった

    転職を希望して職業紹介所に登録したものの、求人情報やスタッフの対応に満足いかなかったという体験談です。

    転職サイトでは、求職者が希望すれば担当者を変更してくれる可能性があります。また、薬剤師に特化した転職サイト・エージェントはたくさんあるため、複数登録してあなたに合った転職サイトを見つけましょう。

    口コミアイコン
    Jさん 女性
    多数の求人が載っているように表示されているが、ほとんど期限切れのもの。登録促すための虚偽の広告。電話かかってきたので出たら、会社の愚痴を別の人と話していてゲラゲラ笑いながら「あ〜もしもし〜」

    (出典:Google

    >>薬剤師転職サイトランキングはこちら

    薬剤師から人気の転職先一覧

    薬剤師はすべての医薬品に精通する専門家で、転職先には幅広い選択肢があります。

    それぞれの職場で業務内容・勤務形態が異なるため、特徴を知り、あなたに合った転職先を選びましょう。

    ドラッグストア

    ドラッグストアでは、一般用医薬品・衛生用品をはじめ、介護用品・化粧品など幅広いジャンルの商品を販売します。

    薬剤師がいなければ販売できない医薬品も多く、需要の高い転職先です。

    また、ドラッグストアは薬剤師がお客さんの症状・悩みを聞いて薬剤を勧められるため、やりがいを感じられる職場でもあります。

    調剤薬局

    調剤薬局は、薬剤師が働く代表的な職場の1つです。業務内容は、主に医師が発行した処方箋に基づく調剤業務ですが、服薬指導・薬歴管理なども行います。

    服薬指導は、適切に薬を服用させるための説明に加え、患者さんの悩み・症状を緩和させるアドバイスを行う重要な業務です。

    処方箋どおりに調剤するだけでなく、薬の相互作用や管理など、様々な要素に気を配れる方が向いています。

    病院

    病院薬剤師は、調剤業務に加え、病棟業務や治験業務など様々なジャンルの業務に携わります。

    また、注射薬や化学療法で使用する薬剤の調剤もする必要があるため、調剤薬局に比べて取り扱う薬剤の種類が圧倒的に多く、幅広い知識が必要です。

    大変な業務の一方で、臨床医療に携わりながら最先端の医療現場に立てるやりがいもあります。

    さらに、他職種との関わりができるため、医療従事者としての知見も広がるでしょう。

    一般企業

    薬剤師には、一般企業で働くという選択肢もあります。

    転職できる企業は治験関連企業、化粧品メーカーなど多岐に渡りますが、特に薬剤師の需要が高い製薬会社がおすすめです。

    製薬会社における薬剤師の役割は、新薬の研究・開発から営業職まで幅広く、事前に業務内容を確認する必要があります。

    一般企業はドラッグストアや病院などに比べ、土日が休みという点に大きな魅力を感じる方も多いでしょう。

    >>薬剤師転職サイトランキングはこちら

    薬剤師転職に関する疑問

    最後に、薬剤師転職によくある疑問をご紹介します。
    ぜひ転職活動に役立ててくださいね。

    Q&A

    薬剤師未経験だと転職するのは難しい?

    薬剤師として働くことのできる、未経験歓迎や未経験OKの求人は多数掲載されています。

    業界的にも人手不足であるため、今後のポテンシャルを考えて未経験の職場でも採用してもらえるようです。

    ですが、薬剤師とはいえ職場によっては業務内容が全く異なる場合も多数あるため、これまでの経験を活かすことができない可能性もあります。

    また、企業や大学病院などへの未経験からの転職は、中途採用に即戦力を求めている場合が多く、ハードルは高いです。

    未経験の職場への転職を考えている場合は、転職エージェントへの登録が必須です。非公開求人が豊富なため、思わぬ求人に出会える可能性があります。

    >>薬剤師転職サイトランキング

    薬剤師は転職サイトを使わないほうが良い?

    結論からお伝えすると、転職サイトは使った方が良いです。

    転職サイトには薬剤師の求人が豊富に掲載されているため、より多くの選択肢の中から自分にあった求人を探せます。

    また、転職支援の機能も充実しているため、より効率的に転職活動を行うことも可能です。

    >>薬剤師転職サイトランキング

    英語力は薬剤師のお仕事で活かせる?

    必ずとは限りませんが、英語力を発揮する機会は十分にあります

    例えば、海外の方がドラッグストアや調剤薬局に訪れた際に、どのような症状で困っているのか、どういう薬が欲しいのか、英語でのやり取りを行う必要があります。

    また、英語力があると英語の薬種情報や新薬情報にも触れられるため、常に最新情報と直で触れられるというメリットもあります。

    男性と女性で転職サイトを使い分けるべき?

    この記事で紹介しているような大手転職サイトの場合、男女ともにサポートを受けられるため、使い分ける必要はありません。

    中には、「女性の転職に特化」というように特定の性別に限定した転職サイトも存在しているため、使い分ける必要があります。

    転職サイトは無料で使える?

    一部を除き、完全無料で利用できます。この記事で紹介している転職サイトはすべて無料で使える転職サイトのため、安心して利用してください。

    >>薬剤師転職サイトランキングに戻る

    ブランクがあっても転職可能?

    もちろん可能ですが、不安な方はまずは薬剤師派遣から始めることもおすすめです。短期派遣も可能です。

    感覚を取り戻しつつ、正社員のお仕事を探すこともできますし、紹介予定派遣で職場の雰囲気を確認して相互の同意のもと正社員として働く、という選択も可能です。

    以下の記事にまとめているため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    薬剤師派遣に強いおすすめ派遣会社18社|口コミや選び方も紹介
    派遣薬剤師として働くメリット・デメリット|派遣の注意点やポイントも解説
    薬剤師の単発派遣|押さえておきたいポイントなど徹底解説

    薬剤師の転職理由は?

    薬剤師の転職理由は主に以下の5つです。

    • ライフスタイル(結婚・出産など)変化のため
    • 人間関係に悩みがあるため
    • 待遇や職場に不満があるため
    • キャリアアップのため
    • 会社の将来性が不安

    あなたの転職理由もこちらにありましたでしょうか。
    自分の転職理由を明確にしておくと、転職エージェントに相談する際や求人を選ぶ際の指標になります。しっかり言語化できるようにしておきましょう。

    転職回数が多くても平気?

    転職回数で合否が決定することはありませんが、3回以上の転職であれば理由の説明を求められる可能性はあります。

    以前の転職理由は明確に説明できるようにしておくと良いでしょう。

    転職は頻度が高いと、企業側に「継続して働いてもらえないかもしれない」という印象を与えてしまうことは否めません。しっかりと準備しておきましょう。

    転職サイトは、求人企業から手数料や求人掲載料を受け取ってサイトの運営を行っています。そのため、求職者は完全無料で利用できるというわけです。

    薬剤師おすすめ転職サイトまとめ

    この記事では、実際に転職サイトを利用した方の評判やレビュー・口コミをまとめて薬剤師のあなたにおすすめの転職サイトをご紹介しました。

    転職サイトは転職活動をするには欠かせない存在です。

    転職活動が初めてであれば「エージェント型」の転職サイトも活用して、希望の求人を見つけてください。

    本記事でご紹介した転職サイトの中から3社ほど登録し、実際に利用してみて、相性を確かめてみてくださいね。

    >>薬剤師転職サイトランキングに戻る

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄