就活エージェントおすすめ

就職先が決まっていないと、自分だけ取り残されたような気がして焦ってしまいませんか?「企業・業界分析の仕方がわからない」「そもそも、自分の強みがわからない」といった状況だとさらに、精神的に追い込まれてしまいます。内定を勝ち取るなら、新卒の採用市場に詳しい就活エージェントを利用するのもひとつの手です。

今回は、キャリア相談から内定の段取りまでをサポートしてくれる、おすすめの就活エージェント12社を紹介します。就職活動が思うように進まず悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

就活エージェントを選ぶポイント

就活エージェントと一口に言っても、求人量の多さやサポート体制の手厚さ、キャリアアドバイザーの質などは利用するサービスによって違います。

自分の適性に合った業界、希望通りの企業へ就職する近道は、自分と相性の良い就活エージェントを見つけることです。

保有している求人数の多さや質

就活エージェントによって、公開求人数や独自に保有する非公開求人の数が異なります。エンジニア採用に強い「レバテックルーキー」、外資系企業の求人に強い「Spring就活エージェント」というように、得意な業界・職種がさまざまです。

求人数が少なくても専門分野の求人が豊富で企業と太いパイプを持っていたり、営業から技術職まで幅広い業界・職種の求人を扱っていたり。過去の紹介実績や取り扱っている求人件数、専門分野などをよく調べてから利用しましょう。

サポート体制の充実度

条件や適正に合う求人紹介してもらえるだけでなく、

  • ES(エントリーシート)・履歴書・職務経歴書の添削
  • SPI対策
  • 模擬面接
  • キャリア相談
  • 就活セミナー・イベント

といったサポートがすべて無料である点も就活エージェントの特徴です。

エージェントの中には、企業面接に同行・同席してくれるところもあります。面接の直前まで、よく聞かれる質問内容を共有してくれたり、条件面の交渉をフォローしてくれたり、キャリアアドバイザーがそばにいれば安心して面接に集中できるでしょう。

キャリアアドバイザーの対応力

良いキャリアアドバイザーと出会うことが、就活成功への第一歩です。ベストな選択を考え共感し、「◯◯さんなら、こういう職種も向いていると思います」と提案してくれるキャリアアドバイザーとなら辛い就活も乗り越えられるのではないでしょうか。

担当者のメール返信が遅かったり、高圧的な態度を取られたりする場合は、キャリアアドバイザーを変えるかエージェント自体を退会した方が良さそうです。

就活エージェントおすすめ10社

非公開求人紹介セミナーを開催している「doda新卒エージェント」や地方学生の就活サポートが手厚い「type就活エージェント」など、エージェントによってさまざまな特徴があります。

ぶっちゃけ話就活エージェントを利用する際は複数登録するのが賢明です。必ずしも希望条件に合う求人を紹介してもらえるとは限りません。保険として他社のサービスも併用し、一番相性の良いエージェントを見つけましょう。

1. リクナビ就職エージェント


rikunabi

おすすめ度:
公式サイト: http://job.rikunabi.com/agent/

「リクナビ就職エージェント」は、人材業界大手の株式会社リクルートキャリアが運営している新卒就活支援サービスです。専用アプリをダウンロードしておけば、紹介求人の閲覧や応募状況の確認、面接日のスケジュール管理なども管理できます。

また、同エージェントでは面接対策も万全です。経験豊富なアドバイザーが、実践的なアドバイスをくれるため質問に対してスムーズに答えられるようになります。

ただし求人の紹介や応募ができるのは、大学3年生・大学院1年生3月以降の方が対象です。対象者以外は、自己分析のやり方やES(エントリーシート)の添削といったサポートを受けられます。早い段階から就活準備を始めて、残りのキャンパスライフを満喫しましょう。

口コミアイコン
​女性​
​幼少の頃に一番嬉しかったことや大学時代に熱中したことなど、雑談を交えながら過去を深掘りしてくださり自分が大切にしている価値観を再認識できました。私の希望を聞くだけではなく、性格に合わせた職種や業界を提案してくださったのも嬉しかったです。


2. doda新卒エージェント


doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda-student.jp/

「doda新卒エージェント」は、株式会社ベネッセ i-キャリアが運営しているエージェントです。ベンチャーから大手有名企業まで、幅広い求人を豊富に用意しています。キャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれると口コミ評価が高く、早ければ登録後約1週間で内定を獲得することも可能です。

また、面接の合否理由がわかるのも同エージェントならではの特徴です。面接を通過できなかった理由を知ることで、反省点を次回の面接に反映できます。

口コミアイコン
女性
面接に合格しても不合格であっても、「どういった点が合格の決め手になったのか」「なぜ受からなかったのか」を丁寧にフィードバックしてくれました。不採用の理由を聞くのは不安だし怖かったけど、自分の改善すべき点ときちんと向き合うことで次の面接に活かすことができました。


3. キャリセン


careecen

おすすめ度:
公式サイト: https://careecen-shukatsu-agent.com/

「キャリセン」は、2020年6月時点での累計利用者数が6万人を突破している人気就活支援サービスです。出版や医療、観光業など、幅広い業界・職種の求人を数多く保有しています。

また、履歴書の書き方やES(エントリーシート)を通過するためのノウハウ、面接対策といったサポート体制も万全です。完全無料の個別相談が人気で、新卒採用市場を熟知したコンサルタントのアドバイスは面接にも役立つでしょう。

キャリセンでは、内定を獲得した先輩のESを見ることも可能です。内定者のESには、どうすれば企業に必要な人材だと思ってもらえるかを考えるヒントが詰まっています。

口コミアイコン
​女性​
​書類審査で落とされることが多かったので、ES(エントリーシート)添削と内定者の例文を見させてもらえたのが大きな収穫でした。自分の何をアピールすれば企業に「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるのかを、考えるきっかけになりました。


4. キャリアチケット


careerticket

おすすめ度:
公式サイト: https://careerticket.jp/

「キャリアチケット」では、入社後のキャリアを見据えた就活サポートを目指しています。給与や残業の有無、やりがいや経営理念への共感など就活の軸は人によってさまざまです。同エージェントでは、カウンセラーが雑談で緊張をほぐしながら自己分析を行い適正に合った職種・業界を提案してくれます。

さらに、キャリアチケットは求人情報には記載されていない企業情報についても教えてくれると口コミでも高評価です。事前に社内の雰囲気や具体的な業務内容などを把握しておけば、入社後のミスマッチが少なく済みます。

口コミアイコン
女性
私の担当者が出版業界出身ということもあり、希望通りの大手出版社に就職することができました。企業の実情や採用市場にとても詳しく、エントリーシートや履歴書の書き方も丁寧に教えてくださいました。


5. キャリアパーク就活エージェント


careerpark

おすすめ度:
公式サイト: https://careerpark-agent.jp/

「キャリアパーク就活エージェント」では、年間約1,000名以上の面談を行うアドバイザーが内定までを丁寧にサポートしてくれます。同エージェントでは、内定を決めた利用者のES集を見られるサービスが好評です。

過去の例文を参考にしながらES(エントリーシート)を作成すれば、応募書類も通過しやすくなるしょう。ES集だけでなく、面接力診断や自己分析、志望動機作成ツールといった就活に役立つ資料も充実しています。

口コミアイコン
男性
担当者の対応がめちゃくちゃ良くて、「◯◯さんだったら、こういう職種も合うと思いますがいかがですか?」と積極的に提案してくれたのが本当に嬉しかったです。何でも相談できる担当者がいてくれたおかげで、安心して就活に打ち込めました。

6. type就活エージェント


typeshukatsu

おすすめ度:
公式サイト: https://typeshukatsu.jp/

「type就活エージェント」は、就活を機に上京を考えている学生へのサポートが手厚いことで有名です。同エージェントでは、「type就活エージェント 東京就活キャンプ」を実施しています。

東京就活キャンプは最大2週間、シェアハウスに滞在して東京での就職活動に専念できるというサービスです。宿泊料金は無料なため、金銭的に余裕がない方でも安心して利用できます。

このほか、企業選びのノウハウを学べるセミナーや女性が活躍している企業を紹介する面談など、学生の就活を支援するさまざまな取り組みを実施しています。同エージェント主催のイベントにも参加して、内定獲得へつなげましょう。

口コミアイコン
女性
担当者の丁寧さサポートのおかげで就活に集中でき、無事に希望していた企業から内定をいただけました。


7. マイナビ新卒紹介


rikunabi

おすすめ度:
公式サイト: https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/

「マイナビ新卒紹介」は、株式会社マイナビが提供しているサービスのひとつです。同エージェントは、出版・印刷や製薬、ブライダルといった業界出身のキャリアドバイザーが多く在籍しています。

業界経験者だからこそわかる、面接官に刺さる受け答えの仕方や魅力的な履歴書の書き方など的確にアドバイスしてくれます。

対面での相談はもちろん、面接対策セミナーや企業マッチングイベントなど、就活生をサポートする独自の取り組みも盛りだくさんです。自己分析やWEB模擬テストといった、就活に役立つツールも積極的に活用しましょう。

口コミアイコン
男性
​新しいことに挑戦できる環境で働きたいと思っていたので、成長速度が速いベンチャー企業での就職を希望していました。私の性格を考慮した上で、社風が合いそうな求人をたくさん紹介していただき本当に感謝しています。


8. Spring就活エージェント


rikunabi

おすすめ度:
公式サイト: https://campus.springjapan.com/

「Spring就活エージェント」は蓄積された膨大なデータやノウハウを活かし、営業やSE、貿易事務などの独占求人が満載です。

世界60ヵ国に拠点を持つアデコが母体であるため、外資系の求人が充実しています。国内の求人は全国各地に対応しており、IターンやUターンを考えている方にもおすすめです。

また、同エージェントは企業面談の際にオンラインビデオ会議ツールを使用しています。就活中は1日に複数の面談を受けることも多く、オンラインなら移動する手間と時間が省けるのではないでしょうか。

口コミアイコン
男性
将来的にはには海外でビジネス展開をしたいと考え、外資系の求人に強い就活エージェントを探していました。担当者も業界への知識が豊富で、安心してキャリア相談できました。


9. ジョブスプリング


jobspring

おすすめ度:
公式サイト: https://jobspring.jp/

「ジョブスプリング」は、学生の就活支援サービスです。AIを活用した適性検査を実施し、相談者の希望条件だけでなく特性に合わせた求人を紹介しています。会社の雰囲気や社員同士の人間関係など、求人サイトではわからない内情を事前に教えてもらうことも可能です。

そのため、入社後のミスマッチが少なくキャリアを見据えた就活へと繋がります。キャリアアドバイザーとの面談や履歴書添削、面接対策などすべて無料サービスとなっており、金銭面を気にすることなく気軽に利用できます。

口コミアイコン
女性
やりたいことも将来の夢も何も決まっていない自分に焦り、藁にもすがる思いで登録しました。適性検査をもとに、さまざまな職種や業界の求人を提案してくださいました。担当者が親身になって相談にのってくれたので、「やってみたい」と思う仕事に出会うことができました。


10. DiG UP CAREER


DiG UP CAREER

おすすめ度:
公式サイト: https://diginc.jp/student/

「DiG UP CAREER」は、DiG株式会社が運営する新卒・既卒・第二新卒を対象とした就活支援サービスです。「面接でうまく自分をアピールできない」「そもそも就活軸がわからない」といった就活生一人ひとりの悩みと、真剣に向き合ってくれます。

特筆すべきは、就活において最も重要だとされている自己分析を丁寧に行ってくれる点でしょう。個別面談ではキャリアアドバイザーが、在学中に一番熱中したことや辛かった経験など相談者の過去・現在・未来を深堀りしていきます。自己分析がうまくできない、という方はDiG UP CAREERを利用して就活を成功させましょう。

口コミアイコン
男性
これまで複数の就活エージェントを利用してきましたが、ここまで自分と向き合ってくれたのはDiG UP CAREERがはじめてでした。とにかく自己分析に時間をかけてくださり、自分が大切にしている価値観や強みをきちんと把握することができました。

特化型就活エージェントのおすすめ2社

エンジニアの求人を専門に扱う「レバテックルーキー」や大学院生や研究員を対象とした「アカリク就職エージェント」など、特化型のエージェントを利用してみるのも良いでしょう。

1. レバテックルーキー


career.levtech

おすすめ度:
公式サイト: https://career.levtech.jp/rookie/

「レバテックルーキー」は、ITエンジニアに特化した新卒学生向けの就活支援サービスです。システムエンジニアリング事業を手掛けるレバテック株式会社が運営しています。蓄積された豊富なノウハウとネットワークを活かし、アドバイザーが厳選した優良企業を多数保有しているのが特徴です。

ES(エントリーシート)や履歴書添削、面接対策などに加え、エンジニアとしての適性を判断しながらキャリアについても親身に相談にのってくれます。「マッチする企業を見つけづらい」という方はレバテックルーキーを利用してみてはいかがでしょうか?

口コミアイコン
20代男性
幼い頃からエンジニアになることが夢だったのですが、企業の良し悪しを判断できずに困っていました。僕のキャリアについても相談にのってくれて、本当に心強かったです。


2. アカリク就職エージェント


acaric

おすすめ度:
公式サイト: https://shushoku-agent.acaric.jp/

「アカリク就職エージェント」は、大学院生や博士研究員(ポスドク)向けのエージェントです。学生キャリア支援や学生スタートアップ支援を手掛ける株式会社アカリクが運営を手掛け、累計利用者数は11万人を突破しています。

同エージェントで取り扱う求人は、機械設計やエンジニア、映像制作といった技術職が中心です。研究室での取り組みや実績が内定に直結するケースが多く、中には登録から2週間以内で内定が決まった人もいます。研究で得たスキルや経験を活かす場所を見つけるなら、アカリク転職エージェントがぴったりです。

口コミアイコン
女性
大学院での研究の成果が認められ、第一志望の企業に研究員として就職することができました。

就活エージェントとは?

就活エージェントとは、主に新卒と第二新卒を対象とした新卒向け就職支援サービスです。求人紹介はもちろん、EC・履歴書添削、面接対策といった入社までの手続きを代行してくれます。

また、就活エージェントへは就活が本格化する大学3年生の3月までには登録だけでも済ませておきましょう。※(大学3年生3月から就活情報解禁になるから、それまでに登録だけでも済ませておこうという形にしております)就活のスケジュールは、大学3年生の3月に情報解禁→大学4年生の6月から選考開始というのが一般的な流れです。就活エージェントの多くが、大学3年生・大学院1年生3月以降の学生を対象としています。

早いうちから自己分析や企業研究といった就活準備を進めておけば、早期内定を獲得できる可能性も十分にあります。

就活サイトとの違い

就活サイトは、興味のある職種や業界を自分で調べてエントリーするサイトです。就活エージェントは、履歴書添削から入社までを利用者の代わりにすべて行ってくれます。

採用市場を知り尽くした経験豊富なキャリアアドバイザーによる、自己分析や面接対策といったサポート体制も万全で安心です。

就活エージェントを利用するメリット・デメリット

就活エージェントは独自の選考ルートを持っているケースが多く、最短で登録から1週間以内で内定が決まることもあります。内定獲得までの時間を短くできるのは、採用市場に詳しい専任アドバイザーが揃う就活エージェントだからこそです。

就活エージェントと就活サイトそれぞれのメリット・デメリットを比較しながら、あなたに一番合った方法を選びましょう。

メリット デメリット
就活エージェント ・手厚いサポートが充実
・ネットには非公開求人を紹介してもらえる
・自己分析やキャリア相談ができる
・不採用の理由、面接のFBをもらえる
・紹介してもらえる求人が限られる
・連絡の頻度が多い
・担当者によって対応に差がある
就活サイト ・幅広い職種や業界の情報収集ができる
・希望条件に合った求人検索が可能
・自分のペースで進められる
・スケジュール管理が大変
・倍率が高くなる
・中小企業の求人が少ない

▶︎横にスクロールできます▶︎

就活エージェントの活用術

1. 就活エージェントは2社以上登録・比較する

就活エージェントは、最低でも2社以上は登録しましょう。一口に就活エージェントといっても、サポート内容や職種・業界、求人数はエージェントによって異なるものです。

複数の就活エージェントを併用すれば、イベントの有無や企業の採用基準といったさまざまな就活情報を得られます。

2. 総合型と特化型を使い分ける

豊富な求人の中から自分に合う就職先を見つけたい方は総合型、興味のある業界や職種がすでに決まっているなら特化型というように、2種類のサービスを使い分けましょう。総合型は特化型に比べると求人案件数が多く、業界比較をしやすいのが特徴です。

一方の特化型は、業界出身のキャリアアドバイザーが多い傾向にあります。専門分野の知識が豊富で企業との太いパイプもあるため、一般的な求人情報サイトには載っていない求人を紹介してもらえる可能性もあるでしょう。

総合型と特化型とは
就活エージェントには、総合型と特化型の2種類があります。
総合型は、業種・職種に限らずさまざまな求人を保有し、サポートの手厚さが売りのエージェントです。
特化型の場合は、職種・業界 ・地域など特定の分野に特化しています。キャリアアドバイザーは業界出身者であることがほとんどです。企業と太いパイプを持ち、企業サイトや求人情報には載っていない求人も数多く取り扱っています。
メリット デメリット
総合型 ・とにかく求人数が多い!
・業種・職種で限られないので、志望先を迷っているひとにもおすすめ
・キャリアアドバイザーによっては専門知識があまりない
特化型 ・特化しているからこそ他にはない求人がある
・専門知識があるので、業界に特化したアドバイスが受けられる
・業界や職種が限定されてしまい、求人も絞られる

▶︎横にスクロールできます▶︎

3. 希望条件は優先順位をつけて伝える

企業選びの軸がすでに決まっている場合は、キャリアアドバイザーに伝えましょう。やりがいや経営理念への共感、知名度、給与の高さなど企業選びの基準は人によってさまざまです。

軸がブレると自分が何を優先すべきかわからず、面接での発言に一貫性がなかったり、入社後のミスマッチが起こったり、就職活動の進み具合にも大きく影響します。

就活エージェントに丸投げするのではなく、「3年後、5年後に自分がどうなっていたいのか」「絶対に譲れないものを1つだけ挙げる」というように、企業選びの軸はある程度決めておきましょう。

4. 相性が合わない担当者は変更する

担当者と相性が合わない場合は、我慢したり遠慮したりせずに変更しましょう。

就活中は書類審査に通過できたり、面接の手応えを感じられなかったり、一喜一憂することが多く叱咤激励してくれるキャリアアドバイザーの存在が大きな支えとなります。

求人数やサポート体制が充実していること以上に、キャリアアドバイザーとの相性が重要です。

5. サポートをフル活用する

会員限定セミナーや履歴書・職務経歴書添削といったサービスをフル活用しましょう。特に、多くの就活生が苦手とする自己分析のサポートは利用する価値ありです。

「一番辛かった思い出」「大変だった時期をどう乗り越えたか」といった過去の経験が、現在の価値観を作り上げている可能性があります。過去を掘り下げ、自分の強みや弱みを自己PRに活かしましょう。

就活エージェントに関するよくある質問

Q&A

1. 登録するとどんなサービスを受けられますか?

初回面談で希望職種や勤務地、キャリアプランなどを細かくヒアリングしてくれます。
その後、求人紹介(未公開求人も含める)やES(エントリーシート)・履歴書添削、応募手続き、面接の日程調整、合否の連絡、内定前後の交渉などを担当者がマンツーマンでサポートしてくれるので安心です。

2. 担当のキャリアアドバイザーは変更できますか?

担当キャリアアドバイザーは、いつでも変更できます。「希望条件以外の求人ばかり紹介される」「レスポンスが遅い」など担当者の対応に不満がある場合は、メールもしくは問い合わせフォームから変更手続きを行いましょう。

尚、担当者の変更方法は利用する就活エージェントによって異なります。

3. 登録から利用までの流れを教えてください

1.登録フォームから会員登録手続きを行なう
2.担当者と就職相談
3.求人紹介
4.面接
5.内定

1.就活エージェントから登録

就活エージェントの申し込みフォームへ進み、下記の項目を入力して新規会員登録をします。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 学校所在地
  • 最終学歴(見込み)
2. 担当者と就職相談

登録した電話番号もしくはメールアドレス宛に、担当者から連絡が入ります。給与や勤務地などの希望条件が決まっている場合は、優先順位の高い順番に伝えましょう。興味のある職種や業界についても、詳しく説明しておくと求人紹介までがスムーズです。

3. 求人紹介

求人を紹介してもらったら、すぐに答えは出さずに持ち帰って考えましょう。

就職は、今後の人生を左右する重大なライフイベントのひとつです。企業理念やビジョンなどカルチャーが自分に合うかどうか、やりがいを持って働ける職場かどうかをきちんと見極めてください。

また求人紹介の前にES(エントリーシート)を作成しておけば、直前で慌てる心配がありません。ESの添削や内定獲得者のES集を見られるサービスもあります。限られた文字数でいかに自分の魅力を伝えられるか、一緒に働きたいと思ってもらえるかを考えるヒントになります。

4. 面接

いくら面接練習を重ねたとしても、本番は誰でも緊張するものです。面接官の質問に答えるのではなく、「会話」を意識することで頭の中を整理しながら受け答えできるようになります。

5. 内定

自分からはなかなか言い出しにくい給与や賞与、福利厚生といった条件面も就活エージェントがバックアップしてくれます。不安なことや疑問に感じることがあれば、事前に担当者に伝えておきましょう。

おすすめの就活エージェントまとめ

今回は、おすすめの就活エージェントを厳選して12社紹介しました。利用してみたいと思う、就活エージェントは見つかりましたか?

「選考が進まない」「書類選考に通らない」と悩んでいる方は、1人で抱え込まずエージェントに相談してみてください。相性の良いキャリアアドバイザーを見つけて、就職活動をスムーズに進めましょう。

サービス名 公式サイト
リクナビ就活エージェント http://job.rikunabi.com/agent/
doda新卒エージェント https://doda-student.jp/
キャリセン https://careecen-shukatsu-agent.com/
キャリアチケット https://careerticket.jp/
キャリアパーク就活エージェント https://careerpark-agent.jp/
type就活エージェント https://typeshukatsu.jp/
マイナビ新卒紹介 https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/
Spring就活エージェント https://campus.springjapan.com/
ジョブスプリング https://jobspring.jp/
DiG UP CAREER https://diginc.jp/student/
レバテックルーキー https://career.levtech.jp/rookie/
アカリク就職エージェント https://shushoku-agent.acaric.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄