ハイクラス転職

管理職やエグゼクティブなど、ハイクラス転職を考えているものの、転職サイトが多すぎて次の行動に出れずお悩みではありませんか?
ハイクラス転職のための転職サイトは多数あり、さらにエージェント型やスカウト型などサポート体制も様々です。その中から自分にあった転職サイトを自力で見つけ出すのは時間も手間もかかってしまいます。
そこで、この記事ではハイクラス転職におすすめしたい転職サイト・転職エージェントを年代別にご紹介します。サポート体制や得意分野についてもしっかり解説し、転職サイトの選び方もご説明しますので、転職を成功させたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

ハイクラス転職で成功するための転職サイトの選び方

まずは転職を成功させるために重要な鍵となる、転職サイトの選び方について解説します。先におすすめの転職サイトを知りたい方はこちらで読むことができます。
ハイクラス転職では。以下のポイントをおさえておくと転職活動がスムーズになります。

転職サイト選び方
  1. エージェント型転職サイトに登録する
  2. サイト型転職サイトに登録する
  3. 合計3社以上を比較してみる

1. 転職エージェントに登録する

転職サイトには「エージェント型」と「サイト型」があります。「エージェント型」(転職エージェント)はアドバイザーが自分にあった求人を紹介してくれ、面接対策など手厚いサポートを受けることができます。
「サイト型」は自分で求人を探し直接企業とやりとりができ、時間場所を選ばず転職活動を行うことができます。また、ハイクラスの「サイト型」転職サイトの多くはスカウト機能があり、登録を済ませた後は企業やヘッドハンターからの求人を待つことができるサービスもあります。
ハイクラス転職を考えているあなたには、「エージェント型」の転職サイトにまず登録することをおすすめします。

転職エージェントのメリット
  • 履歴書の書き方や面接対策など転職支援
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 1つの求人に対する情報量が多い
  • 説得してくれるので入社成功率が高い
  • PRポイントを整理できる
  • 年収や働き方の交渉も代行
  • ハイクラスの転職は、条件の良い案件や業務内容上表立って求人できないなど様々な理由で非公開求人が多くなっています。そのため、エージェントからの紹介でのみ出会える求人が多数存在します。
    また、設定された年収や求める人物像のレベルが高くなるため、難易度も通常の転職活動よりも上がりますが、エージェントを利用することで転職の成功率が高まります。
    最終的に「それでも転職サイトを利用したい」という方もいるかもしれませんが、書類の書き方や転職の準備についても教えてもらえるため、先にエージェントで転職についてしっかり理解を深めるのが良いでしょう。

    また、実は転職を見事成功させた人ほど複数の転職エージェントを利用していることがリクルートの調査により確認されています。転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。
    大手求人サイトでも転職エージェントが増えており、多くの転職者が利用しています。サイトには公開されていないような人気の求人も紹介してもらえることがあるので登録しておきましょう。

    2. 転職サイトに登録する

    エージェントに転職について相談した後は、「サイト型」転職サイトに登録しましょう。
    ハイクラス向けの転職サイトは「スカウト機能」があり、ヘッドハンターや企業から直接スカウトを受けることもできます。
    基本的に企業との交渉ややりとりは自分になるため、スカウトを受けたあとについては手間がかかりますが、思わぬ企業からスカウトを受けることもあります

    自分で直接企業にアタックでき、コラムなどで転職活動についてまとめているサイトも多数あります。
    注意点としては、スカウトが自分の条件に合わないものが多数になってしまう場合やスカウトが来ない場合に相談できる相手がいないため、エージェントとの併用が必須です。

    3. 合計3社以上を比較してみる

    「エージェント型」「サイト型」の転職サイトを合計3社ほど登録したあとは各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用し、比較してみてください。

    比較のポイント
  • 求人検索のしやすさ
  • 担当者との連絡方法
  • 担当者の熱意
  • 進めていくうちに、ご自身で合う合わないがはっきりしてくると思います。
    使いやすいサービスであればそのまま継続し、もっと他に検討してみたいと思った場合には早めに他の転職サイトの利用も検討しましょう。
    また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思います。そのタイミングで改めて転職サイトを選び直しても良いですね。
      
    転職サイトは見やすさ、担当者との相性や求人情報の質が重要です。まずは登録してみて、一番良いと思った転職サイトを活用する、という心構えで選んでみてください。

    ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェント

    ハイクラス転職におすすめしたい「エージェント型」転職サイトと「サイト型」転職サイトをまとめてご紹介します。
    ハイクラスの転職は年齢によっても利用すべき転職サイトが異なります。全世代におすすめできる転職サイトももちろんありますが、年代によって求人が少ない、ということもあります。
    ここでは年代別におすすめできる転職サイトをご紹介しますので、ご自分の年代にあった転職サイトに登録し、効率的に転職を進めてくださいね。

    ハイクラス転職を考える全ての人におすすめ

    ハイクラスの転職を考えている方であればまず最初に登録しておくべき転職サイトをご紹介します。
    ここでご紹介する転職サイトは全ての世代の人におすすめでき、求人数や求人の質、サポート体制や評判が良いサイトです。
    また知名度も高く、多くの実績があり、多くの非公開求人や独占求人が集まっていますのでまずはこの4つのサイトの中からいくつか登録してみてくださいね。

    JACリクルートメント


    JACリクルートメント

    公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
    JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
    企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
    管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト
    対応エリア:全国・海外
    公開求人数:3,263件
    非公開求人:求人全体の約60%

    リクルートエージェント


    リクルートエージェント

    公式サイト:https://www.r-agent.com/
    リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

    求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
    「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
    ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト
    対応エリア:全国
    公開求人数:129,158件 
    非公開求人数:141,859件

    ビズリーチ



    公式サイト:https://www.bizreach.jp/
    ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
    有料ではありますが、「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。
    他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
    企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

    効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
    こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用することができますので。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

    タイプ:「サイト型」転職サイト 
    ※スカウトサービス・エージェントサービスあり
    対応エリア:全国
    公開求人数:約128,000件

    ランスタッド


    ランスタッド

    公式サイト:https://www.randstad.co.jp/
    ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界最大級の総合人材サービス企業です。
    日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職に強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

    また、ランスタッドのハイクラス転職は、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト 
    対応エリア:全国
    公開求人数:12,398件
    非公開求人:求人全体の約80%

    20代におすすめ

    これからキャリアアップをしていきたい方、スキルやキャリアに自信のある方やどんどん実績を出して即戦力になれる方におすすめの転職サイトをご紹介します。
    スキルやキャリアに自信のない20代の方は一部のサイトでは登録に審査があり、現在の年収や経歴によっては審査が通らない可能性や、登録しても求人を紹介してもらえない場合もありますが、これからご紹介する転職サイト・エージェントは多くの求人があり、ハイキャリア以外にもキャリアアップを狙える求人もありますのでぜひ登録してみてくださいね。
    また丁寧なサポートが魅力の転職サイトですので、転職に慣れていない方も安心して利用できます。

    パソナキャリア


    パソナキャリア

    公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/
    パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
    人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

    書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト 
    対応エリア:全国
    公開求人数:36,869件
    非公開求人:求人全体の約80%

    Spring転職エージェント

    Spring転職エージェント
    公式サイト:https://www.springjapan.com/
    Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
    国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能で、求人数が多いことも魅力です。就職エージェントも行っているため若手の転職も好評です。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト 
    対応エリア:全国
    公開求人数:18,578件
    非公開求人:31,996件

    アイデムスマートエージェント


    アイデムスマートエージェント

    公式サイト:https://smartagent.jp/
    アイデムスマートエージェントは求人広告事業を40年以上運営しているアイデムの転職エージェントです。
    25万社以上の企業と取引してきたことで蓄積されたノウハウがあります。希望を最大限に尊重した求人の紹介と親身な対応が魅力で、キャリアアドバイザーが入社までマンツーマンでサポートしてくれます。
    求人数は多くありませんが、求人企業に合わせた対策や面接評価のフィードバックも行ってくれるので、転職に不安のある20〜30代の方におすすめです。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト 
    対応エリア:全国
    公開求人数:約9,000件

    30代におすすめ

    マネジメント経験がすでにある、またはこれから挑戦したい、30代のあなたにおすすめの転職サイトをご紹介します。
    サポート体制のない転職サイトもありますので、こちらでご紹介している転職エージェントとの併用をおすすめします。

    type転職エージェント

    type転職サイト
    公式サイト:https://type.career-agent.jp/
    type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。特に20代30代の利用者が多いです。
    また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト 
    対応エリア:首都圏
    公開求人数:2,162件
    非公開求人:求人全体の約80%

    キャリアカーバー

    キャリアカーバー
    公式サイト:https://careercarver.jp/
    リクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

    待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。
    その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。
    また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

    タイプ:「サイト型」転職サイト 
    ※スカウトサービス・相談可能
    対応エリア:全国
    公開求人数:53,792件

    iX転職

    iX転職
    公式サイト:https://ix-tenshoku.jp/
    iX転職はdodaで知られるパーソルが運営するハイクラス転職向けの転職サイトです。スカウトサービスがあり、各業界に精通したヘッドハンターまたは企業から直接スカウトを受けることができます。ヘッドハンターは、応募から入社までの交渉などを代行してくれ、さらに選考の事前準備や面接対策についてなども相談することができます。
    一般には公開されていない非公開求人も多数あり、職務経歴書の書き方などがまとめられているページもありますのでご活用ください。

    タイプ:「サイト型」転職サイト 
    ※スカウトサービス・相談可能
    対応エリア:全国

    40代におすすめ

    40代の転職におすすめのハイクラス向け転職サイトをご紹介します。最初にご紹介したこちらの転職サイトは40代以上のハイクラス転職に強みのある転職サイトですので、併用することをおすすめします。
    また、40代以降の転職は難しいとされていますが、即戦力が求められる外資系企業などでは、即戦力になれるスキルと経歴・実績があれば40代以降の転職も可能です。

    クライス&カンパニー


    クライス&カンパニー

    公式サイト:https://www.kandc.com/
    クライス&カンパニーは27年間の実績をもつ転職エージェントです。キャリアコンサルタントの国家資格を取得したコンサルタントが在籍しており、幅広い知識と業界の最新の情報を熟知しています。
    また面接通過のためのコミュニケーションアップのサポートもありますので面接が不安な方も安心です。入社後もしっかりサポートしてくれるため、次の転職や今後のキャリアを見据えた転職ができることが魅力です。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト
    対応エリア:全国
    公開求人数:3,075件
    非公開求人数:6,876件

    ロバート・ウォルターズ

    ロバートウォルターズ
    公式サイト:https://www.robertwalters.co.jp/

    ロバート・ウォルターズは世界31か国の主要都市で人材紹介ビジネスを展開する老舗転職エージェントです。日本では東京オフィスと大阪オフィスがあり、主に外資系/グローバル企業における英語を活かせる仕事への転職において約20年の信頼と実績があります。

    準備段階から内定までのサポートも手厚いため、面接通過率も高く、外資系企業でキャリアアップしたい方はおすすめです。外資系企業が多いため、場合によっては面接や担当者とのやりとりが英語になる場合があるため、英語の対策はしっかりしておきましょう。
    外資系企業のハイキャリア求人を目指したい方は登録しておくと良いでしょう。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト
    対応エリア:全国
    公開求人数:約2,200件

    50代以上におすすめ

    50代の転職におすすめのハイクラス向け転職サイトをご紹介します。最初にご紹介したこちらの転職サイトは40代以上のハイクラス転職に強みのある転職サイトですので、併用することをおすすめします。
    また、50代以降の転職は難しいとされていますが、即戦力が求められる外資系企業などでは、即戦力になれるスキルと経歴・実績があれば50代以降の転職も可能です。

    MS-Japan

    MS-Japansenior
    公式サイト:https://expert-senior.com/
    MS-Japanは、管理部門に特化した「エージェント型」転職サイトです。管理部門・有資格者特化のエージェントでNo.1を誇り、25年以上の実績があります。
    50代以上の転職に特化したサービスも行っており、面接対策や応募書類の準備などから入社までの転職活動もサポートしてくれます。外資系企業から金融機関、ベンチャー企業などの取締役や顧問など、様々な求人を取り扱っていますのでこれまでのキャリアに自信のある50代以上の方は登録しておくことをおすすめします。

    タイプ:「エージェント型」転職サイト
    対応エリア:全国
    公開求人数:約350件
    非公開求人:求人全体の約90%

    転職サイト 6つの活用術

    ハイクラスの転職では、「自分にあった転職サイトを選ぶこと」「選んだ転職サイトをしっかり活用すること」がとても大切です。転職活動を進める上での転職サイトの活用術をご紹介します。

    1. 事前準備は入念に。

    「転職したい!」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
    一番手間と時間がかかる事前準備。転職エージェントに頼ってみたり、転職サイトのコラムを活用して準備を進めましょう。
     

    転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 履歴書、職務経歴書を作成する
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる
  • 特に自己分析や履歴書の作成には労力を使うので早めにやっておきましょう。自己分析や履歴書の作成はエージェントに相談するとスムーズです。自分でも気づかなかった強みやPRポイントを見つけてくれることも。
    またサイト型転職サイトには履歴書の書き方や自己分析ツールなど利用できるものが多々ありますので活用してみると良いでしょう。

    また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。年収をあげたい、管理職につきたい、などです。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。
    転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。
    事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。
    優先順位や希望条件がはっきりしない場合はとりあえずエージェントに相談してみることをおすすめします。人に相談するだけで自分の希望がはっきりしてきますのでサポート体制のしっかりしているエージェントに相談してみてください。

    2. 転職時期は「すぐにでも」

    転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
    “良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。
    転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
    また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

    3. 経歴やスキルは正直に伝える

    一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
    入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。

    4. コンサルタントは変更できる

    実際にやり取りをしてみると担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。そのような場合には別の転職エージェントを利用してみるというのもおすすめですが、その他のサービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当のキャリアコンサルタントを変えてもらうというのもおすすめです。
    どうしても相性などの問題もありますので担当変更はさほど大きな問題ではありません。ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので、注意しましょう。

    5. 応募はひとつの案件に対して一度だけにする

    同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。複数のサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱し、両者の関係に影響してしまうことも。
    企業にも転職エージェントにも不信感を与えることになり、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも紹介を断られるケースもあります。

    6. 口コミもチェック

    転職サイトで転職したい企業を探すことと同時並行で、企業の口コミもチェックしておくことをおすすめします
    口コミサイトによっても書いてある口コミ内容が違ってきますので、企業が絞れていない段階であれば点数だけでも複数のサイトでチェックしておくと精度の高い情報が得られます。

    転職会議

    openwork
    転職会議は働いている人、働いていた人が書いた企業の口コミを見ることができる口コミサイトです。そのまま求人に応募することもでき、エージェントサービスも受けることができます。
    全ての求人の閲覧には登録、口コミの入力が必要です。やらせや不正への対策もしっかりされていて、目視での確認も行っています。

    Openwork

    openwork
    openworkは働いている人、働いていた人が書いた企業の口コミを見ることのできる、転職口コミサイトです。
    競合との比較もグラフで一目でわかるようになっており、業績データや会社概要などの確認もできます。全ての口コミを見るには以前務めていた企業の口コミを入力する、または転職サービスへの登録が必要ですが、転職サイトで探しながら併用し、先に企業の口コミを確認することをおすすめします。

    転職サイト・エージェント 利用の流れ

    エージェント型転職サイト

    1.転職エージェントのサービス登録ページから登録する

    各転職エージェントの公式ページから登録します。
    登録完了メールも確認しておきましょう。

    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

    登録後、数日以内に連絡があります。
    10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合や転職に対する不安などがある場合には先に電話で確認しておきましょう。

    3.担当者によるキャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
    直接あって面談をするのが一般的ですが、忙しい方や地域的に会うことが難しい場合は、電話やWEB面談が可能な場合がほとんどですので、一度相談してみてください。
    初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

    • 現在の転職市場についてレクチャー
    • ご自身のキャリアの棚卸
    • 転職理由のヒアリング
    • 転職するうえでのご希望条件の整理
    • ご自身の強みの棚卸

    4.求人を紹介してもらう

    キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
    ハイクラス転職の場合、求人数が限られてくるため1つのエージェントでは紹介してもらえない場合もあります。
    いくつかのエージェントに登録しておきましょう。

    5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう

    気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
    作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。
    書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

    6.面接対策を受ける

    書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。
    面接対策や模擬面接などはコミュニケーションに自信のある方も受けておくのがおすすめです。
    ハイクラス転職では実績やスキルが企業にマッチすることはもちろん大切ですが、人間性や雰囲気もよくみられています。
    そのため、企業ごと業界ごとの面接対策を教えてもらうことで事前に準備しておくことや心構えができます。

    7.内定と退職手続きのサポート

    内定の連絡もエージェントから知らされます。
    内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

    サイト型転職サイト

    1.転職サイトの登録ページから登録する

    各転職サイトの公式ページから登録します。
    同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるので注意してください。
    また、経歴やPRなどは最初に登録した段階でできるだけ早く入力しておきましょう。
    スカウトサービスの多いハイクラス転職では、登録された情報を元に企業やヘッドハンターが判断しますので、登録が遅くなればなるほど転職活動は止まってしまいます。

    2.サイト内で求人を探す

    職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。
    1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

    3.エントリーする

    自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で直接応募します。
    または、ヘッドハンターから求人が紹介されるのを待ちます。
    履歴書や職務経歴書が必要な場合がありますので事前に準備しておきましょう。
    履歴書・職務経歴書の書き方に不安のある方は転職サイト内のコンテンツを参考にすると良いでしょう。

    4.面接

    エントリー後、サイトに登録した情婦などから選考が始まります。
    面接に進んだ場合は企業またはヘッドハンターから連絡があります。
    面接対策は転職サイト内のコンテンツも参考になりますし、一部のサービスではヘッドハンターに相談することもできます。

    5.内定

    無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。
    内定後は一般的に、転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをする形になります。

    ハイクラス転職に関する疑問

    転職しやすい時期はありますか?

    1年間で中途採用がもっとも活発なタイミングは3月と9月と言われています。多くの企業が上期・下期の期初に新たな人材を迎える準備として採用活動を積極的に行っていると考えられます。
    この時期に求人が増える傾向にはありますが、ハイクラス転職では時期問わず新たな部署の発足などでニーズが発生する場合もあります。また、この時期になったからといって希望の求人が必ず出てくるわけでもありません。
    良い情報を逃さないためにも、求人が増える時期だけでなく、転職を考え始めたら常にアンテナをはっておきましょう。

    転職回数が多いと不利になりますか?

    企業によっては明確に判断基準を設けている場合もありますが、気にしないという企業も多数あります。
    多くの企業では転職回数自体が不利になることはありませんが、3回以上の転職に関しては転職背景や理由などを聞かれる可能性がありますので明確に答えられるように準備しておくと良いでしょう。

    女性のハイクラス求人はありますか?

    女性管理職の採用は年々増加しています。エンジャパンの調査でも4割の転職コンサルタントが「女性管理職の採用は増えている」と回答しています。
    「女性活躍推進法」の影響や女性社員の増加が背景で、競争を促し実績を求める外資系企業や女性社員の多い小売・流通業界などに増えています。
    とはいえ、いまだに女性の管理職の比率は11.9%と低く、求人数も少ないため、経歴や実績があり、働く上で育児や家庭との両立を説明できる必要があります。
    女性の転職についてはこちらにまとめています。

    忙しく転職活動を進められるか不安です。

    現職で忙しく、自分で転職活動を進められるか不安な方はまず、「エージェント型」転職サイトに登録することをおすすめします。
    最初の面談で条件をしっかり共有すると、その後はあなたの希望にあった求人を探してあなたに紹介してくれるため、自分で探すよりも時間をかけずに良い求人を探すことができます。
    エージェントには面談を通してしっかり条件を伝えることも重要ですが、忙しい場合や遠方の場合はSkypeや電話での対応をしてもらえることもあります。
    直接会うには時間がない場合や平日に活動できない場合は土日に動いてくれるエージェント、夜も連絡できるエージェントに相談するとスムーズです。

    ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェントまとめ

    ハイクラスの転職におすすめの転職サイトを年代別にご紹介しました。管理職やハイクラスの求人は一般転職の求人よりも数が限られているため、まずは複数の転職エージェントや転職サイトに登録し、多くの求人と出会うことが重要です。
    また、あなたにあった転職エージェントを選ぶことでストレスや時間の無駄の少ない効率的な転職活動が実現します。色々な転職サービスを利用して転職活動を成功させてくださいね。

    転職におすすめの転職エージェント
    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄