薬剤師から転職に成功するためのポイントをプロが解説

薬剤師から転職したい。転職に成功できるか不安でなかなか行動できない。
こんな悩みを抱えている薬剤師の方は多いと思います。

そんな方のために、この記事では薬剤師転職に詳しいプロが薬剤師転職を成功するためのポイントを解説いたします。
このページでは、薬剤師の方が転職する際に利用するべき転職サイトもランキング形式で紹介していますので、是非最後まで御覧ください。

記事の目次

薬剤師の転職は当たり前

まずはじめに、今や薬剤師の転職は当たり前になっているという事実はご存知でしょうか?

このサイトを見ている方で、「転職するのが不安」「前の職場より悪くなったらどうしよう」という不安を抱えている薬剤師の方は多いと思います。
しかし、実際にデータを見てみると、多くの割合で薬剤師の方は転職をしていることがわかります。

薬剤師転職
参考:薬キャリ

大手薬剤師転職会社の薬キャリのデータを見てみると、なんと8割近くの薬剤師の方が転職経験をしたことがあるという事実がわかりました。意外かもしれませんが、薬剤師の方はかなりの高い割合で転職しているのです。

また、転職する際において約6割の人が人材紹介会社を利用するということもわかっています。

薬剤師転職
参考:薬キャリ

実際には、一人で転職活動をするのが不安という方も多く、たくさんの方がエージェント付きの転職サイトに申し込んでいます。
「現在の薬剤師の職からいち早く転職したい」「職場に悩みを抱えている」という方は、なるべく早め転職エージェントに相談することをおすすめします。あなたの悩みを転職のプロに相談することで、気持ちが少しでも楽になることができます。

まずここで、満足度が高く、質も良い薬剤師向けの転職サイトを3つご紹介します。
先におすすめが知りたい!という方はこちらを参考にしてくださいね。
ぶっちゃけ話1つの転職サイトに登録して終わりだと思っていませんか?実は、サイトによっては連絡の頻度や傾向など、合う合わないがとても大きいです。
そのため、複数の転職サイトに登録し、サービスの使い心地や担当者との相性を確認することがストレスなく転職活動を進める近道です。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

薬剤師から転職したい理由

「薬剤師として働きはじめたが想像よりもきつい職場だった」「安定した職業だと思っていたけれど、悩みが尽きない」といったことは、薬剤師の方に特に多いです。
イメージとのギャップに大きな差がある分、精神的に負担を感じてしまう薬剤師の方がたくさんいるからです。

例えば、薬剤師の方からはこんな口コミが寄せられます。

口コミアイコン
20代男性
薬学部の大学を卒業した後、都内のドラッグストアに勤めていました。働いたみて感じたのが、思ったよりも激務だったということです。毎日残業は当たり前、休日にも店舗に向かう必要がありました。精神的にも肉体的にもかなり厳しい時期でした。

口コミアイコン
20代女性
調剤薬局で働いていましたが、職場環境がとても劣悪でした。ミスしてはいけないという強迫観念があり、精神的にかなりきつい業務でした。職場の雰囲気もあまり良くなく、気が疲れることが多かったです。特に調剤薬局で働くのは、毎日同じメンバーとの業務なので、職場での人間環境も悪くなりがちでした。

このように薬剤師の方は、職場環境や人間関係などに悩んでいる方が多いようです。
下記に、今までの口コミで特に多かった転職したい理由をピックアップしてみました。

1.人間関係の悩み

薬剤師の方の悩みで1番多いのが人間関係の悩みです。調剤薬局や病院などでは、毎日同期の薬剤師と仕事をする必要があります。どうしても職場の人間関係が狭くなりがちなので、問題も当然発生するのでしょう。

また、薬剤師は職場の上司・同僚だけでなく、お客さん・患者さんとも関わっていく必要があります。そのため、薬剤師の方の多くは人間関係に疲れやすいのかもしれません。

特に20代・30代の方は上司との関係に耐えきれずにやめてしまうケースが多いです。

2.業務量や残業が多い

2番目に多い理由として、業務量や残業が多いということが挙げられます。職場にもよりますが、ほぼ毎日残業を強いられる所もあるようです。特にドラッグストアでは、夜遅くまで営業していることも多いため、長時間労働が多くなりがちです。

また、育児と仕事を両立している方は、業務量が多いゆえに定時に変えることができなくて困っているということもよく聞きます。ワークライフバランスに不満を持っている方が多いようです。

3.給与が低い

3番めに給料が低いということです。薬剤師として責任感を持って働いている限り、相応の給料はもらいたいものですが、実際に給料が低く不満を持ってしまう方が多いです。
これはよく知られていますが、薬剤師の新人の方は初任給が少なくなりがちです。特に病院勤務の薬剤師の場合、業務が激務の割に年収が低いことが多いです。

また、割に合った評価をされずに昇給されなかったなんてこともよくあります。長時間労働した割に給料が思ったよりも低い場合、転職したいと感じるのは当然のことでしょう。

4.プレッシャーが高い

4つ目に薬剤師で日々働くにあたって、プレッシャーを強く感じてしまうということです。

調剤などは、人の健康そのものに関わってくるため、ミスは許されない環境です。毎日働く職場がプレッシャーが高い環境であれば、精神的に負担が大きくなってしまいがちです。

薬剤師転職に最適な時期

薬剤師が転職するのにはいつが一番適しているのでしょうか?

下記に薬剤師の月間求人数の推移の乗ったグラフを載せています。

薬剤師転職 広島
参考:薬キャリ

このデータを見てもらうと分かるように、6・7月9・10月12・1月の3つの時期が求人数が大きく増えていることがわかります。この3つの時期には退職者が多く出るので、その穴埋めとして求人数が多くなっています。

求人数が多い=転職者有利 ということなので、薬剤師の方はこの時期に転職すると良いでしょう。

繁忙期の退職はなるべく避ける

繁忙期に転職をすることもおすすめはしません。会社にとって迷惑になるだけでなく、退職の手続きもスムーズに進まないこともあるためです。
特に薬剤師業界では、インフルエンザや花粉症などの症状が見られやすい冬から春にかけての時期は繁忙期になりやすいです。
そのため、冬から春の薬剤師転職は迷惑にならないようなタイミングを見計らって、転職活動をすることをおすすめします。

月末退職はしない

また、月末退職をすることはあまりおすすめしません。理由としては、保険料を払わずに済む場合があるからです。

健康保険や厚生年金の保険料は、「資格喪失日(退職の翌日)の属する月の前月まで徴収される」と定められています。先の例で、6月30日で退職する人の資格喪失日は7月1日付で、資格喪失日の属する月は7月となり、保険料支払いはその前月である6月分までとなります。一方、6月29日付で退職する人の資格喪失日は6月30日付で、資格喪失日の属する月は6月となり、保険料支払いはその前月である5月分までとなります。

ここで、1点注意が必要です。6月29日で退職をすると、厚生年金の保険料を納めない6月は自身で国民年金の加入手続きをしなければいけません。また、健康保険も30日は保険適応外となるため、医療機関にかかる場合は保険が適応されません。自分はどのパターンがお得か、シュミレーションするのがおすすめです。

【引用サイト:薬キャリプラス

以上のように、退職日によって支払う保険料も変わってくるため、よく検討して退職日を決めることをおすすめします。

薬剤師からの転職に成功する3つのポイント

薬剤師からの転職に成功するために必要な3つのポイントを紹介いたします。

明確なキャリア設定をしてから転職

まず、転職をする前に明確な将来のキャリア設定をしておくことが大切です。将来の方向性が明確でないまま転職活動を始めてしまうと、自分に合っていないような転職先に進んでしまう可能性もありえます。単純に、「今の職場が嫌だから」といって無計画に転職する事はおすすめしません。

ご自身で「どのような職種に進みたいか」、「5年後、10年後どうなっていたいか」などを突き詰めて考えて行くことで、納得のいく転職をすることができると思います。

また、転職活動を行う際には、大まかなスケジュールを立てておくことをおすすめします。スケジュールを立てておくことでモチベーションの維持にも繋がり、転職活動がスムーズに進みやすくなります。短く見積もって2ヶ月、長く見積もって半年程を目安にスケジュールを立てておくとよいでしょう。

複数の転職サイトに登録する

2つ目のポイントとして、薬剤師転職サイトを併用して使うようにすると良いでしょう。1つの転職サイトだけに絞ってしまうと当然、その転職サイトの情報だけしか得られず、他の転職者ライバルと差がつけられてしまいます。
ですので、なるべく多く転職サイトに登録することをおすすめします。後に、薬剤師の方に特化した転職サイトを5選厳選してランキング形式で掲載しているので、ぜひそちらを参考にしてください。

各サイトごとに特徴があり、あなた自身にあった転職サイトを選ぶことができます。

転職エージェントを利用する

3つ目のポイントとして、転職エージェントがついている転職サイトを利用することも大切です。転職エージェントとは、ただ求人を紹介するだけの転職サイトと違って、担当のコンサルタントの方が相談や様々なサポートを通して、あなたの転職活動をサポートしてくれます。
コンサルタントの方との相談を通して、普通では聞けないような内容な薬剤師の転職情報も聞き出すことができ、他の方より圧倒的に有利に転職活動を進めることができると思います。

ただ、転職サイトに登録するだけでなく転職エージェントにも登録して、薬剤師転職を成功させてください。

おすすめ薬剤師転職エージェント5選

1位 薬キャリ|最初に登録しておくべき転職サイト


薬キャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3career.com/

薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。
「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

最短即日で最大10件の求人を紹介するなど、スピード感のある対応が人気で、非公開求人も紹介してくれます。また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。
ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。

求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

公開求人数 約57,000件(2020年3月現在)
非公開求人 8,000件以上
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案もらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。
求人もすぐに何件か提案してくレました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。


2位 リクナビ薬剤師|キャリアアップしたい方におすすめ


リクナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師さんのための転職サイトです。
「エージェント型」のサイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポートしてくれます。また、最短3日での転職が可能で急いで転職したい!と希望している方にもおすすめです。

リクナビ薬剤師の最大の魅力は、キャリアアップしやすい点です。高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。
ドラッグストアや薬局への転職にも強いです。

公開求人数 約35,000件(2020年3月現在)
非公開求人 75%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
前職はかなり残業があったので残業が少ない職種を希望していました。給与もできるだけ下げたくない、と希望を伝えたところ、的確な求人を紹介してもらえ、ドラッグストアに転職できました。
大きくはないですが給与も上がりました。微妙なニュアンスの違いについてもしっかり聞いていただけ、連絡も早く丁寧でした。


3位 マイナビ薬剤師|20代・30代の転職におすすめ


マイナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は、20代や30代に人気のマイナビが運営する薬剤師さんに特化した「エージェント型」転職サイトです。全国15拠点の薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さです。利用者満足度No.1も獲得しています。
また、紹介件数は平均19.5件と他と比べても多く、選択肢が多い方が嬉しい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるので、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。
サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、とても探しやすいのではないでしょうか。定期的に転職相談会も実施しているので、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
非公開求人 40%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。
そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。


4位 ファルマスタッフ|転職に不安な方におすすめ


ファルマスタッフ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師さんのための「エージェント型」転職サイトです。
転職相談満足度96.5%と満足度が高く、求人数も約60,000件。
グループ会社には、日本調剤株式会社があり、教育のノウハウがしっかりしているため、登録者はしっかりとした教育環境を利用できることも大きな魅力です。
  面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。
  「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているので、転職はまだ具体的に考えていない方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。
また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。


5位 アプロドットコム|正社員以外の幅広い提案も。


アプロドットコム

   

おすすめ度:
公式サイト: https://apuro.com/

アプロドットコムは、求人数約5万件を誇る「エージェント型」転職サイトです。
求人数が多いことや、丁寧なサポート体制が魅力で、面接対策や履歴書の書き方までサポートを受けることができます。また、派遣の求人数も多いため、正社員だけでなく幅広い提案をしてもらえます。
登録後、900本以上の講座を無料で受講することができ、薬剤師としてデビューしてから日が浅い方もしっかり学びを深めながら転職することができます。
求人数が多い分、駅近など条件の良い求人も多いという口コミも。今よりも条件はよくしたいけどまだ自信はない…そんな方におすすめの転職サイトです。

公開求人数 約47,000件(2020年3月現在)
非公開求人 約20,000件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

アプロドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
前回の転職では大手サイトを使いましたが、評判の良かったアプロドットコムさんに登録しました。残業の量や休みなどしっかりこだわったのですが、満足する転職になりました。
面接に同席してくれ、評判通り丁寧なエージェントでした。ただ、提案してもらった求人より自分で探した求人の方がしっくりきました。

薬剤師の主な転職先

薬剤師の方の主な転職先としてどのような職場があるのでしょうか?
薬剤師の業種として、主に4つの業種の業種が存在します。

薬剤師 業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局
  • 病院・クリニック
  • 企業

薬剤師で今の職場から転職したいと考えている方は、この4つの業種の特徴を参考にして、1番ご自身に合っている業種を選ぶことをおすすめします。

ドラッグストア

ドラッグストアでの仕事は、調剤や服薬指導だけでなく、化粧品や食品などの販売も行う必要があり、様々な業務を行います。そのため、薬剤師として薬の説明をする以外にも、食料品や一般雑貨などの販売も様々なお客さんに販売するのでコミュニーケーション能力が求められる職場です。

労働時間は基本的に長く、朝10:00~夜22:00までといったところが多いのが特徴です。また、土日出勤もあるため、労働時間は不規則になりがちです。ただし、その分平均年収も他の業種と比べて高くなっています。

忙しい職場ですが、様々な経験をできるため、やりがいを感じやすい職場といえるでしょう。

調剤薬局

薬剤師の求人数、就労者ともに一番多いのが調剤薬局です。基本的な仕事内容は、調剤・薬管理・服薬指導などです。

基本的に働く時間は朝9:00~夕方18:00までといったように規則正しい労働時間の職場が多いです。比較的残業が発生しにくくホワイトな職場環境と言えるでしょう。その働きやすさから、子供のいる主婦の薬剤師の方などからとても人気が高いです。

一般的に他の職場と比べて、比較的ワークライフバランスを確立しやすいのが特徴です。

病院・クリニック

病院は実際の医療の現場に関わることができ、専門性が求められる職場です。調剤薬局やドラッグストアよりもより専門性が求められる現場なのでより高度な薬剤師としての知識を習得することができます。知識を習得することができ、キャリアアップとしても向いているので、新卒の方からの人気も高いです。

ただ、平均年収はこの中では一番低く、残業も比較的多いと言われています。病院・クリニックでの仕事を通して、薬剤師としての能力を高めたいという方にとって最適な職場といえます。
また、最初の年収は低いものの、管理職など重要なポストに就くことができれば、年収もグッとupする場合があるため、将来性は期待することができる職種です。

企業

企業で働く薬剤師は、その企業によってたくさんの仕事内容が存在します。製薬会社のMR、治験コーディネーターなど様々です。成果主義の世界であり、行っている業務によって年収は変わってきます。

当然、責任のある職務は年収が高いです。外資系では1000万円を超える所もあるようです。

薬剤師業種別の平均年収

ちなみに薬剤師の業種で年収の差は気になった方は多いと思います。そこで、各業種の平均年収を調査してみました。

薬剤師 業種別年収比較

  • ドラッグストア:542.3万円
  • 調剤薬局:507.1万円
  • 病院:467.2万円
  • 企業:504.8万円

参考:薬キャリ

このデータを見ると、平均年収が高い順にドラックストア、調剤薬局、企業、病院となっています。ドラックストアの平均年収は他と比べると高く設定されています。労働時間が多い分、年収も高くなる傾向にあるようです。薬剤師として高収入を得るためには、ドラッグストアが一番の近道ですね。
また、ドラックストア、調剤薬局は、平均的に求人数がとても多いので、転職先が見つかりやすい傾向にあります。

薬剤師の知識を生かした他の職種

薬剤師の方で中には、「ドラッグストア・調剤薬局・病院・企業で薬剤師として働きたくない」「薬剤師の知識を活かして、別の業界で働きたい」と思っている方もいると思います。

そんな方のために薬剤師の知識を活かせる職場をまとめてみました。

在宅医療の現場

まず、在宅医療の現場です。最近では、医療の現場は、病院から在宅へと移り変わっている傾向にあります。

在宅医療の薬剤師としての業務としては、介護施設や個人宅等に訪問して薬の配達や服薬支援を行います。患者が簡単に薬を服用できるような服薬の支援や薬の残りを管理するというような業務です。在宅薬剤師のサポートによって、患者とその家族の負担を減らすことができます。

がん終末期を在宅で過ごそうとする患者さんも増えており、薬剤師の関わりを求める現場も広がっています。医師への医療用麻薬の提案や使用の管理など、薬剤師だからこそできる薬管理は重要な仕事のひとつです。

薬剤師転職
参考:薬キャリ

上記の表は、在宅患者が普段服薬している薬の受け取り方法の割合の表です。見て分かるように、在宅薬剤師はすでに2番目の多い方法となっているため、需要の高さが伺えます。
今後どんどんニーズが高まっていく職種でもあるので、是非検討してみると良いでしょう。

学校薬剤師

次に学校薬剤師の現場です。まず、学校薬剤師は学校の非常勤として、学校内の衛生環境の維持するための仕事を行います。例えば、水道水が安全かどうかをチェックしたり、給食で食中毒が起きないように施設の衛生状況をチェックしたりします。
大学以外のすべての学校で義務付けられており、需要が高まっている職種です。
また、最近では薬物乱用防止の教育の重要性が高まっているため、学校薬剤師として薬物について生徒に教育をしていくことも求められます。

誰でも学校薬剤師になれるといったわけではなく、薬剤師免許に加えて、学校教育に対する正しい理解や人間性を求められます。ですので、薬剤師として勤務経験を持った後に、公衆衛生の知識や学校教育についてのスキルを身に着けていくことが大切になります。

薬剤師転職サイト登録の流れ

エージェント型転職サイト

1.転職サイトの登録ページから登録

各転職サイトの公式ページから登録します。登録完了メールも確認しておきましょう。

2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

登録後、数日以内に連絡があります。
10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。
忙しい方や遠方の方はオンラインでの面談や電話面談が可能かどうか確認しておくと良いでしょう。

3.担当者によるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。
初回の面談では下記のような内容について聞かれるので考えておきましょう。

  • 現在の転職市場についてレクチャー
  • ご自身のキャリアの棚卸
  • 転職理由のヒアリング
  • 転職するうえでのご希望条件の整理
  • ご自身の強みの棚卸

4.求人を紹介してもらう

キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
もちろんサイト内で気になる求人があった場合は自分からエージェントに相談することも可能です。

5.書類選考の対策などサポートしてもらう

気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。
作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。
転職未経験の方はサポートのしっかりした転職エージェントに登録しておきましょう。

書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

6.面接対策を受ける

書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。
面接に不安のある方、転職未経験の方はしっかり面接対策も受けておくと良いでしょう。
面接に同行してくれる転職エージェントもあります。事前に自分にあっている転職エージェントを探しておきましょう。

7.内定と退職手続きのサポート

内定の連絡もエージェントから知らされます。
内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます。

サイト型転職サイト

1.転職サイトの登録ページから登録する

各転職サイトの公式ページから登録します。
同じ会社内でもエージェントや派遣登録などのページがあるので注意しましょう。

2.サイト内で求人を探す

職種や勤務地、希望の年収など様々な条件から求人を探します。
1つのサイトの情報ではなく、複数のサイトを併用することをおすすめします。

3.エントリーする

自分の希望にあっていると思った企業があれば自分で応募します。
サイト内から応募できます。

4.面接

エントリー後、サイトに登録した情婦などから選考が始まります。
面接に進んだ場合は企業から連絡があります。

5.内定

無事面接が終わったら企業からの連絡を待ちます。
内定後は転職サイトを通さず、直接企業とやり取りをする形になります。

薬剤師転職サイトの5つの活用術

1. 事前準備は入念に。

「転職したい!」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
一番手間と時間がかかる事前準備。転職エージェントに頼ってみたり、転職サイトのコラムを読みながら準備を進めましょう。

転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる
  • また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。年収をあげたい、雇用形態を変えたい…などです。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。
    転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。
    事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

    2. 1つの転職サイトに絞らない

    転職サイトにはサイトごとに強みや特徴があります。「求人数」や「求人の幅」に強みのあるサイトや「サポート」が得意なサイト、病院や企業などの求人が多いサイトなどがありますが、あなたの希望全てが揃っている転職サイトはなかなかありません。
    そのため、「求人数の多い」転職サイトとあなたの希望に近いより特化型の転職サイトを同時に利用することをおすすめします。
    また、転職エージェントであれば担当者やエージェントごとに合う合わないが出てきます。先にいくつか登録した中からあなたにあった転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

    3. [エージェント型] 転職時期は「すぐにでも」

    転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
    “良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。
    転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
    また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

    4. [エージェント型] 経歴やスキルは正直に伝える

    一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
    入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
    また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

    5. [エージェント型] 担当のキャリアコンサルタントは変更できる

    実際にやり取りをしてみると担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。そのような場合には別の転職エージェントを利用してみるというのもおすすめですが、その他のサービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当のキャリアコンサルタントを変えてもらうというのもおすすめです。
    どうしても相性などの問題もありますので担当変更はさほど大きな問題ではありません。ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので、注意しましょう。

    薬剤師転職に関する疑問

    Q&A

    未経験の職場への転職は難しいですか

    薬剤師として働くことのできる、未経験歓迎や未経験OKの求人は多数掲載されています。業界的にも人手不足であるため、今後のポテンシャルを考えて未経験の職場でも採用してもらえるようです。
    ですが、薬剤師とはいえ職場によっては業務内容が全く異なる場合も多数あるため、これまでの経験を活かすことができない可能性もあります。
    また、企業や大学病院などへの未経験からの転職は、中途採用に即戦力を求めている場合が多く、ハードルは高いです。
    未経験の職場への転職を考えている場合は、転職エージェントへの登録が必須です。
    非公開求人が豊富なため思わぬ求人に出会える可能性があります。

    ブランクがありますが大丈夫ですか?

    もちろん可能ですが、不安な方はまずは薬剤師派遣から始めることもおすすめです。
    短期派遣も可能ですので、感覚を取り戻しつつ、正社員のお仕事を探すこともできますし、紹介予定派遣で職場の雰囲気を確認して相互の同意のもと正社員として働く、という選択も可能です。
    以下の記事にまとめていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

    薬剤師派遣に強いおすすめ派遣会社
    派遣薬剤師のメリット・デメリット
    薬剤師の単発派遣

    何回も転職していますが影響はありますか

    転職回数で合否が決定することはありませんが、3回以上の転職であれば理由の説明を求められる可能性はあります。
    以前の転職理由は明確に説明できるようにしておくと良いでしょう。
    転職は頻度が高いと、企業側に「継続して働いてもらえないかもしれない…」という印象を与えてしまうことは否めませんのでしっかりと準備しておきましょう。

    薬剤師から転職|まとめ

    この記事では、薬剤師転職に詳しいプロが薬剤師転職を成功するためのポイントをご紹介しました。

    薬剤師の方は、特に職場や労働環境に悩みを持っていて、「転職したいけど不安」という方が多いです。しかし、実際には多くの薬剤師の方が転職に成功していますので、前向きに考えてみてください。

    また、転職サイトは転職活動をするには欠かせない存在です。
    転職活動が初めてであれば「エージェント型」の転職サイトも活用して、希望の求人を見つけてください。

    本記事でご紹介した薬剤師転職サイトの中から3社ほど登録し、実際に利用してみて、相性を確かめてみてくださいね。
    きっと効率よく自分なりの転職活動を見つけることができると思います。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄