「広島県内で薬剤師派遣として働きたいけど、どの派遣会社が良いのかわからない」「広島の薬剤師派遣はどのくらいの時給なのか」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方に向けて、この記事では主に広島の薬剤師派遣の特徴広島でおすすめの派遣会社5選を紹介していきます。

広島の薬剤師派遣は、ほかの地域と比べて特殊な点が多く、知っておくべき情報がたくさんあります。
各薬剤師派遣会社の特徴も詳しく紹介していますので、自分に合った薬剤師派遣会社を選んでいきましょう。

薬剤師求人数が抜群に多い

薬キャリ

薬キャリ
全国対応
10万人以上の
薬剤師が利用
即日求人紹介可能

\60秒で登録完了/


ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
業界最大級の公開求人数
60,000件以上
全国対応

\60秒で登録完了/

記事の目次

最初にチェック!広島でおすすめの薬剤師派遣会社

お急ぎの方には広島で優良な薬剤師派遣会社3社を先にご紹介します。

満足のいく就職を達成するためにも、はじめに下記3社に登録することをおすすめします。

サービス名 総合評価 特徴 公開求人数
薬キャリ
圧倒的な求人数!
薬剤師登録数No.1
54,617件
ファルマスタッフ
医療現場に詳しい
コンサルタントがサポート
55,657件
お仕事ラボ
利用者満足度◎
日本全国対応
35,890件

広島の薬剤師派遣の平均時給相場

広島の薬剤師派遣の平均時給はどのくらいなのでしょうか?

結論から言うと、広島の薬剤師の平均時給相場は2,500円~3,300円であることが多いです。

他のエリアと比べると、広島の薬剤師派遣の時給は低いと思っている方も多いと思います。一般的には都心エリアの方が時給が高く設定されがちですが、薬剤師派遣の場合、都心エリアより地方エリアのほうが平均時給は高く設定されています。

薬剤師派遣の平均時給

  • 広島などの地方エリア:2,500円~3,300円
  • 都心エリア:2,200円~3,000円

薬剤師業界は都心エリアよりも地方エリアの方が人材不足の状態であり、地方エリアは時給を上げて人材を確保するため、地方エリアのほうが都心部よりも高い時給金額が設定されています。

広島の薬剤師派遣の特徴

では次に、広島の薬剤師派遣の特徴を見ていきましょう。

広島は薬局や病院の数が多い分、求人の数も必然的に多くなります。その分、薬剤師派遣として働く労働者数も多いのが特徴です。

以下に実際の求人例・求人数をまとめています。

広島の薬剤師派遣|求人数

薬剤師派遣サイトの求人数

このデータを見てわかるように、 どのサイトを見てみても、広島県内の薬剤師の求人数はまだ少ないです。
ただ、選ぶ条件を幅広くすれば、広島で薬剤師派遣として働くには困ることはないでしょう。

また、求人数が少ない分、広島の薬剤師派遣の時給はそこまで高く設定されています。

また、広島は他のライバルである薬剤師派遣の方も多くいるため、他人との差別化が重要となります。いくつもの派遣サイトに登録して、多くの情報を取り入れておくことが必須となります。

広島の薬剤師派遣|求人例

それでは、広島の薬剤師派遣の求人例を見ていきましょう。
実際の求人を大手薬剤師派遣会社である薬キャリ を利用して検索してみました。

薬キャリ求人例

曜日・時間相談可能で、勤務時間も週で指定されているので、勤務スケジュールがたてやすい求人となっています。

薬キャリ求人例

週2日勤務で勤務時間が相談可能な好求人です。

広島の薬剤師派遣で成功するための4つのポイント

では、広島で薬剤師派遣に成功するにはどうしたらいいのでしょうか?
この章ではポイントを4つほどご紹介いたします。

ポイントは以下の4つです。

成功するための4つのポイント
  • 条件の良い求人を見定める
  • 薬剤師に特化した派遣会社を選ぶ
  • 複数の派遣会社を併用する
  • 内定が複数決まっていればプラス面の条件比較で選択

それぞれ順に紹介していきます。

狙い目の求人を見定める

まず1つ目のポイントとして、条件の良い、狙い目の求人を見定めるということが重要です。

広島の薬剤師にとって、狙いの求人は、広島郊外のドラックストアもしくは調剤薬局です。 

現在は、特にドラックストアは人手不足の状況が続いており、優秀な薬剤師を確保しようという動きがあります。特に派遣薬剤師であれば雇うリスクも少ないため、多くの企業は派遣薬剤師を求めています。

実際に全国の中で薬剤師の数が多い広島県内でも、ドラックストアであれば派遣が通りやすい場合が多いです。また、ドラックストアは給料もある程度高いのが特徴なので高収入も期待できます。

そして、もう一つ、広島郊外であるというところもポイントです。基本的に都心部の薬剤師向けの求人は、人手が多いため時給も低く設定されている傾向があります。
しかし、都心部からちょっと離れた郊外であれば、人手が減っていき、その分時給も高く設定されていることが多いです。

薬剤師に特化した派遣会社を選ぶ

薬剤師に特化した派遣会社を選ぶということが大切になります。

薬剤師は他の職種とは違い専門性が高い職種ですので、対応する派遣会社のスタッフも薬剤師についての知識がある程度必要になります。

そのため、職種全般を取り扱う派遣会社では相談に乗ってくれたとしても具体的な解決策を提示してくれない可能性もありますが、薬剤師の求人に特化した派遣会社では、業界を熟知した営業担当者がいるため、より具体的な相談が可能となります。
特に薬剤師に特化した派遣会社であれば、薬キャリが一番オススメできます。

複数の派遣会社を併用する

3つ目のポイントとして、複数の派遣会社を併用するということが大切となります。

1つの派遣サービスだけに絞ってしまうと当然、その派遣サービスの情報だけしか得られず、他のライバルと差がつけられてしまいます。
そのため、なるべく多く派遣サイトに登録することをおすすめします。次の章で、薬剤師の方におすすめの派遣サイトを厳選してランキング形式で掲載しているので、ぜひそちらを参考にしてください。

各サイトごとに特徴があり、あなた自身にあった派遣サイトを選ぶことができます。最低3つの派遣サイトには登録するようにしましょう。

サービス名 総合評価 特徴 公開求人数
薬キャリ
圧倒的な求人数!
薬剤師登録数No.1
54,617件
ファルマスタッフ
医療現場に詳しい
コンサルタントがサポート
55,657件
お仕事ラボ
利用者満足度◎
日本全国対応
35,890件

内定が複数決まっていればプラス面の条件比較で選択

せっかく何件か内定もらったけど、それぞれにメリット・デメリットがあって選べないという状況に陥ったら、どのような選択をすればいいのでしょうか。

派遣薬剤師の転職は、正社員の転職とは違い面接は行われません。そのため、早ければ即日内定が決まることもあり、平均して2週間で次の職場が変わります。

しかし書類の条件比較だけで、職場環境の雰囲気をチェックしたり、勤務されている方にも会うことなく次の職場を決めることには不安に思うことや疑問点が浮かんできたりすることもあると思います。
そういった場合は職員の方との顔合わせや職場見学という形で現場に行く機会もあるので、派遣会社の担当コーディネーターの方に相談してみましょう。

ですが、顔合わせのタイミングが取れない、遠方のため店舗に行くことのが厳しいという際は出されている条件の中で選択しなければなりません。
すべての条件にマッチした職場があれば理想ですが、なかなかそうはいかないものです。

この際には優先順位に合わせて、好条件の方に焦点を当てて判断すると良いでしょう。マイナス面の比較をして就業したとしてもマイナスイメージばかりにとらわれてしまいます。
条件比較で判断するときはプラス面で判断すると理想の職場に出会えます。

広島の薬剤師派遣|ここまでのまとめ

ここまで、広島の薬剤師派遣の平均時給相場や求人の特徴を解説してきました。

広島の薬剤師派遣は地方エリアと比べると低いなど、意外な事実もわかっていただけたと思います。しっかりと広島の薬剤師派遣の特徴を理解することによって、薬剤師派遣が上手く行く可能性が高まりますので、参考にしてください。

ここからは広島で薬剤師に派遣を目指す方におすすめの薬剤師に特化した派遣会社5社をランキング形式で紹介していきます。是非参考にして、ご自身に合うような派遣会社に複数登録しておくと良いでしょう。

広島の薬剤師派遣会社おすすめランキング5選|評判口コミも

1.薬キャリ

薬キャリ
薬キャリ公式サイト:
https://agent.m3career.com/

薬キャリは日本最大級の医療従事者専用サイト m3.com を運営するエムスリーグループの薬剤師専用求人サイトです。

エムスリーグループは全国にコンサルタント提携している企業があり、薬キャリではそれら企業の求人が全て掲載されているため、案件数がとても多いのが特徴です。
調剤薬局での勤務以外にも病院や企業など、なかなか正規雇用の求人が出ない仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

また、「ママ薬剤師におすすめの職場」や「未経験・ブランクのある方可」などの検索条件で求人の絞り込みが可能なため、希望の職場を簡単に見つけることができます。

社名 エムスリー株式会社
登録拠点 日本全国
求人件数 54,617件(2020年3月時点)

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性
私は大学を卒業してからすぐに、地元の総合病院で病院薬剤師として働き始めました。
仕事が多忙だったのと、人間関係が原因で、3年程働いて、地元の総合病院を退職しました。
転職先が決まらないまま退職したため、就職先を見つけるまでの間、薬キャリで派遣薬剤師として働くことにしました。
薬キャリは利用者が多く、評判も良かったので、安心して登録することができました。
薬キャリは病院、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸など、さまざまな種類の求人があり、求人の数も非常に多かったため、たくさんの選択肢の中から自分の働きたい職種や職場を選ぶことができました
担当者の方の対応も良く、楽しく働くことができたので、とても満足しています。
これからも機会があれば薬キャリを利用したいです。


2.ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ公式サイト:
https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得している人材派遣・転職支援サイトです。
調剤薬局が母体となり、医療業界人材に特化した求人を数多く取り扱っています。

ファルマスタッフの特徴として、医療現場に詳しいコンサルタントのサポートを受けられるということが挙げられます。
職場の雰囲気や忙しさなど求人情報だけでは分からない情報を聞くことができるだけではなく、就業後も親身に相談にのってくれるためとても心強いです。

また、派遣スタッフの福利厚生も厚く、社会保険や労災保険、薬剤師賠償責任保険などの各種保険はもちろん、有給休暇制度やスポーツクラブ・各種保養施設の優待制度も使うことができます。

社名 株式会社メディカルリソース
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 55,657件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可【派遣業】派 13-010770 【紹介業】13-ユ-010743

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
50代女性
ファルマスタッフは口コミでの評価が高かったので登録しました。
利用してみて良かったのは、細かい部分まで配慮が行き届いていたことです。正社員から派遣という働き方に変えたので不安な部分が多かったのですが、丁寧な個別相談があったので不安を払拭できました
コンサルタントが情報をしっかりと把握していたので、職場の雰囲気まで事前にわかりました。収入が上がり、福利厚生も充実しています。気になっていた有給休暇も取りやすいです。
ファルマスタッフは全体的に良い印象の会社でしたが、研修がもう少し充実していたらもっと満足度が高かったです。


3.お仕事ラボ

お仕事ラボ
お仕事ラボ公式サイト:
https://www.oshigoto-lab.com/

お仕事ラボは、株式会社アイセイ薬局の100%子会社である株式会社AXISが、厚生労働大臣の有料職業紹介・労働者派遣の正式な許可を得て運営する薬剤師の転職、派遣のお仕事を無料で紹介するサイトです。

お仕事ラボの特徴として、利用者の満足度がとても高いことが挙げられます
通常の紹介会社は、薬局と求職者さまを各々別の人が担当しているのが主ですが、お仕事ラボは、転職先の事情を把握した担当者が面談をしてくれます。

業界事情に精通しているコンサルタントが、転職に伴う「不安と後悔」を少しでも軽減できるように、業界の動向を見据えた精度の高い求人を紹介してくれるため、利用満足度90%以上・紹介後の定着率95.6%と高水準を実現しています。

社名 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 35,890件(2020年9月時点)
労働者派遣事業 派13-306282

お仕事ラボの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
お仕事ラボは新規会員登録で5千円、友達紹介で最大5万円、仕事が決まったら最大5万円など特典報酬が豊富なのが魅力的です。
また、時給が高い求人が非常に多く、時給3000円を超える求人も多数見かけます。派遣薬剤師として働くうえで、高時給であることは働き甲斐にも繋がるので、派遣薬剤師としては非常に働きやすいです。
担当コンサルタントの質も非常に高く、さまざまな知識を兼ね備えているので、とても頼りになります。何でも気軽に相談できるので、安心して働くことができます。


4.アプロ・ドットコム

アプロドットコム
アプロ・ドットコム公式サイト:
https://www.apuro.com/

アプロ・ドットコムは、20年以上の実績がある薬剤師専門の人材派遣・転職支援サイトです。
厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得しているため安心して働くことができます。

都道府県・市区町村・雇用形態(正社員/パート/派遣/単発)・業種(調剤薬局/病院/OTC/企業)等、こだわりの条件で求人検索したり、頼りになるキャリアアドバイザーに求人を探してもらったり、希望に沿った求人探しを簡単にすることができるのが特徴です。

また、履歴書・職務経歴書の書き方、面接の心得、扶養内での稼ぎ方、転職体験談などなど、薬剤師の転職に使えるテクニック・ノウハウも多数掲載されています。

社名 株式会社アプロ・ドットコム
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 69,727件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可番号 派 27-300760

アプロ・ドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
子育てをしながらの転職活動だったので、正社員にするべきか悩みながら相談しました。派遣は視野にいれていませんでしたが、相談した際に丁寧に説明してもらえ、派遣を選ぶことにしました。
入職までのサポートがかなり丁寧で派遣が初めての私でも安心できました。サイトはあまり使いやすいとは思えなかったのですが、探すより紹介してもらったものの方がしっくりきたの問題ありませんでした。


5.ファルマパーク

ファルマパーク
ファルマパーク公式サイト:https://pharma-park.jp/
ファルマパークは、全て無料で利用することができる薬剤師派遣の専門サイトです。

ファルマパークの特徴として、問い合わせた時点で応募可能な求人をキープして紹介してくれる案件キープ制度が挙げられます。
他の派遣会社でみられるような、掲載されている求人に応募したらすでに枠が埋まってしまっていた、というようなことは起こりません。

また、専任のコンサルタントから職場の雰囲気や方針などを事前に聞くことができ、スケジュール調整や条件交渉も任せられるため、派遣薬剤師として働くことが初めての方でも安心です。

社名 株式会社ネオキャリア
派遣
求人数
約2,000件(2020年3月時点、派遣のみ)

ファルマパークの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
40代女性
転職を決意し、ファルマパークを利用しました。
希望していた条件がいくつかあり、それを伝えるとキャリアコンサルタントがそれに沿って仕事を紹介してくれました。
対応はとても熱心で丁寧です。面接のアドバイスなどあり、がっちりサポートしてくれました。
また、福利厚生が充実していたこともファルマパークの良い点です。安心感があります。
収入が希望していたより少なかったのは残念でしたが、トータル的にバランスが取れていたと思います。

薬剤師派遣会社の選び方

派遣薬剤師になるために派遣会社に登録しよう!と思っても日本全国に派遣会社は8万社以上あり選ぶのは大変です。
良い派遣会社も多いですが、間違った派遣会社に登録してしまうとブラックな派遣先に配属されてしまうこともあります。

ブラック派遣会社を避けるための3つのポイントについてご説明します。

求人数や実績のある派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶ上で、「求人数」はとても重要です。求人数は多ければ多いほどあなたの希望にあった求人と出会う確率が高まります。
また、紹介実績が多い派遣会社は、派遣先の薬局とつながりも強く、勤務時間やシフトの交渉をしやすくなりますので、実績もチェックしておきましょう。
上記2つの条件を満たす派遣会社は大手派遣会社ですが、教育体制が整っているため、営業担当の当たり外れも少なくおすすめです。

派遣薬剤師専門の派遣会社を選ぶ

さきほども紹介した通り派遣会社は8万社以上あります。
その中には事務職や倉庫作業など様々な職種を取扱う総合的な派遣会社だけではなく、薬剤師の求人に特化した派遣会社もあります。

薬剤師は一般的な職種とは違い専門性が高い職種ですので、対応する派遣会社のスタッフも現場の知識がある程度必要になります。
総合派遣の会社では専門的な知識がなく、相談が難しい場合もありますので気をつけましょう。

福利厚生や登録後のフォロー体制も確認

薬剤師が派遣で働く場合、雇用主は派遣会社です。そのためあなたが受けることのできる福利厚生も就業後のフォローも派遣会社によって変わってきます。
有給取得や健康保険など基本的な福利厚生はどこの派遣会社でも受けることができますが、派遣会社によってスキルアップ支援やポイントがたまるなどの福利厚生がある会社もあります。
また、働く上で何かトラブルがあった場合も業務上のこと以外は基本的に派遣会社の担当に相談することになりますので、福利厚生や登録後のフォローは必ず事前に確認しておき、自分にあっていると思う派遣会社を選びましょう。
ぶっちゃけ話派遣会社は人によって合う合わないの差が大きいです。
あなたの希望の働き方を最大限に叶えるために、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみましょう。

広島で派遣薬剤師として働くメリット

メリットは主に5つあります。

派遣薬剤師のメリット
  • 高時給を狙える
  • 自分のライフスタイルに合わせられる
  • 短期間での就労が可能
  • 人間関係が上手くいかない場合すぐに退職できる
  • 数多くの職場を経験できる

それぞれ順に紹介していきます。

高時給を狙える

一般的に派遣というと給与が低いと思われがちですが、求人によってはかなり高時給なものも存在するため、正社員よりも稼げる可能性があります。

例えば時給が3,500円で働いていたとすると、1日8時間、月に20日勤務した場合の想定年収はなんと672万円(3,500円×8時間×20日×12ヶ月=672万円)となります。

薬剤師の正社員の年収は500万円~600万円程度ですから、正社員よりも多く稼げることができます。

以下の画像は単発派遣の求人内容の一例です。

高時給求人例
薬キャリ求人例

時給3,000円~3,500円の非常に高時給の案件です。

自分のライフスタイルに合わせられる

派遣薬剤師は時給制で働くため、勤務時間を事前に選ぶことができます。また、勤務日数も相談することができるため、月水金の週3日だけといった働き方も可能です。

さらに短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取る、といった働き方も可能となっています。派遣薬剤師なら自由なライフスタイルを考えたとおりに実現することができるのです。

正社員だと自分の希望を通すことは難しいですが、派遣であれば日勤のみ、週3日、土日休みなどのあなたの生活に合わせた働き方ができます。そのため、子育てや家事、介護などとの両立もしやすいです。
もちろん条件を満たした場合、正社員と同じように社会保険などにも加入でき、有給休暇もつきます。

短期間での就労が可能

派遣薬剤師の場合、正社員と比べて、短期間での就労が可能であるということも大きなメリットです。

また、短期間での就労が可能ゆえに、同じ職場に通い続ける必要もありません。
正社員やアルバイトなど企業の直接雇用で働く場合、基本的に同じ職場に通い続けなければなりませんが、もし働いてみて職場の雰囲気と合わなかったり、人間関係で悩むことがあっても簡単には職場を変更することはできません。

実際に薬剤師として働いている人の話を聞いてみると、人間関係の悩みによって退職まで至ったという方はかなり多いです。
このような事態に陥るのは特に人間関係を構築することが苦手な方や、コミュニケーション能力がそこまで高くない方に多い傾向があります。

しかし派遣薬剤師であれば、短期で働くのは普通なので、自分に合わなければすぐに職場を変えても問題ありません。
長期雇用が可能な場合でも、まずは短期雇用で働いて人間関係や職場の雰囲気を見極め、良さそうだったら雇用期間を延長するという働き方をすることができます。

人間関係が上手くいかない場合すぐに退職できる

過去に職場で人間関係がうまくいかず、辛い思いをされた方には、派遣薬剤師はオススメだと言えるでしょう。

正社員や契約社員として勤務してしまうと、人間関係に変わりがなく、職場でどうしても苦手な人が存在したとしても耐えざるをえません。

職場の人間関係に辛さを感じている方は、是非派遣薬剤師としての勤務スタイルも視野に入れてみてください。

数多くの職場を経験できる

実は、薬剤師の方の中には「いろいろな体験をしたい」という理由で派遣薬剤師になる方は多くいます。(特に女性が多い)

例に出すと、病院の現場で経験を積み、その後、調剤薬局、OTCを経て、ドラッグストアにいき、また調剤薬局に復帰されたかたもいます。

「飽きっぽい人」や「色んな現場を経験してみたい」という方にはとてもおすすめの勤務方法と言えます。

広島で派遣薬剤師として働くデメリット

一方、薬剤師の方が派遣として働く中でデメリットも存在します。
デメリットは主に3つあり、以下の通りです。

派遣薬剤師のデメリット
  • ボーナスがない
  • 派遣先の福利厚生は受けられない
  • 同じ職場で長く働くことができない

それぞれ順に紹介していきます。

ボーナスがない

派遣薬剤師は、基本的にはボーナスがないです。
ボーナスが近づいてくると、セールが始まったり、ニュースで今年のボーナス額が発表されたりします。
「そのような世間一般の方が楽しむような事を楽しめないのは辛い」と思う方もいるかもしれません。
ただ、派遣薬剤師はそもそも非常に時給が高いので、ボーナスなしでも正社員以上の年収をもらっている方も少なくありません。

派遣先の福利厚生は受けられない

派遣先の院内保育や家賃補助、資格取得支援、退職金制度などの福利厚生は利用できません。また、育休や産休は権利としては認められていますが、短い契約になってしまう派遣では取得しにくい状況です。
とはいえ、条件を満たせば有給休暇や社会保険などの派遣会社の福利厚生を利用することもできますので登録時に確認してみてください。

同じ職場で長く働くことができない

派遣は契約期間があり、契約満了になるたびに更新、または新しい勤務先を探さなければいけません。同じ職場で働きたい場合には契約の更新を希望することができますが、派遣先の状況によっては契約終了ということもあります。
契約満了後も次の派遣先を派遣会社が探してくれますが、常勤の方と比べると不安定ではあります。最長3年まで同じ職場で働くことは可能ですが、1年未満の契約が多いです。
同じ職場でそのまま働きたい場合は派遣会社に相談してみてください。交渉次第では正社員として雇用してもらえることもあります。

派遣薬剤師に向いている人

こうしたメリット・デメリットを踏まえて、派遣薬剤師に向いている方をご紹介していきます。
派遣薬剤師に向いている方は以下の通りです。

派遣薬剤師に向いている人
  • プライベートの時間を大事にしたい方
  • お金をたくさん稼ぎたい方
  • 育児と並行して業務したい方
  • 数多くの現場を経験し、独立を視野に入れている方

プライベートの時間を大事にしたい方

派遣薬剤師は「仕事よりも趣味を楽しみたい」という薬剤師の方に向いています。
しっかり仕事し、しっかり遊ぶ、という働き方が可能になるのです。これも薬剤師が売り手市場のため、時給が高めに設定されているので可能な働き方です。

お金をたくさん稼ぎたい方

派遣薬剤師は高時給での勤務が可能なので「とにかくたくさんお金を稼ぎたい」という薬剤師の方に向いています。
上記にて、週5日8時間勤務した状態を計算しましたが、それ以上に稼ぎたいと考えている場合は勤務時間を増やしたり、残業も積極的にすることも考慮していきましょう。

事情も考慮しつつ薬剤師を続けたい方

これは派遣薬剤師の最大のメリットとも言えるものです。
育児だけでなく、家庭や親の介護など、それぞれ事情を抱えている薬剤師の方には時間に縛りがない勤務の仕方はとても魅力的ですよね。
しかも、薬剤師であれば、一般職の方に比べて、非常に高給も約束されているのでとてもおすすめです。

数多くの現場を経験し、独立を視野に入れている方

派遣薬剤師は契約終了と同時に次の現場に移ります。
これはデメリットとして捉える人もいますが、「様々な現場の空気感を感じたい」と考える薬剤師の方にはとてもメリットです。
派遣薬剤師の後、独立も視野に入れている方には素晴らしい学びの時間になります。

派遣薬剤師に向いていない人

こうしたメリット・デメリットを踏まえて、派遣薬剤師に向いている方をご紹介していきます。
派遣薬剤師に向いていない方は以下の通りです。

派遣薬剤師に向いていない人
  • 管理職やマネジメント職希望の方
  • 出世やキャリアアップ希望の方
  • ずっと同じ職場で勤務したい方

管理職やマネジメント職希望の方

派遣薬剤師が任せてもらえる業務は、主に簡単なピッキングや服薬指導が多いです。
店舗の運営や人材を育てるのは正社員が行うので、派遣薬剤師に任せてもらえることはほぼありません。
管理職やマネジメント業務に興味がある方は、派遣ではなく正社員として勤務することをおすすめします。

出世やキャリアアップ希望の方

派遣薬剤師は様々な現場の空気感を感じることができるのでスキルアップはできますが、出世やキャリアアップは望めません。
もし今から「将来、管理職希望している」「管理薬剤師として活躍したい」といったキャリアを希望されているのであれば、最初から正社員として勤務される事をおすすめします。

ずっと同じ職場で勤務したい方

派遣薬剤師は、契約期間が終了と同時に新しい現場で勤務することになります。
現場ごとに扱う薬品は変わりますし、現場によってルールは変わります。
なので、そういった変化をストレスに感じるのであれば、正社員かパートでの勤務をおすすめします。

そういった方には、正社員として転職したい方に向けた記事もあります。是非参考にしてみてください。
薬剤師転職サイトおすすめランキング15選|口コミや選び方も解説【2020年最新版】

実際はデメリットではない|派遣薬剤師に対する誤解3選

実際イメージとしてある派遣薬剤師に対するデメリットに挙げられるものがあります。

派遣薬剤師に対する誤解3選
  • 契約が終了したら新たな仕事をもらえない
  • 福利厚生が揃ってない
  • 勤務地を選択できない

これらの誤解については、派遣会社選択の対策を行っておけば疑問がない状態で勤務できます。
なので、誤解を生みがちな3つの問題について、疑問点解消に向けて、詳しくご紹介していきます。

契約が終了したら新たな仕事をもらえない

最初に「契約終了と同時に新たな仕事の案件をもらえないのではないか?」という誤解についてです。確かに、契約終了のタイミングで希望条件にマッチした案件があるのか、と不安に感じられると思います。

ですが、実際にはそういったトラブルが起こることはまずありません。薬学部が6年制となると同時に、薬学部の新設が頻発し、一時は余剰な薬剤師が溢れるのではないかと危惧されていました。

ただ、薬剤師不足は未だに継続中で、それは派遣についても同じです。「時給5000円」といった法外な条件をしていなければ、契約が途切れず、継続的に案件は紹介されます。

自分の希望条件にマッチした契約を継続していくためには、希望条件の「優先順位」は必ずつけておきましょう。時給や職場環境、勤務地など、それぞれ自分が大切にする希望条件はあると思いますが、それらの条件をクリアする求人を探し出そうとすると、見つけるのは非常に困難です。
その希望条件の中で「絶対に外せないもの」「他の条件次第では譲歩していいもの」「あれば助かるもの」といった感じで配分していけば、素早く次の職場を見つけることが可能です。

福利厚生が揃ってない

次に、「派遣薬剤師は正社員やパートと比較して福利厚生が揃っていないのではないか?」という誤解についてです。正社員やパートはその会社と雇用関係にあるのに対して、派遣薬剤師は派遣会社と雇用関係にあります。なので、派遣薬剤師は派遣会社の福利厚生を受けることになります。

福利厚生の中身は派遣会社によって違いますが、最近は派遣会社も福利厚生がしっかりしており、それを売りにしている会社も増えてきました。「派遣薬剤師だと社会保険に加入できない」ということはないので、安心して勤務することが可能です。

実際、正社員だったとしても、個人経営の薬局だと福利厚生が整っていないケースも多く、むしろ正社員よりも派遣薬剤師のほうが福利厚生が揃っているという場合があるぐらいです。

その派遣会社に登録している以上、同じ福利厚生が適用されるので、契約終了のたびに職場変更されたとしても、福利厚生の心配の必要がない状態で勤務ができるのはむしろ派遣薬剤師のメリットかもしれません。

勤務地を選択できない

最後に、「派遣薬剤師は勤務地に選択権はないのではないか?」という誤解についてです。せっかく派遣で時間に余裕が持てる勤務をしたいのに、職場までの移動時間が長くなってしまうと意味がなくなってしまいます。

派遣会社に登録すると、コーディネーターと一度面談をすることになります。その時に、勤務地の希望とかも必ずヒアリングを取ってくれるので、しっかり希望勤務地を言えば、そこにマッチした勤務地の求人紹介をしてくれます。

では「そんなに自分の家からすぐの勤務地が見つかるの?」と思うかもしれませんが、そういうわけでもないです。派遣薬剤師の求人は全国にありますので、極論、薬局などがない田舎等ではなければ、家からそこまで遠い職場を紹介されることはありません。

広島の派遣薬剤師に関するよくある質問

広島で薬剤師派遣を申し込むのはいつがおすすめですか?

「広島で薬剤師が派遣に申し込むにはいつがおすすめなのか」という質問をよく聞きます。
下記に薬剤師の月間求人数の推移をご紹介します。

薬キャリ月間求人件数の推移
参考:薬キャリ

このデータを見てもらうと分かるように、6・7月、9・10月、12・1月の3つの時期が求人数が大きく増えていることがわかります。この3つの時期には退職者が多く出るので、その穴埋めとして求人数が多くなっています。

求人数が多い=薬剤師派遣に有利 ということなので、薬剤師の方はこの時期に派遣に申し込むと良いでしょう。

広島の薬剤師正社員の場合、年収はいくらほどですか?

実際に広島県の薬剤師の正社員の年収も派遣と違い、全国的に高い値です。

薬キャリ都道府県別薬剤師年収
参考:薬キャリ

薬キャリが2019年にとったデータですが、広島県の薬剤師の平均年収は全国平均よりも高い金額となっています。
広島の郊外エリアになれば年収もよりアップしやすい傾向にあります。

今後派遣薬剤師の需要はありますか?

前述のように、薬剤師は今かなり人手が不足しています。
ある地域では人手不足が深刻化したことによって、薬剤師の争奪戦が起きているところもあります。
このような現状を見てみると、正社員だけではなく派遣の薬剤師も今後需要の高さは続くことが考えられます。
また最近ではベビーシッターなど薬剤師以外の職種において、薬剤師の経験がある方を募集するケースも増えています。
薬剤師は専門知識やスキルを自分の手でつかみ取り、市場価値を高めることができるので、他業種からの評価も高いです。
そのような意味でも、派遣薬剤師は今後も需要が高まっていくことが予想されます。

広島で派遣薬剤師として生き残るためにはどうすればいいですか?

正社員は目指さずに、今後も広島県内で派遣薬剤師として活躍していきたいということであれば、出来る業務をどんどん増やしていくというよりは、とにかく調剤や投薬など基本的な業務の質を高めることが有効です。
正社員が幅広い業務やキャリアアップを求められるのに対して、派遣の薬剤師は同じような業務を、質を高く継続的に行うことが求められます。
しかし最近ではAIや技術の発展により、薬剤師だけに限らず様々な職種の仕事がなくなると言われています。
こうした時代で生き残るためには、AIにはできないことを能力として伸ばす必要があります。
薬剤師の能力でいうと、豊富な知識に加えてコミュニケーションスキルが重要になります。
患者さんに寄り添う気持ちや、あなたにしかできない接客方法などを大切にし、独自の薬剤師としてのスタイルを確立することが重要です。

薬剤師のような専門職でも派遣で働けるのですか?

基本的に資格を持ってさえいれば派遣でも薬剤師として働くことが出来ます。
なぜ派遣の薬剤師が求められるかというと、企業の人手不足を解消するためと、働き方の多様性を広げるためです。
女性の割合が多い薬剤師の世界では、正社員の育休・産休などによって人手不足に陥る企業が山ほどあります。
そんな時に派遣として人員を雇うことで、人手不足を補うことが出来ます。
また、派遣という働き方があることで、育休・産休をとった方なども自分のペースに合わせて働くことが可能になり薬剤師として復帰しやすくなります。

扶養の範囲内での勤務はできますか?

扶養内での勤務は可能です。
扶養の壁となる103万円を超えないように、どれぐらい勤務をすればよいかを考えましょう。
実際に都市部で時給2,800円で勤務した場合で計算すると、週7~8時間の勤務で年間103万円の収入になります。
パートで時給2,300円で勤務した場合には、週9~10時間の勤務時間が必要です。
派遣であれば、同じ金額を短時間で稼ぐことができます。家庭やプライベートの時間を大事にされる薬剤師の方には、やはり派遣薬剤師がおすすめです。

派遣薬剤師は何故時間に融通が利くの?

派遣薬剤師は、勤務する現場ではなく、派遣会社との雇用契約上で成り立っています。
なので派遣薬剤師はあくまで「派遣会社に雇用されている」という形になるため、現場は派遣会社からサービスを受けている「場所」という言い方になります。
なので、派遣会社と「10時~16時まで勤務」「残業なし」「週4日勤務」という雇用契約を結んでいるのであれば、その契約に沿った勤務をすれば100%契約守っている事になります。
現場もそれを熟知しているので「実際に勤務してみたら違う時間で働くよう強いられた」「半ば強引に残業させられた」ということは起こりません。

派遣薬剤師として勤務開始するまでの流れ

では実際に初めて派遣薬剤師として勤務しようと考えている方は「何からスタートすればいいか見当がつかない」方が多いと思います。
なので、派遣薬剤師として勤務開始までの一連の流れをご紹介します。是非参考にしてみてください。

薬剤師派遣会社を選ぶ

まずは薬剤師派遣会社選定からスタートしましょう。
「どこを選んだとしても変わらないのではないか」と思ってしまう方もいるかもしれませんが決してそんなことはないです。
派遣会社によって紹介できる求人数や、質も違ってきますし、勤務してからの福利厚生やサポートの質も全然違います。
しっかりと登録する派遣会社を吟味しましょう。

薬剤師派遣会社の担当コーディネーターと面談

薬剤師派遣会社に登録後、担当のコーディネーターの方から連絡がきます。
希望する現場や条件をしっかり伝えましょう。
また「育児をしながら働きたい」「かなりブランクが空いている」といった点を伝えておけば、育児に理解ある現場、未経験・ブランクが空いてる方でも歓迎の現場を紹介してくれます。

案件紹介

担当コーディネーターの方がヒアリングした希望条件をもとに、早ければその日に条件に合った案件を紹介してくれます。
遠慮なく担当コーディネーターの方に希望条件を伝えましょう。現場選びは簡単に折れてはいけません。

雇用契約を締結

現場が決まり、納得できる条件であれば、派遣会社と雇用契約を締結します。
派遣先の職場の労働条件や福利厚生、現場の制度を改めて説明されます。
大事なところなので、気になる点が見つかれば遠慮なく質問しましょう。

業務開始

雇用関係に関する手続きが完了すれば、いよいよ業務開始です。

アフターフォロー

薬剤師派遣会社との付き合いは、就業してからも続きます。
アフターフォローの体制がしっかりしている会社であれば、相談すれば担当コーディネーターの方が真摯に対応してくれます。
また、研修などで就業中のレベルアップを応援してくれる派遣会社もあるので積極的に活用しましょう。

広島の薬剤師派遣|まとめ

今回は広島の薬剤師の実態や広島の薬剤師派遣で成功する方法などを徹底的に解説してきました。

広島と他の地域の薬剤師派遣の違いをおわかりいただけたと思います。この記事の知識を是非生かしていきましょう。

広島の薬剤師派遣は、薬剤師に特化した派遣会社を併用することで成功できる可能性がかなり広がります。

派遣薬剤師専門サイトから申し込む際は是非、この記事で紹介した派遣サイトを参考にしてみてください。

サービス名 総合評価 特徴 公開求人数
薬キャリ
圧倒的な求人数!
薬剤師登録数No.1
54,617件
ファルマスタッフ
医療現場に詳しい
コンサルタントがサポート
55,657件
お仕事ラボ
利用者満足度◎
日本全国対応
35,890件

この記事で紹介したことがあなたの力になれたら幸いです。
是非ご自身に合った職場を見つけて、薬剤師として活躍してくださいね。

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄