薬剤師派遣会社おすすめランキング・口コミ評判から比較

派遣薬剤師という働き方をご存知ですか?

派遣薬剤師とは、薬局から直接雇用されている訳ではなく、人材派遣会社に雇用された社員として薬局に派遣されて働く薬剤師です。
サービス残業がなく、就業時間も自由に選ぶことができるため、自由なライフスタイルで働きたいという薬剤師に大注目されている働き方です。

派遣薬剤師の仕組みの説明図

この記事では派遣薬剤師のメリットや派遣会社の選び方をご紹介いたします!

「人間関係に煩わされることなくもっと自由に高時給で働きたい…」
そんな悩みを抱えた方はぜひ参考にしてください。

薬剤師派遣会社の選び方

派遣薬剤師になるために派遣会社に登録しよう!と思っても日本全国に派遣会社は8万社以上あり世界でも一番多くなっています。

良い派遣会社も多いですが、間違った派遣会社に登録してしまうとブラックな派遣先に配属されてしまうこともあります。

ブラック派遣会社を避けるためにも、最低限3つのポイントに着目して登録するようにしましょう。

  1. 実績のある大手派遣会社を選ぶ
  2. 派遣薬剤師専門の派遣会社を選ぶ
  3. 自分の希望条件に対応している

 

実績のある大手派遣会社を選ぶ

これまでにたくさんの方を紹介してきた実績がある派遣会社なら、派遣先の薬局とつながりが強く、勤務時間やシフトの交渉をしやすくなります。

また営業担当さんも優秀なことが多く、派遣先でのトラブルが起きた時にも柔軟に対応してくれます。

実績が多い派遣会社を選ぶためには、紹介している求人数を確認しましょう。
求人数が多い会社にはスタッフが集まりやすく、必然的に紹介数も多くなるため実績が多いと判断することができます。

派遣薬剤師専門の派遣会社を選ぶ

さきほども紹介した通り派遣会社は8万社以上あります。
その中には事務職や倉庫作業など様々な職種を取扱う総合的な派遣会社だけではなく、薬剤師の求人に特化した派遣会社もあります。

薬剤師は事務職とは違い専門性が高い職種ですので、対応する派遣会社のスタッフも現場の知識がある程度必要になります。

そのため、一般職全般を取り扱う派遣会社では相談に乗ってくれたとしても具体的な解決策を提示してくれない可能性が高いです。

派遣薬剤師として働くために派遣会社に登録するなら、派遣薬剤師専門の派遣会社を選びましょう。

自分の希望条件に対応している

派遣会社で紹介している求人は登録しなくても検索することができます。そこで、まずは自分が希望する条件に対応しているかどうかチェックしてください。

多くの派遣会社では、勤務地や時給、雇用期間などさまざまな条件から絞り込んで検索できるようになっています。

登録すると派遣スタッフの方から連絡がきます。
そこで詳しい希望を伝え、もっといい条件のお仕事がないか聞いてみると非公開求人を紹介してくれることがあります。

 

口コミや評判がいい薬剤師におすすめの派遣会社ランキング

1位:薬キャリ

薬キャリ

社名 エムスリー株式会社
登録拠点 日本全国
求人件数 54,617件(2019年8月時点)

薬キャリは日本最大級の医療従事者専用サイト m3.com を運営するエムスリーグループの薬剤師専用求人サイトです。

エムスリーグループは全国にコンサルタント提携している企業があり、薬キャリではそれら企業の求人が全て掲載されているため、案件数がとても多いのが特徴です。
調剤薬局での勤務以外にも病院や企業など、なかなか正規雇用の求人が出ない仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

また、「ママ薬剤師におすすめの職場」や「未経験・ブランクのある方可」などの検索条件で求人の絞り込みが可能なため、希望の職場を簡単に見つけることができます。

2位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

社名 株式会社メディカルリソース
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 55,657件(2019年8月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可【派遣業】派 13-010770 【紹介業】13-ユ-010743 

ファルマスタッフは、厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得している人材派遣・転職支援サイトです。
調剤薬局が母体となり、医療業界人材に特化した求人を数多く取り扱っています。

ファルマスタッフの特徴として、医療現場に詳しいコンサルタントのサポートを受けられるということが挙げられます。
職場の雰囲気や忙しさなど求人情報だけでは分からない情報を聞くことができるだけではなく、就業後も親身に相談にのってくれるためとても心強いです。

また、派遣スタッフの福利厚生も厚く、社会保険や労災保険、薬剤師賠償責任保険などの各種保険はもちろん、有給休暇制度やスポーツクラブ・各種保養施設の優待制度も使うことができます。

3位:ファルメイト

ファルメイト

社名 株式会社ファル・メイト / Pharmate Co., Ltd
登録拠点 日本全国対応
労働者派遣事業 【派遣業】派27-300161
【紹介業】27-ユ-300093

ファルメイトは10年以上の実績をもつ薬剤師派遣・求人専門の人材会社です。

高時給案件が多く、関西・関東エリアなら、時給2,800円を最低保障+交通費も全額支給となっています。
また、薬剤師として仕事をする際に必要な薬剤師賠償責任保険も会社負担です。

ファルメイトの特徴として、エキスパート薬剤師という制度が挙げられます。
エキスパート薬剤師は、一定以上のスキルのある方を正社員または契約社員として採用し、ファルメイトの取引先企業の調剤薬局で勤務する働き方です。
いつかは安定して働きたい方、キャリアアップを目指す方はぜひ活用してください。

4位:ヤクジョブ

ヤクジョブ

社名 クラシス株式会社
登録拠点 国内9拠点
東京都、北海道、宮城県、埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県
総求人件数 90,455件(2019年8月時点)
労働者派遣事業 【紹介業】 13-ユ-010302
【派遣業】 派13-010613

ヤクジョブは1996年創業の薬剤師を専門とした転職・就職・派遣支援サービスです。
医療に特化した長年のキャリアと信頼から日々多くの求人が寄せられ、9万件以上の案件を抱えた国内最大級の薬剤師専門求人サイトです。

薬剤師のお仕事は非公開求人が多いです。
人気の求人は公開してしまうと募集が殺到してしまうため、登録者に限り公開されます。

また非公開求人の中には実際に働いているスタッフからの口コミが掲載されていることが多いです。

派遣会社の営業担当から聞ける話よりもリアルな口コミを聞くことができますので、求人選びに失敗したくない方にオススメです。

5位:ファルマパーク

ファルマパーク

社名 株式会社ネオキャリア
派遣
求人数
約2,000件(2019年7月時点、派遣のみ)

ファルマパークは、全て無料で利用することができる薬剤師派遣の専門サイトです。

ファルマパークの特徴として、問い合わせた時点で応募可能な求人をキープして紹介してくれる案件キープ制度が挙げられます。
他の派遣会社でみられるような、掲載されている求人に応募したらすでに枠が埋まってしまっていた、というようなことは起こりません。

また、専任のコンサルタントから職場の雰囲気や方針などを事前に聞くことができ、スケジュール調整や条件交渉も任せられるため、派遣薬剤師として働くことが初めての方でも安心です。

派遣薬剤師のメリット

正社員よりも高時給

派遣薬剤士の給料は時給で換算され、その相場は3,000円〜4,000円となっています。
一方、パート薬剤師の相場は時給2,000円ほど、正社員でも時給に換算すると2,400円ほどです。

つまり、派遣薬剤師として働く場合とパート薬剤師として働く場合では、1時間あたりの給料に約2,000円も差が出るのです

派遣薬剤師の時給は都市部よりも地方の方が高い傾向にあります。
例えば、
こちらは薬キャリで紹介されている派遣薬剤師の求人募集です。

薬キャリの求人例

こちらに記載されているように時給4,500円以上、かつ家賃補助ありという高待遇となっています。
正社員と同じように週5日間働いた場合は年収600万以上です。

派遣の求人はそのときに出される案件が異なるため、募集条件や時給も派遣会社によってばらつきがあります。
なるべく多くの派遣会社に登録してしっかりと比較するようにしましょう。

サービス残業がない

資格が必要な薬剤師は人手不足が目立つ職業であり、薬局によっては残業を強いられることも少なくありません。
こちらの平成30年度・賃金構造基本統計調査」を元に2018年度の職種別残業時間を比べても薬剤師の残業時間は他業種に比べても長く、多忙な職業で有名な医師と同じくらいとなっています。

薬局によってはサービス残業を強いられることも多く、特に人手の少ない病院で勤務する場合はその傾向が顕著です。

一方、薬剤師派遣は労働者派遣法で守られているため、薬局側は派遣会社に無断でサービス残業を強いることはできません。
もし残業をした際にはその時間を派遣会社に報告すれば、派遣会社が賃金を回収してくれます。

つまり、派遣薬剤師ならサービス残業をせず日中の業務のみに集中することができるのです。

勤務条件を自由に選べる

派遣薬剤師は時給制で働くため、午後2時まで働くなど勤務時間を事前に選ぶことができます。
また、勤務日数も相談することができるため、月水金の週3日だけといった働き方も可能です。

また、派遣会社が用意する求人には、大手病院から町の調剤薬局までさまざまな派遣先が用意されています。
現場に関しての投薬スキルは飛躍的に上がりますし、様々な診療科の処方箋を扱う事もできるようになるため、スキルアップに繋がります。

さらには、短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取る、といった働き方も可能となっています。
派遣薬剤師なら自由なライフスタイルを考えたとおりに実現することができるのです。

人間関係の煩わしさから解放される

職場の人間関係に悩まされたことはありますか?

薬剤師という仕事の特性上少人数であることが多いため、人間関係が悪いと『逃げ場もなく働く』という環境に陥ってしまうことがあります。
そんな場合でも、正社員として働いている場合は短期でやめてしまうとキャリアに傷がつくため気軽に転職することができません。

一方で派遣薬剤師であれば、短期で働くのは普通なので何も問題ありません。
長期雇用が可能な場合でも、まずは短期雇用で働いて人間関係や職場の雰囲気を見極め、良さそうだったら雇用期間を延長するという働き方をすることができます。

もちろん、人間関係に不安があれば短期間で他の薬局に職場を移すこともできます。
同じ派遣会社に在籍しているためキャリアに影響は及びません。

キャリアアップを目指せる

メリットだらけの派遣薬剤師ですが、唯一のデメリットといえば雇用期間が定められているということです。
雇用期間が終わったらまた転職活動をしなくてはいけません。

最終的には安定した正社員として働きたい!という方には紹介予定派遣という働き方がおすすめです。

紹介予定派遣として働けば、正社員になる前にその職場の雰囲気を確かめることができるので、就職後のトラブルも防ぐことができます。

薬剤師派遣・単発に強いおすすめ派遣会社ランキングまとめ

派遣薬剤師におすすめの派遣会社をご紹介しました。

勤務時間や勤務日数を自由に選択できことから人気がでている派遣薬剤師ですが、契約期間が終わったときに次の仕事が必ずあるとは限りません。

必ず複数の派遣会社に登録して仕事切れがないようにリスク管理をしておきましょう。

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックパソナに登録してお仕事を探す
未経験案件が豊富
・業界大手の実績
・事務職に強い

未経験で事務職に転職

未経験で事務職に転職

総務事務におすすめの派遣会社ランキング
製造・軽作業・工場におすすめの派遣会社ランキング
アパレル・ファッションに強いおすすめの派遣会社ランキング
コスメ(美容部員)に強いおすすめ派遣会社ランキング
秘書に強いおすすめの派遣会社ランキング
介護職に強いおすすめの派遣会社ランキング
CADオペレーターに強いおすすめの派遣会社ランキング

おすすめの記事