当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました
Check最初に登録すべき転職サイト
◆「リクルートエージェント
業界トップクラスの求人数!地方求人も◎
求人数:634,427件
※2023年3月30日時点
さらに応募書類の添削や面接練習もサポート!
>>公式サイトで詳しく見る

◆「doda
待ってるだけ!スカウトサービスあり
年収査定ツールであなたの想定年収がわかる
「臨床工学技士におすすめの転職サイトが知りたい」
「臨床工学技士の転職って難しいの?」

そんなお悩みはありませんか?

この記事では、臨床工学技士におすすめの転職サイトを12選ご紹介します。

また、臨床工学技士の転職事情を知ると、転職活動もスムーズに進みますよ。

転職を成功させ、給料や労働環境を改善しましょう。
さらに、求人の探し方も詳しく解説します。

転職を成功したい方は、最後まで読んでみてくださいね。

>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

CareeRecoは、厚生労働大臣から有料職業紹介の許可(許可番号:13-ユ-314476)と、労働者派遣事業の許可(許可番号:派13-315657)を受けているビジコネット株式会社が運営しています。

おすすめの転職サイト
doda
1:
doda

公式サイト→

残業20時間未満の求人多数
年収500~1,200万円以上の求人◎
大手・優良企業への転職も!
求人数 約200,000件※2023年3月時点
総合評価 4.9/5.0
リクルートエージェント
2:
リクルートエージェント

公式サイト→

年収・入社日程など条件交渉を代行
国内最大級の求人数を誇る!
求人数 求人数:634,427件
※2023年3月30日時点
総合評価 4.7/5.0
JACリクルートメント
3:
JACリクルートメント

公式サイト→


高収入なハイクラス求人に強い
登録するだけでスカウトがくる
求人数 約12,000件※2024年3月時点
総合評価 4.5/5.0

記事の目次

臨床工学技士におすすめの転職サイト12選

ここでは、臨床工学技士におすすめの転職サイトをランキング形式で12選ご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
ぶっちゃけ話
転職サイトは人によって合う合わないの差が大きいです。
あなたの希望の働き方を最大限に叶えるためには、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみましょう。

1.マイナビコメディカル

※マイナビのプロモーションを含みます
マイナビコメディカル

おすすめ度:
公式サイト: https://co-medical.mynavi.jp/

マイナビコメディカルは、人材ビジネスを約40年にわたって展開するマイナビが運営している転職サイトです。
業界トップクラスの求人数を誇っており、マイナビ独占求人を含む3万件以上の求人からあなたにあったお仕事を紹介してくれます。
公開されていない非公開求人も豊富に取り扱っているため、あなたにあった求人が見つけやすいでしょう。

長い実績の中で多くの医療機関と関係を構築してきたことにより、MT・RT・CE向け転職サイトの中でトップクラスの情報収集力を備えています。

マイナビコメディカルは、職員の定着率を重視している点が大きな特徴です。
医療機関や施設の労働環境を徹底的に調査し、定着率が低い職場に関しては紹介しないという方針で転職サービスを行っています。

登録はオンラインですぐに完了
登録後はWeb上で気軽に転職相談もできるため、長く働ける職場を探している方はぜひ登録してみてくださいね。

※公式サイトより

>>マイナビコメディカルの評判・口コミ|利用者の本音を調査しました

2.doda(デューダ)


doda転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで「サイト型」「エージェント型」どちらでも利用できます。

サイトには掲載されていない非公開求人などを含む20万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや、企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いことが特徴です。首都圏だけでなく地方にも対応しています。

もちろんエージェントサービスでは履歴書や職務経歴書の書き方からサポートしてくれるため初めての転職でも安心です。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録があります。

3.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界トップクラスで求人数をほこる「エージェント型」転職サイトです。約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職サイトにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

4.パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。
サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職サイトです。

人材派遣領域で業界トップクラスの「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。
「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いため、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職サイトです。

5.マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます
マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職サイトです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。

新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。
また、女性のための転職支援サービスも行っており、様々な業界。タイプの企業を紹介してくれます。

6.ビズリーチ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるため、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用できます。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

>>ビズリーチの効果的な使い方とは|使い方の注意点も解説

7.ワークポート

ワークポート

おすすめ度:
公式サイト: https://www.workport.co.jp/

ワークポートはIT・Web転職に強い総合人材転職サイトです。

IT・Web転職のイメージが強いかと思いますが、臨床工学技士のような専門職も取り扱っています。

転職コンシェルジュと独自のマッチングシステムの掛け合わせにより、高精度なマッチングを実現しています。

マッチングシステムとサポートによるスピーディな転職にも定評。

IT系に特化した求人が約30,000件あるため、IT・WEB・ゲーム・デザイン業界への転職を考えている方におすすめです。

専任の転職コンシェルジュがマンツーマンでサポートしてくれるため、履歴書や職務経歴書の書き方に自信のない方や未経験からIT業界にチャレンジしたい方におすすめできます。

8.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職サイトです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。

中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。

管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職サイトです。
ただ現在の年収の状況や勤続年数が3年未満の場合は登録しても仕事を紹介してもらえないこともありますため今のスキルや経歴に自信のある方に向いています。

9.レバウェル医療技師

レバウェル医療技師

おすすめ度:
公式サイト: https://iryogishi-oshigoto.jp/

レバウェル医療技師は、臨床工学技士・臨床検査技師・放射線技師に特化した転職サイトです。

それぞれ専門職ごとに専門ページが設けられています。
臨床検査技師の方は、「レバウェル医療技師」に登録しましょう。

レバウェル医療技師では、LINEでお仕事探しの相談ができます。
今の仕事やプライベートで忙しい方でも、隙間時間を有効活用して転職活動を進められます。

担当者を通して、業務内容の確認や給与の交渉まで代行してくれることも魅力的です。
気になることがあれば、都度LINEで確認しましょう。

また、レバウェル医療技師の担当者は実際に職場を訪問しています。
そのため職場の雰囲気を教えてもらうことが可能です。

担当者から、職場の良いところやあなたとマッチする点を第三者目線で提案してもらいましょう。

10.工学技士人材バンク

工学技士人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.jinzaibank.com/mejb/

工学技士人材バンクは、ナース人材バンクをはじめ検査技師人材バンクや放射線技師人材バンクを運営する、SMSの転職サイトです。
臨床工学技士に特化しており、新卒・第二新卒の就職から転職希望者のサポートまで行っています。

医療業界を幅広く網羅し、特化型の転職サイトを多く運営しているため業界に詳しく、豊富な求人が揃っています
細かな希望条件で求人検索ができ、透析をはじめ歯科や企業など、多くの職場から選択可能です。

心臓カテーテルや透析のスペシャリストになりたい方や、子ども専門の大病院で子どもたちを助けたい方など、キャリアや夢に沿った転職先が見つかります。

11.臨床工学技士JOB

臨床工学技士JOB

おすすめ度:
公式サイト: https://cejob.jp/

臨床工学技士JOBは、臨床工学技士に特化した転職サイトです。
登録すると、キャリアアドバイザーがあなたの専属コンサルタントとしてサポートについてくれます。

平日の日中など、希望先の勤務地を実地チェックし、希望条件に合う求人を探してくれます。
また、運営会社は医療業界の技士関連職に精通しており、臨床検査技師JOB・診療放射線技師JOBなどを展開中です。

スマートフォンがあれば転職活動が進められます。
専用の履歴書作成サイト「iResume」を使えば、面倒な履歴書などの書類づくりもスマホ1台で終わります。

求人情報アプリやライン公式アカウントが使えて、簡単に転職活動をスタートできる転職サイトです。

12.メディカル技師ワーカー

メディカル技師ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://me-worker.com/

メディカル技師ワーカーは、看護師特化型の「看護師ワーカー」が展開する、臨床工学技士専門の転職サイトです。
北海道から四国までの求人が掲載されています。
また、福岡から沖縄までの求人も掲載される動きもあるようです。

メリットは、医療業界でもトップクラスの求人数・実績を誇る株式会社トライトが運営しており、安心感がある点です。
さらに、非公開求人も多く、登録すると好条件の案件をメルマガで随時お知らせしてくれます。

業界専門のキャリアアドバイザーが、丁寧なサポートを行うため転職初心者の方にも安心です。
新卒・第二新卒からミドル層まで様々な求人が揃っています。

都道府県別おすすめの臨床工学技士向け転職サイト

北海道の求人が豊富な臨床工学技士向け転職サイト

工学技士人材バンク

工学技士人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.jinzaibank.com/mejb/

工学技士人材バンクは、ナース人材バンクをはじめ検査技師人材バンクや放射線技師人材バンクを運営する、SMSの転職サイトです。
臨床工学技士に特化しており、新卒・第二新卒の就職から転職希望者のサポートまで行っています。

医療業界を幅広く網羅し、特化型の転職サイトを多く運営しているため業界に詳しく、豊富な求人が揃っています
細かな希望条件で求人検索ができ、透析をはじめ歯科や企業など、多くの職場から選択可能です。

心臓カテーテルや透析のスペシャリストになりたい方や、子ども専門の大病院で子どもたちを助けたい方など、キャリアや夢に沿った転職先が見つかります。

東京の求人が充実している臨床工学技士向け転職サイト

メディカル技師ワーカー

メディカル技師ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://me-worker.com/

メディカル技師ワーカーは、看護師特化型の「看護師ワーカー」が展開する、臨床工学技士専門の転職サイトです。
北海道から四国までの求人が掲載されています。
また、福岡から沖縄までの求人も掲載される動きもあるようです。

メリットは、医療業界でもトップクラスの求人数・実績を誇る株式会社トライトが運営しており、安心感がある点です。
さらに、非公開求人も多く、登録すると好条件の案件をメルマガで随時お知らせしてくれます。

業界専門のキャリアアドバイザーが、丁寧なサポートを行うため転職初心者の方にも安心です。
新卒・第二新卒からミドル層まで様々な求人が揃っています。

神奈川の求人が多数ある臨床工学技士向け転職サイト

レバウェル医療技師

レバウェル医療技師

おすすめ度:
公式サイト: https://iryogishi-oshigoto.jp/

レバウェル医療技師は、臨床工学技士・臨床検査技師・放射線技師に特化した転職サイトです。

それぞれ専門職ごとに専門ページが設けられています。
臨床検査技師の方は、「レバウェル医療技師」に登録しましょう。

レバウェル医療技師では、LINEでお仕事探しの相談ができます。
今の仕事やプライベートで忙しい方でも、隙間時間を有効活用して転職活動を進められます。

担当者を通して、業務内容の確認や給与の交渉まで代行してくれることも魅力的です。
気になることがあれば、都度LINEで確認しましょう。

また、レバウェル医療技師の担当者は実際に職場を訪問しています。
そのため職場の雰囲気を教えてもらうことが可能です。

担当者から、職場の良いところやあなたとマッチする点を第三者目線で提案してもらいましょう。

大阪の求人がたくさんある臨床工学技士向け転職サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職サイトです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。

中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。

管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職サイトです。
ただ現在の年収の状況や勤続年数が3年未満の場合は登録しても仕事を紹介してもらえないこともありますため今のスキルや経歴に自信のある方に向いています。

希望条件別おすすめの臨床工学技士向け転職サイト

クリニックで働きたい臨床工学技士向け

ワークポート

ワークポート

おすすめ度:
公式サイト: https://www.workport.co.jp/

ワークポートはIT・Web転職に強い総合人材転職サイトです。

IT・Web転職のイメージが強いかと思いますが、臨床工学技士のような専門職も取り扱っています。

転職コンシェルジュと独自のマッチングシステムの掛け合わせにより、高精度なマッチングを実現しています。

マッチングシステムとサポートによるスピーディな転職にも定評。

IT系に特化した求人が約30,000件あるため、IT・WEB・ゲーム・デザイン業界への転職を考えている方におすすめです。

専任の転職コンシェルジュがマンツーマンでサポートしてくれるため、履歴書や職務経歴書の書き方に自信のない方や未経験からIT業界にチャレンジしたい方におすすめできます。

大学病院で働きたい臨床工学技士向け

ビズリーチ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職サイトです。
「エージェントサービス」もあり、ヘッドハンターに転職を相談することができます。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスです。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるため、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方にはぴったりです。
こちらは登録に審査が必要で、審査に通れば利用できます。チャレンジしたい方は一度登録してみてもいいかもしれません。

>>ビズリーチの効果的な使い方とは|使い方の注意点も解説

メーカーで働きたい臨床工学技士向け

マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます
マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職サイトです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。

新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。
また、女性のための転職支援サービスも行っており、様々な業界。タイプの企業を紹介してくれます。

高収入・年収UPを目指す臨床工学技士向け

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。
サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職サイトです。

人材派遣領域で業界トップクラスの「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。
「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いため、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職サイトです。

未経験の臨床工学技士向け

doda


doda転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

転職を考えている方であれば、必ず登録しておきたいサイトが「「doda」です。
超大手転職サイトで「サイト型」「エージェント型」どちらでも利用できます。

サイトには掲載されていない非公開求人などを含む20万件以上の求人から自分にあった求人を紹介してくれるエージェントサービスや、企業から直接オファーが届くスカウトサービスも提供しているため、一度の登録でいろいろな利用方法ができます。

求人の量・質ともに満足度の高いことが特徴です。首都圏だけでなく地方にも対応しています。

もちろんエージェントサービスでは履歴書や職務経歴書の書き方からサポートしてくれるため初めての転職でも安心です。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録があります。

>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

臨床工学技士が後悔しない転職サイトの選び方

臨床工学技士が後悔しない転職を実現できる、転職サイトの選び方について解説します。

公開求人数が豊富な転職サイトを利用する

公開求人数が豊富な転職サイトを選ぶことが、後悔しない転職活動の大きなポイントです。
公式サイトの誰でも見られる求人が公開求人です。

また、登録した会員だけが見られる非公開求人もあります。
非公開求人の特徴は、転職サイト独自の案件や、人気が高く募集人数がすぐ満員になる好条件案件が多い点です。

公開求人数が豊富なだけでなく、非公開求人数も多い転職サイトを活用すれば、職場の施設やエリア・働き方などが充実したなかから職探しができます。
選択肢が増えると、あなたにマッチする求人が掲載されるチャンスや、あなたのキャリアプランに合った求人が見つかる可能性が広がります。

転職支援が充実している転職サイトを選ぶ

転職サイトには、転職支援が充実しているものがあります。
転職を成功させたい方は、転職支援がより手厚い転職サイトを選ぶと良いでしょう。

転職サイトには、あなた自身で求人を検索する転職サイトと、キャリアアドバイザーの支援が無料で受けられる転職サイトがあります。

転職サイトの特徴は、転職市場に詳しいプロから役立つ情報を教えてもらえる点です。
また、履歴書・職務経歴書・志望動機などの添削や、面接対策をしてくれる転職サイトもあります。

内定が決定したら現職場の退職手続きや新しい職場との条件交渉などを行ったり、入職後もサポートが続いたりするところも人気があります。
初めての転職という方は、手厚い転職支援で口コミ評価の良い転職サイトを選びましょう。

臨床工学技士に特化している転職サイトを使う

臨床工学技士に特化している転職サイトを選ぶことも重要課題です。
転職サイトには様々な職種を掲載している総合転職サイトと、医療関連全般のもの・臨床工学技士に特化しているものがあります。

大手の総合転職サイトは多くの職種を網羅していますが、臨床工学技士に絞ると求人数はあまり多くありません。
医療関連全般の転職サイトは、臨床工学技士の求人が占める割合が高まります。

臨床工学技士に特化した転職サイトであれば、すべての求人が臨床工学技士の資格を持った方向けです。
また、臨床工学技士の転職をサポートしてきた実績があり、担当者の知識や支援も専門性の高さが期待できます。

評判・口コミをチェックする

転職サイトを選ぶ前に、評判や口コミをチェックしてみましょう。
実際に転職活動で利用した方の口コミや評判は、リアルな内容で役立ちます。

求人数の多さ・担当キャリアアドバイザーの質・求人の質など、あなたが重視するポイントで口コミや評判をチェックすると、より満足度の高い転職サイトに出会えるでしょう。

>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

臨床工学技士が転職する際に避けたい行為

臨床工学技士が転職サイトを利用する場合、避けたい行為についてピックアップしました。
転職活動をする前に知っておきたい知識ですよ。

退職してから転職活動を始める

転職活動は、忙しくても退職前から着手しましょう。
退職してから転職活動を始めるのではなく、退職前から動き始めることをおすすめします。

現職場の仕事が忙しいと、転職活動に時間が割けないと感じる方も多くいます。
しかし、転職活動はできるだけ早くスタートすることが重要です。

転職サイトには、現職場が忙しく、働きながら転職活動をすることが難しい方のためのサポートがたくさんあります。
多くの転職サイトがオンライン登録・面談可能のため、まずは登録だけでもしておきたいですね。

転職サイトに登録すると、あなたに合った求人を次々と紹介してくれます。
転職サイトならば、必要書類の添削や面接対策なども行い、面接などの日程調整も代行してくれます。

理想は、転職先が決まってから余裕をもって退職するパターンです。
転職サイトのなかには、退職手続きの代行や支援をしているところもあります。
ブランクなく次の仕事が始められますよ。

1社しか選考を受けない

1社のみ受けるのではなく、あなたにマッチしそうな求人に複数応募しましょう。

医療機関や企業も、スキルとキャリアがあって即戦力となる中途採用者を求めています。
また、多くの臨床工学技士が転職活動を行っています。

転職活動は受け皿も多いですが、ライバルはもっと多いと考えましょう。
できるだけ早く転職活動をスタートし、多くの医療機関で選考を受けることで、採用のチャンスが高まります。

あなたの希望条件に合った求人を次々と紹介してくれる転職サイトを利用すると、自力で探すよりもマッチしやすい職場が見つかりますよ。

1人で転職活動を進める

転職活動は1人で進めるのではなく、実績のあるプロと二人三脚で行いましょう。

1人でハローワークを使って転職活動を進めるよりも、転職活動に特化した転職サイトを活用すると、転職活動がスムーズです。

臨床工学技士特化型であれば、業界の転職市場や職場の雰囲気まで熟知したスタッフもいます。
書類選考や面接内容も知り尽くし、採用に繋がりやすい志望動機の書き方などをアドバイスがもらえます。

面接で事実と異なることを伝える

面接では、スキルや資格・キャリアについて事実を伝えましょう。
特に資格や経歴・学歴に関して詐称すると、内定をもらっても嘘が発覚した時点で取り消しになる可能性があります。

たとえ就職に成功しても、嘘が発覚した場合、経歴詐称は懲罰の対象となりかねません。
社会的信頼も失墜し、転職活動が難しくなるでしょう。

>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

臨床工学技士の転職事情

臨床工学技士の転職事情について、知っておきたい細かな知識をまとめました。
転職前に目を通しておきましょう。

臨床工学技士によくある転職理由

臨床工学技士によくある転職理由は、以下のようなものです。

  • 人間関係になじめなかった
  • 将来性がないと感じた
  • 給与に不満がある
  • 関わる領域が広く大変だった
  • 関わる領域が狭すぎてスキルが磨けない
  • 今後のキャリアアップが見込めない
  • オンコールが多く業務がつらい

臨床工学技士の平均年収

臨床工学技士の平均年収は、厚生労働省のデータによると約440万円です。
また、年齢・職場によって賃金は変化し、月収にして20万円~40万円です。

臨床工学技士の職場は主に医療機関で、夜勤やオンコールがある勤務先もあります。
さらに、夜勤や残業・オンコールがある職場は、手当がつくため年収は高くなる傾向にあります。
(参照:Jobtag 厚生労働省「臨床工学技士」

実際に臨床工学技士の転職は難しいのか

臨床工学技士の転職の難易度は、有効求人倍率で推測できます。
厚生労働省の令和3年度のデータによると、臨床工学技士の有効求人倍率は1.12倍です。

有効求人倍率は、1以上であれば求人数が求職者数を上回っていることを示すため、転職は困難というわけではないようです。

しかし、2倍・3倍という数値ではない点から、引く手あまたの状態ではないことがわかります。
有効求人倍率が1以上といっても、地域や医療機関の種類によって求人の状況も異なります。

転職は可能ですが、転職活動は早めに準備をスタートし、転職サイトをはじめとするプロを活用すると良いでしょう。
(参照:Jobtag 厚生労働省「臨床工学技士」

資格や経験があると有利に転職できる

臨床工学技士の転職では、資格や経験が大きな武器です。
まず、臨床工学技士は国家資格で、専門学校や大学の必要課程を修了すると受験資格が得られます。

資格受験に合格して、はじめて臨床工学技士として登録されます。
そのため、臨床工学技士として転職したい場合は、国家資格を持っていると非常に有利です。

また、臨床工学技士には関連学会が認定する「透析技術認定士」・「体外循環技術認定士」などの学会認定資格制度もあります。
透析に必要な機器やECMO・人工心肺などを、医師の指示のもと操作する業務も、臨床工学技士が行います。

透析クリニックや心臓血管外科・胸部外科などの専門科で働きたい場合は、有利になる資格です。

>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

臨床工学技士におすすめする求人の探し方

臨床工学技士におすすめしたい、求人の探し方について調査しました。
転職活動をスタートする前にチェックしてみましょう。

転職サイトやエージェントで臨床工学技士の求人を探す

転職サイトで臨床工学技士の求人を探すことは、転職活動の基本です。
転職の意思がまだ弱く実際に転職するかどうかわからない状況でも、登録だけは行っておきましょう。

2019年には転職者数のピークを迎え、転職は身近なものとなりつつあります。

転職サイトは多くの方が転職について意識する前から、転職者の支援を行ってきました。
長い企業では30年以上にわたり、転職支援の実績があります。

また、転職サイトは転職に関する膨大なデータを保有しています。
営業担当者は利用者だけでなく、求人を公開している医療機関や施設にも赴くため、職場の雰囲気や内情・人間関係まで精通しているケースも少なくありません。

さらに、転職サイトで担当につくキャリアアドバイザーは、キャリア構築やワークライフバランス見直しのスペシャリストです。
転職を希望するかどうかに関わらず、少しでもキャリアや現職場に疑問・不安を感じたら、転職サイトに登録してみましょう。
(参照:「増加傾向が続く転職者の状況~2019年の転職者数は過去最多~」総務省統計局

スカウトサービスで臨床工学技士の求人を探す

多くの転職サイトでも行われている、新しい転職サービスが「スカウトサービス」です。
履歴書や職務経歴書を登録しておくと、ヘッドハンターや企業の人事スタッフなどが「この人材はこの企業にマッチしそうだ」「この人材が欲しい」と指名するシステムです。

臨床工学技士としての経験値や専門的な資格・スキルなどがある方は、スカウトサービスを併用して、求人探しをしてみましょう。
スカウトサービスはハイレベル求人がそろっているところも多く、キャリアアップに繋がるかもしれません。

ハローワークで臨床工学技士の求人を探す

ハローワーク(公共職業安定所)は、厚生労働省が管轄しています。
誰でも気軽に利用でき、職業紹介や雇用保険・雇用対策など、求職者と事業者双方にサービスを提供しています。

全国500ヶ所にあり、それぞれ管轄区域はありますが、通勤希望地ならどのハローワークを利用しても問題ありません。

ハローワークは失業・退職してから利用するものと思われがちですが、転職活動でも利用できます。
平日の日中のみ開いているため、働きながら通うことが難しい方は、転職サイトと併用することをおすすめします。
(参照:ハローワーク 厚生労働省

>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

臨床工学技士に人気が高い転職先

臨床工学技士に人気がある転職先について調査しました。
様々な企業・施設で必要とされる人材です。
ぜひ参考にしてくださいね。

医療機器メーカー

医療機器メーカーでは、臨床工学技士としての経験が活かせます。
臨床工学技士は医療に関する知識と経験を持っているうえ、医療機器の専門家でもあります。

医療機器の営業職・研究開発職どちらでも、得意分野で活躍できるでしょう。
医療知識や経験・医療機器に関する専門知識などが医療機器メーカーで重宝され、キャリアアップもしやすいため人気がある転職先です。

透析クリニック

透析クリニックは、透析を行う必要のある方が週に決まった日数通い、人工透析を行うクリニックです。
人工透析は数時間かかるためベッドに横たわって行いますが、他に急性疾患などがなければ入院の必要がないことがほとんどです。

臨床工学技士の国家資格のほかに、「透析技術認定士」という学会認定資格を持っていると転職に有利でしょう。
また、透析技術認定士の資格が欲しい方や、技術をブラッシュアップしたい方にもおすすめの職場です。

一般的な透析クリニックは日中のみの業務ですが、近年働きながら透析を行う方も増えており、夜間に透析を行う「オーバーナイト透析」クリニックも増加傾向にあります。
オーバーナイト透析は夜勤手当がつき、体力的にも無理のない業務が多いため人気があります。

医療機関

臨床工学技士は人工心肺や人工透析などを扱う職種で、医療機関には不可欠な存在です。
臨床工学技士が操作・準備・管理などを行う医療機器のうち、一部をご紹介します。

  • 人工呼吸器
  • 人工心肺(体外循環装置)
  • 透析機器
  • 手術室の自己血回収装置や麻酔器など
  • PCPS
  • ECMO
  • 体外設置型補助人工心臓蔵装置

ほかにも多くの医療機器を扱い、様々な医療機関で活躍できる職種です。
特殊な機械操作における資格もあるため、資格取得やスキルアップのための転職も視野に入れると良いでしょう。
医療機器が発達するほど活躍の場が増え、キャリアアップのチャンスも多くあります。

また、急性期指定のある大病院以外でも、医療機器の出番は増えています。
クリニックや中規模病院の求人も増えているため、転職希望者にとって追い風の状況です。

こども病院

小児の様々な疾患を受け持つこども病院には、最先端の医療機器が揃っています。
また、乳幼児や小さな子どもは、診断や治療に細心の注意が必要です。

こども病院には重い病気や先天性の病気を抱えた子どもたちが多く入院・通院するため、医療機器の出番も少なくありません。
小児医療に関するスキルアップを目指したい方におすすめです。

さらに、子どもが好きな方や、子どもたちを笑顔にしたいなどの志がある方にとって、やりがいのある職場となるでしょう。
>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

臨床工学技士が転職する際によくある質問

臨床工学技士が転職を考えたときに、多く寄せられる疑問・質問をまとめました。

臨床工学技士は管理職に転職できる?

臨床工学技士で管理職に転職している方は、実際にいます。
透析クリニックの技術責任者など、様々な病院・クリニックで臨床工学技士の管理者が活躍しています。

また、近年は透析患者の増加から、規模の大きな透析クリニックも増えているため、臨床工学技士の管理職が必要です。

さらに、医療機器を多く使用する透析クリニック以外にも、操作・管理が難しい医療機器を導入する病院・クリニックは増加中です。
キャリア・スキル・資格によって、管理職に就ける可能性も十分ありますよ。
参照:統計調査報告書「わが国の慢性透析療法の現況」日本透析医学会

関東以外で新卒臨床工学技士向けの求人はある?

関東以外にも、新卒・二次新卒臨床工学技士向けの求人はあります。
町村にもありますが、やはり県庁所在地や政令指定都市のような大都市には多くの病院があるため、求人も揃っています。

東京以外でも、名古屋や大阪・広島・福岡などは病院激戦区として知られる都市です。
また、一般的に大学病院の周辺には、透析クリニックなどが集中する傾向にありますよ。

国家資格を有していれば、新卒や二次新卒でもすぐに馴染んで働ける職場が多いようです。
経験が積めてスキルアップできる職場を選ぶと、キャリアアップに繋げやすいですよ。

臨床工学技士は病院以外にも転職可能?

臨床工学技士は、医療の知識を持ち合わせた医療機器特化型エンジニアです。
医療機器メーカーなど、様々な医療関連企業で必要とされる人材です。

実際に、医療機器メーカーでは臨床工学技士の知識を活かした仕事ができるため、研究開発・営業どちらでも活躍できます。
さらに、臨床工学技士としての医療・機械に関する知識を活かしたライターや記者などにも転職可能です。

臨床工学技士が週1~働ける求人もある?

臨床工学技士が週1日から働けるアルバイトはあります。
オーバーナイト透析クリニックでの夜勤専従アルバイトなど、探せばいろいろな業務が見つかります。

副業可能な医療機関に勤めていて、単発バイトもしたいという方は、単発バイトの求人がある転職サイトに登録しておきましょう。

臨床工学技士におすすめ転職サイト12選まとめ

この記事では、臨床工学技士に強い転職サイトをご紹介しました。

サポートも手厚いと評判の転職サイトを使うことで、男性女性問わず転職成功率が上がります。

しかし、転職サイトは複数登録が基本です。

希望の条件に合う職場に転職するためにも、ぜひ2~3社以上登録しましょう。
>>臨床工学技士におすすめの転職サイト

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄