ビズリーチについて興味を持ったけど、使い方が良く分からない

このような疑問を抱えている人に向けて、ビズリーチの使い方無料プランと有料プランの違い使い方の注意点登録方法など余すことなくご紹介します。

ビズリーチの上手な使い方をこの記事で知ることができますので、転職活動の参考にしてください。

▶︎横にスクロールできます▶︎

ビズリーチとは

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  1. 国内最大級のハイクラス向け転職サービス
  2. ヘッドハンターからの直接スカウト
  3. 膨大な非公開求人数

「ビズリーチ」は、年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1の転職サイトです。

年収1,000万円の求人が3分の1以上で、圧倒的高収入を狙えます。スカウト機能があり、転職者の8割以上はスカウトからの転職に成功しています。

スカウトは2,900名以上のヘッドハンターが行っており、精度の高いスカウトを実現しています。

公開求人は109,000件以上と豊富です。有料プランもあり、有料プランで転職活動する場合は「エージェント型」のように、ヘッドハンターに転職の相談をすることも可能です。

ビズリーチの効果的な使い方

ここでは、ビズリーチの効果的な利用方法をご紹介します。

ポイントを押さえることで、転職成功率がグッと高くなります。

1.プロフィールを充実させる

ビズリーチを利用する時、職務経歴を充実させることはとても重要です。

あなたに適した優良求人情報が届くかは、あなたが書いたプロフィール・職務経歴が大きく影響します。

理由としては、企業やヘッドハンターがスカウトを送信する時、最初の印象は職務経歴やプロフィールから判断されるからです。

プロフィールの転職理由が100字程度と少ない人や、分量が多いが内容が薄い人など、企業などからは転職意欲がないと思われスカウトが送られないことがあります。

職務経歴はしっかり書く人は多いですが、プロフィールをしっかり書く人は少ない傾向にあります。

また、学歴やスキル、企業名や前職の役職など具体的に書くようにしましょう。

「営業職」や「IT系外資」など書いても、具体的なことはヘッドハンターが判断できずアピールできない場合があるからです。

プロフィールを埋める作業は面倒に感じますが、隙間時間や時間を確保して充実させるようにしましょう。

2.ヘッドハンターとのやりとりは積極的に行う

ビズリーチでは、プレミア会員(有料プラン)限定でヘッドハンターに転職相談をすることが可能です。

直接ヘッドハンターと相談することで、今後のキャリアや転職活動をどのように進めばいいか明確にすることができます。

ヘッドハンターとのやりとりは以下の手順で行えます。

  1. 希望条件に適したヘッドハンターを検索
  2. 気になったヘッドハンターへ相談メッセージを送る
  3. ヘッドハンターからの返信を確認
  4. 日程調整をして相談へ進む

 
ヘッドハンターはプロフィールや成績・実績から判断して選びましょう

どのヘッドハンターも優れていますが、あなたとの相性はバラバラです。

また、ヘッドハンターによってあなたが希望している企業や業界の案件を持っていない場合もあります。その場合でも、今後あなたにとって条件のいい案件を紹介される可能性があるので、自信のアピールをしておくことは大切です。

3.求人に直接応募する

ビズリーチでは、プレミア会員(有料プラン)に限られますが、スカウトを待つだけでなく、あなたから直接企業に応募することができます

検索した中で、あなたの条件に適した企業や興味のある職場など見つけた場合、案件の募集が終わる前に応募してみましょう。

集まる求人の質が高いビズリーチなので、人気な求人はすぐに応募が殺到する傾向があります。

理想のキャリアを形成するためにも気になった求人はすぐに挑戦することをおすすめします。

無料プランの場合
ビズリーチの無料プランでは、求人の「検索」「閲覧」までが可能で企業への応募ができません。情報収集メインで利用する人は無料プランを使い、年収の相場や条件の有無など調べるといいでしょう。ビズリーチをメインで利用したい人は、「直接応募」「ヘッドハンターへの相談」など充実したサポートを受けることができる、有料プランの利用をおすすめします

4.全てのスカウトに返信する

ビズリーチを利用する上で、とにかくたくさんのスカウトをもらうことが転職成功の近道となります。

多くのスカウトをもらうために重要なことは、企業やヘッドハンターの目にあなたのプロフィールが止まるようにすることです。

ビズリーチの利用頻度やヘッドハンターへの相談など、行動が活発な人は転職意欲が高いと判断され、上位にプロフィールが表示されるようになります。

ここでのポイントは、スカウトなど届いたメールにはすべて返信をすることです。

全てのメールに返信することで、企業やヘッドハンターの目に留まる機会が増え、あなたの印象を覚えてもらう可能性が高くなります。

そのため、できる限りスカウトなどには返信するようにすることが大切です。

この時、上記で書いたプロフィールの充実ができていると、より好印象を持ってもらえるようになります。

5.興味のある案件にはすぐ応募する

興味のある案件はスカウトが届いている場合でも届いていない場合でもすぐに応募しましょう。

理由としては、ビズリーチの求人は条件や質が高く、求人が殺到することが多く募集の締め切りが早いからです。

また、企業やヘッドハンターは業務やノルマですぐに転職できる人探している場合が多く、あなた以外の複数の人とコンタクトをとっていることがあります。

早い者勝ちではありませんが、意欲が高いことをアピールしないと他の人に優先して紹介されてしまいます。

もし興味のある案件が届いた場合、1日以内に返信をするようにしましょう

6.ログイン・メール確認は頻繁にする

ビズリーチのシステムはログインやメール頻度など、アクションが多いほどあなたの情報が企業やヘッドハンターの目に留まるようになっています

そのため、ログインやメールの確認は頻繁にするようにしましょう。

また、最新情報や求人情報など見落とすことがないようにログインやメール確認は大切です。

可能な人は、毎日ログインして情報の管理をすることをおすすめします。

7.転職エージェントも利用する

ビズリーチは転職サイトと同じようなタイプなため、転職相談はできるものの書類添削や面接対策などのサポートはありません。

そのため、転職に不安を感じている人や転職が初めての人はサポートが多い転職エージェントも一緒に利用することをおすすめします

転職エージェントとは、あなたに担当者が付き、転職相談や求人紹介をしてくれる転職サービスです。

転職エージェントを利用することで、以下のサポートを受けることができます。

転職相談

求人紹介

書類添削

面接対策

入社後のアフターフォロー

個人で行う作業も減り、比較的楽に転職活動をすることができます。

また、ビズリーチで求人情報を集めて企業を探し、転職エージェントに相談して書類作成や面接対策をするという使い方をするなど、上手に利用することで転職成功率を高くすることも可能です。

多くの転職サービスを利用するほど成功率が上がりますので、ぜひ複数のサービスの利用を検討してください。

ビズリーチと併用がおすすめの転職エージェント

上記でご説明した転職エージェントを、ビズリーチとの相性がいいものをまとめました。

転職に不安を感じている人などはこの中から2~3社ほど登録しておくといいと思います。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト:
https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

3.JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

4.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

5.type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収400万円台)
type転職エージェントは転職エージェントの老舗企業だと聞いていたので、自分に合った転職先を探し出してくれるのではないかと期待して登録しました。
非公開求人の取り扱い量がとても多かったです。type転職エージェントの求人は、質にもこだわっているようで、紹介してくれた企業はしっかりとした企業ばかりでした。

自分が出した条件には、厳しいものがありましたが、そこを見事にクリアしてくれて転職先を見つけてくれたので、こちらを利用して良かったなと感じました。

無料プラン・有料プランの違い

ビズリーチには無料プラント有料プランの2種類があります。

もしビズリーチをメインや主力として利用する場合は、有料プランの使用をおすすめします

以下でそれぞれの特徴を解説するので、迷っている人は参考にしてください。

スタンダードプラン(無料プラン)

ビズリーチの無料プランでは、有料プランと違いできることが限られています。

  • スカウトメールに返信・応募
  • 求人情報の閲覧
  • ヘッドハンターの情報閲覧

自身で求人に応募することができないデメリットがありますが、基本的に求人を見たりスカウトが届いたりするので問題ありません。

情報収集のために利用する人は無料プランで充分活用できると思います。

また、7日間お試しで有料会員を利用できるので興味ある方は試してみましょう

プレミアプラン(有料プラン)

有料会員には「タレント会員」と「ハイクラス会員」の2種類があります。

大きな違いは年収750万円より上の案件があるかないかですが、価格など細かい点でも違いがあるのでご紹介します。

タレント会員

有料プランの「タレント会員」は年収額が750万円未満の求人を応募・スカウトサービスの利用ができるプランです。

ハイクラス転職はまだ早いけど、高年収・好条件の案件には応募したいと考えている人はタレント会員の利用がおすすめだと思います。

料金は以下のようになっています。

  • [30日]2,980円+税
  • [90日]6,980円+税
  • [180日]9,880円+税

ハイクラス会員

有料プランの「ハイクラス会員」は年収額が750万円以上の案件に応募・スカウトサービスが利用できるプランです。

中には年収1,000万円以上の求人があり、キャリアアップを目指す人にはおすすめのプランとなっています。

料金は以下のようになっています。

  • [30日]4,980円+税
  • [90日]12,940円+税
  • [180日]19,880円+税

ビズリーチの使い方で注意する3つのポイント

ビズリーチは上手に活用することで、あなたの転職活動を充実させてくれます。

しかし、利用する際に注意すべきポイントもいくつかあるので、この章でしっかり理解しておきましょう。

1.急ぎの転職には向かないことを理解する

ビズリーチは急ぎの転職にはあまり向いていません。

ビズリーチはあなたの希望条件やスキル、職務経歴にぴったりの求人を見ることができたり、企業やヘッドハンターからスカウトがくるサービスです。

そのため、スカウトに委ねた転職をする形式で転職期間は長引くことが多いです

もしビズリーチを利用する場合は、3か月くらい余裕を持った転職を考えておきましょう

有料プランも30日から180日と期間が決められているので、長期の利用を視野に入れて活用するといいと思います。

2.ヘッドハンターに頼り切らない

ビズリーチは有料プランを利用すると、ヘッドハンターへ相談することができます。

ヘッドハンターからのアドバイスなど、とても有益で転職の参考になりますが、全てを頼り切るのは危険です。

あなた自身で時間をかけて求人を調査し、希望を満たしているか、年収が上がるかなど見極めて転職活動を行うようにしましょう

また、転職相談をしたり面接対策など細かいサポートを受けたい人は転職エージェントを比較|一目でわかる業種・職種別比較一覧から転職エージェントを選んで利用することをおすすめします。

3.経歴は正しく登録する

ビズリーチはプロフィールや職務経歴の充実度でスカウトが届くか大きく左右します。

そのため、ごくまれに職務経歴を盛ったり異なった経歴を書いたりする人がいます

嘘の経歴を書いてバレた場合、紹介された案件や面接が決まっている案件が破断になってしまう場合も考えられます。

また、ビズリーチと紹介してくれた企業の両方からの信頼がなくなり、今後の転職に影響するので、必ず正しい情報を記入するようにしましょう。

ビズリーチの使い方・登録手順

ビズリーチの登録方法は10分程度で終わる簡単な作業です。

初めて利用する人に向けてビズリーチの登録方法をご紹介します。

STEP.1 プロフィール登録

まずは「ビズリーチの公式ページ」に移動します。

移動したら、「氏名」「性別」「住所」「最終学歴」を記入します。

記入を終えたら、次は語学力を入力します。ここでポイントで、わずかばかりでも英語が使える場合は、「ビジネス会話レベル」と記入しましょう。嘘は書きませんが、強気でいくことでスカウトで届く求人の質が高くなります。

その次は「資格」の記入です。一覧に載っていない資格は「その他の資格」から記入しましょう。

ここまで終われば、プロフィール設定は完了です。

STEP.2 職務経歴

ここではまず、直近の職歴について記入します。

会社名や役職・部署名、在籍期間など記入する欄がありますので、あなたの情報を埋めましょう。

会社名や部署名は詳しく書くことによって、ヘッドハンターの判断材料として活用されやすいです。

また、直近の職歴は自由記述がありますので、あなた自身のアピールしたいスキルや業務内容をしっかり書くようにしましょう。

STEP.3 職務の詳細

ここでは、より詳しい職務経歴を入力します。

ビズリーチでは職務経歴書をアップロードすることができます。より具体的に見てもらいたい人はアップロードしておくと良いといいでしょう。

転職希望時期は早い方がスカウトの声がかかりやすい傾向にあります。まだ決まっていない人は「3か月以内」にしておくと声がかかりやすくなります。

「直近の年収」は手取り額を記入するのではなく、源泉徴収票にある総支給額を記入するようにしましょう。

次の「職歴詳細」ですが、ビズリーチでは今までの経験を活かせるキャリアアップを目指した案件を紹介しています。

逆に言い換えれば、未経験対応の案件が少ないため、少しでも経験がある職業はチェックしておきましょう。

業務も同じで、経験がある場合は記入します。役職に関しては、「社名入りで具体的なプロジェクト」も記入する欄がありますので、できる限り詳しく記入するようにしましょう。

STEP.4 希望条件

最後に希望条件の記入です。

「希望職種」と「希望勤務地」を記入しますが、先ほど記入した職務経歴の職種でないとスカウトが届かない場合がありますのでご注意ください。

ビズリーチの使い方に関するQ&A

ここでは、ビズリーチに関して多く聞かれる疑問や質問をQ&Aでご紹介しています。

これから利用したいけど不安と思っている方はぜひ参考にしてください。

  1. Q1.退会方法はどうすればいいですか?
  2. Q2.氏名など変更できますか?
  3. Q3.企業やヘッドハンターにはどの情報が公開されますか?
  4. Q4.職務経歴書は非公開にできますか?

Q1.退会方法はどうすればいいですか?

ビズリーチを退会するためには、サイトにログインしてマイページから操作します。

手順1

「退会される前にご確認ください」「メールやスカウトの受信だけを停止することが可能です」「サービスの停止」の項目を読み、同意したうえで先に進めます。

手順2

一番下までスクロールし、「退会してすべてのデータを削除する」をクリックします。

手順3

これで退会完了です。

削除されるデータは以下のものです。

注意

退会されると、以下の情報が消去されます。

・保存した希望条件
・職務経歴書
・応募履歴
・すべてのメッセージ履歴
・退会手続きの後は登録情報を復元することはできません。

退会手続きの後はサービス利用や再開が不可となります。

配信メール停止までに3営業日程度お時間がかかるため、退会手続き完了メール受信後も配信メールが届く可能性があります。あらかじめご了承ください。

Q2.氏名など変更できますか?

基本的に氏名の変更はできません。

しかしご結婚などにより戸籍上の氏名が変わる場合は対応しています。

生年月日などは変更の対応をしているので、いつでも変更可能です。

Q3.企業やヘッドハンターにはどの情報が公開されますか?

ビズリーチに登録した職務経歴書と、「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」以外の情報は全て公開されるようになっています。

注意

下記の場合には、「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」も公開されます。

・求人へ応募された場合
・スカウトへ返信される際に「名前を表示」「連絡先を表示」にチェックを入れたままの場合

Q4.職務経歴書は非公開にできますか?

登録した職務経歴書を非公開にすることは可能です。

しかし、非公開にすると企業やヘッドハンターも見ることができなくなるため、スカウトが届かなくなります。

非公開の方法にも「すべての企業やヘッドハンターに対して非公開」と「特定の企業やヘッドハンターに対して非公開」にする方法があるので、気になる方は設定しましょう。

ビズリーチの使い方まとめ

ビズリーチは特にハイクラス転職に特化しており、ヘッドハンターからのスカウトなど独特なシステムで使い方に戸惑う人が多いです。

そのような人のために、この記事ではビズリーチの使い方無料プランと有料プランの違い使い方の注意点や登録方法など余すことなくご紹介しました。

転職の成功率を高めたい人はビズリーチと一緒に充実したサポートのある転職エージェントの併用がおすすめです。

おすすめの転職エージェント|自分に合った転職エージェントが見つかる」ではビズリーチと一緒の利用がおすすめの転職エージェントをご紹介していますので、興味のある方は参考にしてください。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄