秋田でおすすめの転職エージェント

秋田で転職をお考えであれば、転職エージェントを上手く活用しましょう。

ですが、日本には20,000社以上の転職エージェント事業者がいますので、どこを利用すればいいのか、お悩みではないでしょうか。

この記事では秋田で転職をお考えのあなたに、転職活動をより効率的に成功していただくために、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

記事の目次

秋田のおすすめ転職エージェント3選!

転職エージェントは「求人の量・質」「サポート体制」に優れたところは選びましょう。
そして、転職エージェント選びで最も大切なことは ”ひとつの転職エージェントだけに頼らない” ことです。

なぜなら、あなたの希望する働き方と転職エージェントの得意不得意が合っていなければ本当に希望していた働き方を叶える求人には出会えないからです。

複数の転職エージェントを利用し、数名のキャリアアドバイザーと出会うことで、あなたの希望する働き方をきちんと理解してくれるひとに出会えると思います。
また、複数社利用することで求人もたくさん紹介してもらい、あなたの可能性を高めていきましょう。

まずは多くの方におすすめできる、業界大手3社をご紹介いたします。秋田でも求人数が豊富で、さまざまな業種・職種のお仕事を紹介してくれる転職エージェントを厳選しました。
お急ぎの方・お忙しい方は早速こちらの表を参考に登録してみてください。
この3社の中から1社でも登録して、求人の紹介を受けたり、サイトの使い心地を確かめることで、他の転職エージェントを利用したときにも比較がしやすくなります。

転職エージェントへの登録は基本的に無料で、登録作業は3分程度で完了します。

ぶっちゃけ話特に最初にご紹介する求人数の多い業界大手の転職エージェント3社すべてに登録しておくと、自分でも驚くほど仕事選びが楽になりますよ!

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

転職決定者は約4.2社の転職エージェントを利用
実は転職を見事成功させた人ほど複数の転職エージェントを利用していることがリクルートの調査により確認されています。

【転職エージェント利用社数】

転職決定者 平均 4.2 社
全体 平均 2.1 社

複数の転職エージェントを利用することが転職成功につながる理由は2つあります。
1つ目の理由は非公開求人の存在です。特に総合型転職エージェントの場合、そのエージェントでしか見ることができない独占の非公開求人を扱っています。複数の転職エージェントに登録することで多くの非公開求人を見ることができ、自分の可能性を広げることができます。
2つ目の理由は自分に合った転職エージェントを見つけやすくなることです。実際に複数の転職エージェントに登録して利用してみることによって、転職エージェントとの相性を実際に感じることができます。
転職活動を成功させるためには、自分に合った転職エージェントを見つけることがとても重要なので、その後の転職活動をより効率的に進めるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

秋田でおすすめの転職エージェント

これから秋田でおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。
ここでご紹介する転職エージェントは「求人の量・質」「サポート体制」「近くに拠点があるかどうか」を主な比較軸にして厳選しています。

おすすめの年代や業種・職種なども記載していますので、あなたに合いそうなものがあれば、是非一度利用して、非公開求人なども紹介してもらいましょう。

非公開求人って?
非公開求人とは
多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。非公開求人とは、企業のホームページや転職サイトなどで掲載されていない非公開の求人のことです。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。その理由は主に2つあります。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目の理由は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。
こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

1-1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求a人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

・秋田公開求人数:約350件
・総求人数:271,017件
・公開求人数:129,158件 
・非公開求人数:141,859件

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

1-2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp/

新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

・秋田公開求人数:約200件
・総求人数:39,974件
・公開求人数:18,984件
・非公開求人数:20,990件

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

1-3.JACリクルートメント

JACリクルートメント
公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

・公開求人数:約4,600件
・非公開求人:求人全体の約60%

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

1-4.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

doda(デューダ)は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で全国に対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

幅広い求人を取り揃えていますし、他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録してみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

・秋田公開求人数:150件
・総求人数:記載なし(推定約500,000件)
・公開求人数:74,266件
・非公開求人:求人全体の80~90%

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

1-5.Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。
業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能で、99000件以上の求人数も魅力です。

・秋田公開求人数:約220件
・総求人数:50,574件
・公開求人数:18,578件
・非公開求人数:31,996件

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

1-6.パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

・秋田公開求人数:約100件
・総求人数:記載なし(推定約180,000件)
・公開求人数:36,869件
・非公開求人:求人全体の約80%

【秋田の拠点】
〒010-0001
秋田県秋田市中通4-5-2 明治安田生命秋田第2ビル7F
JR秋田駅西口 徒歩5分

1-7.ランスタッド

ランスタッド
公式サイト:https://www.randstad.co.jp/
ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界最大級の総合人材サービス企業です。
日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職に強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

また、ランスタッドのハイクラス転職は、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。

・秋田公開求人数:約100件
・総求人数:記載なし(推定約60,000件)
・公開求人数:12,398件
・非公開求人:求人全体の約80%

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

1-8.ワークポート

ワークポート
公式サイト:https://www.workport.co.jp/
ワークポートはIT業界・Web領域の転職に強い総合人材転職エージェントです。
転職コンシェルジュと独自のマッチングシステムの掛け合わせにより高精度なマッチングを実現しており、転職決定人数No1も獲得しています。IT系に特化した求人が10000件以上あるため、IT・WEB・ゲーム業界、デザインなどのクリエイティブ職への転職を考えている方におすすめです。
専任の転職コンシェルジュがマンツーマンでサポートしてくれるので、履歴書や職務経歴書の書き方に自信のない方にもおすすめです。

・秋田公開求人数:約100件
・公開求人数:28,761件
・非公開求人:求人全体の70~95%

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

秋田でおすすめの特化型転職エージェント

次は秋田で特に力をいれている地域密着型や業界特化型の転職エージェントをご紹介いたします。
地元に本社のある企業と強いつながりをもっていたり、他にはない求人がありますので、総合型転職エージェントと合わせて利用することをおすすめします。

Uターン・Iターンとは
Uターン・Iターンは、うまく活用することで転職活動を有利に進めることにもつながりますので、簡単にご説明いたします。
まずUターンとは、地方で生まれ育った人が都心に出て、再び地方に戻ることを言います。
つまりUターン転職とは、地方で生まれ育った後に都心に出て就職し、再び生まれ育った地に移住して転職することを言います。
これに対してIターンは、都心で生まれ育ち、その後地方へ出ていくことを言います。
つまりIターン転職とは、都心で生まれ育った人が都心で就職した後、地方に移住して転職することを言います。
UターンやIターンは、転職活動時に正社員での採用率が高まるなどのメリットが存在します。ぜひ上手に活用して転職活動を有利に進めてください。

2-1.ヒューレックス

ヒューレックス

公式サイト:https://www.hurex.jp/

ヒューレックス株式会社は宮城県仙台市に拠点を持っていますが、地元企業との結びつきが強く、東北全域の転職に特化しているのが特徴です。

東北などの地方であると転職先がなかなか見つからないことも多く、転職に行き詰まっている方も多いのではないでしょうか?
しかし、ヒューレックス株式会社であれば、東北各地の企業と強いつながりがあるので地方での求人数も多くなっています。

また、業種もたくさん存在しており、求人種類も豊富です。そのため、各業界に特化したコンサルタントが相談に乗ってくれますので、業界の最新情報や動向などを聞くことができます。

非公開の求人数も多く、大手のサイトには乗っていないような求人も多数あるので、是非登録してみてはいかがでしょうか?

・秋田県公開求人数:197件
・公開求人数:8,568件

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

2-2.たいようヒューマンネットワーク

たいようヒューマンネットワーク

公式サイト:http://t-human.co.jp/

たいようヒューマンネットワークは、東北6県と首都圏エリアに重きを置いている転職エージェントです。拠点は青森県八戸市ですが、秋田県の求人情報も多数取り扱っています。
これまでに累計して1,000名以上の方の転職サポートを達成しており、北東北エリア最大級の転職支援実績を誇ります。

主な紹介職種としては、技術系、営業系、事務系、医療系などがあり幅広い職種を取り扱っています。
また、プロコンサルタントがマンツーマンで転職をサポートしてくれるので、「転職が初めてで不安、どうしたらいいかわからない」という20代や30代の若者の方にもおすすめです。
面談もskypeを利用してできるようですので青森まで行けない方も手軽に相談することが可能です。

秋田・東北エリアでの転職を考えている方は是非登録してみてください。

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

2-3.WBD株式会社

WBD株式会社

公式サイト:https://www.wdb.co.jp/

WBD株式会社の特徴として、バイオ・科学業界に特化した求人情報を取り扱っています。
研究職に転職される方がほとんどであり、登録者はなんと13万人もいるようです。

ハイレベルな転職先企業を取り揃えているため、より研究職に力を入れたいという方からも人気があります。
また、転職支援をしていくにあたって、WBD株式会社は独自の品質向上プログラム「W-plus」というものを実施しています。
「W-plus」は、 能力だけでなく人柄も考慮して転職先を紹介する、転職後もしっかりとサポートする、定期的な基礎研修を行う といった3つの考えから構成されています。

研究職に興味がある方は是非登録してみてください。

・公開求人数:3,762件

【秋田の拠点】
〒010-0001
秋田県秋田市中通2-4-19 商工中金・第一生命秋田ビル4F
JR秋田駅 徒歩3分

2-4.株式会社あっぱれ

株式会社あっぱれ

公式サイト:https://appare-japan.com/

株式会社あっぱれは宮城県仙台を拠点としている転職支援会社です。拠点は仙台ですが、その他の東北地方での転職情報にも特化しており、秋田の求人も多数取り扱っています。

丁寧で親身な対応が特徴的で、転職についての悩み相談、転職先の紹介などもすべて無料で行ってくれます。
相談の中では、丁寧なヒアリングを通して、自分自身の強みや長所などを引き出していってくれます。また、転職をしたあとにも担当者が伺い、転職先に合っているかを確認してサポートしてくれます。
しっかりとしたフォローアップがついているので転職したあとも安心ですね。

東北・秋田エリアで転職をしたい方は是非、無料の相談をしてみてください。

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

2-5.ツクイスタッフ

ツクイスタッフ

公式サイト:https://www.tsukui-staff.net/

ツクイスタッフは全国38拠点を持つ転職支援会社です。そのため地域ごとに特化した求人情報を集めることができ、秋田・東北エリアの転職事情にも詳しいです。

ツクイスタッフはもともと株式会社ツクイという大手の介護サービス会社を親会社としています。
そのため、介護の資格のあるコンサルタントが多数存在しており、特に介護関係に転職したいという方にとっては、最適な転職エージェントになるでしょう。
求人数も比較的多めに取り揃えており、東北全体で見るとかなりの求人数が存在しています。

転職決定まで無料で相談が可能ですので、介護業界に興味があり秋田・東北で働きたいという方は相談してみてください。

・公開求人数:55,637件

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

2-6.リージョンズ株式会社

リージョンズ株式会社

公式サイト:https://www.regions.co.jp/

リージョンズ株式会社は主に東北・北海道・北関東エリアをメインとした転職支援サービスを行っている会社です。90%以上の求人が地元企業からのオーダーであり、東北エリアにおける求人情報に優れています。
地元企業とのつながりが強い分、求人サイトに掲載されていないような独自の案件を多く保持しているのも特徴です。
また、コンサルティング力にも自信があり、コンサルタントの方は年間50時間ほどの研修を継続されているようです。
その他にも、直接企業に足を運んでの情報収集をしたりと高い水準のお客様サービスを維持しています。

東京オフィスでのTV電話やSkype、電話面談、土日も対応していますので、なかなか訪れる機会が持てないという方も気軽に相談することができます。

・秋田の拠点:無し、登録後電話などで面談

転職エージェントの選び方|あなたに合った転職エージェントが分かる

これまで「求人の量・質」と「サポート体制」に優れた秋田でおすすの転職エージェントをご紹介しました。ここからはもっと詳しく知りたいという方のために転職エージェントの選び方と登録したあとにしっかりと活用するためのポイントをお伝えいたします。

まず、転職エージェントを選ぶときには、「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」の両方に、どちらも複数社登録することがおすすめです。

転職エージェントの種類|総合型と特化型とは
転職エージェントには総合型と特化型があります。
総合型転職エージェントとは業種・職種に限らず、たくさんの求人を紹介してくれたり、サポートの手厚さが売りの転職エージェントです。
特化型転職エージェントは職種・業界 ・地域など特定の分野に特化した転職エージェントです。特化しているからこそ、その分野での知識が豊富で企業とのつながりも強かったりします。
そしてどちらにもメリット・デメリットがあります。どちらも上手く使い分けて、転職活動の成功確率を上げましょう。
メリット デメリット
総合型 ・とにかく求人数が多い!
・業種・職種で限られないので、志望先を迷っているひとにもおすすめ
・キャリアアドバイザーによっては専門知識があまりない
特化型 ・特化しているからこそ他にはない求人がある
・専門知識があるので、業界に特化したアドバイスが受けられる
・業界や職種、対象とするひとが限定されてしまう

▶︎横にスクロールできます▶︎

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、下記のような手順で転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

ぶっちゃけ話転職エージェントは人によって合う合わないの差が大きいです。
あなたの希望の働き方を最大限に叶えるためには、複数のサービスに実際に登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみましょう。

3-1.まずは求人数の多い「総合型転職エージェント」から1〜2社登録

記事上部の秋田のおすすめ転職エージェント3選でご紹介している転職エージェントは総合型の中でも特に利用されている方が多く、求人も多数、サポートも手厚いため多くの方におすすめできる転職エージェントです。

まずはこの中から1〜2社登録して、どのような求人があるのかを確認しながらあなたのご希望と照らし合わせてみてください。また、幅広い業界・職種の求人があるため、あなたが考えていなかったような求人も見つかり、選択肢が広がるかもしれません。

複数社登録することで転職エージェントごとに比較ができます!求人の量・質だけでなく、サービスの使いやすさ、サポートの充実度も比較できますのでより良い転職エージェントに出会うためには必須です。

3-2.特化型転職エージェントに登録|タイプ別おすすめ転職エージェント 一覧

特化型転職エージェントはあなたの希望により近いものを選びましょう。
秋田で転職をお考えの方には先程「秋田でおすすめの特化型転職エージェント」でご紹介した地域密着型の転職エージェントにも登録しておくことをおすすめします。
地域に特化しているからこそ、独自の地元企業の求人などを扱っていたり、地域性を考慮した転職市場の情報などを得ることができます。
気になる業界がある方はそこに特化したものをお選びください。担当者が業界出身者であったりするため、特化した知識が得られ、転職活動がスムーズに進められる可能性が高くなります。

ハイクラスや第二新卒などの特徴に合わせた転職エージェントもありますので、下記の表の中にはあなたに合ったものもあると思います。

おすすめサービス 公式サイト
看護師 看護のお仕事 https://kango-oshigoto.jp/
介護 スマイルSUPPORT介護 https://www.h-career-support.com/kaigo/
保育士 保育ひろば https://hoiku-hiroba.com/
薬剤師 薬キャリ https://pcareer.m3.com/
IT・Web
エンジニア
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
製造業系
エンジニア
メイテックネクスト https://www.m-next.jp/
管理部門
(経理・財務・
人事・総務)
MS-Japan https://www.jmsc.co.jp/
公認会計士 マイナビ会計士 https://cpa.mynavi.jp/
医師 エムスリーキャリア https://agent.m3.com/
アパレル クリーデンス https://www.crede.co.jp/
クリエイティブ マスメディアン https://www.massmedian.co.jp/
マーケティング マーケティング
転職.com
http://www.marketing-jac.com/
コンサル JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp/
金融 マイナビ金融AGENT https://mynavi-agent.jp/
ゲーム Geekly https://www.geekly.co.jp/
外資 ロバート・
ウォルターズ
https://www.robertwalters.co.jp
管理職・
ハイクラス
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
女性の転職 パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
ニート・
フリーター
就職Shop https://www.ss-shop.jp/
ベンチャー Goodfind https://www.goodfind.jp/2020/
第二新卒 ハタラクティブ https://hataractive.jp/

▶︎横にスクロールできます▶︎

3-3.合計3社ほど利用しながら比較してみる

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントを合計3社ほど登録をしたあとは各社の求人を確認したり、担当者と面談したり、実際にサービスを利用してみてください。
求人の検索のしやすさや担当者との連絡の方法、担当者の熱意などあなたで合う合わないがはっきりとしてくると思います。
使いやすいサービスについてはそのまま継続利用し、もっと他にも検討してみたいとおもった場合には早めに他の転職エージェントの利用も検討しましょう。
また、転職活動を進めていくと知識もついてきて、希望条件も変化していく方もいらっしゃると思うので、そのタイミングで改めて転職エージェントを選んでみるのもいいですね。
転職エージェントは担当するキャリアコンサルタントの相性や質が最も重要です。まずは利用してみて、一番良いと思ったところを活用するという心構えで選んでみることをおすすめします。

転職エージェントの7つの活用術

転職エージェントを活用するには、いくつかポイントがあります。
いい転職先を効率良く見つけて、転職活動を長引かせないためにもこれからご紹介する7つのポイントを意識して、転職のプロにあなたの転職活動をしっかりサポートしてもらいましょう。

そもそも転職エージェントとは?
転職エージェントとは
転職エージェントとは、転職したい求職者と、職員を採用したい企業や組織を結びつけるための仲介サービスです。人材紹介会社や人材バンクと呼ばれることもあります。
一般的な転職エージェントは、求職者が求める条件や希望に応じてぴったりの求人を紹介してくれるだけでなく、面接日時の調整やその後の面接対策、入社までの手続きや退職の手続きのアドバイスなど、転職が決まり、入社するまでの一連の流れを無料でサポートしてくれます。
自分を客観的に見てアドバイスをしてくれて、一般的な求人誌や求人サイトには掲載されない非公開求人を紹介してくれることも多いので、自分だけで転職活動をするよりも効率良く転職成功に導いてくれる便利なサービスです。

4-1.連絡は素早く・こまめに

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、転職活動では書類選考の締め切りや面接日時の設定など、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、転職エージェントと企業側の両者に好印象をもってもらえます。
複数の転職エージェントを利用していて、あまり連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ転職活動をしていることを伝えてみましょう。
あまり連絡がないと転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。
キャリアアドバイザーと綿密なやりとりをすることで優先的にサポートしてもらいましょう。

4-2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談では必ず希望の転職時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて転職活動をしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は”良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。
転職エージェントも早期に売上に繋がりやすい、転職への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、転職時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに転職したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

4-3.経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

4-4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える転職先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当のキャリアコンサルタントに共有することが重要です。
なぜならキャリアコンサルタントはその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

4-5.担当のキャリアコンサルタントは変更できる

実際にやり取りをしてみると担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。そのような場合には別の転職エージェントを利用してみるというのもおすすめですが、その他のサービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当のキャリアコンサルタントを変えてもらうというのもおすすめです。
どうしても相性などの問題もありますので担当変更はさほど大きな問題ではありません。ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので、注意しましょう。

4-6.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

4-7.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。
「推薦文」とは転職エージェントが企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。
担当のキャリアアドバイザーによっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

秋田の転職エージェントに関するよくある疑問

5-1.秋田の転職エージェントを利用するメリットはなんですか?

転職エージェントの利用には下記のようなメリットがあります。
転職エージェントのメリット
・提出書類の準備・面接対策などをサポートしてくれる

・転職のプロ(キャリアアドバイザー)があなたにあった企業を紹介してくれる

・非公開求人を紹介してくれる

・企業の人事担当者・経営者層とのつながりがあるので交渉ができる

転職エージェントは企業と長年の繋がりをもっている場合が多く、求人を出している会社の実際の職場環境等も把握し、求職者の方々が入社した後にギャップが生まれないに注意しています。
そのため、その地域ならではの職場環境や人柄、その地域の転職市場も理解しています。そのような転職エージェントに支援してもらうことで面接なども効率的に対策をとることができます。
キャリアアドバイザーとは
キャリアアドバイザーとは、その名の通り求職者に対してどのような仕事が向いているのか、今持っているスキルや経験を何に活かすことができるのかなどをアドバイスする人です。
自分だけではなかなか分析しづらい自らの興味関心や能力、価値観などを分析し、キャリア形成のための支援を行います。
一般的に人材紹介会社の職種は大きく分けると、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーの二つになります。リクルーティングアドバイザーが企業側の採用したいニーズに対応するのに対して、キャリアアドバイザーは求職者のニーズに対応します。
つまり転職活動中の求職者と密接にかかわる存在であり、転職成功まで二人三脚でサポートしてくれるパートナーのような存在です。

5-2.地方限定正社員とは何ですか?

地域限定社員とは勤務地を限定して働く社員のことで、転居を伴う転勤のない雇用形態です。
これまでの日本では、複数の支店や営業所を転勤しながら長期的キャリア形成をして昇進していくという流れが一般的でした。しかし最近では地域限定の雇用形態を新たな働き方として導入する企業が増えてきています。
地域限定社員のメリットは、全国に転勤のある可能性がある正規雇用労働者になることで家庭との両立が困難になってしまうような人でも、正規雇用の道を目指しやすくなる点です。
特に、生き方や働き方が多様化している今の時代では、様々な環境で生活している人に正規雇用の機会が与えられる制度が整っていることは安心です。
地域限定社員は、全国転勤の社員に比べると給料が低かったり、任される仕事の幅が少ないといったデメリットはありますが、自分の生活スタイルに合った働き方の1つとして地域限定社員という選択肢を持っておくとよいでしょう。

5-3.秋田での転職は難しいのでしょうか?

結論からお伝えしますと、秋田県での転職活動は少し難しいかもしれません。
なぜなら厚生労働省の調査によると2020年2月、秋田県の有効求人倍率は1.39となっており、全国平均が1.45ですのでこの数字と比較すると、秋田県での転職活動は少し難しいと考えられます。
この数字は毎月変わりますので、あくまで参考の数値ですが、確認しておくことをおすすめします。
転職エージェントは最新の転職市場にも詳しいので、現在の転職市場であなたの強みがどのように活かせるか相談してみましょう。
有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人の割合のことを指します。ここでの求人および求職は公共職業安定所、すなわちハローワークを通じたものに限られます。有効求人倍率を計算するためには、企業からの求人数をハローワークに登録している求職者の数で割ることで算出できます。
この有効求人倍率が1を上回っている状態が、求職者数よりも求人数が多いということになり、人手不足の状態ということになります。
これに対して有効求人倍率1を下回っている場合、求人数よりも求職者数が多い、つまり就職が困難な状態であると判断することができます。

秋田の転職エージェントまとめ

この記事では秋田でおすすめの転職エージェントをご紹介いたしました。転職エージェントはあなたの転職活動を無料で支援してくれて、転職の成功確率を高めてくれる存在です。

何かと不安の多い転職活動中も、エージェントがいてくれることで安心して過ごすことができます。転職を成功させるために大切なことは、あなたと相性のいい転職エージェントを見つけることです。

無料で利用できるのが転職エージェントの良さなので、本記事でご紹介した転職エージェントの中から実際に2〜3社、利用してみてください。
効率よくあなたに合った転職エージェントを見つけることができますよ。

全国総合版はこちらです。
>>転職エージェントおすすめランキング

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄