CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました


「幼稚園教諭におすすめの転職サイトは?」
「失敗しない転職サイトの選び方は?」

このような悩みをお持ちではないですか。

幼稚園教諭におすすめの転職サイト10選をランキング形式でご紹介しています。
>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

他にも、転職サイトのメリット、デメリット、最新の転職市場の動きも載せていますので、最後までご覧くださいね。

人気求人が豊富

保育ひろば
非公開求人多数!
小規模開催の転職フェアが人気

\60秒で登録完了/

公式サイト→

保育士ワーカーバナー

保育士ワーカー
求人数49,950件
全国対応

\登録かんたん/

記事の目次

幼稚園教諭におすすめの転職サイト10選

幼稚園教諭への転職を考えていても「なにから手をつけていいか」「どこの転職サイトがいいのか」わからないことがたくさんありますよね。

そんな方に幼稚園教諭におすすめの転職サイトをまとめました。

転職サイトによってそれぞれサービスが異なりますので、あなたにピッタリな転職サイトを探すためにも、2、3社に登録してみましょう。

1位:保育ひろば

保育ひろば

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku-hiroba.com

「保育ひろば」は、幼稚園教諭さんのための「エージェント型」転職サイトです。担当者が頼もしくサポートしてくれます。

こちらのサイトは業界トップクラスの求人数、全国4万件以上の求人があります。

さらに、サービスも充実しているため、ご利用満足度は94%にも達しています。

一人一人に手厚いサポートがあり、担当者が非公開求人の中からも探してくれますので、求人者の希望に合った就職先を見つけてくれます。

こちらのサイトは登録だけ、もしくは相談だけといったご利用もできます。

全てのサービスが無料で使えるため、安心して登録できます。

口コミアイコン
《30代 女性》

転職が決まるまで担当者が手厚いサポートで支えてくれるため、とてもやりやすかったです。
一人で転職活動するよりも安心してできます。
さらに、保育ひろばで転職活動を行うと「交通費支給」、「転職お祝い金」などももらえるため他のサイトよりもお得に転職活動ができます。

>>保育ひろばの口コミ・評判はこちら

2位:保育士ワーカー

保育士ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://hoikushi-worker.com

「保育士ワーカー」は、保育業界を専門に扱った老舗の保育士専門の転職サイトです。

厚生労働省から許可を得て人材紹介サービスを行っているため、安心して転職活動を任せられます。

保育園、幼稚園、学童、病院、企業などの多数の求人を取り揃えているため、専門事業から幅広く探すことができます。

また、担当者からは就職先の実際の残業時間、有給消費化率、職場の人間関係など、一人では手に入れることができない情報も教えてくれます。

そのため転職後「自分のイメージしていた感じと違ったらどうしよう」などの心配を減らすことができます。

面接日程の調整、面接対策、給与などの一人で行うと大変なことも一緒にやってくれるため、心強いです。

求職者の約8割が年収アップに成功しています。

口コミアイコン
《30代 男性》

当者が1人~複数人つくため、転職活動中のサポートはもちろん、転職後のアフターフォローも充実していて、とても手厚いサポートでした。
さらに、スピーディーに対応してくれるためスムーズに転職活動を行うことができます。

>>保育士ワーカーの口コミ・評判はこちら

3位:マイナビ保育士

マイナビ保育士

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.mynavi.jp

「マイナビ保育士」は、大手転職サイトの有名なマイナビが運営している保育士に特化した転職サイトです。

求人数も多く、個人情報の管理も徹底しているため安心してご利用頂けます。

初めての転職で不安な方は一度、登録してみることをお勧めします。

もちろん、担当者が転職活動を手厚くサポートしてくれますがアフターケアも非常に充実している点が特徴といえます。

例えば、契約時に聞いていた業務と異なっている、あなたの希望通りの要求が通っていないなどのことがあればアフターフォローとしてマイナビ保育士「お客様相談」から相談に乗ってもらえます。

さらに、スキルアップを目指すために保育士の勉強会を開催しています。

専門講師から教わる有料のセミナーにはなるのですが、今後の仕事にも役に立つので興味がある方は、ぜひチェックしてみましょう。

口コミアイコン
《20代 女性》

担当者の方が丁寧に接して下さり、自分の要望を細かく聞いてくれたので安心して話すことができました。
個人の状況に応じてピッタリな転職先を見つけてくれるので、助かりました。

>>マイナビ保育士の口コミ・評判はこちら

4位:保育士バンク

保育士バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.rentracks.jp

「保育士バンク」は、月収25万円以上、休暇がとりやすい、小規模保育、福利厚生充実などの人気条件の求人がたくさんあります。

さらに、非公開求人も多数取り揃えているため幅広く求人を探すことができます。

面接に実際に出向くのが大変という人は無料で電話での相談も行っているため、利用するのがおすすめです。

口コミアイコン
《30代 女性》
無料で電話相談にのってもらい、自分がどうしても譲れないポイントなどもお伝えしたところ、真剣に話を聞いて下さったので安心して転職活動に洗練できました。
 
ただ、早く決めてくださいという感じで、自分の売上を期間内に早く決めたいという感じが垣間見えたのが残念だと思いました。

いち早く転職先を決めたいという方には向いています。

>>保育バンクの口コミ・評判はこちら

5位:ほいく畑

ほいく畑

おすすめ度:
公式サイト: https://hoikubatake.jp

「ほいく畑」は、地域密着の求人が探せる「エージェント型」のサイトです。

厚生労働大臣認可の保育士就職支援センターですので、豊富な求人情報から、担当者があなたにぴったりのお仕事をお探しします。

ブランクあり、未経験、子育て中、無資格からのチャレンジなど細かいあなたの要望に答えてくれます。

さらに、働き方も希望に応じて派遣や正社員、保育士など様々な働き方を選ぶことができます。

口コミアイコン
《20代 女性》

首都圏はもちろん、地方の求人も多数取り揃えてあり、働く場所をえらばなくても見つけられて助かりました。

非公開求人も多くあり、求人数には困りませんでした。

転職支援サービスも充実しているのも特徴です。

内定辞退も担当者の方が行ってくれたり、条件交渉で応募要項よりも高い年収で採用されたり、色々感謝しています。

>>ほいく畑の口コミ・評判はこちら

6位:ミラクス保育

ミラクル保育

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.miraxs.co.jp

「ミラクス保育」は、数多くの保育園、老人ホームをサポートしている株式会社miraxが運営しているサイトです。

公開非公開合わせた求人数は、約60,000件とかなりの数です。

ハイクラス求人も多く扱っており、園長や主任クラスのキャリアアップを目指すことも可能です。

ただ、場所により偏りがみられるため、複数のサイトと併用して利用することをおすすめします。

さらに、実際に利用して転職した方の満足度が約95%と非常に高いことから、サービスも充実していることがわかります。

口コミアイコン
《20代 女性》

連絡がラインを使用するため、スムーズで簡単に行うことが良かったです。
担当者との面接では、転職時期、希望の職業の条件や給与の条件だけでなく、これまでの自分が担当してきた園児の様子やピアノや工作ができるのかなどといった経験も踏まえて転職先を探してくれるので助かりました。
また、転職先の園の様子も詳しく教えてくれたため、安心して就職することができました。

>>ミラクス保育の口コミ・評判はこちら

7位:保育Fine!

保育Fine

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.fine.me

「保育Fine!」は、保険関連の求人サイトです。

会員登録すると、応募のたびに住所などの個人情報を打ち込む手間が省けたり、気になる求人をお気に入り登録できたりという便利な機能を取り揃えています。

お気に入りに登録しておいた求人同士を後から比較することもできるため、あなたにピッタリな転職先を見つけることができます。

じっくり吟味して就職先を見つけた人にはピッタリのサイトになっていますので、ぜひ一度登録してみてください。

口コミアイコン
《20代 男性》

面接をする時間がとれなかったため、メールでのやりとりができるこのサイトを利用しました。
忙しくて連絡ができないときは、メルマガ登録しておき、そこから来る情報をもとに求人情報を集めていました。
最新の注目されている求人情報などを送ってくれるので、参考になりました。
面接や見学に行くだけで、支援金がもらえたりと、精神面だけでなく金銭面でも支えてくれたので、安心して転職活動を行うことができました。

>>保育fineの口コミ・評判はこちら

8位:保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoikujyouhou.com

「保育情報どっとこむ」は、各支店に保育に特化した担当者があなたの転職活動を支えてくれます。

保育の現場で体験実習を行い、直接転職先とコンタクトをとっているため、字面からだけではわからない情報も多く仕入れているため、あなたにピッタリな転職先を見つけることができます。

さらに、お仕事説明会・登録会などのイベントを定期的に日本全国で開催しています。

就業中の保育士の方から生の声が聞けたり、イベント形式で気軽に参加できるため転職への悩みなども相談しやすいです。

また、スキルアップのための無料セミナーもあるため、ぜひ活用してみてください。

口コミアイコン
《30代 女性》

保育施設を見学したい、面接がしたいと申し出れば、担当者が一緒に同行してくれたので心強かったです。
一から丁寧に指導してくれるので転職に無知な人でも利用できます。
実際に足を運んで体験することで、自分のイメージと合うかどうかを確認できてよかったです。

>>保育情報どっとこむの口コミ・評判はこちら

9位:ほいくジョブ

ほいくジョブ

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku-job.net

「ほいくジョブ」は、株式会社プレアデスが企画・運営を行っています。
年間30,000人を超える保育士・幼稚園教諭の方々が転職なさっています。

幅広い求人情報を扱っているため、あなたにぴったりな働き口が見つかります。

こちらのサイトは、初めての転職でも安心して転職できるサービスが充実しています。

幼稚園教諭に転職する人に業界専門のコンサルタントがサポートしてくれます。

履歴書の書き方や、細かい条件の調整、アフターケアーも充実しているため、あなたの転職を助けてくれます。

口コミアイコン
《30代 男性》

求人数が多く他のサイトでは、見かけない求人も多くあって良かったです。
求人数が多いと見つけにくいことがあります。
このサイトを利用する際は、ある程度自分が働きたい職場を決めている人におすすめします。
担当者によっては対応に差があるようです。         
自分にあってない担当者であれば、変更したほうがいいです。


10位:保育士コンシェル

保育士コンシェル

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoikushiconcier.com

「保育士コンシェル」は、株式会社プログレートが行っています。

コンサルの対応は満足度97.3%、人材紹介を利用した人は満足度96.4%を占めています。

求人数は、約2,000~3,000件ほどありますが、対応地域は東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県が占めています。

こちらの地域で求人をさがしている人は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

さらに、月収、年間休日、賞与、住宅補助、残業、雇用形態など細かくあなたの条件を設定できるため、探しやすいです。

口コミアイコン
《30代 女性》
前職では、人間関係に悩み辞めることになったのですが、新しい転職先では、年収もあがり人間関係にも悩まされることもなくなったため、 転職してよかったと思っています。

今の職場に不満がある方や人間関係に悩まされている方がいましたら、一度連絡して相談してみることをおすすめします。

幼稚園教諭の転職サイトの選び方

たくさんある転職サイトを上手に選ぶ方法をご紹介します。

>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

幅広い分野の幼稚園教諭求人が多い

扱っている求人情報が、求人の雇用形態、施設、職種、資格や地域の条件が自分とあっているものがあるか確認することは大切です。

細かく自分の条件を明記することができればできるほど、自分にあった転職先が見つかります。

求人数や各サイトの強みを比較しやすいか

たくさんあるサイトの中でどのサイトが自分に適しているか、見極めることは大変ですよね。

サイトごとに比較出来れば、自分が最も重視している項目が強いところがわかり、より安心して転職活動を行えます。

サービスが充実しているか

安心して転職するためにも、受けられるサービスは重要です。

職業安定法などを守っているか、プライバシーマークがついているかなどしっかり確認しましょう。

転職サイトの種類

エージェント型転職サイトと求人型転職サイトの違いは曖昧になっていませんか。

それぞれの違いについて解説します。

エージェント型転職サイト

  • 求職者が直接コンサルタント(担当者)と面接し、求職者にあった求人を探してくれる。
  •   

求人型転職サイト

  • web上にある求人サイトから自分で求人を探し、企業に応募する
  •   

エージェント型 サイト型
料金 無料 無料
気軽さ
公開求人数
自己分析サポート
書類添削
スケジュール調整
面接対策
年収の交渉
転職情報の量
転職活動のスピード感

自分の用途に合わせて、エージェント型とサイト型の転職サイトを使い分けてみてください。

この2つは併用して利用することもできます。

人によってはその方が早く決まることもあるので、ぜひ興味があれば両方登録してみてください。

>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

幼稚園教諭が転職サイトを利用するメリット

幼稚園教諭が転職サイトを使うメリットをご紹介します。

非公開求人の多さ

通常の求人サイトには載っていない求人情報やそのエージェント型転職サイトでしか応募できない「非公開求人」に応募することができます。

登録するだけで、求人型転職サイトよりも多くの求人情報を得ることができます。

ここで、非公開求人になる仕事の特徴をあげます。

非公開求人の特徴
・大手企業が経営戦略上、競合他社に知られずに求人を募集したい場合
・急な異動や退職による欠員補充などで、求人を公開して募集する時間がない場合
・特定の専門技術がある人材がほしいため、絞りこんで求人を探している場合

>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

企業との交渉を担当者が行ってくれる

自分ではなかなか言えないことをコンサルタント(担当者)が代行して企業に交渉してくれます。

例えば、自分で給与交渉を行う場合やり方がわからなかったり、上手く交渉できなかったりして、内定取り消しになったりしたら、嫌ですよね。

エージェント型転職サイトを使うと、交渉に慣れているコンサルタントが代わりに交渉を行ってくれますので、安心して任せることができます。

ただ中には給与交渉を行っていないエージェント型転職サイトもあるので選ぶ際は慎重に決めましょう。

企業の内部情報が事前に入手できる

自分の就きたい職業がある、興味を持っている仕事がある場合、業界特化型転職サイト(エージェント型)をおすすめします。

担当者自身がその業界の経験者であったりするため、その業界や企業内部について詳しく知っています。

自分で調べてもわからなかったことが聞くことができます。

さらに、その業界の業務内容や雰囲気も教えてくれるため、自分がやりたかったことと合っているのかも確認できます。

少し業界の雰囲気を知るだけでも、転職に対する不安を減らすことに繋がります。

書類の添削や面談の練習をしてもらえる

自分で応募する場合だと、全部自分で一から用意しなければなりません。

しかし、プロのコンサルタント(担当者)に指導してもらえば、自分で書類を用意する時間も手間も省くことができるので、効率よく転職活動を行うことができます。

キャリアプランが想像しやすくなる

先ほど書いた通り、担当者は企業の雰囲気や内部事情を教えてくれます。

自分の思い描いている仕事かどうかわかっていれば、この企業に入った先のことも想像しやすくなります。

幼稚園教諭が転職サイトを利用するデメリット

転職ペースが転職サイト次第

エージェント型転職サイトの場合、担当者に求人情報を提供してもらうため、自分のペースで転職活動ができないという側面があります。

上手く自分の情報が伝わり、求人情報を教えてくれればいいのですが、担当者からのアドバイスや新しい提案などを受け、予想以上に求人情報獲得までに時間を要してしまう可能性があります。

また、担当者となかなかコンタクトがとれなければ、求人情報を教えてもらうことすらできません。

転職サイトを挟むことで自分の予定とズレてしまうことがあります。

担当者と相性が合わない可能性がある

エージェント型転職サイトのサービスは担当者と自分の相性で変わります。

コミュニケーションをしっかり取ることができて、連絡が噛み合う人に担当してもらうことが大事です。

希望求人に応募できない可能性がある

エージェント型転職サイトが無料で利用できる理由にも繋がるのですが、エージェント型転職サイトは求職者を園や企業に紹介することで収入を得ています。

そのため悪質な転職サイトだと、転職サイトの利益になるような企業を勧められてしまう場合があります。

幼稚園教諭の転職を成功させる転職サイトの活用方法

たくさんの転職サイトがあっては、どれを選んでいいかわからなくなりますよね。

そこで、転職サイトを上手に使うためのノウハウを幾つか挙げました。

>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

担当者と相性が合わなければ変更してもらう

転職サイトの担当者はあなたの今後の仕事を決める上で非常に大事です。

自分の希望した仕事のことをあまり知らない担当者や、希望していない仕事を勧めてくる担当者は、すぐに変更してもらいましょう。

「担当者の力不足で、人生で大切な局面である転職活動が上手くいかなかった」ということは避けたいですよね。

自分と相性が合う担当者を見つけてこそ、転職サイトを利用する価値があります。

経験やスキルは正直に伝える

自分が分析しきれなかった点をみてもらえるように、自分のことを客観的に見てくれる担当者には経歴やスキルを正直に伝えましょう。

そうすることで、自分の欠点や対策不足などの弱点がわかります。

また、自分自身のスキルを正確に分析することで、自分のスキルを生かした仕事を見つけることができたり、転職成功率を上げたりすることもできます。

担当者に転職への熱意をしっかり伝える

最後に、求職者は幼稚園で働きたいという志望動機をはっきり伝えましょう。
どこにでもある文句などではなく、しっかり自分の言葉で表すことが大事です。

・なぜ幼稚園教諭で働きたいのか
・自分の理念や方針はどのようなものか
・自分のスキルが活かせることは何か
・入職後の自分は何をやりたいか

志望動機を明確にすることで、担当者もその人にあった求人を探しやすくなります。

自分に適した職場を見つけられるよう、あらかじめ自分でも考えをまとめておくことが大事です。

転職サイトに登録した後の流れ

初めて転職する方は、不安なことも多いですよね。

転職サイトに登録した後の流れを少しでも知っておくことで、転職への不安が少なくなります。

1.Webから会員登録

各転職サイトの公式ホームページから登録しましょう。

全ての項目を記入した後、登録完了メールの確認を行ってください。

届いていたら、これで準備完了です。
>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

2.面談の日程調整

転職サイトに登録後、数日以内に連絡があります。

10分ほどの簡単なヒアリングですがが、担当者と面接日程を決めましょう。

サイトによって異なるのですが、オフィスに訪問する場合と電話での対応の場合がありますので事前に確認しておきましょう。

明確な希望条件がある場合は最初に担当者に報告してください。

3.面談・求人紹介

初回の面談での内容を下記に記載しているので、事前に自分で確認しておきましょう。

・現在の転職市場についての講義
・ご自身のキャリア履歴
・転職動機
・転職する際に求める希望条件
・自己PR

これらの内容を基に担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。

4.選考対策

紹介された中で気に入った求人があれば、次に職務経歴書や履歴書の準備をしましょう。

書類の作成から添削まで担当者にアドバイスをもらうことができます。

さらに、書類選考通過後の面接の練習もしてくれますので、しっかり対策をすることができます。

5.内定

内定の連絡が担当者から知らされます。

この際、担当者が月給交渉などもしてくれます。
>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

最近の幼稚園教諭の転職傾向

幼稚園教諭は、子供のなりたい職業ランキング、上位にくる人気の職業です。

しかし、少子化の影響で幼稚園数も減り、採用人数は減少の傾向にあります。

また、従来の傾向では秋から冬にかけて採用活動が行われることが一般的でした。

ところが、近年は秋ごろからの採用活動が多くなってきました。

そのため幼稚園教諭の転職を希望している方は、早めの行動が勝利の鍵を握るでしょう。

幼稚園教諭の有効求人倍率

下記に記載してありますのは、2021年5月の記録です。

以外と主要な都市の有効求人倍率は、1を上回っていることがわかります。

今回は抜粋して日本の人口が多い順に表をまとめました。

有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人の割合のことを指します。ここでの求人および求職は公共職業安定所、すなわちハローワークを通じたものに限られます。有効求人倍率を計算するためには、企業からの求人数をハローワークに登録している求職者の数で割ることで算出できます。
この有効求人倍率が1を上回っている状態が、求職者数よりも求人数が多いということになり、人手不足の状態です。
これに対して有効求人倍率1を下回っている場合、求人数よりも求職者数が多い、つまり就職が困難な状態であると判断することができます。

参照:独立行政法人 労働政策研究・研修機構のデータ(2021年5月)

エリア 有効求人倍率
東京 1.12%
神奈川 0.78%
大阪 1.10%
愛知 1.16%
埼玉 0.94%
千葉 0.88%
兵庫 0.94%
北海道 1.02%

幼稚園教諭の転職に失敗しないための方法

転職するにあたり不安なことがたくさんありますよね。

ここで少しでも不安を解消するために、失敗しないための方法をご紹介します。

転職前に園内を見学させてもらう

転職前もそうですが、面接を受ける園の見学をさせてもらうことは重要です。

幼稚園によって1日の過ごし方が異なるので、自分に適した時間割であるかどうか、肌で感じることをおすすめします。

ウェブサイトでの情報や担当者からの説明からでは伝わりにくいことなども訪問することによって気づくこともあります。

転職サイトは複数利用する

1つの転職サイトに登録していても、他の転職サイトの利用は可能です。

もし、どのサイトに登録したらいいか迷ったら、この記事内で幼稚園教諭転職にピッタリな転職サイトをご紹介していますので、登録してみてください。

では、なぜ複数のサイトに登録するといいのか。

それは、各サイトによって出している求人が異なるからです。

求人をサイトに載せるためには、数百万の費用が企業にかかることがあります。

そのため、企業も複数のサイトに求人を載せず、一つのところにしか載せていないことが多いです。

また、サイトごとに求人の種類、特徴が異なってくることがあります。

自分が求めている転職先に出会うためにも、複数のサイトに登録しておきましょう。
>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

複数の転職サイトから同じ求人に応募しない

気になる転職先を見つけ、複数のサイトを通じて応募したくなる気持ちはわかります。

ですが、同じ案件に複数応募してしまうと、企業側と転職エージェント側からの信用を失いかねません。

複数のサイトを利用するメリットは先ほども記載した通り、一つのサイトよりも多種多様な求人を見ることができることです。

様々な求人を応募することに各サイト意味があるので、そのように利用してみましょう。

園の口コミを事前に確認しておく

求人情報と企業の実態とのギャップがあることもあります。

サイトに載っている求人情報とは、企業が提供しているものであるため、良く見せようと誇張して書かれている場合があったり、異なった情報が書かれていることがあります。

いざ、就職が決まってギャップを感じないためにも口コミサイトを事前に確認しておくことをお勧めします。

幼稚園教諭と保育士の違い

上記の2つの違いをはっきりわからない方もいますよね。

幼稚園教諭の勤務の仕事内容にも関わりますので、役割をしっかり理解して、転職活動に取り組みましょう。

幼稚園教諭 保育士
必要な資格 幼稚園教諭免許 保育士資格
管轄 文部科学省 厚生労働省
保育対象 満3歳~小学校就学前 0歳児~小学校就学前
役割 子供に「教育」を行う。
年齢にふさわしい環境で子供の就学に向けての準備をする。
子供を「保育」する。
保護者に代わって養育し、基本的な生活の習慣を身に着けさせる。
主な職場 幼稚園 保育園
乳児院
児童養護施設

この表からわかる通り、似たような職業であっても役割は全然違ってきます。

>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

幼稚園教諭の転職でよくある質問と回答

転職活動に、不安はつきものですよね。

そんな不安を少しでも解消するために以下よくある質問をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

在職中でも転職サイトは利用できますか?

在職中でも転職サイトは利用できます。

転職先が決まる前に退職するのはあまりおすすめしないやり方です。

転職を考えている人は在職しながら転職先を探すというのが無難でしょう。

退職してたっぷり転職に時間を割いたほうがいいと考える方もいるかもしれません。

そのやり方が自分にあっていれば、問題ないです。

しかし、会社を辞めて転職活動に切り替えたはいいもののすぐに就職先が決まるというわけではありません。

さらに、仕事をしない空白の時間が長いと内定も出づらくなり、どんどんその期間が伸びてしまうと不安だけが溜まっていきます。

幼稚園教諭になるためにはどうすればいいですか?

未経験の方も幼稚園教諭のお仕事は歓迎されます。

初めて幼稚園教諭になる方は、このような流れで資格をとってください。

幼稚園教諭免許をとる必要があります。この資格をとるためのルートが幾つかありますのでご紹介します。

・短大、専門学校で教職課程を履修
 

2種免許状獲得 

採用試験
 
・4年制大学で教職過程を履修 


1種免許状獲得 

採用試験

・4年制大学で教職課程を履修および大学院進学 


専修免許状獲得 

採用試験

保育士資格所有の場合
3年もしくは4,320時間の実務経験 

文部科学省が実施する幼稚園教員資格認定試験受験 

2種免許獲得 
↓ 
採用試験

採用試験に合格すれば、晴れて幼稚園教諭として働くことができます。

幼稚園教諭免許状は、専修、一種、二種の三つに分かれていますが免許の種類によって職務内容が変わることはありません。

ただし、給与面で二種よりも一種の方が優遇される傾向にあります。

また園長になるには、一種以上の免許が必要です。

キャリアアップが望めるのは、一種以上と言えるでしょう。

自分のスキルに合わせて考えてみてください。

退職手続きの方法はどうやるのですか?

主に二つやることがあります。

①退職届の提出
退職希望日の1か月~に2週間前までに上司に提出する書類です。

退職の意志を伝えます。

②備品返却・書類受取
会社から支給されているものを返します。
会社のやり方に従い、返却、受取をしていきます。
主なものを下記に挙げます。

・健康保険被保険者証
・身分証明書(社員証、カードキー、社章、名刺)
・業務資料、書類、書籍
・会社支給の備品
・社費で購入した物

さらに、退職にあたり会社から受け取るものもあります。
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・源泉微収票
・離職票
・退職証明書

円満退社するためにも、事前に確認しておきましょう。 

未経験でも幼稚園教諭に転職できますか?

未経験でも国家資格を獲得すれば、幼稚園教諭になることは可能です。

国家資格を受けるには、指定の教職課程を履修しなければなりません。

詳しくは、上記の「幼稚園教諭になるためにはどうすればいいですか」の項目にあるので、参照してみてください。

まとめ

この記事では、幼稚園教諭への転職に興味がある方に向けて、おすすめの転職サイトをまとめました。

転職が初めてという方は、何から知れば良いのか、どうやったらいいのかなど、不安なことが多くて、転職に一歩踏み出せないこともあるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして、幼稚園教諭への転職を実現させてくださいね。

>>幼稚園教諭におすすめの転職サイト

【保育】都道府県別おすすめ転職サイト
関東 東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
参考文献
厚生労働省
保育士等に関する関係資料
保育士の再就職支援に関する報告書
保育士職業詳細|職業情報サイト
保育士のキャリアアップの仕組みの構築と 処遇改善について
保育士の平均賃金
ミライの保育士
保育の現場・職業の魅力向上に関する 報告書
保育士の現状と主な取組
保育士を支える保育士確保に向けた総合的取組
保育士を対象とした調査|本調査データ集
保育所等について
保育分野における職業紹介事業に関するアンケート調査の概要
保育分野における人材不足の現状

内閣府
子ども・子育て支援新制度ハンドブック(平成27年7月改訂版)

独立行政法人福祉医療機構
「保育人材」に関するアンケート調査結果