CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました


幼稚園の先生に転職したいけど、転職エージェントの違いがわからない
実際に利用している人の信用できる評判を知りたい
という悩みを持つ方も多いと思います。

この記事ではそんなあなたのために、幼稚園教諭の転職におすすめの転職エージェントをまとめてご紹介します。

また、各転職エージェントの違いや利用者の口コミだけでなく、幼稚園教諭として転職する際に見るべきポイントやその活用術など、お役立ち情報もまとめてあります。

この記事を最後まで読めば、幼稚園教諭の転職に強い各転職エージェントの違いやその利用方法など、転職する際に必要な情報がすべてわかり、転職成功率が上がります

人気求人が豊富

ヒトシア保育(旧:保育ひろば)
非公開求人多数!
小規模開催の転職フェアが人気

\60秒で登録完了/

公式サイト→

保育士ワーカーバナー

保育士ワーカー
求人数49,950件
全国対応

\登録かんたん/

>>早くおすすめの転職エージェントを見たい方は【こちら】

記事の目次

幼稚園転職の際の転職エージェントの選び方

転職が初めての方は、どういった転職エージェントを選べばいいか悩みますよね。

自分に合った転職エージェントを利用すればその分効率よく転職を進めることができます。

幼稚園教諭として転職する際も、例外ではありません。

この章では簡単に、幼稚園教諭に転職をする際の転職エージェントの選び方のポイントをまとめました。
>>先におすすめの転職エージェントが知りたい方はこちら

3つの条件を満たす転職エージェント

お急ぎの方のために、まずはおすすめの優良転職エージェントをご紹介します。

より詳しく知りたい方や知識をしっかりとつけたい方はこのまま読み進めてください。

幼稚園教諭の求人数が
抜群に多い

ヒトシア保育
非公開求人多数!
小規模開催の転職フェアが人気

\60秒で登録完了/

公式サイト→

まずは大手の転職エージェントを選ぶ

大手の転職エージェントの強みは、求人数のほかに、扱ってきた転職実績の多さとそれに由来する対応力です。

求人数は多ければ多いほど、自分の希望に合わせて求人を探しやすくなります。 

また、扱ってきた転職実績が多いとそれだけたくさんの転職者を見てきたことになります。

そのためいろいろなパターンに柔軟に対応でき、特殊な状況の求職者に対しても、適切な提案をできることが多いです。

幼稚園教諭の転職に特化した転職エージェントを選ぶ

幼稚園教諭を含め、一般的に特化型の転職エージェントは、その業界や職業について専門の知識を有していることが多いです。

特に幼稚園教諭のように専門性の高い業界での転職は、業界に精通したコンサルタントによるサポートが必要です。

大手の転職エージェントにはない特化型ならではの強みなので、大手の転職エージェントと同時に利用しましょう。

どのようなサポートがあるか確認する

現在日本には多くの転職エージェントが存在しています。

しかしそれぞれの転職エージェントによって、サポートしてもらえる範囲は異なっています。

転職活動をしたことがある方もそうでない方も、サポート内容は充実していた方が嬉しいですよね。

転職エージェントを利用する際は、それぞれのサポート範囲もきちんと確認しておきましょう。

【関連記事】
【毎日更新】転職サイトおすすめランキング|転職者からの評判・口コミを徹底解説
【毎日更新】転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミから比較

幼稚園教諭の転職におすすめの転職エージェントランキング10社

この章では、幼稚園教諭への転職を考えているあなたのために、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

それぞれの転職エージェントの違いや、利用者の口コミも一緒に載せてあるのでぜひ参考にしてください。

転職サイト名 コメント 公開求人数 総合評価
ヒトシア保育 求人の質の高さと
転職サポートの手厚さが特徴!
約2,000件
保育士ワーカー 充実の求人数
年収アップもしやすい!
約45,000件
マイナビ保育士 20〜30代に人気
一都三県に強い!
約20,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

希望する仕事、条件がよい仕事の紹介を受けるため3社以上に登録しましょう。
1人平均4.3社登録、4人中3人が3社以上の派遣会社に登録

ぶっちゃけ話特にこちらでご紹介する1位~3位の派遣会社全てに登録しておくと、自分でも驚くほど仕事選びが楽になりますよ!
※1 派遣会社に仕事を探させるなら複数登録は必須です。あなたが、他の派遣会社に登録していることを知るとあなたへの仕事紹介を優先度高く行う確率が高まります。

※2 1位~3位の派遣会社全てに登録しても10分以内で終わります

1.ヒトシア保育|徹底的なサポートを受けられる

ヒトシア保育

おすすめ度:
公式サイト: https://hitoshia-hoiku.com/

ヒトシア保育は保育士、幼稚園教諭のための転職エージェントです。

業界に精通した専属のコンサルタントが、求職者にぴったりな職場を提案してくれます。

同社は、登録から入職後までコンサルタントによる手厚いサポートを受けることができます。

条件に合わせて求人を紹介してくれ、面接対策や条件交渉、入職手続きから現職の退職交渉に至るまで徹底的にサポートをしてくれます。

さらにこれらのサポートは全て無料で受けられます。

転職をすると決めた方や、まだ迷っているという方もまずは一度相談してみましょう。

口コミアイコン
20代女性
現職での人間関係を変えたく転職を決意しました。
初めての転職で右も左もわからない中で、コンサルタントの方に迅速に対応していただきスピーディーに転職を終えることが出来ました。
紹介してもらった求人内容と実際に働いた際のギャップもなく、非常に満足しています。

>>ヒトシア保育の口コミ・評判はこちら

2.保育士バンク|高い満足度

保育士バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoikushibank.com/

保育士バンクは業界最大級の求人数を扱っています。

休暇が取りやすい職場やアットホームな職場から、「モンテソーリメソッド」などといった特殊な教育法を扱った施設まで、細かな希望に合った求人が見つかりやすいです。

そして職場の雰囲気の確認から条件交渉まで、あなたをフルでサポートしてくれる専任のコンサルタントがつきます。

転職相談や情報収集のためだけに利用することも可能なので、転職を決めかねている方が判断材料を集める方法としても非常に有効です。

口コミアイコン
40代女性
早番・遅番無しなど、わがままな条件を希望していたのですが、コンサルタントの方がぴったりな求人を紹介してくれました。
フォローも手厚く、入職してから現在までストレスなく働くことができています。

>>保育士バンクの評判・口コミ

3.保育士ワーカー|全国対応で支持率も高い転職エージェント

保育士ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://hoikushi-worker.com/

保育士ワーカーは、保育士や幼稚園教諭、管理栄養士などの転職を専門的にサポートする転職エージェントです。

各求職者に専属の担当が付き、北海道から沖縄に至るまでそのサポートを全国各地で受けられます。

地方に住んでいて幼稚園教諭に転職したい方や、転勤などに合わせて引っ越し先で幼稚園に就職するなどといった使い方もできるのが強みです。

また、保育士ワーカーでは年収アップにも力を入れていて、多くの利用者が年収アップに成功した実績もあります。

口コミアイコン
30代女性
今まで同じ幼稚園に長く勤めてきましたが、引っ越すことになり、新居に近い幼稚園で働こうと思い登録しました。
慣れない土地で不安もありましたが、担当の方がその地域の情報を色々と教えてくれ、キャリアを活かせるような幼稚園を紹介してくれました。
他の教諭の感じもよく、年収もアップし、満足しています。
また転職をすることがあれば保育士ワーカーさんを利用したいと思います。

>>保育士ワーカーの評判・口コミ

4.ほいく畑|未経験、ブランクがあっても安心の転職エージェント

ほいく畑

おすすめ度:
公式サイト: https://hoikubatake.jp/

ほいく畑は保育士、幼稚園教諭の転職に特化した転職エージェントです。

登録すると、コーディネーターと呼ばれる専任の担当がつきます。
そしてその担当から、お仕事紹介やアフターフォローなどの様々なサポートを、無料で受けることができるんです。

また同社は、未経験歓迎やブランク復帰歓迎のお仕事を比較的多く扱っています。

初めて幼稚園教諭に挑戦する方、一度退職したがまた復帰したいという方でも希望の職場が見つかります。

口コミアイコン
50代女性
結婚を機に一度退職しましたが、この年になって時間に余裕ができたことが復職を決意したきっかけです。
しかし、ブランクがあるとどうしても求人が限られてきてしまい、なかなか職探しが難航していました。
そこでほいく畑を利用しました。結果。求人数も多かったためスムーズに就職することが出来ました。
担当者の対応も非常によく、親身に相談できる点も魅力的でした。

>>ほいく畑の評判・口コミ

5.ミラクス保育|幅広い層の幼稚園教諭におすすめ

ミラクス保育

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.miraxs.co.jp/hoiku

ミラクス保育は、人材サービス業を営んでいる株式会社ミラクスが運営する、幼稚園教諭の転職に特化した転職エージェントです。

人材に関するノウハウが蓄積された企業が運営しているため、実績も十分です。

コンサルタントの質も高く、幼稚園教諭免許を持つ業界に精通した男性コンサルタントも在籍しています。

性別や年齢を問わず、幼稚園教諭への転職を成功させるために万全なサポートを行ってくれます。

口コミアイコン
30代男性
男性の先生がいる幼稚園で働きたいと思い転職しました。コンサルタントもこちらの気持ちをよく汲んでくれて、最後まで違和感や齟齬なく転職活動を行えました。

>>ミラクス保育の評判・口コミ

6.マイナビ保育士|数少ない職業紹介優良業者認定のエージェント

マイナビ保育士

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku.mynavi.jp/

総合転職サイトとして有名なマイナビが運営するマイナビ保育士は、保育士だけでなく幼稚園教諭の転職にも特化した転職エージェントです。

大手が運営していることもあって求人数も豊富、さらには職業紹介優良業者という厳しい基準をクリアした転職エージェントでないと認可されない資格も取得しています。

認知度も非常に高く、信頼性の高さがうかがえます。

もちろんアドバイザーと呼ばれる担当の質も高く、「安心感があった」といった声が多くみられました。

口コミアイコン
20代女性
親身になって話を聞いてくれ、頼もしかったです。仕事をしながら転職活動を進めていたため忙しく、夜遅くの連絡にも関わらず対応してくれたりとても助かりました。

>>マイナビ保育士の評判・口コミ

7.保育情報どっとこむ|現場を熟知したコンサルタントによるサポート

保育情報どっとこむ

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoikujyouhou.com/

業界に精通したキャリアコンサルタントがサポートしてくれる保育情報どっとこむは、関東を中心に全国11箇所に拠点を持っています。
その各拠点で気軽に転職について相談できたり、セミナーが行われたりしています。

コンサルタントは定期的に幼稚園に足を運び、現場の状況をリサーチしています。
現場を見ているからこそできる的確なアドバイスは多くの求職者の実績に結びついています。

加えて公開、非公開問わず求人数は業界でもトップクラスです。

関東で転職を考えている幼稚園教諭の方には特におすすめです。

口コミアイコン
30代女性
希望に合わせて様々な雇用形態、勤務時間の求人を紹介してくれました。
また非公開求人などを含め、人気の求人は登録しないと見れなかったりするのでまずは登録をしてみることがおすすめです。

>>保育情報どっとこむの評判・口コミ

8.ほいくジョブ|初めての転職で不安なあなたにおすすめ

ほいくジョブ

おすすめ度:
公式サイト: https://hoiku-job.net/

ほいくジョブは保育士や幼稚園教諭の転職に特化している転職エージェントで、年間30,000人もの求職者の転職をサポートしています。

同社のコンサルタントによるサポートは転職初心者に優しく、履歴書の書き方から丁寧に教えてくれます。

また条件交渉や就業後のサポートまで行ってくれるので、「転職について何もわからないよ」という方にもおすすめです。

好待遇の非公開求人も多数揃えており、求職者へのヒアリングを丁寧に行ってから、それに合わせて最適なお仕事を紹介してくれます。

口コミアイコン
40代女性
この歳で初めての転職活動を行いました。書類作成や面接対策など丁寧にレクチャーしてもらえました。
コンサルタントの対応も親切丁寧で、評判以上の転職エージェントでした。


9.保育士コンシェル|時間の節約をしつつ転職を目指す方へ

保育士コンシェル

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoikushiconcier.com/

保育士コンシェルはスピード対応を売りにする、保育士と幼稚園教諭の転職に特化した転職エージェントです。

コンサル対応満足度、転職してよかった!満足度ともに96%以上の高い水準となっており、利用者からの評判が非常に良いということがわかります。

またスピード対応を売りにしていることもあり、連絡に対して素早い対応をしてくれ、その対応時間も21:00までと、忙しいあなたにとって嬉しいエージェントです。

また、電話相談だけでなく、LINEを使った求人紹介も行ってくれます。
そのため電話が苦手な人でも気軽に相談ができる環境です。

口コミアイコン
30代女性
前職が忙しかったため、どうしても連絡をとれる時間が遅くなりがちでした。
しかし保育士コンシェルはLINEを利用して求人紹介をしてくれたので、いつでもどこでも転職活動を進めることが出来ました。
また対応スピードが非常に速いこともあって、転職活動がスピーディーに終わりましたし、待遇も良くなりました。


10.保育Aid!|職場の人間関係に悩まされたくない方向け

保育Aid

おすすめ度:
公式サイト: https://www.hoiku-aid.jp/

保育Aid!は「人間関係に悩まない転職サ-ビス」というコンセプトの転職エージェントです。

すでに幼稚園で働いている方の中には「園内での雰囲気がピリピリしている」「園の体質そのものが古い」といった職場環境に関する悩みをお持ちの方も多いと思います。

保育Aid!ではそのような悩みを持つ求職者のために、人間関係が良く働きやすい就職先だけを紹介してくれます。

実際に働く方からの評判が良い幼稚園に絞って紹介しているため、このように本当に職場環境の良い園だけを紹介できているんです。

相談方法も、電話のほかにメールやLINEとフレキシブルに対応してくれます。

口コミアイコン
30代女性
前の職場の空気が悪く、業務以外のことに精神をすり減らしていましたが、保育士Aid!を信じて転職した幼稚園は、アットホームな雰囲気で楽しく働けています。
有休が取りづらかったり、人間関係で嫌な思いをされた方に胸を張っておすすめできる会社です!


11.ほいてんパートナー|管理職を目指している方おすすめ転職エージェント

ほいてんパートナー

おすすめ度:
公式サイト: https://hoikuchannel.com/

ほいてんパートナーは首都圏を中心に、幼稚園教諭の転職を総合的にサポートしている転職エージェントです。

応募から入職まで、丁寧に面倒を見てくれる担当がつきます。
人によっては面倒に感じる日程調整や条件交渉なども、担当に一任できます。

求人検索も非常に使いやすく、希望条件が複数ある場合でも素早くマッチする求人を見つけることができます。

スカウト機能もあるので、自分で求人を検索しつつスカウト機能も利用することで、効率的に転職を進められます。

口コミアイコン
20代女性
最初は求人検索だけを利用していたのですが、登録して見た非公開求人に応募し、転職しました。
好条件の求人は、非公開にしないと応募が殺到して大変なことになってしまうようです。そのためやはり待遇などにこだわりたければ登録することをおすすめします。

幼稚園教諭に関する気になる情報

未経験で幼稚園教諭への転職を考えている方はもちろん、業界経験者の方でも知っておくべき幼稚園教諭に関する情報をこの章ではお伝えします。

何をするにも知識は持っていたほうがいいですし、転職となればなおさらです。

何のキャリアプランもなく不安を持ったまま転職活動を始めないためにも、しっかりと知識をつけていってください。

幼稚園教諭の年収

幼稚園教諭の年収はそれぞれの施設や地域によっても変わってきますが、約360万円~370万円と、平均年収よりは低めとなっています。

また、私立幼稚園か公立幼稚園かによっても給料は変わってきます。

私立幼稚園の場合は、それぞれの園によって給料の決まり方が違っているため別で確認が必要です。

公立幼稚園で働く場合は地方公務員という扱いになるため、給与体系は年功賃金制ということになります。

そのため勤続年数が多くなるほど賃金も上がっていきます。

どちらが自分に合っているか、転職エージェントとも相談しつつ、転職を進めていきましょう。

幼稚園教諭のキャリア

幼稚園教諭はまず主任をめざすことになります。
主任になると日々の業務に加え、他の先生をまとめるお仕事も担うことになります。

そして副園長、施設の規模によっては園長になります。
このクラスの役職になるとお仕事は人材管理や、経営、企画立案などを行う事が多いです。
年収もやりがいも十分でしょう。

ただ、施設によって組織の構造は違っていることには注意が必要です。

就業先として考えている施設があれば、一度キャリアパスについて確認してみましょう。

幼稚園教諭の資格を取るには

国家資格である幼稚園教諭の資格を取るためには、短期大学を含む大学や専門学校にて、幼稚園教諭の教職課程を修めて卒業することで資格を取得できます。

資格がない場合でも、保育補助といったスタイルで働くことは可能です。
しかし、資格の有無で待遇が変わってくることはあります。

通信制大学を卒業することでも資格を取ることができるため、資格を持っていなくても幼稚園で働きたい場合はそちらも検討することをおすすめします。

未経験でも幼稚園の先生になれるのか

実際に未経験から幼稚園教諭になる人も存在する

実際に未経験から幼稚園教諭に転職する方はいます。

先述の通り、幼稚園教諭の資格を取るには大学や専門学校を卒業する必要があります。
そして幼稚園教諭の多くは、そうした学校を卒業してから就職しています。

しかし、会社を辞めて資格取得に専念したり、中には働きながら資格を取っている方もいます。

資格を取らずに幼稚園で働く方法

資格を取らないで幼稚園教諭として働く方法もあります。

それは認可外の施設で働くという方法です。
認可外幼稚園の中には個性的な教育方法を取っている施設もあり、人によっては普通の幼稚園で働くよりも自分に合っていると感じる方もいるでしょう。

ただ資格の有無で給料が変わってきてしまうことも多く、待遇を良くするためにはやはり就業開始後に自分で資格を取る必要があります。

幼稚園に転職をする際に確認するべき点

他の先生の勤続年数

待遇や人間関係などの職場環境が悪いと、それだけ離職率や勤続年数も短くなることが多いです。

せっかく転職をしたのに、働きづらい環境に変わってしまうのはもったいないことです。
転職活動にかけた時間や得られたはずの機会費用、さらに精神的にも損をしてしまいます。

そんな事態を避けるためにも、転職エージェントを通じて園の情報収集を行いましょう。
一人で転職活動を行っても得られない情報や、実際の雰囲気を知ることができます。

勤務地

幼稚園などの生活に根差した業種で働く際に確認したいのが職場の立地です。

勤務先の幼稚園が自宅からあまりにも近い場合、その施設に通っている子供やその保護者と生活圏が被ってしまうという場合があります。

生活圏が被っていると、買い物やごみ捨てなど思わぬ場所で自分のプライベートを晒してしまうリスクがあり、いい気分がしない方もいると思います。

そのため、あまりにも自宅から近い職場は人によっては避けた方が無難でしょう。

施設内での人間関係

幼稚園教諭というお仕事は子供の教育はもちろん、保護者との面談や書類作成、行事の運営など多岐にわたっていてかなりハードです。

そのため人によってはストレスを抱えている方もいて、結果として同僚に強く当たってしまったり、パワハラがあったりする場合もあります。

他の先生の勤続年数の項目でも説明したように、人間関係は離職率にも関わってくるポイントです。

転職を成功させるためにも、そういった点の見極めはきちんとしておくと後々後悔せずに済みます。

保護者の様子

幼稚園教諭として働く際に避けられないのが保護者対応です。

特にモンスターペアレントと呼ばれる、理不尽な要求をする保護者の出現もあり、その業務はより大変なものとなっています。

余計な負担を増やさないためにも、見学の際などに保護者の様子も観察しておくことをおすすめします。

待遇

これは幼稚園教諭に限った話ではありません。

しかし、幼稚園教諭のように平均より給料が低めな職業の場合、他業種への転職よりもさらに待遇に気を付けて転職を進めることが重要です。

転職エージェントによっては、そういった条件交渉もうまく行ってくれるところもあります。

以下のエージェントは好条件で転職をしたいあなたに特におすすめの転職エージェントです。
うまく転職エージェントを利用することで、納得のいく転職活動ができます。

保育士求人数が
抜群に多い

ヒトシア保育バナー

ヒトシア保育(旧:保育ひろば)
求人数7,446件
全国対応
月収24万・残業無し

\60秒で登録完了/

保育士ワーカーバナー

保育士ワーカー
求人数49,950件
全国対応

\60秒で登録完了/

幼稚園教諭への転職を成功させる活用術6選

担当とのやり取りはスピーディーに行う

転職エージェントを利用する際、連絡は素早くやり取りすることを心がけましょう。
スピーディーに連絡を取ることにより、担当からの印象が良くなり、条件の良い求人を紹介してもらえる可能性も高まります。

加えて、連絡が素早いと面接や見学の日程調整がしやすく、転職先企業からも良い印象を持ってもらえます。
そのため、忙しいときでも連絡はできるだけ素早く行いましょう。

また、連絡の素早さに加えて、その頻度も多くしましょう。

人気の求人はすぐに締め切ってしまうことが多いです。そのため好条件の求人を逃さないよう、こまめに担当とやり取りをしておくことをおすすめします。

転職時期の希望を聞かれたときには

転職エージェントを利用する際、まずは担当との面談が組まれることが多いです。
そして必ず、希望する転職の時期について質問されます。その時は、あなたの希望に関わらず「良い求人が見つかり次第すぐに」とスピード感をアピールしましょう。

現実的な話をすると、転職エージェントもビジネスとして転職をサポートしている以上、転職につながりやすい求職者を優先します。
そのため好条件の求人も、売り上げになりやすい転職への熱意がある方に優先して紹介します。

好条件の求人を紹介してもらうためにも、転職時期の希望を聞かれたときには「良い求人が見つかり次第すぐに」といった風に熱意をアピールしましょう。

スキルや資格、経歴は正直に伝える

先述した通り、幼稚園教諭は資格や経験の有無で給料や待遇に差が出てしまうこともあります。

しかし、担当にはそれらの情報は正直に伝えましょう。
未経験でも働ける施設は存在していますし、経歴を偽って能力に見合わない転職先へ入社しても良いことはありません。

自分のためにも、転職先のためにも、担当には正直に情報を伝えましょう。

希望条件として譲れないものを設定したり、その理由を伝える

転職エージェントを利用する前には、希望条件を聞かれます。
その際、「これは譲れない」といった条件を設定しましょう。それをもとに転職エージェントは最適な求人を紹介してくれます。

また、譲れない条件のほかに「この条件であてはまるものがなかったら、この条件でも可」など代替条件も設定すると、より転職がスムーズに進みます。

そしてそれらを設定した理由なども一緒に伝えると、より効果的です。

担当との意思疎通をしっかりし、転職に向けてのビジョンを共有することであなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

合わない担当は変更する

勘違いしている方もいるかもしれませんが、担当は変更することができます。

転職活動を始めると、どうしても担当と合わないということもあると思います。
相性が悪いまま転職活動を続けても、効率は下がってしまいます。

その場合には、担当の変更を申し込んでください。

ただし常識を超える範囲の担当変更の回数であったり、対応があまりにも悪かったりすると転職エージェント側から要注意人物としてマークされてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

ひとつの案件に複数回応募しない

それぞれの案件に対して応募する回数は一回ずつにしましょう。

複数のエージェントから同一の求人に応募すると、転職エージェントも企業にも迷惑をかけてしまうことになります。

場合によっては企業の面接を受けられなくなったり、転職エージェントからのサービスを受けられなくなってしまうこともあります。

幼稚園転職の転職エージェント利用の流れ

1. 登録
2. 面談やカウンセリングの日程調整
3. 面談、カウンセリング
4. 求人紹介
5. 書類選考の対策
6. 面接の対策
7. 内定、退職

1.登録

転職エージェントを利用するには、まず専用の登録、申し込みフォームからサービスの申し込みをしましょう。
追加情報の登録ができる場合には、このタイミングで登録しておくと後々楽になります。

2.面談やカウンセリングの日程調整

転職エージェントによって変わりますが、登録後数日以内に折り返しの連絡がきます。

登録から数日はできるだけ電話に出れるようにしておくと良いでしょう。

3.面談、カウンセリング

日程調整の後は担当との面談、カウンセリングが行われます。

転職エージェントによって、電話のみの場合や最寄り駅まで出張してもらえるところもあります。

4.求人を紹介してもらう

面談やカウンセリングで話した内容に沿って、担当から求人の紹介がされます。

もし希望に合わなかったり新しく出てきた条件があれば伝えましょう。

もちろん紹介された求人を断ることも可能です。

5.書類選考の対策

選考を受けたい求人があった場合、応募にむけて書類の作成を行います。

この際、担当から履歴書、職務経歴書の書き方などのサポートを受けることができます。

書類選考の結果は、後日担当から伝えられます。

6.面接対策を受ける

書類選考を通過するといよいよ面接です。

施設の雰囲気によって受けのいい対応などは変わってくるので、その対応も担当からレクチャーしてもらいましょう。

ちなみに、面接の日程調整なども担当が行ってくれます。

7.内定、退職

内定を得た後は、細かい条件の交渉と現在の職場の退職手続きです。

条件交渉も退職手続きも担当が代行してくれたりサポートしてくれるので安心です。

幼稚園教諭に関するよくある質問と回答

未経験でも幼稚園教諭として転職できますか?

未経験でも幼稚園教諭として転職することは可能です。

ただし、資格や経験の有無で給料や待遇が変わってくることには注意が必要です。

そのためできるだけ資格をとってから転職に臨むと、良い条件で転職できます。

幼稚園教諭の転職事情について知りたい

幼稚園教諭として転職をしようとするとき、やはり転職市場の状況は気になりますよね。

文部科学省 (2019)「幼児教育の振興」p.54によれば、近年幼稚園教諭を含め、幼児教育を担う人材の需要が高まっています。

幼稚園教諭の有効求人倍率をみると、平成30年2月時点で3.00倍を超えています。

全職種での有効求人倍率は1.50倍であることからも、幼稚園教諭としての転職は人材不足であるといえます。

そのため、地域にもよりますが比較的転職はしやすいです。

有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人の割合のことを指します。ここでの求人および求職は公共職業安定所、すなわちハローワークを通じたものに限られます。有効求人倍率を計算するためには、企業からの求人数をハローワークに登録している求職者の数で割ることで算出できます。
この有効求人倍率が1を上回っている状態が、求職者数よりも求人数が多いということになり、人手不足の状態ということになります。
これに対して有効求人倍率1を下回っている場合、求人数よりも求職者数が多い、つまり就職が困難な状態であると判断することができます。

転職エージェント以外で幼稚園教諭に転職する方法はありますか?

転職エージェント以外で幼稚園教諭になる方法は存在します。

  • 求人サイト(転職サイト)
  • ハローワーク
  • 直接幼稚園に応募する

それぞれ強みは異なっています。
求人サイト(転職サイト)は、求人数が多いです。
しかし転職に関わること全てを自分で行わなければならないため、負担は大きいです。

ハローワークは全国各地に求人があり、地元や住む地域に根差して転職活動をしたい方におすすめです。

そして幼稚園に直接応募する方法ですが、未経験の方にはおすすめしません。
スキルがあったり経歴に自信がないと、なかなか上手く進められることが少ないからです。

いずれの方法で転職をする際にも、転職エージェントも一緒に利用することで効率的に進めることができます。
>>幼稚園教諭の転職におすすめの転職エージェントに戻る

地方でもお仕事はある?

基本的にこの記事で紹介している転職エージェントは全国対応しています。

しかし、地域によっては求人が少ない場合もあるので、複数の転職エージェントを利用することでそのデメリットを補いましょう。

複数登録におすすめの転職エージェントをまとめました。

サービス名 総合評価 特徴
ヒトシア保育
全国に求人あり!
好条件案件も。
保育士ワーカー
福利厚生が充実の求人多数!
8割の方が年収アップ
ほいく畑
短期間勤務や少人数保育など
人気の求人が豊富!
未経験の方も!

紹介された求人を断ることはできますか?

もちろん断ることができます。

断る際にはその理由も一緒に伝えましょう。

それにより次回以降、担当から紹介される求人のマッチ度の向上が期待できます。

退職の時にどんなサポートがあるの?

内定をもらっても、やはりお世話になった職場を退職するのは気が引けますよね。

転職エージェントを利用することで、退職の際に揉めない退職理由や退職方法などを教えてくれます。

不安な方はぜひ担当に相談しましょう。

幼稚園教諭の転職におすすめの転職エージェントまとめ

この記事では幼稚園教諭のための転職エージェントを調査し、まとめました。

転職エージェントは数多く存在しますが、自分に合った転職エージェントを利用することでその効率を良くすることができます。

それぞれの違い、メリットやデメリットを熟知した上で賢く利用し、転職を成功させましょう。
おすすめの転職エージェントをもう一度読みたい方はこちら

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄