「派遣薬剤師の年収はどのくらいか」「派遣薬剤師として働きたいけど、年収面で不安だ」と思っている薬剤師の方も多いのではないでしょうか?

結論を言うと、派遣薬剤師の年収は高いと言えます。派遣薬剤師として働く上で、派遣薬剤師の年収の仕組みや高収入の派遣で働くコツなど、知っておくべき事がたくさんあります。

この記事では、派遣薬剤師の年収や年収を高めるコツなどをご紹介します。また、記事の後半部分には、登録すべき薬剤師特化型の派遣会社もご紹介しています。

派遣薬剤師として働きたい方にとって役に立つ内容となっていますので、是非ご一読ください。

薬剤師求人数が抜群に多い

薬キャリ

薬キャリ
全国対応
10万人以上の
薬剤師が利用
即日求人紹介可能

\60秒で登録完了/


ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
業界最大級の公開求人数
60,000件以上
全国対応

\60秒で登録完了/

派遣薬剤師の年収

まずは、派遣薬剤師の年収について解説をしていきます。

派遣薬剤師の給与事情について知ることによって、派遣薬剤師として働くイメージが少しでもつかめますので、これから派遣で働こうと思っている方は是非参考にしてください。

派遣薬剤師の平均年収は高い

結論から言うと、派遣で働く薬剤師の年収は高いです。

薬剤師の平均時給は2,500円~3,000円程と言われています。

大手薬剤師派遣会社であるファルマスタッフのサイトを参考にして調べてみると、

「派遣」の条件で検索した場合、4,163件もの薬剤師派遣の求人がヒットします。(2020年9月現在)

更に条件を加えて、「派遣」「時給2,500円以上」と検索すると、2,327件の求人が見つかりました。

割合で全体求人の約55%もの求人が「時給2,500円以上の派遣求人」であることがわかります。

時給2,500円は年収いくら?
ちなみに時給2,500円の場合だと年収はどのくらいになるのでしょうか?

時給が2,500円、3,000円の場合の年収を換算してみましょう。

一般的に、労働日数を「一日8時間、月20日労働」で考えた場合、

時給2,500円の場合、2,500円×8時間×20日×12ヶ月となりますので、年収480万円となります。

時給3,000円の場合、3,000円×8時間×20日×12ヶ月で、年収576万円となります。

日本国内の派遣社員全体の平均年収は328万円ですので、それと比べた場合、派遣薬剤師の年収はかなり良いと言えます。
派遣という自由な働き方で、この年収を得られる職業は薬剤師の他になかなかないでしょう。

最も高時給を狙える職種は?

できるだけ高時給を狙うには、どの職種が一番いいのでしょうか?

また、大手薬剤師派遣会社であるファルマスタッフのサイトを参考にして、高収入求人の割合を比べてみました。

各職種の求人から、時給2,500円以上の高時給案件を絞って、どのくらいの割合かを算出しています。

結果は以下のようになりました。

求人数 高収入求人数 割合
調剤薬局 3,710件 2,087件 約56%
ドラッグストア 441件 215件 約49%
病院 11件 4件 約36%
企業 0件 0件

▶︎横にスクロールできます▶︎

一番高時給案件を狙いやすい職種は、調剤薬局であるということがわかります。全体求人の半数以上が高時給求人です。

一方、ドラッグストアは調剤薬局と比べると、やや高時給求人の割合は低くなります。

できるだけ高時給が良いという方は、調剤薬局メインに求人を探すと良いでしょう。

派遣薬剤師の求人例

大手薬剤師派遣会社である薬キャリのサイトを参考にして求人例を見ていきましょう。

派遣薬剤師 求人

こちらは東京都内の派遣薬剤師の求人ですが、時給金額は3,000円程と平均金額です。

東京・大阪・名古屋などの大都市圏の派遣求人の場合、時給金額は2,500~3,000円程度であることがほとんどです。

派遣薬剤師 求人

一方、地方の派遣薬剤師の求人ですが、都内よりも条件が高くなっています。

秋田県の求人ですが3,600円~4,200円となっており、かなりの高待遇です。

薬剤師の時給金額は都内よりも地方の高いということがわかりますね。

地方の薬剤師派遣の年収が高い理由

一般的には、地方よりも都内の方が年収は高くなりやすいです。

しかし、薬剤師という職の場合だと、逆に地方の方が年収が高い場合が多いです。

地方の薬剤師の時給が高い理由として、人手が足りていないということが挙げられます。

都内の場合、人手が十分に足りているため、薬剤師不足になるということはありません。しかし一方で、地方は人手が足りていないため「高い時給を払っても薬剤師を呼び込みたい」という企業が多いのです。

大手薬剤師派遣会社である薬キャリのデータを参考にしたものですが、地方エリアの方が年収金額が高いことがわかります。

薬剤師 職種別年収

各業種ごとに20万円~30万円程も差があります。

年収を重視で働きたいという方は、地方エリアや都市郊外で働くことも一つの選択肢に入れてみると良いでしょう。

派遣薬剤師の年収を高める方法3選

ここまでで派遣薬剤師の年収についてある程度おわかりいただけたと思います。

この記事を読んでいる方で、派遣薬剤師として働きたいと思っている方も多くいるでしょう。

そこでここからは、派遣薬剤師の年収を高める方法を3つに絞ってご紹介します。

1. 長期的な年収アップの条件交渉する

1つ目のポイントとして、長期的な給与アップの条件交渉をするということが重要です。

仕事が慣れてきた段階で、急に「時給アップをお願いできますか?」と言ってしまうと、派遣先企業・派遣会社の両方に扱いづらい派遣社員だというイメージがついてしまいます。

今後の派遣先企業を紹介してもらえなくなる可能性もありますし、最悪の場合、派遣切りされてしまう事もあるので、露骨な給与交渉はおすすめしません。

2. 任期が終わるタイミングで交渉をする

給与交渉の際は、任期が終わるタイミングで金額交渉をするということが重要です。

派遣薬剤師の年収アップを成功している方の多くは、派遣期間の切り替わりの際に金額交渉をしている場合が多いです。

一度契約をした職場での年収アップは失敗に終わることが多いですが、次の職場を給与の良い職場にすることは比較的簡単です。

そもそも派遣会社と派遣先企業との間で「この時給金額で契約しましょう」と時給金額は予め定められていますので、派遣会社からすれば、契約を動かすことにかなりの労力がかかります。

そのため、年収アップの交渉は新しい職場に切り替わる時がおすすめです。

3. 薬剤師派遣会社を利用する

派遣薬剤師の年収を向上するために、薬剤師に特化した派遣会社を上手く活用することがかなり重要となります。
一般的な派遣会社と比べて薬剤師に特化している派遣会社だと、条件の良い求人も多いですし、薬剤師派遣のノウハウなども知ることができます。

職種全般を取り扱う派遣会社では相談に乗ってくれたとしても具体的な解決策を提示してくれない可能性もありますが、薬剤師の求人に特化した派遣会社では、業界を熟知した営業担当者がいるため、より具体的な相談が可能となります。

また、薬剤師派遣会社に登録をする際には、なるべく多くの派遣会社を併用すると良いでしょう。

1つの派遣会社だけであると、当然得られる求人情報は1つの派遣会社の情報のみとなってしまいます。

より質の高い求人を見つけるためにも複数登録することをおすすめします。

高年収を狙える薬剤師派遣会社

ここからは、高収入を狙える薬剤師派遣会社をランキング形式でご紹介していきます。

派遣に登録をする薬剤師の方向けに、登録しておくべき薬剤師特化の派遣会社を厳選していますので是非ご活用ください。

1.薬キャリ

薬キャリ
薬キャリ公式サイト:
https://agent.m3career.com/

薬キャリは日本最大級の医療従事者専用サイト m3.com を運営するエムスリーグループの薬剤師専用求人サイトです。

エムスリーグループは全国にコンサルタント提携している企業があり、薬キャリではそれら企業の求人が全て掲載されているため、案件数がとても多いのが特徴です。
調剤薬局での勤務以外にも病院や企業など、なかなか正規雇用の求人が出ない仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

また、「ママ薬剤師におすすめの職場」や「未経験・ブランクのある方可」などの検索条件で求人の絞り込みが可能なため、希望の職場を簡単に見つけることができます。

社名 エムスリー株式会社
登録拠点 日本全国
求人件数 54,617件(2020年3月時点)

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性
私は大学を卒業してからすぐに、地元の総合病院で病院薬剤師として働き始めました。
仕事が多忙だったのと、人間関係が原因で、3年程働いて、地元の総合病院を退職しました。
転職先が決まらないまま退職したため、就職先を見つけるまでの間、薬キャリで派遣薬剤師として働くことにしました。
薬キャリは利用者が多く、評判も良かったので、安心して登録することができました。
薬キャリは病院、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸など、さまざまな種類の求人があり、求人の数も非常に多かったため、たくさんの選択肢の中から自分の働きたい職種や職場を選ぶことができました
担当者の方の対応も良く、楽しく働くことができたので、とても満足しています。
これからも機会があれば薬キャリを利用したいです。


2.ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ公式サイト:
https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得している人材派遣・転職支援サイトです。
調剤薬局が母体となり、医療業界人材に特化した求人を数多く取り扱っています。

ファルマスタッフの特徴として、医療現場に詳しいコンサルタントのサポートを受けられるということが挙げられます。
職場の雰囲気や忙しさなど求人情報だけでは分からない情報を聞くことができるだけではなく、就業後も親身に相談にのってくれるためとても心強いです。

また、派遣スタッフの福利厚生も厚く、社会保険や労災保険、薬剤師賠償責任保険などの各種保険はもちろん、有給休暇制度やスポーツクラブ・各種保養施設の優待制度も使うことができます。

社名 株式会社メディカルリソース
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 55,657件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可【派遣業】派 13-010770 【紹介業】13-ユ-010743

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
50代女性
ファルマスタッフは口コミでの評価が高かったので登録しました。
利用してみて良かったのは、細かい部分まで配慮が行き届いていたことです。正社員から派遣という働き方に変えたので不安な部分が多かったのですが、丁寧な個別相談があったので不安を払拭できました
コンサルタントが情報をしっかりと把握していたので、職場の雰囲気まで事前にわかりました。収入が上がり、福利厚生も充実しています。気になっていた有給休暇も取りやすいです。
ファルマスタッフは全体的に良い印象の会社でしたが、研修がもう少し充実していたらもっと満足度が高かったです。


3.お仕事ラボ

お仕事ラボ
お仕事ラボ公式サイト:
https://www.oshigoto-lab.com/

お仕事ラボは、株式会社アイセイ薬局の100%子会社である株式会社AXISが、厚生労働大臣の有料職業紹介・労働者派遣の正式な許可を得て運営する薬剤師の転職、派遣のお仕事を無料で紹介するサイトです。

お仕事ラボの特徴として、利用者の満足度がとても高いことが挙げられます
通常の紹介会社は、薬局と求職者さまを各々別の人が担当しているのが主ですが、お仕事ラボは、転職先の事情を把握した担当者が面談をしてくれます。

業界事情に精通しているコンサルタントが、転職に伴う「不安と後悔」を少しでも軽減できるように、業界の動向を見据えた精度の高い求人を紹介してくれるため、利用満足度90%以上・紹介後の定着率95.6%と高水準を実現しています。

社名 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 35,890件(2020年9月時点)
労働者派遣事業 派13-306282

お仕事ラボの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
お仕事ラボは新規会員登録で5千円、友達紹介で最大5万円、仕事が決まったら最大5万円など特典報酬が豊富なのが魅力的です。
また、時給が高い求人が非常に多く、時給3000円を超える求人も多数見かけます。派遣薬剤師として働くうえで、高時給であることは働き甲斐にも繋がるので、派遣薬剤師としては非常に働きやすいです。
担当コンサルタントの質も非常に高く、さまざまな知識を兼ね備えているので、とても頼りになります。何でも気軽に相談できるので、安心して働くことができます。


4.アプロ・ドットコム

アプロドットコム
アプロ・ドットコム公式サイト:
https://www.apuro.com/

アプロ・ドットコムは、20年以上の実績がある薬剤師専門の人材派遣・転職支援サイトです。
厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得しているため安心して働くことができます。

都道府県・市区町村・雇用形態(正社員/パート/派遣/単発)・業種(調剤薬局/病院/OTC/企業)等、こだわりの条件で求人検索したり、頼りになるキャリアアドバイザーに求人を探してもらったり、希望に沿った求人探しを簡単にすることができるのが特徴です。

また、履歴書・職務経歴書の書き方、面接の心得、扶養内での稼ぎ方、転職体験談などなど、薬剤師の転職に使えるテクニック・ノウハウも多数掲載されています。

社名 株式会社アプロ・ドットコム
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 69,727件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可番号 派 27-300760

アプロ・ドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
子育てをしながらの転職活動だったので、正社員にするべきか悩みながら相談しました。派遣は視野にいれていませんでしたが、相談した際に丁寧に説明してもらえ、派遣を選ぶことにしました。
入職までのサポートがかなり丁寧で派遣が初めての私でも安心できました。サイトはあまり使いやすいとは思えなかったのですが、探すより紹介してもらったものの方がしっくりきたの問題ありませんでした。


5.ファルマパーク

ファルマパーク
ファルマパーク公式サイト:https://pharma-park.jp/
ファルマパークは、全て無料で利用することができる薬剤師派遣の専門サイトです。

ファルマパークの特徴として、問い合わせた時点で応募可能な求人をキープして紹介してくれる案件キープ制度が挙げられます。
他の派遣会社でみられるような、掲載されている求人に応募したらすでに枠が埋まってしまっていた、というようなことは起こりません。

また、専任のコンサルタントから職場の雰囲気や方針などを事前に聞くことができ、スケジュール調整や条件交渉も任せられるため、派遣薬剤師として働くことが初めての方でも安心です。

社名 株式会社ネオキャリア
派遣
求人数
約2,000件(2020年3月時点、派遣のみ)

ファルマパークの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
40代女性
転職を決意し、ファルマパークを利用しました。
希望していた条件がいくつかあり、それを伝えるとキャリアコンサルタントがそれに沿って仕事を紹介してくれました。
対応はとても熱心で丁寧です。面接のアドバイスなどあり、がっちりサポートしてくれました。
また、福利厚生が充実していたこともファルマパークの良い点です。安心感があります。
収入が希望していたより少なかったのは残念でしたが、トータル的にバランスが取れていたと思います。

派遣薬剤師の評判・口コミ

この章では、派遣薬剤師の評判・口コミをご紹介しています。

実際に派遣薬剤師として働いている方の口コミを紹介していますので、派遣として働こうか迷っている薬剤師の方は参考にしてください。

口コミアイコン
30代女性(時給3,000円)
派遣薬剤師として調剤薬局で働いています。前職までは正社員として調剤薬局で働いていたのですが、子供が生まれ育児にかけたい時間が増えたため、派遣薬剤師として働いています。

派遣の良いところは、とにかく労働時間が調整できる点だと思います。正社員の頃は、週5で9時から18時まできっちりと働く必要がありました。しかし今では、週4で6時間勤務というように、かなりゆとりをもって働くことができています。

派遣薬剤師という働き方は、育児をしているママ薬剤師の方などにとてもおすすめだと思います。

口コミアイコン
30代男性(時給2,800円)
正社員時代に派遣で働いている同僚の方がいたのをきっかけに、「こういう働き方もあるんだ」と興味を持ち、派遣の薬剤師として働くことに決めました。

自分は海外旅行などの遠出が趣味で、休みの日によく旅行に行っています。派遣であれば、このように比較的自由にどこでも旅行に行けるのでとても気に入っています。

「仕事を頑張りたいときには頑張ればいいし、休みたいときには休める」という点が派遣として働く上で最大のメリットです。

口コミアイコン
30代女性(時給3,900円)

大手調剤薬局で派遣として働いています。派遣に変えてから、年収が正社員時代よりもアップした事が驚きでした。

労働時間は前職と変わっていないにも関わらず、年収が600万円から720万円となりました。

一般的に「派遣」というと給料が低いイメージがありますが、薬剤師の場合は給与が高い求人も多いので、年収重視の方にもかなりおすすめだと思います。

派遣薬剤師のメリット4選

続いて、派遣薬剤師のメリット・デメリットを紹介していきます。

薬剤師の方が派遣として働くにあたって、メリットもあれば、当然デメリットも存在します。

まずはメリットからご紹介しますので、是非参考にしてください。

自分の都合に合わせて働ける

自分の好きな時にいつでも働けるということが派遣薬剤師のメリットです。

正社員の場合、基本的には勤務時間は決まっており、時間に縛られてしまいます。

特にドラッグストアであれば、朝早くからよる遅くまで営業していることもあり、休みも不定期であることが多いです。

一方、派遣薬剤師であれば、自分でシフトを組んで働くことができるため、休みたい時に休む事ができます。長期休暇も取りやすく、子供がいる方やプライベート重視で働きたい方に最適な働き方です。

正社員よりも高収入の場合がある

派遣薬剤師の給料は、職場によっては、正社員よりも高い場合があります。

平均的な派遣薬剤師の時給は2,500円~3,000円程なので、年収的に見ると、平均でも500万円近くになります。正社員と比べた場合、同じかそれ以上である場合が多いです。

派遣という自由な働き方にも関わらず、正社員よりも年収が高いということはかなりのメリットと言えます。

地方の派遣薬剤師の場合、時給が高い場合が多いので、わざわざ派遣で働いているという方もいるようです。

サービス残業が少ない

派遣薬剤師であると、サービス残業が少ないというのも利点です。

基本的には、タイムカードによって勤務時間が決まるので、仮に残業をしたとしてもサービス残業となることはありません。

一方、正社員の場合は、残業をした場合でも給料が支払われないこともよくあります。

派遣薬剤師であるのに、無休で残業させられるという場合はブラック企業である可能性が高いため、すぐに派遣先を変える事をおすすめします。

転職が容易にできる

また、転職が容易にできるという事も大きなメリットです。

正社員の薬剤師の方のよくある不満は職場環境の悪さが多いです。調剤薬局やドラッグストアであれば、毎日同じ人と関わる必要があるため、職場の同僚とも関係が悪くなってしまう事もあります。

しかし、派遣であれば、雰囲気の悪い職場であった場合には、すぐに職場を変えることが可能です。同僚とトラブルが起きた場合でも、耐える必要はないので気軽に働くことができますね。

また、「今は調剤薬局だけど次はドラッグストアで働く」というように派遣期間ごとによって、様々な職場で働くことが可能です。

派遣薬剤師は、すぐに仕事に飽きてしまうという方にもおすすめできる働き方です。

派遣薬剤師のデメリット3選

続いては派遣薬剤師のデメリットについてもご紹介します。

派遣薬剤師という働き方は、メリットも多くある一方、デメリットも存在しています。

デメリットの意見も取り入れた上で、派遣薬剤師になるか判断することも必要ですので是非、参考にしてください。

キャリアアップができない

正社員と違い、キャリアアップが難しいという点が派遣薬剤師のデメリット部分でしょう。

正社員であれば、本社の研修制度が整っていれば、研修や講習を受けてスキルアップをすることもできますし、ある程度業務に慣れたら他の部署に昇格というキャリアアップのチャンスも生まれます。

一方、派遣薬剤師の場合は与えられた業務だけを行う場合が多いため、なかなかスキルアップに繋がらない可能性があります。

将来もっと出世したい、重要な役職に就きたいという方には、派遣薬剤師はあまりおすすめできない働き方です。

派遣先の福利厚生が受けられない

派遣先の福利厚生が受けられないという点もデメリットとなります。

特に正社員の薬剤師は、住宅手当などの補助が付きますが、派遣薬剤師の場合、派遣会社に属している事になるため派遣先の福利厚生の手当を受けることができません。

一見給料が高いように見える求人でも、「福利厚生を考慮すると正社員の方が待遇が良かった」なんてことはよくあります。

派遣薬剤師として働く前に、一度、福利厚生込みの条件を調べてみると良いでしょう。

短期間で職場で変わる

派遣薬剤師として働く以上、同じ職場でずっと働くというような事はできません。

仮に派遣先の職場の雰囲気がかなり良く、ずっと働きたいという状況でも、契約が切れた場合には職場を離れる必要があります。

「一度築いた人間関係も最初から」ということになってしまうこともあるため、そこが大きなデメリットでしょう。

ただ、派遣会社に相談をすれば、ずっと状況によって、同じ職場で働くことが可能です。そのような場合に陥ったら、派遣会社に一度相談をしてみてください。

派遣薬剤師の年収に関するよくある質問

大手か中小のどちらが高時給ですか?

派遣先として働く職場に大手企業と中小企業のような2種類がありますが、実は中小企業の方が給与が高めに設定されている事が多いです。

薬剤師 企業規模別年収

  • 全体平均:513.3万円
  • 1位 10~99人:606万円
  • 2位 100~999人:497万円
  • 3位 1000人以上:479.9万円

参考:薬キャリ

このデータからわかるように企業内人数が「10~99人」>「100~999人」>「1000人以上」という年収順となっており、中小の方が給与は高い事がわかります。

また、都市部よりも地方エリアの方が給与が高い傾向にあるため、地方エリアの派遣先を狙えば、より高時給を狙えるでしょう。

派遣薬剤師の給料が高いゆえに働きづらいことはありますか?

基本的に、「派遣だから職場で働きづらい」ということは少ないです。派遣薬剤師の口コミ・評判を見ている限り、「派遣だから働きづらい」といったコメントはあまりありません。
薬剤師の派遣社員として、ある程度の高時給をもらっているので、「言われたことはすぐにやる」「無駄にサボらない」ということを意識していれば、充実して働ける事がほとんどです。

しかし、職場によっては派遣に対してひどい対応をするところもあります。
「自分より給料を多くもらっているから」といった理由などで派遣薬剤師の方を同僚だとみなさない、意地悪な社員も中にはいることも事実です。

できるのであれば、派遣先に就く前にその職場の雰囲気を派遣会社の担当の方から聞いておくと良いでしょう。
その際に、あまりにも忙しそうな職場であると、派遣で行った時にひどい扱いをされることが多いです。派遣社員をただの労働力としか見ていない職場には注意が必要です。

また、どうしても働きづらい場合には、職場を変えるのも一つの手です。すぐに職場を変えられることが派遣薬剤師の強みですので、辛い場合は職場を変えることをおすすめします。

今後派遣薬剤師の需要はありますか?

前述のように、薬剤師は今かなり人手が不足しています。
ある地域では人手不足が深刻化したことによって、薬剤師の争奪戦が起きているところもあります。

このような現状を見てみると、正社員だけではなく派遣の薬剤師も今後需要の高さは続くことが考えられます。
また最近ではベビーシッターなど薬剤師以外の職種において、薬剤師の経験がある方を募集するケースも増えています。

薬剤師は専門知識やスキルを自分の手でつかみ取り、市場価値を高めることができるので、他業種からの評価も高いです。
そのような意味でも、派遣薬剤師は今後も需要が高まっていくことが予想されます。

薬剤師の年収についてもっと詳しく知りたいです。

薬剤師の年収について書かれた記事がありますので、そちらの記事の方も参考にしてください。

都道府県別の年収比較、職場別の年収比較などが解説されていますので、是非参考にしてください。

>>薬剤師の年収をランキング形式で徹底解説【4項目から比較】

薬剤師派遣の年収|まとめ

この記事では、主に薬剤師派遣の年収についてご紹介しました。

派遣薬剤師の年収は比較的高く、色々と工夫をすることで年収アップの可能性も高まります。

また、薬剤師派遣会社を利用することが、薬剤師派遣として上手に働くのに最も効果的な方法です。

サービス名 総合評価 特徴 公開求人数
薬キャリ
圧倒的な求人数!
薬剤師登録数No.1
54,617件
ファルマスタッフ
医療現場に詳しい
コンサルタントがサポート
55,657件
お仕事ラボ
利用者満足度◎
日本全国対応
35,890件

上記の3社がおすすめですので、是非活用してみてください。

あなたが派遣薬剤師として活躍できることを応援しています。

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄