CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「ベンチャーへ転職したいけど、不安がある」「大手からベンチャーへ転職するのは良いことなのか」

以上のような疑問を抱えている方が多いと思います。この記事では、ベンチャーへの転職を成功させるポイントや、ベンチャーへ転職するメリット注意点など余すことなくご紹介します。

今の会社からベンチャーへ転職するか迷っている方はぜひご覧ください。

ベンチャーへ転職するメリット

ベンチャーへ転職するメリットは「規模が小さいため、会社の成長スピードやあなた自身で行う業務が多くスキルが磨かれること」です。

長く勤務していればそれ相応のスキルが身につく大手企業とは違い、ベンチャーでは素早い成長が求められます。そのため、短期で多くのスキルを身に着ける習慣が備わります。

1.成長機会がたくさんある

ベンチャー企業で働くと、成長機会が多くあります。理由としましては、規模感が大手と比べ小さく、多くの業務を任されるからです。また、人数が少ないため、1人の稼働効率を高くし、全体の効率を上げる必要があります。

その他にも、1人にかける教育時間も少なく、元からスキルに乏しい場合は通常以上の成長を期待されます。その反面、社会人として必要なスキルが短期間で身につき、どの会社に転職しても即戦力となる人材に成長することができるでしょう

2.経営者と近い距離で仕事ができる

ベンチャーへ転職するメリットの1つとして、経営者と直接仕事する機会が多いことです。経営者と働くことで経営者の考え方を身近に感じることができます。

特に新規ベンチャー企業で成長している会社の経営者はどのように考えて仕事をしているのか、新しいアイデアをどう見つけてくるのかなど、吸収することが多くあるでしょう。

今後起業などを視野に入れている方はぜひ学んで、あなたのキャリアとして活かしていきましょう。

3.スピード感が早い

ベンチャー企業で働く魅力として、昇格などのスピード感が早いことです。大手企業でしたら、基本的に30代になってから管理職などに昇級できることが多く、キャリアアップまで時間がかかります。

しかし、ベンチャーでしたら基本的に社内の人材は20代が多く、人数も少ないため昇格や昇給が早い特徴があります。また、どの社員も同じくらいの仕事をできるため、それぞれに役職が振られるので、どの方にもキャリアアップの機会があります。

スピード感のある仕事をしたい方にとってもベンチャー企業で働くメリットがあります。

4.意識が高い人が周りに多い

ベンチャーで働いている方は、やりたいことが明確であるため、仕事に対して意識が高い方が多いです。前職で培ったノウハウを活かし新しいアイデアを出したり、課題に対しての迅速な対処など行動力もあります。

与えられた業務をこなしていればいいや、などと考える人は少なく、常に高いモチベーションで働くことができます。

また、1人1人の感じる責任感が大きいため仕事に対しての気持ちが違います。現在の職場の活気がなく、つまらないと感じている方はベンチャーへの転職がおすすめです。

ベンチャーへの転職で注意する点

ベンチャーへの転職は多くのメリットがあります。しかしその反面、不安定性や変化の多い事業スタイルとのミスマッチなど、注意することもいくつかありますので、以下で確認しておきましょう。

1.ミスマッチが多い

ベンチャーへの転職で良く上げられる不満点として、「入社時から事業が大きく変わり、当時やりたかったことができていない」ことがあげられます。

ベンチャー企業は競争が激しいため、様々な戦略を立てながら戦っていく必要があり、当初予定していた事業内容とは異なったサービスを始めることも珍しくありません。

このように入社前と入社後のミスマッチがあり、不満を抱えることも多いです。

口コミアイコン

​30代男性
​僕はエンジニアとしてアプリ開発をするベンチャー企業に入社しました。最初はエンジニアとして開発業務をやらせてもらえましたが、徐々に新人のエンジニアを管理するディレクションの仕事が増えていきました。当初と大きく仕事が変わってしまい、やりがいを見出せなくなりました

2.会社の生存率が低い

ベンチャー企業は資金力が弱いところが多く、買収や倒産など生存率はかなり低いのが現状です。そのため、いつ倒産してしまうのかなどリスクを考えて選ぶ必要があります。

また、売り上げが思ったよりも上がらず、ライバル企業のサービスと被り勝負に負けて倒産、ということが多い業界です。会社の将来性を考慮したキャリアを考えておくことが大切です。

口コミアイコン

​20代男性
最初は業績もよく勢いのある会社でしたが、ある日を境に売れ行きが悪くなりついに倒産してしまいました。僕がまえから準備していたので大丈夫でしたが、このようなリスクヘッジはしておいた方がいいです。

3.転職後の年収額は下がる可能性がある

ベンチャーへ転職することによって年収が下がることは予想できると思います。特に大手企業からベンチャーへの転職は年収がガクッとさがるのがほとんどで、今までの生活スタイルを維持するのはむずかしいでしょう。

自分の興味ややりがいを優先するならいいと思いますが、年収なども捨てられないと考えている方はよく検討してから転職を試みましょう。

口コミアイコン

​20代女性
ベンチャーへ転職して年収は大きく下がりました。結果的に楽しいのでいいのですが、やはり生活面では以前の生活ができないので苦労はしています。何を重視するのかで検討し、それに当てはまる働き方がと感じたならベンチャーへ転職すると良いと思います。

どんな人がベンチャー転職に適しているのか

ここでは、どんな方がベンチャー転職に適しているのかご紹介します。ここに当てはまる人はあくまで傾向で、当てはまらない人がベンチャーに向いていないということではありませんので、参考程度にご覧ください。
 

ベンチャー転職に適している人
  1. 新しいことが好きな人
  2. 積極的にものごとに参加する人
  3. 仕事に対しての意欲が高い人
  4. 学習に対して抵抗感がない人

1.新しいことが好きな人

ベンチャーの特徴として、新しいことにどんどん挑戦できることだと思います。大手企業ならともかく、中小企業では新しいことに挑戦するのは資金やブランド的に難しく、あなたの考えているアイデアを活かしにくいことが多いでしょう。

その点ベンチャーは常に新しいことに挑戦する必要があるので、あなたの意見を積極的に受け入れてくれることが多いです。「こんなサービスは面白そう」「こんなサービスがあったら便利かも」など新しいことが好きな方はベンチャーでの働き方が適していると思います。

2.積極的にものごとに参加する人

上記でも書きましたが、ベンチャーの特徴として経営者や社員との距離感が近いことがあります。そのため、あなたの意見や発言は大きく会社へ影響します。

良いアイデアや意見がある場合は会社の利益に直結しますので、会議などでは積極的な参加が重要となってきます。会話が得意だったりコミュニケーションができる方の方がベンチャーで活躍できるを人材かと思います。

3.仕事に対しての意欲が高い人

ベンチャーへ転職をする方で、多くの方はその企業が行っている事業に興味を持って転職するため、仕事に対しての意識が他の企業よりも高い傾向にあります

特に与えられた業務以上のことを常に行わないと会社は成長しないので、能動的に動ける方に向いています。自分の働きが会社に直結することを意識して働くようにしましょう。

4.学習に対して抵抗感がない人

大手や中小企業でも勉強をすることは必要ですが、ベンチャーで働く場合はより多くの学習が重要となってきます。理由としては、ベンチャーが大手と戦っていくには社員の個々のスキルを磨くことがとても重要になるからです。人数で賄えない部分を質で補う戦い方をしないとすぐに負けてしまいます

その観点で教育が重要になってきますが、人数も少なく教育コストを多く取れないため、個人での勉強が必要不可欠です。毎日たくさん学ぶことがありますので、勉強に抵抗がある人にとっては大変でしょう。

勉強すること、本を読むことに抵抗がない方には適していると思います。

ベンチャーへの転職を成功させるポイント

ベンチャーへの転職を成功させるポイントを以下でご紹介します。ベンチャーに転職したいけど絶対失敗したくないと考えている方はぜひ参考にしてください。

POINT1.キャリア設計を明確にする

ベンチャー転職では、キャリアプランを明確にすることが大切です。転職先のベンチャー企業にずっと務めるのか、それとも途中で転職するのか、ノウハウを身に着けたら起業するのかなどキャリアプランを考えておきましょう。

また、倒産した時のキャリアプランも視野に入れて転職を考えると良いでしょう。特に長期で働くことを考えている方は次の転職の方法なども決めておくと今後の活動もスムーズに行えます。

POINT2.なぜベンチャーへの転職を考えたのか明らかにする

なぜベンチャーへ転職しようとしたのか明らかにすることが重要です。どの企業でも目指す理由は大切ですが、ベンチャーへ転職というのがリスクが大きく軽い気持ちで転職を行うと失敗する可能性が高いです。

どうしてもその企業が行っている事業に携わりたい、その企業の経営方針に心を打たれ、この企業を成長させたいと感じた、など理由は様々だと思います。

目的をはっきりさせた状態でベンチャー転職を行うことで成功率がグッと高くなります。

POINT3.企業の下調べをする

ベンチャー転職をするまえに、転職先の企業について調べておきましょう。中には急成長しているが求人が間に合っておらず、社員1人の負担が大きく残業が多い企業もよくあります

憧れの企業でも実態はブラック企業だった…なんてこともよくありますので、事前に企業については調べておきましょう。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

ベンチャーが採用時に気にすること

ベンチャー企業が採用時に気にする点は以下の項目が多い傾向にあります。

入社に対しての意欲
経歴・実績

特にこれまでの経歴を重視する企業が多い傾向にあります。どんな職種でどんな業務を行ってきたのかなど、ベンチャー企業にとって即戦力になるのか、採用時に注目している企業が多いです。

また、入社に対して意欲的な方も採用されやすい傾向があります。面接時はこれまでの経歴と企業に対しての熱意をアピールするようにしましょう。

もし転職時に面接や書類選考など自信がない方は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントとは、無料で「求人紹介」「面接対策」「書類添削」などの転職サポートを行ってくれるサービスです。

質と評判の高い転職エージェントは「【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較」でご紹介しているのでご覧ください。

ベンチャー転職で利用すべき転職サービス

ここでは、ベンチャー転職の時に利用すべき転職サービスをご紹介します。質と評判の高い転職サービスなので、2、3社登録しておくと今後のキャリアチェンジがしやすくなるでしょう。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で求人案件数No.1の転職エージェントです。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


2.doda

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

ITへの転職を考えている方はマイナビエージェント×ITもおすすめ。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

4.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情婦を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方に特におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。


5.Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。

転職先で人気のメガベンチャー企業

ここでは人気のメガベンチャー企業をご紹介します。有名な企業で、この記事を読んでいる方でも聞いたことがある人が多いでしょう。

リクルート

リクルート

リクルートは書類選考よりは面接を重視する企業として有名です。人気の企業だからと言って学歴などで諦める必要がありません。人材紹介や派遣業務、飲食サイトの運営など幅広い業務内容がありますので、あなたに適した仕事が見つかるでしょう。

サイバーエージェント

サイバーエージェント

サイバーエージェントはメディア事業・インターネット広告事業・ゲーム事業・投資育成事業などを行っているITメガベンチャー企業です。最近では動画関係の事業も展開し始めていたりと、時代の流れに乗ったビジネスを行っているので、新しいことをしたい方にとってはとても魅力的な企業だと思います。

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社、年収や福利厚生、会社の知名度などどの側面をとっても魅力的な企業となっています。しかし、ITメガベンチャー企業であるため、転職で入社するためには即戦力になる人材ではないと厳しいのが現状です。

特に20代など若い年代の方は専門的スキルがないと転職が厳しいこともあり、もし転職を希望している方は経験を積んでからの方が良いでしょう。

転職先で人気のベンチャー企業

ここでは、近年成長しているベンチャー企業をご紹介します。観光や流行のYouTube事務所であるUUUMなど人気な企業が多数ありますが、その中のいくつかピックアップして記載しています。

UUUM

UUUM

UUUMは2013年に設立した比較的若い会社となっています。近年人気急上昇中のYouTuberが所属しているため、選考難易度はそこまで高くはありませんが倍率がとても高いという特徴があります。

基本的な業務内容はディレクションや広報PRなどとなっており、人とのコミュニケーション能力に自信がある方にはおすすめの会社だと思います。

sansan

sansan

sansanは基本的に転職難易度が高い傾向にあります。というのも希望する職種の実務経験が必須となり、専門職となると3年以上の実務経験が求められます。エンジニア志望の方などは比較的実力を持っていないと転職が厳しいでしょう。

それと比較して、セールス・企画営業でしたら必須要件は少しだけ緩くなるので、社会人経験がまだ少ない人でもチャンスがあると思います。

FiNC Technologies

FiNC Technologies

FiNC Technologiesはアプリ事業やサプリメント事業など幅広いサービスを展開しているので、新しいことが好きな方にはおすすめの会社です。エンジニアやデザイナーなど専門的なスキルを持っている方などは積極的な採用がされやすいでしょう。

また、FiNC Technologiesは3年連続ホワイト企業に認定されているので、転職難易度が比較的高いです。

ベンチャーへ転職 まとめ

この記事では、ベンチャーへの転職を成功させるポイントや、ベンチャーへ転職するメリットや注意点など余すことなくご紹介しました。

ベンチャー企業への転職を考えている方は、まずは情報を集めることが重要です。この記事をご覧になった方はベンチャーへの転職をスムーズに行えるでしょう。

ベンチャーに特化した転職サイトを知りたい方は「ベンチャーで働きたい人に特化した転職サイトをご紹介」の記事を参考にしていただくと、あなたに適した転職サイトが見つかると思いますので、ご覧ください。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄