CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「美容師から異業種に転職したいけれど、経験がないから不安」「美容師は他の業種には転職できないのでは?」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

これまで専門職としてスキルを磨き、キャリアを積んできた方ほど異業種への転職は腰が引けてしまうこともあるでしょう。

しかし、美容師から異業種への転職は可能です。
美容師という職にこだわりすぎず、転職してやりたい仕事に取り組んでいる方は数多くいます。

この記事では、美容師の方が異業種に転職するためのコツや、美容師を辞めるメリット・デメリットなどについてご説明していきます。

また、転職に役立つおすすめの転職エージェントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較

業界大手!求人数総合型転職エージェント
リクルートエージェント ロゴ
業界トップクラスの求人数
転職サイトでも有名

公式サイト→

doda
業界トップクラスの
転職エージェント
高い満足度

公式サイト→

記事の目次

美容師を辞めたいと思う理由とは

ここでは、美容師がなぜ転職したい、辞めたいと思うのか、その理由をご紹介していきます。
転職したいと考えている美容師の方には、当てはまるものがあるでしょう。

1. 給料が少ない

給料が少ないという理由が最も多く、現在の年収に満足しているという美容師はかなり少ないのが現状です。

激務であるにも関わらず十分な給料が貰えていないと感じている美容師はとても多いと言えます。
地方では手取りが15万円に満たない場合もあり、美容師の仕事一本で暮らしていくことが厳しいという人も大勢います。
美容師は歩合制であることも多く、指名が入らなければ基本給のみで暮らしていかなければならない場合もあるため、決して誰もが華々しく豊かに暮らしていけるわけではないのです。

また、目に見えて昇給することもなかなか望めませんし、ボーナスも期待できません。
技術職であるにも関わらず、一部の人しか高給取りにはなれないのが美容師を続ける上でのデメリットだと言えるでしょう。

2. 拘束時間が長い

美容師は、営業時間が終わればすぐに帰宅できる職業ではありません。
店内の後片付けはもちろんのこと、アシスタントであればカットやシャンプーの練習を行わなければならないのです。

そのため、長い残業を強いられることとなってしまいます。
スタイリストになるためには練習は必須です。
たとえ残業時間が長くなってしまったとしても、それを避けて通ることはできません。

しかし、通常の勤務時間に加えて長時間の残業を行うとなると、精神的にも身体的にも大きな負荷がかかってしまいます。
美容室によっては比較的早く店じまいをする店舗もありますが、結局は業務後の練習や片付けがあるため早く帰宅することはできないのです。

3. 手荒れや腰痛が酷い

身体的な問題として挙げられるのが、手荒れや腰痛です。

毎日長時間シャンプーなどの溶剤に触れていると、手荒れを起こしてしまう美容師は少なくありません。
ハンドクリームや処方された塗り薬を使っても、毎日仕事を続けていくと薬が効かなくなってしまうこともあり、結局手荒れが治らないという人も多いのです。

また、屈んだり中腰になったりすることも多いため、腰痛に悩まされている人も大勢います。
腰痛は治りにくく、再発もしやすい疾患です。

日常生活に支障をきたす程の腰痛に繋がることもあるため、注意が必要です。

4. 休日が少ない

美容師は通常業務だけに取り組んでいれば良いというわけではありません。
休日にあたる日でも、研修に参加しなければならないこともあれば、休日出勤を余儀なくされることもあります。

自分のスキルを磨くためには、研修への参加は欠かせません。
研修で得た知識は確実に日頃の業務で役立つでしょうが、その分休日を返上する必要があります。
いくら自分のための投資とはいえ、休日が減りすぎてしまうことはあまり好ましくはないでしょう。

急に指名が入れば、休日であっても出勤をせざるを得ない場合も多々あります。
指名が入ることは決して悪いことではありませんし、むしろ歓迎すべきことですが、連続して休日を潰されてしまうと疲労感が抜けなくなってしまいます。

美容師のひと月辺りの休日は5~6日と他の職種よりも比較的少ないことからも、ゆっくりと自分の時間を取りにくいという大変さも窺えます。

5. 人間関係がつらい

どの職場でも起こり得ることですが、対人関係を積極的に作らなければならないところが美容師の悩みの種のひとつです。
同僚や上司から嫌がらせ、無視などをされて、パワハラの被害者になることも考えられます。

また、お客様を相手にしている仕事なので、「この人は話しかけても大丈夫だろうか」といったように話しかけても良い人と話しかけられたくない人を見極めなければいけません。

それだけではなく、「イメージと違うから切り直してほしい」と切り終わってからクレームを入れてくるお客様もいます。
こういった時の対処はかなり困難を極めてしまい、自分一人では対応しきれない場合も数多くあるでしょう。

このような人間関係の問題から美容師を辞めたいと悩んでいる方も多くいます。

6. 自腹で道具を用意しなければならない

美容師にとって欠かせない仕事道具であるハサミなどは、全てそれぞれの美容師が個人的に自腹で揃えなければなりません。

しかし、このハサミは決して安価なものではなく、1本10万円以上するものがほとんどです。
働く上で必要となる道具を揃えるだけで精一杯、という美容師も少なくはないのが実情です。

高いから道具を持てない、といった理由ではスタイリストにはなれません。
金銭的な問題が背景となって、スキルアップを妨げられている場合もあり、課題は山積みだという美容師も少なくないでしょう。

7. 生活が安定しない

アシスタントの時期は、十分な給料を貰えないため生活が苦しく安定しないという人も多いと言えます。
スタイリストになるまでには最長で5年ほどかかると言われています。
その間、ずっとアシスタントとしてスキルを磨かなければならないのですが、給料が安定せず挫けそうになってしまう人も多いです。

また、スタイリストになったからと言って安心できるわけではありません。
昇給するにはある程度の時間を要しますし、美容院の経営状況も、場合によっては安定していないところもあるでしょう。

このような不安定さから、他の職種へと転職をする美容師も多くいます。

8. 休憩時間が安定しない

お客様の流れによっては、お昼の休憩時間を十分にとれないこともしばしばあります。

1日中働き詰め、という日も珍しくなく、休むことができないまま閉店時間、そして片付け、シャンプーやカットの練習といった流れになってしまうこともあるため、息つく時間がありません。

店舗の規模が大きければ大きいほど、休憩時間の確保は難しくなってしまいます。
もちろん人気店で働けるという大きなメリットはありますが、その分ゆっくりと休憩できなくなる可能性も考えておきましょう。

9. モデルハントが厳しい

カラーやパーマなどを練習する際に、実際にモデルになってくれる人を探さなければなりません。
実際にアシスタントがその人にカラーリングなどを施し、最終的にそれをスタイリストがチェックして足りないところを埋めていくという流れです。

しかし、モデルになってくれる人は大勢いるわけではありません。
初めは友人など、知人に協力してもらうこともできますが、そう何度もお願いするわけにもいかないでしょう。

モデルハントに疲れた、精神的につらいという美容師は多く、転職を考えるきっかけのひとつだと言えます。

>>転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較

美容師から転職しやすい異業種の仕事

実際に美容師から転職するとして、次は異業種で活躍したいと考えている方も多いでしょう。
そこで、ここでは美容師から転職しやすい異業種の仕事をご紹介します。

1. 美容ディーラー

美容ディーラーは、美容室に決まった薬剤などの必需品を卸す仕事です。
メーカーの製品を届けるため、ほとんどがルート営業なので営業で顧客を獲得することに抵抗がある方でも安心して働くことができます。

また、美容室に関連する製品を積極的に提案していくという業務も兼ねています。
その美容室でどのような商品が必要とされているのか、的確に見極められれば評価されますし、週休2日制である企業が多いところも魅力的です。

2. 美容メーカー

美容メーカーの営業職も美容師からの転職におすすめです。
美容メーカーの営業は、ディーラーや美容室の店舗そのものに自社製品を売り込むという仕事です。

自社製品の長所を取引先にアピールする段階で、美容師時代の経験をもとに解説できるため、顧客に対してより説得力を持った提案ができます。
美容師時代に培った知識を存分に活かせる仕事だと言えるでしょう。

3. アパレル業界

アパレル業界は、主にコミュニケーションスキルを活かせる仕事です。
お客様にぴったり合う服や靴などを提案する際に、相手の話をよく聞いて望んでいるものを的確にピックアップできるスキルは、美容師時代にしっかりと磨いてきたものです。

美容師時代にいつもお客様と楽しくお喋りしていた、という方にはまさにうってつけの職業です。
多くの人と関わりを持ち、美容師という職を離れてもコミュニケーションを大事にする仕事を選びたいという方は、ぜひアパレル職を検討してみてください。

4. エンジニアなどのIT業界

システムエンジニアなど、IT業界での活躍も夢ではありません。
エンジニア、WEBデザイナーなどの仕事は昨今需要が増加し続けていますから、未経験でも活躍できる職場は数多くあります。

エンジニアと聞くと、難しそうだと腰が引けてしまう方もいるかもしれませんが、短期間集中型のスクールなどに通えば基礎的な知識を得ることは難しくありません。
デスクに向かって黙々と作業をすることに抵抗がなければ、エンジニア職は最適だと言えるでしょう。

エンジニア職向けの転職エージェントについては、こちらの記事で詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

>>エンジニア向け転職エージェントおすすめランキング
>>エンジニアにおすすめの転職サイトランキング
>>エンジニアに強い派遣会社おすすめランキング

5. 事務職

一見美容師時代のスキルを活かせる職種ではなさそうだと感じるかもしれませんが、事務職はコミュニケーションスキルがなければ成り立たない職種です。

事務職は連携して行わなければならない仕事に取り組むことが多く、一人で完結させることはできません。
従って、周囲の人達と上手く助け合い、日々職務に向き合っていく必要があります。
デスクワークをしつつ、誰かと接していたいという方にはぴったりでしょう。

事務職への転職を目指している方は、こちらの記事参考にしてみて下さい。
>>事務職におすすめの転職エージェント・サイト|タイプ別でご紹介

6. 営業職

美容関連の営業職に限らず、全ての営業職に適性があると考えて問題はありません。
営業職こそコミュニケーションスキルを最も発揮できるといっても過言ではないですから、これまでの経験を存分に活かすことができます。

顧客が求める商品やサービスを最適な形で提案し、納得し満足してもらうという点においては、美容師としての経験がいかんなく発揮できるでしょう。
ルート営業だけではなく、新規顧客獲得のための飛び込み営業もできるようになれば、自信を持って働くことができるようになります。

営業職への転職を目指している方は、こちらの記事参考にしてみて下さい。
>>営業職におすすめの転職サイトランキング|プロ厳選の15選

7. ウィッグなどの販売職

美容師時代の経験を活かせる仕事として、ウィッグに携わる企画や営業が挙げられます。
ウィッグにさまざまな工夫を凝らして、よりクオリティーの高い製品を作り出せば大きな達成感を得られるでしょう。

専門的な知識が必要となる業界なので、これまでの経験から率先して発言・提案をすることができます。
なお、面接の場では、商品の改善すべき点などを的確に指摘することができるという強みをアピールすることもできます。

8. アイリスト

アイリストは、睫毛に関する施術を行う職業です。
お客様のオーダーに応えてメイクアップするという点においては、美容師と似ていると言えるでしょう。

睫毛に関してプロの施術を受けたいと望む女性は多く、特に都心では相当数の需要がある職業であり、将来性も見込めます。
また、美容師ほどの激務ではないため、しっかりと休みを確保できるところも魅力です。

【関連記事】
女性におすすめの転職サイト|目的別に比較

9. ネイリスト

ネイリストもお客様をメイクアップする職業です。
細かい指定をするお客様もいれば、イメージを伝えるからそれに合わせて施術して欲しいというお客様もいます。
そういった点においては、美容師に通ずるものがあるでしょう。

もちろんイメージを膨らませ、クリエイティブな発想をすることは簡単ではありません。
しかし、成功してお客様に感謝の言葉をかけられたり、リピーターになってもらえたりした時には大きな喜びを得られることは間違いありません。

10. ヘアメイクアップアーティスト

モデルとなる芸能人などのヘアメイクをする仕事です。
美容師時代のスキルを最も発揮できると言っても過言ではない職業ですが、転職するためには並々ならぬ努力が必要でしょう。

限られた人数ですが、トップクラスのヘアメイクアップアーティストになれば報酬も跳ね上がります。
美容師を諦めたくないけれど、現状に満足できないという方はぜひ挑戦してみてください。

これらの専門的な職への転職も考えている方は、総合型の転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

>>転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較

美容師を辞めるメリット

ここでは美容師から転職し成功を収めたいと考えている方に、どのようなメリットがあるかご紹介します。

1. 自己実現ができる

美容師を辞めることによって、これまでできなかったことに挑戦できるというメリットがあります。
転職によって心機一転新しい仕事を始めることはもちろん、私生活においても趣味に割く時間ができるなど、余裕を持った暮らしができるでしょう。

時間がない、または金銭的な問題などで諦めてきたことに思い切り取り組むことができるため、精神衛生上にもとても良い状態で日々を過ごすことができます。

2. 給料アップが見込める

美容師時代に給料面で悩んでいたという方は、転職によって大幅に給料をアップさせられる可能性が非常に高いと言えます。
異業種は美容師よりも基本給が高い場合が多いため、過酷な業務から離れられる上に、年収アップが見込めるのです。

仕事はやりがいも大切ですが、給料という現実的な面もきちんと考えていかなければなりません。
自分の働きに見合った給料を得ることができれば、日々のモチベーション維持に繋がるでしょう。

3. 休日が増える

休日が増える点も転職によって得られる大きなメリットです。
美容師は休日が少ない職業ですが、異業種では週休2日制の企業が数多くあります。

もちろんシフト制の企業もありますが、休日出勤を頻繁に求められることはないでしょう。
また、フレックスタイム制などを取り入れている企業も増えているため、労働時間の選択肢の幅を広げることができます。

4. 身体的な負担が少なくなる

手荒れや腰痛に苦しめられていた頃を考えれば、異業種での勤務は遥かに身体的な負担が少なくなります。
特にオフィスワークなどは、肩凝りが酷いイメージがあるかもしれませんが、休憩を挟めばそれほど苦になるレベルではありません。

今後、手荒れや腰痛が悪化する確率はかなり低くなります。
そのため、ずっと気にしていたし、このまま治らないかもしれないと不安に思っていた方は異業種で体を大切にしながら働くことをおすすめします。

5. 人間関係の煩わしさから解放される

どの職場でも人間関係での悩みは大小問わずあるものです。
しかし、お客様を相手にしない異業種を選んだ場合には、少なくともお客様との関係で悩むことはなくなります。

美容師をしていてお客様からの細かいオーダーやクレームに疲れてしまった、という方はオフィスワークなどがおすすめです。
お客様個人を相手取って施術する緊張感に、どうしても慣れないという方はあまり人と接さずに業務を続けられる仕事を探すと良いでしょう。

美容師を辞めるデメリット

美容師を辞めることは、メリットだけではなくデメリットも含んでいることを忘れてはいけません。
喜び勇んで美容師を退職し、転職したとしても後悔してしまう可能性もあります。
そこで、ここでは考えられるデメリットをご紹介していきます。

1. 専門的な技術を活かせなくなってしまう

美容師として培った知識を活かすことはできても、実際に技術を活用した職に就くことは非常に困難です。
これまで手を動かし、お客様の髪をセットしてきたという経験を手放すことに躊躇がある方は転職を考え直した方が良いかもしれません。

確かに知識や経験は次の職場でも役立ちますが、技術を必要とされる場面は少ないと言えるでしょう。
髪に関する施術をしてほしいという職は限られています。
美容師から離れるとなると、今ままで培ってきた技術が活かせなくなるということは認識しておきましょう。

2. 復帰が難しい

転職したものの、やはり美容師の方が良かったと思い直し再就職をしようとしても、なかなか上手くいかないことが考えられます。
職を離れていた間にスキルが衰えてしまうことがあるため、スムーズに復帰できないからです。

現職時代の勘を取り戻すまでに時間がかかり、離れてしまったお客様達を呼び戻すことも難しいと言えます。
また、なぜ前職を辞めたのかという問いにも答えにくくなってしまいます。
辞めたけれどやっぱりやりたい、という理由はあまり面接官に良い印象を与えません。

3. スキルを活かせない職に就く可能性がある

職によっては、美容師時代のスキルが全く活かせない場合もあります。
コミュニケーションスキルを発揮したいからと営業職を希望したとしても、実際に配属されたところは全く別の部署だったという事態が起こりかねません。

このように必ずしも自分の希望する職種に就けるとは限らないため、モチベーションを維持することややりがいを感じることができない場合もあります。

美容師から異業種に転職するためのコツ

美容師から異業種に転職するためにはコツが必要です。
不可能ではないとはいえ、なるべくスムーズに、かつ自分の希望する職種に転職したいと思う気持ちは誰もが抱いていることでしょう。
そこで、この章では美容師から異業種への転職に役立つコツをご紹介します。

1. 自分のやりたいことをはっきりさせておく

自分が何をするために転職をするのかもう一度考えてみましょう。
現状から抜け出すために焦って転職をしても失敗することが多いです。
まずは自分がやりたいことを探すところから始めるべきです。

美容師という職の他に、どのような職業に就きたいかじっくり考えてください。
これまでのスキルをどのように活かしていきたいのか、ビジョンがはっきりしていないと転職を繰り返すことになってしまいます。

2. 希望する転職先の業界をきちんと調べておく

憧れている業界に転職したいという気持ちはもちろんあるでしょうが、その業界について調べておく必要があります。
華やかそうだとか、給料が良さそうだとか、勝手に思い込むことはやめるべきです。

希望する企業だけではなく、現在その業界はどのような状況にあるのか、本当に自分は適しているのか、業界自体の調査をしましょう。

3. 書類・面接の対策を十分しておく

転職活動に欠かせないのが書類と面接の対策です。
これを怠ってしまうと、まず転職をすることすらできなくなってしまいます。

書類選考がある場合は、特に志望動機の欄に注目しましょう。
異業種への転職となると、なぜいきなり違う業種へ転職しようと考えたのか面接官は疑問に思ってしまいます。
それを考慮し、納得させるだけの理由を述べるようにしましょう。

4. 転職エージェントを利用する

転職を一人で行うことは非常に困難です。
そこでぜひ利用するべきなのが、転職エージェントです。
転職エージェントはあなたにぴったりの求人を紹介してくれるだけでなく、書類添削や面接対策も行ってくれます。

自力で求人を探すことも大切ではありますが、個人が集められる情報は限られています。
転職エージェントは非公開にされている求人を見せてくれますし、さまざまな質問にも答えてくれるため、とても頼りになる存在なのです。

総合型転職エージェントでは、以下の3社がおすすめですので、是非活用してみて下さい。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント
業界トップクラスの求人数、人材業界大手のリクルートが運営
doda
業界トップクラスの転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
マイナビエージェント
新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

転職エージェントの効果的な活用法、転職エージェントランキングについては、以下の記事を参考にして下さい。

>>知らなきゃ損|転職エージェントの100%上手な使い方

>>転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較

転職エージェントの利用の仕方

1. 連絡はこまめに・素早く取る
2. 経歴やスキルは正直に伝える
3. 希望条件には順位をつける
4. サイトは毎日チェックする
5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する

1. 連絡はこまめに・素早く取る


キャリアアドバイザーとの連絡はこまめに取るようにしましょう。
キャリアアドバイザーはまだサイトに載っていない求人を抱えている可能性があるため、早くエントリーするためには連絡を取って確認する必要があります。

また、キャリアアドバイザーから連絡があった場合にはすぐに応えられるようにしておくことも大切です。
待っていても連絡が来ないと判断された場合、キャリアアドバイザーは違う求職者に求人を回してしまいます。
良い求人を逃さないためにも、キャリアアドバイザーには素早く連絡が取れるようにしておきましょう。

2. 経歴やスキルは正直に伝える


これまでの職歴や、スキルの度合いは正直に伝えましょう。
短い職歴が多いと不利になるのではないか、と考えて隠したくなってしまうかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

職歴が短くても、キャリアアドバイザーはそれを悪く伝えることはありません。
それよりも、虚偽の申告をしていたことが後々になってわかってしまったという事態の方が大きな問題です。

また、スキルに関しても同様です。
必要なスキルを全て「できる」と答えてしまい、いざ業務を任された時に全くできない、となっては派遣先の企業は困ってしまいますし、何よりも今後の信用問題に関わります。

経歴やスキルは嘘偽ることなく、正直に伝えましょう。

3. 希望条件には順位をつける


求人を探す際には、希望条件に順位をつけましょう。
さまざまな希望条件があるでしょうが、それら全てを満たす求人があるとは限りません。
その時に、自分が一番大切に思っている条件はどれだろう、と考えてみてください。

求人を探す上で軸となる条件を見つけておくことは非常に大切です。
なお、条件が決まったらキャリアアドバイザーにも伝えておきましょう。
キャリアアドバイザーと意思疎通ができていないと、希望する条件に当てはまる求人を提案してもらえません。

希望する条件については、じっくりと話し合ってみてください。

4. サイトは毎日チェックする


派遣会社の求人画面は毎日チェックしましょう。
求人はどんどん更新されていくので、目を離してはいけません。
また、応募者が多数の求人は早々に応募を締め切ってしまうこともあります。

もし興味のある求人を見つけたら、すぐ連絡するようにしてください。
サイトの求人は増減の動きが激しい時期がありますから、もしめぼしい求人がなかなか見つからないようであればそういった時期を狙ってみるのも良いでしょう。

どうしても見つからないという場合は、キャリアアドバイザーに直接連絡してみてください。
サイトに未掲載の求人を抱えていることも多いので、希望する求人が見つかる可能性は高いです。

5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する


良いと思っても応募するべきか迷ってしまう求人があったら、まずキャリアアドバイザーに相談しましょう。
一人で悩んでいても良い結果は生まれませんし、時間だけが過ぎてしまいます。
その間に別の求職者に決まってしまうということもあり得るので、求人を掴みたいのであればすぐにキャリアアドバイザーに相談するべきです。

その求人ではどのような求められているのかなど、詳しい条件は求人票だけではわからない場合が多々あります。
直接キャリアアドバイザーに詳細を聞いた上で、応募するかどうか判断するのが最もいいと言えるでしょう。

>>転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較

まとめ

美容師から異業種に転職するためのコツや、美容師を辞める際のメリットやデメリットをご紹介してきました。
異業種への転職は勇気がいるものですが、心機一転新しい気持ちで働くことができる環境づくりができるチャンスです。

ぜひ転職エージェントを利用して、転職を成功させてください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント
業界トップクラスの求人数、人材業界大手のリクルートが運営
doda
業界トップクラスの転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
マイナビエージェント
新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

>>転職エージェントおすすめランキング|評判・口コミをもとに比較

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄