企業へ転職する看護師が得られるメリットは何か?
看護師が企業へ転職するためには、何をしたらいいのか?

看護師の方で、病院から企業に転職することはメリットがあるのか、疑問に思っている方が多いと思います。この記事では、看護師が企業に転職するメリット、さらには転職する際の注意点転職の成功率を高める秘訣など、まとめてご紹介します。

最後まで読み進めたら、看護師から企業へ転職するメリットを理解することができ、次の行動に移せます。ぜひ参考にしてください。

企業へ転職した看護師から聞いたメリット・口コミ

病院で働く看護師と比べて、企業で働く看護師には以下のメリットがあります。

夜勤・残業が基本なし|休日が確実に確保できる

看護師の仕事は、患者さんの様態によって変わることが多いです。

また、病院勤務は忙しい時間帯があり、残業が続くことも珍しくありません。

しかし企業の場合、基本的には会社の営業時間に沿って勤務時間が決まります

病院と違い、ピークの時間帯も少ないため、残業が少ない傾向にあります。

口コミアイコン
30代女性
病院で働いていた時は、夜勤が続き残業も多かったため、プライベートを充実させることが難しかったです。転職した今では、会社の営業時間が終われば帰れるので、プライベートに利用できる時間が増えました
口コミアイコン
20代女性
転職前は土日出勤があり、ゆっくり休むための時間がありませんでした。転職してこの会社に入った現在は、土日が基本休みなので、日ごろの疲れをしっかりとることができます。
口コミアイコン
20代女性
病院勤務で働いていた当時は、スケジュール通りの勤務時間で進まないため、大変でした。今の会社は時間になれば退社できるため、習い事や趣味などプライベートな時間を多く確保できるようになりました。

肉体的負担が少なくなる

看護師の勤務は常に動いていることが多いです。

連絡がきたら、すぐに患者のところへ移動したり、見回りで広い部屋を移動したりと肉体労働が多くあります。

企業では、部署や業種で異なりますが、デスクワークが基本になります。

看護師時代と比べて、肉体的疲労が減ったと感じる人もいるでしょう。

口コミアイコン
20代女性
看護師時代は、立ち仕事が基本だったので、毎日大変でした。現在の職業は、基本デスクワークなので、座っていることが多く、肉体的疲労感が少なくなりました。
口コミアイコン
30代女性
患者さんの部屋を訪問したり、先生のサポートをするために移動したりと常に動いていました。しかし今は、PC作業が多く、座っていることが多いので、以前よりも疲労感は少なくなりました
口コミアイコン
20代女性
今の仕事は立ち仕事だけでなく、デスクワークなど動かないで、できる仕事もあり、身体的な疲れは少なくなりました

プレッシャーが少なくなる

医療の現場で働く看護師の職業は、人の命と近い現場にいるため、緊張やプレッシャーを日ごろから感じやすいです。

肉体的疲労と精神的疲労の両方で悩んでいる方が多いことは、看護師職業の現状です。

それに引き換え、企業で働く看護師は、常にプレッシャーを感じる場面が少ないです。

企業に転職することで、ストレスから解放された看護師が多いでしょう

口コミアイコン
20代女性
病院で働いていたときは、医療処置の機会が多く、苦手な作業もあり、常にプレッシャーを感じて仕事をしていました。精神的に辛かったこともあり、今の仕事へ転職してからは開放感がすごいです
口コミアイコン
30代女性
以前の職場で、医療処置の大きなミスをしてしまい、仕事をするのが怖くなった時期がありました。仕事でプレッシャーを感じていたあの頃と違い、今の職場は大きなプレッシャーを感じることがないため、伸び伸びと仕事ができます。
口コミアイコン
20代女性
医療現場では人の命に係わる仕事が多くあったため、緊張感がありました。その緊張感に耐えられず転職しましたが、今の仕事を始めてからは精神的疲労も減り、快適に過ごしています

福利厚生など条件が良くなる

大規模な病院や大学病院など、看護師に対して好待遇を提供している施設が多くあります。

そのような病院に対して、看護師を雇える規模の企業になると、病院よりも待遇が良くなるケースがあります。

今まで以上に、福利厚生が整っている会社へ入社した看護師からは、転職して良かったとの口コミが出ています。

口コミアイコン
30代女性
私が働いていた病院は、規模が小さく福利厚生がしっかりしているとは言えませんでした。今の会社は社宅制度など数多くの待遇があるので満足しています。
口コミアイコン
20代女性
病院では年功序列制により、待遇が変わっていたので不満を感じていました。今の会社は、新しく入社した私に対しても、社員と同じ待遇をしてくれるため、転職したメリットを感じています。
口コミアイコン
30代女性
病院の頃と比べて、福利厚生の待遇が良くなりました。社宅制度やジム費用の保証など、プライベートや生活の質が以前よりも良くなりました。

企業で働く看護師の仕事内容

看護師が企業で働く場合、以下の仕事があります。

産業保健師

産業保険師は、企業に在中している産業医の指示に従って、職員の健康相談やメンタルケアを行います。その他にも、怪我の応急処置や病気に対しての健康補助など、主に医療管理をする仕事です。

臨床開発モニター

臨床開発モニターは、治験に関係する書類契約の確認や、被験者のモニタリング、症状の変化経過を確認・チェックするなど、治験の一連の流れを管理する仕事です。

治験コーディネーター

治験コーディネーターは、企業が行う治験実験のスケジュールや予定を管理・調整をしたり、被験者の対応や治験に対してのサポートを行う仕事です。

その他

その他には、コールセンターで健康相談や緊急の対応など、オペレーターとしての仕事があります。

企業へ転職する看護師が注意するべきポイント

看護師の仕事から、企業へ転職することは多くのメリットがあります。

しかし、企業への転職はいいことばかりではありません。

企業へ転職する時に、気を付けるポイントを以下でご紹介します。

求人倍率が高く簡単ではない

看護師から企業へ転職する時に、注意する大きなポイントとして、求人倍率が高いことです。

人気の企業は、希望する方も比例して多くなります。さらに企業が出す募集人数も少なく、転職のハードルが高くなる傾向があります。

看護師のように資格の有無で求人が絞られることがないため、あなた自身のスキルや強さで転職成功率が変わることも理解しておきましょう。

対策|求人情報を数多く集める
人気の企業は倍率が高く、書類選考などハードルが高くなるため、転職活動が難しくなります。
そのデメリットを解消するためには、求人情報を数多く集めることが大切です。
複数の選択肢を持っておくことで、あなたに適した企業が探しやすくなります。
口コミアイコン
20代女性
企業の看護師として求人を探していましたが、募集している企業は少なく、倍率も高かったです。狭き門なので、転職をする際は覚悟しておいた方がいいと思います。

医療処置の機会が減る

看護師から企業へ転職をすると、病院などの職場と比べて医療処置の機会が少なくなります。

今後も企業で働く可能性が高い方は問題ありませんが、看護師へ再転職したり、再び病院に勤務する考えがある方はデメリットになると思います。

常に現場で学ぶことが多かった看護師職と比べて、勤務外で勉強する時間が増えることも理解しておきましょう

口コミアイコン
20代女性
看護師から企業に転職して数年経ちました。悩みとしては、医療処置の機会が看護師時代よりも減り、技術や感覚がなまってしまったことです。今後看護師として戻る予定がある方は気を付けた方がいいと思います。

身に着けるスキルが増える

看護師の時は、大学などで学んだ知識と現場で得た経験があなたのスキルとして身についたと思います。

看護師転職の場合は、持っているスキルだけを活かして転職先でも仕事ができたと思いますが、企業に転職した場合「PCスキル」「ビジネスマナー」「事務管理」など、今まで培ってきたスキルだけでは対応できないことが増えます。

新しく覚えることがさらに増える点ではデメリットになります。

口コミアイコン
20代女性
病院で働いていたときは、使う機会が少なかったPCスキルなど、企業に転職してから覚えることが増えました。新たにスキルを覚えるのが大変です

勤務体制が少人数なため、1人の責任が重い

企業で働く看護師のほとんどは、1人から2人体制で勤務することが多いです。

先輩の産業医に頼ることが多くなりますが、全てのことを頼ることは難しいです。

あなたをサポートしてくれる同僚が少ないため、1人の責任が重く感じることがあります。

口コミアイコン
30代女性
病院で看護師として働いていたときは、同僚にサポートしてもらい仕事をこなせていました。しかし企業に転職してからは、勤務体制が先輩と2人のため、気軽に頼れる人がいないので不安です。

企業へ転職する看護師が抑えておくべき成功の秘訣

ここでは看護師から企業へ転職する時に、抑えておきたいポイントを以下でまとめてご紹介します。

求人倍率など厳しいと言われているから不安」と感じている方でも、ここで紹介するポイントを理解・実践すれば安心して転職活動に望めます。ぜひ参考にしてください。

病院と企業は違うことを意識する

あなたの強みを積極的にアピールする

数多くの求人情報を集めて比較する

正規雇用以外の検討もしておく

転職に向けて資格の獲得をする

転職サービスを利用する

病院と企業は違うことを意識する

看護師から企業への転職で、一番理解しなければいけないことが、「病院」と「企業」は違うということです。

病院で求めている看護師像と企業で求めている看護師像は大きく異なります。

希望する・入社する企業の特徴や情報をしっかり調べてから転職に挑みましょう。

ここの意識の違いを理解するだけでも転職成功率は高くなるでしょう

ぶっちゃけ話看護師から企業へ転職する方で、ここの意識の違いにギャップを感じる方が多いです。入社の熱意や質問の対応など、自分が企業に対してどんな気持ちでいるか改めて考えることが大切です。

あなたの強みを積極的にアピールする

求人倍率が高いため、あなたのことをしっかりアピールする必要があります。

特に企業で募集している看護師は基本的に1人から2人と少ないです。

あなたが今まで身に着けてきたスキルや、現場で培った経験などアピールできることは全て伝えておきましょう

あなたのことを頼りたい・会社に必要と思ってもらうことが、通常の転職より大切になります。

数多くの求人情報を集めて比較する

上記でも少し書きましたが、企業への転職を成功させるポイントとして、数多くの求人を集めることが大切です。

基本的に、企業の求人募集人数は少ない傾向にあります。もしあなたが希望している企業の求人が少ない場合、転職の難しさは高くなります。

他の求人情報を調べて、あなたに適した企業を数多く見つけることが転職成功率を高めるポイントです。

個人で求人情報を集める場合、以下の2つのサービスを利用すると思います。両方に特徴があるので、確認しておきましょう。

転職サイト 求人数が豊富に掲載されているため、数多くの企業から選択できます。
デメリットとしては、求人情報に乗っている以上の情報を知ることが難しい点です。
ハローワーク 求人数は転職サイトと比較して少ないです。
特徴としては、国で運営しているので、立場の弱い方に対しても求人を紹介してくれます。
企業情報も教えてくれますが、質はそこまで高くないです。

▶︎横にスクロールできます▶︎

正規雇用以外の検討もしておく

ほとんどの方は正規雇用を希望していると思います。

しかし、正規雇用で看護師の求人募集している企業は少ないため、期間限定の契約社員として働く考えを持っておくことも転職成功の秘訣です。

少しでも企業の看護師として働き口を持っていれば、他の企業から求人募集の知らせが来ることもあります。

転職の可能性を広げるためにも、正規雇用にこだわりすぎないようにしましょう。

転職に向けて資格の獲得をする

転職先によっては、必要な資格がある場合も多いでしょう。

転職先の幅を増やしたい方や、どうしても資格が必要な業種に転職したい方は、資格の勉強をする必要があります。

持っているだけで有利になる場合もあるので、目的に合わせて資格の獲得をするのも成功の秘訣です。

転職サービスを利用する

転職サービスとは、あなたの転職活動をより成功に導くために存在するサービスです。

転職サービスには、求人情報を掲載して、個人で応募する「転職サイト」と、担当のキャリアアドバイザーがついて、あなたと一緒に転職支援をする「転職エージェント」があります。

看護師から企業に転職するなら、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

あなたに適した企業を、転職エージェント独自で培った経験とデータから探し、あなたに求人を紹介してくれます。

転職エージェントとは|サービスや特徴

転職エージェントの仕組み
転職エージェントとは、求職者と求人企業の間に立って、転職の成功を支援するサービスです。

転職活動では、自分に合った企業の探し方や応募書類の作り方、面接での受け答えなど押さえておくべきポイントが山ほどあります。

こうした転職ノウハウを全て自分だけで把握することは困難であり、なにかと不安の多い転職活動を効率的に進めることができなくなってしまいます。

転職エージェントは転職に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスなので、求人選びや選考対策など1人で悩む必要がなく、初めて転職活動をする方にはまず利用をおすすめしたいサービスです。

転職活動で絶対に失敗しないためにも、転職エージェントを利用する際の注意点や上手な活用法を知っておく必要があります。

転職エージェントは使い方を誤るとむしろ逆効果になってしまう可能性もありますので注意しましょう。

転職エージェントの役割

転職エージェントとは、求職者が抱える様々な悩みを解決するサービスです。

主な転職エージェントの役割は下記のようになっています。

転職エージェントの役割
  1. 求職者のニーズに合った求人企業の紹介
  2. 企業に提出する書類の添削
  3. 面接対策・面接日程調整
  4. 福利厚生など条件が良くなる
  5. アフターサポート

ほとんどの転職エージェントはこれらのサービスを無料で利用することができます

求人企業の紹介の際には、求職者のこれまでのキャリアをキャリアアドバイザーと一緒に見直し、どのような仕事が向いているか、将来どうなりたいかなどを考えるキャリアの棚卸しを行います。

これに加え、書類作成や面接対策、企業との交渉などはなかなか1人では上手くできない内容なので、転職エージェントを利用してプロのサポートを活用することをおすすめします。

企業に転職を考えている看護師におすすめの転職エージェント

ここの章では、看護師から企業に転職するならぜひ利用したい、おすすめ転職エージェントをご紹介します。

この中から2~3社選んで利用するだけでも、今後の転職活動がグッと楽になります。迷っている方や気になっている方はぜひ登録することをおすすめします。

看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:

公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための転職エージェントです。

看護師特化の転職エージェントの中では最大級の、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、掲載している求人情報は、直接企業に調査した内容で質が高いです。

求人には看護のお仕事を利用した方の口コミや、掲載されている病院を実際に利用した方からの口コミがあるため、客観的に判断することができます。

口コミアイコン
20代女性
掲載されている求人数も多くあり、LINEで相談できるなど、サポートも丁寧で安心して転職活動を行えました。夜勤もあり大変でしたが、時間の対応も幅広く利用しやすかったです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:

公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための転職エージェントです。

求人情報の量はもちろんのこと、転職相談や書類添削、面接対策など、あなたの転職をサポートするために必要なことは全て行ってくれます。その他にも、面接同伴など親身に寄り添ったサービスがあるため評判が高いです。

医療施設だけでなく、企業の求人も扱っており、多くの選択肢から検討することができるので、気になった方はぜひ利用してみましょう。

口コミアイコン
30代女性
人気企業の求人を希望していて、なかなか出会えず困っていましたが、マイナビ看護師の担当者が私に適した求人を探して紹介してくれました。そのおかげで無事、気になっていた企業へ転職できました。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の転職エージェントです。

あなたを担当するキャリアアドバイザーは、看護師の業界に詳しく、専門的なことや企業の特徴など細かく教えてくれます。

企業ではどのような業務が行われているのか詳しく紹介してくれたり、企業に適したアピール方法のアドバイスなど提供してくれるため、サポート体制も質が高いです。

口コミアイコン
20代女性
キャリア経験は看護師だけなので、企業への転職が不安でした。ナース人材バンクの担当者は、私の不安など丁寧に相談に乗ってくれて、さらに面接同行など、親身になったサポートで安心して転職活動ができました。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職業界で実績がある、大手転職エージェントです。

リクルートエージェントを利用するメリットの1つとして、日本最大級の求人数です。あなたの希望に適した求人が探しやすく、選択肢に困ることはありません。

また、転職サイトでは公開されていない非公開求人も数多くそろえているので、優良な求人に出会えるでしょう。

口コミアイコン
30代女性
リクルートエージェントは、想像よりも数多くの求人を紹介してくれました。選択肢の幅が広がり、私が気になった企業が複数見つかりました。最初は希望の企業が1つしかなく、今後の転職活動は大変になると思っていたので、利用して良かったです。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、大手転職エージェントです。

幅広い年代の求人に強いですが、特に20代・30代の求人に特化しています。

看護師を募集している企業の求人も扱っていますので、希望の求人にまだ出会えていない方はぜひ利用することをおすすめします。

口コミアイコン
20代女性
紹介してくれた求人数の数はもちろん、サポート内容も充実していました。私が不安に感じていた面接対策も細かい点までアドバイスを提供してくれました。企業へのアピールポイントや特徴など、求人だけでは知ることができない情報まで教えてくれたので良かったです。

doda


doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

doda(デューダ)は、人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

膨大な求人数が特徴で、他の転職エージェントでは断られた求人でも、dodaなら紹介してくれる可能性があります。

看護師の業界にも精通しているので、看護師を募集している企業の求人を探す場合は利用することをおすすめします。

※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代女性
看護師から企業への求人が少なく、求人集めに苦労していましたが、dodaを利用したら私が今まで出会えなかった数多くの求人を紹介してくれました。産業保険師を募集している企業もたくさん紹介してくれて、選択肢の幅が広がりました。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントを利用するには、まず初めにWebから登録する必要があります。
また、登録後の手順は下記のとおりです。しっかりと活用するためのポイントも併せてご紹介いたします。

1.転職エージェントに登録をする
2.キャリアアドバイザーとの面談
3.求人紹介・書類添削・面接対策
4.応募・面接
5.内定・退職手続き

1.転職エージェントに登録をする

まずは、利用するエージェントにあなたの情報を登録しましょう。
登録の際には以下のような内容を入力します。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収

まだ転職を考え始めた初期段階であまり具体的に分からないという方も大体で構いませんので入力しておきましょう。
登録の内容により担当のキャリアアドバイザーが変わる可能性があります。

登録後は2~7日程度で、転職エージェントからサービスの詳細や面談日程について電話やメールで連絡がきます。

転職エージェントと効率よくやり取りをするために
在職中に利用する方の中には、勤務中に転職エージェントからの着信があったりすると困るという方も多いと思います。

そのような方は担当の方に、「電話対応が可能な時間帯」「メールなら対応できる時間帯」を伝えておくと安心です。
それでも、急ぎの場合もあったりしますので「不在の場合には、必ず留守番電話を残してください」と伝えておくと良いでしょう。

2.キャリアアドバイザーとの面談

面談は、転職エージェントによって異なりますが、基本的に対面もしくは電話形式が可能です。
面談場所は転職エージェントの拠点となります。対応している拠点にそれぞれプライバシーに配慮された個室の面談ブースを設置しているのが一般的です。
近くに拠点が無い方は電話面談も可能な場合があるので、相談してみましょう。

また、転職エージェントでは仕事を続けながら転職活動をしている方のためにも、土曜日も対応しているところが多いです。
業界・職種に詳しい専任のキャリアアドバイザーがあなたを担当します。これまでの経験や希望条件の詳細を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案が行われます。
面談で行うのは以下のような内容です。

キャリアの棚卸し

キャリアアドバイザーと共に客観的に分析した、あなたの強み・弱みを整理します。

転職の目的や希望条件の確認

転職で実現したいことや譲れない条件の確認をします。転職すること自体がゴールではなく、転職してどうなりたいかを考えます。入社後の活躍やキャリアアップ、どのような生活・環境を望むのかしっかり伝えておきましょう。

方向性の明確化

面談後の転職活動の進め方を決めます。希望の転職時期から逆算してスケジュールを立てていきます。この時に、「早く転職をしたい」や「じっくり見極めてから転職したい」など要望を伝えておきましょう。

現在の転職市場に関する情報共有

現在の転職市場ではどのような人材が求められているのかなどの情報を得ることができます。客観的にみた、あなたの評価・強みを確認しておきましょう。業界の傾向なども聞いておくと今後の転職がはかどります。

当日の面談をスムーズに進めるためには、希望条件や希望職種・業界をある程度具体的に考えておきましょう。

キャリアアドバイザーとの面談では、最新の転職市場の情報を得られるだけでなく、あなたの現在の状況や今後の方針を整理しながらスケジュール立てることができますので、やるべきことが明確になってくると思います。

面談時の服装
面談時の服装は特に決まりはありません。
リラックスして話せることを重視するのであれば、着慣れた私服などがいいでしょう。
企業との面接を見据えて、服装のアドバイスなどもらいたい方は、一言伝えて確認してもらうのもいいと思います。
3.求人紹介・書類添削・面接対策

面談の内容を基に非公開求人などの紹介が始まります。
求人の紹介とともに、志望業界の最新動向や求人企業の傾向、職場環境などの情報提供も受けられます。
気になる企業がありましたら、細かく情報を聞いてみましょう。

非公開求人とは
多くの転職エージェントは非公開求人を紹介してくれます。
企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。
なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。
2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は転職エージェントを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に転職エージェントから紹介してもらいましょう。

4.応募・面接

応募したい企業が決まれば、キャリアアドバイザーに推薦してもらいましょう。

5.内定・退職手続き

転職エージェントを利用すると、個人だとなかなか難しい年収や待遇の交渉も代行してくれます。入社日の調整も代行してくれたり、円満退職にするためのアドバイスもくれます。
退職するとなると引き継ぎなど何かと忙しくなることも多いかと思いますが、サポートしてくれる存在があると安心できます。

企業へ転職したい看護師のよくあるQ&A

ここでは、看護師から企業に転職を考えている方からよく聞かれる質問をご紹介します。

1.看護師の転職には転職エージェントしか方法はないですか?
2.転職サービスが無料なのはなぜですか?
3.初めての転職で異業界に転職するのは大丈夫か?
4.時間を確保しやすい仕事はありますか?
5.持っておくと良い資格はありますか?

1.看護師の転職には転職エージェントしか方法はないですか?

転職エージェント以外にも方法はあります。以下が主に利用されている転職方法です。

主な転職方法
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 直接応募
  • 転職サイトを利用するメリットはなんと言っても求人数の多さです。デメリットは自分で積極的に行動しなければほぼ進まなくなってしまうことです。

    ハローワークは、地元の求人が多いため、地元で転職活動をしたい方にはメリットが大きいです。

    最後に直接応募ですが、あまりおすすめはできません。サポートや交渉などもエージェントが行ってくれるため、自分で転職するより入社できる可能性も好条件を引き出せる可能性もあるからです。

    2.転職サービスが無料なのはなぜですか?

    転職エージェントはあなたが入社する際に、企業から紹介料を受け取っているからです。
    紹介料はあなたが入社した場合に支払われる年収の数%に当たる金額とされることが多いため、あなたがお給料の良い就職先に入社することは、転職エージェントにとってメリットなのです。
    ただし、あなたが転職しなければ利益にならないので、無理な提案をするエージェントもいる可能性があります
    このページ内で紹介しているような評判の良い転職エージェントを選んだり、複数のエージェントを比較することでそのような転職エージェントに騙されないように注意しましょう。

    3.初めての転職で異業界に転職するのは大丈夫か?

    初めての転職で、今までと違う業界に転職することは問題ありません。
    転職エージェントは、求人紹介や面接対策、書類添削をするだけでなく、あなたの強みをヒアリングして企業に直接アピールしてくれます
    不安なことは相談し、分からないことは全て頼り切ってしまいましょう。

    4.時間を確保しやすい仕事はありますか?

    看護師から転職して、正社員になる以外で時間を確保しやすい仕事は派遣がおすすめです。

    しかし、派遣にはメリット・デメリットがあるので、利用する前に見極めることが大切です。

    お忙しい方は、おすすめの派遣会社を厳選した「看護師派遣として働くメリット・デメリット」の記事を参考にしてください。

    5.持っておくと良い資格はありますか?

    看護師から企業に転職をする際に、取っておくと良い資格は「産業保健師」です。

    しかし、資格を獲得するためには1年など長い時間がかかります。

    資格を持つことで有利になることは確かですが、目的など良く照らし合わせて、必要であれば取る方向性の方がいいと思います。

    まとめ

    この記事では、看護師が一般企業に転職するメリットや注意点成功率を高める方法などご紹介しました。

    看護師から一般企業に転職することは、狭き門で難しいのが現状です。しかし、今回ご紹介したポイントに注意し、おすすめの転職エージェントに登録し利用すれば、今後の転職活動がスムーズに行えます

    もっと詳しく転職エージェントを見極めたい方や、時間を確保しやすい派遣形式のお仕事など興味ある方に向けて、関連記事を以下にまとめました。気になる方はこの記事と合わせてご覧ください。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄