看護師派遣メリット・デメリット

看護師の派遣として働くことにどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「待遇が良くない」「安定しない」「給料が安い」など悪いイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですがもしかすると、看護師の派遣に対してあなたが持っているイメージと実情は異なっているかもしれません。

この記事では派遣業界に精通した筆者が、派遣で働く看護師の方を調査した結果に基づく派遣看護師として働くメリット・デメリットをお伝えします。

看護師が派遣で働く際に押さえておくべき注意点やおすすめの派遣会社もご紹介しています。
この記事を最後まで読めば、看護師派遣の実情や派遣で働くまでにすべきことを正しく理解することが出来ますので是非参考にしてみてください。

看護師派遣として働くメリット

まずは看護師が派遣社員として働くメリットをご説明します。
実際に派遣としての働き方のニーズが高まっていることもあり、看護師派遣には多くのメリットがあります。

看護師派遣のメリットは大きく以下の4点です。

看護師派遣の4つのメリット
  • 高時給求人を狙える
  • ライフスタイルに合わせて働ける
  • サービス残業がない
  • 同じ職場に通い続ける必要がない

これからこの4点について詳しくご説明します。

高時給求人を狙える

派遣社員は給与が低いと思われがちですが、首都圏であれば看護師派遣の時給は1,500円〜2,000円が平均とされています。派遣先によっては時給2,500円というような高収入を狙える求人もあります。
フルタイムで正社員と同じように働くのであれば、ボーナスはありませんが時給が高いため、パートなどの働き方よりも高収入を狙えることが多いです。
ただ、残業は正社員の方と比べるとかなり少ない傾向ですので、残業代などの分、手取りは安く感じるかもしれません。
それでも世間一般の「派遣は給料が低い」というイメージに比べると、はるかに高時給の求人を狙うことが可能です。

ライフスタイルに合わせて働ける

派遣看護師は時給制で働くため、勤務時間を事前に選ぶことができます。
また、勤務日数も相談することができるため、月水金の週3日だけといった働き方も可能です。

さらに短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取る、といった働き方も可能となっています。
派遣看護師なら自由なライフスタイルを考えたとおりに実現することができるのです。
正社員だと自分の希望を通すことは難しいですが、派遣であれば日勤のみ、週3日、土日休みなどのあなたの生活に合わせた働き方ができます。そのため、子育てや家事、介護などとの両立もしやいです。
もちろん条件を満たした場合、正社員と同じように社会保険などにも加入でき、有給休暇もつきます。

サービス残業がない

派遣は基本的に残業がありません。
また、派遣法で時間外手当てのない残業も禁止されているためサービス残業もありません

派遣先は時間外労働分を必ず支払わなければいけないため長い残業をさせることもありません。
派遣会社を挟んでいるため、万が一長い残業やサービス残業を強要された場合も派遣会社に相談し、改善の交渉などの対応をしてもらえます。

看護師の残業でよく挙げられるのは、定時後に行われる勉強会や委員会です。勤務時間内に実施する病院も増えてきているようですが、現状ではまだそのような病院は少ないです。
派遣先によりますが、派遣社員は勉強会や委員会への出席を求められないことが多いです。派遣の場合、朝礼や勉強会なども業務になり、給与が発生するためです。

同じ職場に通い続ける必要がない

正社員やアルバイトなど企業の直接雇用で働く場合、基本的に同じ職場に通い続けなければなりません。
もし働いてみて職場の雰囲気と合わなかったり、人間関係で悩むことがあっても簡単には職場を変更することはできません。

実際に看護師として働いている人の話を聞いてみると、人間関係の悩みによって退職まで追い込まれている方がかなり多いです。
このような事態に陥るのは特に人間関係を構築することが苦手な方や、コミュニケーション能力がそこまで高くない方に多い傾向があります。

しかし派遣看護師であれば、短期で働くのは普通なので、自分に合わなければすぐに職場を変えても問題ありません。
長期雇用が可能な場合でも、まずは短期雇用で働いて人間関係や職場の雰囲気を見極め、良さそうだったら雇用期間を延長するという働き方をすることができます。

もちろん、人間関係に不安があれば短期間で職場を変更することも可能です。

看護師派遣として働くデメリット

ここまで紹介してきたようにメリットの多い看護師派遣ですが、もちろんデメリットもあります。

主なデメリットは以下4点です。

看護師派遣の4つのデメリット
  • 同じ職場で長く働くことができない
  • キャリアアップが難しい
  • 業務範囲が限られる
  • 派遣先の福利厚生は受けられない

同じ職場で長く働くことができない

派遣は契約期間があり、契約満了になるたびに更新、または新しい勤務先を探さなければいけません。同じ職場で働きたい場合には契約の更新を希望することができますが、派遣先の状況によっては契約終了ということもあります。
契約満了後も次の派遣先を派遣会社が探してくれますが、常勤の方と比べると不安定ではあります。最長3年まで同じ職場で働くことは可能ですが、1年未満の契約が多いです。
同じ職場でそのまま働きたい場合は派遣会社に相談してみてください。交渉次第では正社員として雇用してもらえることもあります。

キャリアアップが難しい

派遣は派遣会社の従業員として勤務するため、派遣先でのキャリアアップは難しいです。賞与や昇給もないため、キャリアアップを狙うのであれば次の契約時のタイミングでの交渉になってしまいます。
また、即戦力として働くことを求められることが多いためスキルアップのための研修や教育も基本的にありません。

業務範囲が限られる

これはデメリットでもありメリットにもなることですが、看護師派遣は期間が決まっているため、難しい患者さんや長期にわたる業務の割り振りは優先的にされません。
派遣先によっては常勤のサポート業務になることもありますので、経験を積んでいる看護師さんは業務内容に物足りなさを感じるかもしれません。

派遣先の福利厚生は受けられない

派遣先の院内保育や家賃補助、資格取得支援、退職金制度などの福利厚生は利用できません。また、育休や産休は権利としては認められていますが、短い契約になってしまう派遣では取得しにくい状況です。
とはいえ、条件を満たせば有給休暇や社会保険などの派遣会社の福利厚生を利用することもできますので登録時に確認してみてください。

看護師の派遣会社の選び方

看護師派遣の魅力を理解し、いざ登録してみようと思っても日本全国に派遣会社は8万社以上あり、どの派遣会社に登録するか悩んでしまうかもしれません。

これだけ数が多いので、間違った派遣会社に登録してしまうとブラックな派遣先に配属されてしまうことも。

派遣会社選びだけでかなりの時間や労力を使いますので、最低限3つのポイントに着目して登録するようにしましょう。

派遣会社を正しく選ぶ3つのポイント
  • 実績のある大手派遣会社を選ぶ
  • 看護師や医療系に特化した派遣会社を選ぶ
  • 自分が希望する条件があるか必ずチェックする

3つの条件を満たす派遣会社

これから看護師におすすめの派遣会社を見分ける3つの条件を説明していきますが、かなり長くなるためおすすめできる優良派遣会社だけ先にご紹介します。

しっかり知識をつけて選びたい方は、このまま読み進めていってくださいね。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事 派遣
派遣求人数
約1,000件(公開求人件数)

\1分で登録完了/

実績のある大手派遣会社を選ぶ

これまでにたくさんの方を紹介してきた実績がある派遣会社なら、派遣先の施設とつながりが強く、勤務時間やシフトの交渉をしやすくなります。

また営業担当さんへの教育が行き届いており、派遣先でのトラブルが起きた時にも柔軟に対応してくれます。
大手派遣会社は求人数も多いため、地方で求人を探している方やこだわりの条件がある方も選択肢が増えます。

看護師や医療系に特化した派遣会社を選ぶ

さきほども紹介した通り派遣会社は8万社以上あり、事務職や倉庫作業など様々な職種を取扱う派遣会社と看護師や薬剤師の求人に特化した派遣会社があります。

看護師は他の職種とは違い専門性が高い職種ですので、対応する派遣会社のスタッフも看護の知識がある程度必要になります。

そのため、職種全般を取り扱う派遣会社では相談に乗ってくれたとしても具体的な解決策を提示してくれない可能性もあります。
看護師や薬剤師の求人に特化した派遣会社では、業界を熟知した営業担当者がいるため、より具体的な相談が可能です。

自分が希望する条件があるか必ずチェックする

派遣会社で紹介している求人は登録しなくても検索することができます。そこで、まずは自分が希望する条件に近い求人があるかどうかチェックしてください。

「働いてもいいかな」と思える求人があれば、まずは登録してみましょう。

登録すると派遣スタッフの方が連絡してきますので希望する条件を伝え、もっといい条件のお仕事がないか聞いてみると非公開求人を紹介してくれることがあります。

希望する仕事、条件がよい仕事の紹介を受けるため3社以上に登録しましょう。
1人平均4.3社登録、4人中3人が3社以上の派遣会社に登録

ぶっちゃけ話特にこちらでご紹介する最初の3つの会社全てに登録しておくと、自分でも驚くほど仕事選びが楽になりますよ!
※1 派遣会社に仕事を探させるなら複数登録は必須です。あなたが、他の会社に登録していることを知るとあなたへの仕事紹介を優先度高く行う確率が高まります。

※2 下記で紹介している1~3の会社全てに登録しても10分以内で終わります

看護師におすすめの派遣会社7選

1.看護のお仕事派遣

看護のお仕事

社名 レバレジーズメディカルケア株式会社
登録拠点 国内12拠点
渋谷、大阪、福岡、立川、千葉、北海道、渋谷、広島、神奈川、愛知、埼玉、京都
総求人件数 4,568件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 労働者派遣事業 派13-310987

看護のお仕事派遣 公式サイト:
https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事の特徴は非公開求人が多いことです。人気の求人は公開してしまうと募集が殺到してしまうため、登録者に限り公開されます。

非公開求人の中には実際に働いているスタッフや入院患者さんからの口コミが掲載されていることがあります。

派遣のお仕事の特徴として、職場の内部事情に詳しい事が挙げられます。人間関係、離職率、雰囲気、評判など、職場に欠かせない情報が充実しており、実際働いてみたらイメージと全然違った等のミスマッチを大幅に減らすことができます。

待遇交渉についても、看護のお仕事の担当者が行ってくれるため、時給やシフトの条件などの待遇交渉がとても楽チンです。

2.MCナースネット

ナースネット

社名 株式会社メディカル・コンシェルジュ
登録拠点 国内21拠点
恵比寿、新宿、札幌、仙台、埼玉、池袋、柏、千葉、町田、横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、なんば、神戸、岡山、広島、高松、松山、福岡
派遣求人件数 2,150件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 労働者派遣事業 派13-070607

MCナースネット公式サイト:
https://mc-nurse.net/

MCナースネットは看護師の求人に特化した人材派遣サービスです。派遣の仕事だけでも2,150件以上あり、派遣や単発のお仕事を探している人におすすめです。

病院での勤務以外にも介護施設、保育園など、医療機関以外の仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

看護師に特に人気のツアーナースや健診などの派遣案件、夜勤の無い企業求人が非常に多く、保健師のお仕事も企業や学校の案件が多くあります。

また、MCナースネットには「フレックスチャージ」という給料前払いサービスがありますので「急な出費ができてお金が必要」なときでも安心です。

3.スタッフサービス・メディカル

スタッフサービスメディカル

社名 スタッフサービス・メディカル
登録拠点 国内77拠点
札幌、仙台、つくば、水戸、宇都宮、埼玉、川越、高崎、越谷、千葉、船橋、松戸、柏、成田、新宿、秋葉原、りんかい、渋谷、池袋、北千住、西東京、町田、横浜、新横浜、川崎、相模原、湘南、平塚、新潟、長野、松本、金沢、岐阜、静岡、沼津、浜松、名古屋、岡崎、三重、滋賀、京都、梅田、大阪中央、難波、天王寺、京橋、堺、西宮、神戸、姫路、奈良、和歌山、岡山、松江、倉敷、広島、福山、山口、松山、高松、徳島、高知、北九州、福岡、久留米、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
派遣
求人数
6,349件
労働者派遣事業 労働者派遣事業[派13-011061

スタッフ・サービスメディカル公式サイト:
https://www.staffservice-medical.jp/

スタッフサービス・メディカルは株式会社スタッフサービスが運営する医療・福祉専門のお仕事情報サイトです。
業界内でもトップクラスの求人数を誇り、全国各地のオフィスでお仕事説明会も随時開催されています。

就業先は大学病院や介護施設が多く、未経験者や資格がない方でも働くことのできる求人も多数用意されているのが特徴です。

また、福利厚生が充実しており、各種社会保険はもちろん有給休暇や育児休暇制度、スキルアップのための資格取得支援制度やセミナー割引などのサービスも用意されています。

すべてのお仕事で交通費を支給しているため、通勤費を気にせずお仕事を選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

4.ジョブメドレー

ジョブメドレー

社名 ジョブメドレー
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 9,229件(2020年3月時点,パート・バイトに限る)

ジョブメドレー公式サイト:
https://job-medley.com/

ジョブメドレーは医療・介護福祉・歯科の総合求人No.1サイトです。

日本全国の看護のお仕事を取り扱っており、正社員・契約社員やパート・アルバイトを含んだ求人数は20,000件を超えています

お仕事探しも転職エージェント型ではなく、自分で好みのお仕事に応募するタイプなのでご自身のペースでお仕事を探せます。転職会社からのしつこい電話や催促などありません。

お仕事も日本全国にあるため、都心だけでなく地方の看護のお仕事に強いのも特徴的です。

ただ、自分でお仕事を探すのが大変とお考えの方にも安心のサービスがあり、もし気になる求人が見つからなくても無料の会員登録をしておけば担当のキャリアサポートがあなたに変わって求人情報探しをお手伝いします。
その上、プロフィールを登録しておけば、各企業からスカウトメールを受け取ることも出来ますので、まずは登録しておくことを強くおすすめします。

ジョブメドレーはお祝い金制度も設けられており、ジョブメドレー経由で入職された方にボーナスをプレゼントしています。求人によって金額は変動しますが、案件紹介画面から確認できます。

\60秒で登録完了/

総合求人No.1は楽天リサーチ (2016年7月)調べ

5.パソナメディカル

パソナメディカル

社名 パソナメディカル
登録拠点 日本全国対応

パソナメディカル公式サイト:
https://nr.pasonamedical.com/

パソナメディカルは、40年間以上紹介実績のあるパソナが運営している求人紹介サービスです。登録者数は38,000人以上にのぼり、丁寧なサポートやライフスタイルに合わせたスキルアップ支援に定評があります

全国各地の資格や経験を活かした仕事を紹介しており、病院だけでなく、企業・学校関連、臨床開発関連など、多種多様な仕事が幅広く紹介されています。
また、福利厚生が充実しており、旅行やレジャーなどといったベネフィットステーションのサービスをお得に利用することができるのも嬉しいポイントです。

正社員の求人も多数ありますので、正社員など、派遣以外の選択肢と悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

6.ナースJJ

ナースJJ

社名 株式会社カスタマ
総求人件数 40,569件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣 派 13-302519

ナースJJ公式サイト:
https://www.nursejj.com/

ナースJJは業界トップクラスの求人掲載数を誇る看護師専門の転職支援サービスです。
2020年3月時点で40,000件を超える求人数があり、自社保有の求人だけでなく、医療機関が直接募集している求人やハローワークの求人も掲載されています。

ナースJJの特徴は、検索機能が充実しており、大量の求人情報から希望に沿った求人をスムーズに探せることです。
GPSを使った「現在地から探す」機能や、地名などを自由に入力する「住所から探す」機能など、PCはもちろんスマホからでも快適に求人を検索することができるので、忙しい看護師さんもストレスなく転職活動をすることができます。

また、看護師応援プロジェクトも実地されており、最大で15万円のお祝い金をもらうことができます。
お祝い金をもらう条件は、ナースJJからの紹介で転職をし、アンケートに答えるだけです。

せっかくの機会を最大限活用するためにも転職活動をする時は必ず登録をしましょう。

7.看護roo!派遣

看護roo!(カンゴルー)

社名 株式会社クイック
登録拠点 国内4拠点
東京赤坂、大阪、名古屋、新横浜
総求人件数 1,714件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 労働者派遣事業 派17-010017

看護roo!の転職サポートをメインとしており面接対策や練習を担当の方がレクチャーしてくれます。

派遣の求人は非公開となっており、看護roo!に登録したのち求人を提案されます。

看護師の求人を取扱っているサービスの中ではお仕事紹介数は多いですが、関東や関西のお仕事が中心です。

自分の住んでる地域に該当しない方は他の看護師派遣紹介サービスを利用したほうがいいでしょう。

看護師派遣で働くのがおすすめな方

ここまで看護師派遣のメリット・デメリットをご説明し、派遣会社の選び方や看護師におすすめの派遣会社をご紹介してきました。
全てお読みいただいた方であれば、看護師の派遣という働き方の実情をお分かりいただけたかと思います。

ここからは、今までご紹介した看護師派遣の働き方がどのような方におすすめできるかをお伝えしていきます。

看護師派遣は以下のような方におすすめです。

看護師派遣として働くのがおすすめな方
  • 働きたいときだけ自由に働きたい方
  • スキルアップを重視しない方
  • 1つの職場で働き続けたくない方
  • 今は正社員で働きたい職場がない方

それではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

働きたいときだけ自由に働きたい方

看護師として働かれている方の中には、決められた日に決められた時間働き続ける事にストレスを感じている方も多いと思います。
かといってせっかく資格を取ったということもあり、看護師という職も失いたくないので仕方なく働き続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

看護師派遣は、看護師という職業を続けながら自分が働きたいと思った時だけ働くことが出来ます。

今までのキャリアやスキルも維持したまま働き方を変えることが出来るので、上記のような方には看護師派遣の働き方をおすすめします。

スキルアップを重視しない方

看護師として働く上で、特にキャリアやスキルアップは目指しておらず、とりあえず働いてお金がもらえればいいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正社員等の場合ですとより高度な業務を任せてもらえる反面、その分スキルアップを求められます。
このようなキャリアステップが重視される伝統とは反対に、最近では幅広い業務を任される環境を好まない方も増えてきています。

前述の通り、派遣看護師として働く場合には同じような業務を任され続けることが多く、スキルアップを求められることもあまりありません。

安定した業務内容で収入を得たいという方には、派遣看護師としての働き方をおすすめします。

1つの職場で働き続けたくない方

人間関係に煩わしさを感じることや、同じ環境に居続ける窮屈さによって、1つの職場にとどまることに嫌気がさしている方も多いのではないでしょうか。

そんな方には看護師派遣としての働き方をおすすめします。

メリットの部分で紹介したように看護師派遣は基本的に短期間の契約となるので、もし居続けるのが嫌になったら職場を変更してしまっても問題ありません。
自分で職場変更をお願いしづらいという方は、派遣会社を通して派遣先を変更することも可能です。

また、もし派遣会社にも相談しづらいという方であれば、派遣会社に複数登録しておくことでいざというときに別の派遣会社を利用する選択肢を持つことが出来ます。

このように職場に関してかなり融通が利くのが看護師派遣の強みなので、1つの職場にとどまりたくないという方はぜひ派遣看護師に登録してみてください。

今は正社員で働きたい職場がない方

いずれは正社員で働くことを目指していても、今は働きたい職場がないという方もいらっしゃると思います。
かといって看護師以外の仕事をするとなると、看護師としてのスキルが衰えてしまう可能性もあり、ブランクが生まれてしまいます。

そんな方は希望の職場が見つかるまで看護師派遣として働くことでブランクを埋めることが出来ます。
さらに看護師派遣として様々な現場で経験を積むことによって、今まで気づかなかった自分の可能性や適性に気づくことができるかもしれません。

スキルを維持でき、これからキャリアプランを明確にしていくヒントにもなるので、今は正社員で働きたい職場がない方にも看護師派遣の働き方がおすすめです。

看護師派遣として働く際の注意点

看護師派遣はメリットの多い働き方ではありますが、派遣会社に登録する前に必ず知っておくべき注意点が存在します。

看護師派遣としての失敗しない働き方を把握しておくためにも、今からご紹介する内容をぜひ覚えておいてくださいね。

派遣で働くことが禁止されている看護師

「看護師が派遣で働くことは禁止されている」という話を聞いたことはないでしょうか。

実は労働者派遣法によると、看護師などの医療従事者は派遣で働くことが禁止されています。

では看護師派遣という働き方は法律違反なのかというと、もちろんそういうわけではありません。
労働者派遣法が派遣を禁止している具体的な内容は以下の通りです。

派遣禁止業務
出典:厚生労働省「労働者派遣事業が禁止されている医療関係業務」(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000133886.pdf)を加工して作成

このように派遣で働くことが禁止されているのは、介護老人保養保健施設や患者さんの自宅を含んだ病院や診療所等の医療機関です。

看護師でも派遣でも働くことが出来るのは以下のような場合です。

看護師派遣として働けるケース
  • 紹介予定派遣
  • 病院・診療所などの医療機関以外の現場
  • 産休育休などで休業中の労働者の代替
  • 医療対策協議会が認めた僻地・離島などへの派遣

このように、正社員雇用を前提とした紹介予定派遣・特別養護老人ホームなどの福祉施設内の診療所への派遣・産休育休の代替での派遣・離島など看護師を必要としている僻地への派遣の場合、看護師派遣として働くことが可能です。

看護師派遣のよくある失敗

ここでは派遣会社を利用した際によくある失敗例と、失敗しないために意識するべきポイントを解説していきます。

看護師派遣のよくある失敗

  • 担当者とのコミュニケーションが上手くいかず、就業までに時間がかかる
  • 担当者と合わない
  • 自分の経歴に見合わない求人を紹介される
  • 希望条件と合わない求人を紹介される
  • 結局最後まで良い求人に出会えない

派遣会社を利用した場合、上記のような失敗はよく起こります。

ではこれらを看護師派遣を成功に導くためにはどうすればいいのかを次にご紹介します。

派遣会社を利用する際に失敗しないためのポイント

派遣会社を活用するには、いくつかポイントがあります。
いい派遣先を効率良く見つけて、派遣活動を長引かせないためにもこれからご紹介する9つのポイントを意識して、派遣のプロにあなたの派遣活動をしっかりサポートしてもらいましょう。

連絡は素早く・こまめに

派遣会社の担当者との連絡はスピーディーに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は派遣就労意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人を紹介される可能性が高まります。
人気のある条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いです。日頃から素早い連絡を心がけることでチャンスを逃さないようにしましょう。
また、派遣では応募の締め切りなど、企業との段取りをきちんと進めなければならない場面も多いので、連絡が素早いと計画が立てやすかったり、派遣会社と企業側の両者に好印象をもってもらえます。
複数の派遣会社を利用していて、あまり連絡をとっていない派遣会社があれば、2週間に1度程度は連絡して、まだ派遣求人探しをしていることを伝えてみましょう。あまり連絡がないと求人探しを終えたと判断され、新しい求人の紹介があまりされない可能性があるからです。
派遣会社の担当者と綿密なやりとりをすることで優先的にサポートしてもらいましょう。

勤務開始時期は「良いところがあればすぐにでも」

担当者との面談では必ず希望の勤務開始時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて求人探しをしたい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。
理由は”良い求人を優先的に紹介してもらう”ためです。
派遣会社も早期に売上に繋がりやすい、派遣就労への熱意が強い方を優先して対応しています。
そのため、勤務開始時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに就業したい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。
また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。
また、入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまったなどといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。
また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の派遣会社を利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

優良派遣事業者に認定されているか確認する

厚生労働省が認定した優良派遣事業者のアイキャッチ画像
厚生労働省から委託を受けた認定機関による【優良派遣事業者認定制度】に認定されているかどうかも確認するとよいでしょう。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

優良派遣認定事業者として登録されているのは約160社あります。現在日本に派遣会社は約85,000社もあることから派遣事業者数の1%未満の優れた派遣会社しか認定されません。

この記事で紹介している派遣会社は優良派遣事業のみを選定しています。

希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える派遣先を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当者に共有することが重要です。
なぜなら派遣会社はその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。
あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のあなたのサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。
そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

派遣会社の担当者は変更できる

実際にやり取りをしてみると担当者に対し「うまく意思疎通ができない」「話しにくい」と感じることもあると思います。そのような場合には別の派遣会社を利用してみるというのもおすすめですが、その他のサービスは使いやすい、他には無い求人があるなどといった場合には、担当者を変えてもらうというのもおすすめです。
どうしても相性などの問題もありますので担当変更はさほど大きな問題ではありません。ただし、頻繁に担当者を変えたり、あまりに失礼な態度をとってしまうと要注意人物とされてしまうこともありますので、注意しましょう。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数のサービスから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も派遣会社側も混乱させてしまいます。
また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては就業が出来なくなったり、その企業に再応募することはもちろん派遣会社からも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

複数の派遣会社に登録しておく

派遣会社の良し悪しを判断するには、結局のところ実際に使ってみないとわからないことが多いです。
掲載されている求人と実際に紹介される求人に差が生じるケースも少なくなく、担当者の人柄も実際に利用してみないと判断することはできません。
派遣会社の登録は無料で行うことが出来るので、求人内容・担当者の質などをあなたが直接判断するためにも、3~4社ほどの派遣会社に登録しておくことをおすすめします。

1人平均4.3社登録、4人中3人が3社以上の派遣会社に登録

ぶっちゃけ話特にこの記事でご紹介した最初の3つの会社全てに登録しておくと、自分でも驚くほど仕事選びが楽になります。
※1 派遣会社に仕事を探させるなら複数登録は必須です。あなたが、他の会社に登録していることを知るとあなたへの仕事紹介を優先度高く行う確率が高まります。

※2 最初に紹介する3つの会社全てに登録しても10分以内で終わります

看護師派遣のメリット・デメリットまとめ

この記事では看護師派遣の実情を少しでも理解してもらうために、看護師派遣のメリット・デメリットをご紹介してきました。

結論として、看護師派遣はメリットが多く今の時代に合った働き方であり、多くの看護師の方におすすめしたい働き方です。

しかし看護師派遣として働ける条件があることや、キャリアップを目指しづらいなどのデメリットも存在します。
メリット・デメリットをそれぞれ理解し、看護師派遣という働き方があなたに合っているかをじっくり考えてみてください。

また、派遣会社によっては仕事内容がニーズと合わない場合もあるので、常に複数の派遣会社を利用できるようにしておくことも大切です。
派遣会社をうまく活用し、あなたにぴったりの仕事を見つけてくださいね。

看護師向けのおすすめ派遣会社を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。
>>看護師派遣・単発に強いおすすめ派遣会社ランキング

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄