シングルマザーにおすすめの仕事は

子どものことを1人でこなさなくてはいけないシングルマザーにとって、家庭の家計を支えるための仕事選びはとても重要です。

将来の安定を考えて正社員を目指すのか、時間や賃金の融通を考えて派遣社員として働くのか、パートか、内職か…と悩むことが多いのではないでしょうか?

今回はそんなシングルマザーの方の参考になるように、

  • シングルマザーが仕事を選ぶときのポイント
  • 母子世帯に人気のある働き方

を徹底的に調査しました!

あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

高時給案件多い
求人数に強み
主婦向け案件多数
全国に派遣案件あり

\スマホで登録2分/

公式サイト→

※当サイトで一番人気

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\登録かんたん/

公式サイト→

シングルマザーが仕事を選ぶ時の3つのポイント

最近では離婚率の上昇に伴いシングルマザーが急増していますが、親に頼れる人もいれば、一人でがんばらなければならない人など、状況はさまざまです。

一般的なパートの給料は月〜10万円程度といわれており、実家などの援助を得られないと肉体的にも経済的にもかなりハードといわざるを得ません。

そこで、シングルマザーが仕事を選ぶ時のポイントは以下の3つとなります。

シングルマザーが仕事を選ぶときのポイント
  • 勤務時間に融通がきく
  • 将来性がある
  • ママ歓迎の仕事をさがす

勤務時間に融通がきく

子どもを持つ母親が働く際にいちばんに考えなければいけないのは、やはり子どものことです。

子どもが病気になった時や、自分が残業しなければいけなくなった時に、代わりに面倒を見てくれる人がいるかどうかが働き方を大きく左右します。
シングルマザーといえども親との同居などでバックアップがある場合は正社員として働くことも可能かもしれませんが、そうでない場合は派遣社員やパートとして働くほうが自由度が高いと言えるでしょう。

基本的に派遣社員やパートは残業がなく、シフトが組む職場が多いため、子どもの参観日などのイベントに合わせて休みを調整することができます。
また、時短勤務が可能な会社を選べば、一般的な正社員のように9時から17時まで働くのではなく、10時から15時など子どもの学校に合わせた時間帯で働くことができます。

収入はもちろん大切ですが、子どもとの時間も大切にするために、仕事に費やす最低ラインをしっかりと決めておきましょう。

将来性がある

時間に融通がきくのは正社員よりも派遣社員やパートだとお話しましたが、やはり心配なのは収入面のことではないでしょうか。

子どもが小さいうちはまだいいですが、成長するにつれて学費や生活費がかさんでいきます。
大学まで行かせてあげたいと思うのならば、将来に備えて学費を蓄えておかなくてはいけません。
さらに子どもが複数いる場合はその分負担も増えていきます。

ただ、子どもが小さいうちと成長してからではママの時間も大きく変化します。
体調を崩すことも少なくなりますし、学校の授業時間も長くなるので、より長い時間が確保できるようになり、正社員としても働くことも可能です。

そのため、子どもが小さいうちから無理して正社員を目指すのではなく、今のうちに資格の取得やスキルアップをしっかりと積み、落ち着いてからより良い条件の仕事に転職するための準備を整えるというのも一つの手です。

派遣会社の中にはスキルアップ制度に力を入れている会社も多く、資格取得制度により講義費用の割引や、自宅で受けることのできる無料のe-ラーニングサービスを受けることができます。
また、派遣社員として大手企業で勤めることにより横のつながりができ、転職時に有利に働くこともあります。

子育てが終わったあとのキャリアプランもふまえて、いまのうちにどんなスキルを身につけるべきかをしっかりと考えましょう。

ママ歓迎の仕事をさがす

就職活動をするにあたりシングルマザーは敬遠されがちという噂を耳にしますが、そんなことはありません。

実はシングルマザーのような就職困難者を雇うと「特定求職者雇用開発助成金」などの助成金が国から払われるということもあり、ママ歓迎の求人案件をだしている会社も多くあります。

そのようなママ歓迎の職場だと、周りの社員もママであることがおおいので、子どもの急な病気などによる理解も深く働きやすいという声も耳にします。

社員のママ割合や子育て支援制度の有無、有給休暇の有無などもしっかりとチェックをするようにしましょう。

母子世帯の母に人気があるのは正社員よりも派遣?!

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、母子世帯の母は正社員就業意欲が少ないという結果がでています。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査:https://www.jil.go.jp/institute/discussion/2010/documents/DP10-07.pdf
正社員就業は、子育て中の女性にとって、必ずしも働きやすい就業形態ではありません。
雇用保障、企業内福利厚生、安定した収入等と引き換えに、正社員は慢性的な長時間労働、頻繁な配置転換、転勤などを受け入れなくてはならないからです。

特に子どもが小中学生の場合、学校の終了時間が早い上にPTAや授業参観、保護者会などといった平日昼間の父母行事が多いため、正社員就業と育児との両立が一層難しいものとなっています。

一方、シングルマザーに人気のある働き方としてメディアでもよく取り上げられるのが派遣社員として働く働き方です。

シングルマザーが派遣社員として働くメリットは以下の4つです。

シングルマザーが派遣社員として働くメリット
  • 高時給の仕事が多い
  • 週休3日や時短勤務も可能
  • 資格取得制度が充実している
  • 子育てに理解のある派遣会社が多い

高時給の仕事が多い

派遣社員として働くことの最大のメリットは何と言っても高時給だということです。

派遣社員の時給は正社員よりも高いことが多く、東京都の派遣社員の平均時給は1,740円となっています(2019年11月)。
オフィスワーク・事務に限定しても1,665円と高時給をキープしています。

時給が1,700円ということは、9時から17時まで働いた場合の日給は13,600円です。
週休を2日とり月に20日間勤務をすると、なんと月給272,000円となります!

一般的な事務職の女性社員の平均月給が月10万円から15万円ということを考えると、派遣社員の高時給は家計を支えるシングルマザーにとってとても魅力的です。

週休3日や時短勤務も可能

正社員とは異なり、派遣社員は時給で給料が換算されます。

案件によっては週5日フルタイムで働く場合もありますが、時短勤務可能な求人や週3日で構わないという職場も多く用意されています。
また、派遣社員の給料は派遣先企業ではなく派遣元会社から支払われるため、勤務時間や給料の交渉は派遣会社の担当に任せることができます。

残業も基本的に頼まれることはなく、もし頼まれたとしてもきっぱりと断っても問題はありません。

子どもの病気などで仕事を休むことになっても、派遣社員なら仕事上の責任を背負わされるといったこともないため、ストレスが少なく働くことができます。

資格取得制度が充実している

派遣会社の多くは資格取得制度が充実しており、自宅で受けることのできる無料のe-ラーニングサービスやビジネスマナーの研修が用意されています。
福利厚生の一環として用意されているそれらのサービスをしっかりと活用することにより、働きながらスキルを高めたり資格を取得したりすることができます。

また、正社員として入社するのが難しい大手優良企業などの求人も多く、派遣会社として働くことで自身のキャリアを積むことも可能です。

派遣社員として働いていたことが理由で正社員雇用される事例もあります。

子育てに理解のある派遣会社が多い

子育てと仕事を両立するためには、職場の理解が必須です。

大手派遣会社ほど働くママのサポートが充実しており、出勤時間や休日の変更などもストレスなく調整できます。

子育てママを積極的に採用している派遣の仕事は、コールセンターやアパレル販売員、サンプル配布員などが挙げられます。
電話対応のある仕事は男性よりも女性のほうが向いており、特に30代・40代の主婦は落ち着いた雰囲気があり、電話越しの会話がスムーズに聞こえます。
また、サンプル配布員やアパレル販売員といった接客を要する仕事の求人も主婦の方のほうが成績が良いことが多いそうです。

金融系・翻訳系の専門職はキャリアを要しますが、事務などそれ以外は未経験OKのお仕事ばかりなのも嬉しいポイントです。

 

シングルマザー歓迎のおすすめ派遣会社ランキング

いざ派遣会社に登録しようと思っても、どの派遣会社に登録したらいいか不安ですよね。

ここからご紹介する派遣会社は派遣初心者の方でも安心して就業できるよう、

・万全のサポート体制
・未経験OKの仕事数が多い
・福利厚生も充実
・全国に拠点あり

を十分に満たしている、優良な派遣会社をご紹介していきます。

1位:スタッフサービス

圧倒的な求人数のスタッフサービス
求人件数
サポート力
スキルアップ体制
福利厚生

おすすめは人材派遣のリーディングカンパニーであるスタッフサービスです。
公式サイトURL:https://www.022022.net/

優良派遣事業者の認定番号は1802003(02)です。

スタッフサービスはリクルートグループの企業で、大手企業への派遣数の多さ、営業力の高さ、研修体制の充実度、フォローの良さなど優良な派遣会社に必要なポイントすべてを抑えています。

今月退社するから、翌月から別の派遣のお仕事を開始したい!」場合でも、急いで新しい仕事を紹介してくれないか相談することが可能なので、急ぎで仕事をお探しの方にもピッタリの派遣会社です。

まだ登録されていない方は、始めに登録しておくべき派遣会社です。

>>2分で完了<<

スタッフサービスの特徴・強み

スタッフサービスは業界内で営業力が高いと評判です。営業力が高いため、派遣求人数が多い、時給も高く設定できる場合があるなど、派遣で働きたい方にも様々なメリットがあります。

下記画像は大手企業派遣先一例ですが、リクルートグループ企業を中心に、誰もが知っている企業への派遣実績があります。

大手企業で働きたい方にはスタッフサービスへの登録必須です。

(派遣先一例)
スタッフサービス大手企業派遣

スタッフサービスは研修体制も整っており、WordやEXCEL、ビジネスマナーなど事務職に必須のスキルを始め、簿記検定や宅地建物取引士、Illustratorなどキャリアアップを目指せるスキルも無料で受講することが出来ます

魅力的な研修体制に魅力を感じて登録する方も多いです。

スタッフサービス研修

大手派遣会社、すぐ新しい仕事を探したい、スキルアップしたい方はスタッフサービスに登録しましょう。

>>2分で完了<<

 

>>スタッフサービスの評判や口コミをチェックしてみる

2位:テンプスタッフ

一番始めに登録したい派遣会社
求人件数
サポート力
スキルアップ体制
福利厚生

売上・スタッフ満足度日本一のテンプスタッフです。日本全国に拠点が有りどの地域に住んでいても派遣の仕事が紹介されることが魅力的です。
公式サイトURL:https://www.tempstaff.co.jp/

優良派遣事業者の認定番号は1802002(02)です。

また、派遣スタッフをフォローする「コーディネーター」もスタッフに寄り添い、あなたでも気づけなかったピッタリの仕事を紹介するため、非常に評価が高いです。

積極的に派遣会社をM&Aしており、ますます企業規模が拡大しています。

まだテンプスタッフに登録されていない方は迷わず派遣登録すべきです。
登録もWEBですぐに完了します。

テンプスタッフの詳細

テンプスタッフは国内トップクラスの実績と売上を誇る人材派遣会社です。1973年の創業以降一貫して人材ビジネスに取り組んでおり、月刊人材ビジネスによる派遣スタッフ満足度調査で、「クチコミNo.1」「再就業率No.1」を獲得する等、利用者からの評価が高い派遣会社です。

派遣先企業は国内の大手企業はもちろん、ベンチャー企業や老舗企業の求人も豊富に取り扱う。また求人職種も事務派遣に加え、翻訳などの語学、エンジニア、営業・販売等、製造等幅広く紹介が可能です。

派遣社員へのスキルアップサポートも好評で、テンプスタッフに派遣社員として登録するとテンプスタッフのオフィスでの自習トレーニングや、自宅パソコンで受講可能のeラーニングを無料で利用できる他、各種提携スクールを特別価格が利用できます。

まだテンプスタッフに登録されていない方は登録しておきましょう。

ママのための新しい働き方

テンプスタッフ

テンプスタッフは働くママのためもサポートも充実しており、「あなたらしい」ワークスタイルをテーマに、ママのための専門事業部が用意されています。

「週4日」「16時まで」「期間限定」など、ママが働きやすい求人が多数用意されており、就業後のフォロー体制も万全です。

また、ママにうれしい隙間時間に学習できる無料e-ラーニングの他、OA講座、ビジネス講座や簿記等の資格取得をサポートする講座も随時開催されています。
ベビーシッターや家事代行などの割引サービスも充実しており、福利厚生もしっかりしているので安心して働くことができます。

3位:パソナ

パソナ

事務派遣に強い老舗派遣会社
求人件数
サポート力
スキルアップ体制
福利厚生

パソナは創業40年以上の歴史がある企業で、日本でもトップクラスの大手派遣会社です。

公式サイトURL:https://www.pasona.co.jp/

優良派遣事業者の認定番号は1702008(02)、1702015(02) 、1702017(02)、1705014(02)(グループ会社)です。

派遣スタッフ満足度調査でパソナを友人に勧めたい派遣会社「クチコミNo.1」を7回も獲得しています。

パソナの派遣案件は高時給・大手上場企業・事務職が非常に多く、これまで身に着けた事務経験を活かしたい方はもちろん、これから事務職にチャレンジしたい人にも強い派遣会社です。

福利厚生についても、派遣会社の中で最高クラスに整われており、一般的な社会保険はもちろん旅行や美容・演劇や育児代行などを安く活用できる制度が設けられています。

>>パソナの評判や口コミをチェックする

パソナ特徴・強み

パソナ

パソナは事務職の派遣案件に強みがありますが、その理由は研修やキャリア・コンサルティングに力を入れているためです

研修内容は一般的なエクセルやパワーポイントを使った事務業務はもちろん、経理・貿易・秘書などの専門的な職種はもちろん、最新のRPA(ロボティック プロセス オートメーション)や金融業務、メディカルセクレタリーなど幅広い職種を研修で学べます。

キャリア・コンサルティングでは1005名以上のキャリアコンサルティング関連の資格保有者が、あなたの将来への不安や自分の強み、プライベートとの両立のさせり方法などをじっくりヒアリングしながら提案していきます。

事務のお仕事が未経験の人にもおすすめできる派遣会社ですが、事務経験を更に生かして成長されたい方に特におすすめできる派遣会社です。

>>パソナの評判や口コミをチェックする

4位:テクノサービス 働くナビ

テクノサービス 働くナビ

製造・軽作業に特化した派遣会社
求人件数
サポート力
スキルアップ体制
福利厚生

テクノサービスの働くナビは、スタッフサービスグループ企業が運営する製造・軽作業・工場業に特化した派遣会社です。

公式サイトURL:https://www.hatarakunavi.net/

優良派遣事業者の認定は受けていませんが、優良派遣事業者のスタッフサービスグループであること、日本でも有数の製造・軽作業関連への派遣に強い企業です。

全国16,000件を超える求人数を掲載しており、未経験者でも高時給のお仕事を見つけられます。登録には履歴書や証明写真は不要で、あなたの希望の条件が見つかれば登録後最短2日で就業可能です。

>>テクノサービスの評判や口コミをチェックする

テクノサービスの特徴・強み

テクノサービスの強みとして、紹介するほとんどの派遣のお仕事が「未経験で就業できるお仕事」のことが上げられます。スキルに自信がないけどチャレンジしてみたい方にはぴったりです。

その他にも、寮を完備した仕事も一部用意されており、家賃を抑えて貯金を増やしたい人には魅力的ですね。

テクノサービスが得意とする職種で「軽作業」がありますが、軽作業と聞くと力仕事のイメージがありますよね。

実は、軽作業は力仕事と言うより黙々と単純作業を行う業務が多く、簡単な仕事も多数ありますので、意外と力を使わないお仕事が多いです。

テクノサービスでは給与の支払い前払い制度を設けております。手数料無し、全ての仕事・地域が対象です。急いでお金が必要な人にぴったりです。

社会保険や労働者災害補償保険、厚生年金、雇用保険といった福利厚生が充実していますので、安心して働くことができます。

5位:マンパワー

日本初で初めて、派遣業を開始した老舗の安心感
求人件数
サポート力
スキルアップ体制
福利厚生
派遣求人サイトのマンパワーグループは世界80カ国以上にサービスネットワークを有する米国マンパワーグループの日本法人です。

公式サイトURL:https://www.manpowerjobnet.com/

優良派遣事業者の認定番号は1702009(02)です。
世界最大級の人材派遣会社なので、英語を使う仕事や、大手外資企業の求人も豊富にあります。
また、日本で初めての人材派遣を開始したということもあり、長い歴史の中で得た信頼を獲得しており、国内の大手企業や優良企業のにも強い特徴があります。全国に拠点があるため、場所を選ばずお仕事のご紹介ができますよ。

マンパワーの特徴・強み

マンパワーは世界最大級の派遣会社で、日本の大手企業だけでなく外資系企業のお仕事も豊富にあります。

また、他の派遣会社よりも時給が高い場合もあり、派遣社員を大切にする派遣会社としても評判が高いです。

派遣スタッフのスキル・キャリア向上にも積極的で、マンパワーグループ・キャリア・カレッジのプログラムが無料で受けることができます。
(TOIEC対策プログラム、OAスキルアッププログラム、プロによるキャリア相談など)

マンパワーグループクラブオフという福利厚生も用意されており、映画館やスパ、遊べる施設などが安く利用することができます。

派遣登録の際は来社が必須ではなく、電話での登録も可能なため、まずは派遣登録だけでもしておき希望にあった仕事が無いか探してみましょう。

なぜシングルマザーに派遣がおすすめなのか?

子どもを持つシングルマザーは、とても忙しくいろいろと制約を受け大変ですが、ママがしっかり頑張っている後姿を見ることで、お子様も一生けんめい頑張ろうとしています。

そんなシングルマザーにオススメなのが登録派遣の仕事になります。派遣には種類があることを知っていますか?一口に派遣といっても、派遣先での就業期間中だけ、雇用関係が発生する【登録型派遣】と派遣会社の社員として派遣先で常駐して働く【常用型派遣】の2つがあります。

それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか説明していきます。

初めての派遣【登録型派遣】と【常用型派遣】シンママにお勧めはどっち?

始めて働くシングルマザーの派遣には、一般派遣の【登録型派遣】がお勧めです!【派遣というと=高いスキルが求められるもの】と、いう考え方が浸透していますが、全てがそうとも限りません。

確かに【常用型派遣】の仕事は、高いスキルが必要とされます。ただ、一般派遣の【登録型派遣】であれば、主婦を経験したシングルマザーなら、研修を受けることで誰でもこなせる仕事が沢山あります。

あるサイトの書き込みを見てみると、「派遣って即戦力が求められると聞いているけれど、シングルマザーになり派遣で働きたいと思っても、私はスキルがないから働けない…。」とあきらめる人も。

しかし一般的に派遣といわれる【登録型派遣】なら、派遣会社に登録さえしておけば、自分で仕事を見つけ無くても、派遣会社の社員さんが、仕事を紹介してくれます。あとは連絡を待つだけです。

登録派遣ならライフスタイルに合った働き方ができる

登録派遣なら職種も広く、働き方も小さいお子様に合わせ、派遣元との交渉で曜日を少なくし、時間を短縮することも可能です。

とりあえず、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選び、お子様が大きくなるにつれ徐々にスキルを上げ、ステップアップを目指せばいいのです。

シングルマザーが登録型派遣で働くメリットは?

登録型派遣は派遣会社と雇用契約を結び、決められた期間だけ紹介を受けた派遣先企業に出向き、その職場の上司の指示のもと働きます。

派遣期間が終了したら、雇用契約は終了となります。契約に必要な書類は、派遣会社が管理しているため、その後、同じ派遣会社から派遣先を紹介されても、いちいち履歴書などの書類を書く必要がありません。

紹介される主な仕事は、営業職や洋服、食品の販売、イベントやパーティーの受付など多岐にわたり、選択肢が広がります。自分のライフスタイルにあわせた仕事ができるのも嬉しいメリットですね。

登録型派遣のデメリット

登録型派遣は、基本的に時給制に等しく、働いていない期間は時給が発生しないため、お給料がもらえません。契約期間の仕事が終わり、気に入ってもらえれば、また、新たに次の仕事が紹介されます。

ただ、最悪の場合には次の仕事の紹介がなく、待機せざる負えなくなる場合もあります。その間は仕事をしていないので、当然、お給料がもらえません。そんな時の対策としては、スケジュール管理がしっかりできる人なら、派遣先を複数登録しておくことも、一つのポイントになります。

登録型派遣の体験レポート

ちなみに、私は3年前まで、食品メーカー系列の一般派遣【登録型派遣】に登録し、そのメーカーの商品の宣伝販売を10年近く経験してきました。それまでの間に次の仕事を紹介してもらえなかったことは一度もありません。

横浜の派遣会社でしたが、派遣先が横浜、川崎、東京といろいろな街に行き、今思うと小旅行気分で楽しかった思い出もあります。ただ、同じ派遣会社の知り合いは、転々と仕事のために移動することが、デメリットと考えている人もいました。

給料は日給計算で1日10,000円、8時間勤務中、1時間休憩、交通費支給、残業なしでした。昇給や退職金ありませんでした。参考になれば幸いです。

よく聞くけど【常用型派遣】はどんな仕組みなの?

派遣には、【登録型派遣】と【常用型派遣】に分かれています。【登録型派遣】については上記でも説明してきました。派遣を希望する労働者があらかじめ派遣元に登録しておき、仕事を紹介してもらい派遣期間が終了したら、労働契約も終了する働き方でしたね。

一方、【常用型派遣】は、派遣元に常時雇用された社員が、派遣先企業に派遣される仕組みです。ここで【登録型派遣】と大きく違うところは、派遣先企業での就業期間が終了しても、雇用が継続しているため、新たな派遣先が見つかっても、見つからなくても、給料が支払われます。

【常用型派遣】は、非常に専門性のあるスキルが求められます。派遣会社に登録するだけではなく、派遣先企業で三カ月~半年「審査期間のようなもの」の間、派遣スタッフとして働きます。契約終了時に、そのまま派遣先企業で直接雇用される貴重な切符を手に入れることになります。ですが、この正社員への道は狭き門です。

シングルマザーが派遣の仕事をみつけるコツ?

派遣の良い所は、アルバイトやパートと比べ時給が高いことや残業が殆どないこと。派遣は契約期間があるので、人間関係に悩むことが少なく、契約期間内にみっちりスキルを磨くことができる。職種が多く働き方も比較的自由なことがメリットとして挙げられます。

シングルマザーで派遣の仕事を見つけるコツとしては、

  • 自分がどんな職種に就きたいのか?
  • あまり遠くない通いやすい職場なのか?
  • 子供のことを優先した場合、可能な勤務時間はどれくらいなのか?
  • 給料はどれくらい欲しいと思っているのか?

これらを、きちっと明確にすることが重要です。計画性のない漠然とした仕事選びは、仕事自体が見つけにくいばかりか、こんなはずじゃなかったと失敗してしまう可能性も出くるからです。

初めに目標を明確にしておけば、仕事も見つけやすくなり、迷いがなくなります派遣は、パートやアルバイトより確実に時給が高く、シングルマザーにとっては沢山のメリットがあるといえます。

参考:
離婚して住む家が無いシングルマザーや母子家庭必見【無料で部屋を借りる方法】

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックパソナに登録してお仕事を探す
未経験案件が豊富
・業界大手の実績
・事務職に強い

未経験で事務職に転職

未経験で事務職に転職

総務事務におすすめの派遣会社ランキング
製造・軽作業・工場におすすめの派遣会社ランキング
アパレル・ファッションに強いおすすめの派遣会社ランキング
コスメ(美容部員)に強いおすすめ派遣会社ランキング
秘書に強いおすすめの派遣会社ランキング
介護職に強いおすすめの派遣会社ランキング
CADオペレーターに強いおすすめの派遣会社ランキング

おすすめの記事