薬剤師派遣メリット・デメリット

薬剤師の派遣として働くことにどのようなイメージをお持ちでしょうか。

ネット上では「仕事内容は投薬ばかり」「福利厚生が受けられない」「すぐ派遣切りされる」など悪い噂が広まっています。
ですがもしかすると、薬剤師の派遣に対してあなたが持っているイメージと実情は異なっているかもしれません。

上記に挙げた噂や産休育休が取れるかなど、多くの方が気になっている疑問点については「派遣薬剤師に関するよくある質問」にまとめているので是非参考にしてください。

この記事では派遣で働く薬剤師の方を調査した結果に基づく、派遣薬剤師として働くメリット・デメリットをお伝えします。

薬剤師が派遣で働く際に押さえておくべき注意点やおすすめの派遣会社もご紹介しています。
この記事を最後まで読めば、派遣薬剤師の実情や派遣で働くまでにすべきことを正しく理解することが出来ます。

薬剤師求人数が抜群に多い

薬キャリ

薬キャリ
全国対応
10万人以上の
薬剤師が利用
即日求人紹介可能

\60秒で登録完了/


ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
業界最大級の公開求人数
60,000件以上
全国対応

\60秒で登録完了/

記事の目次

派遣薬剤師として働くメリット

まずは薬剤師が派遣社員として働くメリットをご説明します。
実際に派遣としての働き方のニーズが高まっていることもあり、派遣薬剤師には多くのメリットがあります。

派遣薬剤師のメリットは大きく以下の5点です。

派遣薬剤師の5つのメリット
  • 社員以上の高時給を狙える
  • ライフスタイルに合わせて働ける
  • サービス残業がない
  • 同じ職場に通い続ける必要がない
  • ブランクがあっても安心

これからこの5点について詳しくご説明します。

社員以上の高時給を狙える

 
一般的に派遣というと給与が低いと思われがちですが、派遣薬剤師の時給の相場は3,000円〜4,000円となっています。
その一方で、パート薬剤師の相場は時給2,000円ほど、正社員でも時給に換算すると2,400円ほどです。

以下の画像は単発派遣の求人内容の一例です。

高時給求人例

このように社員以上の高時給を狙うことができるのは、派遣薬剤師の大きなメリットです。

フルタイムで正社員と同じように働くのであれば、ボーナスはありませんが時給が高いため、正社員よりも高収入を狙えることがあります。
ただ、残業は正社員の方と比べるとかなり少ない傾向ですので、残業代などの分、手取りは安く感じるかもしれません。

ライフスタイルに合わせて働ける

派遣薬剤師は時給制で働くため、勤務時間を事前に選ぶことができます。
また、勤務日数も相談することができるため、月水金の週3日だけといった働き方も可能です。

さらに短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取る、といった働き方も可能となっています。
派遣薬剤師なら自由なライフスタイルを考えたとおりに実現することができるのです。
正社員だと自分の希望を通すことは難しいですが、派遣であれば日勤のみ、週3日、土日休みなどのあなたの生活に合わせた働き方ができます。そのため、子育てや家事、介護などとの両立もしやすいです。
もちろん条件を満たした場合、正社員と同じように社会保険などにも加入でき、有給休暇もつきます。

サービス残業がない

派遣は基本的に残業がありません。
また、派遣法で時間外手当てのない残業も禁止されているためサービス残業はありません

派遣先は時間外労働分を必ず支払わなければいけないため長い残業をさせることもないので、残業したくないという方でも安心です。
派遣会社を挟んでいるため、万が一長い残業やサービス残業を強要された場合も派遣会社に相談し、改善の交渉などの対応をしてもらえます。

平成30年度・賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師は他の業種に比べて残業時間が長い職業となっています。
このように残業が長いことが特徴である薬剤師という職業で、サービス残業がないのは派遣薬剤師で働くメリットの1つであると言えます。

同じ職場に通い続ける必要がない

正社員やアルバイトなど企業の直接雇用で働く場合、基本的に同じ職場に通い続けなければなりません。
もし働いてみて職場の雰囲気と合わなかったり、人間関係で悩むことがあっても簡単には職場を変更することはできません。

実際に薬剤師として働いている人の話を聞いてみると、人間関係の悩みによって退職まで至ったという方はかなり多いです。
このような事態に陥るのは特に人間関係を構築することが苦手な方や、コミュニケーション能力がそこまで高くない方に多い傾向があります。

しかし派遣薬剤師であれば、短期で働くのは普通なので、自分に合わなければすぐに職場を変えても問題ありません。
長期雇用が可能な場合でも、まずは短期雇用で働いて人間関係や職場の雰囲気を見極め、良さそうだったら雇用期間を延長するという働き方をすることができます。

もちろん、人間関係に不安があれば短期間で職場を変更することも可能です。

ブランクがあっても安心

派遣薬剤師は、ブランクがあって不安だという方にとってもおすすめの働き方です。

正社員に比べて派遣薬剤師は比較的難易度の低い業務を任されることが多く、最初から高度な知識やスキルが必要ということはありません。
ブランクがある中でいきなり正社員に挑戦することに不安があるという方や、複雑な業務から解放されて働きたいという方にも、派遣薬剤師はぴったりの働き方です。

いずれは正社員として働きたいという方には、紹介予定派遣という働き方があります。

派遣薬剤師として働くデメリット

ここまで紹介してきたようにメリットの多い派遣薬剤師ですが、もちろんデメリットもあります。
主なデメリットは以下4点です。

派遣薬剤師の4つのデメリット
  • 同じ職場で長く働くことができない
  • キャリアアップが難しい
  • 業務範囲が限られる
  • 派遣先の福利厚生は受けられない

同じ職場で長く働くことができない

派遣は契約期間があり、契約満了になるたびに更新、または新しい勤務先を探さなければいけません。同じ職場で働きたい場合には契約の更新を希望することができますが、派遣先の状況によっては契約終了ということもあります。
契約満了後も次の派遣先を派遣会社が探してくれますが、常勤の方と比べると不安定ではあります。最長3年まで同じ職場で働くことは可能ですが、1年未満の契約が多いです。
同じ職場でそのまま働きたい場合は派遣会社に相談してみてください。交渉次第では正社員として雇用してもらえることもあります。

キャリアアップが難しい

派遣は派遣会社の従業員として勤務するため、派遣先でのキャリアアップは難しいです。賞与や昇給もないため、キャリアアップを狙うのであれば次の契約時のタイミングでの交渉になってしまいます。
また、即戦力として働くことを求められることが多いためスキルアップのための研修や教育も基本的にありません。

業務範囲が限られる

これはデメリットでもあり、メリットにもなることですが、派遣薬剤師は期間が決まっているため、難しい患者さんや長期にわたる業務の割り振りは優先的にされません。
派遣先によっては常勤のサポート業務になることもありますので、経験を積んでいる薬剤師さんは業務内容に物足りなさを感じるかもしれません。

派遣先の福利厚生は受けられない

派遣先の院内保育や家賃補助、資格取得支援、退職金制度などの福利厚生は利用できません。また、育休や産休は権利としては認められていますが、短い契約になってしまう派遣では取得しにくい状況です。
とはいえ、条件を満たせば有給休暇や社会保険などの派遣会社の福利厚生を利用することもできますので登録時に確認してみてください。

薬剤師が失敗しない派遣会社の選び方

派遣薬剤師の魅力を理解し、いざ登録してみようと思っても日本全国に派遣会社は8万社以上あり、どの派遣会社に登録するか悩んでしまうかもしれません。

これだけ数が多いので、間違った派遣会社に登録してしまうとブラックな派遣先に配属されてしまうことも。

派遣会社選びだけでかなりの時間や労力を使いますので、最低限3つのポイントに着目して登録するようにしましょう。

派遣会社を正しく選ぶ3つのポイント
  • 実績のある大手派遣会社を選ぶ
  • 薬剤師に特化した派遣会社を選ぶ
  • 自分が希望する条件があるか必ずチェックする

実績のある大手派遣会社を選ぶ

これまでにたくさんの方を紹介してきた実績がある派遣会社なら、派遣先の施設とつながりが強く、勤務時間やシフトの交渉をしやすくなります。

また営業担当さんへの教育が行き届いており、派遣先でのトラブルが起きた時にも柔軟に対応してくれます。
大手派遣会社は求人数も多いため、地方で求人を探している方やこだわりの条件がある方も選択肢が増えます。

薬剤師に特化した派遣会社を選ぶ

さきほども紹介した通り派遣会社は8万社以上あり、事務職や倉庫作業など様々な職種を取扱う派遣会社と薬剤師の求人に特化した派遣会社があります。

薬剤師は他の職種とは違い専門性が高い職種ですので、対応する派遣会社のスタッフも看護の知識がある程度必要になります。

そのため、職種全般を取り扱う派遣会社では相談に乗ってくれたとしても具体的な解決策を提示してくれない可能性もあります。
薬剤師の求人に特化した派遣会社では、業界を熟知した営業担当者がいるため、より具体的な相談が可能です。

自分が希望する条件があるか必ずチェックする

派遣会社で紹介している求人は登録しなくても検索することができます。そこで、まずは自分が希望する条件に近い求人があるかどうかチェックしてください。

「働いてもいいかな」と思える求人があれば、まずは登録してみましょう。

登録すると派遣スタッフの方が連絡してきますので希望する条件を伝え、もっといい条件のお仕事がないか聞いてみると非公開求人を紹介してくれることがあります。

希望する仕事、条件がよい仕事の紹介を受けるため3社以上に登録しましょう。
1人平均4.3社登録、4人中3人が3社以上の派遣会社に登録

ぶっちゃけ話特にこちらでご紹介する最初の3つの会社全てに登録しておくと、自分でも驚くほど仕事選びが楽になりますよ!
※1 派遣会社に仕事を探させるなら複数登録は必須です。あなたが、他の会社に登録していることを知るとあなたへの仕事紹介を優先度高く行う確率が高まります。

※2 下記で紹介している1~3の会社全てに登録しても10分以内で終わります

薬剤師におすすめの派遣会社12選

1.薬キャリ

薬キャリ
薬キャリ公式サイト:
https://agent.m3career.com/

薬キャリは日本最大級の医療従事者専用サイト m3.com を運営するエムスリーグループの薬剤師専用求人サイトです。

エムスリーグループは全国にコンサルタント提携している企業があり、薬キャリではそれら企業の求人が全て掲載されているため、案件数がとても多いのが特徴です。
調剤薬局での勤務以外にも病院や企業など、なかなか正規雇用の求人が出ない仕事も豊富に取り扱っているので、今までとは違った環境で働くことができます。

また、「ママ薬剤師におすすめの職場」や「未経験・ブランクのある方可」などの検索条件で求人の絞り込みが可能なため、希望の職場を簡単に見つけることができます。

社名 エムスリー株式会社
登録拠点 日本全国
求人件数 54,617件(2020年3月時点)

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性
私は大学を卒業してからすぐに、地元の総合病院で病院薬剤師として働き始めました。
仕事が多忙だったのと、人間関係が原因で、3年程働いて、地元の総合病院を退職しました。
転職先が決まらないまま退職したため、就職先を見つけるまでの間、薬キャリで派遣薬剤師として働くことにしました。
薬キャリは利用者が多く、評判も良かったので、安心して登録することができました。
薬キャリは病院、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸など、さまざまな種類の求人があり、求人の数も非常に多かったため、たくさんの選択肢の中から自分の働きたい職種や職場を選ぶことができました
担当者の方の対応も良く、楽しく働くことができたので、とても満足しています。
これからも機会があれば薬キャリを利用したいです。


2.ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ公式サイト:
https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得している人材派遣・転職支援サイトです。
調剤薬局が母体となり、医療業界人材に特化した求人を数多く取り扱っています。

ファルマスタッフの特徴として、医療現場に詳しいコンサルタントのサポートを受けられるということが挙げられます。
職場の雰囲気や忙しさなど求人情報だけでは分からない情報を聞くことができるだけではなく、就業後も親身に相談にのってくれるためとても心強いです。

また、派遣スタッフの福利厚生も厚く、社会保険や労災保険、薬剤師賠償責任保険などの各種保険はもちろん、有給休暇制度やスポーツクラブ・各種保養施設の優待制度も使うことができます。

社名 株式会社メディカルリソース
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 55,657件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可【派遣業】派 13-010770 【紹介業】13-ユ-010743

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
50代女性
ファルマスタッフは口コミでの評価が高かったので登録しました。
利用してみて良かったのは、細かい部分まで配慮が行き届いていたことです。正社員から派遣という働き方に変えたので不安な部分が多かったのですが、丁寧な個別相談があったので不安を払拭できました
コンサルタントが情報をしっかりと把握していたので、職場の雰囲気まで事前にわかりました。収入が上がり、福利厚生も充実しています。気になっていた有給休暇も取りやすいです。
ファルマスタッフは全体的に良い印象の会社でしたが、研修がもう少し充実していたらもっと満足度が高かったです。


3.お仕事ラボ

お仕事ラボ
お仕事ラボ公式サイト:
https://www.oshigoto-lab.com/

お仕事ラボは、株式会社アイセイ薬局の100%子会社である株式会社AXISが、厚生労働大臣の有料職業紹介・労働者派遣の正式な許可を得て運営する薬剤師の転職、派遣のお仕事を無料で紹介するサイトです。

お仕事ラボの特徴として、利用者の満足度がとても高いことが挙げられます
通常の紹介会社は、薬局と求職者さまを各々別の人が担当しているのが主ですが、お仕事ラボは、転職先の事情を把握した担当者が面談をしてくれます。

業界事情に精通しているコンサルタントが、転職に伴う「不安と後悔」を少しでも軽減できるように、業界の動向を見据えた精度の高い求人を紹介してくれるため、利用満足度90%以上・紹介後の定着率95.6%と高水準を実現しています。

社名 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 35,890件(2020年9月時点)
労働者派遣事業 派13-306282

お仕事ラボの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
お仕事ラボは新規会員登録で5千円、友達紹介で最大5万円、仕事が決まったら最大5万円など特典報酬が豊富なのが魅力的です。
また、時給が高い求人が非常に多く、時給3000円を超える求人も多数見かけます。派遣薬剤師として働くうえで、高時給であることは働き甲斐にも繋がるので、派遣薬剤師としては非常に働きやすいです。
担当コンサルタントの質も非常に高く、さまざまな知識を兼ね備えているので、とても頼りになります。何でも気軽に相談できるので、安心して働くことができます。


4.アプロ・ドットコム

アプロドットコム
アプロ・ドットコム公式サイト:
https://www.apuro.com/

アプロ・ドットコムは、20年以上の実績がある薬剤師専門の人材派遣・転職支援サイトです。
厚生労働省認可の「職業紹介優良事業者認定・優良派遣事業者認定」を取得しているため安心して働くことができます。

都道府県・市区町村・雇用形態(正社員/パート/派遣/単発)・業種(調剤薬局/病院/OTC/企業)等、こだわりの条件で求人検索したり、頼りになるキャリアアドバイザーに求人を探してもらったり、希望に沿った求人探しを簡単にすることができるのが特徴です。

また、履歴書・職務経歴書の書き方、面接の心得、扶養内での稼ぎ方、転職体験談などなど、薬剤師の転職に使えるテクニック・ノウハウも多数掲載されています。

社名 株式会社アプロ・ドットコム
登録拠点 日本全国対応
総求人件数 69,727件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 厚生労働大臣許可番号 派 27-300760

アプロ・ドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
子育てをしながらの転職活動だったので、正社員にするべきか悩みながら相談しました。派遣は視野にいれていませんでしたが、相談した際に丁寧に説明してもらえ、派遣を選ぶことにしました。
入職までのサポートがかなり丁寧で派遣が初めての私でも安心できました。サイトはあまり使いやすいとは思えなかったのですが、探すより紹介してもらったものの方がしっくりきたの問題ありませんでした。


5.ファルマパーク

ファルマパーク
ファルマパーク公式サイト:https://pharma-park.jp/
ファルマパークは、全て無料で利用することができる薬剤師派遣の専門サイトです。

ファルマパークの特徴として、問い合わせた時点で応募可能な求人をキープして紹介してくれる案件キープ制度が挙げられます。
他の派遣会社でみられるような、掲載されている求人に応募したらすでに枠が埋まってしまっていた、というようなことは起こりません。

また、専任のコンサルタントから職場の雰囲気や方針などを事前に聞くことができ、スケジュール調整や条件交渉も任せられるため、派遣薬剤師として働くことが初めての方でも安心です。

社名 株式会社ネオキャリア
派遣
求人数
約2,000件(2020年3月時点、派遣のみ)

ファルマパークの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
40代女性
転職を決意し、ファルマパークを利用しました。
希望していた条件がいくつかあり、それを伝えるとキャリアコンサルタントがそれに沿って仕事を紹介してくれました。
対応はとても熱心で丁寧です。面接のアドバイスなどあり、がっちりサポートしてくれました。
また、福利厚生が充実していたこともファルマパークの良い点です。安心感があります。
収入が希望していたより少なかったのは残念でしたが、トータル的にバランスが取れていたと思います。

6.ファルメイト

ファルメイト
ファルメイト公式サイト:
https://www.pharmate.jp/

ファルメイトは10年以上の実績をもつ薬剤師派遣・求人専門の人材会社です。

高時給案件が多く、関西・関東エリアなら、時給2,800円を最低保障+交通費も全額支給となっています。
また、薬剤師として仕事をする際に必要な薬剤師賠償責任保険も会社負担です。

ファルメイトの特徴として、エキスパート薬剤師という制度が挙げられます。
エキスパート薬剤師は、一定以上のスキルのある方を正社員または契約社員として採用し、ファルメイトの取引先企業の調剤薬局で勤務する働き方です。
いつかは安定して働きたい方、キャリアアップを目指す方はぜひ活用してください。

社名 株式会社ファル・メイト
登録拠点 日本全国対応
労働者派遣事業 【派遣業】派27-300161
【紹介業】27-ユ-300093

ファルメイトの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
40代女性
もっと収入の良い職場で働きたいと思って、ファルメイトを使い転職活動をしました。
登録すると、コンサルタントが希望に沿って仕事を紹介してくれました。とても頼りになる方で、心配していたことをいろいろ相談に乗ってくれました。
前向きな気持ちで転職活動できたので、選んで良かったと思っています。
収入も以前よりアップしたし、厚待遇で環境も良好でした
希望していたエリアから少しそれてしまいましたが満足度は高いです。

7.ヤクジョブ

ヤクジョブ
ヤクジョブは1996年創業の薬剤師を専門とした転職・就職・派遣支援サービスです。
医療に特化した長年のキャリアと信頼から日々多くの求人が寄せられ、9万件以上の案件を抱えた国内最大級の薬剤師専門求人サイトです。

薬剤師のお仕事は非公開求人が多いです。
人気の求人は公開してしまうと募集が殺到してしまうため、登録者に限り公開されます。

また非公開求人の中には実際に働いているスタッフからの口コミが掲載されていることが多いです。

派遣会社の営業担当から聞ける話よりもリアルな口コミを聞くことができますので、求人選びに失敗したくない方にオススメです。

社名 クラシス株式会社
登録拠点 国内9拠点
東京都、北海道、宮城県、埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県
総求人件数 90,455件(2020年3月時点)
労働者派遣事業 【紹介業】 13-ユ-010302
【派遣業】 派13-010613

ヤクジョブの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性
白と青を基調としたとても見やすいサイトです。正社員の仕事だけではなくアルバイトや派遣社員といったスタイルの求人情報もあるのでとても便利ですし検索機能が充実しているので自分の好きな条件で細かく求人情報を探すことができます。
サイトの操作性もとてもシンプルで簡単でしたよ!自分の検索条件に合った求人情報が一括で表示されるわけですが、勤務地までのアクセス方法や詳しい福利厚生まで掲載されていますしその勤務地に合ったタグが分かりやすく表示されていたのがよかったです。
サイトの更新もこまめにされていてどんどん新着案件が出てくるので常にリアルタイムな求人を探しだすことができますね。

8.メディプラ

メディプラ

メディプラ公式サイト:https://www.medicalplanet.co.jp/

メディプラは薬剤師に特化した派遣会社であり、単発求人も扱っています。

特徴としては、高時給の求人と福利厚生の充実度です。
有給休暇は希望した日に100%消化されており、産休・育休実績も多数あります。

さらに継続勤務によってポイントが付与されるシステムもあるので、仕事のモチベーションが上がります。

社名 株式会社メディカル・プラネット
派遣
求人数
約610件(2020年5月時点、派遣求人のみ)

メディプラの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性
今まで使った派遣会社の中でも福利厚生はトップレベルでした。
自分の好きなときに休むことが出来たのでその点はかなり良かったです。
ただ求人数が少ないので、単発で働いていこうとすると毎回求人を探すのが面倒でした。

9.ファーマプレミアム

ファーマプレミアム
ファーマプレミアム公式サイト:https://pharma-park.jp/

ファーマプレミアムは、単発求人も多く保有する薬剤師向けの派遣求人サイトです。
他サービスに比べて求人数が多いことが特徴であり、時給3,000円以上の求人が多いです。

また、求人検索時に気になったものをキープしておける「お気に入り機能」があるので、気になった求人を見失う心配もありません。
また、ファーマプレミアムの負担で薬剤師賠償保険に加入することもできます。

社名 株式会社ハイペリオン
派遣
求人数
約2,300件(2020年5月時点)

ファーマプレミアムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性
派遣会社の中ではかなりしっかりしていたと思います。
保険に加入することもできましたし、サポート体制もしっかりしていました。
一部を除いてあまり求人の質が良くなかったことを除けば完璧なサービスでした。

10.ファーマリンク

ファーマリンク
ファーマリンク公式サイト:https://www.k-pharmalink.co.jp/

ファーマリンクは首都圏の薬剤師転職・派遣に強い企業です。神奈川ではNo.1シェアを誇っており、離職率も低いため、首都圏で派遣のお仕事を探されている方におすすめです。
また、福利厚生も充実しており、社会保険や有給取得はもちろん、スポーツクラブ優待などの福利厚生を受けることもできます。

社名 株式会社ファーマリンク
求人数 4,618件(2020年5月時点)

ファーマリンクの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性
研修制度がしっかりしているところを探していてここがあったので登録しました。産休・育休の取得実績もあるというのは登録後に知りましたが、登録してよかったです。
担当の方は結構フレンドリーでした。

11.ゴリ薬

ゴリ薬
ゴリ薬公式サイト:https://www.gori-yaku.jp/
ゴリ薬は調剤薬局を全国に720店舗以上運営している総合メディカルグループが運営している転職・派遣支援サービスです。最大の特徴は、求人数の多さで、薬剤師の求人だけで4万件を超えています。
また、創業40年のグループのため薬局と病院とのネットワークが強く、コンサルタントから病院や薬局の情報をしっかり聞くことができます。
ただ、掲載されている求人は情報が古いものもあるなどの口コミも見かけますので、探す際には気をつけてください。

社名 総合メディプロ株式会社
求人数 48,033件(2020年5月時点)

12.日経DIキャリア

日経DIキャリア
日経DIキャリア公式サイト:https://dic.nikkeihr.co.jp/
日経DIキャリアは薬剤師求人を扱う「薬剤師転職支援会社」で紹介している求人が集まっている求人集合メディアです。正社員・派遣・パートの求人が掲載されており、その数は80,000件以上と圧倒的です。
登録先は各派遣会社になりますが、いろいろな求人を一気に見ることができるため便利です。

社名 株式会社日経HR
求人数 85,881件(2020年5月時点)

薬剤師が派遣で働くことを選ぶ理由

ここまで派遣薬剤師のメリット・デメリットをご説明し、薬剤師におすすめの派遣会社やその選び方をご紹介してきました。
全てお読みいただいた方であれば、薬剤師の派遣という働き方の実情をお分かりいただけたかと思います。

ここからは、薬剤師の方が派遣という働き方を選ぶ理由をお伝えしていきます。

下記にご紹介する考え方が1つでも当てはまる方は、派遣薬剤師として働くことをおすすめです。

薬剤師が派遣で働くことを選ぶ理由
  • 働きたいときだけ自由に働きたい
  • スキルアップを重視しない
  • 1つの職場で働き続けたくない
  • 今は正社員で働きたい職場がない

それではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

働きたいときだけ自由に働きたい

薬剤師として働かれている方の中には、決められた日に決められた時間働き続ける事にストレスを感じている方も多いと思います。
かといってせっかく資格を取ったということもあり、薬剤師という職も失いたくないので仕方なく働き続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

派遣薬剤師は、薬剤師という職業を続けながら自分が好きな日時だけ働くことが出来ます。

今までのキャリアやスキルも維持したまま働き方を変えることが出来るので、上記のような方には派遣薬剤師としての働き方をおすすめします。

スキルアップを重視しない

薬剤師として働く上で、特にキャリアやスキルアップは目指しておらず、とりあえず働いてお金がもらえればいいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正社員などの場合ですとより高度な業務を任せてもらえる反面、その分スキルアップを求められます。
このようなキャリアステップが重視される伝統とは反対に、最近では幅広い業務を任される環境を好まない方も増えてきています。

前述の通り、派遣薬剤師として働く場合には同じような業務を任され続けることが多く、スキルアップを求められることもあまりありません。

安定した業務内容で収入を得たいという方には、派遣薬剤師としての働き方をおすすめします。

1つの職場で働き続けたくない

人間関係に煩わしさを感じることや、同じ環境に居続ける窮屈さによって、1つの職場にとどまることに嫌気がさしている方も多いのではないでしょうか。

そんな方には派遣薬剤師としての働き方をおすすめします。

メリットの部分で紹介したように派遣薬剤師は基本的に短期間の契約となるので、もし居続けるのが嫌になったら職場を変更してしまっても問題ありません。
自分で職場変更をお願いしづらいという方は、派遣会社を通して派遣先を変更することも可能です。

また、もし派遣会社にも相談しづらいという方であれば、派遣会社に複数登録しておくことでいざというときに別の派遣会社を利用する選択肢を持つことが出来ます。

このように職場に関してかなり融通が利くのが派遣薬剤師の強みなので、1つの職場にとどまりたくないという方はぜひ派遣薬剤師に登録してみてください。

今は正社員で働きたい職場がない

いずれは正社員で働くことを目指していても、今は働きたい職場がないという方もいらっしゃると思います。
かといって薬剤師以外の仕事をするとなると、薬剤師としてのスキルが衰えてしまう可能性もあり、ブランクが生まれてしまいます。

そんな方は希望の職場が見つかるまで派遣薬剤師として働くことでブランクを埋めることが出来ます。
さらに派遣薬剤師として様々な現場で経験を積むことによって、今まで気づかなかった自分の可能性や適性に気づくことができるかもしれません。

スキルを維持でき、これからキャリアプランを明確にしていくヒントにもなるので、今は正社員で働きたい職場がない方にも派遣薬剤師の働き方がおすすめです。

薬剤師のニーズに合わせて選べる派遣の種類

派遣薬剤師には複数の働き方があります。

大きく分けると長期・短期・単発の3つの働き方がありそれぞれ特徴があるので、ニーズに合わせて働き方を選択することが出来ます。

それぞれの働き方の特徴をご紹介していきます。

長期派遣薬剤師

長期派遣という働き方は、一般的に勤務期間が3ヶ月以上の派遣のことを指します。最長契約期間は3年です。
派遣で長期のお仕事となっている場合、派遣会社によって異なりますが、通常は3ヶ月以上の契約更新がある仕事であることを指しています。そのため、長期のお仕事と記載されている案件は3ヶ月以上勤務することだと考えてください。

しかし、派遣会社や派遣先企業が3ヶ月勤務してくれたら十分とは考えておらず。できるだけ長く就業してほしいと考えています。

できるだけ長くといっても、労働派遣法改正によって同じ派遣先企業で働ける期間は最長で3年になりました。

派遣長期は最長3年まで

同一の派遣先の事業所において、派遣可能期間(派遣先で新たな労働者派遣を受け入れてから3年)
を超えて派遣就業することはできません。

勤務年数が3年を超えた場合、派遣会社は以下の処置をとります。

  1. 派遣先への直接雇用の依頼(正社員、契約社員)
  2. 新しい派遣先の提供
  3. 派遣会社での派遣労働者以外としての無期雇用
  4. その他雇用の安定を図るための処置(紹介予定派遣の対象となること等)

現状として2番の処置をとる場合がほとんどのようです。

短期派遣薬剤師

短期派遣には明確な定義がなく、契約期間が単発派遣よりも長く長期派遣よりも短い働き方です。
一般的には、1か月よりも長く3か月よりも短い期間の派遣のことを指します。

しかし、この記事では単発派遣としている1か月以内の派遣も短期派遣と呼んだり、この記事で長期派遣としている3か月以上の派遣であっても短期派遣と呼んでいる求人サイトもあるので、求人を探す際は注意してください。

単発派遣薬剤師

単発派遣とは、1日単位や数日単位など、自分が働きたい日時のみ単発で働く勤務形態のことをいいます。

労働者派遣法によると、単発派遣とは30日以内の雇用期間である派遣のことを指すとしており、原則的には単発派遣として働くことを禁止しています。
では薬剤師の単発派遣として働くことはできないのかというと、そういうわけではありません。
>>薬剤師の単発派遣について詳しく知りたい方はこちら

一般的な派遣では1週間で働く曜日や、1日の中で働く時間など勤務日時が決まっていますが、単発派遣はより自分のライフスタイル等に合わせて、好きな時に働くことが出来ます。

つまり単発派遣は、勤務期間でいうと長期や短期派遣よりも短く、より自由度の高い働き方ができる勤務形態です。

派遣薬剤師に関するよくある質問

仕事内容が投薬ばかりって本当ですか?

結論から言うと、仕事内容は職場によるのが実情です。
単発や短期間の派遣薬剤師として働く場合には、勤務期間が限られていることから仕事内容が投薬に限られるということは多いです。
また、規模の大きな職場やベテランのスタッフが調剤などを行っている職場では、派遣薬剤師の業務は投薬ばかりになる可能性が高いです。
一方で職員の人数が多くない場合はそれぞれの職員が担当する仕事量が増えるため、投薬に加えて調剤や監査など幅広い業務を担当することになります。
これらの職場ごとの仕事内容の特徴を覚えておき、勤務する前にその職場の仕事内容をしっかり理解しておくようにしましょう。

派遣でも福利厚生は受けられますか?

派遣スタッフは、登録している派遣会社の福利厚生を受けることができます。
ですので大手派遣会社に登録をすれば、派遣スタッフでも大手企業の福利厚生を受けることが出来ます。
派遣会社で受けられる福利厚生についてはこちらの記事も是非参考にしてみてください。

育休や産休は取れますか?

派遣でも育休や産休をとることが出来ます。
ですがどんな派遣会社のスタッフでも絶対にとることが出来るというわけではないので注意が必要です。
制度の整っていない派遣会社や福利厚生が整っていない派遣会社の場合だと、育休や産休の制度がそもそもないこともあります。
確実に育休や産休をとりたいということであれば、各種制度が整っている大手派遣会社を選ぶことをおすすめします。

派遣切りって実際にあるんですか?

派遣切りは実際にあります。
そのため景気の状態によっては正社員に比べると派遣スタッフは不安定な立場となります。
しかし派遣薬剤師の場合、ほかの職種の派遣と比べると派遣切りされるリスクはかなり低いです。
なぜかというと薬剤師は資格が必要であり、他の職業と比べて専門性が高いからです。
また現在でも薬剤師の世界は人材不足の問題があり、特に主要都市以外では深刻な薬剤師不足に悩んでいます。
このように薬剤師免許を持った人材は需要が今のところなくならないと考えられるので、派遣切りされる可能性は低いと言うことができます。

今後派遣薬剤師の需要はありますか?

前述のように、薬剤師は今かなり人手が不足しています。
ある地域では人手不足が深刻化したことによって、薬剤師の争奪戦が起きているところもあります。
このような現状を見てみると、正社員だけではなく派遣の薬剤師も今後需要の高さは続くことが考えられます。
また最近ではベビーシッターなど薬剤師以外の職種において、薬剤師の経験がある方を募集するケースも増えています。
薬剤師は専門知識やスキルを自分の手でつかみ取り、市場価値を高めることができるので、他業種からの評価も高いです。
そのような意味でも、派遣薬剤師は今後も需要が高まっていくことが予想されます。

派遣薬剤師として生き残るためにはどうすればいいですか?

正社員は目指さずに、今後も派遣薬剤師として活躍していきたいということであれば、出来る業務をどんどん増やしていくというよりは、とにかく調剤や投薬など基本的な業務の質を高めることが有効です。
正社員が幅広い業務やキャリアアップを求められるのに対して、派遣の薬剤師は同じような業務を、質を高く継続的に行うことが求められます。
しかし最近ではAIや技術の発展により、薬剤師だけに限らず様々な職種の仕事がなくなると言われています。
こうした時代で生き残るためには、AIにはできないことを能力として伸ばす必要があります。
薬剤師の能力でいうと、豊富な知識に加えてコミュニケーションスキルが重要になります。
患者さんに寄り添う気持ちや、あなたにしかできない接客方法などを大切にし、独自の薬剤師としてのスタイルを確立することが重要です。

薬剤師のような専門職でも派遣で働けるのですか?

基本的に資格を持ってさえいれば派遣でも薬剤師として働くことが出来ます。
なぜ派遣の薬剤師が求められるかというと、企業の人手不足を解消するためと、働き方の多様性を広げるためです。
女性の割合が多い薬剤師の世界では、正社員の育休・産休などによって人手不足に陥る企業が山ほどあります。
そんな時に派遣として人員を雇うことで、人手不足を補うことが出来ます。
また、派遣という働き方があることで、育休・産休をとった方なども自分のペースに合わせて働くことが可能になり薬剤師として復帰しやすくなります。

派遣薬剤師にボーナスはありますか?

例外を除いて基本的に派遣社員はボーナスを貰うことができません。
ボーナスを貰えるのは正社員が対象であることがほとんどです。
派遣社員はそもそも一定の期間が決められた一時的な雇用であることが基本です。そのため、賞与を支給する対象になることはないのです。
稀に雇用期間の決められた派遣社員やアルバイト・パートなどに賞与を出す企業もありますが、お小遣い程度の少額であることがほとんどです。
給料明細を見て「賞与」の文字を見つけて、一瞬期待してしまう人もいるかもしれませんが、あまりの雀の涙っぷりに肩を落とすはずです。
そのため、基本的には一般的な派遣社員として働く際に、ボーナスを貰えることにはほぼ期待しない方が良いです。
派遣薬剤師はボーナスを貰えないものと思っておいた方が良いでしょう。

派遣薬剤師に社会保険は適用されますか?

法律上、派遣スタッフでも条件を満たせば社会保険の適用を受けることが出来ます。
1週間に20時間以上の勤務が決まっていて、2か月を超える契約期間があれば社会保険の適用を受けられます。
注意点としては、単発や短期間の派遣などで働く際に契約期間が2か月を超えていない場合には社会保険は受けられません。
また、派遣会社によっては1週間に必要な勤務時間を20時間ではなく30時間と定めている場合もあるので、利用する派遣会社の規定を予め確認しておきましょう。

派遣薬剤師が向いていないのはどんな人ですか?

派遣薬剤師に向いていないのは、まず幅広い業務に挑戦したいという志向が強い方やキャリアアップを望む方です。
派遣の薬剤師の場合は同じ業務を任され続け、業務の幅を広げていくことやキャリアアップを狙うことが難しいです。
また、同じ職場で継続して働きたいという方にも派遣薬剤師の働き方はおすすめ出来ません。
慣れ親しんだ環境で働いていきたい、同じ職場でキャリアを積んでいきたいという方は正社員やアルバイトの方が向いているかもしれません。

派遣薬剤師のメリット・デメリットまとめ

この記事では派遣薬剤師の実情を少しでも理解してもらうために、派遣薬剤師のメリット・デメリットをご紹介してきました。

結論として、派遣薬剤師はメリットが多く今の時代に合った働き方であり、多くの薬剤師の方におすすめしたい働き方です。

しかし派遣薬剤師として働ける条件があることや、キャリアップを目指しづらいなどのデメリットも存在します。
メリット・デメリットをそれぞれ理解し、派遣薬剤師という働き方があなたに合っているかをじっくり考えてみてください。

また、派遣会社によっては仕事内容がニーズと合わない場合もあるので、常に複数の派遣会社を利用できるようにしておくことも大切です。
派遣会社をうまく活用し、あなたにぴったりの仕事を見つけてくださいね。

薬剤師向けのおすすめ派遣会社を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
>>派遣薬剤師に強いおすすめ求人サイトランキングはこちら

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄