シングルマザーが誰にも頼らず母子だけで生活するとなれば、子どもの面倒から、家庭のやりくりまでをこなさなければならなくなり、当然、すこしでも収入の良い勤め先を…。と考える人も多いですよね。

働くにしても、先ず、優先すべきはお子様のことです。そこで、シングルマザーにオススメなのが、派遣の仕事になります。パートやアルバイトと比べると時給もかなり高く、残業もありませんので、定時に帰宅してお子様と触れ合う時間もつくれます。

では、シングルマザーが派遣で働くメリット・デメリットやお勧めの理由も含め、詳しく説明していきます。

最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

CMで話題の派遣会社
高時給案件多い
求人数に強み
主婦向け案件多数
全国に派遣案件あり

\スマホで登録2分/

公式サイト→

※当サイトで一番人気

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\スタッフサービスと合わせて登録/

公式サイト→

 なぜシングルマザーに派遣がおすすめなのか?

子どもを持つシングルマザーは、とても忙しくいろいろと制約を受け大変ですが、ママがしっかり頑張っている後姿を見ることで、お子様も一生けんめい頑張ろうとしています。

そんなシングルマザーにオススメなのが登録派遣の仕事になります。派遣には種類があることを知っていますか?一口に派遣といっても、派遣先での就業期間中だけ、雇用関係が発生する【登録型派遣】と派遣会社の社員として派遣先で常駐して働く【常用型派遣】の2つがあります。

それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか説明していきます。

初めての派遣【登録型派遣】と【常用型派遣】シンママにお勧めはどっち?

始めて働くシングルマザーの派遣には、一般派遣の【登録型派遣】がお勧めです!【派遣というと=高いスキルが求められるもの】と、いう考え方が浸透していますが、全てがそうとも限りません。

確かに【常用型派遣】の仕事は、高いスキルが必要とされます。ただ、一般派遣の【登録型派遣】であれば、主婦を経験したシングルマザーなら、研修を受けることで誰でもこなせる仕事が沢山あります。

あるサイトの書き込みを見てみると、「派遣って即戦力が求められると聞いているけれど、シングルマザーになり派遣で働きたいと思っても、私はスキルがないから働けない…。」とあきらめる人も。

しかし一般的に派遣といわれる【登録型派遣】なら、派遣会社に登録さえしておけば、自分で仕事を見つけ無くても、派遣会社の社員さんが、仕事を紹介してくれます。あとは連絡を待つだけです。

登録派遣ならライフスタイルに合った働き方ができる

登録派遣なら職種も広く、働き方も小さいお子様に合わせ、派遣元との交渉で曜日を少なくし、時間を短縮することも可能です。

とりあえず、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選び、お子様が大きくなるにつれ徐々にスキルを上げ、ステップアップを目指せばいいのです。

シングルマザーが登録型派遣で働くメリットは?

登録型派遣は派遣会社と雇用契約を結び、決められた期間だけ紹介を受けた派遣先企業に出向き、その職場の上司の指示のもと働きます。

派遣期間が終了したら、雇用契約は終了となります。契約に必要な書類は、派遣会社が管理しているため、その後、同じ派遣会社から派遣先を紹介されても、いちいち履歴書などの書類を書く必要がありません。

紹介される主な仕事は、営業職や洋服、食品の販売、イベントやパーティーの受付など多岐にわたり、選択肢が広がります。自分のライフスタイルにあわせた仕事ができるのも嬉しいメリットですね。

登録型派遣のデメリット

登録型派遣は、基本的に時給制に等しく、働いていない期間は時給が発生しないため、お給料がもらえません。契約期間の仕事が終わり、気に入ってもらえれば、また、新たに次の仕事が紹介されます。

ただ、最悪の場合には次の仕事の紹介がなく、待機せざる負えなくなる場合もあります。その間は仕事をしていないので、当然、お給料がもらえません。そんな時の対策としては、スケジュール管理がしっかりできる人なら、派遣先を複数登録しておくことも、一つのポイントになります。

登録型派遣の体験レポート

ちなみに、私は3年前まで、食品メーカー系列の一般派遣【登録型派遣】に登録し、そのメーカーの商品の宣伝販売を10年近く経験してきました。それまでの間に次の仕事を紹介してもらえなかったことは一度もありません。

横浜の派遣会社でしたが、派遣先が横浜、川崎、東京といろいろな街に行き、今思うと小旅行気分で楽しかった思い出もあります。ただ、同じ派遣会社の知り合いは、転々と仕事のために移動することが、デメリットと考えている人もいました。

給料は日給計算で1日10,000円、8時間勤務中、1時間休憩、交通費支給、残業なしでした。昇給や退職金ありませんでした。参考になれば幸いです。

よく聞くけど【常用型派遣】はどんな仕組みなの?

派遣には、【登録型派遣】と【常用型派遣】に分かれています。【登録型派遣】については上記でも説明してきました。派遣を希望する労働者があらかじめ派遣元に登録しておき、仕事を紹介してもらい派遣期間が終了したら、労働契約も終了する働き方でしたね。

一方、【常用型派遣】は、派遣元に常時雇用された社員が、派遣先企業に派遣される仕組みです。ここで【登録型派遣】と大きく違うところは、派遣先企業での就業期間が終了しても、雇用が継続しているため、新たな派遣先が見つかっても、見つからなくても、給料が支払われます。

【常用型派遣】は、非常に専門性のあるスキルが求められます。派遣会社に登録するだけではなく、派遣先企業で三カ月~半年「審査期間のようなもの」の間、派遣スタッフとして働きます。契約終了時に、そのまま派遣先企業で直接雇用される貴重な切符を手に入れることになります。ですが、この正社員への道は狭き門です。

シングルマザーが派遣の仕事をみつけるコツ?

派遣の良い所は、アルバイトやパートと比べ時給が高いことや残業が殆どないこと。派遣は契約期間があるので、人間関係に悩むことが少なく、契約期間内にみっちりスキルを磨くことができる。職種が多く働き方も比較的自由なことがメリットとして挙げられます。

シングルマザーで派遣の仕事を見つけるコツとしては、

  • 自分がどんな職種に就きたいのか?
  • あまり遠くない通いやすい職場なのか?
  • 子供のことを優先した場合、可能な勤務時間はどれくらいなのか?
  • 給料はどれくらい欲しいと思っているのか?

これらを、きちっと明確にすることが重要です。計画性のない漠然とした仕事選びは、仕事自体が見つけにくいばかりか、こんなはずじゃなかったと失敗してしまう可能性も出くるからです。

初めに目標を明確にしておけば、仕事も見つけやすくなり、迷いがなくなります派遣は、パートやアルバイトより確実に時給が高く、シングルマザーにとっては沢山のメリットがあるといえます。

参考:
離婚して住む家が無いシングルマザーや母子家庭必見【無料で部屋を借りる方法】

まとめ

近年ここまで派遣会社が増えてしまうと、シングルマザーにとっても派遣選びは非常に困難になってきます。大切なのは、「派遣を通して自分はどのように働きたいのか?」を明確にして、生活設計を立てていくことです。

子どもが小さいのであれば、残業が無く定時に帰れる派遣社員の働き方が最適です。ても、将来的は、ボーナスや退職金がある正社員を目指したいですよね。派遣のメリット・デメリットをよく理解したうえで派遣の仕事をえらび、長期的な生活設計を立てるようにしたいですね。

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックパソナに登録してお仕事を探す
未経験案件が豊富
・業界大手の実績
・事務職に強い

未経験で事務職に転職

未経験で事務職に転職

総務事務におすすめの派遣会社ランキング
製造・軽作業・工場におすすめの派遣会社ランキング
アパレル・ファッションに強いおすすめの派遣会社ランキング
コスメ(美容部員)に強いおすすめ派遣会社ランキング
秘書に強いおすすめの派遣会社ランキング
介護職に強いおすすめの派遣会社ランキング
CADオペレーターに強いおすすめの派遣会社ランキング

おすすめの記事