派遣で仕事を始める際、「本当に稼げるのか」など、不安なことも多いですよね。

派遣社員は「不安定」などの印象も強いですし、もし仕事が見つかったとしても稼げないのでは意味がありません。派遣社員の平均的な月収はいくらくらいになるものなのでしょうか。

今回は、派遣社員の平均月収について調べたことをまとめてみました。




派遣社員の平均月収とは

厚生労働省が発表している『労働者派遣事業報告書の集計結果』には、派遣労働者の賃金が業種ごとに記載されています。

中でも全体平均は12,236円で、これは1日あたり(8時間労働)の賃金を表します。

そのため、これを22日にかけてみると月収が算出されてくるというわけですね。

12,236円 × 22日 = 269,192円

つまり、派遣社員の平均月収とは269,192円ということになります。

【参考】平成27年度 労働者派遣事業報告書の集計結果|厚生労働省

業種別に見る派遣社員の平均月収

上で解説した派遣社員の平均月収は、全業種の平均月収になります。

実際のところは、業種によってかなり差が出てくるのも特徴的ですね。今度は、上で参照したデータをもとに、いろいろな業種別に平均月収を見ていきましょう。

平均月収が高い業種

まず、平均月収が高い業種を上位10位までまとめてみました。

1【医師、歯科医師、獣医師、薬剤師】平均月収:498,806円

2【法人・団体管理職員】平均月収:498,058円

3【情報処理・情報技術者】平均月収:373,846円

4【建設従事者】平均月収:370,194円

5【建築・土木・測量技術者】平均月収:363,000円

6【法務従事者】平均月収:361,592円

7【その他管理職的職業従事者】平均月収:341,110円

8【医療技術者】平均月収:333,256円

9【教員】平均月収:318,516円

10【研究者】平均月収:308,110円

どれも専門資格ありきの業種で、なじみが少ない人も多いかもしれませんが、派遣社員でこのような高い月収を稼いでいる業種もあることには驚く人も多いでしょう。

なじみある業種の平均月収

派遣の求人と言えば、事務や経理、販売や営業などが多くの人にとってなじみのある業種が目立ってくるものです。

今度はそれらの業種の平均月収を見てみましょう。

一般事務…218,878円

会計事務…238,744円

営業事務…238,326円

販売…213,422円

営業…285,252円

接客(飲食店など)…196,724円

全業種の平均月収が27万弱なので、営業系を除く事務や販売などの業種は平均よりも下という結果になっています。

特に一般事務や接客など、知識や資格をあまり必要とせず、未経験からでも始められるような仕事は比較的月収が低めのものが多い傾向はあります。

一番低い月収の業種とは

ちなみに参考までですが、一番低い月収の業種は農業系で、平均168,608円となっています。

そのほか清掃業で176,528円、飲食系の調理従事者で181,742円という数字がありました。「飲食系は給料が安い」などとよく言われるものですが、確かに派遣の場でも同じことが言えるようです。

派遣社員と正社員の給料の差

ここで、派遣社員と正社員の月収の差について見ていきたいと思います。一般的に一番派遣で求人が多いとされる一般事務で見ていきましょう。

まず一般的に事務の仕事は、正社員・派遣社員・アルバイトなどの雇用形態問わず平均月収が18万~19万ほどとされています。

となると、派遣社員の一般事務の平均月収は同じく21万ほどになりますので、平均以上の額を稼いでいることに安心してしまいがちな人は多いです。

ですがここで注意しなければいけないのは、正社員には賞与があるということです。また、昇給も期待ができるでしょう。

月収だけではなく年収にも目を向けてみると話は分かりやすいです。事務職の正社員の年収はおよそ300万前後と言われています。これに対して派遣社員の平均年収は上の21万×12か月なので250万円ほどの年収になることが予想されるでしょう。するとやはりここに50万円ほどの差がついてきてしまいますよね。

そして派遣社員の多くは期間が限定された雇用なので、安定の意味でも正社員には劣るのが実情です。

月収だけを見れば多くを稼げていると誤解してしまいがちな派遣社員ですが、長い目を見たときの収入や安定性を思えば、やはり正社員の方に何かと分があるのは否めませんね。

その意味では、派遣社員は短期的に仕事をしたいなどの希望を持った人に特に向いていると言えるでしょう。

派遣社員で稼ぐためには

派遣社員と正社員にはやはり給料で差が出てきてしまうとはいえ、多く稼げることに越したことはないでしょう。

では、もし派遣社員で安定的に高い収入を得たいということであれば、どうすれば良いのでしょうか。

たくさんの派遣会社に登録して仕事を探す

上で紹介した業種別の月収はあくまで平均なので、もし高い月収を得たいのであれば、同じ業種でもより給料の良い派遣求人を探せることが一番ですね。

そのためにも、多くの派遣会社に登録しておくことをおすすめします。複数の派遣会社に登録しておけば、その分いろいろな仕事を紹介してもらえる機会が増え、同じような内容の仕事でも、「派遣会社Aの時給は1500円だけど、派遣会社Bの時給は1600円」ということ場面にも遭遇しやすくなります。

無期雇用派遣という選択肢も

派遣でも、雇用期間を決めずに無期限で雇用契約を結ぶ、無期雇用派遣という働き方もあります。これは、派遣会社の社員として雇用され、多くの派遣先に派遣されて仕事をしていくやり方です。

無期雇用派遣は賞与もあり、能力によって昇給なども期待ができます。何より無期限の雇用なので、契約を切られてしまうことを不安がる必要がありません。派遣先が変わる際の空白の時期も、雇用契約は続いているため給料が出るという特徴があります。

仕事は医療系、技術系、IT系などの専門分野が多いですが、経験と能力を活かせるなら、無期雇用派遣で働くという選択肢もあるのです。

まとめ

派遣社員の月収は業種によってさまざまですが、月収だけを見れば十分生活していくのに値する額は稼ぐことができます。

その分正社員と違って安定や出世などはなかなか望めるものではありませんが、短期的にお金を稼ぎたいのであれば、派遣は最も適した働き方と言えるでしょう。

また、最近は派遣の働き方もどんどん多様化してきているため、派遣で長期的に稼ぎたいという人にも無期限の派遣雇用という選択肢があります。ぜひ自分に合った働き方を見つけてみてください。

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
>>派遣recoで一番登録されている派遣会社です<<

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・豊富な職種
クリックマンパワーに登録してお仕事を探す
>>1分で登録完了<<

事務職求人にとても強い
・世界的企業の安心感
・福利厚生が充実




おすすめの記事