「保育士の志望動機の書き方がわからない」
「受かるような志望動機はどういうもの?」

このような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

この志望動機の書き方のコツをつかむことで、採用担当者にしっかりとアピールできる志望動機を作成することができます。

そこで転職業界に携わる筆者が受けるために注意するべき志望動機のポイントを徹底的に解説します。

この記事を読めば、新卒として保育士になる方だけでなく、様々な面で志望動機を書くのに役立つ知識が身に付きます。

すぐに例文を読みたい方はこちら

保育士の志望動機|自己PRとの違い

志望動機をどのように書いたらいいか困っている方の中には自己PRと志望動機がうまく理解できていないのではないでしょうか。

自己PRと志望動機の違い

  • 自己PR

    あなたの考える自分の強みや経験をアピールして自分の魅力を伝えるものです。
    つまりこれまでに身に着けてきた能力についてアピールします。

  • 志望動機

    数ある保育園の中からなぜその施設で働きたいのかを伝えるための項目です。
    つまり、現在のあなたの気持ちと今後のビジョンについてアピールして熱意を伝えます。

よく混合されやすいので、しっかりと把握しておきましょう。

保育士の志望動機の重要性

志望動機は書類選考や面接で非常に重要な項目です。

なぜ志望動機が重要視されるのでしょうか。

それは採用担当者にあなたが「その保育園」で絶対に働きたいという熱い思いを示すためと、保育園が求める人物像とあなたがマッチしているかどうかを確認するためです。

つまり採用担当者はあなたがその園で働きたいという熱意と将来活躍してくれるかを見ているのです。

志望動機はあなたの言葉で!
ここで誰にでも当てはまるような内容を書いてしまうと採用担当者にあなたの熱意をアピールすることができません。

アピールポイントとしては熱意を伝えてさらに保育園の理念に共感する内容を書きましょう。

次の章から実際の書き方を解説します。

保育士の志望動機|書き方

採用担当者にあなたの熱意を伝えられる志望動機を作成するためには以下のポイントを押さえておきましょう。

志望動機に重要なポイント

  • なぜその保育園で働きたいのか
  • 働きたい保育園の理念や保育方針への共感
  • その保育園に貢献できる自分の経験やスキル
  • 入職した後で何をやっていきたいか

この内容をしっかりと伝えることで採用担当者に熱意を伝えることができます

この内容を網羅した志望動機を作成するために具体的な4つのステップを紹介します。

ぶっちゃけ話
結論→根拠→具体例という文章設計にすることで伝わりやすい文章になりますよ。

ステップ1:保育園の理念・方針を理解し共感できる点を探す

あなたの入りたい保育園をしっかりと調べることが大切です。
その際に保育園の理念や方針を特に調べて理解しましょう。

保育理念とは保育園が「ある」ための根本になる考えを示しています。

また、保育方針とは理念実現のための行動を示したものです。

採用担当者はこの理念や方針に共感してくれるような方を採用したいと考えます。

調べる際は保育園のホームページを見て、どこに共感したのかを明確に伝えるられるようにしましょう。

ここで注意
保育理念をただ調べるだけでは不十分です。
調べた理念や方針に加えて、自分の意見を伝える必要があります。

例)
保育園が大人数保育に力を入れている場合→なぜ大人数保育に魅力を感じたのか

保育方針の種類

保育方針には「自由保育」「一斉保育」「折衷型保育」の3つがあります。

これらの保育方針の違いを知り、志望している保育園がどの方針を採用しているのかを確認しましょう。

保育方針の種類
  • 自由保育

    園児が自発的に遊ぶことを促す保育のことです。

    保育士は園児が自由な発想で遊びぶことができるように臨機応変に環境設定を行います。
    そのため、園児が自分のペースで工夫しながら遊ぶことに重点を置いて園児を見守ることが大切です。

  • 一斉保育(設定保育)

    保育園の用意するカリキュラムに沿って行う保育のことです。

    保育士は園児の成長と発達に合わせて指導案を設定し、設定時間や目的、予想できる子どもの動きなどをふまえた保育を行います。

  • 折衷型保育

    折衷型保育は上記の自由保育と一斉保育(設定保育)の良い点を取り入れた保育です。

ステップ2:あなたの経験やスキル、どのようなことをしたいのか

あなたがこれまでに経験したことやスキルを書き出してみましょう。

また、経験やスキルを通じてどのような保育をしていきたいのかも書き出してみましょう。
あなたの目指す価値観とずれないようにするためです。

「何歳児クラスを何年間担当したのか」「行事などではどのような役割についたのか」などの点を踏まえて入社後にどのような活躍ができるのかをアピールします。

仮に希望している保育園が前職では経験のない取り組みをおこなっており、そこに魅力を感じた場合はすでに勉強していることを伝えることが大切です。

ステップ3:なぜ転職をしようと思ったのか

転職の場合、なぜ前職を辞めたのかを伝えその上で希望している保育園に入りたいことを伝えるようにしましょう。

ここで注意するべき点として、ネガティブなことを伝えないようにしましょう。

仮にネガティブな理由で退職してしまったのだとしても、初対面の採用担当者からは「愚痴を言ってしまう人」という印象がついてしまいマイナス評価になってしまうでしょう。

そんなときはポジティブに言い換えるようにして伝えましょう。
コツはスキルアップのための転職であることを伝えることです。

ステップ4:就職した後に実現したいビジョンを書き出す

ビジョンを考えるにあたって、なぜあなたが保育士になろうと思ったのかを書き出すといいでしょう。

自分のやりたかったことを改めて考えることができます。

子供と接することが好きだからという理由も「なぜ」好きなのかを掘り起こしてみるとあなただけのバックグラウウンドが見えてくるのでビジョンを語りやすくなるでしょう。

そういったバックグラウンドはあなたが保育士として働くには十分説得力のある内容になるので採用担当者に熱意を伝えることができます。

以上の4つのポイントが志望動機を書く上で大切な点になります。

あまり理解できなかったという方は志望動機を恋愛に例えるとわかりやすいかもしれません。

恋愛に例えてみる

  • ステップ1:保育園の理念・方針を理解し共感できる点を探す

    ステップ1は好きな相手のどこが好きなのかを見つけます。
    ここで相手のどこが好きなのかを具体的に言えるとアピールしやすくなりますよね。

  • ステップ2:あなたの経験やスキル、どのようなことをしたいのか

    自分がどのような人間なのかを伝えて自分を積極的にアピールしましょう。

  • ステップ3:なぜ転職をしようと思ったのか

    元恋人となぜ別れたのかを伝えて、次に付き合う恋人とは長続きできることを理由を添えてアピールします。

  • ステップ4:就職した後に実現したいビジョンを書き出す

    具体的なゴールを示すと自分との将来を描きやすくなるでしょう。

このように置き換えて考えてみると非常にシンプルです。

しかし志望動機を1人で考えるのは難しい場合もありますよね。
そのような場合は1人で悶々と考えずに知り合いに話して見てください。

人と話すことで自分の知らなかったことに気づくことができる場合もあります。

しかし、自己分析を人に聞くことはなかなか難しい場合もありますよね。
そんな時に保育士専門の転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントでは登録した方ひとりひとりに担当者がついて、志望動機作成をアシストしてくれます。

>>保育士転職に強い転職エージェントランキング|選び方や活用術も徹底解説

保育士の志望動機の書き方|注意点

ここでは志望動機を書く上での注意点を解説していきます。

ネガティブな退職理由は書かない

ステップ3でも記述した内容になります。
初対面の人の前で悪口を言う人に良い印象を抱く人はいないですよね。

このような場合はポジティブに言い換えることが重要になります。

給与や待遇面での希望は言わない

給与や待遇は気になりますよね。
しかし、志望動機に書いてしまうのはNGです。

「貴園の給料が良くて~」などと書くと、
「この人は仕事内容には興味がないのかな」と採用担当者にマイナスの印象を与えかねません。

なので、給与や待遇面での希望などは書面には書かずに面接の際に聞くようにしましょう。

体調面で不安を与えない

前職を体調不良で退職してしまった場合は、現在は完治しているということも伝えるようにしましょう。

仮に現在も通院中の場合は隠さずに話し、医師に許可を得ていることを伝えます。
そうすると採用担当者があなたの就業後のイメージをしやすくなるのです。

「学びたい」「勉強させてほしい」を繰り返さない

勉強したいと思っていても伝えるのは控えるべきです。
というのも学びたいというのは受け身な態度であると認識される場合が多く、「学校と勘違いしている」と思われている場合があります。

あなたは意欲を伝えるつもりだったのかもしれませんが逆効果になってしまう場合があるので注意してください。

保育士の志望動機と例文|経験別の場合

この章では実際に保育士に転職するために必要な志望動機を例文を踏まえて経験別に解説していきます。

未経験からの転職

未経験が採用担当者から見られるポイントは、やる気と人柄、将来性そして、社会人としての常識が備わっているかどうかです。

実際に保育園での勤務経験がないので、即戦力としてのアピールはできませんが、積極的に業務に取り組む姿勢や素直さをアピールするとよいでしょう。

素直さはあなたが今後、先輩保育士の方に教えてもらった内容を自分の中に取り入れて成長することができることをアピールでき、結果将来性に期待させることができます。

例文
わたしが貴園を志望した理由は、一人一人の子どもを十分に愛し、子どもの思いを受け止め、心豊かな子どもを育てるという貴園の保育方針に共感したためです。
以前はWeb制作会社に勤務しておりましたが、人と接する機会の多い職業につきたいと考えておりました。
姉の育児の手伝いをしていくうちに子供の成長に感動を覚えると共に大切な命をそばで守っていきたいと思う自分に気づきました。
私もひとりひとりの成長に向き合い、サポートしていける保育士になりたいと考えています。
前職で培った根気を生かし早く一人前の保育士として活躍できるように頑張ります。

新卒からの就職

新卒の方は社会人としても保育士としても経験がないため意欲や熱意を伝えることが重要になってきます。

そんな経験のない新卒の方に採用担当者が期待するポイントは笑顔と元気です。

元気な新卒保育士は子供たちはもちろん、他の保育士の方にも良い影響を与えるのです。
なのであなたの明るさや魅力をどんどん伝えましょう。

例文
私は子供たちの外を走り回るキラキラした笑顔が大好きでそんな笑顔をそばで見守りたいと思い、保育士を目指しました。
しかし、公園利用のルールの厳格化等から外に出て遊ぶ子供が減ってきています。
そんな現代において、子供の個性を伸ばすという保育方針のもと、園児がのびのびと遊ぶことのできるグラウンドを設置している貴園の保育への取り組みに共感したためです。
保育士としては経験のない新人ですので、何事にも素直な姿勢で積極的に取り組み、いつも明るいおもしろい先生だと思ってもらえるように頑張ります。

ブランクのある方の転職

結婚や介護などで保育士を離職してブランクがある方は、なぜ離職したのかと復職したい理由を伝えることで大切です。

また採用担当者は今の保育現状をしっかりと理解しているのか、体力的に保育士として復職できるのかを見ています。

そういった不安を取り除くような志望動機を書くと共に、ブランク中の経験をどのように生かせるのかを書くと、採用担当者に好印象を与えるでしょう。

例文
出産と育児のため保育士を離職しておりましたが、子供が小学校に上がるため復職を決意しました。
離職中も復職のことを考え常に保育の情報に触れるようにし、出産後も体力が衰えないように運動を定期的に行ってきました。
自ら育児を経験することで、保護者の気持ちをより一層理解することができたので、この経験を通じて保護者と子供の安心できる保育園を作るために貴園を志望します。

保育士の志望動機と例文|雇用形態別の場合

正社員やパート、派遣社員などの雇用形態によっても保育園から求められるスキルは変わってきます。

正社員

正社員は保育業務とは別にクラス担任や保護者対応などの業務を行うため、その園で長く働くことが求められます。
そのため責任感やコミュニケーション能力が備わっているかをチェックされます。

また、いままでの経験を具体的に書き、前職ではなぜ自分の保育ができないのかを明記することで、採用担当者に好印象を与えることができます。

例文
前職では園児の多い保育園にパートとして勤めていました。
仕事にはやりがいを感じておりましたが、ひとりひとりと向き合い子供の意思を尊重する保育をしたいと考え始めていました。
貴園の掲げる、ひとりひとりと寄り添い個性を伸ばすという保育理念をHPで拝見し、貴園で働くことで理想の保育ができると考えております。
また、園児ひとりひとりと密に接するために正社員を志望しております。
前職では大勢の子供を見る機会が多かったためその経験を生かし、いずれはクラス担任としてひとりひとりに寄り添える保育士になります。

派遣社員

派遣社員の場合は、あなたと保育園の求める条件がマッチしていることが大切です。
そのため、志望動機は基本的には必要ありませんが、施設見学の際に保育園の希望するシフトでの勤務が可能か、保育士としての経験などを問われることがあるので回答を用意しておきましょう。

例文
保育経験は、出産前に保育園で3年勤務しておりました。
妊娠と共に退職しておりましたが子供が小学校に上がるため卒業までの間は家庭と仕事の両立を考え派遣社員を希望しております。
子供の帰宅が16時になるので応募要項の勤務時間に対応できます。

パート・アルバイト

パート・アルバイト保育士の主な仕事は正社員保育士の補助業務になります。

またパートアルバイトの求人にはこれから資格を取得する方も歓迎している無資格歓迎の求人もあります。
そのような求人にはあなたの熱意を伝えることが大切になります。

さらに保育園の志望するシフトで勤務できるかどうか、当日欠勤がないかなども重視されます。

例文
アパレル職をしておりましたが子供と接する仕事をしたいという夢をかなえるために退職し、現在オンラインスクールで資格取得の勉強中です。
シフトは融通が利かせられますし当日にお休みをいただくことは少ないと思います。

保育士の志望動機と例文|保育園の規模別の場合

保育園の規模によっても求められるスキルが変わってきます。

ここでは大規模の保育園と小規模の保育園をそれぞれ見ていきます。

大規模な保育園

大規模な保育園の特徴は子供が多いことです。
そのため、保育士同士のチームワークが重視されコミュニケーション能力が求められます。

また、年長クラスになると1人で30名の子供を担任することもあるので体力が大切になります。

例文
貴園を志望した理由は、大規模保育で、多くの子供たちの成長に携われるとともに、「園児ひとりひとりが現在を最も良く生き、望ましい未来を創り出す力の基礎を培う」という貴園の保育理念に共感したためです。
その理念のもと元気に遊ぶ園児を見て私もこの保育園の一員として園児の輝かしい未来の手助けをしたいと考えました。
また、様々なスキルや経験を持った保育士の方々と共に切磋琢磨することで多くの学びを得られる点も大規模園ならではの魅力だと考えています。
体力には自信があり、ゆくゆくはクラスの担任として園児の成長をサポートできる保育士になるために頑張りたいと考えております。

小規模な保育園

小規模保育とは0~3歳未満児を対象とした保育で、定員が6~19人以下の少人数で行うのが特徴です。
1人の保育士が担当する子供の人数が少ないためひとりひとりにしっかりと向き合った保育を行うことができます。

決まったプログラムだけでなく、子どもたちの興味に応じてその日の活動を臨機応変に対応する能力や、園児ひとりひとりと向き合い保護者の不安の解消などのコミュニケーションが必要になります。

例文
貴園を志望した理由は、園児ひとりひとりと向き合った保育ができる保育方針に共感したからです。
保育士ひとりの担当する園児の人数が少ないため私の理想の保育ができると考えております。
またひとつひとつの作業の効率を考え、子供と向き合う時間をしっかりととれるように努めます。

志望動機に困ったら保育士専門の転職プロに相談する

これまで志望動機を書くポイントや例文を解説してきましたが、自分の言葉で書かなければあなたのバックグラウンドをうまく伝えることはできません。

自分の言葉での志望動機が思いつかない場合は、保育士専門の転職サイトに登録してプロのアドバイザーに相談してみましょう。
アドバイザーは志望動機だけでなく、面接の練習や園の特徴も調べてもらうことができます。

おすすめの転職サービスは下記となります。

転職サイト名 コメント 公開求人数 総合評価
保育ひろば 全国4万件以上の
非公開求人から紹介!
約5,000件

スマイルSUPPORT保育 非公開求人多数
様々な働き方に対応!
約30,000件

ほいく畑 未経験・ブランクの
ある方におすすめ!
約4,000件

▶︎横にスクロールできます▶︎

>>保育士転職に強い転職エージェントランキング|選び方や活用術も徹底解説

保育士の志望動機の書き方|まとめ

ここまで保育士の志望動機の書き方について解説していきました!

志望動機に重要なポイント

  • なぜその保育園で働きたいのか
  • 働きたい保育園の理念や保育方針への共感
  • その保育園に貢献できる自分の経験やスキル
  • 入職した後で何をやっていきたいか

上記のポイントを意識して結論→根拠→具体例の順に書くことで採用担当者に伝わりやすい志望動機を書くことができるようになりますよ。

仮に一人で考えるのが大変な場合は保育士専門のアドバイザーに頼ることをおすすめします。

人気案件が
豊富

保育ひろば
業界トップクラスの求人数
小規模開催の転職フェアが人気

\60秒で登録完了/

公式サイト→

スマイルSUPPORT保育
非公開求人多数!
最初に登録すべき転職サイト

\60秒で登録完了/

公式サイト→

>>保育士転職に強い転職エージェントランキング|選び方や活用術も徹底解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄