紹介予定派遣は、近年たくさんの人が利用する派遣の働き方の一つです。

正規雇用を目指して通常のようにエントリーするよりも、派遣社員から正規雇用を目指す「紹介予定派遣」の方がハードルが低いように感じる人も多いでしょう。お試し期間のような雇用形態で、希望する企業に派遣社員として仕事ができるのは、働く側からしても、採用する側からしてもプラスであることは確かです。

しかし、正規雇用が必ず約束されているように思える「紹介予定派遣」ですが、派遣社員として一定期間働けば、本当に正社員として雇用されるものなのでしょうか。

今回は、そんな紹介予定派遣の実態について、詳しく解説していきたいと思います。




紹介予定派遣とは

まず、紹介予定派遣の仕組みについて振り返っておきましょう。

紹介予定派遣は、派遣先企業からの直接雇用を前提としたうえで締結される雇用契約のことを言います。

つまり、最初は派遣社員として派遣先企業に派遣され、決められた派遣期間が終了すると、その企業に直接雇用で採用される仕組みになっているのです。

紹介予定派遣には、最大の派遣期間が定められているなど、いくつかの決まりがあります。

紹介予定派遣の決まり

  • 派遣期間は6ヶ月以内であること
  • 派遣元は紹介予定派遣であることを事前に明示しておくこと
  • 直接雇用されなかった場合、派遣先は理由を伝えること

紹介予定派遣は、これらのルールが守られたうえで成立します。このルールに則って考えれば、紹介予定派遣は6ヶ月後に必ず正社員になることが約束されているようにも感じます。

ですが実際のところは、必ずしも正社員になれるわけではないというのも事実です。

上の3つ目の決まりに「直接雇用されなかった場合、派遣先は理由を伝えること」とあるように、派遣先から断られるケースもあり得ないことではないのです。

【参考】紹介予定派遣の概要|厚生労働省

直接雇用=契約社員というケースも

ここで覚えておかなければいけないのは、直接雇用=正社員というわけではないという点です。

紹介予定派遣でも、直接雇用後は正社員ではなく、契約社員になるというケースがあります。もちろん契約社員になることを前提としている場合は、紹介予定派遣の雇用契約前に明示されます。

同じ直接雇用でも契約社員と正社員では待遇や給与の面で大きく差が出るので、紹介予定派遣で求人を探す際には、正社員採用なのか、契約社員採用なのか、事前にしっかりと確認したうえで受けるようにしましょう。

紹介予定派遣の実態は…

では、紹介予定派遣で就業した人はどれくらいの割合で直接雇用されているものなのでしょうか。

多くの人が正社員になれることを期待して紹介予定派遣で就業します。正社員になれてこそ紹介予定派遣の意味が出てきます。

厚生労働省の労働者派遣事業報告書によれば、平成27年に紹介予定派遣で派遣された労働者の数は48,124人、その中で直接雇用に結びついた人の数は26,351人とされています。

割合的には54%の人が直接雇用されているという計算になります。約半数よりも少し多いくらいといった具合ですね。

しかし、注目しておきたいのは、この5割超の人たちが必ずしも全員正社員での雇用ではないということです。上の契約社員も直接雇用にあたれば、企業によってはパートやアルバイトでの雇用といったパターンもあるのです。

労働政策研究・研修機構の調べによると、紹介予定派遣からの雇用形態は、正社員が57.8%、契約社員が34.4%、パート・アルバイトが3.6%とされています。

つまり、紹介予定派遣から正社員になれる可能性としては、

  • 紹介予定派遣から直接雇用される人の割合は5割ほど
  • その5割の中から正社員になれる人の割合は更に5割ほどに絞られる

ということが言えます。

企業に直接エントリーして採用試験を受けるのと、紹介予定派遣では、どちらも同じように厳しさはあるとは言わざるを得ないでしょう。

【参考】平成27年度 労働者派遣事業報告書の集計結果|厚生労働省

【参考】人材派遣会社におけるキャリア管理に関する調査(派遣元調査)|労働政策研究・研修機構

紹介予定派遣から正社員になるためには

紹介予定派遣から正社員として採用されるには、やはり派遣期間中の仕事ぶりや能力が大きく影響してきます。

紹介予定派遣は働く人にとっても正社員の可能性を広げやすいというメリットがある一方で、企業側にとっても派遣期間中に直接雇用予定の派遣社員の能力をじっくりと見ることができるというメリットがあります。

派遣期間中に業務で結果を出し、その仕事ぶりを評価してもらえれば、当然正社員採用の可能性は大きくアップするでしょう。逆を言えば、紹介予定派遣だからと言って安心しきっていると、勤務態度の悪さなどを理由に直接雇用を断られてしまうケースもあるため、注意が必要です。

まとめ

本当に働きたい職場でも、実際に働いてみなければ分からないことはたくさんあります。実際に入職してみて、全然雰囲気が違ったということはよくあることです。ですが、正社員として入社したのではすぐに辞めるわけにもいかないでしょう。

その点紹介予定派遣は、自分にとって合っている職場なのか派遣期間中によく見極めることができます。

実際に紹介予定派遣から正社員採用を目指すのは決してハードルが低いものではありませんが、一つの仕事の決め方として自分の中に選択肢を持っておくことも大切なことです。

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
>>派遣recoで一番登録されている派遣会社です<<

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・豊富な職種
クリックマンパワーに登録してお仕事を探す
>>1分で登録完了<<

事務職求人にとても強い
・世界的企業の安心感
・福利厚生が充実




おすすめの記事