派遣の働き方と言えば、どんな形態を思い浮かべるでしょうか。

派遣会社にプロフィールを登録して、派遣会社から紹介された企業に派遣されて派遣期間の間だけ就業する…この形態が多くの人が一般的に考える「派遣」です。

ですが、派遣の働き方は2種類あることをご存知ですか。

今回は、派遣の働き方の種類について詳しくご紹介していきます。




派遣の働き方の種類

登録型派遣

まず1つ目の派遣の働き方として「登録型派遣」があげられます。

登録型派遣では以下のような流れで派遣労働者は仕事をしていく仕組みになります。

派遣元である派遣会社に登録

派遣会社から派遣先企業を紹介される

派遣会社と雇用契約を結ぶ

派遣先企業で就業する

派遣期間が終了すれば雇用契約終了

この働き方は一般的に知られている派遣の形態です。実際に、派遣と聞けば暗黙の了解でこの「登録型派遣」を指すことも多いでしょう。

登録型派遣の場合、ポイントになるのはまた別の企業が派遣先となって就業する場合も、改めて派遣会社と雇用契約を結び直すという点です。これは同じ派遣会社を通して就業する場合でも同じです。

派遣の場合、このように派遣期間に応じて自由に仕事を決められるという利点があります。「この時期だけ働きたい」といった希望を持った人が多く登録型派遣で就業をしていますし、企業にとっても「この時期だけ人を雇いたい」ときに登録型派遣は非常に便利なのです。

常用型派遣

では、次にもう1つの派遣の働き方「常用型派遣」について解説していきます。

常用型派遣と聞いて、なじみがある人は少ないでしょう。派遣の働き方と言えば登録後に一定期間の間紹介された企業で働いて…という形態をイメージする人が多いはずです。

では、「常用型派遣」とは何でしょうか。

常用型派遣では以下のような流れで派遣労働者は仕事をしていく仕組みになります。

派遣会社に入社、常用型派遣で雇用契約を結ぶ

派遣先企業Aで就業する

派遣先企業Aの派遣期間が終了

派遣先企業Bで就業する

(派遣会社との雇用契約は継続中)

常用型派遣と登録型派遣の違いとしては別の派遣先に派遣されることになっても雇用契約が継続しているという点にあります。

登録型派遣は派遣期間が終了すると同時に雇用契約も終了しますので、別の派遣先が見つかるまではもちろん仕事をしていない状態になります。もちろん給料も出ません。

これに対して常用型派遣は派遣会社との雇用契約が続いている限り、派遣期間が終了しても契約上は仕事をしていることになります。つまり、次の派遣先がすぐに決まらなかったとしても給料が発生し続ける仕組みになっているのです。

登録型派遣で働く場合は働く期間に融通が利きますが、常用型派遣では融通が利かない分長く継続的に仕事をしていきたい人が多く働いています。

【参考】労働者派遣制度について|厚生労働省

常用型派遣と登録型派遣における仕事の違い

では登録型派遣と常用型派遣、仕事内容の違いにはどんなものがあるのでしょうか。

まず、登録型派遣は一般事務や販売、営業など、経験のいかんはあれども、誰でも就業することができる仕事が多いです。一般的に見る派遣会社での「派遣」のほとんどはこの登録型派遣によるものだと思って良いでしょう。

これに対して、常用型派遣はIT系のエンジニア、研究職、介護職など、専門性や高い技術・多くの経験を求められるものが非常に多いです。

一般的な派遣求人を見ていて、たまにIT系分野や介護福祉分野などの派遣求人を見かけることもあるでしょう。その際に「こんな仕事も派遣であるの?」と驚く人も多いですが、そのような専門職は常用型派遣であるケースがほとんどなのです。

働き方のメリット

登録型派遣のメリット

では、派遣の働き方には種類があると分かったところで、それぞれにはどんなメリットがあるのか考えてみましょう。まず、登録型派遣のメリットとは以下のようなものがあげられます。

  • 自分のライフスタイルに合わせて働くことができる
  • 専門性や経験を問われない

登録型派遣の最大のメリットはやはり自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができるという点にあります。

家事や育児の傍らで週何日か派遣で働く主婦もいれば、パートやアルバイトと掛け持ちしながら働く人もいます。何らかの夢を追いかけながら働く人も多いでしょう。

そして登録型派遣はあまり専門性を有しない仕事が多いため、誰でも仕事が見つかりやすいといったメリットもあります。そのため多くの派遣労働者がこの登録型派遣で仕事をしています。

常用型派遣のメリット

次に、常用型派遣のメリットとは以下のようなものが考えられるでしょう。

  • 安定収入が望める
  • 専門技術や経験を活かすことができる

常用型派遣は社員として派遣元と雇用契約を結ぶため、安定収入が望めるという大きなメリットがあります。

「派遣=不安定、待遇が悪い」という印象が強い人も多いですが、常用型派遣は全く違います。派遣元の正規雇用なので退職するまで雇用は続きますし、スキルに応じて昇給もあれば、ボーナスもあるのです。

まとめ

「派遣」と聞けば、登録型派遣をイメージする人が多いですが、以上のように派遣は登録型派遣と常用型派遣の2種類に分かれています。働き方によって、仕事の種類も違えば、待遇や安定度なども大きく変わってくるものです。

派遣で働く際は、それぞれのメリットを考え、自分に合った働き方をぜひ見つけてみてください。

おすすめの派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックテンプスタッフに登録してお仕事を探す
>>派遣recoで一番登録されている派遣会社です<<

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・日本トップクラスの求人件数
クリックマンパワーに登録してお仕事を探す
>>1分で登録完了<<

事務職求人にとても強い
・世界的企業の安心感
・福利厚生が充実




エリア別おすすめ派遣会社ランキング
北海道 北海道
東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 京都 大阪 三重 滋賀 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島
沖縄 沖縄
おすすめの記事