「介護士の志望動機の書き方がわからない」
「受かるような志望動機はどういうもの?」

このような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

この志望動機の書き方のコツをつかむことで、採用担当者にしっかりとアピールできる志望動機を作成することができます。

そこで転職業界に携わる筆者が受けるために注意するべき志望動機のポイントを徹底的に解説します。

この記事を読めば、新卒として介護士になる方だけでなく、様々な面で志望動機を書くのに役立つ知識が身に付きます。

すぐに例文を読みたい方はこちら

介護求人数が
圧倒的に多い

スマイルSUPPORT介護
業界最大の求人数
アドバイザーによるフルサポート

\60秒で登録完了/

公式サイト→

マイナビ介護職
転職初心者におすすめ
全国23支社に展開

\転職業界大手の介護求人サイト/

公式サイト→

介護士の志望動機|自己PRとの違い

志望動機をどのように書いたらいいかわからない原因のひとつに自己PRと志望動機がうまく理解できていないことが考えられます。

自己PRと志望動機の違い

  • 自己PR

    あなたの考える自分の強みや経験をアピールして自分の魅力を伝えるものです。
    つまりこれまでに身に着けてきた能力についてアピールします。

  • 志望動機

    数ある病院や施設の中からなぜそこで働きたいのかを伝えるための項目です。
    つまり、現在のあなたの気持ちと今後のビジョンについてアピールして熱意を伝えます。

よく混合されやすいので、しっかりと把握しておきましょう。

介護士の志望動機の重要性

志望動機は書類選考や面接で非常に重要な項目です。

なぜ志望動機が重要視されるのでしょうか。

それは採用担当者にあなたが「その介護施設や病院」で絶対に働きたいという熱い思いを示すためと、介護施設や病院が求める人物像とあなたがマッチしているかどうかの確認するためです。

つまり採用担当者はあなたがその施設や病院での働きたいという熱意と将来活躍してくれるかを見ているのです。

志望動機はあなたの言葉で!
ここで誰にでも当てはまるような内容を書いてしまうと採用担当者にあなたの熱意をアピールすることができません。

アピールポイントとしては熱意を伝えてさらに施設や病院の理念に共感する内容を書きましょう。

次の章から実際の書き方を解説します。

介護士の志望動機|書き方

採用担当者にあなたの熱意を伝えられる志望動機を作成するためには以下のポイントを押さえておきましょう。

志望動機に重要なポイント

  • なぜその施設や病院で働きたいのか
  • 働きたい施設や病院の理念や介護方針への共感
  • その施設や病院に貢献できる自分の経験やスキル
  • 入職した後で何をやっていきたいか

この内容をしっかりと伝えることで採用担当者に熱意を伝えることができます

この内容を網羅した志望動機を作成するために具体的な4つのステップを紹介します。

ぶっちゃけ話
結論→根拠→具体例という文章設計にすることで伝わりやすい文章になりますよ。

ステップ1:施設や病院の理念・方針を理解し共感できる点を探す

あなたの入りたい施設や病院をしっかりと調べることが大切です。
その際に施設や病院の理念や方針を特に調べて理解しましょう。

介護理念とは施設が「ある」ための根本になる考えを示しています。

また、介護方針とは理念実現のための行動を示したものです。

採用担当者はこの理念や方針に共感してくれるような方を採用したいと考えます。

調べる際は施設や病院のホームページを見て、どこに共感したのかを明確に伝えるられるようにしましょう。

ここで注意
介護理念をただ調べるだけでは不十分です。
調べた理念や方針に加えて、自分の意見を伝える必要があります。

例)
施設が食事に力を入れている場合→なぜ1日の中で食事に力を入れることに魅力を感じたのか

介護方針の例

介護方針は施設や病院によってさまざまです。

ここでは主な介護方針を挙げていきます。

  • ご家族の意向を伺う
  • 細かな観察から状態の変化を見落とさない
  • 積極的な交流で豊かな気持ちを育む
  • 利用者の自立支援を重視する
  • 心のケアを徹底する
  • 環境に配慮する

このように、それぞれの施設や病院ではさまざまな介護方針を掲げています。
それらに自分がどのように共感したかを伝えられるようにしましょう。
なるべく具体的に共感した理由を話せるようにしておくように心がけてください。

ステップ2:あなたの経験やスキル、どのようなことをしたいのか

あなたがこれまでに経験したことやスキルを書き出してみましょう。

また、経験やスキルを通じてどのような介護をしていきたいのかも書き出してみましょう。
あなたの目指す価値観とずれないようにするためです。

グループホームや個人介護施設をでどれくらい介護経験を積んできたのか、レクリエーションなどではどのような役割についたのかなどの点を踏まえて入職後にどのような活躍ができるのかをアピールします。

仮に希望している施設や病院が前職では経験のない取り組みをおこなっており、そこに魅力を感じた場合はすでに勉強していることを伝えることが大切です。

ステップ3:なぜ転職をしようと思ったのか

転職の場合、なぜ前職を辞めたのかを伝えその上で希望している施設や病院に入りたいことを伝えるようにしましょう。

ここで注意するべき点として、ネガティブなことを伝えないようにしましょう。

仮にネガティブな理由で退職してしまったのだとしても、初対面の採用担当者からは「どこに行っても何をやっても愚痴を言ってしまう人」という印象がついてしまいマイナス評価になってしまうでしょう。

そんなときはポジティブに言い換えるようにして伝えましょう。
コツはスキルアップのための転職であることを伝えることです。

もっと多くのスキルを身につけたいと思ったから、携わったことのない仕事に挑戦したいと思ったから、などといった理由が良いでしょう。

ステップ4:就職した後に実現したいビジョンを書き出す

ビジョンを考えるにあたって、なぜあなたが介護士になろうと思ったのかを書き出すといいでしょう。

自分のやりたかったことを改めて考えることができます。

人の役に立つのが好きだ、などの理由も「なぜ」好きなのかを掘り起こしてみるとあなただけのバックグラウウンドが見えてくるのでビジョンを語りやすくなるでしょう。

そういったバックグラウンドはあなたが介護士として働くには十分説得力のある内容になるので採用担当者に熱意を伝えることができます。

以上の4つのポイントが志望動機を書く上で大切な点になります。

あまり理解できなかったという方は志望動機を恋愛に例えるとわかりやすいかもしれません。

恋愛に例えてみる

  • ステップ1:施設や病院の理念・方針を理解し共感できる点を探す

    ステップ1は好きな相手のどこが好きなのかを見つけます。
    ここで相手のどこが好きなのかを具体的に言えるとアピールしやすくなりますよね。

  • ステップ2:あなたの経験やスキル、どのようなことをしたいのか

    自分がどのような人間なのかを伝えて自分を積極的にアピールしましょう。

  • ステップ3:なぜ転職をしようと思ったのか

    元恋人となぜ別れたのかを伝えてあなたとは長続きすることをアピールできます。

  • ステップ4:就職した後に実現したいビジョンを書き出す

    具体的なゴールを示すと自分との将来を描きやすくなるでしょう。

このように置き換えて考えてみると非常にシンプルです。

しかし志望動機を1人で考えるのは難しい場合もありますよね。
そのような場合は1人で悶々と考えずに知り合いに話して見てください。

人と話すことで自分の知らなかったことに気づくことができる場合もあります。

しかし、自己分析を人に聞くことはなかなか難しい場合もありますよね。
そんな時に介護士専門の転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントでは登録した方ひとりひとりに担当者がついて、志望動機作成をアシストしてくれます。
>>介護転職におすすめの転職サイト・エージェント14選|選び方や口コミも解説

介護士の志望動機の書き方|注意点

ここでは志望動機を書く上での注意点を解説していきます。

ネガティブな退職理由は書かない

ステップ3でも記述した内容になります。
初対面の人の前で悪口を言う人に良い印象を抱く人はいないですよね。

このような場合はポジティブに言い換えることが重要になります。

給与や待遇面での希望

給与や待遇は気になりますよね。
しかし、志望動機に書いてしまうのはNGです。

「貴施設の給料が良くて~」などと書くと、
「この人は仕事内容には興味がないのかな」と採用担当者にマイナスの印象を与えかねません。

なので、給与や待遇面での希望などは書面には書かずに面接の際に聞くようにしましょう。

体調面

前職を体調不良で退職してしまった場合は、現在は完治しているということも伝えるようにしましょう。

仮に現在も通院中の場合は隠さずに話し、医師に許可を得ていることを伝えます。
そうすると採用担当者があなたの就業後のイメージをしやすくなるのです。

「学びたい」「勉強させてほしい」を繰り返す

勉強したいと思っていても伝えるのは控えるべきです。
というのも学びたいというのは受け身な態度であると認識される場合が多く、「学校と勘違いしている」と思われていま場合があります。

あなたは意欲を伝えるつもりだったのかもしれませんが逆効果になってしまう場合があるので注意してください。

職場はあくまでも学ぶ場ではなく働く場です。積極的に学ぶ姿勢より、積極的に働く姿勢をアピールしていきましょう。

志望動機と例文|経験別の場合

この章では実際に介護士に転職するために必要な志望動機を例文を踏まえて経験別に解説していきます。

未経験からの転職

未経験の者が採用担当者から見られるポイントは、やる気と人柄、将来性そして、社会人としての常識、いわゆるビジネスマナーが備わっているかどうかです。

実際に施設や病院での勤務経験がないので、即戦力としてのアピールはできませんが、積極的に業務に取り組む姿勢や素直さをアピールするとよいでしょう。

素直さはあなたが今後、先輩介護士の方に教えてもらった内容を自分の中に取り入れて成長することができることをアピールでき、結果将来性に期待指させることができます。

例文
わたしが貴施設に応募したのは、誰かの役に立ちたいという思いが強くなったからです。
現在、自宅で祖母が療養中なのですが、看病をしていて介護職に興味を持ちました。
そのため、貴施設の個人に寄り添うという介護理念にも深く共感致しました。

前職ではシステムエンジニアをしていたため、今後はより人と触れ合う機会を増やせると思うと非常に楽しみにしています。
未経験ではありますが、一生懸命心を込めて皆さんに接していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

新卒からの就職

新卒の方は社会人としても介護士としても経験がないため意欲や熱意を伝えることが重要になってきます。

そんな経験のない新卒の方に採用担当者が期待するポイントは笑顔と元気です。

元気な新卒介護士はご老人の方にはもちろん、他の介護士の方にも良い影響を与えるのです。
なのであなたの明るさや魅力をどんどん伝えましょう。

例文
私は以前から介護職に興味を持っていました。人の役に立つこと、困っている人を支えてあげること、そして笑顔にすることに生きがいを感じます。
そのため、ぜひとも介護士として働きたいと考えています。未経験ゆえに至らない所もあるかと思いますが、利用者の方々に明るく接することで一緒に元気に笑顔になっていけるような介護をしていきたいと思っております。

ブランクのある方の転職

結婚や介護などで介護士を離職してブランクがある方は、なぜ離職したのかと復職したい理由を伝えることで大切です。

また採用担当者は今の介護の現場をしっかりと理解しているのか、体力的に介護士として復職できるのかを見ています。

そういった不安を取り除くような志望動機を書くと共に、ブランク中の経験をどのように生かせるのかを書くと、採用担当者に好印象を与えるでしょう。

例文
出産と育児のため介護士を離職しておりましたが、子供が小学校に上がるため復職を決意しました。
離職中も復職のことを考え常に介護の情報に触れるようにし、出産後も体力が衰えないように運動を定期的に行ってきました。
また、育児をするとともに高齢者である母の介護も同時に行って参りました。介護の経験をすることもできましたし、全く問題なく復職できると思います。

志望動機と例文|雇用形態別の場合

正社員やパート、派遣社員などの雇用形態によっても施設や病院から求められるスキルは変わってきます。

正社員

正社員は責任感やコミュニケーション能力が備わっているかをチェックされます。

また、いままでの経験を具体的に書き、前職ではなぜ自分の介護ができないのかを明記することで、採用担当者に好印象を与えることができます。

例文
前職では利用者の多い施設にパートとして勤めていました。
仕事にはやりがいを感じておりましたが、ひとりひとりと向き合い利用者の意思を尊重する介護をしたいと考え始めていました。
貴施設の掲げる、ひとりひとりと寄り添い自立支援を促すという介護理念をHPで拝見し、貴施設で働くことで理想の介護ができると考えております。
また、利用者ひとりひとりと密に接するために正社員を志望しております。
前職では大勢の利用者を介護する機会が多かったためその経験を生かし、いずれはグループのまとめ担当としてひとりひとりに寄り添える介護士になります。

派遣社員

派遣社員の場合は、あなたと施設や病院の求める条件がマッチしていることが大切です。
そのため、志望動機は基本的には必要ありませんが、施設見学の際に施設や病院の希望するシフトでの勤務が可能か、介護士としての経験などを問われることがあるので回答を用意しておきましょう。

例文
介護経験は、出産前に介護施設で3年勤務しておりました。
妊娠と共に退職しておりましたが子供が小学校に上がるため卒業までの間は家庭と仕事の両立を考え派遣社員を希望しております。
子供の帰宅が16時になるので応募要項の勤務時間に対応できます。

パート・アルバイト

パート・アルバイト介護士の主な仕事は正社員介護士の補助業務になります。

またパートアルバイトの求人にはこれから資格を取得する方も歓迎している無資格歓迎の求人もあります。
そのような求人にはあなたの熱意を伝えることが大切になります。

さらに施設や病院の志望するシフトで勤務できるかどうか、当日欠勤がないかなども重視されます。

例文
アパレル職をしておりましたが人を助ける仕事をしたいという夢をかなえるために退職し、現在オンラインスクールで資格取得の勉強中です。
シフトは融通が利かせられますし当日にお休みをいただくことは少ないと思います。

志望動機と例文|施設の規模別の場合

施設の規模によっても求められるスキルが変わってきます。

ここではグループホームと特別養護老人ホームをそれぞれ見ていきます。

グループホーム

グループホームは認知症の高齢者を対象とした小規模施設です。
認知症の度合いは要支援2以上です。

1ユニットを9人と定めた少人数制で、認知症介護の知識と技術を持ったスタッフが常駐している必要があります。

例文
貴施設を応募した理由は、認知症介護の利用者をより丁寧にケアすることができると考えたからです。少人数だからこそできる、一人一人に寄り添った介護をすることによって、「どんな些細な変化も見逃さない」という貴施設の介護理念に則った行動を起こせると思っています。利用者が困っていることや助けを求めていることを、声に出さなくても汲み取れるように細心の注意を払っていけるように誠心誠意尽くしていくよう努力する次第です。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、介護老人福祉施設とも呼ばれています。こちらはグループホームとは違い公的な介護保険施設です。
受け入れる利用者は要介護3以上の高齢者で、10人を1つのユニットとして少人数の介護を行います。

特別養護老人ホームは終の棲家とも言われ、入居待機者が多いことが特徴です。

例文
私が貴施設を応募したのは、レクリエーションなどを積極的に行って利用者の方々に喜んでほしいと考えたからです。
代わり映えのしない日々を送っていると、気が滅入ってしまうこともあるかと思います。そのような時のためにより生活を充実したものにしてもらいたいと思い、少人数で楽しんでもらいやすい貴施設に応募させて頂いた次第です。

志望動機に困ったら介護士専門の転職プロに相談する

これまで志望動機を書くポイントや例文を解説してきましたが、自分の言葉で書かなければあなたのバックグラウンドをうまく伝えることはできません。

自分の言葉での志望動機が思いつかない場合は、介護士専門の転職サイトに登録してプロのアドバイザーに相談してみましょう。
アドバイザーは志望動機だけでなく、面接の練習や施設の特徴も調べてもらうことができます。

下記に介護士に特化した転職エージェントを紹介していますので、是非ご活用ください。

サービス名 公開求人数 総合評価 コメント
スマイルSUPPORT介護 約100,000件
求人数◎
キャリアアドバイザーによる
フルサポートあり!
マイナビ介護職 約30,000件
キャリアアドバイザーが
しっかりサポート
きらケア介護求人 約80,000件
求人数、対応地域◎!
無資格でも登録可能

▶︎横にスクロールできます▶︎

>>介護転職におすすめの転職サイト・エージェント14選|選び方や口コミも解説

介護士の志望動機の書き方|まとめ

ここまで介護士の志望動機の書き方について解説していきました!

志望動機に重要なポイント

  • なぜその施設や病院で働きたいのか
  • 働きたい施設や病院の理念や介護方針への共感
  • その施設や病院に貢献できる自分の経験やスキル
  • 入職した後で何をやっていきたいか

上記のポイントを意識して結論→根拠→具体例の順に書くことで採用担当者に伝わりやすい志望動機を書くことができるようになりますよ。

仮に一人で考えるのが大変な場合は介護士専門のアドバイザーに頼ることをおすすめします。
>>介護転職におすすめの転職サイト・エージェント14選|選び方や口コミも解説

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄