Lognavi(ログナビ)の評判・口コミ|利用者の本音をまとめて調査しました

「オンラインで就職活動ができるのだろうか」「サービスは丁寧なのだろうか」など、Lognavi(ログナビ)の評判が気になる方もいるのではないでないでしょうか。

転職活動をスムーズに進めるには、利用するサービスの評判や口コミを確認しておくことが大切です。

この記事ではLognaviを実際に利用した方の口コミや評判をもとに、メリット・デメリットや上手な活用方法などを解説します。

登録・利用の流れや求職者から多い質問なども、利用する際の参考にしてみてください。

記事の目次

Lognaviの評判・口コミ調査まとめ

lognavi

運営会社 株式会社アスパーク
本社所在地 〒530-0014
大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー10F
設立 2014年01月14日
対応地域 全国※オンライン対応
対応年代 20代30代40代50代
※制限は無し
職種 営業・販売・カスタマーサービスクリエイティブ/SE・ITエンジニア/エンジニア(設計・生産技術・品質管理)/IT・通信業界/Web・インターネット業界/機械・電気業界/化学・素材業界/旅行・エンタメ業界/マスコミ・広告業界/人材業界/その他
利用料金 無料
公式サイト https://www.lognavi.com/student

▶︎横にスクロールできます▶︎

Lognavi(ログナビ)は、日本初の動画就活アプリです。

日本在住の全学生(大学生・大学院・高専・専門・短大)が対象で、求人情報の閲覧から就活に役立つセミナーへの参加、応募企業との面談まで全てオンラインで完結できます。

Lognavi(ログナビ)の特徴
応募企業とWEB面接&面談が可能
オンラインチャットで進捗状況・キャリア相談などのやりとりができる
就活セミナーもオンラインで受講できる

メリット
  • 求人情報の検索・閲覧から面接までオンラインで対応できる
  • 就活にかかるコスト削減
  • 早期内定を獲得できる可能性が高い
デメリット
  • 対面に比べて得られる情報量が少ない
  • ネット環境が必須
  • 企業に自分を売り込みにくい

▶︎横にスクロールできます▶︎

 

Lognavi(ログナビ)は、2020年7月現時点で利用登録者数125,000人を突破しています。利用者が多ければ、「自分に合わない」と感じる人がいるのは当然のことだといえるでしょう。Lognaviの悪い評判は、そんな方たちからの意見でした。

お急ぎの方のためにLognaviの調査結果を先にお伝えしましたが、実際に登録するかどうか迷った方はぜひ最後まで読んでみてください。

記事の後半では、実際にLognaviを利用した方々からよくある質問や登録・利用の流れなども紹介します。

ぶっちゃけ話Lognaviは、「面接の移動費用・時間を抑えたい」「早い時期から就活を始めたい」という就活生におすすめです。

オンラインではなく、担当者と直接会って就活相談をしたいなら「リクナビ就職エージェント」、自己分析が丁寧なサービスを選ぶなら「doda新卒エージェント」なども併用してみましょう。

就職活動を円滑に進めるには、どのサービスを利用するかが重要です。自分に一番合ったサービスを選び、内定獲得を目指しましょう。

Lognaviの評判・口コミ調査

口コミアイコン
男性
面接や応募企業の担当者とオンラインでやり取りができることに魅力を感じ、Lognaviに登録しました。自作したPR動画を応募先の採用担当者に送れるのも、サービスを利用する魅力だなと思います。形式ばった面接では、伝えられることが限られてしまうので…。
口コミアイコン
女性
一般的な就活エージェントは対象学生が限定されていますが、Lognaviなら学年に関係なく早い段階から就職活動を行えます。早めに内定をとって、大学生活を謳歌したいと思います。
口コミアイコン
女性
何度かWEB説明会に参加しましたが、音が聞こえず動画も見られませんでした。問い合わせ先が分からなかったのですが、どうしたら良いのでしょうか。
口コミアイコン
男性
希望職種や業界をクリックしても、選択画面にならない。画面がカクカクして見づらいし、使いにくいのが残念。気になる企業と、気軽にメッセージのやり取りができるのは便利で良いんだけど…。
その他のレビューを見る
CareeReco(旧派遣reco)
平均評価:  
 0 レビュー
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

良い評判・口コミから分析|Lognaviを利用するメリット

良い評判・口コミを集めて分析したことで分かった、Lognaviを利用するメリットを3つにまとめたので、解説と裏付けとなる情報も紹介します。

Lognaviを利用するメリット

  • 求人情報の検索・閲覧から面接までオンラインで対応できる
  • 就活にかかるコスト削減
  • 早期内定を獲得できる可能性が高い

1.求人情報の検索・閲覧から面接までオンラインで対応できる

Lognaviを利用するメリットといえば、オンライン就活ができることではないでしょうか。求人情報の閲覧・応募はもちろん、説明会や面接なども自宅で完結できます。面接会場へ向かう手間と時間を省けることで、企業・業界研究や自己分析に必要なリソース不足を解消できます。

また、同サービスは応募企業の担当者とオンラインチャットでやり取りすることが可能です。職場の雰囲気や各部署の業務内容、スキルアップ支援の具体的な取り組みといった気になることを気軽に質問できます。

口コミアイコン
女性
オンライン就活なら、セミナーや説明会にも気軽に参加できるしチャットで質問もしやすい。自分の自宅からオンライン面接を受けられるので、リラックスして面接を受けられました。
口コミアイコン
女性
できるだけ多くの企業面接を受けたいと思い、初めてオンライン就活を利用しました。面接やセミナー会場への移動時間が省ける分、苦手意識のあった自己分析に時間をかけられるようになりました。

2.就活にかかるコスト削減

住んでいる場所や移動距離にもよりますが、就活では10〜15万円近い交通費がかかります。企業によっては交通費を負担してくれることもありますが、自腹のケースがほとんどです。

Lognaviは自宅でWEB面接を受けられ、頻繁に発生する説明会やセミナーに出向く必要がありません。そのため、交通費を大幅に削減でき時間を有効活用できます。

口コミアイコン
男性
面接にかかる交通費は自腹になることの方が多いので、オンラインで面接を受けられるのは本当に助かります。遠方にいてもネット環境さえ整っていればいつでも面接を受けられるので、わざわざ現地に行く必要もない。ただ、ネット接続が不安定だと途中で映像が途切れるのが残念…。
口コミアイコン
女性
研究室と就活の両立を考えると、隙間時間に気軽に利用できるオンラインの方が圧倒的に便利だと思う。企業面接や説明会会場への交通費って、地味に負担がかかる。就活中はあまりバイトができず生活にも響くので、できるだけ交通費は抑えたい

3.早期内定を獲得できる可能性が高い

一般的な就活のスケジュールは、「大学3年生5月サマーインターン募集→大学4年生6月本選考スタート」という流れが基本です。Lognaviは利用学年に制限を設けていません。

そのため、同サービスを利用すれば通常より早い段階で内定を獲得できる可能性も十分に考えられます。

 

早期内定とは
日本経済団体連合会(経団連)が発表している採用スケジュールよりも早い時期に、企業から内定をもらうことです。本選考が始まる大学4年生6月以前に企業から出た内定のことを「早期内定」といいます。
口コミアイコン
男性
大学2年生ですが、早いうちに就職先を決めて安心したかったので一般的なスケジュールよりも早く就活を進めています。自分の興味あるなしに関わらず、さまざまな業界・職種の面接を受けています。
口コミアイコン
女性
就活エージェントは、求人に応募できる学年が大学3年生以降の場合がほとんどですが、Lognaviは誰でも利用できるのが嬉しい。早いうちから企業・業界研究できるので、余裕を持って就活を進められそうです。

Lognaviは怪しい?|Lognaviのデメリット

「自分の魅力をアピールできているか心配」「得られる情報量が対面よりも少ない気がする」など、Lognaviの悪い評判を聞いたことはありませんか?

ここでは、利用者から寄せられている悪い口コミとデメリットに対する対策を併せて紹介します。

Lognaviを利用するデメリット

  • 対面に比べて得られる情報量が少ない
  • ネット環境が必
  • 企業に自分を売り込みにくい

1.対面に比べて得られる情報量が少ない

Lognaviは、企業説明会や面接など全てオンラインで行います。オンライン面談は対面とは違い、面接官の表情や目線の動きなど細かな動作から相手の反応を読み取るのが難しいものです。会話が円滑に進まないこともあり、受け取れる情報量が少なく応募企業の比較検討がしづらくなるかもしれません。

また、通信状態が不安定だと音声が途切れて話を聞き取れず、ミスコミュニケーションに繋がる可能性も考えられます。面接で聞きたい内容は、オンラインチャットで事前に確認しておき「面接で認識を擦り合わせる」状態にしておくと良いでしょう。

口コミアイコン
男性
僕の周りでオンライン就活が流行っているので、流れに便乗して登録していました。オンラインだと相手の表情から、「何を考えているのか」を読み取れず期待外れの回答をしていないか終始ヒヤヒヤしました。
口コミアイコン
男性
オンラインだと微妙な間があいて、変に気まずい雰囲気になることが多々ある。対面ならではの緊張感がないというか、オンラインだと気持ちがたるんであまり積極的に質問もできない。

2.ネット環境が必須

Lognaviを利用する場合は、ネット環境が必須です。キャリアや住んでいるエリア、対応機種によっても異なりますが、一般的なスマホ(LTE4G)の最大受信速度は75Mbps〜100Mbpsが目安となっています。

WEBセミナーや説明会に参加する場合は、安定して25Mbps以上の通信状態を確保できるWi-Fi環境を整えた方が良いでしょう。求人情報の閲覧・応募であればスマホやポケットWi-Fiででも問題ありませんが、動画を視聴すると容量オーバーになり速度制限がかかる可能性があります。

口コミアイコン
男性
自宅はネット回線を引いていない物件なので、普段はポケットWi-Fiを使っています。スマホやポケットWi-Fiで動画を見ると、すぐに通信制限がかかり動画が途切れ途切れになります。なので、面接は通信制限が解除される初月にまとめて入れています。
口コミアイコン
女性
一人暮らしでネット回線を引くのは費用的にきつい。オフラインだと移動費がかかる。先月、思い切ってネット回線を引きましたが家計にひびきます…。

3.企業に自分を売り込みにくい

自分を売り込む絶好のチャンスである面接は、採用の合否を左右する最も重大な局面です。面接官は、候補者の熱意やコミュニケーション能力といった人間性を見ています。

つまり面接では、面接官に対し自分の強みをいかにアピールできるかが重要です。表情が見えづらいオンライン面談は人柄を掴みづらく、自分の魅力を伝えづらいのかもしれません。

トークに自信のある方は、「自己PR動画」を利用するのも良いかもしれません。撮影時のポイントについては、後ほど詳しく紹介します。

口コミアイコン
男性
オンライン面談は抵抗があります。オンラインは淡々としているというか、うまく自分をアピールできない。それに、間のとり方もタイミングが掴めない。面接官と僕が同時に話し始めてしまい、気まずい雰囲気になった。
口コミアイコン
女性
初めてオンライン面談を試してみました。ネットの接続状況に問題があったと思うのですが、相手の声が途切れ途切れで話を聞き取りづらくどう答えれば良いのかタイミングが読めなかった。

Lognavi以外のおすすめ就活サービス

自己分析が丁寧だと評判の「doda新卒エージェント」や内定者のES集(エントリーシート )を無料で見られる「キャリアパーク就活エージェント」など、Lognavi以外のおすすめ就活サービスを紹介します。

1.リクナビ就職エージェント


rikunabi

おすすめ度:
公式サイト: http://job.rikunabi.com/agent/

「リクナビ就職エージェント」は、人材業界大手の株式会社リクルートキャリアが運営している新卒就活支援サービスです。専用アプリをダウンロードしておけば、紹介求人の閲覧や応募状況の確認、面接日のスケジュール管理なども管理できます。

また、同エージェントでは面接対策も万全です。経験豊富なアドバイザーが、実践的なアドバイスをくれるため質問に対してスムーズに答えられるようになります。

ただし求人の紹介や応募ができるのは、大学3年生・大学院1年生3月以降の方が対象です。対象者以外は、自己分析のやり方やES(エントリーシート)の添削といったサポートを受けられます。早い段階から就活準備を始めて、残りのキャンパスライフを満喫しましょう。

口コミアイコン
​女性​
​幼少の頃に一番嬉しかったことや大学時代に熱中したことなど、雑談を交えながら過去を深掘りしてくださり自分が大切にしている価値観を再認識できました。私の希望を聞くだけではなく、性格に合わせた職種や業界を提案してくださったのも嬉しかったです。


2.doda新卒エージェント


doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda-student.jp/

「doda新卒エージェント」は、株式会社ベネッセ i-キャリアが運営しているエージェントです。ベンチャーから大手有名企業まで、幅広い求人を豊富に用意しています。キャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれると口コミ評価が高く、早ければ登録後約1週間で内定を獲得することも可能です。

また、面接の合否理由がわかるのも同エージェントならではの特徴です。面接を通過できなかった理由を知ることで、反省点を次回の面接に反映できます。

口コミアイコン
女性
面接に合格しても不合格であっても、「どういった点が合格の決め手になったのか」「なぜ受からなかったのか」を丁寧にフィードバックしてくれました。不採用の理由を聞くのは不安だし怖かったけど、自分の改善すべき点ときちんと向き合うことで次の面接に活かすことができました。


3.キャリセン


careecen

おすすめ度:
公式サイト: https://careecen-shukatsu-agent.com/

「キャリセン」は、2020年6月時点での累計利用者数が6万人を突破している人気就活支援サービスです。出版や医療、観光業など、幅広い業界・職種の求人を数多く保有しています。

また、履歴書の書き方やES(エントリーシート)を通過するためのノウハウ、面接対策といったサポート体制も万全です。完全無料の個別相談が人気で、新卒採用市場を熟知したコンサルタントのアドバイスは面接にも役立つでしょう。

キャリセンでは、内定を獲得した先輩のESを見ることも可能です。内定者のESには、どうすれば企業に必要な人材だと思ってもらえるかを考えるヒントが詰まっています。

口コミアイコン
​女性​
​書類審査で落とされることが多かったので、ES(エントリーシート)添削と内定者の例文を見させてもらえたのが大きな収穫でした。自分の何をアピールすれば企業に「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるのかを、考えるきっかけになりました。


4.キャリアチケット


careerticket

おすすめ度:
公式サイト: https://careerticket.jp/

「キャリアチケット」では、入社後のキャリアを見据えた就活サポートを目指しています。給与や残業の有無、やりがいや経営理念への共感など就活の軸は人によってさまざまです。同エージェントでは、カウンセラーが雑談で緊張をほぐしながら自己分析を行い適正に合った職種・業界を提案してくれます。

さらに、キャリアチケットは求人情報には記載されていない企業情報についても教えてくれると口コミでも高評価です。事前に社内の雰囲気や具体的な業務内容などを把握しておけば、入社後のミスマッチが少なく済みます。

口コミアイコン
女性
私の担当者が出版業界出身ということもあり、希望通りの大手出版社に就職することができました。企業の実情や採用市場にとても詳しく、エントリーシートや履歴書の書き方も丁寧に教えてくださいました。


5.キャリアパーク就活エージェント


careerpark

おすすめ度:
公式サイト: https://careerpark-agent.jp/

「キャリアパーク就活エージェント」では、年間約1,000名以上の面談を行うアドバイザーが内定までを丁寧にサポートしてくれます。同エージェントでは、内定を決めた利用者のES集を見られるサービスが好評です。

過去の例文を参考にしながらES(エントリーシート)を作成すれば、応募書類も通過しやすくなるしょう。ES集だけでなく、面接力診断や自己分析、志望動機作成ツールといった就活に役立つ資料も充実しています。

口コミアイコン
男性
担当者の対応がめちゃくちゃ良くて、「◯◯さんだったら、こういう職種も合うと思いますがいかがですか?」と積極的に提案してくれたのが本当に嬉しかったです。何でも相談できる担当者がいてくれたおかげで、安心して就活に打ち込めました。

Lognaviの登録・利用の流れ

Lognaviを利用するには、アプリ(iPhoneAndroid)のインストールが必要です。

会員登録の手順は下記の通りです。サービスを上手に活用するためのポイントも、併せて紹介します。

1.会員情報を登録
2.求人検索・履歴書作成
3.履歴書作成
4.WEB説明会・面接
5.内定

1.会員情報を登録

Lognaviのアプリをダウンロードし、必要事項を入力します。会員登録画面で入力する内容は下記の通りです。

  • メールアドレス
  • 名前
  • 性別
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 学校種別
  • 学部学科
  • 卒業予定月
  • スキル・資格
  • 写真
2.求人検索

検索画面から、興味のある職種を選択あるいは企業名を入力して、求人情報を検索・閲覧できます。

希望条件に合う求人があったら、「この会社にエントリーする>エントリーする」の順番でボタンをクリックしてください。興味のある職種や業界がない場合は、給与や勤務地から調べてみるのも良いかもしれません。

すぐに応募するわけではないけれど検討したい、という場合はハートマックをタップするとお気に入り登録もできます。

3.履歴書作成

エントリーのタイミングで、WEB履歴書も作成しましょう。

テキストと一緒にエントリームービーを提出すると書類選考の通過率が一気に上がります。エントリームービーはアメリカの企業で導入されている採用方法の1つです。

近年は日本でも、エントリームービーを新卒採用に取り入れる業界が増えています。

4.WEB説明会・面接

エントリーが終わると、企業の採用担当者からメッセージが届きます。WEB説明会・面談日を調整しましょう。

面接の前は、友人や家族に頼んでネット接続に問題がないかテストを行うことをおすすめします。面接では、面接官の声が聞き取りやすい静かな場所を選んでください。

ツールが正常に動作しない、音声が聞こえないといったトラブルが起こる可能性も考慮し、事前に面接担当者の連絡先を確認しておいた方が安心です。

5.内定

WEB面談が終了してから1週間前後で、面接担当者から採用合否の連絡が届きます。内定が決まったら、入社日や勤務条件など細かな内容を確認しましょう。

Lognaviに関するよくある質問

Q1.登録しても迷惑メールがくることはありますか?
Q2.他の学生にプロフィールは見られないか不安です。
Q3.セミナーの音声と映像が途切れた場合は再参加できますか?
Q4.大学を卒業していますが利用できますか?

Q1.登録しても迷惑メールがくることはありますか?

いいえ、メルマガや迷惑メールが配信される心配はありません。

Q2.他の学生にプロフィールは見られないか不安です。

Lognaviに登録した際のプロフィールは、企業のみが閲覧できます。

また、選考が決まりスカウトを受け取りたくない時にはスカウトの設定をOFFにすることも可能です。

Q3.セミナーの音声と映像が途切れた場合は再参加できますか?

はい、可能です。アプリを再起動すると、回線が安定する場合があります。

Q4.大学を卒業していますが利用できますか?

Lognaviは新卒者専用サービスとなっているため、大学を卒業された方はご利用いただけません。

Lognaviの利用がおすすめなひと

Lognaviは、早期内定を狙っている方におすすめです。対象学年に制限がなく、頑張り次第では経団連が公表している就活スケジュールよりも早い時期に内定を獲得できるかもしれません。

また、会社説明会や面接などもオンラインで完結でき、移動時間や交通費をカットできます。遠方に住んでいる方も、同サービスを積極的に利用してみてください。

オンライン就活を活用する時の5つのポイント

1.気になる情報は面接前に確認しておく

給与や年間休日日数、スキルアップ支援の有無など、勤務条件に関する疑問点は面接前に確認しておきましょう。

限られた時間の中で、自分の魅力をアピールし面接官に「一緒に働いてみたい」「もっと話を聞いてみたい」と思ってもらえるかが重要です。

また、アンサーファーストを心掛けてください。アンサーファーストとは、「昨日の夜は何を食べましたか?」と聞かれたら「カレーを食べました」というように、相手の問いに結論から答えるというものです。

アンサーファーストを日頃から徹底して意識することで、「質問内容を忘れてしまった」「話したいことがまとまらない」ということが減り、会話を円滑に進められるようになります。

2.服装・背景に気を付ける

対面面接と同様、男性なら黒や濃紺のスーツに白いワイシャツ、女性はブラウスを着用しましょう。男性はネクタイも必ず付けてください。ネクタイは派手な色や柄は避け、ブルーもしくはグレー系がおすすめです。

アパレルやIT系業界の中には、服装自由とするケースもあります。Tシャツやパーカーなどは避け、シャツにカーディガンを合わせた清潔感のあるオフィスカジュアルがおすすめです。

また、家電や装飾品などが画面に映らないよう、壁紙やカーテンの前で面接を行うのがベストです。ポスター程度であれば、話のとっかかりになり雰囲気が和む可能性もあります。

3.面接5〜10分前にはスタンバイしておく

身嗜みを整え、面接開始の5分前には指定されたURLにアクセス(入室)しておきましょう。ネット環境の状態によっては、企業から指定されたURLに接続できるまでに時間がかかる場合もあります。

4.スマホの電源は切る

スマホは電源を切るか、マナーモードにしておきましょう。面接中に着信音やメッセージ音が鳴ると、話が中断するだけでなく社会人マナーがなっていないと判断されてしまう可能性もゼロではありません。

5.自己PR動画を活用する

WEB履歴書にアップロードする、自己PR動画の撮影目安時間は1分30秒がベストです。話が長すぎると、相手は「何を言いたいのかわからない」と感じストレスに感じてしまいます。

志望理由や入社後の抱負、自分の強みを簡潔に伝えましょう。先ほどお話したアンサーファーストを意識し、「結論→理由」の順番で話すのがポイントです。

Lognaviの評判・口コミまとめ

この記事では評判・口コミとそれをもとにした、Logavi(ログナビ)のメリット・デメリットや登録方法などをまとめて紹介しました。

Lognavi(ログナビ)の特徴
応募企業とWEB面接&面談が可能
オンラインチャットで進捗状況・キャリア相談などのやりとりができる
就活セミナーもオンラインで受講できる

 

Lognaviは、時間に縛られず就職活動を行えます。ネット環境さえ整っていれば、WEB説明会に参加できたり、企業との面接を受けられたりできるのが魅力です。

ただし、自己分析や履歴書添削といったサポートは受けられないため、就活サービスを併用した方がスムーズに就活が進むかもしれません。

就活エージェントを比較しながら自分に合ったサービスを見つけたいという方は、下記の記事を参考にしてみてください。
就活エージェントのおすすめ12社を紹介【2020年完全保存版】