CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

MR転職を考えているが、MRへの転職は実際可能なのか。MRになるためにすべきことを知りたい。

上記のような疑問や悩みを抱えている方がいるでしょう。この記事では、MRを目指す方におすすめの転職エージェントをランキングでご紹介し、更にはMRの仕事内容からMRになるために必要なことなど、MRに関する情報を網羅的にまとめています。

最後まで読んでいただくと、着実に転職活動を行うことができ、あなたの目指す理想のMRへと就職できるでしょう。興味のある方はぜひ参考にしてください。

記事の目次

MRにおすすめの転職エージェントをランキングでご紹介(目的別)

ここでは、MRにおすすめの転職エージェントをご紹介します。気になった転職エージェント1つに登録するだけでなく、2,3社複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。理由は以下の通りです。

転職決定者は約4.2社の転職エージェントを利用
実は転職を見事成功させた人ほど複数の転職エージェントを利用していることがリクルートの調査により確認されています。

【転職エージェント利用社数】

転職決定者 平均 4.2 社
全体 平均 2.1 社

複数の転職エージェントを利用することが転職成功につながる理由は2つあります。
1つ目の理由は非公開求人の存在です。特に総合型転職エージェントの場合、そのエージェントでしか見ることができない独占の非公開求人を扱っています。複数の転職エージェントに登録することで多くの非公開求人を見ることができ、自分の可能性を広げることができます。
2つ目の理由は自分に合った転職エージェントを見つけやすくなることです。実際に複数の転職エージェントに登録して利用してみることによって、転職エージェントとの相性を実際に感じることができます。
転職活動を成功させるためには、自分に合った転職エージェントを見つけることがとても重要なので、その後の転職活動をより効率的に進めるためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

1.どのMR経験者にもおすすめな転職エージェントランキング

ここでは、MR経験者のどの方にもおすすめな転職エージェントをご紹介します。

1位:キャリアカーバー


キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。MRのハイキャリア求人だけでなく、事務や営業、事業開発など様々な業種の求人を紹介してくれます。年収800万円から2000万円の好条件求人を中心に扱っている転職エージェントで、現職よりもかなり良い条件の職場で働ける可能性があります。

MR経験のある方は特に転職が行いやすく、担当のヘッドハンティングがスキルや職歴に適した仕事を紹介してくれるので、入社後のマッチング率も高い魅力があります。

しかし、通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

口コミアイコン
40代男性(営業 / 年収900万円台)
キャリアカーバーのサービスは驚くほど質が良かったです。自分で優秀なコンサルタントを選べて、企業に関する幅広い情報を詳しく教えてくれるなど手厚いサポートをしてくれます。そのおかげで万全の対策ができ、面接に臨めます。年収の高い求人が多いので、それ相応に求めている人物像の理想は高くなります。


2位:パソナキャリア


パソナキャリア

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。

人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
20代女性(マーケティング / 年収500万円台)
キャリアアドバイザーが現実的なキャリアプランを提示してくれたことが印象に残っています。
現在だけでなく数年後にさらなるステップアップを目指した転職を考えることができる転職活動のアドバイスをいただけました。
最初は紹介された求人が少なく、不安を感じましたが、最終的には自分に合った求人を吟味していただいたうえでの提案でしたので大変感謝しています。


3位:リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、MRを含む様々な業種の案件を掲載している転職サイトです。担当のキャリアアドバイザーもMRに詳しい方がいるため、MRの転職事情や未経験から転職するアドバイスなど、心強い味方になってくれます。

好条件が多く、他の転職サービスでは紹介されない非公開求人と呼ばれる求人もかなり保有しているので、あなたに適した職場が見つかるでしょう。

ハイキャリア転職を視野に入れている方やMR転職に強い専門的な転職を考えている方は、各分野に特化した転職サービスに複数登録し利用することをおすすめします。

口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


4位:doda


doda

MR転職でおすすめの転職エージェント、dodaです。MR求人を数多く扱っており、MRの経験を活かしてキャリアアップを目指すことやMRから異業種への転職など、どの手段としても活用できる転職サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


5位:リクナビNEXT


リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートキャリアが運営する転職情報サイトです。転職者の8割が利用していて、求人の量も膨大です。

さらに、扱っている求人の8割以上がリクナビNEXTのみにしか掲載されていない限定求人のため、登録しておくと他で出会えない求人を見つけることができます。

また、転職活動を成功に導いてくれるようなコラムや、直接企業からオファーをもらえるスカウトサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収500万円台)
良かったところは、求人企業数が多く、他のサイトには載っていない大企業も掲載されている為、自分のスキルや資格に合わせて企業を探すことができたことです。また、様々な条件で検索ができるので、探しやすくサイトも閲覧しやすかったです。自己PRやエントリーシートを使って書類選考を求める企業が多い為、迅速に面接試験まで進むことができました。大企業が多いため他人との差別化は必要だと思いました。


6位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。

企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

2.大手製薬会社希望の方におすすめな転職エージェントランキング

ここでは、大手製薬会社への転職を希望している方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1位:doda


doda

MR転職でおすすめの転職エージェント、dodaです。MR求人を数多く扱っており、MRの経験を活かしてキャリアアップを目指すことやMRから異業種への転職など、どの手段としても活用できる転職サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

2位:マイナビエージェント


マイナビエージェント

マイナビエージェントは人材業界でかなり大手の転職エージェントです。事務や営業など職種は様々で、MRの案件も数多く扱っています。未経験からでも働ける職場案件が多く、新しい業界に挑戦したい方におすすめです。

20代・30代からの評判が高く、「転職相談」「求人紹介」「面接対策」「書類添削」など充実したサポートを受けることができるので、初めての転職でも安心して進めることができるでしょう。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

3.高年収・ハイキャリア転職におすすめの転職エージェントランキング

MRやMR以外でハイキャリアを目指す方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1位:キャリアカーバー


キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。MRのハイキャリア求人だけでなく、事務や営業、事業開発など様々な業種の求人を紹介してくれます。年収800万円から2000万円の好条件求人を中心に扱っている転職エージェントで、現職よりもかなり良い条件の職場で働ける可能性があります。

MR経験のある方は特に転職が行いやすく、担当のヘッドハンティングがスキルや職歴に適した仕事を紹介してくれるので、入社後のマッチング率も高い魅力があります。

しかし、通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

口コミアイコン
40代男性(営業 / 年収900万円台)
キャリアカーバーのサービスは驚くほど質が良かったです。自分で優秀なコンサルタントを選べて、企業に関する幅広い情報を詳しく教えてくれるなど手厚いサポートをしてくれます。そのおかげで万全の対策ができ、面接に臨めます。年収の高い求人が多いので、それ相応に求めている人物像の理想は高くなります。

2位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。

企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

3位:リクナビNEXT


リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートキャリアが運営する転職情報サイトです。転職者の8割が利用していて、求人の量も膨大です。

さらに、扱っている求人の8割以上がリクナビNEXTのみにしか掲載されていない限定求人のため、登録しておくと他で出会えない求人を見つけることができます。

また、転職活動を成功に導いてくれるようなコラムや、直接企業からオファーをもらえるスカウトサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収500万円台)
良かったところは、求人企業数が多く、他のサイトには載っていない大企業も掲載されている為、自分のスキルや資格に合わせて企業を探すことができたことです。また、様々な条件で検索ができるので、探しやすくサイトも閲覧しやすかったです。自己PRやエントリーシートを使って書類選考を求める企業が多い為、迅速に面接試験まで進むことができました。大企業が多いため他人との差別化は必要だと思いました。

4.女性MRにおすすめの転職エージェントランキング

ここでは、女性MRにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

1位:パソナキャリア


パソナキャリア

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。

人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

口コミアイコン
20代女性(マーケティング / 年収500万円台)
キャリアアドバイザーが現実的なキャリアプランを提示してくれたことが印象に残っています。
現在だけでなく数年後にさらなるステップアップを目指した転職を考えることができる転職活動のアドバイスをいただけました。
最初は紹介された求人が少なく、不安を感じましたが、最終的には自分に合った求人を吟味していただいたうえでの提案でしたので大変感謝しています。

2位:type転職エージェント


type転職エージェント

type転職エージェントは首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件を主に取り扱っています。

実は1994年から運営している老舗エージェントです。年収アップにこだわった転職エージェントで非公開求人が豊富なので、一度利用してみてもいいかもしれません。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収400万円台)
type転職は転職エージェントの老舗企業だと聞いていたので、自分に合った転職先を探し出してくれるのではないかと期待して登録しました。
非公開求人の取り扱い量がとても多かったです。type転職の求人は、質にもこだわっているようで、紹介してくれた企業はしっかりとした企業ばかりでした。

自分が出した条件には、厳しいものがありましたが、そこを見事にクリアしてくれて転職先を見つけてくれたので、type転職を利用して良かったなと感じました。

5.薬剤師資格を活用したい方におすすめの転職エージェントランキング

ここでは、薬剤師資格を活用したい方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1位:薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

最短即日で最大10件の求人を紹介するなど、スピード感のある対応が人気で、非公開求人も紹介してくれます。また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。

ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案もらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。求人もすぐに何件か提案してくレました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。

2位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、20代や30代に人気のマイナビが運営する薬剤師さんに特化した「エージェント型」転職サイトです。全国15拠点の薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さです。

利用者満足度No.1も獲得しています。また、紹介件数は平均19.5件と他と比べても多く、選択肢が多い方が嬉しい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるので、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。

サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、とても探しやすいのではないでしょうか。定期的に転職相談会も実施しているので、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。
そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。

3位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師さんのための「エージェント型」転職サイトです。転職相談満足度96.5%と満足度が高く、求人数も約60,000件。

グループ会社には、日本調剤株式会社があり、教育のノウハウがしっかりしているため、登録者はしっかりとした教育環境を利用できることも大きな魅力です。面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。

「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているので、転職はまだ具体的に考えていない方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。

6.MR未経験におすすめの転職エージェントランキング

ここでは、未経験からMRへ転職を希望している方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1位:doda


doda

MR転職でおすすめの転職エージェント、dodaです。MR求人を数多く扱っており、MRの経験を活かしてキャリアアップを目指すことやMRから異業種への転職など、どの手段としても活用できる転職サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

2位:マイナビエージェント


マイナビエージェント

マイナビエージェントは人材業界でかなり大手の転職エージェントです。事務や営業など職種は様々で、MRの案件も数多く扱っています。未経験からでも働ける職場案件が多く、新しい業界に挑戦したい方におすすめです。

20代・30代からの評判が高く、「転職相談」「求人紹介」「面接対策」「書類添削」など充実したサポートを受けることができるので、初めての転職でも安心して進めることができるでしょう。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

7.異業種への転職希望におすすめの転職エージェントランキング

MRから異業種へ転職を考えている方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1位:doda


doda

MR転職でおすすめの転職エージェント、dodaです。MR求人を数多く扱っており、MRの経験を活かしてキャリアアップを目指すことやMRから異業種への転職など、どの手段としても活用できる転職サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。

※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

2位:リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、MRを含む様々な業種の案件を掲載している転職サイトです。担当のキャリアアドバイザーもMRに詳しい方がいるため、MRの転職事情や未経験から転職するアドバイスなど、心強い味方になってくれます。

好条件が多く、他の転職サービスでは紹介されない非公開求人と呼ばれる求人もかなり保有しているので、あなたに適した職場が見つかるでしょう。

ハイキャリア転職を視野に入れている方やMR転職に強い専門的な転職を考えている方は、各分野に特化した転職サービスに複数登録し利用することをおすすめします。

口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

どのMR経験者にもおすすめな転職エージェント
大手製薬会社希望の方におすすめな転職エージェント
高年収・ハイキャリア転職におすすめの転職エージェント
異業種への転職希望におすすめの転職エージェント
女性MRにおすすめの転職エージェント
薬剤師資格を活用したい方におすすめの転職エージェント
MR未経験におすすめの転職エージェント

 

MRを目指す方が知っておきたいポイント

ここでは、MRを目指す・興味がある方に向けて、MR転職で抑えておくべきポイントをご紹介します。どんな仕事でどのくらいの年収感なのか知ることで、求人の基準など判断できるようになります。ぜひ参考にしてください。

そもそもMRとは何か

MRとは、所属している製薬会社の医薬品が適切に使用してもらえるように、医薬品の情報を提供する仕事を行う人たちのことを言います。

MRとは、メディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)の頭文字をとったもので、医薬品メーカーの医薬情報担当者のことをいいます。 MRは、製薬会社の顔として医療従事者を訪問し、医薬品に関する情報を提供することと、自社の医薬品に対する品質、有効性、安全性といった臨床現場(PMSなど)での使用情報を収集することが主な仕事です。

引用:エリートネットワーク – 正社員専門の転職エージェント

MRの仕事内容

MRの業務内容は製薬会社における営業や広報などがメインとなっています。医療現場で使用される医薬品の効果や副作用など、医薬品に関する情報を集めることや、医療現場からもらったフィードバックを会社に伝えて、製品の向上や改善を目指す評価担当者としての役割もMRの仕事です。

もちろん専門的な知識が必要ですが、それ以外にも最新医学の情報やデータなど、常に新鮮な知識を身に着けることも仕事の1つです。勉強することが多いため、勉強が苦手な方にとっては大変な働き方でしょう。

イベントの企画・実施に関わる機会もある

MRのお仕事で、時々講演会などのイベントに出席する機会があります。

  • 企画として医師に医薬品の説明やPRを依頼する
  • MR自信が医師に向けて自社製品の説明をする

開催される頻度は少ないですが、医療業界には必要な仕事なので、もし機会があったら全力で取り組みましょう。

MRの平均年収

MRの平均年収は、dodaの「平均年収(生涯賃金)ランキング【最新版(2019年)】」調べによると658万円とのデータがでています。

2019年度のdodaのランキングでは、平均年収の高い職種として第7位にランクインしています。他の職種と比較してもかなり平均年収の高い仕事であるため、キャリアアップや収益アップを目指している方にもおすすめの職業です。

順位 職種 平均年収
1位 投資銀行業務 843万円
2位 運用(ファンドマネジャー/ディーラー) 720万円
3位 内部監査 709万円
4位 戦略/経営コンサルタント 679万円
5位 業務改革コンサルタント(BPR) 678万円
6位 営業ー医薬品メーカー 659万円
7位 MR 658万円
8位 知的財産/特許 657万円
9位 プロジェクトマネジャー 656万円
10位 会計コンサルタント/財務アドバイザリー 647万円

実はMR業界は売り手市場

MRの業界は人材が流動的になっているため、常に人手不足の企業が多い傾向にあります。また、若手や優秀なMRに対する企業の求人需要が高いこともあり、転職市場的にはそこまで難しくない業界です。

もちろん、人手が足りないからと言って無資格の方を採用するわけにもいかず、企業と求職者の間でジレンマが起きているのが現状です。

このような背景もあり、理系だけでなく文系出身のMRも多くいます。未経験からの転職は難易度が高いですが、挑戦する価値がある業種なので、気になる方はぜひ目指してみましょう。

MRを目指すための方法

MRを目指す方法として、以下の2つの手段があります。

  • 製薬会社にMRとして転職する
  • CSOにコントラクトMRとして転職する

基本的には、製薬会社にMRとして転職・入社することがおすすめですが、応募資格がなかったり選考に落ちてしまった場合などを考慮して、CSOにコントラクトMRとして転職する方法もご紹介しました。以下でそれぞれ解説します。

製薬会社にMRとして転職する

MR転職を検討されている方は、こちらの「製薬会社にMRとして入社」する方法をおすすめしていますが、完全未経験からの採用はかなり厳しいのが現実です。

面接時に医療業界やMRでの実務経験を問われることが多く、実績など見られることが多々あります。

もちろん、全ての企業が実務経験を見ていることはなく、未経験からの募集をかけている企業もありますので、諦めずに挑戦してみましょう。

CSOにコントラクトMRとして転職する

製薬会社への転職・入社が厳しいと感じたら、「CSOにコントラクトMRとして転職する」方法も検討しましょう。この方法も正直に言えば、未経験からの転職が厳しいのが現状ですが、まだ採用可能性が高いです。

コントラクトMRは製薬会社に所属しているMRとほとんど同じ業務内容で、医師や医療従事者に対して医薬品情報や自社製品の情報提供を行います。

待遇や勤務条件なども通常のMRとあまり差がないため、製薬会社のMRを希望していた人でも不満を抱くことなく務めることができるでしょう。

製薬会社のMRをどうしても諦められない方は、ここで経験や実績を積んで再度転職活動をすることをおすすめします。

コントラクトMRとは
コントラクトMRとは、Contract Sales Organization(CSO)の略で、製薬会社にMRを派遣したり、医薬品の営業・マーケティング活動のアウトソーシングサービスを提供したりする企業に所属するMRのことです。雇用形態はCSOに所属する社員で、一般的な派遣スタッフとは異なります。

MR転職で利用すべき転職エージェントの選び方

ここでは、MRの求人を選ぶとき、見ておくポイントをご紹介します。相性などもありますが、以下の点を抑えておくと、求人選びで失敗する可能性がグッと低くなるでしょう。

1.求人の保有・掲載数

MRの職業に限らず、転職エージェントを選ぶポイントは保有している求人数を見ることです。求人数が多いことは、それだけで仕事選びの選択肢が増えます。

他の方にとっては興味の出ない、もしくは条件が合わない求人があったとしても、あなたにとってぴったりな仕事かもしれません。

目的が決まっていて、利用する転職エージェントが決まっている方はそのまま進めていただいて良いと思いますが、迷っている方は大手転職エージェントなど求人数が多いサービスを利用すると良いでしょう

2.サポート体制

転職エージェントでは、基本的に「求人紹介」から「面接対策」などサポート体制が充実しています。しかし、無料で利用できる分、転職エージェントによってサービスの内容が少し異なることがあります。

面接でどのようなことに気を付けるのか・どんなことを伝えれば面接に通りやすいのか、担当のキャリアアドバイザーが面接対策してくれるサービスがあったり、中には単純に面接練習をするだけの場所があったりと、質はバラバラです。

無料相談もできますので、登録前に説明をしっかり受けて、あなたに適した転職エージェントを見つけ出しましょう。

MRを目指す方は転職エージェントの利用がおすすめ

MRを目指す方は、転職エージェントを利用することがおすすめです。理由としては、「求人紹介」や「キャリア相談」などの充実したサポートを無料で受けることができるからです。

  • 1.質の高い求人を探せる
  • 2.適切なキャリアを提案してもらえる
  • 3.転職エージェント独自の非公開求人を知ることができる
  • 4.業界特化型のサービスでサポートが充実

1.質の高い求人を探せる

転職エージェントでは、数多くの求人が掲載されています。もちろんハローワークでも求人が掲載されていますが、転職エージェントではより質の高い求人情報を見ることができます。転職エージェントを運営している企業があらゆる分野の企業と連帯しており、条件交渉や求めている求人像をヒアリングして、質の高い求人を集めています。

年収の高い職場や成長スピードの速い企業の求人もあるので、ただ転職するだけでなく、キャリアアップを目指すことが可能です。MRは総合転職エージェント以外にも、薬剤師系に特化した転職エージェントも利用できるので、幅広い求人を見て、あなたにぴったりの仕事を見つけ出しましょう。

2.適切なキャリアを提案してもらえる

転職エージェントの中には、エージェントサービスを設けている場所もあり、担当の方に転職サポートをしてもらうことができます。その中でも「転職相談」のサポートは初めて転職をする方にとって大変ありがたいサービスで、あなたに適した企業やスキルを活かせる企業など的確な転職アドバイスをしてくれます。

今後どのようにキャリアを積んでいくべきか明らかにすることで、転職活動の方向性も分かりますので、ぜひ利用することをおすすめします。

3.転職エージェント独自の非公開求人を知ることができる

転職エージェントでは、独自に保有している非公開求人があり、公開されている求人では見ることのできなかった好条件の求人を探すことができます。

MRは未経験からでも転職できる企業が多くあり、条件も他の業界より良い傾向にありますが、妥協したくない方は、複数の転職エージェントに登録して非公開求人情報を数多く集めることをおすすめします。

非公開求人とは

多くのエージェント型転職サイトや派遣会社は非公開求人を紹介してくれます。企業名や募集の詳細などが一般には公開されていない隠れた企業に出会えることは、転職サイト・派遣会社を利用する上でのメリットとなります。

なぜ企業は人材を募集しているにもかかわらず求人を非公開にしているのか気になる方が多いと思います。

その理由は主に2つ。
1つ目は事業戦略を踏まえての非公開です。新規事業などで急遽人員を募集する場合や、極秘プロジェクトのための特定の分野で人員を募集している場合は、企業側は人員募集を公にすることを拒む場合があります。

2つ目は採用活動の効率化のためです。求人を掲載して応募が来るのを待っている時間がない場合や、逆に求人を公開すると応募が殺到してしまい対応しきれなくなってしまうことを避けたい場合、企業は人材サービスを利用した非公開求人として人員を募集します。

こうした背景から、非公開求人は大企業や有名企業の求人や、特定の分野の自分に合った求人を見つけやすいので、積極的に担当者から紹介してもらいましょう。

4.業界特化型のサービスでサポートが充実

転職エージェントでは、業界に精通した担当者があなたに適した求人を紹介してくれたり、業界に特化したサービスを提供してくれたりと、特に専門職領域でのサポートが充実しています。また、業界に特化した求人を掲載しているだけでなく、業界・業種別の転職対策などしてくれるのでとても心強いです。

対策内容も具体的で、「どんな質問でどのような返答で落ちたのか」「過去のデータからどんな傾向の人が合格しているのか」など実績と共に教えてくれるので、より効率の良い転職活動をすることが可能です。気になる方は、登録など無料ですので、気軽に利用してみましょう。

転職エージェントをより効果的に利用する11のポイント

事前準備は入念にしておく

「転職したい!」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。一番手間と時間がかかる事前準備。エージェントに頼ってみたり、転職エージェントのコラムを読みながら準備を進めましょう。

転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる

また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。年収をあげたい、雇用形態を変えたい…などです。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。

事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは複数登録しておきましょう。複数の転職エージェントに登録することで、以下のサポートを受けることができます。

複数のサイトに登録する理由
  • 求人を比較できて選択の幅が広がる
  • 用途によって使い分けることができる
  • 各エージェントの独占求人や非公開求人を網羅できる
  • 担当者を比較できる

比較して使いやすいと思った転職エージェントを使うという心構えでいることが大切です。登録のおすすめは、先に紹介した転職エージェントからを2~3社登録することです。そうすることで総合評価の高いサイトと自分にとって価値のある求人を持つサイトを比較することができます。

連絡は素早く・こまめに(最低2週間に1回)

転職エージェントは企業から依頼を受けると、データベースの中から条件を絞って応募者を探していきます。この時に更新日の新しい順番(連絡が新しいもの)から優先的に案件を紹介しています。

連絡が遅いとなぜ優先されないのか
更新日が古い=連絡をとっていないというアルゴリズムになっています。連絡をとっていないということはすでに派遣先を決めた可能性が高いと判断されてしまうので、連絡は素早く・こまめに取りましょう。

就業開始時期は「良いところがあればすぐにでも」

担当者との面談では必ず希望の時期を聞かれます。その場合には少し時間をかけて仕事を探したい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職エージェントでは売り上げ目標を設定しているため、担当者は日々契約に追われています。そのため、時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに派遣で働きたい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

業界情報や転職市場の状況を聞く

転職エージェントを利用して面談を行ってもらう際には、営業職の業界や転職市場がどのような状況なのかを聞くようにしましょう。業界・市場の状況を知ることで、本当に今転職するべきなのかを改めて検討することが出来ます。

さらに業界の状況がわかれば、職場を選ぶ際に合理的な選び方をすることができるようになるのでおすすめです。

職場のリアルな情報を教えてもらう

転職エージェントを利用する際には、面談で職場のリアルな情報を教えてもらうことを意識しましょう。求人情報や企業の採用情報を見ているだけでは知ることが出来ない職場の内部情報を知ることができるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットの1つです。

このような詳細な情報を知るためには、キャリアアドバイザーが実際に職場を調査している転職エージェントを利用するようにしましょう。

経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

希望条件は優先順位や理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。より自分の希望を叶える求人を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当者に共有することが重要です。

なぜなら担当者はその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数の転職エージェントから応募しないように注意しましょう。さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。

企業側から「他の転職エージェントからも応募がある」と担当者に連絡が入ってしまう恐れがあります。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。「推薦文」とは企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

担当者によっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう

担当者に情を持たない

担当者に情を持って接してはいけません。仮に担当者に対して合わないと感じた場合に変更しずらくなってしまい良い会社が見つからなくなる恐れがあります。

そのためシビアな目をもって担当者を見るようにしましょう。

【MR】転職エージェントの登録・利用の流れ

リクルートドクターズキャリアを利用するにはまずはWebから申し込む必要があります。また、申し込み後の手順は下記のとおりです。しっかりと活用するためのポイントも併せてご紹介いたします。

1.転職支援サービスに申し込む
2.個別面談
3.求人案内
4.面接日程調整、条件交渉
5.入職

1.転職支援サービスに申し込む

まずは、転職エージェントの登録フォームから申し込みます。申し込みでは下記のような内容を入力します。

  • 氏名
  • 希望勤務地
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 専門科目
  • 医師免許取得年
  • 転職希望時期
  • コンサルタントへの相談事項

登録フォームを使われる場合はこちらの情報を記入していただいて1分ほどで登録終了です。

2.個別面談

登録完了後、担当コンサルタントの方から連絡がきますので、まず面談をします。面談は直接会社に訪問するか、訪問が厳しければ電話での面談でも対応が可能です。現在の勤務状況にもよりますので、希望の面談方法を担当コンサルタントの方にお伝えください。

面談では、転職先に対する希望条件を伝えます。ここでヒアリングした内容をもとに求人を案内してもらうので、遠慮なく仰って下さい。少し厳しいめの条件でも一旦伝えてみて、担当コンサルタントの方と一緒に調節することがオススメです。

3.求人紹介

面談でヒアリングした内容をもとに求人を紹介してもらいます。気になった求人があれば、応募をお願いしましょう。もし紹介される求人が希望に沿わないものばかりだったら、もう一度希望条件を担当コンサルタントの方と確認してみましょう

4.面接日程調整・条件交渉

興味を持った求人が見つかれば、担当コンサルタントの方に面接の日時の調整や待遇面などの条件交渉をしてもらいます。面接には担当コンサルタントが同行するケースもあります。

選考書類の作成や面接に自信がない場合は、書類作成や模擬面接などもしてくれる場合もありますので、是非気軽に希望を伝えてみてください。もし仮に面接に落ちた場合でも、担当コンサルタントの方が人事の担当者にフィードバックをいただいているため、次の面接に向けての対策が可能です。

5.入職

面接も無事受かり、出された条件に満足頂ければ、いよいよ入職になります。入職後も担当コンサルタントによるサポートは受けられますし、疑問や不満に感じたことなど自分から会社に言い出しにくい事がある場合は担当のコンサルタント経由で対応が可能です。

MR転職でよくあるQ&A

MRという職業に関して、転職事情や仕事など良く分からないことが多いと思います。そのような方たちから寄せられた質問内容をQ&A方式でまとめました。これからMR転職を考えている方は参考にしてください。

Q1.MRに必要な資格は何ですか?

MRとして働くためには、「MR認定証」という資格が必要です。このMR認定証は誰でも取得可能な資格ではなく、製薬会社やCSOに在籍している人と制限があります。

センターの教育研修施設で基礎教育300時間を受講し修了認定する方法や、製薬企業またはCSO(MR派遣業)で導入教育を受講し修了認定する方法などありますので、詳細など「MR認定制度:MR認定制度について:公益財団法人MR認定センター(旧財団法人医薬情報担当者教育センター)」のページをご覧ください。

Q2.異業種からの転職は珍しいですか?

異業種からMRへ転職する方は少なくありません。現在のMR業界は売り手市場の傾向にあり、また人材不足も伴って、未経験からMRになる方が多いです。

職場に入社したら、前職が薬剤師だったり医療関係の業種でなかったりと様々な人がいます。専門的な仕事ではありますが、未経験から挑戦することは可能ですので、興味のある方はぜひ転職の検討をしてみましょう。

Q3.MRからの転職で多い業界はどこか?

MRの職業から異業種へ転職する方で多いのは、「人材業界」や「金融業界」です。

その背景としては、MRの仕事で培われた人脈構築能力やプレゼン能力、学習能力やコミュニケーション能力などを活かせる業界だからです。全く異なる業種でも、今まで身に着けたスキルを活かして活躍している方が多い印象です。

Q4.MRとMSの違いは何ですか?

簡単に違いを説明しますと、MRは「医薬品の情報提供をするお仕事」で、MSは「医薬品の販売を行うお仕事」です。その他にも違いがありますので、以下の項目を見て参考にしてください。

MR
  • 業務内容:医薬品の情報提供
  • 医薬品の営業:なし
  • 取引商品:自社製品
  • 専門知識:専門的な医療知識
MS
  • 業務内容:医薬品の販売
  • 医薬品の営業:あり
  • 取引商品:幅広い商品
  • 専門知識:医療知識だけでなく、他業界の知識も必要

Q5.今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

可能です。具体的な転職時期が定まっていない方の登録も受け付けているので、転職を少しでもお考えの方は早めに登録しておきましょう。早めに登録しておくことで、より多くの求人を紹介してもらえます。

さらに、長くかかわることで強い信頼関係をキャリアパートナーと構築できるので、よりマッチ度の高い求人を紹介してもらうことができます。

Q6.紹介された求人は応募しないことも可能でしょうか?

紹介された求人に応募しないことももちろん可能です。応募したくないものについてはきっぱりと断りましょう。転職エージェントと価値観が合わないと、あなたが求めていたものと違う求人ばかり紹介されてしまうということもあるかと思います。

そういった場合はなぜその求人ではだめなのか、絶対に譲れない条件などをなるべく具体的に伝えましょう。そうすることで、希望の転職先を紹介してもらいやすくなっていきます。

Q7.キャリアアドバイザーは変更できますか?

専任のキャリアアドバイザーの変更をお願いすることも可能です。職種や業界、地域によっては変更が難しいこともありますが、あまりに合わない場合は変更をお願いしてみるのもいいかもしれません。

転職エージェントによって変更の方法が異なり、変更を受け付けていないサービスもあるので注意してください。

MRにおすすめの転職エージェントランキング まとめ

MRを目指す方やMRから異業種への転職を考えている方は、転職エージェントの利用が本当におすすめです。MRに限りませんが、転職活動をする上で「求人の情報収集」や「面接対策」、「書類添削」や「キャリア相談」など、業界に精通しているキャリアアドバイザーと一緒に進めることが成功の近道です。

この記事でご紹介した転職エージェントに複数、最低2社登録しておくことで、今後の転職活動をスムーズに行うことができるでしょう。

関連記事として「【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較」もおすすめなので、興味のある方はご覧ください。

どのMR経験者にもおすすめな転職エージェント
大手製薬会社希望の方におすすめな転職エージェント
高年収・ハイキャリア転職におすすめの転職エージェント
異業種への転職希望におすすめの転職エージェント
女性MRにおすすめの転職エージェント
薬剤師資格を活用したい方におすすめの転職エージェント
MR未経験におすすめの転職エージェント

 

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄