CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました


「飲食業界への転職はどうすればいいの」
「転職エージェントを使うといいって本当?」

このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職エージェントを使うことで転職成功の確率が大幅に上がります。
しかし、「なんとなく」で選んでしまうとブラック企業を紹介されたりといったことになってしまいます。

そうならないためにも本記事では、転職業界に携わる筆者が飲食業への転職におすすめの転職エージェントの選び方や利用方法を紹介します。

この記事を読めば、自分がどのような転職エージェントを利用するべきか分かるようになりますよ。

最後まで読まずに、今すぐ転職先を知りたいという方はこちらからどうぞ

ここをクリック
  1. リクルートエージェントマイナビエージェントJACリクルートメントの全てに無料登録する
  2. 複数のサービスを利用して比較する
  3. 自分にあったサービスを継続利用する

記事の目次

まずはここに登録!飲食業におすすめの転職エージェント

これから飲食業におすすめの転職エージェントを選ぶポイントを紹介しますが、その前におすすめだけ知りたい方向けに求人数が多く、利用者アンケートから総合評価が高いおすすめのサイトをご紹介します。

さらに詳しく知りたい方はこのまま読み進めてくださいね。

業界大手!求人数総合型転職エージェント
リクルートエージェント ロゴ
求人案件数No.1
転職サイトでも有名

公式サイト→


業界最大手の
転職エージェント
高い満足度

公式サイト→

飲食業の転職エージェントを選ぶ3つのポイント

飲食業にも様々な職種があり、エージェントごとに取り扱っている求人もバラバラなので、あなたの希望の職種を取り扱っている転職エージェントを利用することが最も大切です。

そこで、本章では、転職エージェントを選ぶポイントをご紹介します。

求人数が多い

まずは求人数の多い転職エージェントを選ぶようにしましょう。
理由として、数多くの求人を見ることができるので

  • あなたの希望にあった求人を見つけやすい
  • 多くの求人の中から比較検討ができる
  • いろいろな求人を見ることで希望職種の幅が広がる

といったことが上げられます。

飲食業に詳しいキャリアコンサルタントがいる

転職エージェントを利用するメリットとしてキャリアコンサルタントからの転職サポートが挙げられます。
しかし、キャリアコンサルタントのレベルによって転職サポートの質が大きく変わってきます。
中には飲食業への知識がないキャリアコンサルタントもいるので注意しましょう。

対策としては、十分なサポートが受けられないコンサルタントは交代を申し出ましょう。

自分が希望する職種を取り扱っている

絶対にこの職種に就きたいと考えている方は、あなたが希望している職種を取り扱っている転職エージェントを選択しないと無駄に求人を見てしまうということになります。

まず、転職において何を重要視するのかを分析して求める条件と合っている求人を絞ってみることをお勧めします。

飲食業の転職におすすめの総合型転職エージェント10選

ここからは飲食業の転職でおすすめのエージェントを転職のプロ視点とユーザー視点で「メリット・デメリット」「求人数」「サポート力」を比較して、厳選した総合満足度の高い転職エージェントをランキング形式で紹介します。

前章で紹介した3つの選び方のポイントを抑えた転職エージェントですのでこの中から複数登録してみましょう。

複数の登録がおすすめの理由>>

1位:リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)


2位:doda


doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)


3位:マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。求職者をサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)


4位:JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:

公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

公開求人数 3,300件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)


5位:Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、飲食業専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)


6位:パソナキャリア


パソナキャリア

おすすめ度:

公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手の中でも特にキャリアコンサルタントを得意としています。サポートの手厚さやフォロー体制に表れる親身な対応が評判の転職エージェントです。
人材派遣領域で業界最大手の「パソナ」が運営しているため、そこでの取引実績を活かした他にはない求人があります。「利益よりも社会貢献」を重要視する社風のため、転職者への親身なサポートに注力しており、個々に合わせたキャリアコンサルタントが実現されています。

書類添削や面接対策も丁寧との評判も多いので、親身なサポートを受けたい方におすすめな転職エージェントです。

公開求人数 39,500件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)


7位:ビズリーチ


ビズリーチ

おすすめ度:

公式サイト: https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く、ハイクラス向け転職エージェントです。

他のサービスとは異なり、ヘッドハンティングを受けるためのサービスという特徴があります。約12万件を超える求人が公開されており、その求人の3分の1が年収1,000万以上の経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人です。
企業から直接スカウトがくる仕組みなのでマッチング度合いが高く、利用者の8割以上がスカウトから転職を成功しています。

効率的かつ高い成功率の転職活動ができる可能性があるので、現在の年収が500万円以上で中長期的に優良案件をじっくり狙いたいという方には是非一度登録してみることをおすすめします。

公開求人数 128,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)


8位:ランスタッド


ランスタッド

おすすめ度:

公式サイト: https://www.randstad.co.jp/professionals/

ランスタッドは世界39か国、日本でも136拠点で人材ビジネスを展開する世界最大級の総合人材サービス企業です。
日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外転職や外資系転職に強みがあり、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼を活かした優良求人が多数あります。

また、ランスタッドのハイクラス転職は、年収800万円以上の求人が80%を占めていて、現在最前線で活躍中の20代後半〜30代のこれからハイクラスを目指したい方にはおすすめです。


9位:ハタラクティブ


ハタラクティブ

おすすめ度:

公式サイト: https://hataractive.jp/

ハタラクティブは、第二新卒・新卒・既卒・フリーターなど、20代若手層に特化している転職エージェントです。

これまでに約15万人をサポートした実績もあり、未経験OKの求人も2000件以上持つため正社員未経験の方でも就職までしっかりサポートしてもらえます。
求人数は多くないですが、情報の質が高く、実際に取材した企業のみ掲載しているため、職場の雰囲気や仕事内容もしっかり把握、きちんとした求人を紹介してくれます。

内定率は80.4%、就職後の定着率は90%以上と、正社員を目指したい方はハタラクティブに登録するのがおすすめです。


10位:type転職エージェント


type転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件を主に取り扱っています。
実は1994年から運営している老舗エージェントです。年収アップにこだわった転職エージェントで非公開求人が豊富なので、一度利用してみてもいいかもしれません。

公開求人数 9,500件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)

おすすめの総合型転職エージェント|まとめ

順位 転職エージェント名
1位 リクルートエージェント 詳細はこちら
2位 マイナビエージェント 詳細はこちら
3位 JACリクルートメント 詳細はこちら
4位 doda 詳細はこちら
5位 Spring転職エージェント 詳細はこちら
6位 パソナキャリア 詳細はこちら
7位 ビズリーチ 詳細はこちら
8位 ランスタッド 詳細はこちら
9位 ハタラクティブ 詳細はこちら
10位 type転職エージェント 詳細はこちら

飲食業の転職におすすめの特化型転職エージェント4選

次は飲食業界に特化したおすすめの転職エージェントを4社紹介します。

総合型転職エージェントと合わせて登録することであなたの希望の求人を見つけやすくなりますよ。

cookbiz


cookbiz

cookbizは飲食専門のキャリアコンサルタントが運営する飲食業に特化した転職エージェントで、全国に求人を取り扱っています。

求人は、オーナーシェフのお店や、今話題のおしゃれなお店、調理技術がアップするお店や大手飲食業など多岐に渡り掲載されています。

また、スカウト機能を導入しており、あなたの履歴書を閲覧した企業やお店からスカウトがくるためよりあなたのスキルにあうような求人やお店を見つけることができるでしょう。
スカウト時はあなたの個人情報は匿名で企業には表示されるので、万が一にも職場にばれる心配はありません。

公式サイト:
https://cookbiz.jp/

Foods Labo


Foods Labo

Foods Laboは首都圏・関西の飲食業界に特化した求人を取り扱う転職エージェントです。

ボーナス・賞与あり、昇給制度あり、社宅・寮完備など様々な条件で検索が可能で、取り扱っている求人も優良求人が多いことが特徴です。

年間5,000名の転職相談実績をもち、飲食業界特化型の転職エージェント満足度第一位を獲得しています。

公式サイト:
https://foods-labo.com/

itk


itk

飲食業界での転職支援実績を多く持つキャリアコンサルタントが大手企業との太いコネクションを活かし、あなたにあった希望の転職先を紹介してくれます。

求人数は1万件を超え、飲食業界に特化した選好対策も充実している転職エージェントです。

公式サイト:
https://i-t-k.co.jp/

エフジョブ


エフジョブ

店長、幹部候補、マネージャー、料理長など様々な職種の求人を取り扱っており、店舗の業態も和食やイタリアン、中華、スイーツなど豊富に取り扱っています。

飲食店に特化したキャリアコンサルタントがあなたの転職を成功させるための徹底したサポートをしてくれるので、転職に不安のある方にはおすすめの転職エージェントです。
公式サイト:
https://www.fs-job.net/

飲食業界特化型の転職エージェント|まとめ

転職エージェント名
cookbiz 詳細はこちら
Foods Labo 詳細はこちら
itk 詳細はこちら
エフジョブ 詳細はこちら

飲食業の転職で転職エージェントを利用する理由

ここまでおすすめの転職エージェントを紹介しました。

転職サービスには「サイト型」と、今回ご紹介したような「エージェント型」に分けられます。

そこで本章ではなぜエージェント型を勧めるのか、理由をご説明します。

勧める理由

  • 転職サイトだとブラック企業を選択してしまう懸念がある
  • キャリアコンサルタントからのサポートが受けられる

転職サイトだとブラック企業を選択してしまう懸念がある

飲食業界は長時間労働や薄給、月の休みの少なさが問題視されることが多い業界です。

そのような業界であるために、自分で求人を選ぶ転職サイトですと、ブラック企業に入社してしまう懸念がでてきます。

しかし、転職エージェントだと求人情報についての詳しい情報をキャリアコンサルタントから聞くことができるため事前にどのような会社かを知ることができます。

そうすることで、人間関係や労働時間などの情報を聞くことができ、ブラック企業に入社する確率がぐっと低くなります。

しかし、中にはてブラック企業を紹介してくるようなキャリアコンサルタントがいることも事実ですので、ご自身でもブラック企業かどうかを調べる力を身に着けることも必要になります。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

キャリアコンサルタントからのサポートが受けられる

ご自身で転職をすると、

自己分析(何をしたいのか)
求人探し
企業調査(ブラック企業に入らないために)
履歴書や職務経歴書の作成(質の高いものを作成)
面接対策
面接日の日程調節

といった作業を行う必要があります。

日々の長時間業務やなかなか休みがもらえないといった飲食業界では、通常業務と合わせてこれらの作業を行うことが大きな負担になってしまいます。

しかし、転職エージェントを利用することで、

受けられる転職サポート
  • 完全無料で転職サポートを利用できる
  • 希望を伝えると求人を探して紹介してくれる
  • 求人先企業を詳しく教えてくれる
  • 面接の日程の調整や給料交渉などを行ってくれる
  • 推薦状を出してくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 複数の内定をいただいた場合、代わりに断ってくれる
  • 現職の退職アドバイスを行ってくれる

といったサポートを受けることができるので、あなたの転職に対する負担が大きく減ります。

また、キャリアコンサルタントと2人3脚で転職をすることで、1人のときよりも質の高い転職を行うことが可能になります。

飲食業界での転職エージェントをより効果的に利用する11のポイント

事前準備は入念にしておく

「転職したい!」という強い思いがあるうちに、事前準備を済ませておきましょう。
一番手間と時間がかかる事前準備。エージェントに頼ってみたり、転職エージェントのコラムを読みながら準備を進めましょう。

転職活動における事前準備
  • 自己分析をしておく
  • 優先順位を考える
  • 転職活動の見通しを立てる
  • 資金計画を立てる

また、転職の目的に優先順位をつけることも大切です。年収をあげたい、雇用形態を変えたい…などです。自分のキャリアや将来についても考えてみてください。

転職活動に時間がかかればかかるほど資金的にも精神的にも余裕がなくなりやすいです。

事前にしっかり資金計画と転職活動の見通しを立てることで、不安を取り除いておきましょう。
焦って転職してしまうと、自分の希望とはかけ離れた就職になりかねません。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは複数登録しておきましょう。
理由としては

複数のサイトに登録する理由

  • 求人を比較できて選択の幅が広がる
  • 用途によって使い分けることができる
  • 各エージェントの独占求人や非公開求人を網羅できる
  • 担当者を比較できる

比較して使いやすいと思った転職エージェントを使うという心構えでいることが大切です。

登録のおすすめは、先に紹介した転職エージェントからを2~3社登録することです。
そうすることで総合評価の高いサイトと自分にとって価値のある求人を持つサイトを比較することができます。

連絡は素早く・こまめに(最低2週間に1回)

転職エージェントは企業から依頼を受けると、データベースの中から条件を絞って応募者を探していきます。
この時に更新日の新しい順番(連絡が新しいもの)から優先的に案件を紹介しています。

連絡が遅いとなぜ優先されないのか
更新日が古い=連絡をとっていない
というアルゴリズムになっています。連絡をとっていないということはすでに派遣先を決めた可能性が高いと判断されてしまうので、連絡は素早く・こまめに取りましょう。

就業開始時期は「良いところがあればすぐにでも」

担当者との面談では必ず希望の時期を聞かれます。

その場合には少し時間をかけて仕事を探したい場合にも「良いところがあればすぐにでも」と伝えることをおすすめします。

理由は良い求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職エージェントでは売り上げ目標を設定しているため、担当者は日々契約に追われています。
そのため、時期はまだ考えていない…などと答えてしまうとすぐに派遣で働きたい方と比べると優先順位は低くなってしまいます。

また、人気のある良い求人は非公開で応募が終了してしまうことも多いので、優先的に紹介してもらえるようにアピールしましょう。

業界情報や転職市場の状況を聞く

転職エージェントを利用して面談を行ってもらう際には、飲食業界や転職市場がどのような状況なのかを聞くようにしましょう。

業界・市場の状況を知ることで、本当に今転職するべきなのかを改めて検討することが出来ます。

さらに業界の状況がわかれば、職場を選ぶ際に合理的な選び方をすることができるようになるのでおすすめです。

職場のリアルな情報を教えてもらう

転職エージェントを利用する際には、面談で職場のリアルな情報を教えてもらうことを意識しましょう。

求人情報や企業の採用情報を見ているだけでは知ることが出来ない職場の内部情報を知ることができるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットの1つです。

このような詳細な情報を知るためには、キャリアアドバイザーが実際に職場を調査している転職エージェントを利用するようにしましょう。

経歴やスキルは正直に伝える

一般的に登録情報ややり取りの内容は情報が残ります。後から「話が違う‥」などとなってしまうと虚偽報告をする人物として紹介してもらえる求人が限られてくる場合もあります。

入社後にご自身のスキルに合わない仕事を任されてしまった…などといったことがないようにするためにも正直に伝えることをおすすめします。

また、経歴や希望条件をまとめておくと、複数の転職エージェントを利用する場合にもスムーズに共有できますし、中身の濃い面談が受けられます。

希望条件は優先順位や理由を伝える

面談の前には希望条件をリストアップしましょう。

より自分の希望を叶える求人を見つけるためには、あなたの考えをしっかり担当者に共有することが重要です。

なぜなら担当者はその希望条件をもとにあなたに合った求人を探し、紹介してくれるからです。

あなたの考えがきちんと共有できていないと的外れな求人ばかりを紹介されたり、担当者のサポートに対する意欲が下がってしまうことがあります。

そのため事前にリストアップし、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査していくことで、あなたにあった求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

同じ案件には複数の転職エージェントから応募しないように注意しましょう。

さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと企業側も転職エージェント側も混乱させてしまいます。

企業側から「他の転職エージェントからも応募がある」と担当者に連絡が入ってしまう恐れがあります。

また、両者に不信感を与えることにもなりかねませんので、場合によっては選考へ進めなくなったり、その企業に再応募することはもちろん転職エージェントからも良い求人は紹介されなくなってしまうでしょう。

推薦文は確認させてもらう

転職エージェントは企業にあなたのことを紹介するときに履歴書・職務経歴書と一緒に、「推薦文」を書いて送っています。

「推薦文」とは企業にあなたのことを紹介する書類です。企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、きちんと確認しておきたいところです。

担当者によっては職務経歴書をそのまま書いているだけだったりと企業側へのアプローチをしてくれないところもありますので、「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的にみてどのような評価なのか知りたい」などと伝え、どのような推薦文となっているか確認しておきましょう。

担当者に情を持たない

担当者に情を持って接してはいけません。仮に担当者に対して合わないと感じた場合に変更しずらくなってしまい良い会社が見つからなくなる恐れがあります。

そのためシビアな目をもって担当者を見るようにしましょう。

ここまで転職エージェントを利用するメリットや効果的に利用する方法を紹介しました。

次章では実際に転職を成功させるためのコツをご紹介します。
本章での内容と合わせて大切なことになるのでよく読むようにしましょう。

飲食業への転職を成功させるためのコツ

志望動機を明確にする

なぜ飲食業を希望しているのか」志望動機を明確にすることで求人を探す時に探しやすくなります。

また面接でも聞かれることが多い内容で、ここをしっかりと自分の言葉で落とし込むことができているかどうかによって、面接官に与えられる印象が大きく変わってきます。

もし思いつかないときは転職エージェントの担当者に相談してみましょう。
プロからの適切なアドバイスを受けることができます。

応募先の企業について熟知しておく

応募先の企業についてはサービス内容や理念などをしっかりと熟知するようにしましょう。

飲食業はお客様と接するウェイターやお客様の食事を作るコックなど様々な職種がありますが、お店のコンセプトや理念によってその顔色は大きく変わってきます。

例えば、「誰もが気軽に帰ってくる場所」をコンセプトに経営しているお店であればアットホームな雰囲気やお客様との距離の近さが求められます。

また、スペインや中国料理といった国をコンセプトで経営しているお店であれば、それ相応のスキルや経験が求められるでしょう。

そのため事前に応募先の企業について知ることであなたの働く姿を想像することができ、就業におけるミスマッチも防ぐことができるため、応募先企業については熟知しておきましょう。

自分の市場価値を理解する

自分の市場価値を理解することでどのレベルの求人に応募することで就職率が高いのかを正しく分析することができます。

例えば、長年スペイン料理店で働いていた場合は、よりランクの高い高級スペイン料理店を目指すといった職探しでの戦略が見えてきます。

自分の市場価値が分からない場合は転職エージェントを利用してみましょう。

担当者に求人レベルと給与額を提示してもらうことで、どのレベルがどれくらいの給与かを把握することができ、自分のポジションを客観的に把握することができます。

第一印象で好感を与えられるようにする

人は見た目が9割という言葉を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

実は心理実験によって導き出されたメラビアンの法則という心理効果から1人歩きしてこのようにざっくりと伝えられているのです。

メラビアンの法則
メラビアンの法則とは1971年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学者アルバートメラビアンが提唱した概念のことです。
感情や気持ちを伝えるコミュニケーションを取る際に、言葉と態度や表情が矛盾していた場合、どんな情報によって印象づけられるのか」を検証したものが下記の割合によって示されました。

  • 視覚情報(見た目、しぐさ、表情、視線):55%
  • 聴覚情報(声のトーン、大きさ、口調、スピード):38%
  • 言語情報(言葉そのものの意味、会話内容):7%

例)楽しいという言葉をつまらなそうな態度や表情でいった場合

上記のように表面での情報による印象付けが9割を超えているため、日本では人は見た目で9割の印象付けがされるという言葉が広まったのです。

また初頭効果によって最初に与えられた印象はその後も同様な印象与え続けることになります。

初頭効果
人間にとっては最初に受けた印象がその後の印象にも影響を与えやすいという心理効果のこと。
例)第一印象が優秀な人が一回ミスをしても許されやすい。
これは逆もしかりなのです。

そのため第一印象が好感のもてるものであれば就職後も安心して働くことができるでしょう。

しかし、第一印象がいまいちの場合はいくら素晴らしい信念を語っても7%しか伝えることができません。そして第一印象は出会って3秒間で印象づけられます。

このように第一印象がとても大切なため、面接の際はしっかりとした服装で清潔感を与えるようにしましょう。

第一印象をよくするテクニックとして下記に紹介しておきます。
すぐに身に着けることができるテクニックなので参考にしてみてください。

第一印象をよくするテクニック

  • 笑顔で話す

    笑顔は相手に安心感を与え好印象を与えます。
    逆に常に真顔の方は近寄りがたいという印象を与えてしまいマイナスに作用するので気を付けましょう。

  • 姿勢

    猫背や前かがみは自信がない人という印象を与えてしまいます。

  • ゆったりとした動作で

    ゆったりとした動作は相手に落ち着きを与えることができるでしょう。
    せかせかした動きは落ち着きのない人、せわしない人などの印象を与えます。

  • 鼻をみて話す

    話す時に目を見て話すことは正しいように思われますが、目をじっと見つめる行為は自分が探られていると警戒される恐れがあります。

    また、全く目を合わせないのは自信がないという印象を与えます。
    そのため、鼻がベストなポジションだと言われています。

第一印象で好感を与えることは大きなメリットになるのでぜひ実践してみましょう。

飲食業への転職でよくある質問と回答

  • 転職サイトとの違いは?
  • なぜ無料で使えるの?
  • 登録後の流れはどのようになりますか?
  • 自己PRはどのように言えばいいですか?
  • 転職サイトとの違いは?

    転職サイトはあくまで求人が掲載されている場でしかなく、そのため自由度は高いですが、あなたに合った求人探しや応募後の対応も自分でしていく必要があります。
    一方、転職エージェントには下記のような特徴があります。
    転職エージェントの特徴
    • 提出書類の準備・面接対策などをサポートしてくれる
    • 転職のプロがご自身にあった企業を紹介してくれる
    • 非公開求人を紹介してくれる
    • 企業の人事担当者・経営者層とのつながりがあるので交渉ができる
    転職エージェントの支援を受ける場合には、面談やキャリアコンサルタントとのやり取りがありますので、少し面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
    特に転職についてまだ具体的に考えているわけではないという方には「転職サイトで気になる求人を見つけたら、転職エージェントを使って応募する」という方法もおすすめです。
    具体的に転職を考えている方には、間違いなく転職エージェントをメインに使用することをおすすめします。

    なぜ無料で使えるの?

    転職エージェントはあなたが入社すると企業から紹介料を受け取っているからです。紹介料はあなたが入社した場合に支払われる年収の数%に当たる金額とされることが多いため、あなたがお給料の良い就職先に入社することは転職エージェントにとってもメリットなのです。

    ただし、あなたが転職しなければ利益にならないので、無理な提案をするエージェントもいる可能性があります。このページ内で紹介するような評判の良い転職エージェントを選んだり、複数のエージェントを比較することでそのような転職エージェントに騙されないように注意しましょう。

    登録後の流れはどのようになりますか?

    1.転職エージェントのサービス登録ページから登録する
    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)
    3.担当者によるキャリアカウンセリング
    4.求人を紹介してもらう
    5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう
    6.面接対策を受ける
    7.内定と退職手続きのサポート

    1.転職エージェントサービスの登録ページから登録する

    各転職エージェントの公式ページから登録します。

    ※転職サイトや派遣登録サイトなど紛らわしいサービスがいくつかあります。きちんとサポートも受けられる転職エージェントサービスの登録ページかどうか確認してから登録しましょう。

    登録時に個人プロフィールや職務経歴などを具体的に入力しておくと後で話しがスムーズに進みます。

    申し込みが完了すると「完了メール」が届くので、確認しておきましょう。

    2.キャリアカウンセリングの日程調整(電話もしくはメール)

    登録後は数日以内に連絡があります。

    連絡の内容はざっくりとした「転職希望時期」「希望する職種や業界」「希望年収」などの確認とキャリアカウンセリング面談の日程調整です。

    10分ほどの簡単なヒアリングですが、明確な希望条件がある場合にはここできちんと確認しておきましょう。

    3.担当者によるキャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングはエージェントのオフィスに訪問する場合や指定の場所にきてもらう、電話のみで対応などの方法があります。

    初回の面談では現在のご自身の状況やご希望のヒアリングと転職市場など企業側の状況を整理し、考えをまとめていきます。

    主に話題になるのは下記のような内容です。

    • 最新の転職市場についてレクチャー
    • ご自身のキャリアの棚卸
    • 転職理由のヒアリング
    • 転職するうえでのご希望条件の整理
    • ご自身の強みの棚卸

    キャリアカウンセリングではプロの意見をききながら、ご自身の考えを整理できるので、転職活動において次にするべき行動やご自身の強みが分かります。

    転職をお考えの方はまずはキャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

    4.求人を紹介してもらう
    キャリアカウンセリングの内容をもとに 担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。
    最初は30件近く紹介されることもあり、思ってもみなかった大手の求人や個性的な魅力のある中小企業、新たに挑戦できそうな職種などさまざまな提案があるかもしれません。
    各転職エージェントごとに紹介される求人はことなりますので、比較してみましょう。
    5.書類選考の対策・準備をサポートしてもらう

    気に入った求人があれば職務経歴書や履歴書の準備をします。エージェントサービスのユーザーページにはサンプルもありますので参考にしましょう。

    作成から添削までエージェントにアドバイスをもらうこともできます。場合によっては直接面談しながらアドバイスを受けることもできます。

    職務経歴書は複数の選考で利用できますので、積極的に意見をもらって、しっかりとご自身をアピールできるものを作り上げましょう。

    完成したものはエージェントが推薦文を添えて企業側に提出してくれます。エージェントに推薦文を確認させてもらうことも可能です。担当のエージェントが熱意をもってしっかりアピールしてくれているかが分かりますので、確認させてもらいましょう。

    書類選考には通常一週間程度かかり、選考結果も転職エージェントから知らされます。

    6.面接対策を受ける

    書類選考通過後の面接日程調整もエージェントが代行してくれます。

    模擬面接も可能ですので不安な方はお願いしてみましょう。その他にも面接官のタイプやどのような質問をされる可能性が高いのかなども教えてくれます。

    面接の結果もエージェントから知らされます。不採用の場合は理由もヒアリングしてくれるので、次に活かすこともできます。

    7.内定と退職手続きのサポート

    内定の連絡もエージェントから知らされます。

    内定後はエージェントが「年収の交渉」「入社までのスケジュール調整」「退職までの手続きサポート」なども行ってくれます!

    どれもあまり経験のない手続きだとおもいますので、エージェントの支援を受けましょう。

    自己PRはどのように言えばいいですか?

    あなたの持つ専門性の高いスキルや経験、現場での実績を伝えるようにしましょう。

    また、具体的に伝えることができる項目は数字などを用いることでよりいい自己PR文になります。
    〇%の売上増し等

    飲食業からの転職|おすすめの転職エージェントまとめ

    ここまでおすすめの転職エージェントや、なぜ転職エージェントの利用がおすすめなのか、飲食業界での転職エージェントをより効果的に利用する方法などを紹介しました。

    おすすめの転職エージェント

    順位 転職エージェント名
    1位 リクルートエージェント 詳細はこちら
    2位 マイナビエージェント 詳細はこちら
    3位 JACリクルートメント 詳細はこちら
    4位 doda 詳細はこちら
    5位 Spring転職エージェント 詳細はこちら
    6位 パソナキャリア 詳細はこちら
    7位 ビズリーチ 詳細はこちら
    8位 ランスタッド 詳細はこちら
    9位 ハタラクティブ 詳細はこちら
    10位 type転職エージェント 詳細はこちら

    飲食業は様々な業態や職種があるため、自分の求める働き方を整理しておきましょう。
    そのうえで選び方のポイントを参考にして選ぶようにしましょう.

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄