悩む女性3
派遣で長期のお仕事を見つけたり紹介があったかと思いますが、そもそも長期ってどのくらいの期間のことを指しているのでしょうか。

長期と言っても半年未満しか働けない?それとも1年以上働かなくちゃいけないの?そんな疑問があると思います。

今回の記事では派遣のお仕事の長期の期間について解説してきます。

短期や単発バイトを探している方は『短期バイトや単発が豊富な派遣会社|大学生にもおすすめ』こちらの記事を参考にしてください。

主婦や子育て中のママさんは『主婦におすすめの派遣会社ランキング|子育てママの派遣会社の選び方』をチェックしてくださいね。





最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

pasonarogo

担当対応満足度良
大手の実績
全国に派遣案件あり

\登録2分/

公式サイト→

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\登録かんたん/

公式サイト→

長期の派遣契約は3ヶ月以上。最長は3年

派遣で長期のお仕事となっている場合、派遣会社によって異なりますが、通常は3ヶ月以上の更新がある仕事であることを指しています。そのため、長期のお仕事と記載されている案件は、ほぼ3ヶ月以上勤務することだと考えてください。

しかし、派遣会社や派遣先企業が3ヶ月勤務してくれたら十分とは考えておらず。できるだけ長く就業してほしいと考えています。

できるだけ長くといっても、労働派遣法改正によって同じ派遣先企業で働ける期間は最長で3年になりました。

派遣長期は最長3年まで

同一の派遣先の事業所において、派遣可能期間(派遣先で新たな労働者派遣を受け入れてから3年)
を超えて派遣就業することはできません。

勤務年数が3年を超えた場合、派遣会社は以下の処置をとります。

  1. 派遣先への直接雇用の依頼(正社員、契約社員)
  2. 新しい派遣先の提供
  3. 派遣会社での派遣労働者以外としての無期雇用
  4. その他雇用の安定を図るための処置(紹介予定派遣の対象となること等)

現状として2番の処置をとる場合がほとんどのようです。

長期派遣の仕事内容

長期派遣は最長3年も同じ職場で働くことから、短期派遣従業者よりも重要な仕事を覚える必要があります。

例えば、備品の仕入れやお客の迎え入れ、業務で使う専用ソフトの使用方法など、派遣先企業によっては社員と同じようなスキルを求められることもあるでしょう。

派遣先企業でスキルや能力を身に着ければ実績として記録に残ります。

「私は派遣社員だからここまでの作業しかしません」と自ら線引きしてしまう人もいますが、そういった態度は周りにバレますし、いい評価を得られず次の職場が決まりにくくなる可能性もあります。




長期派遣のメリット

  • 長期間の安定収入が得られる
  • スキルと実績が身につく
  • 能力が認められれば正社員として直接雇用されることもある

長期派遣は契約更新しなくても3か月は同じ職場で働くことができます。派遣先と契約している期間はバイトよりも高時給で安定した給料を受け取ることができます。

残業した場合は時給の25%割り増しでもらえるので、その分稼ぐことも可能です。

また長期間同じ職場で働けば正社員並みのスキルや専門知識を手に入れることができますので実績にもなり、能力が派遣先企業に評価されれば正社員として直接雇用されることも不可能ではありません。

派遣社員から正社員への打診をされて
給与を聞いたら、総支給が20万と言われました。
プラス賞与3カ月くらいと言われました。

長期派遣のデメリット

  • 契約が更新されるとは限らない
  • 契約更新しないことを言いにくい

デメリットとしては「長期間で働いてほしい」と言われ採用されたとしても実際は3か月で契約を打ち切られたりすることもあります。

派遣先企業としても業績が悪くなったり、予定が変更になることもあるので、必ず契約が更新されるとは限らないことは頭に入れておき来ましょう。

派遣会社からも長い勤務をお願いしたいと言われてました。ですが・・・入って2ヶ月目の月末に派遣会社から電話が有り次回の契約更新は無いと言われました。

契約が長期にわたり、職場での人間関係ができてくると契約を断ることを言い出しにくくなります。派遣先企業は次回も契約を更新してくれるだろうと思っていますので、尚更です。

長期派遣と短期派遣の違い

長期派遣と短期派遣の違いは2つあります。

更新期間

短期派遣の場合、基本的に更新はしません。求人情報に掲載してある期間が終われば、その職場で働くことはありません。

仕事内容

短期派遣は長期派遣と違って、繁忙期など、一時的に人手が足りないときに応援として募集されることが多いです。

また短期契約なので、スキルが不要なことが多く

  • データ入力
  • 書類作成
  • 書類整理
  • 資料作成
  • 資材運搬

上記のような単純作業が短期派遣で募集されている内容です。

派遣先と派遣会社は長く就業してほしいと考えている

もちろん3ヶ月程度の初回契約で辞めることも可能ですが、派遣先企業および派遣会社はできるだけ長く働いてほしいと考え採用しています。

その理由は下記のとおりです。

派遣先企業が長く働いてほしい理由
  1. 社内および派遣会社との採用手続きが面倒のため
  2. 研修やOJTに極力時間を使いたくないため
派遣会社が長く働いてほしい理由
  1. マッチングから派遣先企業への紹介までの時間を極力なくしたいため
  2. 短期で辞められることで派遣先企業からの信頼が落ちてしまうため
  3. 後任の手配ができず他社にポジションがとられてしまう可能性があるため

上記の理由の通り時間を使ってしまうこと、信頼が落ちてしまうこと、他社に仕事を取られてしまうことが挙げられます。

長期の仕事を初回契約で辞めた回数が多いと仕事紹介が減ります

短期で仕事を辞めてしまうことで派遣先企業と派遣会社両者に負担をかけてしまうことになります。

そのため長期の仕事を短い期間で辞めてしまうことで、派遣会社からまた短期で辞めてしまうのではないかと思われてしまい、仕事紹介がなくなってしまいます。

短期で辞めることが無いように、派遣会社から仕事紹介された時や企業への職場見学の際にしっかりと、仕事内容や条件を確認し、長く働けるように対策を取ることが必要です。




長期派遣の更新しない理由についてアドバイス

致し方なく長期派遣の更新をしないこともあるでしょう。その場合は以下のポイントに気を付けてください。

  • 派遣先の悪口を言わない
  • 営業担当に話す前に派遣先に更新しない旨を伝えてしまうこと

営業担当に話す前に派遣先企業に伝えてしまうと、派遣従業者の管理ができてないと営業担当の評価が下がるため反感を買います。次の派遣先企業を紹介してくれなくなる可能性もありますので注意してください。

更新しない理由は

「自分の能力では業務内容が理解できない部分が多々あり、悩んだ結果出した結論です」

このように派遣先の悪口を言わないのが無難です。

ただ仕事がなさ過ぎて暇を持て余しているようなら、その旨を営業に伝えて改善してもらいましょう。

職場が合わない場合は辞める勇気も必要

短期で辞めることが良くないとは言っても、自分に合わない環境で長く働くことは体力面・精神面に大きな負担を掛けてしまいます。

しかも無理をしすぎてしまったせいで、精神が病んでしまい、働くこともままならなくなってしまっては元も子もありません。

どうしても環境が合わない場合はその派遣先を辞める勇気も大切です。

派遣会社を変えて就職しましょう

しかし、同じ派遣会社で数回短期で辞めてしまうと、今後の仕事紹介に非常にマイナスな影響が出てしまいます。

そのため、短期で辞めてしまう可能性があるまたは辞めたい場合は、別の派遣会社に登録して転職活動を行うことがいいです。

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる

総務事務におすすめの派遣会社ランキング

役員・社長秘書の求人に強いおすすめの派遣会社

経理の求人数が多いおすすめの派遣会社

製造業・軽作業におすすめの派遣会社

シングルマザーの求人に強いおすすめの派遣会社

看護師に強いおすすめの派遣会社

介護職に強いおすすめの派遣会社

保育士に強いおすすめの派遣会社

コールセンターにおすすめの派遣会社

主婦・子育てママにおすすめの派遣会社