学歴・経歴詐称
派遣会社に登録する際に実際は中卒で事務経験も無いのに、数多くの仕事紹介や派遣担当者に良い印象を持ってもらいたく、学歴は高卒や事務経験ありと嘘の情報で登録してしまったら、派遣会社にバレてしまうのでしょうか。

派遣会社があなたの学歴・経歴調査やどんなときに詐称がバレてしまうのかを教えていきます。

人材派遣会社は派遣スタッフの学歴・経歴調査は行わない

まず、派遣会社は派遣登録スタッフの申告通りに学歴経歴をデータベースに登録します。登録の際はその学歴・経歴が正しいか調査することは一切ありません

調査しない理由ですが、派遣登録スタッフは非常に数が多く、一人ひとりの調査を行うと非常に時間を要することとなり、莫大な費用がかかってしまいます。

また、派遣登録希望者に登録時に卒業証書を持参させるようにしてしまうと、登録が面倒になりその派遣会社への派遣登録者が激減してしまうため行っておりません。

調査を行うことは派遣会社にとってはなんのメリットもないのです。

派遣先は派遣社員の学歴や経歴はわからないため調査は出来ない

派遣会社は派遣先企業に派遣社員を紹介する場合に、学歴(出身校含む)や経歴(会社名含む)を教えることが法律上で禁じられているため一切教えません。

そのため、派遣先企業はそもそも派遣社員の学歴経歴がわからないため調べようが無いのです。

学歴・経歴の嘘がバレてしまうパターン

調査もされず調べようも無いのに学歴・経歴詐称がバレてしまうことがあります。

バレてしまう時は、派遣会社または派遣先企業に直接雇用されるタイミングでバレてしまうことがあります。直接雇用される際は改めて履歴書・経歴書を出す必要があります。その際に学校の卒業証書の提出や雇用保険・社会保険の加入状況が確認されることで、企業が詐称に気づくこととなります。

資格取得を詐称している場合もこのタイミングでバレる

もし資格取得も詐称している場合も派遣契約から直接雇用切替のタイミングでバレてしまうことが多いです。資格は合格時に証明書が発行されます。すべての企業ではありませんが、直接雇用時にその証明書の提出を求めることが多いです。

また、証明書は再発行が出来るため、紛失したと嘘を付くことも出来ません。

バレそう・バレてしまった場合の対応策

直接雇用の話があり派遣先企業に詐称がバレそうな場合は、直接派遣先企業の上司に相談してみてください。

企業が直接雇用に切り替える理由は派遣社員の実績で判断しています。もしかしたら直接雇用切替時に正しい学歴・経歴で選考を進めることが出来るかもしれません。

バレてしまった場合は正直に派遣先企業に相談しましょう。社会的倫理からは外れてしまいますが、派遣先企業が非常に忙しく派遣社員に抜けられたら困る場合は、そのまま就業が出来ることもあります。

通常は派遣会社に経歴を詐称したことがバレることで、派遣登録の抹消か今後の仕事紹介がなくなります。

損害賠償など発生するのか

学歴・経歴を詐称した程度では企業は個人を訴えるメリットがないため、損害賠償は発生しません。しかし、弁護士や会計士等の士業の資格や経歴があると詐称した場合は、損害賠償の発生や最悪逮捕などの可能性もあります。

おすすめの派遣会社 派遣会社の特徴・強み

テンプスタッフ
公式ページを見てみる

未経験案件が豊富
・業界最大手の実績
・日本トップクラスの求人件数

ランスタッド
公式ページを見てみる

事務職の他にも製造や短期単発の仕事が豊富
・2名のコンサルタントが徹底サポート
・福利厚生が充実
おすすめの記事