CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「職歴が無い既卒でも就職できるか不安」「キャリアなしから転職できるか不安」といった悩みを抱える既卒の方も多いのではないでしょうか。

既卒の就職・転職活動を成功させるためには、既卒ならではの強みを活かせるエージェントを利用することが非常に重要です。

この記事では、既卒の方が登録すべき就職・転職エージェントと、あなたに合ったサービスを選ぶためのポイントなどをご紹介します。

最後まで読むと、就職・転職活動を成功させるための知識を網羅することができますよ。

就職・転職活動が不安なあなたへ

AGENTneo

第二新卒AGENTneo
20代、30代向け
就職・転職活動に関するノウハウが豊富

\1分で登録完了/

就職Shop

就職Shop
若者・フリーター向け
対面型就職・転職活動支援サービス

\1分で登録完了/

記事の目次

既卒に強い就職・転職エージェント

ここでは、「既卒」に第二新卒と、現在は職についていない方を加えた3種類に分類し、おすすめの就職・転職エージェントをランキングでご紹介いたします。

就職活動・転職活動を成功させるためには、自分のキャリアにマッチした転職エージェントに登録することが最も重要です。

既卒の基準をそれぞれ3つに分けてランキング形式で紹介いたします。

>>既卒の方 卒業後、3年以上正社員で勤務したことがない社会人
>>第二新卒の方 正社員就職後3年以内に転職を検討している社会人
>>現在職についていない方 現在は働いていない方

既卒に強い就職エージェント

ここでは、既卒と言われる「学校卒業の後に正社員に勤務した経験がない」に強い就職エージェントをご紹介します。

おすすめのエージェントは以下の通りです。

1.第二新卒AGENTneo


第二新卒AGENTneo

おすすめ度:
公式サイト: https://www.daini-agent.jp/

「第二新卒AGENTneo」は、ネオキャリアが運営する転職エージェントです。

サービス名から第二新卒のみが対象と思われがちですが、既卒やフリーターの就職サポートにも強みを持っています。

現在だけでなく将来的なキャリア形成まで考慮したキャリアアドバイスをしつつも、「やりたいこと」「やりたくないこと」を明確にしていったりと丁寧な面談を行ってくれますので、平均120分の面談時間を設けています。

対面面談の場合はほぼ当日中に求人を紹介してもらうこともでき、すぐに選考へと進むこともできます。

口コミアイコン
​女性​
​幼少の頃に一番嬉しかったことや大学時代に熱中したことなど、雑談を交えながら過去を深掘りしてくださり自分が大切にしている価値観を再認識できました。私の希望を聞くだけではなく、性格に合わせた職種や業界を提案してくださったのも嬉しかったです。


2.就職Shop


就職Shop

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ss-shop.jp/

「就職Shop」は、株式会社リクルートが運営する既卒・フリーター向けの対面型就職・転職活動支援サービスです。

対面型のため基本的に電話面談はなく、関東・関西の主要エリアにある店舗で直接面談をします。
書類選考はなく、応募した企業で選考、面接を受けることができるので、すぐに就職したい方におすすめです。

また、求人数も同じく若年層向けの転職支援サービスであるハタラクティブよりも豊富で8500社以上の登録企業があります。さらに全ての企業が未経験者歓迎なので「未経験だけど正社員で働きたい」「就職活動に自信がない」若者にぴったりです。

口コミアイコン
女性
面接に合格しても不合格であっても、「どういった点が合格の決め手になったのか」「なぜ受からなかったのか」を丁寧にフィードバックしてくれました。不採用の理由を聞くのは不安だし怖かったけど、自分の改善すべき点ときちんと向き合うことで次の面接に活かすことができました。

>>就職Shopの評判・口コミを見る

3.UZUZ


UZUZ

おすすめ度:
公式サイト: https://daini2.co.jp/

UZUZ「既卒・第二新卒専門」の「エージェント型」転職サイトです。
他サイトよりもサポートがしっかりしていることが魅力で、一人一人に合わせたサポート体制をとっています。
既卒や第二新卒での転職を経験したエージェントがサポートしてくれるため、第二新卒や既卒の方にぴったりです。

ウズキャリの社員も元既卒や元第二新卒なので話しやすく、リアルな話が聞けます。
また、掲載している求人からは「ブラック企業」を徹底的に排除しています。そのため入社1年後の定着率は94%を超えています。

ただ、関東圏を中心とした求人しかなく、求人数も多くはないです。

サポートに時間をとってくれますが、その分こちらも時間がかかってしまうというデメリットもあります。
しっかりとサポートして欲しい、時間に余裕のある方は求人数の多いサイトと併用すると良いでしょう。

口コミアイコン
​女性​
​書類審査で落とされることが多かったので、ES(エントリーシート)添削と内定者の例文を見させてもらえたのが大きな収穫でした。自分の何をアピールすれば企業に「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるのかを、考えるきっかけになりました。

>>UZUZの評判・口コミを見る

第二新卒に強い就職エージェント

ここでは、「第二新卒」と言われる、「最終学歴卒業の後、1~3年以内に退職した求職者」に強い就職エージェントをご紹介します。

【関連記事】
第二新卒におすすめの転職サイトランキング

おすすめランキングは以下の通りです。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
転職成功率 90%以上
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの最大の強みは業界トップクラスの求人数を保有し、転職支援実績No.1である点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職サイトです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、他のサポートが充実したサービスとの併用という形をおすすめします。

口コミアイコン
30代女性(事務 / 年収500万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。

>>リクルートエージェントの口コミ・評判はこちら

2.doda

doda

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
転職成功率 約90%
公式サイト: https://doda.jp/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界トップクラスの転職サイトです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは案件があった!との口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。

>>dodaの口コミ・評判はこちら

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
転職成功率 約90%
公式サイト: https://mynavi-agent.jp

新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職サイトです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

>>マイナビエージェントの口コミ・評判はこちら

4.リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
公式サイト: https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは株式会社リクルートが運営する転職サイト(求人サイト)です。転職者の8割が利用していて、求人の量も膨大です。さらに、扱っている求人の8割以上がリクナビNEXTのみにしか掲載されていない限定求人のため、登録しておくと他で出会えない求人を見つけることができます。

また、転職活動を成功に導いてくれるようなコラムや、直接企業からオファーをもらえるスカウトサービスもありますので活用してみてはいかがでしょうか。

口コミアイコン
20代男性(営業 / 年収400万円台)
リクナビNEXTは自己分析サービスがあったり、スカウト機能があったりと転職サイトの中では充実したサービスで使いやすかったです。また忙しかった僕でも自分のペースで進めることができたので利用して正解でした。

>>リクナビNEXTの口コミ・評判はこちら

5.キャリアカーバー

キャリアカーバー

おすすめ度
求人の数・質
転職サポート力
公式サイト: https://careercarver.jp/

リクルートが運営する、ハイキャリア転職を支援するヘッドハンティングサービスです。

待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能で、コンサルタントを自分で選び相談することができます。また、転職決定年収平均900万円とかなり好条件で、年収800〜2000万円の求人が多数揃っているため、さらなるキャリアアップや高年収を狙う方はおすすめです。その反面転職市場での価値が低いとスムーズな転職ができない可能性もあります。

また。通常の転職エージェントのように応募後のサポートなどはなく、登録後はスカウトを待つだけなので、早く転職活動を進めたい方はいくつかのエージェントに登録しておくことをおすすめします。

口コミアイコン
30代男性(管理職 / 年収600万円台)
キャリアカーバーはハイキャリア転職に特化しているため、自分の持っているスキルを最大限活かせる条件の求人を紹介してもらいました。前の職場ではプロダクトマネージャーをしていたこともあり、転職後の年収は700万円とかなり水準が上がりました。

>>キャリアカーバーの口コミ・評判はこちら

現在働いていない方に強い就職エージェント

ここでは、「前の職業を退職後、働いていない社会人」など、現在は職についていない方に強い就職エージェントをご紹介します。

【関連記事】
ニートにおすすめの転職サイト・転職エージェント

おすすめランキングは以下の通りです

第二新卒AGENTneo

転職エージェントneo

おすすめ度:
公式サイト: https://agent-neo.com/

第二新卒AGENTneoはネオキャリアが運営する転職エージェントです。

サービス名から第二新卒専門のサービスと思われがちですが、既卒やフリーターの方へのサポートに強みを持っています。

ネオキャリアは新卒採用でのノウハウも豊富なため、20代・30代の方におすすめです。
現在だけでなく将来的なキャリア形成まで考慮したキャリアアドバイスをしつつも「やりたいこと」「やりたくないこと」などを明確にしていったりと丁寧な面談を行ってくれますので、平均120分の面談時間を設けています。

対面面談の場合はほぼ当日中に求人を紹介してもらうこともでき、すぐに選考へと進むこともできます。

就職Shop

就職Shop

おすすめ度:
公式サイト: https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは株式会社リクルートが運営する若者・フリーター向けの対面型就職・転職活動支援サービスです。
対面型のため基本的に電話面談はなく、関東・関西の主要エリアにある店舗で直接面談をします。
書類選考はなく、応募した企業で選考、面接を受けることができるので、すぐに就職したい方におすすめです。
また、求人数も同じく若年層向けの転職支援サービスであるハタラクティブよりも豊富で8500社以上の登録企業があります。さらに全ての企業が未経験者歓迎なので「未経験だけど正社員で働きたい」「就職活動に自信がない」若者にぴったりです。

ウズキャリ

ウズキャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://uzuz.jp/

ウズキャリは「既卒・第二新卒専門」の「エージェント型」転職サイトです。
他サイトよりもサポートがしっかりしていることが魅力で、一人一人に合わせたサポート体制をとっています。
既卒や第二新卒での転職を経験したエージェントがサポートしてくれるため、第二新卒や既卒の方にぴったりです。
ウズキャリの社員も元既卒や元第二新卒なので話しやすく、リアルな話が聞けます。
また、掲載している求人からは「ブラック企業」を徹底的に排除しています。そのため入社1年後の定着率は94%を超えています。
ただ、関東圏を中心とした求人しかなく、求人数も多くはないです。
サポートに時間をとってくれますが、その分こちらも時間がかかってしまうというデメリットも。
しっかりとサポートして欲しい、時間に余裕のある方は求人数の多いサイトと併用すると良いでしょう。


Re就活

Re就活

おすすめ度:
公式サイト: https://re-katsu.jp/

Re就活は20代専門の「サイト型」転職サイトです。求人数は約1,000件とかなり少ないですが、求人の多くは未経験者可で、大手企業も多数掲載されています。
また、Web履歴書を登録しておくことで企業からスカウトを受けることもできます。選考前に社風をチェックできる就職イベントも開催していますので、大手企業への転職を考えている方は参加してみてもいいかもしれません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:
公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界トップクラスで転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

既卒の方が就職エージェントを活用するメリット・デメリット

ここでは、既卒の方が就職エージェントを活用するメリット・デメリットをご紹介します。

是非今後の就職活動の参考にしてみてください。

既卒者が就職エージェントを活用するメリット

まずは、既卒者の方が就職エージェントを活用するメリットをご紹介します

就職エージェントは、面談を通じて、自分にマッチした求人紹介をしてくれるシステムです。

学歴や経歴だけでない自分の強みを質問によって引き出してくれるので、20代既卒で職歴が無かったとしても安心して活用する事ができます。

紹介してくれる求人は、エージェントの方が事前に企業訪問した上で取材もしてあるので、会社の雰囲気、上司のタイプなど、細かいところまで確認することが可能です。

なので、その段階で、紹介が不可能なブラック企業は候補から外されていることが多いです。

お互いの相性を考慮した上で、こちらの希望に近い求人を紹介してもらえるので、ミスマッチが出にくいのも大きなメリットです。

まとめると以下のようになります

就職エージェント活用のメリット

  • 企業訪問の際に行った取材の情報により、求人紹介の際ミスマッチが出にくい
  • 企業を細部にわたりチェックすることが可能なので、求職者の希望に近い求人を紹介される
  • 事前にブラック企業をなくしてくれているので、就職後の定着率も高い
  • 未経験OK等の求人も多数揃えているので、既卒との相性も良い
  • 上記のようなメリットがあります。

    既卒者が就職エージェントを活用するデメリット

    まずは、既卒者の方が就職エージェントを活用するデメリットをご紹介します

    既卒者の方が就職エージェントを活用するデメリットとしては、自分で就職エージェントが持つ求人を検索することが不可なので、多くの求人から自分で選びたいと思っている方はあまりオススメしません。

    また、就職エージェントのシステムとしては、あなたにマッチしていると判断した求人をエージェントがピックアップした上で、そこから選ぶというのが基本です。

    質があまり良くないエージェントだと、保有している求人の数が少ないので、そこから無理やり選ばせようとします。

    また、就職エージェントは地方にあまりないので、地方に住む方は活用しにくいというデメリットもあります。

    なので、利用する前に近くに希望のエージェントが存在するかチェックしておく必要があります。

    まとめると以下のようになります。

    就職エージェント活用のデメリット

  • 自分で求人検索ができない
  • 自分のペースで就職活動ができない
  • エージェントが地方に少ない
  • 上記のようなデメリットが存在します。

    エージェント選びで失敗しないための3つの重要ポイント

    ここでは既卒の方のエージェント選びで非常に大事な3つのポイントをご紹介していきます。

    この3つのポイントを理解しておくだけであなたの就職活動の成功の確率はグンっと伸びます。

    就職活動をより良いものにしたいという方は必ずチェックしておきましょう。

    エージェント選びにおいて重要な3つのポイント

  • 既卒に強いエージェントに登録する
  • 転職エージェントの特徴を理解する
  • 自分に合った担当者を選ぶ
  • 以上の3つになります。ではここから一つずつ詳しくご紹介していきます。

    既卒に強いエージェントに登録する

    エージェント選びで失敗しないための重要ポイント1つ目は既卒に強いエージェントに登録することです。

    エージェントとして認知度が非常に高いリクルートエージェントdodaは正社員の経験をお持ちの転職希望者の方に向けた求人を多数扱っています。

    ですが既卒に強いエージェントに登録すれば、既卒にピッタリの求人やサポートも手厚いので就職活動も非常に上手く行きやすくなります。

    サービス名 総合評価 コメント
    第二新卒AGENTneo
    第二新卒の全ての人におすすめ
    20代、30代向け
    就職・転職活動に関するノウハウが豊富
    就職Shop
    経歴が不安な方におすすめ
    若者・フリーター向け
    対面型就職・転職活動支援サービス
    ウズキャリ
    初めての転職が不安な方におすすめ
    ブラック企業を徹底排除
    既卒・第二新卒専門サイト
    Re就活エージェント
    おすすめの転職サイト
    業種◎
    全国、海外にも幅広い求人

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    転職エージェントの特徴を理解する

    エージェントによってどういった業種・職種に強みがあるか、どこの地域に拠点を構えているか異なりますので、自分自身でチェックしておくようにしましょう。

    また自分が希望する業種・職種の求人を紹介してもらえるようにそれぞれに特化した転職エージェントの活用をおすすめします。

    自分に合った担当者を選ぶ

    これからともに就職活動を共にするパートナーになるので担当コンサルタントとの相性の見極めがすごく重要になってきます。
    見極めのポイントとしては以下の通りです。

    担当コンサルタント見極めポイント

  • 連絡が早いか
  • 希望にマッチした求人紹介をしてもらえるか
  • キャリア相談について親身に行ってくれるか
  • 自分が信頼して就活に関する相談が可能か
  • といったポイントで担当コンサルタントとの相性が良くなければ、担当者変更をおすすめします。

    既卒の就活事情・市場価値

    ここでは『既卒』という人材が、世間でどういった評価を受けているかチェックしていきましょう。

    結論から言ってしまうと、新卒で就職しなかった方は色眼鏡で見られがちです。

    ですが、企業自体がどう感じているかを理解しておけば、想定される質問にも対応可能になりますので、必ずチェックしておくようにしましょう。

    既卒の定義とは|第二新卒との違い

    世間一般では「卒業後一度も就業したことがない方」と言われていますが、実際には「既卒」は法律上において明確な決まりはありません。

    以前は単純に大学や高校卒業した方という意味で使われることが多かったですが、採用の現場においては特定の方を指すために使用された言葉の意味合いでしかありません。

    ですが、相性の綱領の調査によれば、卒業後35歳までであれば「既卒枠」という認識になります。

    第二新卒の定義

    その一方で「第二新卒」の定義ですが、こちらも明確な決まりはありません。

    しかし、厚生労働省の調査で、「平成22年3月卒の新卒者のうち就職できていないものは約7万5千人」に登ると言われており、「卒業後3年以内の既卒者は新卒者として応募ができる」とした「青少年雇用機会確保指針」の改正により、第二新卒という新たな言葉ができました。

    ですが、企業内の定義によって扱いの差を生んでしまうこともあります。

    【関連記事】
    第二新卒向け転職サイトおすすめランキング

    既卒が就職エージェントを最大限活用する方法

    ここからは、既卒の方が最大限就職エージェントを活用する方法をご紹介してきます。

    エージェントを最大限に活用する裏技としては以下の通りです。

    エージェントを最大限に活用する方法

  • 担当者を厳しい目で見る
  • 担当者の言葉を丸呑みしない
  • 複数のエージェントを活用する
  • キャリアやスキルに嘘をつかない
  • 同じ求人に複数の担当者から応募しない
  • 2週間に一度は担当者に連絡を入れる
  • どれだけ優秀なエージェントを活用していたとしても、うまく活用できなければ意味がないので必ずチェックしましょう。

    担当者を厳しい目で見る

    担当者に対して情をうつしてはなりません。

    担当者の変更はそこまで問題ではありませんので、性格の不一致だったり、説明に納得できなかったりすれば変えてもらいましょう。

    担当変更がどうしてもしにくい際は他のエージェントに問い合わせましょう。

    担当者の言葉を丸呑みしない

    担当者の言葉を丸呑みしてしまうのではなく、自分で客観的に比べてから選択するようにしましょう。

    担当者としても営業成績が掛かっているので、あなたの内定を決めると会社側から多額の報酬が手に入るシステムなので、巧みな言葉であなたを誘導しにかかります。

    複数のエージェントを活用する

    1社だけでなく、必ず複数のエージェントに登録しておくようにしましょう。

    複数登録した方がいい理由は以下の通りです。

    複数のエージェントを登録する理由

  • 自分にマッチした担当コンサルタントを選ぶことが可能
  • 目的によってエージェントを使い分けることが可能
  • 数多くの案件をキャリアやスキルに嘘をついていないチェック
  • 特に担当者の質はすべて一緒というわけではないので、自分にマッチした担当者を見つけるためにも、複数登録しておくことをおすすめします。

    実際併用したエージェントで自分にマッチした担当者・求人を見つけて、就活を成功した方も非常に多いです。

    キャリアやスキルに嘘をつかない

    登録情報やこれまでのやり取りに関しては依頼しない限りは情報は残ったままになります。

    担当コンサルタント同士で話題に上がりやすいのは、「登録情報といったことが異なっているよ」という話です。

    こういった場合、嘘の報告してくるリスクが高い人材と判断され、紹介案件を減らされる可能性もあるので、正確な情報を伝えるようにしましょう。

    同じ求人に複数の担当者から応募しない

    複数のエージェントを活用している際、同じ求人に二人は複数の担当者からの応募をしないようにしましょう

    企業側から「他のエージェントからも同じ人が応募してきているんだけど」と担当に連絡が入ってきます。

    そうなってしまいますと、企業・担当者両者に不信感を与え、状況によっては破談になってしまう恐れもあります。

    2週間に一度は担当者に連絡を入れる

    エージェントは、企業から求人依頼を受けると求職者のデータの中から条件設定の後に条件にマッチした求職者を探していきます。

    この際の表示順番が「更新日」(=最終接触日)になるのです。

    「更新日が古い=もうすでに就活が完了している可能性が高い」という判断になってしまうので、頻繁に担当者と連絡を怠っていると紹介が後回し扱いになり、そのうち案件紹介が来なくなる可能性があります。

    なので、1~2週間の間には必ず一度連絡をしておくようにしましょう。

    エージェント登録から内定までの流れ

    ここでは、実際にはエージェントに登録から内定までの流れをご紹介します。

    特に大きな準備は必要なく、気軽に身をゆだねることが可能であれば、サイトを活用する方法ついてご紹介します。

    まず、ステップとしては以下の通りです。

    エージェント登録から内定までの流れ

    1. 登録
    2. 担当者から電話
    3. 面談
    4. 求人紹介
    5. 書類の添削
    6. 応募
    7. 面接対策
    8. 企業・面接
    9. 内定・入社

    こういった流れになります。
    では一つずつご紹介していきます。

    登録

    各エージェントの公式サイトから登録します。

    また、登録する時には、必ず就職・転職エージェントのサービスなのかを必ずチェックしましょう。

    例えば、「マイナビ」と検索するとマイナビの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数存在するので、登録前に必ず確認しましょう。

    担当者から電話

    登録したら、エージェントから数日以内にメールか電話にて連絡が来ます。

    事前準備する必要は特にありませんが、主に以下の事を聞かれます。

    電話で聞かれる内容

  • 現在の状況
  • 希望職種・業種
  • といった簡単なヒアリングを行った際、担当コンサルタントとの面談の日程調整に入ります。

    面談

    直接エージェントのオフィス訪問することもあれば、担当コンサルタントの方が近くまで訪問してもらえることもあります。
    (お互いの日程・場所の都合が一致しなければ電話面談という形になります)

    初回の面談で多い話題としては以下のようなものです。

    初回面談で話す内容

  • 自分の強み・特徴の整理
  • 志望する業界・職種
  • どういう軸で就活を進めていくか
  • 初回の面談であらためて気づくことが多く、なるべく多くのエージェントのアドバイスをもらえれば、自分自身の考えがまとまり、後悔がない就職をすることが可能になります。

    求人紹介

    初回の面談でとったヒアリングをもとに、あなたの希望にマッチした企業を3~10社ほど紹介してもらえます。

    想像以上の大手を紹介されたり、今まで知らなかった魅力的な企業も見つかるケースもあります。

    またそれぞれのエージェントのみしか持っていない非公開求人が存在するので、たくさんの魅力的な求人紹介してもらうために複数のエージェントの登録をおすすめします。

    書類の添削

    応募する企業が決まれば、志望理由書や履歴書といった書類選考に必要な書類の添削してもらえます。

    状況によっては添削だけのために面談の時間を設けてくれたり、何回も訂正してくれたりします。

    あなた自身の最高の志望理由書を担当コンサルタントと作りましょう。

    応募

    選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募してくれます。

    自分では気づかないあなた自身の魅力を、担当コンサルタントの方が企業側に伝えてくれます。

    エージェントを活用して自力で応募してしまうと、推薦文なしの状態での応募になりますし、その他諸々の対応を自分自身で行わなければならないので、そういった要素も含めるとエージェントを活用しての応募の方が非常に有利です。

    面接対策

    応募先の企業の面接官がどういった質問して、どういったタイプの方が好まれるのか、今の自分のスキルでどこをPRすべきかのポイントのアドバイスをもらえます。

    あなたがお願いすれば面接練習もしてくれるケースも多いです。

    企業・面接

    面接の日程調整は全て担当コンサルタントが対応してくれます。

    対策で学んだことを最大限発揮して、全力を尽くしましょう。

    仮に選考に落ちてしまったとしても、担当コンサルタントが人事担当者の方よりフィードバックをもらっているので、次に面接対策に活かすことが可能です。

    内定・入社

    内定が決まれば、企業によって異なりますが、担当コンサルタントが入社するまでのサポートをしてくれます。

    ビジネスマナーや、仕事観などのこれから働いていく中で必要なことを教えてくれます。

    まとめ

    当記事では既卒の方におすすめの就職エージェントランキング・活用法についてご紹介して来ました。

    上位のエージェントは会社の評価や口コミもいいので、ランキング上位のエージェントにまだ登録されていない方はぜひ登録してください。
    第二新卒に強い就職エージェント

    転職エージェント 総合評価 コメント
    リクルートエージェント
    業界トップクラスの求人数、人材業界大手のリクルートが運営
    doda
    業界トップクラスの転職エージェント、求人の量・質ともに高い満足度
    マイナビエージェント
    新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    既卒に強い就職エージェント

    サービス名 総合評価 コメント
    第二新卒AGENTneo
    第二新卒の全ての人におすすめ
    20代、30代向け
    就職・転職活動に関するノウハウが豊富
    就職Shop
    経歴が不安な方におすすめ
    若者・フリーター向け
    対面型就職・転職活動支援サービス
    ウズキャリ
    初めての転職が不安な方におすすめ
    ブラック企業を徹底排除
    既卒・第二新卒専門サイト
    Re就活エージェント
    おすすめの転職サイト
    業種◎
    全国、海外にも幅広い求人

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄