CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

転職したいけど転職回数が増えるのが不安…という看護師の方も多いのではないでしょうか。

看護師は他の職種にくらべ、比較的転職が多い職種と言われています。
とはいえ、転職回数が多くなってしまうことに抵抗がある方も多いと思います。

そこでこの記事では、転職回数が多い看護師の方が転職を成功させる方法や転職回数が及ぼす影響などを徹底解説していきます。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

看護roo!
利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり

\業界最大級の病院件数/

公式サイト→

看護師の転職回数

看護師の平均転職回数

看護師の平均転職回数は、年代によって大きく異なります。
まずは下の表をご確認ください。

【看護師の平均転職回数】
20代⇒0.9回
30代⇒およそ2回
40代⇒およそ2.9回
参考:スーパーナース

年齢を重ねるごとに転職回数は増えています。
多くの看護師は5〜10年前後の勤続年数を目処に転職をしているようです。
経験を積んでいくにつれて、他の職場で働きたいと考える看護師は多く、転職回数も増えています。

平均転職回数より転職している回数が多いとしても不安になることはありません。
転職者が多い看護領域では「転職回数」は不利な判断材料にはなりにくいと言えます。

転職が不利になる回数とは

それでは、実際に転職が不利になってしまう回数はどれくらいなのでしょうか。
こちらも年代別に見ていきましょう。

20代⇒2回以上
30代⇒3回以上
40代⇒4~5回以上
参考:スーパーナース

年齢が上がれば上がるほど、転職回数が多くてもあまり気にならない面接官が多いようです。
とはいえ、1年以内の転職が何度も続くなど「入社後すぐにやめてしまうかも…」と思われてしまうと不利になりやすいです。

転職回数が多い時の対策方法

ここからは、転職回数が多くなってしまった場合の対策を解説していきます。
しっかり対策してから転職活動に臨んでください。

【転職回数が多くなってしまった時の対策法】
転職理由を明確にしておく
自分の魅力を考える
別の働き方を考えてみる

転職の理由を明確にしておく

転職回数が多いと「次もすぐにやめてしまうかも」とマイナス印象をもたれてしまいます。
これまでなぜ転職してきたのか、次はなぜ長く勤められるのかしっかり伝えられるように準備しておくことが重要です。

まずは「人間関係」「働く環境」「給料」など、なぜこれまで自分が転職したのか分析してみましょう。
次に、あなたがどういう条件であれば働き続けられるのか条件を洗い出し、
あなたの条件と面接先の魅力の共通点を探しておきましょう。

次の転職の際になぜ長く働けるのか、面接官に納得してもらうことが重要です。
ただ、全て本音で話す必要はありません。
もちろんそのまま話しても悪い印象を与えない内容であれば問題ありませんが、例えば「上司と合わなかった」「残業したくなかった」などの理由は悪い印象を与えてしまう可能性があります。
「上司と合わない」可能性は、次の病院でも十分にありえるため面接で伝えるのは避けた方が良いでしょう。
残業についても職種上突発的な残業もあるため「残業が多くて」という理由だけを伝えるのは悪印象になってしまいます。

自分の魅力を考える

次に自分がその病院にどういう価値を提供できるのかは徹底的に分析する必要があります。
病院側としてはできるだけ長く、そして安定して働いてもらえる人材を集めていますが、
転職回数が多いと複数同時進行で採用を進めている時に勤続の部分でマイナスになってしまう可能性があります。

そのため、他の方にはないような魅力を作っておきましょう。
特にアピールポイントとしては「即戦力になる実力」や「責任感」「特有のスキルや経験」などが挙げられます。

また、自己PRは「志望動機」とは異なります。
自分がやりたいことではなく自分がその病院に貢献できることをしっかりと考えておきましょう。

別の働き方を考えてみる

条件によっては正社員以外の選択肢があっている場合もあります。
家族の転勤が多くて転職回数が増えてしまった方や子育て中のママさん、残業なしで働きたい方には派遣での働き方もおすすめです。
正社員以外の選択肢も考えたい方は正社員も派遣も相談できる看護のお仕事への登録がおすすめです。

看護師派遣のメリットは大きく5つあります。

看護師派遣の5つのメリット
  • 高収入も狙える
  • 希望する条件で働くことができる
  • 委員会や勉強会は不参加で良い場合が多い
  • サービス残業や極端に長い残業がない
  • 人間関係にあまり悩まされない

>>看護師派遣・単発に強いおすすめ派遣会社ランキング【口コミや評判を調査】

転職回数を増やさないためにできること

転職先を決める前に退職しない

転職先を決める前に退職してしまうと、金銭面・精神面で余裕がなくなってしまいます。
最優先する条件が「早く働ける病院」になってしまうと働く上で本当は重視したいはずの「給与」「人間関係」「働く環境」などの条件が蔑ろになってしまう可能性があります。

転職理由にもよりますが、できれば退職前にまず転職エージェントに相談してみてください。
転職エージェントは条件にあった転職先を見つけてくれるだけでなく、退職時のサポートや給与の交渉なども行ってくれます。
おすすめの転職サイトを知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね。

転職する前に情報収集をする

転職前に雰囲気などを含め病院の内部情報などしっかりと把握しておくことで、転職後のギャップを最小限に抑えることができます。

【転職前の情報収集】
現地に足を運んでみる
口コミをチェックする
転職エージェントから話を聞く

実際に現地に赴く

総合病院など、大手の病院であれば診察を目的とせずとも中に入ることができます。
勤務している看護師に話しかけることはできなくとも、病院全体の雰囲気や働いている人達の関係性の一端を知ることはできるでしょう。

この中で働くことはできるか、雰囲気は自分に合っているか、実際に肌で感じて確かめてみることは非常に大切です。

口コミをチェックする

個人経営の病院などは容易に中に入れない場合も多くあります。
そのような場合は、口コミをチェックしましょう。

看護業界でおすすめの口コミサイトとして、「ナスコミ」が挙げられます。
またGoogleの口コミなども参考になります。
病院名で検索して患者さんからの口コミなどから雰囲気をみてみましょう。

ただ口コミサイトは役に立ちますが、過剰に悪く書かれている場合もあるので、あくまでも参考程度に留めておきましょう。

転職エージェントを利用する

最もおすすめしたいのが、転職エージェントを利用することです。
客観的に事実を知ることはなかなかできないものですが、エージェントはその病院の内情を調査・ヒアリングしています。
応募前に相談できるため、気になる病院があれば気軽に聞くことができます。
エージェントのサポートがあれば、自力で探すよりも確実かつスピーディーに転職先を見つけることができます。

転職エージェントに相談することである程度職場の雰囲気や人間関係などはわかりますが、転職者や派遣社員からの口コミを集めている看護のお仕事は特におすすめです。

看護師が転職する時に不利になる本当の理由

基本的には転職回数が多くても比較的問題なく転職できる職業ではありますが、それでも転職回数が多いと不利になることは否めません。

これは特に即戦力になれない新人に言えることですが、雇った後にまたすぐ辞められてしまっては、それまでに病院側が使った労力や、育てるために使った時間などが失われることになります。
せっかく力を入れてフォローをしてきたのに、辞められてしまっては病院が行った努力の全てがなくなってしまいます。

また、仕事ができる人を雇った場合には、「ここは自分のやり方と合わない」と思われて、またすぐに辞められてしまうのではないかと危惧されてしまう可能性が非常に高いです。
最前線でバリバリ働いてきた人は、自分の中にルールを設けていたり、前職でのやり方を曲げないことが多くあります。
しかし、病院側としては場に馴染めない人だとしか考えてもらえず、辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

このように、定着率が低そうな人材は積極的に採用してもらえない傾向にあります。

おすすめの転職エージェント

ここでは看護師の皆さんにおすすめしたい転職エージェントをご紹介します。
転職を成功させるためには1つの転職エージェントを利用するのではなく、
複数の転職エージェントを併用をすることが必要です。

1位.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事は、看護師のための優良転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。

さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。
口コミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。

また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。
アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる優良な転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

>>看護のお仕事の評判・口コミを見る

2位.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職サイトです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職サイトですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、希望にあった求人をさらに紹介してもらえました。
転職先についても正直にアドバイスをもらえたおかげで自分にあった病院を探すことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3位.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

>>ナース人材バンクの評判・口コミを見る

4位.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
看護師専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

>>医療ワーカーの評判・口コミを見る

5位.ナースではたらこ

ナースではたらこ

おすすめ度:
公式サイト: https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこは看護の転職業界大手のサービスです。

働きたい病院の逆指名機能がついていることや、24時間電話相談が可能など、ユーザーにとって便利な機能が備わっています。

求人数自体はそこまで多くありませんが、転職サポートにかなり強みがあるので、登録だけでもしておくことをおすすめします。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
他にはないような転職サポートがかなり多くて楽しい気持ちになりました。
あとは他のサービスと違って、無駄な電話が全然かかってこないのが良かったです。

>>ナースではたらこの評判・口コミを見る

転職エージェントの上手な利用の仕方

1. 連絡はこまめに・素早く取る
2. 経歴やスキルは正直に伝える
3. 希望条件には順位をつける
4. サイトは毎日チェックする
5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する

1. 連絡はこまめに・素早く取る


キャリアアドバイザーとの連絡はこまめに取るようにしましょう。
キャリアアドバイザーはまだサイトに載っていない求人を抱えている可能性があるため、早くエントリーするためには連絡を取って確認する必要があります。

また、キャリアアドバイザーから連絡があった場合にはすぐに応えられるようにしておくことも大切です。
待っていても連絡が来ないと判断された場合、キャリアアドバイザーは違う求職者に求人を回してしまいます。
良い求人を逃さないためにも、キャリアアドバイザーには素早く連絡が取れるようにしておきましょう。

2. 経歴やスキルは正直に伝える


これまでの職歴や、スキルの度合いは正直に伝えましょう。
短い職歴が多いと不利になるのではないか、と考えて隠したくなってしまうかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

職歴が短くても、キャリアアドバイザーはそれを悪く伝えることはありません。
それよりも、虚偽の申告をしていたことが後々になってわかってしまったという事態の方が大きな問題です。

また、スキルに関しても同様です。
必要なスキルを全て「できる」と答えてしまい、いざ業務を任された時に全くできない、となっては派遣先の企業は困ってしまいますし、何よりも今後の信用問題に関わります。

経歴やスキルは嘘偽ることなく、正直に伝えましょう。

3. 希望条件には順位をつける


求人を探す際には、希望条件に順位をつけましょう。
さまざまな希望条件があるでしょうが、それら全てを満たす求人があるとは限りません。
その時に、自分が一番大切に思っている条件はどれだろう、と考えてみてください。

求人を探す上で軸となる条件を見つけておくことは非常に大切です。
なお、条件が決まったらキャリアアドバイザーにも伝えておきましょう。
キャリアアドバイザーと意思疎通ができていないと、希望する条件に当てはまる求人を提案してもらえません。

希望する条件については、じっくりと話し合ってみてください。

4. サイトは毎日チェックする


派遣会社の求人画面は毎日チェックしましょう。
求人はどんどん更新されていくので、目を離してはいけません。
また、応募者が多数の求人は早々に応募を締め切ってしまうこともあります。

もし興味のある求人を見つけたら、すぐ連絡するようにしてください。
サイトの求人は増減の動きが激しい時期がありますから、もしめぼしい求人がなかなか見つからないようであればそういった時期を狙ってみるのも良いでしょう。

どうしても見つからないという場合は、キャリアアドバイザーに直接連絡してみてください。
サイトに未掲載の求人を抱えていることも多いので、希望する求人が見つかる可能性は高いです。

5. 求人について迷ったらキャリアアドバイザーにすぐ相談する


良いと思っても応募するべきか迷ってしまう求人があったら、まずキャリアアドバイザーに相談しましょう。
一人で悩んでいても良い結果は生まれませんし、時間だけが過ぎてしまいます。
その間に別の求職者に決まってしまうということもあり得るので、求人を掴みたいのであればすぐにキャリアアドバイザーに相談するべきです。

その求人ではどのような求められているのかなど、詳しい条件は求人票だけではわからない場合が多々あります。
直接キャリアアドバイザーに詳細を聞いた上で、応募するかどうか判断するのが最もいいと言えるでしょう。

よくある質問

Q1. 転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?
Q2. なぜ無料でサービスを受けられるのですか?
Q3. 個人情報はしっかり守られるのでしょうか?
Q4. 看護師が転職する理由は何ですか?

Q1. 転職エージェントと人材派遣は何が違うのですか?


人材紹介という単語でも呼ばれる転職エージェントは、しばしば人材派遣と同義にされることがあります。
しかし転職エージェントと人材派遣は異なるサービスなので、その違いをご説明します。

人材派遣は、人材派遣会社が人材を雇用し、一定期間企業に派遣するサービスです。
これに対して転職エージェントは正社員としての雇用を希望される方に、面談、求人紹介、面接対策などの転職サポートを提供するサービスです。

Q2. なぜ無料でサービスを受けられるのですか?


転職エージェントは求人企業からの紹介手数料で運営しているため、求職者からお金をもらう必要がありません。
そのため全てのサービスを無料で受けることができます。

Q3. 個人情報はしっかり守られるのでしょうか?


個人情報に関する規定に反すると労働省の認可が外れてしまうため、登録した内容が漏洩することはありません。
ほとんどのサービスが第三者に個人情報が渡ることについての規定は厳格に定められているので、個人情報に関しては安心していただいて問題ありません。

Q4. 看護師が転職する理由は何ですか?


多くの看護師が、給料アップやスキルアップを目的として転職を決めています。
特にスキルアップの面では、この職場にいても伸びしろが見えないと感じた時に転職を考える人が多いようです。

伸びしろが見えない場合、モチベーションを保つことが難しくなってしまうため、同じ職場で働き続けることは難しいと言えるでしょう。

新天地で心機一転頑張って働こう、と決意する人は少なくありません。

まとめ

ここまで、転職回数が多い看護師が転職活動中に気をつけたいことをご紹介してきました。
転職回数が多いことは決して大きなマイナスになるわけではありません。
転職エージェントを利用して、転職市場をしっかりと把握しつつ転職活動を進めていきましょう。

サービス名 公開求人数 総合評価 コメント
ミラクス介護 約100,000件
求人数◎
キャリアアドバイザーによる
フルサポートあり!
介護ワーカー 約72,000件
求人数、対応地域◎!
無資格でも登録可能
マイナビ介護職 約30,000件
キャリアアドバイザーが
しっかりサポート

▶︎横にスクロールできます▶︎

【看護】都道府県別おすすめ転職サイト
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
参考文献
看護職員就業状況実態調査結果
看護職のキャリアと働き方支援サイト
看護職のキャリア
看護職員の現状と推移
看護職員研修事業の実施状況及び事業計画に関する調査について
看護業務実態調査について
福祉及び介護施設における看護師の日雇派遣に関するニーズ等の実態調査
ナースセンターによる看護職員の復職支援の強化
「訪問看護ステーションの求人倍率」継続して高水準
看護職賃金の実態とその改善策
看護職就業者数の動向に関する研究
公益社団法人日本看護協会
准看護師のための進学特設サイト
看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業
いきいき働く医療機関サポートWeb
医療専門職支援人材確保支援事業報告書(抄)