CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「看護師の平均年収はどのくらいなのか」「看護師の年収をもっと上げるにはどうしたらいいか」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方に向けて、この記事では看護師の年収・給与について徹底的にリサーチをした内容を紹介致します。

看護師の年収・給与について、様々な観点から解説を見ていきましょう。

看護師の年収が気になっている方にとって、有益な内容となっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事 派遣
派遣求人数
約1,000件(公開求人件数)

\1分で登録完了/

看護師の平均年収は483万円

看護師の平均年収はいくらなのでしょうか?

厚生労働省の調査によると、2020年最新の看護師の平均年収は482万9,100円となっています。(所得税、社会保険料などの控除前の金額)

日本国内の平均年収は436万円と言われていますので、国内全体と比較すると、平均より約50万円ほど高いということがわかりますね。

男女別の看護師年収・給与の差も見ていきましょう。

男性看護師の平均給与一覧

平均年齢 36.0歳
平均年収 496万800円
平均月収 34万3,700円
平均賞与 83万6,400円

▶︎横にスクロールできます▶︎

参考:令和元年賃金構造基本統計調査

上記の表は、男性看護師の給与について記載したものとなります。

平均年収は約500万と比較的高いということがわかります。

男性看護師の場合は、力の要する救急医療現場や大きい病院の医療現場など、責任感の伴う職場が多い傾向にあります。

女性看護師の平均給与一覧

一方でこちらは女性看護師の平均年収を記載したものになります。

平均年齢 39.9歳
平均年収 481万3,600円
平均月収 33万3,300円
平均賞与 81万4,000円

▶︎横にスクロールできます▶︎

参考:令和元年賃金構造基本統計調査

平均年収は、481万円となっていて、男性看護師のほうが全体的にやや高い年収・給与となっているようです。

働く職場の規模や家族手当などの関係から年収・給与に少し差が生じているようです。

ただ、男性・女性の看護師の平均年収は両方とも、国内の平均年収と比べると比較的高いと言えるでしょう。

世間一般的なイメージからすると、「看護師の年収は良い」と思われていることが多いですが、あながち、そのイメージは間違っていないようです。

年齢別の看護師平均年収

次に、年齢別の看護師平均年収を見ていきましょう。

令和元年賃金構造基本統計調査のデータによりますと、

2020年の女性看護師の平均年収を調査した結果、

  • 20代後半の平均年収:約464万円
  • 30代の平均年収:約476万円
  • 40代の平均年収:約516万円
  • 50代の平均年収:約534万円

ということがわかりました。

基本的に年齢とともに年収は上昇していき、50代でピークを迎えるようです。

ただ、20代後半でも400万円後半と、悪くはない金額と言えるでしょう。

都道府県別の看護師平均年収

続いて、看護師年収・給与を都道府県別に見ていきましょう。

1位 岐阜 543.4万円
2位 滋賀 536.6万円
3位 千葉 522.0万円
4位 栃木 520.9万円
5位 静岡 519.3万円
6位 神奈川 517.2万円
7位 和歌山 514.0万円
8位 奈良 511.2万円
9位 東京 509.8万円
10位 茨城 508.9万円
11位 北海道 499.2万円
12位 福井 496.4万円
13位 三重 495.4万円
14位 兵庫 494.9万円
15位 愛知 494.1万円
16位 鳥取 493.4万円
17位 埼玉 490.3万円
18位 大阪 489.6万円
19位 京都 489.2万円
20位 徳島 484.0万円
21位 岩手 475.6万円
22位 香川 475.2万円
23位 新潟 473.4万円
24位 佐賀 473.4万円
25位 石川 468.1万円
26位 秋田 466.5万円
27位 群馬 466.4万円
28位 長野 465.6万円
29位 富山 463.8万円
30位 岡山 462.5万円
31位 福岡 460.8万円
32位 広島 456.3万円
33位 沖縄 455.7万円
34位 長崎 452.4万円
35位 山梨 449.7万円
36位 愛媛 448.6万円
37位 島根 447.5万円
38位 山口 442.6万円
39位 宮城 442.0万円
40位 山形 441.9万円
41位 高知 437.5万円
42位 熊本 430.4万円
43位 青森 417.4万円
44位 福島 417.4万円
45位 鹿児島 417.2万円
46位 大分 416.7万円
47位 宮崎 391.5万円

▶︎横にスクロールできます▶︎

参考:令和元年賃金構造基本統計調査

ランキングは上記の通りとなります。

ランキングの1位は岐阜県となっており、平均年収は543.4万円となります。続いて滋賀県、千葉県となっており、ランキング上位10県は年収500万円を超えています。
一方で、ランキング最下位の県は宮崎県(391.5万円)であり、それに続いて、大分県、鹿児島県となっています。

ただ、日本国内の平均年収である436万円と比べると、ほとんどの県が上回っており、年収に関しては比較的高いと言えるでしょう。

また、首都圏エリアのほうが平均年収が高い傾向にあり、1都3県などは高い平均年収にあります。
高年収を目指している看護師の方は、首都圏エリアの方が高給与になりやすいと言えるでしょう。

医療職種別の看護師平均年収

次に、医療職種別の看護師平均年収・給与を記載しています。

1位 医師 1016.4万円
2位 薬剤師 535.7万円
3位 看護師 481.4万円
4位 歯科医師 472.9万円
5位 准看護師 400.6万円
6位 理学療法士 394.3万円
7位 歯科衛生士 370.7万円

▶︎横にスクロールできます▶︎

参考:令和元年賃金構造基本統計調査

結果を見てみると、看護師の平均年収は、医師、薬剤師に続く3位となっており、医療職種の中でも、比較的年収が高いと見てとれるでしょう。

看護師の年収・給与は結局どうなの?

ここまでで看護師の年収・給与について4つの観点で紹介していきました。

結局の所、看護師の年収・給与についてまとめると、看護師の年収は、一般的に平均よりやや高く、恵まれていると言えるでしょう。

地域ごとによっても、多少の差はありますが、ほとんどの県の平均年収は国内の平均年収を超えています。
もちろん、医師や薬剤師と比べると劣ることは確かですが、見劣りするほどでもありません。

しかし一方で、仕事内容に関しては看護師の仕事は激務になる場合も多く、生活リズムも乱れやすい仕事です。

マイナビアンケート2
(出典:看護師1600人のリアル『マイナビ看護師白書2019年度版』~看護師の「労働実態」「就労・転職志向」とは~)

こちらは、看護師の方の時間外労働についてアンケートをした結果ですが、約半数の方が10時間を超える長時間労働をしていることがわかります。
それだけ、看護師の職は残業が多い事が伺えますね。

看護師の仕事内容などについては、以下の記事で詳しく説明していますので、そちらも御覧ください。

>>看護師の夜勤がきついといわれる理由|夜勤なし勤務も可能

>>看護師の仕事が辛い|辞めたい理由と具体的な解決方法を紹介

看護師の年収は平均以上とはいえ、「もっと年収をアップしたい」と思っている方も多いでしょう。
そんな方に向けて、次の章では看護師の年収をアップさせる方法を解説致します。

看護師の年収・給与をアップさせる方法

看護師の年収・給与をアップさせる方法としてどのような方法があるのかと気になる方は多いと思います。

そんな方に向けてこの章では、看護師の年収をアップする方法をご紹介致します。

看護師が年収をアップさせる方法
  • 資格を取得する
  • 役職を目指す
  • 転職する
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ順に紹介してきます。

資格を取得する

まずは、資格を取得するということが挙げられるでしょう。

看護師の方が目指せるし資格として、以下のような資格が主に知られています。

  1. 認定看護師
  2. 専門看護師
  3. ケアマネージャー

上記に挙げた資格以外にも、看護師の方が取れる資格はたくさん存在します。

「働きながら資格を取得」というのは大変かも知れませんが、必ず将来役に立つはずですし、年収アップにも間違いなく繋がるでしょう。

ぜひ、自分に合っている資格を検討してみて下さい。

認定看護師

認定看護師とは、高度な医療分野や専門性の高い医療現場でも活躍できることを証明する資格です。

紹介する3つの中では比較的難易度が高く、看護師としての能力を向上することができるでしょう。

認定看護師の受験資格を得るには、実務研修が5年以上あることが求められており、取得までも半年以上に渡る研修を受ける必要があります。

難易度や取得時間ともに苦労を要する資格ですが、看護現場でのリーダーとして、病院・施設などで活躍することができます。
年収アップなども大いに期待できるでしょう。

専門看護師

専門看護師とは、患者様に対して質の高いケアを行うために、特定の分野の知識や技術を備えていることを証明する資格です。

専門看護師は認定看護師とは異なり、より地域と密着した仕事を求めらるのが特徴です。
患者さんの家族・地域との繋がりを持って、ケアをしたりすることが求められます。

専門看護師になるのにも、5年間の実務経験にプラスして、書類審査や筆記試験が必要となります。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、「介護支援専門員」のことを指します。
本人や家族の相談に応じて、必要な介護サービスが受けられるような対応をするのがケアマネージャーの主な仕事です。

医療、介護とのつながりが強い看護師にとって、ケアマネージャーの資格は大いに役立つでしょう。

看護以外の仕事にも繋がりを持ちたいと思う方などには最適な資格といえます。

その他の看護師関連の資格

今挙げた資格以外にも、看護師関連の資格として、様々な資格が存在します。

看護師関連の資格
・助産師
・保健師
・臨床心理士
・医療環境管理士
・笑い療法士
・リンパ腫瘍療法士
・福祉住環境コーディネーター

色々な資格を検討して見ると興味のある分野が見つかる事もあるので、ぜひ調べてみて下さい。

役職を目指す

看護師の場合、キャリアを積むにつれ、看護師長や副看護師長といった役職がつきます。

役職に就く場合、職場にもよりますが、だいたい10万円から20万円ほどの年収・給与アップが見込めます。

看護師にはたくさんの役職が存在しますので、年収アップを目指す場合には、そのような役職を目指すと良いでしょう。

また管理職に昇格すると、通常業務に加え、従業員の教育、シフト管理、組織体制の見直しといった運営にも携わることができます。経営者視点で物事を捉える感覚が養われ、今後のキャリアアップにも役立ちます。

転職する

看護師の資格を取得するには時間を要する一方、役職に就くのにも、役職のポストが詰まっていては昇給することも難しいでしょう。

そのような場合には、転職によって、年収が上がる場合もあります。

転職をすることによってスキルアップやキャリアアップしやすい環境へ職場を変えることも可能です。
病院や施設によっては、資格支援制度を導入していると所もあるようですから、今の職場に満足していないようであれば、転職することをおすすめします。

創業が長い日本企業の中には、年功序列の文化が未だに根強く残っています。人材不足によるベテラン世代のポスト詰まりが影響し、なかなか役職が上がらず年収アップは期待できないかもしれません。役職が上がるのを待つのではなく、転職した方が得策です。

転職エージェントを活用する

年収アップを目的に転職活動を行う場合は、転職エージェントを利用した方が良いでしょう。看護師業界の採用市場に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、求職者にとって役立つ情報や希望条件に近い求人を多数紹介してくれます。

プロの手を借りることで、好条件の求人に出会えたり、年収が上がったり、理想の働き方を実現できるのではないでしょうか。

転職エージェントの選び方や登録・利用の流れなど、詳しい内容について知りたい方は下記の記事も参考にしてみてください。

>>看護師におすすめの転職エージェント9選|目的別に徹底比較

看護師の方におすすめ転職サイトランキング

この章では、看護師の方におすすめの転職サイトランキングをご紹介致します。

年収・給与をアップさせたい看護師の方にとって、転職エージェントは必須であると言えるでしょう。

特に看護師という専門的な職種であるからこそ、エージェントの存在は大きなものであると言えます。

これから紹介するランキングの中から、ぜひ、あなたに合った看護師転職エージェントを利用してみてください。

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。


2.医療ワーカー

医療Worker

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。


3.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

4.マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:
公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
3年連続認知度No.1で、全国に求人もあります。求人情報の読み方からレクチャーしてくれるほどの丁寧なサポートが魅力で、面接対策はもちろんですが、面接に同行してもらうこともできます。
セミナーも開催していますのでそもそも転職を悩んでいるという方にもお勧めできます。病院はもちろん、クリニックや介護施設などの求人も多く扱っていますので、多くの選択肢から検討することができます

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
子供を産むタイミングで仕事をやめ、昔お世話になったマイナビさんを利用しました。転職活動をそもそも何から初めるべきか悩んでいましたが、相談してからスムーズに運びました。
夜勤なし、残業少なめという条件も叶えてくれて感謝しています。


5.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は利用者満足度96.2%で最も選ばれている看護師さんにおすすめの「エージェント型」転職サイトです。登録しなくても情報をしっかり見ることもできるので「サイト型」のような使い方も可能です。
求人数も37,000件と豊富で、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴。病院内の内部情報を事前にしっかり知ることができるため人間関係なども事前に把握しておけます。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、給与面でより理想的な病院を紹介してもらいました。
少し連絡が多かったことが気になりました。

看護師転職エージェントの上手な活用ポイント6つ

「希望条件は優先順位をつけて伝える」「スキルや経歴は正直に伝える」など、転職エージェントを上手に利用する6つのコツを紹介します。

1.連絡は素早く・こまめに

担当のキャリアアドバイザーへの連絡は、スピーディーに行いましょう。返信が早いと転職意欲が高いと評価され、好条件の非公開求人を優先的に紹介してもらえる可能性があります。

担当者への連絡を後回しにすると、貴重な転職チャンスを逃すかもしれません。常日頃から、素早い返信を心掛けましょう。

連絡をとっていないエージェントがあれば、2週間に1度程度は連絡をしまだ転職活動をしていることを伝えることも大切です。コンスタントに連絡をとることで、新しい求人を紹介してもらえる機会が多くなります。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」

転職エージェントとの面談で必ず聞かれるのが、「希望の転職時期はいつ頃をお考えでしょうか」という質問です。

少し時間をかけて転職活動をしたい方も、「良いところがあればすぐにでも」と伝えましょう。転職意思が強い求職者はエージェントの売上につながりやすいことから、優先して求人を紹介してもらえます。

3.経歴やスキルは正直に伝える

学歴や職歴、スキルは正しい情報を伝えましょう。転職回数が多いと「長続きしない人物」というマイナスな印象を相手に与え、内定の合否に響く可能性があります。誰でも自分を良く見せたいと思うのは当然のことです。

外資企業では、リファランスチェック(経歴照会)を行うケースが多いといわれています。提出した情報が嘘だと発覚した場合は内定取り消しはもちろん、経歴詐欺として訴えられるリスクも免れません。

4.希望条件は優先順位をつける・理由を伝える

面談前に、希望条件に優先順位をつけましょう。自分の希望通りの転職先を見つけるには、自分の考えを担当者に共有する必要があります。

的外れな求人を紹介されたり、レスポンスが遅かったり、転職活動がうまく進まないかもしれません。

「給与」「休日日数」「福利厚生」「駅からの近さ」など、希望条件をリストアップしたら優先順位をつけておきましょう。優先順位をつけられない場合は、担当者と一緒に希望条件を一つひとつ精査し希望に合った求人を見つけましょう。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

複数のエージェントから、同じ求人に応募することは原則禁止されています。企業からエージェント側に「◯◯○○様は、他のエージェントから推薦されており選考できません」というメールが届くことがあるようです。

スケジュール管理ができない人と判断され、選考へ進めなくなったり、エージェントとの信頼関係が崩壊したり、さまざまな悪影響をもたらします。重複応募が原因で面接NGが出た企業へ、再応募することはできません。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェントが応募時に添える推薦状とは、転職者の強みやスキルなどを応募企業にアピールするものです。推薦状も採用の合否を決める重要な判断材料となります。事前に推薦文の内容を確認しておきましょう。

担当者によっては、職務経歴書の内容をそのまま書いているケースもゼロではありません。「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」「客観的に見て、どのような評価なのか知りたい」などと伝えると良いかもしれません。

派遣社員として働くのもあり!派遣社員のメリット・デメリット

時給で働く派遣社員は正規雇用の正社員に比べると、自由度が高く勤務日数・時間も自分の予定に合わせて決められます。残業や休日出勤もほとんどありません。

派遣社員は、復職を検討中でブランクに不安がある方やプライベートも充実させたい方におすすめの働き方です。

派遣社員のメリット・デメリットは、下記の表を参考にしてみてください。

メリット デメリット
・パート・アルバイトよりも時給が高い
・プライベートと仕事のバランスを取りやすい
・サービス残業や休日出勤がない
・派遣契約期間は最大3年
・ボーナスがなく収入が不安定
・派遣切りにあうリスクが高い
・社会的信用が低い

▶︎横にスクロールできます▶︎

看護師転職に関するよくある疑問

Q1.看護師のベストな転職時期はいつですか?
Q2.転職活動の平均期間はどれくらいですか?
Q3.転職回数が多いと採用合否に影響しますか?
Q4.年齢によって求められる知識やスキルは変わりますか?

Q1.看護師のベストな転職時期はいつですか?

転職活動をするなら、2〜3月と8〜9月をおすすめします。新年度や下半期に向けて組織体制や人員配置を見直す企業が多く、好条件の求人が多く公開される時期です。

企業の採用活動が活発化し、応募が集中して競争が激化する可能性もあります。3月入社を目指すなら前年の12月、8月入社を考えているのであれば6月頃から転職活動を始めましょう。

Q2.転職活動の平均期間はどれくらいですか?

個人差はありますが、看護師の転職期間は1〜2ヶ月程度です。

働きながら求人探しや応募企業との面接日程調整、面接などをすべて一人で行うのは至難の技。転職活動をスムーズに行うのであれば、エージェントを使用した方が良いでしょう。

転職エージェントなら求人紹介から入社日の調整など、求職者のサポート体制が整っています。企業の公式ホームページや求人転職サイトには掲載していない、非公開求人を多数保有しているのもエージェントの特徴です。

非公開求人とは
転職エージェントだけが独自に保有している求人のことです。
非公開求人は、従来の転職サイトや求人情報誌には掲載されていません。公開求人よりも倍率が低く、内定を獲得できる可能性が高くなります。

Q3.転職回数が多いと採用合否に影響しますか?

転職回数が必ずしも選考に影響するとは限りません。

「転職理由を教えてください」という質問に対しキャリアの一貫性を主張することで、面接官に対しポジティブな印象を与えられます。「仕事内容と給与が見合わない」「上司と合わない」など、環境や周囲に責任を押し付けるような発言は絶対に避けましょう。

ちなみに、20代で転職回数が多いと採用合否に影響する場合もあります。転職回数が3回以上になると、「辞めぐせがついている」「仕事が長続きしない」とマイナス評価になることもあるようです。

Q4.年齢によって求められる知識やスキルは変わりますか?

企業が求めるスキルや能力は、年齢によって異なります。

薬剤師業界に限らず、20代であればポテンシャルや成長意欲、即戦力採用となる30代は実務経験やスキルの高さ、そして40代に入るとマネジメント能力を重視した採用活動を行うのが一般的です。

闇雲に転職活動を行うのではなく、資格を取得したり、スキルを磨いたり、自分のアピールポイントを見つけましょう。

まとめ

この記事では、様々な観点から看護師の年収について解説をしていきました。

看護師の年収・給与にお悩みのある方にとって有益な情報となっていれば幸いです。

また、看護師の年収アップには、転職エージェントのサポートを借りて、他の職場へと転職をすることもおすすめです。

この記事内で紹介致しました、看護師におすすめの転職サイトランキングから、ぜひ、登録をしてみて下さい。

以下におすすめの看護師転職エージェントも紹介しています。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
医療ワーカー

4年連続支持率No.1!
あなたのための転職サービス
ナース人材バンク

看護師・地域専門のエージェントが
転職をサポート

▶︎横にスクロールできます▶︎