「看護師の志望動機の書き方がわからない」
「受かるような志望動機はどういうもの?」

このような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

この志望動機の書き方のコツをつかむことで、採用担当者にしっかりとアピールできる志望動機を作成することができます。

そこで転職業界に携わる筆者が受かるために注意するべき志望動機のポイントを徹底的に解説します。

この記事を読めば、新卒として看護師になる方だけでなく、様々な面で志望動機を書くのに役立つ知識が身に付きます。

すぐに例文を読みたい方はこちら

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

ナース人材バンク
利用満足度97%
年間10万人の登録実績

\日本最大級の看護師求人サイト/

公式サイト→

ぶっちゃけ話転職サイトは種類がたくさんあり、さらに担当者との相性もあるため、人によって合う合わないが大きいです。
複数のサービスに登録してみて、サービスの使い心地や担当者との相性を確認してみるのがいちばん効率的に希望の求人を探す近道です。

看護師の志望動機|自己PRとの違い

志望動機をどのように書いたらいいか困っている方の中には自己PRと志望動機の違いがうまく理解できていない方も多いのではないでしょうか。

自己PRと志望動機の違い

  • 自己PR

    あなたの考える自分の強みや経験をアピールして自分の魅力を伝えるものです。
    つまり、これまでに身に着けてきた能力についてアピールします。

  • 志望動機

    数ある病院(クリニック)の中からなぜその施設で働きたいのかを伝えるための項目です。
    つまり、現在のあなたの気持ちと今後のビジョンについてアピールして熱意を伝えます。

よく混合されやすいので、しっかりと把握しておきましょう。

看護師の志望動機の重要性

志望動機は書類選考や面接で非常に重要な項目です。

なぜ志望動機が重要視されるのでしょうか。

それは採用担当者にあなたが「その病院(クリニック)」で絶対に働きたいという熱い思いを示すため、また、病院(クリニック)が求める人物像とあなたがマッチしているかどうかを確認するためです。

つまり採用担当者はあなたがその施設で働きたいという熱意と将来活躍してくれるかを見ているのです。

志望動機はあなたの言葉で!
ここで誰にでも当てはまるような内容を書いてしまうと採用担当者にあなたの熱意をアピールすることができません。

アピールポイントとしては熱意を伝えてさらに病院(クリニック)の理念に共感する内容を書きましょう。

次の章から実際の書き方を解説します。

看護師の志望動機|書き方

採用担当者にあなたの熱意を伝えられる志望動機を作成するためには以下のポイントを押さえておきましょう。

志望動機に重要なポイント

  • なぜその病院(クリニック)で働きたいのか
  • 働きたい病院(クリニック)の理念や方針への共感
  • その病院(クリニック)に貢献できる自分の経験やスキル
  • 入職した後で何をやっていきたいか

この内容を網羅した志望動機を作成し、採用担当者に熱意を伝えるための具体的な4つのステップを紹介します。

ぶっちゃけ話
結論→根拠→具体例という文章設計にすることで伝わりやすい文章になりますよ。

ステップ1:病院(クリニック)の理念・方針を理解し共感できる点を探す

あなたの入りたい病院(クリニック)をしっかりと調べることが大切です。
その際に病院(クリニック)の理念や方針をしっかり調べて理解しましょう。

理念とは病院(クリニック)の根本になる考えを示しています。

また、基本方針とは理念実現のための行動を示したものです。

採用担当者はこの理念や方針に共感してくれるような方を採用したいと考えます。

調べる際は病院(クリニック)のホームページを見て、どこに共感したのかを明確に伝えるられるようにしましょう。

ここで注意
ただ調べるだけでは不十分です。
調べた理念や方針に加えて、自分の意見を伝える必要があります。

例)
病院(クリニック)が大人数に力を入れている場合→なぜ大人数に魅力を感じたのか

ステップ2:あなたの経験やスキル、どのようなことをしたいのか

あなたがこれまでに経験したことやスキルを書き出してみましょう。

また、経験やスキルを通じてどのような仕事をしていきたいのかも書き出してみましょう。
あなたの目指す価値観とずれないようにするためです。

「どんな病棟を何年担当したのか」「どのような役割についていたのか」などの点を踏まえて入職後にどのような活躍ができるのかをアピールします。

仮に希望している病院(クリニック)が前職では経験のない取り組みをおこなっており、そこに魅力を感じた場合はすでに勉強していることを伝えることが大切です。

ステップ3:なぜ転職をしようと思ったのか

転職の場合、なぜ前職を辞めたのかを伝えその上で希望している病院(クリニック)に入りたいことを伝えるようにしましょう。

ここで注意するべき点として、ネガティブなことを伝えないようにしましょう。

仮にネガティブな理由で退職してしまったのだとしても、初対面の採用担当者からは「愚痴を言ってしまう人」という印象がついてしまいマイナス評価になってしまうでしょう。

そんなときはポジティブに言い換えるようにして伝えましょう。
コツはスキルアップのための転職であることを伝えることです。

ステップ4:就職した後に実現したいビジョンを書き出す

ビジョンを考えるにあたって、なぜあなたが看護師になろうと思ったのかを書き出すといいでしょう。

自分のやりたかったことを改めて考えることができます。

患者さんを支え医療に携わる仕事をしたいから、という理由も「なぜ」そうしたいのかを掘り起こしてみるとあなただけのバックグラウウンドが見えてくるのでビジョンを語りやすくなるでしょう。

そういったバックグラウンドはあなたが看護師として働くには十分説得力のある内容になるので採用担当者に熱意を伝えることができます。

以上の4つのポイントが志望動機を書く上で大切な点になります。

恋愛に例えてみる

志望動機を恋愛に例えるとわかりやすいかもしれません。

  • ステップ1:病院(クリニック)の理念・方針を理解し共感できる点を探す

    ステップ1は好きな相手のどこが好きなのかを見つけます。
    ここで相手のどこが好きなのかを具体的に言えるとアピールしやすくなりますよね。

  • ステップ2:あなたの経験やスキル、どのようなことをしたいのか

    自分がどのような人間なのかを伝えて自分を積極的にアピールしましょう。

  • ステップ3:なぜ転職をしようと思ったのか

    元恋人となぜ別れたのかを伝えて、次に付き合う恋人とは長続きできることを理由を添えてアピールします。

  • ステップ4:就職した後に実現したいビジョンを書き出す

    具体的なゴールを示すと自分との将来を描きやすくなるでしょう。

このように置き換えて考えてみると非常にシンプルです。

しかし志望動機を1人で考えるのは難しい場合もありますよね。
そのような場合は1人で悶々と考えずに知り合いに話して見てください。

人と話すことで自分の知らなかったことに気づくことができる場合もあります。

しかし、自己分析を人に聞くことはなかなか難しい場合もありますよね。
そんな時に看護師専門の転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントでは登録した方ひとりひとりに担当者がついて、志望動機作成をアシストしてくれます。

>>看護師転職サイトおすすめランキング|タイプ別に徹底解説

看護師の志望動機の書き方|注意点

ここでは志望動機を書く上での注意点を解説していきます。

ネガティブな退職理由は書かない

ステップ3でも記述した内容になります。
初対面の人の前で悪口を言う人に良い印象を抱く人はいないですよね。

このような場合はポジティブに言い換えることが重要になります。

給与や待遇面での希望は言わない

給与や待遇は気になりますよね。
しかし、志望動機に書いてしまうのはNGです。

「貴院の給料が良くて~」などと書くと、
「この人は仕事内容には興味がないのかな」と採用担当者にマイナスの印象を与えかねません。

なので、給与や待遇面での希望などは書面には書かずに面接の際に聞くようにしましょう。

体調面で不安を与えない

前職を体調不良で退職してしまった場合は、現在は完治しているということも伝えるようにしましょう。

仮に現在も通院中の場合は隠さずに話し、医師に許可を得ていることを伝えます。
そうすると採用担当者があなたの就業後のイメージをしやすくなるのです。

「学びたい」「勉強させてほしい」を繰り返さない

勉強したいと思っていても伝えるのは控えるべきです。
というのも学びたいというのは受け身な態度であると認識される場合が多く、「学校と勘違いしている」と思われている場合があります。

あなたは意欲を伝えるつもりだったのかもしれませんが逆効果になってしまう場合があるので注意してください。
自分のスキルを活かせる部分、スキルアップのためにしていることなどを伝えた上で、勉強したい意思を伝えてみてはいかがでしょうか。

看護師の志望動機と例文|経験別の場合

この章では実際に看護師に転職するために必要な志望動機を例文を踏まえて経験別に解説していきます。

未経験からの転職

未経験が採用担当者から見られるポイントは、やる気と人柄、将来性そして、社会人としての常識が備わっているかどうかです。

実際に病院(クリニック)での勤務経験がないので、即戦力としてのアピールはできませんが、積極的に業務に取り組む姿勢や素直さをアピールするとよいでしょう。

素直さはあなたが今後、先輩看護師の方に教えてもらった内容を自分の中に取り入れて成長することができることをアピールでき、結果将来性に期待させることができます。

例文
わたしが貴院を志望した理由は、一人一人の患者さんに十分寄り添い、患者様の思いを受け止めるという貴院の病院方針に共感したためです。
前職では消化器外科病棟で4年間、経験を積んで参りました。
父がガンで倒れたのをきっかけに、改めて命の大切さに気付き、もっと一人一人をそばで守っていけるような病院で働きたいと思う自分に気づきました。
私自身より一層看護師として成長をし、患者様の気持ちに寄り添い信頼して頂けるような看護師になりたいと考えています。
前職の消化器外科病棟で培った根気を生かして早く一人前の看護師として活躍できるように頑張ります。

新卒からの就職

新卒の方は社会人としても看護師としても経験がないため意欲や熱意を伝えることが重要になってきます。

そんな経験のない新卒の方に採用担当者が期待するポイントは笑顔と元気です。

元気な新卒看護師は患者さんはもちろん、他の看護師の方にも良い影響を与えるのです。
なのであなたの明るさや魅力をどんどん伝えましょう。

例文
私は勉学で培った知識、実習を通しての経験をもとに、より多くの患者様を助けることのできる看護師になりたいです。
そのため、日本で最先端の医療を学び、多くの疾患・患者様のケアを実践している病院での勤務をしたいと考えています。
貴院は最先端の医療体制が整っているのはもちろん、教育プログラムが充実している点や、基礎的な疾患だけでなく専門性の高い疾患まで幅広く受け入れられている点を魅力に感じました。
貴院で働かせて頂く事で、幅広い知識や経験を身につけられると感じております。
看護師としての土台となる時期に貴院のような環境で多くを学ばせていただき、より良い看護師を目指したいと考え、志望いたしました。

ブランクのある方の転職

結婚や子育てなどで看護師を離職してブランクがある方は、なぜ離職したのかと復職したい理由を伝えることで大切です。

また採用担当者は今の病院の現状をしっかりと理解しているのか、体力的に看護師として復職できるのかを見ています。

そういった不安を取り除くような志望動機を書くと共に、ブランク中の経験をどのように生かせるのかを書くと、採用担当者に好印象を与えるでしょう。

例文
前職では循環器内科病棟で3年間勤務いたしました。結婚・育児が一段落し、今後、看護師を続ける上でより長期的に働ける環境でスキルを発揮したいと考えております。
貴院は、復職者向けの研修や院内での勉強会が充実しているため、前職で培った看護力っをよりスキルアップできると思い、志望いたしました。
また、実際に子育てと両立させながら働いていらっしゃる方が多数いらっしゃることにも魅力と共に安心を感じております。
貴院のチームの一員として、共に助け合い励まし合いながら患者様にご満足いただける質の高い看護を目指していきたいと思います。

看護師の志望動機と例文|雇用形態別の場合

正社員やパート、派遣社員などの雇用形態によっても病院(クリニック)から求められるスキルは変わってきます。

正社員

正社員は看護業務とは別に、将来的には責任者などの重要なポジションに就くことも期待されるため、その院で長く働くことが求められます。
そのため責任感やコミュニケーション能力が備わっているかをチェックされます。

また、いままでの経験を具体的に書き、前職ではなぜ自分の理想とする看護ができないのかを明記することで、採用担当者に好印象を与えることができます。

例文
前職では患者数の多い大型病院(クリニック)にパートとして勤めていました。
仕事にはやりがいを感じておりましたが、もっと一人一人の患者様と向き合い、患者様の意思を尊重出来るような看護をしたいと考え始めていました。
貴院の掲げる、一人一人の患者様と寄り添い安心して頂ける医療を目指すという病院理念をHPで拝見し、貴院で働くことで理想の看護ができると考えております。
また、より患者様と密に接する機会を増やしたいために正社員を志望しております。
前職では大勢の患者様を診る機会が多かったためその経験を生かし、いずれはチームの責任者としてメンバーにも信頼してもらえるような看護師になります。

派遣社員

派遣社員の場合は、あなたと病院(クリニック)の求める条件がマッチしていることが大切です。
そのため、志望動機は基本的には必要ありませんが、施設見学の際に病院(クリニック)の希望するシフトでの勤務が可能か、看護師としての経験などを問われることがあるので回答を用意しておきましょう。

例文
看護経験は、出産前に小児科病棟で3年勤務しておりました。
妊娠と共に退職しておりましたが、子供が小学校に上がるため卒業までの間は家庭と仕事の両立を考え派遣社員を希望しております。
子供の帰宅が16時になるので募集要項の勤務時間にも対応できます。

パート・アルバイト

パート・アルバイト看護師の主な仕事は正社員看護師の補助業務になります。

またパートアルバイトの求人にはこれから資格を取得する方も歓迎している無資格歓迎の求人もあります。
そのような求人にはあなたの熱意を伝えることが大切になります。

さらに病院(クリニック)の志望するシフトで勤務できるかどうか、当日欠勤がないかなども重視されます。

例文
病気の患者様に寄り添う仕事をし、日本の医療に貢献したいという夢をかなえるために、現在オンラインスクールで資格取得の勉強中です。
シフトは融通が利かせられますし当日にお休みをいただくことは少ないと思います。

看護師の志望動機と例文|病院(クリニック)の規模別の場合

病院(クリニック)の規模によっても求められるスキルが変わってきます。

ここでは大規模の病院(クリニック)と小規模の病院(クリニック)をそれぞれ見ていきます。

大規模な病院(クリニック)

大規模な病院(クリニック)の特徴は患者数が多いことです。
そのため、看護師同士のチームワークが重視されコミュニケーション能力が求められます。

また、1人当たりで担当する患者数も多くなるため、マルチタスクをこなす能力や体力が大切になります。

例文
貴院を志望した理由は、大規模な病院で、多くの患者様のケアに携われるとともに、「患者様ひとりひとりを大切にし、患者様の望ましい未来を生きるための基礎を培う」という病院理念に共感したためです。
その理念のもと一生懸命にケアをされる看護師の皆様を見て、私もこの病院の一員として患者様がより心地よい入院生活をするための手助けをしたいと考えました。
また、様々なスキルや経験を持った看護師の方々と共に切磋琢磨することで、多くの学びを得られる点も大規模病院ならではの魅力だと考えています。
体力には自信があり、ゆくゆくはチームの責任者としてメンバーの成長をサポートできる看護師になるために頑張りたいと考えております。

小規模な病院(クリニック)

1人の看護師が担当する患者の人数が少ないためひとりひとりにしっかりと向き合った看護を行うことができます。

通常の決まった業務だけでなく、患者さんの要望に応じて適切なサポートを臨機応変に対応する能力や、患者さんひとりひとりと向き合い家族の不安解消などのコミュニケーションが必要になります。

例文
私が理想に掲げるのは、患者様から「あなたがいてくれて良かった」と言っていただけるような看護師になることです。
そのため、地域密着型の病院で患者様により身近な存在である貴院で、看護師としてのキャリアを築きたいと思い志望いたしました。
貴院は「地域に根差し、患者様の声に寄り添う医療」という病院理念のもと、安心で安全な看護を長年提供し続けていらっしゃいます。
病院見学の際には、看護師さんが患者様と笑顔で会話をしながらケアをされている姿を拝見し、患者様のその安心した表情に、とても厚い信頼関係が構築されていると感じました。
私の目指すところである「信頼される看護」を貴院で学び、より成長した看護師を目指し貴院で働きたいと考えております。

志望動機に困ったら看護師専門の転職プロに相談する

これまで志望動機を書くポイントや例文を解説してきましたが、自分の言葉で書かなければあなたのバックグラウンドをうまく伝えることはできません。

自分の言葉での志望動機が思いつかない場合は、看護師専門の転職サイトに登録してプロのアドバイザーに相談してみましょう。
アドバイザーは志望動機だけでなく、面接の練習や園の特徴も調べてもらうことができます。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事
求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
ナース人材バンク
看護師・地域専門のエージェントが
転職をサポート
マイナビ看護師
収入アップの特集や
想定年収査定サービス!

▶︎横にスクロールできます▶︎

>>看護師転職サイトおすすめランキング|タイプ別に徹底解説

看護師の志望動機の書き方|まとめ

ここまで看護師の志望動機の書き方について解説していきました!

志望動機に重要なポイント

  • なぜその病院(クリニック)で働きたいのか
  • 働きたい病院(クリニック)の理念や方針への共感
  • その病院(クリニック)に貢献できる自分の経験やスキル
  • 入職した後で何をやっていきたいか

上記のポイントを意識して結論→根拠→具体例の順に書くことで採用担当者に伝わりやすい志望動機を書くことができるようになりますよ。

仮に一人で考えるのが大変な場合は看護師専門のアドバイザーに頼ることをおすすめします。

>>看護師転職サイトおすすめランキング|タイプ別に徹底解説

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

ナース人材バンク
利用満足度97%
年間10万人の登録実績

\日本最大級の看護師求人サイト/

公式サイト→

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄