CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「高給取りのイメージがあるけれど、実際に医師の年収はどれくらいなのか気になっている」という方も多いのではないでしょうか。

収入面だけで言えば憧れる職業である医師ですが、具体的に知る機会はなかなかないですよね。

そこでこの記事では、医師の平均年収を詳しくご紹介していきます。
医師の職場別・医療分野別の年収に関して、徹底的に解説をしていきますので、是非参考にしてください。
年収アップを目指している医師の方にとって、大きなメリットとなるでしょう。

この記事の後半には、「年収を上げたい医師の方におすすめの転職サイト・エージェントランキング」や「年収アップに成功した実際の口コミ」もご紹介していますので、そちらも御覧ください。

最初に医師におすすめの転職サイトランキングを見る

「年収アップに成功した事例」を見る

医師求人が
豊富

エムスリーキャリア
医師の登録実績No.1
利用者満足度96%以上

\60秒で登録完了/

公式サイト→

マイナビドクター
業界トップクラスの求人数
企業求人案件も多数

\60秒で登録完了/

公式サイト→

【関連記事】
医師におすすめの転職サイト|口コミ・評判から徹底比較

医師の平均年収は1,240万円

厚生労働省が発表した平成28年賃金構造基本統計調査の統計データによると、医師の平均年収は、1,240万円と言われています。
国内の平均年収は約420万円ですから、医師の年収は一般的なサラリーマンの約3倍もの年収額であることがわかります。

ただ、医師といっても勤務医か開業医、病院勤務か医療法人勤務、担当分野等によって、大きく年収額は異なっていきます。

次の章からは、それぞれの年収について詳しく解説をしていきます。

勤務医と開業医の平均年収

医師の年収は、勤務医と開業医で大きく異なります。

まずは勤務医と開業医の違いを見ていきましょう。

病院勤務医 1,456万円

開業医 2,887万円

参考:厚生労働省 第20回医療経済実態調査の報告(平成27年実施)

勤務医と開業医の年収は大きく差があり、開業医は勤務医のほぼ2倍の年収を稼いでいることがわかります。
病院勤務医の方で、「高い年収」や「自らが陣頭指揮をとれる」というメリットから勤務医から独立して開業医となるケースもよく見られます。

しかし一方で、開業医として働くことは大きなデメリットも含んでいます。

例えば、退職金が貰えないことや、何らかの失態があった時に病院という後ろ盾がないことが挙げられます。
それだけではなく、全てを自分一人で背負わなければならないため、親族の病院を引き継がない限り、一から機材を揃えて病院を造りあげなければなりません。

また、自らが病気になった場合に補償してくれる制度がないため、必ず定期的な収入が得られるという安定感がないという点もデメリットのひとつです。老後のための備えとして貯金をしておかなければならないというネックもあり、稼いだ額がそのまま収入として使うことができる額とは限りません。

医師年収の働き方別比較

ここでは、医師の働き方による平均年収の違いをご紹介します。

医師といっても、様々な働き方が存在しています。
各働き方ごとの年収を詳細に見ていきましょう。

経営母体 年収
医療法人(民間病院) 約1,550万円
大学病院 約1,450万円
国立・公立病院 約1,450万円
離島・僻地の病院 約2,000万円
開業医 約3,000万円以上

医療法人(民間病院)

医療法人の平均年収は約1,550万円です。
医療法人とは、民間病院(一般病院)のことを指します。

勤務医であればこの程度の年収を得られますが、院長になると更に年収は上がり、2,000万円を超える事が多いです。

総合病院には多くの患者が訪れます。もちろん急を要する患者を診なければならない事態も想定しておく必要があるでしょう。
その命を助ける対価として、十分な年収であると言えます。

大学病院

大学病院の平均年収は約1,450万円です。
大学病院となると、医療法人(民間病院)より年収は下がります。

ただ、海外の最先端の研究や豊富な関連病院に恵まれているため、大学病院を選択する医師の方も多いです。

また、大学病院の教授としても活躍できる可能性もあり、そこは大学病院ならではのメリットと言えるでしょう。

公立病院

公立病院の平均年収は約1,450万円です。
公立病院は大学病院のように研究をメインとした病院ですから、その分あまり給与が高くありません。

しかし、最先端の技術に触れられる、機会が多いというメリットもあります。

公立病院は国の支援によって運営されているため、国の後ろ盾があることは大きなメリットと言えるでしょう。

離島・僻地の病院

離島や僻地に位置する病院に勤める医師の平均年収は、約2000万円と言われています。
僻地には病院が少ないため、高収入で医師を迎える傾向にあるのです。

ただし、都心の病院よりも設備が整っていないため処置がしにくいということも考えられます。
こういったデメリットがあるとはいえ、高収入を狙うのなら一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

医師転職にはエムスリーキャリアといった、医師に特化した転職エージェントを利用すると良いでしょう。

開業医

開業医は全ての医師の中で最も年収が高く、3000万円を超える医師もいます。

ただし、開業するまでには相当な努力が必要になります。
設備を揃えなければなりませんし、看護師を雇う必要もあります。

設備の維持にかかる費用や人件費などを鑑みれば、黒字を叩き出すまでには時間がかかると言えるでしょう。

医師年収の医療分野別比較

次に医師の担当する医療分野による平均年収の違いをご紹介します。

内科や外科など様々な分野が存在します。
各医療分野別の年収を詳細に見ていきましょう。

高年収な医療分野の年収

まずは、比較的高年収な医療分野の年収をランキングで見ていきましょう。

順位 科目 年収
1位 美容外科 約2,100万円
2位 訪問診療 約1,600万円
3位 透析科 約1,600万円
4位 内視鏡科 約1,550万円
5位 整形外科 約1,540万円

トップに輝いたのは外科の中でも美容外科という保険が適用されない科です。
美容外科のような手術を頻繁に行う分野の場合、手術手当などが年収に反映されていると考えられます。

内科医・外科医の年収

次に内科医と外科医を詳しく見ていきましょう。

外科と内科を総合的に比較すると、以下の通りになります。

外科: 約1,480万円
内科: 約1,455万円

総合的に見ると大きな差はないようです。
基本として、年収は「どこに勤務しているか」という点で決められるものだと考えられます。
そのため、大病院の外科では高収入が望めますし、小規模な病院の外科ではそれほど多くの収入は望めません。

また、執刀する医師の技術力の高さが年収に比例していない点も、外科の医師の収入が爆発的に上がらない原因のひとつです。
技術力の高い医師が多くの手術を行ったとしても、それは年収に反映されにくいのです。

腕に自信があるけれどなかなか年収が上がらない、という外科医師は大病院に転職したり、より報酬制度が高い外国、特にアメリカなどに渡ることもあります。

医師転職を考えている方には、エムスリーキャリアマイナビドクターの利用がおすすめです。

その他医療分野の年収

医療業界には様々な分野が存在します。
自分に関わりのある分野に関しては、確認していきましょう。

小児科医

現在人手不足が叫ばれている「小児科医」の平均年収は約1,200万円です。
小児科は新生児や乳児を取り扱うため、非常にリスクが伴う科であるにもかかわらず、他の科よりも平均年収が下回ることが多いところが特徴のひとつです。

精神科医

「精神科医」の平均も約1,200万円台となっています。
患者のメンタルケアだけではなく、適切に薬を調剤しなくてはならないため過酷な現場だと言えるでしょう。

歯科医

「歯科医」の平均は約800万円とされており、他の科よりも多少低めになっています。
歯科医は腕が良ければ患者が集まりますが、そうでなければ高い年収を稼ぐことはできません。
歯科医そのものの数が減少傾向にある中での生存競争となりますから、並大抵の努力では成功を収めることはできません。

地域別の医師年収

医師年収を地域別に比較していきましょう。

医師年収が高い上位3都道府県は以下の通りになります。

順位 地域 平均年収
1位 宮城 1,793万円
2位 岩手 1,773万円
3位 青森 1,715万円

出典:平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況

この結果を見ると、東北エリアの年収が高く、1,700万円~1,800万円とかなり高額です。

一方で東京と大阪の医師年収は以下の通りです。

  • 東京:1,015万円
  • 大阪:1,254万円

出典:平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況

東京の平均年収は1,015万円、大阪の平均年収は1,254万円であり、地方エリアの件と比べると、年収は低くなっているようです。

地方で働く医師の方が、都心で働く医師よりも収入が多い理由のひとつとして、地方は常に医師不足に悩まされているということが挙げられます。
一人で大勢の患者を診なければならないため、地方で働く医師には大きな負担がかかっているのが現状です。

実際に1位の宮城県と東京を比べてみると、約800万円もの平均年収の差があることがわかりますね。

そのため、医師の方には、都内の病院から地方病院に転職するというケースも少なくないようです。

>>医師転職サイト徹底比較|プロが選ぶ目的別16選
>>医師におすすめの転職サイトランキング|口コミ・評判から徹底比較

年代別・男女別の医師年収

ここでは、年代別に医師の男女別平均年収を見ていきます。

年齢 男性 女性
24歳 462.6万円 412.6万円
25~29歳 676.5万円 653.2万円
30~34歳 952.1万円 855.9万円
40~44歳 1,414.7万円 1,317.8万円
50~54歳 1,739.1万円 1,510.6万円
60~64歳 1,809.2万円 1,361.7万円
70歳~ 1,380.2万円 1,260.2万円

24歳の若さで、男性ならば早くも年収が450万円を超えている医師も多いことがわかります。
20代の男性の平均年収が約371万円であることを考えると、およそ80万円ほどの差があります。
このことからも、医師は間違いなく高年収だと言えるでしょう。

注目したい点として、70歳以上になっても1,000万円を超える年収を稼ぐ医師が多いということが挙げられます。
通常、一般企業の定年は60歳であり、延長して働いたとしても多くの人が65歳で前線離脱となります。
しかし、医師の中でも特に開業医は定年を迎えることがありません。
自らが働くことができる限界を決めなければ、一生と言って良いほど働き続けることができるのです。

男女間で多少の差がある原因として、女性医師は出産や育児によって休暇をとるため収入が減ることや、そのまま待遇が異なる病院に転勤することなどが挙げられます。特に高齢となると、体力的な問題から勤務を終える人も多いようです。

>>女性向け転職サイトおすすめランキング

とはいえ、男女どちらも高収入であることに変わりはありません。
時短勤務で働くという方法もありますが、それでは一般的な医師の年収よりもグッと下がってしまうことになるため、多くの医師が当直までしっかり仕事を続けていくことを選んでいます。

近年では、転職を考える医師も増えてきており、医師業界でも転職が活発化しているようです。
医師転職に興味のある方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。
>>医師におすすめの転職サイトランキング|口コミ・評判から徹底比較

医師と他業種の年収比較

厚生労働省 平成30年 賃金構造基本統計調査の統計データの調査によると、医師の平均年収は1,240万円と言われています。

平均で1,000万円を超えている職種は他になかなか無く、全職種の中でもトップクラスの高年収です。

次に医師と他業種の平均年収を比較してみましょう。

順位 職種 平均年収
1位 航空機操縦士 2,047.3万円
2位 医師 1,240.0万円
3位 大学教授 1,069.1万円
4位 公認会計士・税理士 864.4万円
5位 歯科医師 856.9万円
6位 大学准教授 848.3万円
7位 記者 784.1万円
8位 弁護士 759.0万円
9位 不動産鑑定士 692.7万円
10位 掘削・発破工 684.4万円

▶︎横にスクロールできます▶︎

参照:厚生労働省 平成30年 賃金構造基本統計調査の統計データ

表からわかる通り、医師は職種の中ではパイロットに続き第2位にランクインしています。
このランキングの中で1,000万円を超える年収を稼いでいる職業は「パイロット」「医師」「大学教授」の3職種だけです。
1,000万円というボーダーは、それだけ高い壁であることが窺えます。

また、歯科医師が5位にランクインしているところにも注目したいところです。
歯科医師は通常の医師とは別にカウントされるため、ランキングでも別の職種扱いにされています。

しかし、年収が低いかと言うと決してそのようなことはありません。
1,000万円のボーダーは超えなくとも、856万円という平均よりも高い収入を得ていることがわかります。

より年収を高めたいと思っている医師の方は以下の記事も参考にしてみて下さい。
>>医師転職サイト徹底比較|プロが選ぶ目的別16選

医師の年収を高める方法

医師が年収を高めるためには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

これまで多くの転職を目指す医師の方を見てきましたが、それぞれ比較してみると転職サイトを利用した人の転職成功率が圧倒的に高いです。

むしろ転職サイトを利用せずに1人だけで転職活動をすることには大きなリスクすらあります。

ここからはなぜ医師が転職活動をする際には転職サイトを利用するべきなのかをご説明いたします。

医師におすすめの転職サイトランキングを見る

「年収アップに成功した事例」を見る

医師の転職情報は実態と大きく異なる場合がある

これは医師の転職業界ではかなり頻繁に起こることであり、ネットなどで調べた転職に関する情報が実態とは大きく異なっていたということはよくあります。

理由としては医師などの医療業界の転職は専門性が高く、転職支援やこれを活用した収益性が高い分野です。
特にネット上では、ほとんど知識もない人が収益を求めて医師の転職に関する情報を掲載しているケースがかなり多いです。

1人で転職活動をする場合、このような情報の正確性を正しく見極めることはとても難しいです。

人生において非常に重要な転職活動を不確かな情報のせいで台無しにしないためにも、転職サイトを利用して正しい情報を収集することをおすすめします。

医師の世界はしがらみが多い

これまで医師として業界に携わってきた方であればお分かりかと思いますが、医師の世界はとても狭いです。
勤務先が異なっていても特定の医師を認識していたり、他の病院に顔見知りのスタッフがいるなんてことはよくあります。

このように狭い医師の世界だからこそ、それに伴って数多くのしがらみも存在します。
ある医療機関同士のつながりが強かったり、他の医療機関からの影響を強く受ける施設があったりします。

例えばもしあなたが転職することになった施設が転職前の施設とつながりがあった場合、悪い噂やあなたにとって不利になる情報を転職先に伝えられてしまうかもしれません。

このような事にならないためにも業界内の関係性を理解することが必要ですが、1人で転職活動をする場合にはなかなか簡単にできる事ではありません。

業界内の関係性を理解し、転職前後やこれからの医師人生を安全に歩んでいくためにも、業界事情に詳しい転職サイトを利用することをおすすめします。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
エムスリーキャリア 約26,000件
医師向け転職サービス最大手!
高い満足度が強み
マイナビドクター 約10,000件
人材企業の大手であるマイナビが運営!
産業医などの求人が特徴
リクルートドクターズキャリア 約14,000件
医師の転職37年以上のサポート実績
利用者からの支持率80%超え

▶︎横にスクロールできます▶︎

医師におすすめの転職サイト・エージェントは以下の記事も参考にしてみて下さい。
医師におすすめの転職サイトランキング|口コミ・評判から徹底比較
医師に強い転職エージェントおすすめランキング|評判・特徴から比較

年収アップに成功した実際の口コミ

最後にこの章では、年収アップに成功した医師の方の実際の口コミをご紹介致します。
ご自身のケースと当てはめてみて、参考にできる部分は参考にしていきましょう。

2ケースご紹介します。

地方の病院へ転職成功|1,300万円→1,800万円

口コミアイコン
40代男性(年収1,300万円→1,800万円)

利用した転職エージェント:エムスリーキャリア

都心部の病院で内視鏡科医として勤務していましたが、年収アップを求め転職を決意しました。
医師の転職に詳しいコンサルタントの方に相談をしたところ、都市部に比べて地方には比較的病院が少ないため、地方の病院の方が年収が高いようでした。

エージェントを利用して転職しましたが、多くの地方病院が求人を出していたようなので、候補を絞りやすかったです。
実際に現在も地方病院で働いていますが、不便なく働けて環境も良いです。「勤務地を大きく変える」ということは、多少のデメリットもあります。
お子さんがいる方は難しいとは思いますが、地方病院に勤める道もおすすめですよ。

勤務場所や働き方などに迷っている医師の方は、一度転職エージェントに相談することがおすすめです。
私自身もとても助かりました。

前職の経験を活かして高年収|900万円→1,500万円

口コミアイコン
40代男性(年収900万円→1,500万円)

利用した転職エージェント:マイナビドクター

前職は大学病院で勤務をしていました。2人の子供が小学校進学の時期となり、より年収の高い職場への転職を考え始めました。
2人の子供の事もあり、ずっと長くいられる職場が希望だったので、なるべく自宅に近く年収アップが見込める病院・医療機関を求めていました。

転職活動の際には、エムスリーキャリアとマイナビドクターさんにお世話になり、コンサルタントの方にも色々とご提案を頂きました。
大学病院での経験が評価され、最終的には自宅近辺の条件の良い病院への転職が決定して、現在も心地よく働けています。

自分だけであると、前職の経験を上手く表すことが難しかったのですが、コンサルタントの方のサポートのおかげで客観的に経験を語る事ができたと思っています。
私のようにこの年代からでも転職や年収アップに成功できるので、とりあえず相談して検討してみるのがおすすめだと思います。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
エムスリーキャリア 約26,000件
医師向け転職サービス最大手!
高い満足度が強み
マイナビドクター 約10,000件
人材企業の大手であるマイナビが運営!
産業医などの求人が特徴
リクルートドクターズキャリア 約14,000件
医師の転職37年以上のサポート実績
利用者からの支持率80%超え

▶︎横にスクロールできます▶︎

年収を上げたい医師におすすめの転職サイト・エージェントランキング

この章では、年収を上げたい医師の方におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でご紹介致します。

年収アップに成功した多くの医師の方は、転職サービスを利用しています。

複数の転職サイト・エージェントを活用していきましょう。

1.エムスリーキャリア

エムスリーキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3.com/

エムスリーキャリアは8年連続で医師の登録実績No.1の実績があるエージェント型の転職サイトです。
さらに口コミでは、エムスリーキャリアを利用して転職した医師の96%以上が満足したと回答しています。

エムスリーキャリアの強みは何といっても非公開求人です。
他のサイトやエージェントは保有していない秘匿性の高い求人を保有しており、転職に成功した医師の約9割以上が非公開求人を利用しています。

またコンサルタント全員に対して医療経営士の資格取得が義務付けられていることによる圧倒的な交渉力も強みです。

口コミアイコン
40代男性(年収1,300万円台)
いろいろな転職サービスを使って試してみましたが、エムスリーキャリアのコンサルタントが一番専門性が高いと思いました。
経営的な観点から医療機関のことについて話していただけたので、かなり質の高い求人の選び方ができたのではないかと思っています。
レベルが高くて正直ついていけない話もありましたが、分からない部分については質問すれば丁寧に説明してもらえたので助かりました。
転職が決まったところもかなりハイレベルだったので非常に満足しています。
口コミアイコン
40代女性(年収1,000万円台)
すごく専門的なサポートを受けることが出来たなという印象です。
医療業界についても今まで知らなかったことを知ることが出来て新鮮でした。
各サポートに関しても安心感があり、全てお任せできるなという信頼ができました。
私が忙しいせいであまり多くのサポートを受けられなかったことだけは残念でした

>>エムスリーキャリアの評判・口コミをみる

2.マイナビドクター

マイナビドクター

おすすめ度:
公式サイト: https://doctor.mynavi.jp/

マイナビドクターは、人材サービスの大手企業であるマイナビが運営している医師向けのエージェント型転職サイトです。

マイナビ全体で、医師をはじめとして看護師や薬剤師、介護士などの求人を扱っており、全国の医療機関や施設との密接な関係を構築しています。
取引先医療機関の数は20,000件以上であり、医師転職サービスの中でもトップクラスの求人数です。

またマイナビドクターの大きな特徴は、産業医などの企業求人が多いことです。
マイナビが運営しているほかのサービスで一般企業の求人を多く扱っているため、こうしたネットワークを活かした産業医求人に多く出会うことが出来ます。

口コミアイコン
30代男性(年収1,000万円台)
学生の頃お世話になったことがあるので、マイナビが運営しているサービスを使いました。
他のサービスに比べて求人の幅が広いなと思いました。
自分はこれといった転職の希望はなかったのですが、たくさんの求人を見ているうちに自分にはこれしかないというものが見つかりました。
さすがマイナビという感じでした。
口コミアイコン
30代女性(年収1,100万円台)
産業医の求人を探していたので、マイナビドクターは私にぴったりのサービスでした。
大学病院でしか働いたことがなかった私が知らなかった業界事情を詳しく教えてもらえました。
1人では確実に転職できていなかったと思います。
ただ、たまに医師とは関係のなさそうな求人も紹介されたことに関しては疑問が残りました。

>>マイナビドクターの評判・口コミをみる

3.リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

おすすめ度:
公式サイト: https://www.recruit-dc.co.jp/

医師の転職を目指す方が必ず登録しておくべきサイトが「リクルートドクターズキャリア」です。
転職業界の最大手であるリクルートが運営している医師専用のエージェント型転職サイトです。

医師の転職を37年以上サポートしており、利用者からの支持率はなんと83%です。
リクルートグループのネットワークを活かすことで求人数約1万件以上を誇っており、医師ならではの様々な転職ニーズに合わせたサポートを提供しています。

1979年から蓄積してきた医師業界に関する情報量リクルートグループの転職ノウハウが加わり、質の高い医師の転職を実現してくれます。

医師の転職サービスの中で「求人数」「求人の質」「サポート体制」すべてにおいてトップクラスなので、登録しておいて損のない転職エージェントです。

口コミアイコン
30代男性(年収1,200万円台)
個人的には転職といえばリクルートという印象があったので、リクルートグループの医師専用転職サービスがあると聞いてすぐに登録してみました。
使ってみての感想は、やはりリクルートは間違いないなという感じです。
求人の数は多く、サポートもかなり手厚かったと思うので非の打ちどころがないですね。
もともとの希望以上の条件で転職することが出来たので本当に良かったです。
口コミアイコン
30代女性(年収1,000万円台)
さすが大手という感じで安心感がありました。
転職ノウハウを知り尽くしているという感じで、こちらの疑問に対して全て丁寧に回答してくれて、転職活動に対する不安がほとんどなくなりました。
特に選考対策がかなり手厚かった印象です。
とてもお世話になったので感謝しています。

>>リクルートドクターズキャリアの評判・口コミをみる

まとめ

ここまで医師の年収について詳しくご紹介してきました。

医師の年収は、職場や分野ごとによって、大きく年収が変わってくる事がわかったと思います。
また、実際は男女別や地域別でも大きな年収の差があります。

年収を高めたいと思っている方は、ご自身の希望条件をもう一度確認して、転職エージェント等に相談してみると良いでしょう。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
エムスリーキャリア 約26,000件
医師向け転職サービス最大手!
高い満足度が強み
マイナビドクター 約10,000件
人材企業の大手であるマイナビが運営!
産業医などの求人が特徴
リクルートドクターズキャリア 約14,000件
医師の転職37年以上のサポート実績
利用者からの支持率80%超え

▶︎横にスクロールできます▶︎

【関連記事】
医師におすすめの転職サイトランキング|口コミ・評判から徹底比較
医師に強い転職エージェントおすすめランキング|評判・特徴から比較

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄