CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました

「精神科の看護師として働くのがきつい」
「一般科で働きたいけど経験がないから不安」

精神科の看護師は、メンタル的にきつい仕事が多く、働く自信がなくなりますよね。そのような悩みを抱えている方に向けて、精神科の看護師として働くのがきつくなった時の対処法をご紹介します。

その他にも、多くの精神科看護師がどんな悩みを抱えているのかまとめています。記事を最後まで見ていただければ、あなたが次にすべき行動が分かるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

看護師求人数が
抜群に多い

看護のお仕事
求人数12万件以上
職場の内部事情に詳しい!

\60秒で登録完了/

公式サイト→

看護roo!
利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり

\業界最大級の病院件数/

公式サイト→

記事の目次

精神科の看護師はなぜきついのか

この記事を読んでいる人は、精神科で働いている看護師が多いと思います。

精神科で働くのがつらい」と感じているのは、あなただけではありません。
ここでは、口コミからまとめた情報をもとに、精神科看護師として働く時につらいと感じることをご紹介します。

もし「今すぐにでも転職したい」と考えている方は、まず転職エージェントに相談することをおすすめします。
>>サポートが充実したおすすめ転職エージェントはこちら

ネガティブ思考になってしまう

患者さんと関わる時間が長いこともあり、患者さんの思考に影響されてネガティブになってしまう看護師もいます。

長年働いて環境に慣れた人でも、精神を病まずに働き続けることは難しいでしょう。

相手に寄り添った仕事をするほど、相手の考え方に引っ張られてしまいます。こういったケースがあり、精神科の仕事はきついと言われています。

院内の雰囲気が暗い

精神科の特徴として、明るい人より、心に何かを抱えている患者さんが多いため、院内の雰囲気が重くなりがちです。

看護師の人は優しく明るい人がほとんどですが、どうしても暗い雰囲気になってしまうことがあります。

働いているうちに自分の精神状態がやられてしまうことも。前向きになりにくい職場で働くことに嫌気がさしてしまう看護師も多いです。

職場の方針と考え方が合わない

精神科はまだ治療法が確立していない領域であるため、病院ごとに治療の仕方や方向性がかなり違います

患者さんに負担のかかる治療法を進める医師がいたり、カウンセリングを中心に行う医師など様々です。

基本的に病院の方針が変わることはありません。もし考え方が合わずにストレスが溜まるようでしたら、働く病院を変えた方が良いと思います。

業務量が多い

精神科は残業や夜勤が少ないイメージを持っている人も多いでしょう。確かに、残業は一般的な看護師と比較して少ない傾向にありますし、夜勤もないためワークライフバランスは取りやすいでしょう。

しかし、精神科の看護師は患者さんに対応する時間が長く、食事のサポートや服薬の手伝いなど業務量はかなり多いです。

中には精神状態が安定せず、暴れだす患者さんを抑えるなど想像よりも重労働と感じるでしょう。

人間関係のしんどさ

精神科の看護師は、患者さんとのコミュニケーションで苦労することがあります。コミュニケーションが難しい相手と過ごす時間が長く、ストレスが溜まりやすいです。

そのため、職場の人に当たったり、イライラしているなどと人間関係が悪化しやすい傾向にあります。

患者さんごとの対応に追われる

精神科の看護師は1人の患者さんに付きっきりというわけではありません。

複数の患者さんごとに対応するため、患者さんの様態によっては休む暇がないこともあります。

人手が少ない職場だと、忙しい時は全ての患者さんへの対応が間に合わないこともあり、個人の業務量が多く体を壊してしまうこともあるようです。

身の危険を感じることがある

患者さんの中には精神状態が安定せず、暴言や暴力を起こしてしまう人がいます。

基本的にはそのような事態が起こらないよう
予防線を張りながら業務をマネジメントをしていますが
イレギュラーなことは必ず起こります。

力の強い患者さんが暴れてしまうと、対応していた看護師にまで被害が及ぶこともあり、身の危険を感じる人もいるでしょう。

患者さんの態度に疲弊してしまう

精神科の看護師は常日頃、患者さんのために食事のサポートやセルフケアの援助など行っています。

働いていると、患者さんから「いつもありがとう」といった感謝の言葉を言われますが、その一方で中には暴言を吐く人もいます

今までの努力が報われない経験をする看護師がいるのも事実です。こういった状況がきつくて辞めたいと感じてしまう原因でしょう。

精神科の看護師がきつい|5つの対処方法

この記事を読んでいる人の中には、「精神科の看護師として働くのが辛い…」と感じている人もいるでしょう。

ここでは、「辛い」「辞めたい」と考える現状を変えたいけどどうしたらいいのか分からないといった悩みを解決できる方法をご紹介します。

精神科の看護師がきついときの対処法は以下の通りです。

5つの対処法
  • 患者さんとの距離感をコントロールする
  • 職場環境を改善する
  • 職場を変える
  • 別の働き方を考えてみる
  • 他業種で働いてみる

患者さんとの距離感をコントロールする

まず1つ目は、患者さんの思考の影響を受けすぎてしまう方におすすめの方法です。

精神科看護師として働いていると、先述の通り患者さんの思考や態度に影響を受けすぎてしまうことがよくあります。
これが結果的に仕事が辛くなったり、辞めたくなる理由に繋がることも多いです。

対処法としては、難しいですが患者さんとの距離感をコントロールするのが1つの方法です。

患者さんに寄り添うことは大事ですが、あくまで仕事であることを認識することで、過剰に影響を受けることを防ぐことができるようになります。

職場環境を改善する

2つ目は、職場の環境に不満を持っている方を対象とした方法です。

職場環境に不満がある場合、よく考えてみると自分の行動によって改善できる部分もあることが多いです。

例えば人間関係が上手くいっていないと感じる時、よく考えてみると、「自分から周りの人に全然話しかけず、話しかけられるのを待っているだけだった」ということもあるのではないでしょうか。

この場合、自分から発言しないことが、周りからすると話しかけづらいと思われることに繋がっているのです。

このように、よく考えてみると自分の行動で解決できることも多いので、職場環境について改めて考えてみることをおすすめします。

職場を変える

もし上記で紹介した自分の行動による改善が難しい場合は、職場を変えることをおすすめします。

自分の行動で職場環境の改善ができれば一番良いですが、なかなか自力で変えることが難しいのは事実です。

実現できるか分からないことに力を割くのは非効率になるかもしれません。
病院を変えたくなった場合には、転職エージェントに相談して環境の良い職場に転職しましょう。

>>サポートが充実したおすすめの転職エージェントはこちら

別の働き方を考えてみる

そもそも今の働き方が辛くてやめたいと感じている場合、他の雇用形態で働くことを考えてみてもいいかもしれません。

昔までは正社員として働くことが一般的で、他の働き方はあまり注目されていませんでした。
しかし最近では、働き方の多様化が進んでおり、派遣社員やアルバイト・単発看護師として働く方が増えてきています。

看護師派遣・単発に強いおすすめ派遣会社ランキング
看護師のバイトとして働きたい方におすすめの仕事

他業種で働いてみる

もし今の仕事を辞めたいと考えている場合、看護師以外の業種で働いてみるのもおすすめです。

せっかく看護師資格を取ったのに他の業種に転職するのはもったいないと感じる方もいるかもしれませんが、看護師資格やこれまでの仕事・スキルを活かせる業界はたくさんあります。

看護師以外の仕事にも挑戦してみたいと考えている方は、他の業種に「仕事も見てみることをおすすめします。

看護師が他業種に転職する方法とおすすめの業種
看護師から他の業界への転職に必要な知識と方法
看護師経験が活かせる病院以外の仕事とは

どうしても精神科看護師を辞めたいときは転職がおすすめ

「患者さんとのコミュニケーションが難しく精神的に参ってしまった」
「暴言を言われることが多くてきつい」

精神科の看護師は常に患者さんに対応するため、「何度も同じ話を繰り返し伝える」「急に暴言を吐かれる」など精神的にしんどい場面が多いです。

そこまで追い込まれてしまったときは、1人で抱え込まずに相談しましょう。家族や友人に相談できるなら良いですが、必ずしも相談相手がいるとは限りません。

そういった人は転職エージェントに相談するのがおすすめです。
転職エージェントとは、転職相談・求人紹介・面接対策・書類添削・アフターフォロー
などのサポートを無料で行ってくれるサービスです。

転職エージェントの良いところは、転職だけでなく、現在の職場環境や人間関係の悩み、転職すべきかどうかのキャリア相談など、幅広く対応してくれることです。

精神科の看護師として働くのがきついと感じたら、まずは転職エージェントに登録して、相談することをおすすめします。

看護師専門の転職エージェントなら、あなたの状況をより理解してくれるでしょう。

以下の転職エージェント3つは評判とサポートの質がかなり高いので、初めての人は最低1つ、可能なら3つ登録しておくと良いと思います。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

精神科の看護師におすすめの転職エージェント

転職エージェントを利用したいけど、どの転職エージェントがおすすめなの?

このような疑問を抱えている人も多いでしょう。ここでは、看護師におすすめの転職エージェントを5社ご紹介します。

初めて利用する方でも使いやすいサービスなので、とりあえず登録だけでもしておくと転職活動で困ることは減るでしょう。

1.看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめ度:
公式サイト: https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事はIT転職やフリーランスに強いレバレジーズの運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
友達に勧めたいランキング1位を獲得している転職サイトで、約16万件という圧倒的な求人数を誇っています。さらに、企業に直接足を運んで情報収集を行っているため、求人情報の質にも定評があります。クチコミが掲載されているものが多く、実際にサイトを利用して就職した方の意見の他にも、病院に入院していた患者さんや家族などの意見も掲載されています。
また、面接対策や履歴書添削など丁寧なサポートを行ってくれるほか、LINEでの相談もできます。アドバイザーの対応満足度、サービス満足度などが高いサイトですのでどんな方にもおすすめできる転職サイトです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
求人数が多かったので登録しました。夜勤のシフトも多く、人手不足なタイミングだったので、LINEで相談できたのがよかったです。
求人情報もしっかり内容がありました。

>>看護のお仕事の評判や口コミを詳しくチェックしてみる


2.看護roo!

おすすめ度:
公式サイト: https://www.kango-roo.com/

看護roo!は、利用者満足度96.2%を誇る看護師転職に特化した転職エージェントです。
業界トップクラスの求人数を保有しており、求人数は5万件を超えています。
応募手続きから退職交渉、給与アップ交渉などのサポートも充実。履歴書の添削や面接練習も行ってくれます。また、厳選された求人が掲載されているため高給与・好条件の求人が多いことも特徴です。
10年以上、看護師さんの転職支援を行ってきた実績のある転職エージェントですので、転職に慣れていない方はぜひ相談してみてください。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
登録なしで情報が見れたのでそこから応募しました。その後担当者から連絡があり、希望にあった求人をさらに紹介してもらえました。
転職先についても正直にアドバイスをもらえたおかげで自分にあった病院を探すことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

>>看護roo!の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

3.ナース人材バンク

ナース人材バンク

おすすめ度:
公式サイト: https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクは、転職実績No.1の「エージェント型」転職サイトです。
キャリアパートナーは看護師・地域専門で業界やその地域の求人について熟知しています。サポートは主に交渉や調整ですが、もちろん相談することも可能で、現職にとどまる選択をすすめることも。
収入アップの特集や、賞与や夜勤なども取り入れた想定年収を査定してくれるため、より細かい金額感を知りたい場合はこちらで確かめてみてはいかがでしょうか。
看護師、准看護師、保健師、助産師だけでなく管理職を希望の場合も相談に乗ってくれます

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
前職は忙しさと給料が見合っていなかったため転職活動をしました。面接対策などは特にお願いしませんでしたが、給与面と残業についてしっかり先方に説得してくれました。
連絡もしつこくなくよかったです。

>>ナース人材バンクの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


4.医療ワーカー

医療ワーカー

おすすめ度:
公式サイト: https://iryouworker.com/

医療ワーカーは4年連続支持率No.1を獲得している「エージェント型」転職サイトです。利用者満足度も97%とかなり高く、サポートも丁寧です。
専門のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、交渉代行、入職後をお手伝いしてくれるだけでなく、面接にも同行してもらえるため、面接に不安のある方におすすめです。全国に求人があり、年齢不問の求人も他のサイトに比べ多いです。
地方への転職や年齢を重ねてからの転職ならここがおすすめです。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
初めての転職で不安で、人見知りな性格なので、面接同行をお願いしました。自分では伝えきれなかった部分までフォローしてもらえ、無事に転職先が決まりました。
連絡もまめにしてくれ、不安を無くしてくれたことがうれしかったです。

>>医療ワーカーの評判や口コミを詳しくチェックしてみる


5.マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめ度:
公式サイト: https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は20代30代に人気を誇るマイナビが運営する看護師のための「エージェント型」転職サイトです。
3年連続認知度No.1で、全国に求人もあります。求人情報の読み方からレクチャーしてくれるほどの丁寧なサポートが魅力で、面接対策はもちろんですが、面接に同行してもらうこともできます。
セミナーも開催していますのでそもそも転職を悩んでいるという方にもお勧めできます。病院はもちろん、クリニックや介護施設などの求人も多く扱っていますので、多くの選択肢から検討することができます

口コミアイコン
30代女性(年収300万円台)
子供を産むタイミングで仕事をやめ、昔お世話になったマイナビさんを利用しました。転職活動をそもそも何から初めるべきか悩んでいましたが、相談してからスムーズに運びました。
夜勤なし、残業少なめという条件も叶えてくれて感謝しています。

>>マイナビ看護師の評判や口コミを詳しくチェックしてみる

精神科の看護師として働く6つのメリット

精神科看護師として働くメリットは数多くあります。

数年ほど精神科看護師として勤務している人だと、精神科看護師でしか感じることのできない魅力を忘れていると思います。

ここでは、精神科看護師として働くメリットを7つご紹介します。

1.コミュニケーションスキルが向上する

精神科で働く看護師の悩みで多いのが、患者とうまくコミュニケーションをとれないこと。

ご飯を食べる・薬を飲むといった生活介助を拒否する患者も多く、意思の疎通に苦戦するものです。

目線を合わせて会話をしたり
耳が悪い患者に対してはゆっくり大きな声で話したり
相手に合ったコミュニケーションを取ることで「患者にとって何が最善策なのか」を考えられるようになります

口コミアイコン

​40代女性
​精神科の看護師として数十年働いていたおかげで、両親の介護など、ストレスを感じることなく対応できています。また、子供から大人までどんな人でもコミュニケーションに困ることがなくなりました。

2.感情をコントロールできるようになる

精神科に勤めると、患者さんの思考に引っ張られてマイナス思考に陥りやすいです。

そのような環境で長く働くためには、自分の精神を適切にコントロールできる能力が重要です。

精神科で働いていると、「常に前向きに考えられる」「辛いことよりも楽しいことに意識を向けられる」といった
感情をコントロールできるようになるため、どこの仕事に行っても簡単に折れない精神力が身に付きます

口コミアイコン

​30代女性
​私は現在の仕事に就く前は精神科の看護師として働いていました。当時は特に感じていませんでしたが、現在の仕事に就いた時、自分の忍耐力の強さに驚きました。ミスがあってもすぐに切り替えられたり、叱られたときもしっかり受け止めて次に活かすなど、精神科の経験がかなり活きています。

3.残業が少ない

クリニックや精神科病院などは、残業や休日出勤が少ないのが特徴です。

基本的に予約制となっており、飛び込みの患者対応で診察時間が延びることはほとんどありません。

一方、総合病院の場合
緊急入院患者の対応や患者の容体が急変した時などに残業が発生します。

患者の状態によって残業時間が長引くことがあるようです。

「定時で上がりたい」「残業は少ない方がいい」という方は、個人経営のクリニックが良いでしょう。

口コミアイコン

​30代男性
​今は一般科の看護師をしていますが、かなり残業が多くて参っています。以前は精神科にいましたが、日中で終わる業務が多く、残業することがほとんどなかったです。どちらも辛いことはありますが、残業をしたくないなら精神科で働くと良いと感じます。

4.容体の急変が少ない

内科や外科の看護師は、緊急搬送される患者さんがいるため、急な対応に追われることが多々あります。

また、重い病気を患っている患者さんの担当になると、いつ容体が急変するか分からず、気が抜けません

日ごろから患者さんへの対応があり忙しい精神科看護師ですが、患者さんの容体が急変することが少なく、一般科と比べて慌ただしくなる機会は少ないです。

緊急事態に対応するのが苦手と感じている人にとっては、精神科は働きやすい環境だと思います。

口コミアイコン

20代女性
​精神科では、患者さんの容体が急変するといった、慌ただしくなる出来事が少ないです。私はいままで緊急で対応するといった機会に出会うことがなく、ゆっくり働けています。

5.ブランクがあっても働ける

精神科は、ブランクがある看護師が現場復帰しやすいといわれています。

椅子に座って患者とゆっくり話をする時間が多く、一般化よりも体力的な負担は少ないようです。

食事や排泄介助などで体力が必要な業務もありますが
一日中院内をバタバタと歩き回ることもほとんどありません。

また、精神科での業務は、バイタル測定や日常生活のサポート、コミュニケーションなどが中心となります。

命の危険に関わる患者への措置が少ないことから
出産・育児でブランクのある看護師も働きやすい環境かもしれません。

口コミアイコン

​30代女性
​1度産休に入り、子育てがひと段落したため復職を試みました。ブランクがあり、仕事に就いていけるか不安でしたが、私の勤務した精神科は慌ただしい時間帯がなく、先輩看護師に付きっ切りで仕事を教えてもらえました。

6.身体的な負担は少ない

精神科看護師は激務になることが少なく、事務作業の割合も多いため身体的な負担は少ないです。

食事や服薬サポートなど、患者さんに付きっ切りで対応することになりますが、会話をすることが多く、体力に自信がない人でも働ける環境となっています。

口コミアイコン

​20代男性
​一般科から精神科に移動し、数か月働きましたが以前と比べ物にならないほど体が楽です。体力に自信のあった僕にとってはかなり働きやすい職場でした。

精神科の看護師として働くデメリットは5つ

精神科の看護師がきついと感じる理由に直結しますが、精神科で働くことで感じるデメリットもここでご紹介します。

看護師がどういったところに不満を感じるのか知ることで、今後の転職活動に役立ててください。

1.きついことが多い

「きついことが多い」と漠然と書きましたが、具体的には、患者さんのセルフケア(お手洗いの処理やお風呂の世話など)といった援助業務や患者さんの態度です。

特に慣れていない新人の看護師だと、セルフケアの業務自体に抵抗を感じてしまい、精神的に参ってしまう、なんてこともあります。

その他にも、患者さんが話を全然聞いてくれないため、何度も何度も説明をする羽目になるといった、思うように進まないことが多く、疲弊してしまう人がいます。

口コミアイコン

​30代男性
​1週間ずっと同じことを伝えて、理解してくれるまで頑張って対応しましたが、まったく変化がなくかなりメンタルにきました。忍耐強い人じゃないと続けることが難しいと感じました。

2.医療技術を学ぶ機会が少ない

日常生活の援助やコミュニケーションが中心となるため、医療技術を実践する機会が少なくなります

勤続年数が長くなるほど感覚が鈍り技術が衰える可能性も。

そのため、精神科で働く看護師の多くは「医療技術をアップデートできない」と悩んでいるようです。

口コミアイコン

​30代女性
​今後も医療関係の仕事、特に看護系でキャリアを進んでいこうと感じていました。精神科で看護師をしていた時は、医療技術を使うことがほとんどなく、このままでは将来的にダメだと感じ、転職を決意しました。

3.患者に関わる頻度が高い

精神科の看護師は、患者さんの食事のサポートや健康管理、会話によるコミュニケーション活動など、患者さんと対面する機会が多いです。

たまには1人になりたいと感じても、仕事では誰かしらと関わるため、気が休まらない人もいるでしょう。

口コミアイコン

​20代女性
​私は人と話すのは好きですが、仕事続きで疲れている時などは1人になりたいです。しかし、仕事では毎日誰かと話すため、気が休まることがなく、たまにきつく感じます。

4.コミュニケーションを取るのが大変

「同じ症状を持つ患者が何度も同じことを訴え説得するのが難しい」「なかなか話が噛み合わない」など、精神疾患をもつ方の対応に疲れてしまうこともあります。

悩みごとは同じ職場の上司・同僚に相談し、一人で抱え込まないようにしましょう。

口コミアイコン

​30代女性
​「話を理解してくれない」といった人ではなく、「話を聞いてくれない」人が多いため、繰り返し伝えることがほとんどです。いつも普通に会話していることもあり、患者さんとのコミュニケーションはかなり疲れます。

5.暴言や暴力

患者さんの中には、急に暴れだしてしまう人もいます。男性スタッフが待機している時はいいですが、女性の看護師しか手が空いていない時は、対応だけで一苦労です

また、具合によっては看護師に被害が及ぶなど危険な場面も少なからずあります。こういった1面は働く上でのデメリットとなるでしょう。

口コミアイコン

​20代男性
​僕は過去に1度、暴れている患者さんの対応で怪我をしたことがありました。幸い、大ごとにはなりませんでしたが、あの出来事があってからトラウマで精神科の看護師を務めることができなくなりました。

精神科の看護師が向いている人の特徴

精神科の看護師は、一般的な看護師と比べて
激務になり身体的に疲労することは少ないですが、精神的にきついと感じることが多いです。

ポジティブな考え方ができる方やメンタルが強い方に向いているでしょう。

1.患者さんとゆっくり向き合いたい

「人助けをしたい」「患者さん1人1人に向き合いたい」このような目標をもって看護師を目指した人もいると思います。

精神科の看護師は1人の患者さんに対してとことん向き合う職業です。上記のような気持ちを持っている方には適した仕事と言えるでしょう。

2.どんなときも動じず冷静に対応できる観察力

何事にも慌てず冷静な判断ができることも、精神科看護師に必要なスキルです。

もちろん、最初は戸惑うことばかりかもしれませんが
経験を積むにつれて何事にも動じず落ち着いて対処できるようになるものです。

3.内科に勤めていた人

精神科では、精神療法や行動療法、催眠療法といったカウンセリング医師の協力を得た治療法が行われます。

その他にも、薬を使った治療法がありますが、副作用があるため、その後の対応ができる看護師が求められます。

そこで内科の看護師です。内科の看護師は、精神科の副作用で多い、イレウス、便秘・尿閉・水中毒・肺炎といったものに対応できる知識があるため、活躍が期待できます。

4.忍耐力がある

精神科は、自傷行為が目立つ患者の身体を拘束したり
再発を繰り返し完治の兆しが見えなかったり、看護師はやりがいや達成感を得づらいといわれています。

そうした環境で働き続けているうちに
マイナスな思考や感情に引っ張られて気分が落ち込んでしまう看護師も少なくありません。

患者に感情移入し過ぎると、私生活でも仕事のことが頭から離れずストレスが溜まっていきます。周りに影響を受けない、タフな精神力が必要かもしれません。

5.精神科や心理学などに興味がある人

精神科はまだ解明されていない領域で、確立した治療法がありません。その為、精神科や心理学に興味のある人は最前線で医学の研究をすることができます

日々患者さんと関わるため、小さな変化などを見つけることができます。精神科への興味関心がある人はぜひ精神科の看護師を目指してみましょう。

6.コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力とは、職場や飲み会の場を盛り上げることではありません。

患者の言動から心身の異変をいち早くキャッチするヒアリング力、話の内容から心身の変化を察知する問題発見力などです。

患者と密にコミュニケーションをとることで、予期せぬ不測の事態を未然に防ぎ命を守ることにつながります。

7.オンオフの切り替えが出来る人

どこの職場でもそうですが、オンとオフの切り替えができる人は精神的に強いです。

特に精神科で働く場合、患者さんの思考に引っ張られてしまうことが多く、マイナス思考になってしまうことも多々あります。

嫌なことを考えてしまった時に、すぐに前向きな考え方に切り替えることができると、患者さんの思考に引っ張られることがなくなります。

そういった精神面の強さがある人は、精神科で働くのに向いているでしょう。

精神科看護師まとめ

この記事では、「仕事が辛い」「辞めたい」「キツい」と考えている精神科看護師の方や、精神科看護師の実態を知りたい方に向けた情報をご紹介しました。

精神科看護師のお仕事は、辛いことも多い一方で非常にやりがいのあるお仕事です。

この記事で紹介した辛いと感じる理由やその対処法を覚えておくことで、より充実した精神科看護師としてのキャリアを歩んでくださいね。

もし今の職場から離れたいと思った場合には、転職エージェントに相談して今後のキャリアを考え直してみましょう。

サービス名 総合評価 コメント
看護のお仕事

求人数◎
友達に勧めたい転職サイトNo.1
看護roo!

利用者満足度96.2%
高給与・好条件求人あり!
ナース人材バンク

看護師登録者数No.1!
年間10万人以上が利用

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄