当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています

CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました
Check最初に登録すべき転職サイト
◆「リクルートエージェント
業界トップクラスの求人数!地方求人も◎
求人数63万4,427件!!※
さらに応募書類の添削や面接練習もサポート!
>>公式サイトで詳しく見る

◆「doda
待ってるだけ!スカウトサービスあり
年収査定ツールであなたの想定年収がわかる

※2023年3月30日時点

「労務職に転職したいが転職サイトに登録するべきかわからない」
「労務転職で転職サイトに登録するメリットが知りたい」

このように考える人もいるのではないでしょうか。
せっかく転職するなら、労務転職に成功したいですよね。

転職に成功するために、転職サイトの利用は必須です。

この記事では、労務転職におすすめの転職サイト9社をご紹介。

他にも、転職サイトを使うメリットや、労務職と類似する職種との違いについても解説しています。

最後までぜひご覧ください。

CareeRecoは、厚生労働大臣から有料職業紹介の許可(許可番号:13-ユ-314476)と、労働者派遣事業の許可(許可番号:派13-315657)を受けているビジコネット株式会社が運営しています。

おすすめの転職サイト
doda
1:
doda

公式サイト→

残業20時間未満の求人多数
年収500~1,200万円以上の求人◎
大手・優良企業への転職も!
求人数 約200,000件※
総合評価 4.9/5.0
リクルートエージェント
2:
リクルートエージェント

公式サイト→

年収・入社日程など条件交渉を代行
国内最大級の求人数を誇る!
求人数 634,427件※※
総合評価 4.7/5.0
JACリクルートメント
3:
JACリクルートメント

公式サイト→


高収入なハイクラス求人に強い
登録するだけでスカウトがくる
求人数 約12,000件
総合評価 4.5/5.0

※2023年3月時点、非公開求人を含む
※※2023年3月30日時点

記事の目次

労務転職に成功するために利用するべき転職サイト9選

ここからは、労務転職を目指す方が使うべきおすすめ転職サイトを9社ご紹介します。

サイトの特徴や活用ポイントを参考に、あなたに合った転職サイトを見つけてくださいね。

1.doda(デューダ)

doda

dodaの特徴
  • 労務の求人が豊富
  • 求人検索しやすい
  • キャリアアドバイザーの手厚いサポート

dodaは、転職をサポートするパーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。

働き方の変化に対応して、dodaではリモートワークやハイブリッド型の働き方を導入している企業の求人も多く掲載されています。

そのため、あなたに合った働き方ができる職場を見つけられます。

また、キャリアアドバイザーが求職者の適正報酬やワークスタイルに合った企業を見つけるためのサポートをしている点が特徴です。

さらに、dodaでは正社員や契約社員などの雇用形態や休日・働き方、給料などのこだわり条件で絞り込みができるため、あなたの譲れない条件を満たした求人を簡単に見つけられるでしょう。

>>公式サイトを見る

求人数 求人数:約200,000件(非公開求人を含む)
※2023年3月時点
運営会社 パーソルキャリア株式会社
対応エリア 全国対応
北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://doda.jp/

\待っているだけでスカウトが来る/

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 多くの非公開求人を保有している
  • キャリアアドバイザーが徹底サポート
  • 転職トレンドが知れる

リクルートエージェントは、転職を考えている方と企業の採用をサポートする転職サイトです。

求人の範囲や業界に関して幅広い選択肢があり、多くの非公開求人情報を提供してくれます。

あなたに最適な働き方に基づいて求人を選択できることも魅力の1つです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、豊富な知識と最新の転職トレンドに基づいて、転職活動をサポートします。

登録後は、担当者からのサポートを受けながら、効率的に転職活動を進められるでしょう。

オンラインでたった1分で登録が完了するため、気になる方はぜひ登録してくださいね。

>>公式サイトを見る

求人数 634,427件
※2023年3月30日時点
運営会社 株式会社リクルート
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.r-agent.com/

\10万件以上の非公開求人が見られる/

3.マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます
マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 大手マイナビグループが運営
  • 全国にネットワークを展開
  • 各業界に精通したアドバイザーが在籍

マイナビエージェントは、人材業界のリーダーであるマイナビグループが運営する転職サイトです。

このサイトは、全国各地にネットワークを持ち、特に20代や30代、または第二新卒に対する質の高い求人情報が特徴です。

それに加えて、マイナビエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが取り組んでおり、書類の添削から面接の準備まで、社内確定に必要な各ステップについて適切なアドバイスを提供しています。

興味のある方は、ぜひ一度サービスに登録してみてください。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社マイナビ
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

\業界トップクラスの求人数/

関連記事:マイナビ転職の評判・口コミ|利用者のリアルな声を徹底調査

4.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 利用者の評価が高い
  • 多様な職種に対応
  • 充実の転職サポート

パソナキャリアは、パソナグループが提供する転職サイトです。

求職者のニーズに合わせて、業界や企業に関する豊富な知識と情報を持つ担当者が面接を行い、希望にマッチする求人を紹介してくれます。

サポートやフォロー体制が丁寧で、転職を考える方からは親身な対応への評価が高いようです。

また、パソナキャリアは幅広い求人を提供しており、メーカーや不動産、介護、飲食業界などさまざまな分野での転職をサポート。

キャリアコンサルタントがあなたのニーズに真摯に向き合い転職を成功に導いてくれるでしょう。

さらに、書類添削や面接対策などのコンテンツも充実しています。

親身な転職サポートを受けたい方におすすめの転職サイトです。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社パソナ
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

\女性の転職にもおすすめ/

関連記事:女性向け転職エージェントおすすめランキング|女性のための転職ノウハウも解説

5.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴
  • 海外勤務の求人も
  • 好待遇な職場が見つかる
  • 管理職・専門職に強い

JACリクルートメントは、外資系企業や国内大手企業などの求人に特化した転職サイトです。

ハイクラスやグローバルな求人に力を入れており、幅広い業界や職種に対応しています。

企業ごとに専任の担当者がおり、彼らは企業の文化や風土、事業戦略に詳しく、リアルな情報を提供してくれます。

また、他のサイトにはない好待遇な求人も豊富に取り扱っており、求人の質が高いです。

特に管理職や専門職で働きたい方々にとっては、ピッタリの転職サイトです。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

\高年収で転職を目指すなら/


6.MS-Japan(エムエスジャパン)

エムエスジャパン

MS-Japanの特徴
  • 管理部門や士業に強い
  • 高い知識を持つ担当者がサポート
  • 利用者評価が高く安心

MS-Japan(エムエスジャパン)は、管理部門や士業に特化したエージェントであり、登録数、転職決定率、転職相談率の3部門で高い評価を獲得しています。

専門特化のため、担当者は高い知識を持ち、質の高いサービスを提供してくれることが嬉しいポイント。

また、大手監査法人、会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークもあり、求人情報数も業界トップクラスです。

会員登録後、担当者があなたの経歴や希望を丁寧に聞き取り、最適な企業を紹介してくれます。

管理部門や専門職で転職に成功したい方は登録するべき転職サイトです。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社MS-Japan
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城
秋田・山形・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・茨城
栃木・群馬・山梨・長野
新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀
奈良・和歌山・広島・岡山
鳥取・島根・山口・香川
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分
宮崎・鹿児島・沖縄・海外
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://company.jmsc.co.jp/

\管理部門や専門職を探すなら/

関連記事:MS-Japan(エムエスジャパン)の評判・口コミ|登録前に確認すべきポイント

7.アサイン

アサイン

アサインの特徴
  • 20・30代向け
  • 転職コンテンツが充実
  • アプリからすぐにキャリア診断

アサインは、20代・30代のキャリアアップを目指す方に特化した転職エージェントです。

各業界に精通した担当者が丁寧な面談を通じて、キャリアの方向性を考えてくれるため安心ですね。

また、アサインの担当者は定期的に業界や企業の分析を行い、最新の情報と動向を共有しています。

これにより、常に最新情報を基にした転職活動が可能です。

さらに、アサインでは転職先でスキルアップが叶うよう、専門的なスキルを学べる動画配信も実施しています。

気になる方は、アサインのアプリからキャリア診断をしてみましょう。

AIがあなたに合うキャリアをランキング化して提案してくれます。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社アサイン
対応エリア 非公開
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://assign-inc.com/

\20・30代もアプリで気軽に転職活動/


8.人事の転職

人事の転職

人事の転職の特徴
  • 人事領域に特化した転職サイト
  • 大企業の求人多数
  • キャリアコンサルタントの手厚いサポート

人事の転職は人事領域に特化した豊富な求人情報と、キャリア支援サービスを提供し、多くの人の転職を支える転職サイトです。

人事の転職では、大手企業から中小企業まで幅広い企業と連携し、人事戦略、採用、教育・評価、労務管理など様々なポジションの求人情報を提供しています。

また、求人情報の質や企業との関係も重視しており、コンサルタントが個別のニーズに合わせた求人マッチングを実現しています。

人事の転職は人事領域で経験を積んでいる方だけでなく、人事戦略の策定や人材採用のプロセス改善、労務管理、人事領域を学びたい方にもおすすめです。

無料登録、オンラインで完了。

人事領域出の転職をお考えの方におすすめの転職サイトです。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社HRビジョン
対応エリア 北海道・東京・神奈川・千葉・
埼玉・茨城・栃木・山梨・
愛知・静岡・大阪・京都・
奈良・広島・徳島・長崎・
熊本・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト https://hr-tenshoku.jp/

9.人事転職ドットコム

人事転職ドットコム

人事転職ドットコムの特徴
  • 人事・労務の特化した求人サイト
  • 大企業の求人が豊富
  • 非公開求人多数

人事転職ドットコム人事領域に特化した転職サイトです。

人事転職ドットコムは、様々な雇用形態で、大手企業から中小企業まで幅広い求人を取り揃えています。

また、福利厚生や勤務地、スキルなどの条件から求人を絞り込めるため、あなたに合った求人が見つかるでしょう。

さらに、人事転職ドットコムは頼れるキャリアコンサルタントがいます。

そのため、人事業界での経験やスキルをお持ちの方だけでなく、これから人事業界へ転職をお考えの方にもおすすめできます。

人材業界に転職をお考えの方におすすめの転職サイトです。

>>公式サイトを見る

運営会社 株式会社ジェイ エイシー リクルートメント
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・
秋田・山形・福島・東京・
神奈川・千葉・埼玉・茨城・
栃木・群馬・山梨・長野・
新潟・富山・石川・福井・
愛知・静岡・岐阜・三重・
大阪・兵庫・京都・滋賀・
奈良・和歌山・広島・岡山・
鳥取・島根・山口・香川・
愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・
宮崎・鹿児島・沖縄
求人の質
サポート
総合評価
公式サイト http://www.hr-jac.com/

労務転職サイトの賢い選び方

労務の専門性を活かした転職を望む方々にとって、労務転職サイトの選び方は重要な課題です。

ここでは、賢くサイトを選ぶためのポイントを3つ紹介します。

求人数が多いか

求人数の多さは重要な判断基準です。

求人数が多いサイトは、幅広い業種や職種の選択肢を提供してくれます。

その結果、自分のスキルや経験を最大限に活かせるポジションを見つけられるでしょう。

ただ求人数が多いだけでは不十分で、質の高い求人が掲載されているかどうかも確認する必要があります。

例えば、職種の内容、勤務地、給与など、具体的で豊富な情報が記載されている求人が多いサイトを選ぶことも大切です。

業界に強い知識が豊富な担当者が在籍しているか

転職に関する知識が豊富な担当者がいる転職サイトを選ぶこともおすすめです。

転職サイトに会員登録すると、担当者があなたの転職活動に役立つ知識を教えてくれます。

しかし、その担当者の質はバラバラで、あなたが望むような知識を持っていない担当者もいるかもしれません。

転職活動に無駄な時間を使わないために、利用者の口コミなどから担当者の質を確認してみましょう。

丁寧なエージェントサービスが受けられるか

転職サイトのエージェントサービスが丁寧な対応かどうかも確認しましょう。

エージェントサービスとは、転職サイトに会員登録すると転職活動の準備から入職後のフォローまで担当者が行ってくれるサービスのことです。

このサービスの充実度は転職サイトによって異なります。

対面で面談をしてくれたり、履歴書の添削をしてくれたりするため、親切丁寧なエージェントサービスが受けられる転職サイトにぜひ登録してみてください。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職に強い転職サイトに登録するメリット

労務職に転職を考えている方にとって、転職サイトの活用は有効な手段の一つです。

この章では、労務職に強い転職サイトへの登録のメリットについて詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

条件に合った求人の紹介を受けられる

労務職に強い転職サイトに登録する主なメリットの一つは、条件に合った求人の紹介を受けられることです。

労務職に特化した転職サイトは、豊富な求人情報を保有しており、労務職に関連する求人案件を厳選して提供しています。

例えば、自分の経験やスキルに合った条件や希望する勤務地などを登録することで、その条件に合致する求人案件を効率的に受け取れるでしょう。

また、転職サイトの専任担当者が求人案件を紹介してくれる場合もあります。

彼らは労務職の業界知識や転職に関するノウハウを持っており、あなたの理想にあった求人情報を教えてくれるため、便利です。

これにより、あなたのニーズに合った求人案件に出会う確率を高められるでしょう。

自己PRや履歴書の作成方法を教えてくれる

自己PRや履歴書の作成方法を教えてくれる点もメリットの1つです。

転職サイトでは、労務職に特化した自己PRや履歴書の書き方についての情報を提供しています。

これにより、労務職に関連するキャリアやスキルを効果的にアピールするための具体的なアドバイスを受けられることがありがたいポイントです。

自己PRや履歴書がより魅力的になることで、求人企業からの注目度が高まり、転職活動の成功につなげることが期待できますよ。

応募企業の内部情報も手に入れやすい

応募企業が一般には公開していない内部情報も手に入れられるかもしれません。

転職サイトは、企業とのコミュニケーションの中で、企業の内部情報を手に入れています。

その情報を転職サイトの担当者は求職者に向けて公開してくれることがあることを知っておきましょう。

あなたから企業には直接聞きにくい情報も、転職サイトを介して得られるため安心ですね。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職向け転職サイトを上手に利用する方法

労務職向け転職サイトを活用することは、新たなキャリアチャンスを見つけるための重要な手段です。

本章では、労務職向け転職サイトを上手に利用するための方法を紹介します。

関連記事:知らなきゃ損|転職エージェントの100%上手な使い方

好条件の非公開求人を紹介してもらう

労務職向け転職サイトでは、一般に公開されていない非公開求人情報を受け取れます。

非公開求人は、一般的に競争が激しくなく、より好条件の求人案件が多いです。

転職サイトに会員登録すると、担当者からあなたに合った求人情報を紹介してもらえますよ。

困ったことがあれば担当者に相談する

労務職向け転職サイトでは、専任担当者が求職者のサポートを行っています。

求人情報の検索や応募に関する疑問や困りごとがある場合は、担当者に相談可能。

担当者は転職に関する豊富な知識と経験を持っており、求職者のニーズに合わせたサポートを提供します。

困ったことや不明点があれば、遠慮せずに相談してみましょう。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務・総務・人事|各職種の仕事内容と年収

労務・総務・人事の仕事内容はどのように異なるのでしょうか。
また「職種ごとの年収を知りたい」という方も多いですよね。

この章では、各職種の仕事内容と平均的な年収について見ていきましょう。

労務職

労務職は、従業員の労働条件や労務管理に関わる業務に当たります。

具体的には、労働契約の管理、給与計算、労働時間管理、社会保険手続き、労働法規の遵守、労働トラブルの解決などです。

人事院の調査の結果によると、労務職(総合労務、労務・給与計算担当)の平均年収は、約450万円程度

ただし、これはあくまで一般的な目安であり、個々の経験や能力によって異なる場合があります。

具体的な年収は個人のスキルや職務経験によっても変動するため注意が必要でしょう。

年収を上げるためには、経験を積んで業務の幅を広げることや、労務関連の資格取得などが役立つ場合があります。

また、労務職の中でも特定の分野に特化することで専門性を高め、年収の向上につなげましょう。

参考:民間給与の実態|令和3年職種別民間給与実態調査の結果(人事院)

総務職

総務職の仕事内容は、組織内の総務業務を担当することです。

具体的には、企業や組織の運営に関わる庶務業務や事務業務、労務管理、施設管理、法務業務、広報活動などを担当します。

総務職は、企業全体の円滑な運営を支える役割を果たし、組織内のさまざまな部門と連携するやりがいのある仕事と言えますね。

また、dodaのデータによると、総務職の平均年収は482万円、年間ボーナスの平均は98.8万円です。

年収を上げるためには、さまざまな業務に携わりながら専門性を高めることや、管理職としてのリーダーシップや戦略的な視点を身につけることが必要です。

さらに、総務職に関連する資格の取得やセミナー・研修への参加もキャリアアップに役立つでしょう。

参考:総務とはどんな職種?仕事内容/年収/転職事情を解説(doda)

人事職

人事職の仕事内容は、企業内で人材管理や労務管理、採用活動、評価制度の策定や実施、労働法務の対応など、人事に関連する業務を担当することです。

具体的な業務内容は企業や職種によって異なりますが、社内の人材戦略や組織開発に貢献し、従業員の働きやすさや成長をサポートする役割を果たします。

人事職の年収に関する情報は、以下の一般的な年収の目安を参考にしてみてください。

年代 平均年収
20代 396万円
30代前半 453万円
30代後半 496万円
40代 600万円
50代 696万円

参考:【人事職】年収と人事としてのキャリアパス解説(MS Agent)

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務転職で身につけておきたいスキル

労務転職を考えている方にとって、適切なスキルを身につけることは重要です。

以下では、労務転職で有利なスキルについて詳しく見ていきましょう。

福利厚生や労働基準法に関する知識

労務転職では、福利厚生や労働基準法に関する知識が必要です。

これには労働時間、休暇制度、労働条件などを含みます。

労働者の権利と義務を理解し、適切に労務管理を行うために、これらの法律や制度について詳細な知識を学んでおきましょう。

機密情報保持の意識

労務部門では、機密情報の扱いに慣れておくべきです。

従業員の個人情報や会社の機密データなど、機密性の高い情報を適切に管理しなければなりません。

労務転職を考えている場合、機密情報保持の意識を高めて業務に当たりましょう

給与・勤怠管理システムを扱うパソコンスキル

労務部門では、給与計算や勤怠管理などの業務においてパソコンを使用することが一般的です。

労務転職を考えている場合、給与・勤怠管理システムを扱うためのパソコンスキルを身につけることが重要でしょう。

おすすめは、スプレッドシートや給与計算ソフトウェアなどの使用経験や基本的なデータ入力スキルです。

コミュニケーションスキル

労務転職を考えている場合、コミュニケーション能力を持っていることは重要です。

円滑なコミュニケーションを図るためには、明確な表現力や対話能力、問題解決能力が求められます。

従業員のニーズを理解し、適切なサポートやアドバイスを心がけましょう。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職の転職事情

ここからは労務職の転職事情についてご紹介します。

転職活動の参考になる情報があるため、ぜひ読んでみてださい。

労務職の転職理由

労務職は組織内の人事管理や労働条件の適正化を担当する重要なポジションです。

労務職の転職を考える理由はさまざまですが、最も一般的な理由の一つはキャリアアップのためでしょう。

労務職は経験と知識が求められるため、他の企業や業種での経験を積むことでスキルを磨き、キャリアの幅を広げられます。

また、組織の成長や変革に伴い、新しい課題やプロジェクトに挑戦したいという意欲から転職を考える方も多いです。

労務職の採用状況

労務職の採用状況は企業や業界によって異なりますが、一般的には需要が高いです。

近年、労働環境の改善や労働法の改正に伴い、労務職の重要性が増しているため、求人数も増加しています。

特に大規模な企業や人員が多い組織では、労務部門の強化や人事制度の改善に力を入れる傾向があるため、労務職の採用ニーズは高く、転職のチャンスも多いと言えます。

参考:現行の労働時間等設定改善法の概要

労務未経験者の転職難易度

労務未経験者が労務職への転職を目指す場合、一定の難易度があります。

労務職は法務や人事制度に関する知識や経験が求められるため、未経験者にとってはハードルが高いと言えるでしょう。

しかし、労務職に興味や関心を持っている場合、自己学習による知識の習得が重要です。

労働法や労働条件に関する基礎知識を身につけることで、面接やエントリーテストでのアピールポイントが見つかりやすくなります。

また、実務経験を積むためには、人事や労務に関連する業務を行う機会を探すことが大切です。

職場内での業務の補助や、ボランティア活動などを通じて実践的な経験を積むことで、労務職への転職の可能性を高められます。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職の転職を成功させる5つのコツ・注意点

ここからは労務職の転職を成功させるコツ・注意点をご紹介します。

特に初めて転職される方は、転職成功のポイントをつかんでおきましょう。

業界に強い複数の転職サイトに登録する

労務職の転職を成功させるためには、業界に特化した転職サイトに積極的に登録することが重要です。

労務職は専門知識やスキルが求められるため、業界に精通した転職サイトに登録することで、適切な求人情報やキャリアコンサルティングを受けられます。

複数のサイトに登録することで、幅広い求人情報を収集し、自分に最適な転職先を見つけるチャンスを増やしましょう。
>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務の転職が難しい時期は避ける

労務職の転職は、時期によって難易度が変動します。例えば、企業の業績不振や経済の不安定な時期は、採用活動が縮小される傾向です。

そのため、労務の転職を考える際には、業界や経済の動向を注意深く観察し、転職が比較的容易な時期を選ぶことが重要でしょう。

また、あなたのキャリアやスキルの状況も考慮し、転職のタイミングを見極ることが大切です。

志望動機を明確にする

労務職の転職においては、志望動機を明確にすることが重要です。

なぜ労務職に興味を持ち、転職を考えているのかを具体的に示すことで、企業側に自己アピールができます。

例えば、「人事経験を活かして組織の人材育成や労働環境改善に貢献したい」といった具体的な志望動機を述べることが重要です。

また、企業研究を行い、志望する企業の特徴や価値観に合わせて志望動機をカスタマイズすることも効果的でしょう。

担当者との連絡はマメにとる

労務職の転職を成功させるためには、採用担当者との連絡をマメに取ることが重要です。

面接後や選考中は、感謝の意を込めてメールや電話で連絡をしましょう。また、面接結果や選考の進捗状況を確認するために、あなたから連絡を取ることも大切です。

これによって、自分の意思や熱意をアピールし、転職活動のプロセスをスムーズに進めるでしょう。

転職に有利な資格を取得する

労務職の転職においては、転職先で役立つ資格を取得することが有利です。

例えば、人事や労務管理に関連する資格や研修プログラムを積極的に受けることで、スキルセットを高められるでしょう。

これによって、他の候補者との差別化や、求人企業に対するアピールポイントができます。労務職の転職を考える場合は、適切な資格取得の計画を立てましょう。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職が大手正社員の転職を成功させる方法

労務職の方々が大手企業で正社員として転職を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。

大手企業に転職したい、正社員になりたい方はぜひ読んでみてくださいね。

正社員の求人が多い転職サイトを選ぶ

労務職の方が大手企業の正社員を目指す場合、正社員の求人が多く掲載されている転職サイトを選ぶことが重要です。

これにより、大手企業の求人情報に簡単にアクセスできるだけでなく、正社員採用に力を入れている企業とのマッチングも高まります。

複数の転職サイトを比較し、自分に合ったものを選びましょう。

人気の求人は早めに応募する

大手企業の正社員求人は非常に競争率が高いことが多いため、人気の求人には早めに応募することが重要です。

これによって、求人募集期間が短い場合でも自分の応募が間に合い、選考プロセスに参加する機会を得られます。

求人情報を定期的にチェックし、タイムリーな応募を心がけましょう。

企業の情報収集を怠らない

大手企業の正社員転職では、企業の情報収集が非常に重要です。求人情報だけでなく、企業の特徴やビジネスモデル、社風などを事前に調査しましょう。

これによって、自身のスキルや経験が企業にマッチするかどうかを判断できます。

また、面接時には収集した情報を活用し、企業に対して具体的な質問や意見を持つことも大切です。

東京や大阪といった大都市で転職活動を行う

労務職の方が大手正社員の転職を成功させるためには、転職活動の場所も重要な要素でしょう。

特に東京や大阪などの大都市では、多くの大手企業が本社や支社を構えており、求人数も豊富です。

さらに、大都市での転職活動はネットワークの拡大や情報収集の容易さなどのメリットもあります。可能であれば、大都市での転職活動を検討してみてください。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職転職でよくある質問

ここでは労務職転職でよくある質問と回答をご紹介します。
転職活動を始める際の参考にしてください。

労務職への転職で有利に働く資格はありますか?

労務職への転職を考えている方にとって、有利に働く資格はいくつか存在します。

例えば、労働法や労働関連の法律に詳しい「労務士」の資格は、企業の労務管理や労務相談などで役立つでしょう。

さらに、労務職の中には給与計算や社会保険手続きに関連する業務も含まれるため、簿記や給与計算に関する資格や知識も有用です。

労務職転職を考える際には、自身のスキルセットや希望する職種に応じて、取得しておくと良い資格を見極めることが重要です。
>>労務転職で身につけておきたいスキルはこちら

大手企業の労務職に転職するのは難しいですか?

大手企業の労務職への転職は一般的に競争が激しく、難易度が高いと言われています。
大手企業は数多くの求職者からの応募があり、その中から選考を進めるため、高いスキルや経験が求められます。

また、大手企業は労務職においても高い専門性や幅広い業務知識が求められるため、経験や能力を証明することが重要です。

そのため、大手企業の労務職に転職を希望する場合は、労務関連の経験を積み重ねたり、関連する資格を取得したりするなど、自己のスキルを高める努力が必要です。

また、転職エージェントや転職サイトを活用することで、求人情報にアクセスしやすくなるため、転職活動の幅を広げることも重要です。
>>労務転職で身につけておきたいスキルはこちら
>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

転職サイトと転職エージェントは、転職活動をサポートするための異なるサービスを提供しています。

転職サイト
インターネット上で求人情報を閲覧することができるプラットフォームです。

多くの企業が自社の求人情報を掲載しており、求職者は希望条件に合った求人を検索し応募できます。

転職エージェント
求職者と企業のマッチングをサポートする専門のコンサルタントです。

求職者のスキルや経験、希望条件をヒアリングし、それに合った求人情報を提供してくれます。

どちらを選ぶかは、個人の転職スタイルやニーズによって異なります。

求人情報の幅広さと自由度を求めるなら転職サイト、専門的なアドバイスやサポートを重視するなら転職エージェントを利用すると良いでしょう。
>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職への志望動機が書けないです。

労務職への志望動機を見つけるためのアイデアをご紹介します。

  • 労働環境の向上への関心
  • 労務職は、従業員の福利厚生や労働条件の改善に関わる重要な役割を果たします。

    あなたが働く組織の労働の向上に興味を持っている場合、それを志望動機として利用可能です。

  • 人材育成への意欲
  • 労務職では、従業員の能力開発やキャリア形成に関わる業務も行われます。

    もし人材育成に興味を持っている場合、組織の成長や社員の成長に貢献したいという志望動機を示せます。

  • 法務や労務法に対する関心
  • 労務職は、労働法や労働関連の法律に詳しくなる必要があります。

    もし法務や労務法に興味を持っている場合、組織や従業員を法的な側面からサポートすることへの意欲を志望動機として示すことができます。

1人で志望動機を考えることが不安な方は、サポートが手厚い転職サイトを選ぶことがおすすめです。
>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

労務職におすすめ転職サイトまとめ

労務職におすすめ転職サイトをご紹介しました。必ず複数の転職サイトに登録して、求人情報を常時チェックすることが大切です。

この記事を参考に転職活動を成功させましょう。

>>労務職におすすめの転職サイトランキングはこちら

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄