転職をしたいけれど、もし失敗してしまったら怖いから踏ん切りがつかない人は多いのではないでしょうか?

転職は人生を大きく左右しますから、絶対に失敗したくないですよね。

実は、転職を失敗してしまう人にはある共通点があるのです。

この記事では、転職を失敗してしまう原因をご紹介するとともに、転職を成功に導くための方法をご紹介していきます。

転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。
先に転職の成功方法を知りたい方はこちら

記事の目次

転職の失敗例

まず、実際にあった転職の失敗例をご紹介します。

1. 就業条件、待遇、業務内容が内定時と違う

「このような仕事をさせられるなんて、聞いていた話と違う」典型的なケースです。
「月収が内定時に伝えられていた額よりも少ない」「一般事務だけだと言われていたのにいつの間にか部署全体の総務事務も任されている」など、大体の場合が悪く変更されてしまっています。
おいしい条件だから喜んで内定を貰ったのに、入社してみたら全く違う条件で働かなければならなくなったこともあり得ます。

2. 人間関係が悪い

職場の人間関係が悪い場合も転職が失敗したと言われる例です。
職場全体がギスギスしていて、パワハラやモラハラが横行している状態だと仕事が手につかないことは間違いありません。
もちろん、あなたと同僚の間に何らかの軋轢が生まれている場合にも同じことが言えます。
苦手な同僚がいるだけで、毎日の仕事は苦痛になってしまいます。

3. 前の会社に戻りたい

「これなら前の会社の方が良かったかもしれないな」と思ってしまうケースもあります。
「給与も前の方が良かったし、人間関係も前の方がやりやすい雰囲気だった気がする」と色々と考えて悶々と悩んでしまうと抜け出せなくなってしまいます。
一度離れてしまうと、古巣が恋しくなるのは人の性というものです。本当に前の会社の方が転職先よりも良い条件で働けていたのかは、今後転職先で長く働き続けていかなければわかりません。
前の会社に固執するのはなるべくやめておきたいところです。

4. 仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられず、与えられた仕事を淡々とこなす日々を送るだけになってしまったということもあります。
これまではある程度やりがいを持てていたのに、転職してから思うようにやりがいを持てない人は多くいます。
思っていたように仕事に打ち込めず、どうも適職ではないような、噛み合わないような違和感を覚えている場合は転職に失敗していると言えます。
仕事にやりがいを持てるようにするためには、より仕事を好きになる努力をするほかにありません。

5.仕事についていけない

仕事についていけずに苦しい思いをしている人も多くいます。
スキル不足のまま転職してしまうと、転職先でレベルの高い仕事を要求された時に対応できず迷惑をかけたり、自己嫌悪に陥ることも。
そういったことを考慮すると、スキル不足のまま軽い気持ちで転職を決めることはあまりおすすめできません。

6. 職場の雰囲気に馴染めない

職場にはそれぞれ特有の雰囲気があります。それはその会社が長い時間をかけて築き上げてきたものです。
そこに途中から入ろうというのですから、馴染むのは簡単なことではありません。すぐに溶け込むことができる人は相当な世渡り上手です。
「何となく重々しい雰囲気が漂っている」「どことなく皆暗い気がする」といった職場もあるでしょうし、逆に体育会系で常にテンションが高く上下関係に厳しい職場もあるでしょう。
上手く職場に馴染めないと、毎日苦痛を味わうことになってしまいます。雰囲気が合わない時には、諦めて一歩引くことも必要かもしれません。

7. 年収が下がってしまう

多くの場合、今まで勤め続けてきた会社で稼いでいた年収よりも中途採用の年収は下がってしまいます。
これまで役職がついていた人や資格を持っていたことにより優遇されていた人は、役職手当や資格手当などもなくなってしまうため、更に年収が減ってしまったと感じるでしょう。
また年収をアップさせたいのであれば、転職先でキャリアを積んでいく中で徐々に上げていく方法しかありません。
これまでの努力が消えてしまったように感じてしまうかもしれませんが、転職先では以前の職場でのキャリアをどこまで評価してもらえるかはわかりません。

転職に失敗したのかわからない

転職をしてから間もないと、失敗しているのか成功しているのか判断がつかないこともあるでしょう。
そこで、ここでは転職が失敗とは言えない例を上げていきます。

1. 気疲れしているだけ

転職してから間もないうちは、あちらこちらに気を配らなければならないものです。その中で気疲れしてしまうことは誰にでもある当然のストレスだと言えます。
慣れない環境での生活は過ごしているだけで疲れてしまうものです。
ましてや、それが会社の中となれば相当なストレスとなることは間違いありません。
誰でも転職直後は疲れやすいので、まずは転職失敗と捉えず、会社に慣れることを優先しましょう。

2. 覚えることが多くてできない気がしている

初めのうちはあれもこれもと覚えなければいけないことが多く「本当についていけるのか、やっていけるのか」と不安になりがちなものです。
しかし、初めのうちは誰でも同じだということを忘れないでください。最初から完璧にできる人はいません。
確かに会社によっては膨大なマニュアルが用意されてる可能性もありますが、誰もが通ってきた道だと思い必死になるしかありません。
自分自身にプレッシャーを与えたり、自分を追い込むような考え方をしないようにしてください。

3. 環境の変化についていけていないだけ

前職とあまりにも環境が違っていると特にありがちですが、環境が変わってしまうとそれについていくことはかなりつらいものがあります。
すぐに馴染めるわけではありません。同じ環境で働いているわけではありませんから、心身ともに慣れるまで時間がかかって当然です。もしかしたら、自分に合っていないのではなく、ただ単に始まったばかりだからついていけていないだけなのかもしれません。「いずれ慣れてうまくいくだろう」と前向きになることも必要です。

転職に失敗する原因

それでは、本当に転職に失敗してしまった場合のことを考えていきましょう。
ここでは転職に失敗してしまう原因についてご紹介していきます。

1.転職することを目標にしてしまった

転職することがゴールになってしまっていて、明確な目標がないまま転職をしてしまったケースです。
「とにかく転職をすれば良いだろう」と思い、転職後のビジョンが全く描けていないと、高確率で失敗してしまいます。
転職先で、何をすれば良いかわからなくなってしまいますし、やりたいことがあるわけでもないので仕事にやりがいも持てません。もちろんキャリアを積んだ先にいる自分の姿も見えないため、日々ぼんやりと過ごさなくてはならなくなってしまいます。転職は決してゴールではありません。転職することを目標にして行動すると、いざ転職先が決まった瞬間に目指すものがなくなってしまい、途端に指針を見失ってしまいます。もっと先を見据えて行動をする必要があります。

2. 転職先を決める時に焦ってしまった

「早く転職先を決めなくては」と焦ってしまうと望んでいない企業に就職することになる可能性が高くなります。
転職をする際には、複数の企業に応募することになりますが、とにかく早く決めたいという気持ちが先行してしまって、一番早く内定をくれた企業に決めてしまうというミスをしてしまいがちです。
もっと長い目で見ていれば、待遇の良い優良企業で働くことができたかもしれないのに、焦る気持ちがそれを邪魔してしまうのです。
確かに転職活動中はどこか落ち着かない気持ちがありますし、精神的に落ち着かなく疲労がたまるため早く終わらせてしまいたいという気持ちがあるでしょう。特にいくつかの企業で選考が進まないと不安になります。
しかし、急いで決断したことで現状よりも条件を悪くしては意味がありません。慎重に考えるようにしましょう。

3. 同じ業種の仕事だから上手くいくと勘違いをしてしまった

業種が同じだという理由で、転職先でも前職のように何の問題もなく活躍できると考えていたけれど、実際に働き始めたら上手くいかなかったということもあります。
業種が同じでも、会社によってやり方や方針が異なっていることは当然です。根底にあるものがそもそも違うのですから、安易に上手くいくと考えてはいけません。
業種で大雑把に一括りにしてしまうことは、大きな勘違いに繋がります。
前職のように自信に満ち溢れた働き方をする自分を想像していたのに、実際はあたふたと戸惑いながらついていくのが精いっぱいであるといった想像と現実のギャップに打ちひしがれることもあるでしょう。
過度な期待は禁物です。

4. 転職先企業の雰囲気を知らずに転職してしまった

働く上で職場の空気や雰囲気、人間関係はとても大切ですが、転職前に把握しづらい部分です。
入社してから職場の雰囲気や空気が合わず、苦しい思いをすることもあります。
昨今では、Web面接で完結する企業もありますが、雰囲気が把握しづらいデメリットがあります。
転職エージェントに聞いてみることや面接の機会に社内を見せてもらうなどの対策が可能です。

5. 年収アップのことばかり考えていた

転職することによって年収をアップさせることばかり考えており、それ以外のことを疎かにしてしまうと多くの場合失敗してしまいます。
年収をアップさせることは確かに重要なことです。しかし、それだけを考えることは転職活動において得策ではありません。
年収にこだわると、仕事の内容や残業の有無・勤務する環境などさまざまな要素をないがしろになりがちです。
年収が高い企業は多くの場合激務ですから、思っていたよりも忙しく仕事が嫌になってしまうことも十分に考えられます。
もちろん、激務でも年収を上げたい!という方もいると思いますが、転職前にしっかりと自分の希望を見つめ直し、条件の優先順位は熟考しておきましょう。

6. もっと簡単な仕事が良いと思い転職してしまった

「もしかしたら今よりもっと簡単で、楽な仕事があるのではないか」と思い転職をしてしまったパターンも失敗をする典型的な例です。
現職が少し大変だと感じる場合や忙しいと感じるなどといった場合に「働いている職場が大変だから」という単純な気持ちで、簡単な仕事に転職をしてしまうと後々後悔をしてしまうことになります。
どれほど簡単そうに見えても、様々な要素が絡み合う職場という空間に簡単な仕事などありません。苦労して転職活動を行ってまで、わざわざ現職を手放して慣れない仕事に就く方がよほど困難な道だと言えるでしょう。
転職活動を行う際には、転職先が簡単な仕事をする場所ではないことを忘れないでください。

7. 面接で希望する業務について詳しく話せなかった

面接で上手く自分の要望を面接官に伝えられず、入社してから希望する業務と違うことをしなければならないこともまた失敗のひとつです。
入社してからポジション変えを打診することは難しいでしょう。面接の時点で必ずどの仕事をしたいのかを伝えておきましょう。
せっかくやりたいことがあって転職したのですから、それを面接官に伝え、最大限力が発揮できるようにしてもらいましょう。転職先でやりたいことができなければ、転職した意味がなくなってしまいます。

8. 今の会社から逃げたくて急いで転職してしまった

とにかく今の会社が嫌だから、逃げるためだけにどこでも良いから転職してしまったケースですが、多くの場合は失敗してしまいます。
逃げるための転職となると、どの企業も全て同じように見えてしまいます。どれも現職よりも良く見えてしまい、とにかく決まればどこでも良いという気持ちになってしまうため、最善の選択ができなくなってしまうのです。

転職に失敗しないためにはどうすればいいか

上記のような失敗をしないためには、どうすれば良いのでしょうか。
ここでは、転職に失敗しない方法をご紹介していきます。

1. 転職活動は在職中に行う

離職してから転職活動を始めると、経済的に余裕がなくなってしまいます。経済的に余裕がなくなると心にゆとりを持つことも難しくなってしまいますから、転職先を選ぶ気持ちがどんどん先走ってしまいます。
自分が理想とする転職先のイメージ像とはかけ離れた企業でも、経済的な困難から逃れようとするあまり内定を受け入れてしまうことがあります。
このように焦ってしまうと、「もっと違う企業で働けば良かった」「何のために転職したのか」と後悔だけが残ってしまいます。
転職を成功させるためには、まず経済的な余裕がある状態を作っておかなければなりません。経済的な余裕は精神的な余裕であると心得ておきましょう。

2. 自己分析をきちんと行う

自己分析が行えていないと、適した転職先を見つけることはできません。「ただ自分が憧れている職種だから」「人気のある職種だから」「年収が良い職種だから」などといった考え方で転職先を選ばないようにしましょう。
まずは自分が、現在どのようなスキルを持っていて、何を得意としているのか、転職先で活かせそうな能力はあるか、どこで活躍できるかを冷静に見つめ直す必要があります。
あまりにも今の自分とかけ離れた企業ばかりに応募し続けていても、内定を貰える確率は低いと言えます。
自分のキャリアを振り返って、どの程度の企業なら自分を受け入れてくれるかということを見極めることも必要となるでしょう。
   

3. 転職先に求めるものを明確にする

 
転職先に何を求めるかを明確にしておくことも重要です。
スキルアップのための転職だという人もいるでしょうし、自力を更に伸ばすための転職だという人もいるでしょう。
人それぞれ、転職の理由は違います。理由は何であれ、転職先に何を求めるかということははっきりとさせておきましょう。
「何のためにこの会社に転職したのかわからない」ということにならないようにしてください。
転職先で自信を持って働くためには、自分がなぜその会社を選んだのかをはっきりさせておかなければなりません。
もし誰かに「どうしてその会社を選んだのか」と聞かれた時に、すぐ答えられるくらいに明確にしておきましょう。

4. 転職エージェントを利用する

失敗しない転職をするためには、プロの力を借りるという方法が効果的です。
転職エージェントを利用すれば、自分一人では得られなかった情報を大量に得ることができます。
加えて、エージェントが1対1でサポートをしてくれるため、転職中に悩んだことがあればすぐに相談することができ、解決に導いてくれます。
ここでは、大手転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

転職エージェントランキング第1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの最大の強みは業界最大手で求人案件数はNo.1という点。

求人業界トップのリクルートが運営していますので、登録者が多く、非公開求人もトップクラスの多さの転職エージェントです。
「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。
ただ、アドバイザーのサポートは少しドライな印象を受けたという口コミも多かったので、サポートが充実した他のサービスとの併用という形をおすすめします。

公開求人数 149,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 160,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
40代女性(事務 / 年収300万円台)
リクルートは大手だけあって求人の会社数はとても多く、毎日求人が多数きていました。
ネットでの利用申し込みはスムーズですぐにエージェントとの面談が設定されました。その場ですぐに20社以上の求人を紹介いただき、転職先選択の視野が広がりました。
転職活動をしていく中で求人数が多く毎日求人の案内が来ることは安心感にもつながりました。


マイナビエージェント


マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職で圧倒的知名度を誇るマイナビが運営する、最近伸びてきている転職エージェントです。
20代・30代からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされた提案力には高い評価が得られました。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならではのものが多数あります。

公開求人数 20,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 22,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!


Spring転職エージェント


Spring転職エージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界60か国に拠点を持ち人財サービスのグローバルリーダーである、アデコの転職支援サービスです。業界・職別にチームを編成しているため、転職者専門分野に精通した担当者から的確なアドバイスがもらえます。
国内有数の大手企業、外資、グローバル企業や、優良中堅企業など幅広い企業のご紹介も可能。求人数が多いことも魅力です。

公開求人数 51,770件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 33,181件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
20代女性(コンサル / 年収500万円台)
結果的にはSpring転職から内定はしませんでしたが、経験値としては得るものが多かったです。
学生からでなく社会人からの転職ということでしたので武器になるものが違うのだと担当者から説明があり数回で非常に成長できたと思います。
もちろん求人の質は高いですが競争率が高い企業が多いのでSpring転職ではまず学習という観点から登録してみるのも良いかと思います。


doda


doda

おすすめ度:

公式サイト: https://doda.jp/consultant/

転職サイトでも有名なdoda(デューダ)。人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

求人の量・質ともに満足度の高いのが特徴で首都圏だけでなく地方にも対応しています。
求人数は非公開求人を含むと10万件以上です!
とにかく求人が豊富なので高齢での転職や他の転職エージェントでは断られるような場合でもdodaでは対応してくれたとの口コミもありました。

他の転職エージェントサービスとの比較のためにもまずは登録して求人を見てみることをおすすめします。
※サイト登録をしたあとに、エージェント登録がありますので、しっかりとサポートまで受けられるようにエージェントの登録までするように注意しましょう。

公開求人数 79,000件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 54,000件(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代男性(営業 / 年収350万円台)
dodaさんは派遣社員として働いていた私をなんとか正社員として就職させてあげようと、懸命にアドバイスや丁寧なサポートをしてくれました。
履歴書や職務経歴書も簡潔明瞭に自分の強みを最大限に伝えられる内容を一緒に考えてくれました。
求職中は不安なことも多かったので、丁寧にサポートいただけて、かなり心強い存在となりました。


JACリクルートメント


JACリクルートメント

おすすめ度:

公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業や国内大手企業などハイクラス、グローバル求人に強みがある転職エージェントです。
企業ごとに担当者がいるため、企業文化や風土、事業戦略までも把握しており、リアルな情報を聞くこともできます。中には他にはないレベルの高待遇な案件もあり、求人の質は非常に評価が高いです。
管理職や専門職のハイクラス転職を考えている方にはピッタリの転職エージェントです。

公開求人数 3,300件(2020年6月1日更新)
非公開求人数 非公開(2020年6月1日更新)
口コミアイコン
30代女性(営業 / 年収600万円台)
求人の質は他社と比較しても良いです。
JACリクルートメントの制度上、企業担当者が直接応募者を探すので、複数の担当者がこちらの希望条件から興味を持ちそうな求人を紹介してくれます。
私は最終的に4人の担当者とやりとりしました。紹介してくれる担当者も書類が通過しそうな人に声をかけているようなので、高い確率で面接まで進めます。

また、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

>>【2020年版】転職サイトランキング|プロが転職サイトの選び方も解説

5. 口コミサイトを活用する

口コミサイトを活用することもおすすめです。
「入社してからブラック企業だということがわかった」ということにならないためにも、転職活動中にどのような企業であるかをあらかじめリサーチしておくことは重要だと言えるでしょう。
とはいえ、口コミサイトは誇張された批評が書かれていることがあるため、あまり鵜呑みにしてはいけません。
「大体こういう企業なのか」「少し怪しいな」といった参考程度に見ておきましょう。
おすすめの口コミサイトは以下の3つです。
>>オープンワーク
>>転職会議
>>エンライトハウス(旧カイシャの評判)

6. 希望する条件は整理しておく

転職するにあたって希望する条件はいくつかあるでしょうが、全てを叶えることはなかなか難しいことです。
そのため、妥協しなければならないという覚悟をしておいてください。望んでいる条件の中で、これだけは譲れないけれど、これは諦めようという割り振りを行わなければなりません。
「この条件よりもこの条件を優先する」といった順位付けをしておくことも必要です。二社で迷った際に、決め手となる条件をあらかじめ決めておくと迷わずに済みます。
魅力的な条件を提示されると、心が揺らぐかもしれませんが、あなたが最初に譲れないと思った条件を優先するようにしてください。

7. なぜ転職するのかを明確にしておく

転職する理由があやふやなままだと、転職先でも「ここはやっぱり自分のいるべき場所ではないかもしれない」という気持ちになってしまいます。
そしてまた、新しい自分の居場所を求めて転職をしなければならなくなってしまう、というループから抜け出せないことも考えられます。
自分がきちんと「ここで働ける」と根を張ることができる場所を見つけられるようにするためにも、転職をする理由は絶対に明確にしておいてください。

8. 「最高の職場」は自分で創り出すと覚悟して転職する

やっと転職先が決まると、どうしてもそこが前職よりも確実に良い職場だろうと思い込んで出社してしまいます。
しかし、理想と現実のギャップに打ちのめされて「こんなはずではなかった」「こんな職場だったなんて…」と思ってしまうこともあるでしょう。
転職先は、必ずしも「最高の職場」というわけではありません。もちろんあなたに合った快適な職場もあるかもしれませんが、働きにくい職場である可能性も考えておかなければいけないのです。
もし働きにくい職場だった時には、自ら「最高の職場」を創り出さなくてはなりません。なるべく人間関係を円滑にし、仕事が面白いと思えるまで一生懸命打ち込み、前職よりも「この職場に来てよかった」と思えるようにしましょう。

9. 自分の市場価値を客観的に捉える

自分を過大評価してしまい「もっと良い待遇で雇ってくれる企業があるはずだ」「もっと大企業に採用されるはずだ」と信じていると、転職活動は決して上手くいきません。
転職活動では、自分のキャリアやスキル、年齢などを客観的に考慮する必要があります。「自分が特別な人材だ」という考えを持っていると転職先は見つかりません。
実際の市場価値を冷静に見つめ直し、自分がどの程度の企業に求められるレベルの人材なのかを判断する必要があります。
「もっとできるはずだ」と思っていたとしても、それは形として残っていなければ相手企業には伝わりません。自分の市場価値を測り損なったがために転職活動が長引いてしまう、などといったことがないようにしましょう。

10. やりたいことに見合うだけのスキルを身につける

やりたいことがあるから転職を決めた場合には、相応のスキルを身につけておく必要があります。
やりたいという気持ちだけでは仕事を進めていくことはできませんし、面接で自己PRをすることもできません。
もし内定を貰ったとしても、スキルを持っていなければ仕事についていけずに日々混乱し続けることになってしまいます。
何よりも、やりたいと考えていることができずにもどかしく、歯がゆい思いをしなければならないのは悔しいものです。
そうならないためにも、適したスキルは必ず身につけておくべきです。
やりたいことが見つかっているのであれば、それを実現するためのスキルを身につけておきましょう。

転職に失敗したらどうすれば良いか

ここでは、十分に用意をしても転職に失敗してしまったらどうすれば良いかについてご説明していきます。

1. 前の会社に戻れないか打診する

前の会社に戻ることを「出戻り転職」と呼びます。
最近では出戻り転職を受け入れている企業が多くなってきました。
しかし、いくつかデメリットを伴う行為であるということを覚えておかなければなりません。
特に、以下の3点のデメリットに注目してください。

給与が下がる

出戻り転職をすることによって、以前よりも給与が下がってしまうというデメリットが挙げられます。
どの程度ダウンするのかははっきりと言い切れませんが、以前にかなり良い給与を稼いでいた人はそのギャップに納得できない気持ちや、燻る気持ちが残ってしまうかもしれません。
しかし、企業としてはあくまでも一度手放した人材をもう一度受け入れる形になるので、高給与を支払うわけにはいきません。

部下と上司の逆転が起こり得る

退職する時は部下だった年下の社員が、出戻った時に上司になっていることは十分に考えられます。
見知った仲であるからこそ気まずさもあり、向こうが年下だからという理由で指示がしにくいこともあるでしょう。
こればかりはタイミングもありますし、気を遣わなくていいと言っても気まずさは消えません。
もしこのようなシチュエーションになってしまったとしたら、お互いにぎくしゃくしてしまうことは避けられないと考えてください。

人間関係が悪くなる

一度退職したことは事実として社員全員が周知していることです。
その人がまた戻ってきて働いているのですから、「どうして戻ってきたのか?」と思われても無理はありません。
もちろん好意的に受け入れてくれる人もいるでしょうが、敵意や悪意を持って接してくる人もいるでしょう。
「喜んで迎え入れてもらえるだろう」と思っていたら、全然歓迎してくれなかったなんてこともあります。
人間関係がギスギスしてしまうことは十分にあり得ますから、そうなる覚悟を持っておく必要があることは忘れないでください。

2. 頑張って働き続ける

失敗したとわかっても、それでもなお、がむしゃらになって働き続けることも一つの手段です。
すぐ転職せずにその場に踏みとどまり、次の転職の機会までスキルを磨く期間として考えてみましょう。
働いているうちに失敗だと思っていた転職が成功のように感じられることもありますし、数年後の転職に有利になるようなスキルを身に付けられることもあります。
根気と気力が要ることではありますが、継続することで得られるものは確かにあります。この転職は失敗だったと思っても、早々に諦めることなく、自分が一度決めた道を突き進んでみる方法も良いでしょう。

3. 転職エージェントを使い再度転職する

もう一度転職をしたいのであれば転職エージェントを利用することをおすすめします。
二度目の転職となると自力で進めていくのはなかなか難しいところがあります。特に条件交渉に関しては、エージェントに一任する方が良いでしょう。
「なぜもう一度転職するのですか?」という質問は面接で必ずされますから、その質問に対して完璧に答えなければなりません。
その他にも、企業がおそらく面接で突いてくるであろう質問に対して答えを考えておかなければいけません。そして、その質問と正答を知っているのはエージェントなのです。
同じ失敗を繰り返さないためにも、転職エージェントを活用し、二人三脚で転職活動を進めていきましょう。

4. 自分がなぜ転職したかを考えてみる

なぜ自分が転職したのかを改めて考えることで、転職をするか今の転職先に残るかを決めましょう。
本当に今、もう一度転職をすることで自分のしたかったことが叶えられるのかどうかを考えてみてください。
ここでできなかったからといって、別の場所でできるわけではないということも十分にありえます。冷静になって見つめ直してみましょう。
「そもそも自分は何がしたかったのか」ということを改めて考えることで、転職をしたストレスで混乱している思考をまとめてみると良いでしょう。
転職はストレスを伴うことですから、そのせいでしばしば目的を忘れがちです。しかし、原点に立ち返り転職をした理由を思い出してみてください。

5. まだ転職できるなら情報収集をする

転職できる余裕があれば、情報収集のために早めに行動を起こしましょう。
前述のように、口コミサイトや転職エージェントを活用するなど、企業の情報をできるだけ多く集めてください。
そして、今回の転職で失敗だと思った点を書き出してみましょう。社風・年収・評価がされにくいことなどさまざまな理由があるはずです。
次に、その失敗だと思った点を口コミサイトなどで重点的にチェックしていくことが必要となります。
口コミサイトなどではしばしばそういった点について言及されていることがあるため、注意深く読んでいけばあなたの必要とする情報が必ず得られるはずです。
また、転職エージェントを利用すれば更に早く確実な情報を得ることができます。
大切なのは、早く行動を開始することです。転職するかしまいか迷っている時間が長ければ長いほど、不利になってしまうことを意識しましょう。

転職を繰り返すデメリット

転職に失敗したと感じると、すぐに転職したくなる気持ちが出てきます。しかし、転職を繰り返すことは今後のキャリアにとって大きなリスクになることも理解しておかなければなりません。ここでは、転職を繰り返すことで発生するデメリットをご紹介します。

1. 給与が下がる

多くの場合、中途採用だと給与が下がります。一社でキャリアを積んでいれば、だんだん給与はアップしていきますが、中途採用ではどうしてもその会社でのキャリアが浅いものとなってしまうため、給与が低くなってしまうのです。
給与を上げたいのであれば、一社にとどまってキャリアを積んでいく方が良いでしょう。

2. 企業側から人間性を疑われる

何度も転職を繰り返していると、企業側から「この人は人間性に何かしらの問題があるのではないか」と疑われてしまう可能性があります。
「もしかしたら以前の職場で人間関係においてトラブルがあったのではないか」「いつも人間関係に不和が生じる人なのではないか」などと、邪推されてしまうことも考えられます。
あまり転職を繰り返すと、このように良いイメージを持たれないことが多くあります。特に人間関係での印象は重要ですから、悪い印象を与えたくないところです。

3. 採用されにくくなる

転職を繰り返していると、採用されづらくなります。企業としては長く勤めてくれる人材を求めていますから、すぐに辞めてしまう人はあまり採用したくないのです。そのため、「この人は雇ってもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまい、採用されにくなってしまいます。
人材が欠けてしまうと、それを補充するために再度募集をかけなければなりません。それはとても時間と労力が必要なことであり、企業としては痛手となります。すぐに辞めてしまわれては困るという考えがあるため、転職を繰り返す人は採用されにくくなってしまうと言えます。

転職に失敗|まとめ

転職で失敗しないためには、企業に対する入念な下調べと自己分析、そして客観視が必要です。
常に冷静であれば、転職で失敗することはありません。決して焦ることなく、どのような場面であれまずは一度立ち止まって、自分がどのような立ち位置にいるのかを確認してみてください。
そうすることによって、見えてくるものが必ずあります。

また、転職エージェントを利用することによって転職に成功できる可能性は高まります。この記事で紹介した転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェント 総合評価 コメント
リクルートエージェント

業界トップのリクルートが運営、求人案件数No.1
マイナビエージェント

新卒採用で培ったノウハウを活かしたサポートが評判◎
JACリクルートメント

求人の質◎
管理職などにおすすめ

▶︎横にスクロールできます▶︎

ぜひこの記事を参考に、転職を成功させてください。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄