「転職活動は辞めてからした方が良いのだろうか」「転職活動を辞めてからするとデメリットがあるのだろうか」など、転職活動のタイミングについて悩んでいる人は少なくないでしょう。

転職活動のタイミングによっては、大きな失敗に繋がってしまう可能性がありますから、絶対に間違えたくないですよね。

そこで、この記事では、転職活動を辞めてからするべきなのか、どのような人が辞めてから転職活動を行うべきなのかについてご説明していきます。
転職活動に欠かせないおすすめのエージェントもご紹介しますので、最後まで読んでみてください。

記事の目次

転職をするかどうか改めて考える

転職活動を実際に始める前に、改めて本当に転職しても良いのかどうかを考えてみましょう。
ここでは、その考え方に関することをご説明していきます。

1. 自分の置かれている状況を考える

まずは自分がどういう状況に置かれているのかを考えてみましょう。

もし、出世コースに乗っていて、これから出世していくというポジションにいるのであれば、その位置を手放すのは惜しいかもしれません。

また、入社して3ヶ月程度しか経っていないという場合には、自分の会社に見切りをつけるのは早すぎるとも言えるでしょう。

このように、自分が置かれている状況によっては、転職の時期を考え直した方が良い場合もあります。

どのような理由があって転職したいと考えるのかは人それぞれですが、自分が恵まれている環境にあるかもしれない、今辞めてしまったらもったいないかもしれない、と一度立ち止まって考えてみることも大事だということを覚えておいて下さい。

2. 転職によって得られるメリットを考える

せっかく転職をしても、何のメリットも得られなくては意味がありません。

転職をすることによってどのようなメリットが得られるのか、できるだけ具体的に考えましょう。

今よりも収入がアップする、通勤時間が短くなる、待遇が良くなるなど、自分が求めるものであればどのようなものでも構いません。

メリットのない転職は、次の転職もしづらくなるなどデメリットが大きく、無駄な転職になってしまうこともあります。

メリットを検討した結果、デメリットの方が多いと考えられた場合には、転職は踏みとどまって今の会社でしばらく様子を見ておく方が良いでしょう。

3. 転職を焦ってはいけない

転職は焦るべきではありません。もちろんするべき時を見計らって適切なタイミングで行うのであればおすすめしますが、焦ってしまうと失敗してしまいます。

まずは落ち着いて、転職をしなければならない、転職をすべきだという強迫観念を取り去りましょう。

焦って転職をしても、転職先が良い会社だとは限りません。急いで決めた転職先は高確率で前の会社よりも過ごしにくいところだと考えてください。

転職を決める前に、本当に今の会社を離れても良いのか、違う会社で活躍するビジョンは持てるか、自分は今冷静な判断ができているかをきちんと確認しましょう。

転職活動は会社を辞めてからするべきではない

転職活動は会社を辞めてからするべきではありません。
ここでは、その理由について詳しくご説明していきます。

理由①金銭面で余裕をなくしてしまう

転職活動において最も重要なのが、金銭面のやりくりです。

会社を辞めてから転職活動をしてしまうと、収入がゼロの状態が続くことになりますから、金銭面が非常に心もとなくなってしまいます。

生活費がなくなってしまうのではないかという心配から、どのような企業でも内定が出ればそこに決めてしまおうという焦りが生じてしまうことが懸念されます。

金銭面の余裕がないと、精神的にも余裕がなくなってしまいますから、冷静に転職先を探すことができなくなるのです。

早く次を決めないと、このままでは食べていけなくなってしまうと考えて、吟味することができないまま転職した先がブラック企業だった、などということがないようにするためにも、転職活動は会社を辞めてからするべきではないのです。

理由②ブランクができてしまう

会社を辞めてから転職活動を始めると、職歴にブランクが生まれてしまいます。

ブランクがあることは企業にあまり良い印象は与えません。

ブランクで仕事がスムーズにできないかもしれない、など邪推をされてしまいます。

ブランクはどの企業でも歓迎されないものです。ブランクがあるだけで、どれほど優秀な人材であっても悪い印象を持たれてしまうことを意識しておきましょう。

理由③今の仕事を続けられなくなってしまう

基本的に、一度今の会社を辞めてしまったら元に戻ることはできません。

転職をするために会社を辞めておいて、やはり上手くいかなかったから元のポジションに戻してくださいとはさすがに道理が通りません。

「出戻り転職」という、再び元の会社に戻るという転職方法もありますが、全く同じ待遇では戻れませんし、もちろんポジションも違ったものとなります。

全てを捨てる覚悟をして転職活動に打ち込むことになりますから、どうなるかわからないうちは、やはり転職活動は会社を辞めてからするべきではありません。

理由④会社勤めをしていた時のような生活ができなくなってしまう

会社勤めをしていた頃はきちんと生活リズムを保てていたけれど、だんだんそれが狂ってしまうということもあり得ます。

連休などで夜更かしをしていたら、朝起きるのが億劫になってしまったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。
ああいったことが続くので、どんどん生活リズムは崩れていきます。そのままにしておくと健康に害を及ぼすことにもなりかねませんし、何より社会復帰できなくなってしまうかもしれません。

転職活動へのやる気も薄れていく可能性も否定できませんから、生活リズムは保っておきたいところです。

転職活動をする前にするべきこと

ここでは、転職活動をする前にするべきことについてご説明します。

1. なぜ転職したいのかを追求する

転職をする前に、自分が何をしたいのかについて考えてみましょう。

特にやりたいことがないのに、「とりあえず転職すれば何かが変わるだろう」という安易な気持ちで転職に踏み切ってはいけません。

転職をして何をしたいのかを明確にすることによって、転職活動に対するモチベーションを上げることもできます。
転職をすることでどのような変化を遂げたいと考えているのか、また、そのためにはどう行動するべきなのかについて深く考えてみてください。

2. 転職をしなくても解決できることはないか考える

必ずしも転職だけが解決法だとは限りません。今抱えている悩みなどは、転職をしなくても解決できるかもしれないのです。

例えば、部署異動の願い届を出すことで解決するかもしれませんし、残業や休日出勤を減らせないか上司に相談してみる、多すぎる飲み会は断るなど、自分の悩みの種となっていることは今の会社を離れずとも解決できるかもしれません。
もちろん、どうしようもなく解決方法がない場合もありますが、落ちついて見渡してみれば、解決法があることは意外と多いものです。

転職をすることだけに気をとられず、まずは今の会社でできることはないか確認してみてください。

3. 本当に自分の会社は悪い会社なのか見極める

現状に耐えられないと感じていると、今の会社が悪いものだと思い込んでしまいがちです。

しかし、本当にそうでしょうか。客観的に見て、自分が今勤めている会社はどのように評価されているのか、今一度考えてみてください。
見方を変えれば、実は優良企業だということも十分考えられます。転職したからといって、必ず今の会社よりも良い会社に入ることができるわけではありません。

今の会社に留まった方が、良い待遇で働くことができるという可能性も大いにあります。

悪い会社かどうか自分では判断がつかないという時には、第三者の目を借りましょう。転職を悩んでいる時でも、転職エージェントに相談できます。転職エージェントは公平な目で会社を見ているので、的確なアドバイスをしてくれます。
転職エージェントに相談したい方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。
>>【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較
この記事の終わりでもおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職を考えている時にしてはいけないこと

ここでは、転職を考えている時にしてはいけないことについてご説明します。

1. 周囲の人に話してしまう

転職活動をしている上で気をつけなければならないことのひとつとして挙げられるのが、うっかり周囲の人に転職活動をしていることを話してしまうことです。

特に同期など、心を許している話しやすい人に、飲みの席などでつい口を滑らせてしまうというケースは非常に多くあります。

どこからその話が広まっていくかわかりません。まだ悩んでいる段階であれば、上司の耳に届いてしまい、人事に悪影響が及ぶ可能性すら考えられます。

また、社内で噂が広まると腫物扱いされることもあるでしょうから、口外することはおすすめできません。

2. 勢いに任せて退職してしまう

勢いに任せて退職してしまうと、その後のプランが展開できず、やみくもに転職活動を行わなければならなくなってしまいます。

転職活動は短期決戦です。しかし、何も考えずにいきなり退職してしまうと、短期間でどのように行動するかという計画を立てられなくなってしまいます。

計画を立てているうちにどんどん時間は過ぎていきますから、大きくタイムロスになります。

辞めたい、この会社にはもういたくない、という気持ちが強まって退職したくなる気持ちはよくわかりますが、後々転職活動をしなければならないということを考えて、一度冷静になって衝動を抑えてください。

3. 軽い気持ちで退職してしまう

「多分何とかなるだろう」「転職先なんて、転職活動を始めればすぐに見つかるだろう」といった軽い気持ちで退職してしまうこともかなり危険です。

転職活動を軽く、甘くみてはいけません。すぐに転職先が見つかることはごく稀で、ほとんどの場合そう上手くはいきません。

自分とマッチする会社を探すことは難しく、内定が出たからといってそれで良いというわけではないのです。
その会社が自分の望む会社ではないかもしれませんし、会社の見極めは困難を極めます。

軽い気持ちで退職してしまうと、すぐに転職活動の壁にぶつかり、「こんなに大変だなんて思っていなかった」「全然内定がもらえない」などといった事態に陥り、混乱してしまうでしょう。

決して軽い気持ちで退職することがないようにしてください。

4. 今の会社を全否定してしまう

転職を考えているのであれば、自分がどの会社に所属するべきかを客観的に判断するべきです。

今の会社が嫌だと思っているからといって、全てを否定してはいけません。きちんと良い部分は評価して、良い会社である側面があることも認めましょう。
それを踏まえた上で、転職をするかどうか最終決定をしましょう。

会社を辞めてから転職活動をする場合に気をつけたいこと

やむを得ず会社を辞めてから転職活動をするという場合には、気をつけなければならないことが3点あります。
ここではその3点についてご説明します。

1. 今の会社には基本的に戻ってこられない覚悟をする

会社にいながら転職活動をするのであれば、上手くいかなくても今のポジションを守ることができます。

しかし、一度今の会社を離れてしまうと基本的には二度とその位置には戻れません。
今の会社に戻らないという覚悟ができているのであれば、辞めてから転職活動をしても問題ありませんが、あまりおすすめできません。

もし気が変わって、「やはり前の会社の方が良いところだった」と思ったとしても、もう元に戻ることはできないからです。

転職活動をしていく中で、色々な会社を見ることになるでしょう。そして、そのうち「もしかして前勤めていた会社は優良企業だったのではないか」と思えてきてしまう可能性は十分に考えられます。
そういう事態に陥らないためにも、会社は辞めずに転職活動をしていくべきです。

2. 3ヶ月分程度の生活費は貯金しておく

仕事を辞めてからの転職活動となると、やはり最も懸念材料となるのは金銭面です。

少なくとも3ヶ月は暮らしていけるだけの生活費を貯金しておきましょう。

金銭面に余裕がなければ、満足のいく転職活動はできません。生活に困ることがないように、貯金をして転職活動に備えておきましょう。

もちろん貯金は多ければ多いほど安心できますが、だらだらと転職活動期間が延びてしまわないようにすることだけは意識しておいてください。

3. ブランクが長引かないようにする

ブランクが長引いてしまうと、それだけでかなり不利になってしまいます。

そのため、もしブランクが長引いた場合にはその理由を説明できるようにしておくべきです。

資格を取るための勉強をしていた、家族の介護をしていたなど、さまざまな理由があるでしょう。
また、そのブランクを経て、どのように変わったかということも併せて伝えられるようにしておくべきです。

より仕事に役立てられるスキルを会得したことをアピールするなど、プラスになることを伝えましょう。

ただ何となく時間が過ぎてしまったという印象を持たれないためにも、ブランクについて尋ねられた際の対策はきちんと考えておく必要があります。

会社を辞めてから転職活動をするべき人

基本的には、転職活動は働きながら行うべきです。
しかし、会社を辞めてから転職活動をするべき人もいます。
ここでは、どのような人がそれに当てはまるのかについてご説明していきます。

1. 仕事のせいで体調などに悪影響のある人

心身ともに、仕事のせいで体調などに悪影響のある人は、迷うことなく会社を辞めてから転職活動を行いましょう。

無理をして会社に残り続けた結果、体を壊してしまったとなっては、元も子もありません。
体を壊せば転職活動をすることができなくなってしまいますし、そこまで自分を追いつめるくらい酷い会社なのであれば、一刻も早く離れる方が賢明であると言えます。

残業が多すぎる、パワハラやセクハラが酷いなど、心身に悪影響を及ぼす要因はさまざまですが、耐えきれないと感じているのであれば距離を置いて自分の身を守るべきです。

2. 転職活動にあてる時間がないほど忙しい人

転職活動には時間と手間がかかります。在職中だと手が回らないという人も少なくはないでしょう。

今の仕事が忙しすぎて、転職活動ができないという人はやむを得ず退職するしかありません。

中途半端な状態で転職活動をしていても、転職活動がだらだらと長引くだけで良いことはありませんし、面接などの日程が組みにくくなってしまいます。

転職活動に専念したいのであれば、思い切って退職しましょう。

3. ハイスペックで自社にいる時間がもったいないと感じる人

どこへ行っても通用するスキルとキャリアを持っていて、すぐに転職先が決まると確信している人も会社を辞めて転職活動に専念すべきでしょう。

今の会社に留まっている時間がもったいない、こうしている間に良い求人をほかの人に取られているかもしれない、と考えてしまうと、なかなか仕事に手がつかないでしょう。

自信があるなら、転職エージェントに相談してみてください。転職先がすぐにでも決まりそうであれば、自社に留まっている必要はありません。

ただし、自分は絶対に大丈夫だろうという思い込みは禁物です。自分の市場価値を高く見積もりすぎることは非常に危険なので、転職エージェントに客観視してもらいましょう。

4. 転職後に必要な資格をとるために時間が必要な人

転職後に何か資格を活かして働きたいと考えている人は、資格を取るための時間を作るべきです。

資格の勉強をしながら会社勤めをし、更に転職活動をするとなると、かなりのハードスケジュールになってしまいます。

どれかが疎かになってしまう可能性が非常に高いですし、資格をきちんと取りたいのであれば専門の講義が受けられる学校などに通った方が効率的で確実です。

そのため、思い切って会社を辞めてから転職活動を始めることをおすすめします。

資格の勉強をしながら、転職活動を続けていくというスタイルが理想的です。

会社を辞めてから転職活動をするべきではない人

ここでは、会社を辞めてから転職活動をするべきではない人の特徴についてご説明します。

1. 生活費を確保できない人

転職活動中の生活費を確保できない人は、絶対に会社を辞めてから転職活動をするべきではありません。

最低でも3か月間の猶予がなければ、落ち着いて転職活動はできません。

その間の生活費を自分でまかなうことができなければ、転職活動まで気が回らなくなってしまいます。

生活費をまかなえない場合には、地に足を着けて転職活動ができないと考えてください。

2. 社宅など会社からあてがわれた住居に住んでいる人

社宅や寮などといった、会社が用意した住居に住んでいる人は会社を辞めてから転職活動をするべきではありません。

引っ越しをする必要があるということは大きなネックとなります。

住まい探しをするだけで時間と手間がかかってしまい、更に引っ越し料金も払わなくてはなりません。

また、会社が住宅手当を出してくれているという場合も同様です。

その割合が大きければ大きいほど、手当が消えた後の痛手は大きくなってしまいます。

3. キャリアが浅い人

キャリアがまだ浅い人も会社を辞めてから転職活動をするべきではありません。

企業側としてはキャリアの浅い人を「すぐに辞めてしまう人」と疑っていることが多くあります。

そのため、転職活動が多少長引いても問題がないようにするためにも、会社に籍をおいておくべきだと言えます。

キャリアの浅い人にはポテンシャルはありますが、転職活動では不利になることが多いということを意識しておきましょう。

4. 理由なく辞めてしまう人

「特に理由はないけれど、とりあえず早く辞めた方が良さそうだ」という理由で会社を辞めてしまう人は最も危険です。

理由なく辞めるというところに計画性のなさが表れてしまっていますし、理由なく辞めてしまうことによって準備できていたはずのことが全て台無しになってしまいます。

転職活動の天敵は、「何となく行動すること」です。理由なく大事な行動を決めてはいけません。

次の一手を決める時には、常に熟考することを忘れないでください。

失業保険を活用する

ここでは、失業保険の活用の仕方をご説明します。

失業保険とは、退職後に貰える保険金のことです。
もちろんそれほど高額なものではありませんが、生活を支える足しにすることはできますから、きちんと貰っておきましょう。

失業保険には2種類あり、「自己都合」「会社都合」に分かれています。
どちらに分類されるかによって、失業保険を貰える期間が異なりますから、しっかり確認しておきましょう。

「自己都合」の場合では、手続き後7日と3ヶ月経った日の翌日分から貰えます。期間は90日~150日間です。
「会社都合」の場合では、手続き後7日の翌日分から貰えます。期間は90日~330日間です。

このように見ていくと、「自己都合」よりも「会社都合」の方が貰える期間が長く、望ましいと考えられます。
では、どのような場合「会社都合」に当てはまるのかご紹介します。

会社都合に当てはまる条件
辞めるまでの6ヶ月のうちで、3ヶ月以上連続して残業時間が45時間以上を超えた
辞めるまでの6ヶ月のうちで、残業時間が100時間を超えた
辞めるまでの6ヶ月のうちで、連続した2ヶ月の平均残業時間が80時間を超えた
特定理由退職
給料が不当な理由で支払われなかった
パワハラやセクハラがあった
会社の業務内容が法令違反だった

他にも「会社都合」に当てはまる場合がありますので、退職後にハローワークで相談してみてください。

おすすめの転職エージェント

ここでは、転職活動を支援してくれるおすすめの転職エージェントをご紹介します。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントはリクルートが運営している業界最大手で転職支援実績No.1の「エージェント型」転職サイトで約37万人の実績があります。
多くの実績からあなたも見つけていないあなたのスキルや価値を見つけてくれます。

「他の転職エージェントにはない求人があった」「さまざまな職種の求人があるので選択肢が広がった」「年齢や職歴の面で転職活動に難しさを感じていたが、求人数が多いのでたくさんの企業に挑戦することができた」などの口コミがありました。

口コミアイコン
20代女性(年収300万円台)
地方から都心部への転職でリクルートエージェントを利用しました。

はじめはどうやって仕事を探せば良いのか迷いましたが、すぐにでも転職先を見つけたいとアドバイザーに相談したところ、自分のキャリアを生かした応募先をいくつかピックアップしてくれ、すぐに推薦してもらえました

リクルートエージェントでは面接指導も行っていましたが、アドバイザーとの時間が合わず、面談指導ができなかったことは残念でした。

2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:

公式サイト: https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェントは新卒の就職でも圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する20代や30代前半に人気の転職エージェントです。
若年層からの信頼は絶大で特にサポート体制に満足できたという口コミが多くあります。新卒採用で培ってきた学生さんをサポートするノウハウが活かされているようです。

未公開求人も新卒採用の企業とのつながりを活かし、マイナビエージェントならでは求人が多数あります。

口コミアイコン
20代女性(広報 / 年収400万円台)
新卒のときの記憶から仕事探しといえばマイナビ!というイメージがあったので登録しました。
やはり新卒の支援ノウハウのあるマイナビさんだからか細かいところのサポートが手厚く安心できました。
丁寧にカウンセリングをしてくださって、自分じゃ思いつかなかった選択肢も提案していただけました!

3.type転職エージェント

type転職サイト

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは1994年から運営している老舗の「エージェント型」転職サイトです。年収アップにこだわった転職エージェントで、転職者の約71%が年収アップを実現しています。特に20代30代の利用者が多いです。
また、8割は非公開求人で、中には大手企業や人気の案件もあります。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件にとても強いエージェントですので首都圏で転職を考えられている方は特におすすめです。

口コミアイコン
30代女性(年収400万円台)
type転職エージェントは転職エージェントの老舗企業だと聞いていたので、自分に合った転職先を探し出してくれるのではないかと期待して登録しました。
非公開求人の取り扱い量がとても多かったです。type転職エージェントの求人は、質にもこだわっているようで、紹介してくれた企業はしっかりとした企業ばかりでした。

自分が出した条件には、厳しいものがありましたが、そこを見事にクリアしてくれて転職先を見つけてくれたので、こちらを利用して良かったなと感じました。

また、下の記事も参考にしてみてください。
>>【2020年版】転職エージェントランキング|評判・口コミをもとに比較

転職活動は会社を辞めてからするべきか|まとめ

この記事では、転職活動は会社を辞めてからするべきかどうかご説明してきました。

辞めずにするべきだ、という人もいれば、やはり辞めてからでないとできない、という人もいるでしょう。

どちらにせよ、転職エージェントという第三者の目を使い、冷静な判断をしながら転職活動を進めていってください。

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄