派遣会社に登録して働くまでの手順・流れ|登録の解除方法も解説

CareeRecoは友人・知人におすすめしたい派遣・転職メディア第1位に選ばれました
派遣に登録しようと思っても、登録手順や仕組みなど、分からないことが意外と多いですよね。

この記事では、これから派遣で働くことを考えている方のために、派遣会社登録の手順や勤務までの流れなど、派遣で働くまでに必要な情報を網羅してご紹介します。

最初にチェック!高評価の派遣会社

【WEB・電話での面談付き登録あり】
業界最大級の求人数

事務の仕事に強い
即日開始の仕事多数
全国に派遣案件あり

\登録かんたん/

公式サイト→

chesta

【オンライン登録可能】
軽作業、事務、単発など
「一回の登録」で
複数の派遣会社の仕事が探せる

\ 完全無料 /

公式サイト→

記事の目次

派遣登録からお仕事開始までの手順

まずは派遣登録をする手順からご紹介していきます。

それぞれのステップで意識するべき点についてもご紹介するので、是非参考にしてください。

登録する派遣会社によって手順は異なることもありますが、大まかな流れは以下のようになっています。

派遣会社利用の流れ

>>登録が簡単なおすすめ派遣会社

ではそれぞれの流れについて詳しく見ていきましょう。

1.無料WEB登録

派遣会社を利用する際には、まずはWEB上での無料登録または派遣登録会のWEB予約をする必要があります。

登録時に入力が求められることが多い情報は、以下の内容です。

派遣会社のWEB登録に必要な情報

自分の氏名・住所・生年月日や、これまでの職歴を登録します。
職歴に関しては詳細かつ端的に記載するようにしましょう。

しかし来社不要ではない派遣会社の場合は、Web登録の後に派遣会社の登録会に参加する必要がある場合もあります。
WEBだけで登録を完結させたいという方は、「来社不要」「Web登録のみ」の派遣会社を利用してみましょう。

>>WEB登録ができるおすすめ派遣会社|来社不要で簡単登録

登録の前に仕事紹介率UPのプロフィール登録を参考にして、希望の求人を紹介してもらいやすい登録内容の書き方を把握しておくことをおすすめします。

派遣登録説明会予約

派遣会社によってはWEBで派遣登録説明会の予約を受け付けていることもあります。
もし説明会に参加するのが苦ではなく、早く予約をしたいという方は、Web上で済ませてしまうのもおすすめです。

>>優良派遣会社おすすめ総合ランキング

2.派遣登録説明会の参加

WEB登録・登録会予約を行った後は、実際に登録説明会に参加します。

派遣会社が指定もしくは自分が選んだ会場にて、派遣会社からの各種説明、プロフィールや経歴の紹介などを行います。派遣会社によってはスキルテストなどを受講することもあります。
WEBページでプロフィール登録した場合でも、登録会に参加しなければ求人を紹介してもらうことが出来ないのでご注意ください。

登録説明会は面接とは異なり派遣スタッフとして不採用になったりすることは基本的にありませんが、悪い対応やだらしない服装等は今後の仕事紹介に影響するので、あなたが希望する求人を紹介してもらうためにも誠実な対応を心がけましょう。

>>派遣会社の登録会にふさわしい服装|男女、職種、季節ごとに徹底紹介

登録会の時点であなたの経歴・スキルと人材派遣会社が募集している仕事がマッチしていたらその場で紹介されます。
説明会への参加前に派遣登録説明会前の対策を事前に読んでいただき、対策してください。

また参加時に履歴書の提出が必要の場合は派遣登録の履歴書志望動機記入例で解説していますので、参考にしてみてください。

3.求人紹介・応募

派遣会社への登録後、WEBページ上で仕事の応募ができるようになります。

派遣会社側でも自社が保有している派遣案件と派遣会社の登録者をマッチングしており、適合している人がいれば電話又はメールにて連絡してきます。

人材派遣の仕事応募に2倍通る方法

4.派遣会社社内選考

あなたがお仕事に応募した場合、または派遣会社が紹介した仕事に応募したあとは、派遣会社で社内選考がおこなわれます。

社内選考をする理由は、他の応募者と比較して経歴やスキルが今回紹介する仕事とどちらが適合しているかを判断するためです。

人材派遣会社は仕事紹介の社内選考時ここをみている!

5.職場見学(顔合わせ)

社内選考に通過した後は、紹介された会社での職場見学(顔合わせ)があります。

応募した派遣先企業に派遣会社の営業担当と訪問し、あなたの経歴やスキルの説明や紹介企業(派遣先)からの仕事説明、質疑応答などが行われます。

職場見学(顔合わせ)はあなたと派遣先企業(実際に働くところで)の情報にギャップが生じないことを解消するために行います。実際に働き始めて聞いていた話と違うといったことにならないように、しっかりと質問をしてください。

派遣の職場見学について詳しく知りたい方は、派遣の職場見学・顔合わせとは|よくある質問や意識すべきポイントも解説を参考にしてください。

6.派遣先での就業開始

職場見学を実施したうえで特に問題がなければ、派遣先での就業が始まります。

真面目に勤務して、派遣会社と派遣先企業から良い評価をもらうことで、継続的に安定して働けるようになります。

勤務初日に注意すべきことについては、派遣就業初日の流れや持ち物、服装や挨拶の例文まで徹底解説を参考にしてください。

派遣登録会の持ち物

続いて、派遣登録会の際に必要な持ち物をご紹介します。

派遣登録会では普段あまり使わない物が必要になるので、なるべく早めに用意しておくと良いでしょう。

登録会で必要になる持ち物は以下の通りです。

印鑑

シャチハタ不可の場合もあるので要確認

身分証明書

例:免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードなど

通帳

給料を振り込んでもらうための預金通帳(無い場合はキャッシュカードでも可能)

筆記用具

基本会場で用意されていますが、念の為持参しましょう

特に印鑑は普段あまり使わないので、いざ登録会に行こうと思った時に手元にないことがよくあります。

また、派遣会社の担当者に話を聞いたところ、参加者の忘れ物で一番多いのが印鑑だそうです。

持ち物の数はそこまで多くないので、なるべく早めに用意しておくようにしましょう。

派遣登録会の服装

派遣登録会に参加する時の服装って意外と迷いますよね。

結論を先にお伝えすると、派遣登録会の服装は私服で大丈夫です。

服装の指定がある場合を除き、基本的には自由な服装で参加可能です。

派遣登録会では堅苦しい面接などを行うわけではなく、働くまでの流れや仕事紹介の受け方などの説明を受けるぐらいの内容です。
ですので、普段どおりの服装で気軽に参加しても特に問題はないのです。

しかし私服を考えるのが面倒くさかったり、服装自由と言われても不安という方は、もちろんスーツで参加することも可能です。
スーツやオフィスカジュアルで参加する際には、「サイズが合っているもの」「シワがないもの」を着用するようにしましょう。

印象が悪い服装
いくら服装自由と言っても、明らかに印象の悪い服装は望ましくありません。
下記の服装は派遣登録会にあまりふさわしくないので、避けるようにしましょう。

ラフすぎる服装

例:タンクトップ・短パン・サンダル・サングラスなど

露出度の高い服装

例:キャミソール・極端なミニスカート・胸元が開いた服装など

着替えていないような服装

例:スウェット・ジャージ・部屋着・パジャマなど

清潔感のない服装

例:よれよれの服・シワシワの服・ダメージが大きすぎるジーンズなど

派遣登録の3つの手段

実は、派遣の登録には複数の手段があります。

基本的には実際に会場に足を運んで登録を行う「来社登録」がほとんどですが、派遣会社によっては来社不要で登録が可能な場合もあります。

ここでは派遣登録の3つの手段をご紹介するので、あなたに合った方法で登録してみてくださいね。

派遣登録3つの手段
来社登録
Web登録
電話登録

来社登録

まずはオーソドックスな来社登録からご紹介します。

来社登録はその名の通り、登録会の会場に足を運んで行う登録のことを指します。

派遣会社の担当者と直接対面で話すことができるので、他の登録方法と比べてしっかりとコミュニケーションをとることができるのがメリットです。

来社登録のメリット
勤務する企業情報を聞ける
対面なので相談がしやすい
希望条件を明確に伝えやすい

Web登録

Web登録は、派遣会社への登録をWeb上で行う登録方法です。

Web登録には2種類あります。
来社不要でWebのみで登録が完結するパターンと、Webで情報の登録まで行い、それ以降の本登録や仕事の紹介は会場で行うパターンです。

どちらも便利ですが、会場に足を運ぶのが面倒な方は、来社不要でWebのみで完結する派遣会社を利用するのがおすすめです。

>>Web登録が出来るおすすめの派遣会社|来社不要で簡単登録

電話登録

電話登録は、電話であなたの個人情報や希望条件を伝える登録方法です。

派遣会社によって細かい流れは変わりますが、求人サイトなどで掲載されている派遣求人に応募した後に電話がかかってくるのが最も多いパターンです。

電話登録は、派遣登録の会場に足を運ぶ必要がないのは利点ですが、「電話がかかってくるタイミングがわからない」「電話に長めの時間がかかる」などのデメリットもあるので、これらが面倒な方はWeb登録を利用するのがおすすめです。

>>Web登録可能な派遣会社はこちら

登録する派遣会社を選ぶ3つのポイント

派遣で働くことができても、希望に合わない仕事や相性の悪い派遣会社に登録するのは避けたいですよね。

特に、希望通りの仕事で働けるかどうかは、正しく派遣会社を選ぶことが何よりも重要です。

信頼できる派遣会社を選ぶポイントは以下の3つです。

それぞれ順に紹介していきます。

優良派遣事業者に認定されているか

まずは、優良派遣事業者に認定されているかどうかを確認しましょう。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

 

優良派遣認定事業者として登録されているのは2021年時点で約170社あります。

現在、日本に派遣会社は約43,000社もあることから、派遣事業者数の1%未満の派遣会社しか優良派遣事業者として認定されていません。

この記事で紹介している派遣会社は、優良派遣事業のみを選定しています。

営業担当などの従業員が多いか

派遣会社の営業担当は、大勢の派遣スタッフの担当をしています。

派遣会社の悪い口コミとしてよく挙げられる「営業担当の対応が悪い」などは、一人ひとりにかけられる時間が限られているため全員に手が回らなくなってしまうことが原因です。

また求人数が多くなればなるほど、仕事を紹介してくれるコーディネーターの方がすべての派遣先企業の状況を把握できなくなります。

その結果、勤務条件が希望と異なっていたり、雰囲気が悪い職場に派遣されることもあるので、派遣スタッフの登録数と従業員の人数の比率はチェックしておきましょう。

スキルアップや研修制度が充実しているか

派遣で働きたいと思っている方の中には、パソコンのスキルに自信がなかったり、基本的なビジネスマナーを知らない方も多いのではないでしょうか。

大手派遣会社なら未経験者が分からない点やつまずくポイントを熟知しているので、丁寧にサポートしてくれます。

希望する仕事、条件がよい仕事の紹介を受けるためには、3社以上の派遣会社に登録するのがおすすめです。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

登録が簡単なおすすめ派遣会社

ここでは、派遣登録が簡単に行える派遣会社をご紹介します。

登録が簡単かつ、仕事内容・サポート力・福利厚生など全体の質が高い派遣会社を厳選したので、利用する派遣会社を迷っている方は是非登録してみてください。

1.スタッフサービス

スタッフサービス

求人件数
サポート力
スキル
アップ体制
福利厚生
登録方法
  • Web登録
  • 来社登録

登録が簡単で最もおすすめの派遣会社は、スタッフサービスです。

登録方法は来社登録とWeb登録の2種類がありあなたの希望に合わせて登録方法を選ぶことができます。

スタッフサービスの場合は特に、他の派遣会社と比べてWeb登録が簡単という特徴があるので、簡単に登録を済ませたい方には特におすすめの派遣会社です。

大手企業の派遣や、難易度が低いお仕事など、幅広いしごとを紹介してもらうことができるので、派遣で働きたい方がまず最初に登録しておくべき派遣会社です。

公式サイトURL:https://www.022022.net/

>>2分で完了<<

2.テンプスタッフ

テンプスタッフ

求人件数
サポート力
スキル
アップ体制
福利厚生
登録方法
  • Web登録
  • 来社登録

テンプスタッフも来社登録とWeb登録を選べる派遣会社です。

日本全国に拠点があるので、どの地域に住んでいても登録会への参加や、派遣の仕事紹介を受けることができます。

業界最大級の求人数を保有しているため、幅広い業界や職種から希望の仕事を紹介してもらうことができます。

また担当者のサポートが手厚く、しっかり寄り添った上で希望や悩みを聞いてくれるので、今まで出会えなかった希望通りの仕事を見つけることができます。

特にWeb登録に関しては手軽に手続きが完了するので、派遣登録の作業が面倒という方は是非Web登録を利用しましょう。

公式サイトURL:https://www.tempstaff.co.jp/

3.パソナ

パソナ

求人件数
サポート力
スキル
アップ体制
福利厚生
登録方法
  • Web登録
  • 来社登録

パソナは来社登録とWeb登録を利用できる派遣会社です。

Web登録の場合は、Web上でパソコンやスマートフォンを利用して面談を実施します。
会場に行かなくても対面で話すことができるので、Web登録で希望を伝えきれるか不安という方も安心です。

来社面談を利用する場合でも、日本全国に拠点があるので、お住まいを気にせずに近場で登録会に参加することができます。

また利用者からの評判も良く、友人に勧めたい派遣会社「クチコミNo.1」を7回獲得しています。

パソナの仕事は時給が高い特徴があり、これまで身に着けた経験や知識を活かしたい方におすすめです。

一般的な社会保険はもちろん旅行や美容・演劇や育児代行などを安く活用できる制度が設けられており、福利厚生の充実度も国内トップクラスです。

>>パソナの評判や口コミを詳しくチェックする

4.テクノサービス 働くナビ

テクノサービス 働くナビ

求人件数
サポート力
スキル
アップ体制
福利厚生
登録方法
  • Web登録

テクノサービスの働くナビは、スタッフサービスグループ企業が運営する製造・軽作業・工場業に特化した派遣会社です。

基本的にはWebでの登録を受け付けており、気軽に登録できるのが特徴となっています。
登録には履歴書や証明写真は不要で、あなたの希望の条件が見つかれば登録後最短2日で就業可能です。

求人数の多さも強みの1つで、全国16,000件を超える求人数を掲載しており、未経験者でも高時給のお仕事を見つけられます。

また給与の前払い制度があり、手数料なし、全てのお仕事・地域が対象です。
福利厚生も充実していますので、安心して働くことができます。

>>テクノサービスの評判や口コミを詳しくチェックする

5.ランスタッド

ランスタッド

求人件数
サポート力
スキル
アップ体制
福利厚生
登録方法
  • Web登録
  • 来社登録

ランスタッドは1960年にオランダで創業された外資系の派遣会社です。

登録方法は来社登録とクイック登録(Web登録)があります。
クイック登録の場合は、スマートフォン・パソコン・タブレット端末を使ってWeb上で登録を完結することができます。

2つの登録方法の中では圧倒的にクイック登録の人気が高く、多くの方が利用しています。
ただし登録会を行っているオフィスによっては、クイック登録が使えないこともあるので注意が必要です。

仕事内容としては、製造業や軽作業といった簡単な業務内容から、英語を必要とする医療・銀行・貿易といった金融業など、スキルを求められる求人も多く掲載されています。

福利厚生に関しては、ランスタッドの登録者はランスタッドクラブオフが活用できます。
有名なホテルなどをリーズナブルな料金でご利用いただけるほか、優待対象施設を利用することができます。

>>>ランスタッドの製造・軽作業に特化した登録ページはこちら

>>>ランスタッドの事務に特化した登録ページはこちら

>>ランスタッドの評判や口コミを詳しく見る

派遣に登録する6つのメリット

派遣会社に登録するメリットをご説明します。

実際に派遣社員のニーズが高まっていることもあり、派遣会社の登録には多くのメリットがあります。

メリットは大きく以下の6点です。

これからこの6点について詳しくご説明します。

高時給の仕事を狙える

派遣社員は給料が低いと思われがちですが、首都圏であれば看護師派遣の時給は1,500円〜1,800円が平均とされています。
派遣先によっては、時給2,000円以上などの仕事も少なくないので、高い給料を狙うことができます。

フルタイムで正社員と同じように働くのであれば、ボーナスはありませんが時給が高いため、パートやバイトよりも高収入を狙えます

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

ライフスタイルに合わせて働ける

派遣社員はシフトや働くことが多いため、勤務時間を事前に選ぶことが可能です。
勤務日数の相談もできるため、週3日勤務や時短で働くなどの選択肢も持つことができます。

さらに短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取るなど、プライベートでやりたいことに合わせて働く日時を決めていくことができます。
派遣社員は、自由なライフスタイルを思い通りに実現することができるのです。

サービス残業がない

派遣社員には基本的に残業がありません。
また、派遣法で時間外手当てのない残業も禁止されているためサービス残業もありません。

派遣先は時間外労働分を必ず支払わなければいけないため、長い残業をさせることもありません。
万が一長い残業やサービス残業を強要された場合も派遣会社に相談し、改善の勧告などをしてもらえます。

正社員などの直接雇用で働くと、サービス残業を強いられるのが少なくないのが現状です。
このような労働環境を入社前に把握することは難しいので、ホワイトな環境で働きたい方は派遣社員として働くことをおすすめします。

同じ職場に通い続ける必要がない

正社員やアルバイトなどの直接雇用として働く場合、基本帝には辞めるまで同じ職場に通い続けなければなりません。
もし働いてみて職場の雰囲気と合わなかったり、人間関係で悩むことがあっても簡単には職場を変更することはできません。

しかし派遣社員の場合、短期で働くのは一般的なことなので、自分に合わなければすぐに職場を変えても問題ありません。
長期雇用が可能な場合でも、まずは短期雇用で働いて人間関係や職場の雰囲気を見極め、相性が良さそうだったら雇用期間を延長するという働き方をすることができます。

もちろん、人間関係に不安があれば短期間で職場を変更することも可能です。

派遣会社が守ってくれる

派遣社員は、派遣先企業ではなく派遣会社に雇われているので、派遣会社があらゆる場面で守ってくれるのです。

例えば職場で嫌がらせや嫌な態度をとられたときには、派遣会社に相談することで職場環境の改善を促してくれます。
他にも、業務内容になかなか慣れることができない場合には、無料の研修制度などを通じてあなたのスキルアップを図ってくれます。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

責任が重い仕事は任されない

派遣先の企業によって違うこともありますが、基本的に責任の大きい仕事を派遣社員が任される事は少ないです。

派遣社員には契約期間が定められているため、職場側からしても重要な情報を扱う仕事や、責任が大きな仕事を任せづらいのです。

責任感のある仕事が任されないことで、やりがいが少ないと思うかもしれませんが、逆に言えばその分気楽に働くことができるということです。

派遣に登録する6つのデメリット

ここまで紹介してきたようにメリットの多い派遣社員ですが、もちろんデメリットもあります。

主なデメリットは以下6点です。

同じ職場で働き続けられない

派遣は契約期間があり、契約満了になるたびに更新か、他の勤務先を探さなければいけません。
同じ職場で働きたい場合には契約の更新を希望することができますが、派遣先が人材を受け入れていない場合は契約終了ということもあります。

もし気に入った職場が見つかっても、そこで働き続けられる保証がないのはデメリットとなります。

同じ職場でそのまま働きたい場合は派遣会社に相談してみてください。交渉次第では正社員として雇用してもらえることもあります。

キャリアアップしづらい

メリットの部分でも説明したように、派遣社員は責任の大きい仕事を任されることが少ないため、派遣先でのキャリアアップは難しいです。
賞与や昇給もないため、給料アップを狙うのであれば次の契約時のタイミングでの交渉になってしまいます。

また、即戦力として働くことを求められることが多いためスキルアップのための研修や教育も基本的にありません。

給料が上がりづらい

派遣社員に関しては、職場によっては、若い頃は比較的多くの給料をもらう事ができます。

しかし30代後半、40代、50代となった時は他の正社員と比較した場合、給与が低くなる事は否めません。

派遣社員としてずっと働き続ける場合には、給与面で直接雇用より条件が良いとは言えないでしょう。

業務範囲が限られてしまう

これはデメリットでもありメリットにもなることですが、派遣社員は期間が決まっているため、幅広い業務を任されることは多くないです。

派遣先によっては正社員のサポート業務になることもあるので、数十年派遣社員として働いていると、業務内容に物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

幅広い業務に携わってやりがいを感じたいという方には、デメリットに感じられるかもしれません。

派遣先の福利厚生が受けられない

派遣社員は、派遣先の資格取得支援、退職金制度などの福利厚生は利用できません。
また、育休や産休は権利としては認められていますが、短い契約になってしまう派遣では取得しづらいのが現状です。

とはいえ、条件を満たせば有給休暇や社会保険などの派遣会社の福利厚生を利用することもできますので登録時に確認してみてください。

福利厚生が充実している派遣会社の中では以下の3社がおすすめです。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

社会的信頼性が高くない

これは派遣社員だけではなく、契約社員や業務委託など正社員以外の働き方全般に言えることですが、社会的信頼性が高くないのが現状です。

これが要因で、住宅ローンや金融機関等の審査に通りづらくなってしまう事も想定されます。

とはいえ最近では派遣社員の地位向上に政府も力を入れているので、徐々に社会的信頼性も高まっています。

派遣登録で必ず注意すべきポイント

複数の派遣会社に登録しておく

希望する求人や条件の良い求人に出会うためにまず、3社以上の派遣会社に登録することが重要です。
派遣会社にはそれぞれ異なる強みがあります。

大手には大手の強みがあり、求人数の少ない派遣会社には求人情報の手厚さなどの特徴があり、地域密着型であれば独自の求人などが見つかる可能性もあります。

また、派遣会社の担当者とあなたの相性も重要なので、複数の派遣会社の担当者を比較できるのも利点の1つです。

同じ求人に応募しない

派遣登録でよくあるのが、以前に違うサービスから応募したことのある仕事に応募してしまうことです。
複数のサービスから同じ求人に応募するのは、信頼性が下がって今後仕事を紹介してもらえなくなることにもつながるので、やめましょう。

派遣会社の登録会に参加する前に、応募したことのある仕事をなんとなく思い出してメモしておくのが理想です。

最初は担当者を信用しすぎない

担当者の質は同じ派遣会社の中でも差があり、運が悪いと質が悪質な担当者に出会ってしまうこともあります。
悪質な担当者は希望と異なる仕事を紹介してきたり、ブラック企業の求人を紹介してくることもあるので要注意です。

担当者の質を見極めるために大切なのは、最初のうちは担当者を信用しすぎないことです。

紹介された仕事は自分でも調査して、安心できる求人だと判断してから応募することをおすすめします。

働きはじめたあとのフォローもチェック

多くの派遣会社では就業後もしっかりフォローをしてくれます。
派遣先でトラブルが起きた、サービス残業が多い、新しい職場にうつりたい、正社員としてこのまま働きたいなど、働いている間に相談したいことはたくさん出てくると思います。

派遣会社のフォロー内容をしっかり把握しておくことで、悩みをすぐに解決できるようになります。
スピード感をもって派遣会社のサポートを受けるためにも、フォローの内容はチェックしておくようにしましょう。

派遣で働く意欲を見せ続ける

派遣会社の担当者に対しては、働く意欲を継続的に見せる必要があります。
理由としては、派遣会社の担当者は何人もの求職者の担当をしていることが多く、働く意欲の高い人を優先的にサポートする傾向があります。

また、派遣会社側からすると早く派遣就業してほしいと考えているため、就業意欲が高い人には質の高い求人を優先的に紹介してくれます。
良いサポート・良い求人紹介を行ってもらうためにも、派遣で働く意欲を見せ続けることを意識しましょう。

キャリアやスキルは正直に伝える

派遣会社の担当者と面談をする際、それまでのキャリアや持っているスキルについて質問されることがほとんどです。
この時、必ず全ての質問に正直に答えるようにしましょう。

嘘をついてもばれないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、派遣会社は大量のデータを保有しているため噓をつくといずれ高確率でばれます。
派遣会社からの信用がなくなるとサポートを受けることができなくなりますし、なによりあなたのことを正直に伝えることで、より希望条件に合った求人を紹介してもらうことができます。

気になる求人にはすぐ応募する

最近では派遣で働く方が増えている傾向があり、人気の求人はすぐに枠が埋まってしまいます。
あなたの希望に合う気になった求人にはすぐに返信、応募することをおすすめします。

枠が埋まってしまった後で後悔することがないようにしましょう。

福利厚生など疑問点は先に聞く

派遣会社によって福利厚生の内容は異なります。
基本的な有給取得や社会保険などは共通していることが多いですが、単発ではなく長期で働きたい場合には、社会保険に入れるタイミングや健康診断の有無、特別休暇の有無など細かい点に注意が必要です。

初めての派遣は不安なことや疑問点がたくさんあると思いますが、聞きにくいことでも担当者の方に確認しておくと、その後の流れをスムーズに進めることができます。

派遣先企業の口コミを確認しておく

派遣会社から紹介してもらった職場の質を見極めるためには、派遣先企業の口コミを確認するのがおすすめです。

口コミには実際にその企業で働いた事のある人の意見や体験談が書かれているので、派遣先を決める際の重要な指標の1つとなります。

いざ働き始めてから後悔することがないようにしておきましょう。

口コミサイトを活用

ブラック企業残業の多い職場の求人を見抜くためには口コミサイトを活用しましょう。

担当者と価値観が合わないと、あなたの理想の働き方がきちんと伝わらない恐れがあります。
条件が良くて応募してみたが、面接してみたら会社の雰囲気と全く合わなかった・・・などという無駄を省くためにも、転職会議を活用しましょう。
実際にその企業で働いた経験のある方々の年収、やりがい、スキルアップ、福利厚生、ワークライフバランス、女性の働きやすさなどに関する意見を確認することができますので、あなたの理想と合っているか事前に確認することがおすすめです。
転職回数が増えることはあなたのキャリアを汚すことになりかねません。
入社後にギャップを感じて、すぐに再転職・・・などという失敗を防ぐためにも、求人は口コミサイトでも確認しておきましょう。

応募の前に!確認しておきたい口コミサイト
転職会議
会員数700万人以上

公式サイト

>>転職アプリのおすすめを知りたい方はこちら

派遣登録の解除・退会する方法

派遣会社に登録した後に、「やっぱり自分には合わないから退会したい」「他に良い派遣会社があったから登録を解除したい」と思うこともあると思います。

また、前述の通り複数の派遣会社に登録しておくのがおすすめですが、予め退会方法を知っていた方が安心して登録することができます。

登録解除・退会方法は派遣会社によって異なりますが、基本的な流れは共通しているので、ここではその流れをご紹介します。

電話で登録解除を申請する

派遣会社の退会・登録解除方法の中で、最も確実かつ簡単な方法は電話での申請です。

派遣会社の営業担当は忙しくしていることが多いので、電話で登録解除の申請をすれば「分かりました。また機会があればよろしくお願いいたします。」などの簡単なやり取りだけで済むことがほとんどです。

退会の理由などを詳しく聞かれることもほとんどないので、簡単に確実に登録解除を済ませたいという方には、電話での連絡をおすすめします。

メールで登録解除を申請する

担当者と話をするのが嫌な方や電話が苦手という方は、メールで登録解除をお願いするのも1つの方法です。

メールでの連絡は、派遣会社と直接話をする必要がない一方で、解除できるかどうかの確実性がないことが懸念点として挙げられます。

先述の通り派遣会社の営業担当は忙しいので、メールの連絡を見てもらえない可能性もあるのです。

登録解除依頼をメールで送っても仕事の紹介が続いたり、退会処理がされていないようであれば、電話で連絡する必要があります。

派遣会社のマイページから手続きする

マイページが存在する派遣会社の場合は、マイページ上から退会や登録解除の手続きを行える場合もあります。

スタッフサービスなどの派遣会社では実際にマイページからの退会手続きが可能なので、安心して登録が可能です。

ここで紹介した退会・登録解除方法を覚えておけば、自分に合った派遣会社を見つけるために、いくつかの派遣会社を試してみやすくなるでしょう。

最初に登録するのがおすすめなのは、以下3つの派遣会社です。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

派遣登録に関するよくある質問と回答

スキルに不安があるのですが登録できますか?

もちろん可能です。
むしろ派遣社員の場合は求められるスキルや難易度が比較的低い仕事が多いので、スキルに不安がある方でも安心して登録することができます。

もっとスキルを伸ばしたいなどの希望があれば、無料の研修・スキルアップ制度を利用できる派遣会社もあるので、積極的に活用してみましょう。

年齢が高くても登録できますか?

派遣社員には年齢制限がないので、年齢が高い方でも安心して登録することが可能です。

派遣社員には、正社員などと比べて年齢を気にせずに働けるというメリットがあるので、「働きたいけど年齢が気になる」という方には特に派遣で働くことをおすすめしています。

・関連記事
40代は派遣会社で仕事がもらえないって本当?実態を徹底調査
50代は派遣会社に登録しても仕事はもらえないのか?実情を解説

登録した後はすぐに仕事がもらえますか?

派遣会社によりますが、多くの場合登録したその日から働くことも可能です。

直接雇用とは違い、すぐに働き始めることができるのも派遣社員になるメリットです。

早く働きたい方は派遣で働くことをおすすめします。
もちろん登録してしばらくしてから働くことも可能なので、あなたに合ったペースで仕事を紹介してもらいましょう。

今は登録だけするのもありですか?

派遣会社には、いったん登録だけしておくことも可能です。

登録後に仕事が紹介されても、応募しなければ就業する必要がないので、今すぐに働くことを考えていない方はまず登録だけしておきましょう。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

登録会なしで働けないのですか?

派遣会社を利用する場合は基本的に登録会に参加する必要があります。

しかし最近では、登録会なしで手軽に働けるアプリなども増えてきています。

登録会などに参加するのが面倒な方は、そのようなアプリを使ってみるのもおすすめです。

今いち押しのおすすめ仕事アプリは、「シェアフル」です。

派遣の登録まとめ

この記事では、派遣の登録に関する情報をご紹介してきました。

登録会場まで足を運ぶのが面倒という方は、Web登録可能な派遣会社に登録しましょう。

また希望通りの仕事で働くためには、複数の派遣会社に登録することが重要です。

まずは、Web登録可能な以下のおすすめ派遣会社に登録しておきましょう。

派遣会社名 総合評価 コメント
1位 スタッフサービス
優良な派遣会社に必要なポイント
すべてを抑えているおすすめの派遣会社
2位 テンプスタッフ
求人豊富!抜群の知名度
3位 パソナ
担当者対応満足度高い。歴史がある派遣会社

▶横にスクロールできます▶

都道府県別おすすめ派遣会社
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
スタッフサービスの評判・口コミ

総務事務におすすめの派遣会社ランキング

役員・社長秘書の求人に強いおすすめの派遣会社

経理の求人数が多いおすすめの派遣会社

製造業・軽作業におすすめの派遣会社

シングルマザーの求人に強いおすすめの派遣会社

看護師に強いおすすめの派遣会社

介護職に強いおすすめの派遣会社

保育士に強いおすすめの派遣会社

コールセンターにおすすめの派遣会社

主婦・子育てママにおすすめの派遣会社