「薬剤師を辞めたい」「今すぐ他の職場へ転職したい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

薬剤師は一見すると安定している職と思われがちですが、人間関係や職場環境で困っている薬剤師の方が多くいるのも事実です。

そんな方のために、この記事では、薬剤師の転職に特化したプロが薬剤師の辞めたい理由や後悔しないために抑えておくべきポイントをご紹介します。

また、この記事の後半には辞めるか迷ったときに活用したい薬剤師転職エージェントもランキング形式でご紹介しますので、是非最後までご一読ください。

薬剤師求人が
圧倒的に多い
薬キャリ

薬キャリ
薬剤師登録者数No.1
コンサルタント満足度95%

\60秒で登録完了/

公式サイト→

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
最短3日で転職!
キャリアアップにも強みあり

\60秒で登録完了/

公式サイト→

記事の目次

薬剤師を辞めたいと思う理由7選

まず初めに、薬剤師の方が今の仕事を辞めたいと思う理由を7つに絞ってご紹介していきます。

薬剤師の方の口コミを見ている限り、「薬剤師を辞めたい」と思っている方は様々な理由を持っています。

辞めたいと思う理由は以下のケースが多いです。

調剤薬局の従事者数
・人間関係に悩みがある
・給与面に不満がある
・昇給ができない
・業務上のミスが怖い
・教育制度や研修制度が整っていない
・拘束時間が長い
・仕事が思うようにいかない

実際に薬剤師を辞めたいと思っている人の口コミなどを参考に、リアルな意見をご紹介していきます。

人間関係に悩みがある

薬剤師の方の悩みで1番多いのが人間関係の悩みです。調剤薬局や病院などでは、毎日同期の薬剤師と仕事をする必要があります。どうしても職場の人間関係が狭くなりがちなので、人間関係のトラブルも発生しやすいのでしょう。

また、薬剤師は職場の上司・同僚だけでなく、お客さん・患者さんとも関わっていく必要があります。そのため、薬剤師の方は気を遣う時間が長くなり、より人間関係に疲れやすいということが多いようです。

特に20代・30代の方は上司との関係に耐えきれずにやめてしまうケースが多いです。

実際に上司から毎回無理な要求を受けたり、一生懸命働いているのに認められなかったりして、部下に負担が溜まっている場合が主な要因です。

口コミアイコン
20代女性 薬剤師(調剤薬局勤務)
調剤薬局で勤務しているのですが、職場の雰囲気が悪く困っています。特に上司の方と私の相性が悪く、一緒に仕事をする上でかなりつらい状況です。
上司の方はいつも私に大変な仕事を押し付けて、自分は簡単な仕事をしています。最近は私自身苛立ちを隠せません。
ただ、このような人間関係のことで仕事を辞めたら、今後後悔しそうな気がしてなりません。転職するべきか、しないべきかかなり迷っています。

給与水準が低い

実際給与が低いという理由で辞めたいと感じる方も多数います。

特に、この悩みは調剤薬局や病院薬剤師として勤務されている方に多いです。
病院薬剤師のケースで言うと、初任給は驚くほど低いです。

薬剤師の年収比較

  • 薬剤師全体の平均年収
  • 男性薬剤師:562万円(月収39万円)
  • 女性薬剤師:520万円(月収36万円)
  • 薬局薬剤師:平均年収520万円前後
  • 病院薬剤師:平均年収300~400万円ほど

給料が低いのに、昇給や福利厚生もそこまで多くは望めないという職場も多いです。
「お金が全てではない」と心の中ではわかっていたとしても、勤務した見返りの給料の部分が低くなるとモチベーションも上がりにくいですよね。

実際にこういう意見もありました。

口コミアイコン
20代女性 薬剤師(病院勤務)
新卒の頃より今の病院で勤務しています。子供のころに病気になったこともあり、勤務を始めた当初はとてもやりがいを感じていました。ですが、最近給与があまりにも低いということに気づいてしまいました。

大学時代の友人と会って、話をしていると、明らかに自分の年収が最も低いのです。

仕事は夜勤もあって、きつくなる場面もたくさんあります。にもかかわらず、ドラッグストアに勤務している友人や定時で帰宅する友人よりも給与が低い事がわかった際には、正直辛かったです。

どうやら、他の病院と比較しても給与水準が低い職場のようです。もちろん、お金が全てで無いとわかっています。仕事にはモチベーションを感じています。

しかし、このまま仕事を続けていくべきか、疑問を日々感じていながら勤務をしています

昇給ができない

特に大手企業と違って、中小規模の企業になると評価をするシステムが不十分であるケースがあります。

例えば、周りの人より頑張って働いて薬局の売上をアップさせたとしても、評価システムが完全でないためになかなか昇給できないなんて話もよく聞きます。

そのような場合には、早めに転職を検討したほうが良いでしょう。転職を先延ばしにしていると、どんどんとひどい状態に陥っていく可能性があります。

口コミアイコン
20代女性 薬剤師(調剤薬局勤務)
毎日頑張っているのに、なかなか昇給ができません。薬局で働いているのですが、ほぼ毎日残業しています。上司の方は定時で帰ることが多いのですが、早くステップアップしたいという思いから一生懸命働いてきました。

正直、ここまで働いて何も変化がないとモチベーションも下がってしまいます。大学時代の友人などは、みんなどんどん昇格してきています。友人の姿を見ると心が痛いです。

今の職場がダメなのでしょうか?転職すべきか悩んでいます。

業務上のミスが怖い

薬剤師として勤務し始めてすぐや、未経験で調剤業務をする際に多いです。

薬剤師の仕事は患者さんの命にかかわる仕事だからこそ、業務中の恐怖心がより一層増してしまいます。

調剤などは、人の健康そのものに関わってくるため、ミスは許されない環境です。毎日働く職場がプレッシャーが高い環境であれば、精神的に負担が大きくなってしまいがちです。

薬剤師という職は、職場環境が変わっても比較的年収などに大きな差がないのが特徴です。そのため、思い切って転職してしまうのも1つの選択肢としてありかと思います。

業務中のミスに関しては下記のような意見がありました。

口コミアイコン
20代男性 薬剤師(調剤薬局勤務)
調剤薬局での業務中に患者さんにお渡しする薬品を間違えてしまいました。
薬をお渡しした数時間後に気づき、急いで患者さんの家に行き薬をお取替えました。

幸い大事件にならずに済んだものの、周囲の薬剤師からは「ミスをする薬剤師」というレッテルを貼られ、冷ややかな視線を浴びるようになりました。

私自身もまたミスしたらどうしようと怯えながら仕事をしているので、精神的にきつくなり、薬剤師自体を辞めようかと考えています。

教育制度や研修制度が整っていない

教育制度や研修制度が整っていないということも薬剤師を辞める理由として挙げられます。

薬剤師として働くにあたって、日々新しい情報をアップデートしていくということは必要なことであり、モチベーションの増加にも繋がります。

そのため、働く環境の教育制度はとても重要となってくるのです。

その教育制度が不十分であると、働いている側にとっては不満がたまってしまうのは仕方がないことかもしれません。

口コミアイコン
20代女性 薬剤師(調剤薬局勤務)
入社したものはいいものの、会社の研修制度に不満があります。重要な業務もわからないまま仕事をさせられている感じです。
今後のことも考えると、自分がもっと成長できる環境に移った方がいいのではないかと考えてしまいます。モチベーションも上がらないので、正直働いていて苦しいです。

最近、大手のきちんとした教育制度が整った職場に転職を考えはじめました。

拘束時間が長い

このような悩みは「ドラッグストア・病院勤務」の方がよく見られるケースが多いです。

仕事を頑張りたいと思っているものの、拘束時間が長いと、身体的にも精神的にも辛くなってしまいます。

拘束時間が長いとうつ病の発症につながる恐れがあるみたいです。

「最近、朝目覚めるのが辛い」と感じる方は、あなたが思っている以上に体調が悪くなっていませんか?

薬剤師の拘束時間に関して、こういった意見もありました。

口コミアイコン
20代男性 薬剤師(調剤薬局勤務)
大学卒業後、調剤薬局で勤務していました。

3年勤務した後に結婚を意識し始め、「もう少し待遇面が良いところを」と考えドラッグストアに転職しました。

9時~20時での勤務で、ある程度の厳しさは覚悟していましたが、想像以上に厳しかったです。
20時以降に品出し業務があったり、慣れないOTC医薬品の取り扱いに困惑したりするなど、22時以降に終業することもありました。

特に最近、近くに新しい店舗がオープンして、休日にも関わらずヘルプに呼ばれたりと、本当に休みが取れません。

給与面がいいからと自分を諭して頑張っていますが、最近、体が思うように言うことを聞かず、しばしば仕事を休むことも増えてきました。たまにある休みも寝て終わったりします。

仕事が思うようにいかない

この悩みは「新卒から勤務し始めてから3年目まで」の方に多く聞かれるケースです。

大学で薬学を専攻して、いよいよ薬剤師としての第一歩を踏み出そうと思っていたのに、なかなか思うように仕事ができないと苦労されている方は非常に多いです。

さらに「仕事ができないレッテル」を貼られてしまうと、少しの事でも嫌味を言われたり怒られたりと、辛い思いをし続けなければなりません。

特に調剤薬局などといった小さい職場環境だと、こういったレッテルをなくすのは非常に大変で、身体的にも精神的にも辛い環境になってしまうしれません。

口コミアイコン
20代女性 薬剤師(調剤薬局勤務)
ある調剤薬局に勤務し始めて1年半になります。日々自分なりに頑張っているのですが、なかなか思うように仕事ができるようになりません。

自分の勤める調剤薬局は、1日一人辺りの担当が40枚と非常に多く、総合科目なので種類もたくさんあります。

採用薬を覚えるだけでもいっぱいいっぱいなのですが、土曜・月曜の午前中のピーク時はスピード感も求められるので、てんぱってしまいミスしてしまいます。

また先輩の女性薬剤師の方がとても厳しく、「1年勤務しているのに、こんなこともできないの」と嫌味を言われる日々です。

薬剤師の人数もそこまで多いわけではないので、毎日仕事に行くのが辛いです。

薬剤師を辞めたい方が確認すべきこと3選

この章では、薬剤師の方が仕事を辞める前に確認しておくべきことを3つほどご紹介します。今から紹介する内容を確認して後悔のない選択をするようにしましょう。

今の職場が嫌なのか、薬剤師を辞めたいのか

まず1つ目に、薬剤師の方が辞めようと感じた際に、今の職場が嫌なのか、薬剤師を辞めたいのかを整理することがとても重要となります。

「薬剤師を辞めたい」と思っている方は、もう一度冷静になって考えてみることが必要です。今の職場が嫌すぎて、薬剤師という職が嫌になってしまっている可能性があるためです。一人で考え込んでしまっている場合、客観的な判断ができなくなってしまう場合が多いので、友人や家族など信頼のできる人に相談することも必要です。

他の職場に転職をすれば済む問題なのか、仕事自体の職種を変えたいのか、自分はどちらなのかを相談しながら深く考えてみましょう。

転職した後のキャリア

2つ目に、転職した後のキャリアを設計することも必要となります。

自分は今の職場から転職した後にどのようなキャリアを描きたいかということを意識しないと、転職してから後悔することに繋がります。

ただ単純に「今の仕事が辛いから」という理由で逃げ出してしまっても、転職先で同じような状況になりかねません。

また、一度違う職場で働くと、元の職場に戻れなくなる可能性もあります。
例えば、病院から調剤薬局へ転職した場合、もう一度病院へ再転職をするということは難しくなります。

転職した後のキャリアもよく考えましょう。

今の職場より劣悪になる可能性もある

最後の確認しておくべきポイントとして、今の職場より劣悪になる可能性もあるということも意識しましょう。

単純に今の仕事が大変だからといって新しい職場に転職しても、「かえって今よりも忙しくなってしまう」という可能性もありえます。

上記で述べたように、簡単な考えで転職をしてしまうと後々後悔することにもなりますので、転職する際は慎重に考えることが大切です。

また、そういった場合には薬剤師の特化した転職エージェントを利用することによって、自分の考えを整理すると良いでしょう。転職は、なかなか他人に相談しづらい内容で一人で考え込んでしまうということがよくあります。

しかし、転職エージェントに相談することによって、悩みを簡単に解決できることがあります。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

上記の3つの転職エージェントは薬剤師転職に特化しているため、薬剤師事情に詳しいコンサルタントがあなたをサポートしてくれるでしょう。

薬剤師を辞めたい方に適した対策法3選

前の章で述べたように、薬剤師を辞めたいと思っていてもいきなり辞めるのはおすすめしません。

辞めたいと思っている、今の状況を一変させる方法はないかとできる限りの対策を試してみましょう。
やれることをやり抜いてから薬剤師を辞めても遅くはありません。

この章では、薬剤師を辞めたいと思っている方がするべき対策法を3つご紹介していきます。

今の職場で努力する

今いる職場でやれるだけの事を努力しましょう

  • 評価が低いことから原因であれば、評価を高めれるよう努力する
  • 人間関係に原因があるなら、自ら相手に歩み寄る
  • ミスをしないよう細心の注意を払って仕事をする
  • 上司に言われる前から先回りして仕事をする
  • どうして合わない人がいるのであれば上司への相談や異動願を出してみる
  • などがあり、薬剤師という職をあきらめる前にやれることはすべてやってみましょう。

    まずは今の職場に留まりながら問題解決が可能な方法を探ってみるべきです。

  • 自分が仕事ができない
  • 人間関係に耐えられない
  • こういった逃げと捉えられる理由で転職活動を行っても、希望の職場に行けない可能性があります。

    なので、一旦できることは全てやってみてください。
    「できることはすべて試したが、やはり厳しい」と最善を尽くしたのにもかかわらず報われない場合もあると思います。

    特にブラック化している職場に関してはあなた一人の努力だと難しいところもあると思います。

    ブラック化している職場のポイント

    • 教育・研修環境がしっかり整っていない
    • 長時間労働・サービス残業のが根付いている
    • 日常的に上司からのいじめがある

    などが挙げられます。
    会社側に明らかに原因があった場合は今すぐにでも転職・退職されることを強くオススメします。
    自分で環境を変える努力をしたにも関わらず解決されなければ、転職を選択するしか無いでしょう。

    独学で学び知識をつける

    知識をつけていくにつれ、当然ミスは大きく減らすことが可能です。

    薬剤師が必要とする知識

    • 薬品全般の知識
    • 薬物治療
    • 疾病
    • 分包機の使い方
    • 薬歴の記入法
    • 医薬品全般の知識や取り扱い法

    などが挙げられます。
    仕事をしながらという形になるので、帰宅後、専門書を読んだりして学びながら知識をつけることをオススメします。

    知識をつけることで今の仕事に自信が付き、やりがいをもって毎日の業務を行えるようになるでしょう。

    コミュニケーションスキルの向上

    薬剤師として重要なスキルの一つにコミュニケーションスキルがあります。
    内閣府が公表した「人の活躍のための職業能力の育成」という資料の「企業が選考にあたり、特に重視したポイント」の1位にはコミュニケーションスキルがランクインしています。

    それだけ企業目線からみても、社員が仕事で良いパフォーマンスを出す上でコミュニケーションスキルの向上が必須だと感じたのでしょう。

    では薬剤師のケースだとどのようなコミュニケーションスキルが必要なのでしょうか。

    薬剤師の業務において必要なコミュニケーション能力

    • 同僚・上司などの職場においてのコミュニケーション
    • 患者さん・お客さんに向けた服薬指導などのコミュニケーション

    特に、一緒に勤務する職場のメンバーとのコミュニケーションがしっかりとれてないのは危険です。

    調剤者と鑑査者の2つのチェックが機能していない事が調剤ミスの大きな原因となってしまうのです。
    なので、業務中以外でも、一緒に働くメンバーと積極的に話すことはとても大事です。

    次にコミュニケーションスキルが不足している人の特徴をご紹介します。

    コミュニケーションが不足している人の特徴

    • ミスして自信なさげな表情
    • 助けてほしいのに仲間に助けを求めない
    • 笑顔なく常に無愛想
    • 相手の気持ちに寄り添えない

    こういった振る舞いではメンバーとコミュニケーションとれず、あなたの薬剤師としてのスキルを最大限に発揮が難しいです。

    自分の職場でのコミュニケーションはきちんと取れているかを振り返ってみることも大切です。

    転職するのであれば、薬剤師転職エージェントを利用する

    色々と考え抜いた結果、やっぱり転職をすると決断した方もいるでしょう。

    そんな方は、薬剤師に特化した転職エージェントを利用することが必要です。

    薬剤師転職エージェントを利用することによって以下のようなメリットがあります。

    薬剤師転職エージェントを利用するメリット
    ・客観的な意見をもらえる
    ・自分の労働条件を再認識できる
    ・自分の希望条件に沿った職場を紹介してくれる

    この3つが薬剤師転職エージェントを利用する上でのメリットとなります。

    まずメリットとして、コンサルタントの方から客観的な意見を貰えるということです。自分ひとりで考えこんでしまっては、冷静に判断できない場合があります。
    悩んだ時、コンサルタントの方に相談することで、今の状態を客観的に判断することが可能です。

    また、薬剤師転職エージェントを利用することで自分の労働条件を再認識することもできます。上記でも述べたように、客観的に判断できるようになるので「今の職場環境がどのくらいか」「本当に辞めるべき状態なのか」を再認識する良い機会となります。

    転職エージェントはそのようなことを相談しながら、自分の希望条件に合った職場を紹介してくれます。

    薬剤師の転職は当たり前

    薬剤師で未経験の職に転職したい方にとって、今の時代薬剤師の転職は当たり前という事実を知っておく必要があります。

    実際にデータを見てみると、多くの割合で薬剤師の方は転職をしていることがわかります。

    薬剤師転職
    参考:薬キャリ

    大手薬剤師転職会社の薬キャリのデータを見てみると、なんと8割近くの薬剤師の方が転職経験をしたことがあるという事実がわかりました。意外かもしれませんが、薬剤師の方はかなりの高い割合で転職しているのです。

    ですので、薬剤師の方で未経験の職に転職しようか迷っているという方は、迷わずに転職をするべきと言えるでしょう。
    特に薬剤師で転職する方の多くは、新しい未経験の職種にチャレンジしており、実際に転職に成功して新たなキャリアを歩み始めています。

    また、転職をする方の多くは「一人で転職活動をするのが不安」という方も多く、実際にエージェント付きの転職サイトに申し込んでいます。
    「現在の薬剤師の職からいち早く転職したい」「職場に悩みを抱えている」という方は、なるべく早めに転職エージェントに相談することをおすすめします。あなたの悩みを転職のプロに相談することで、気持ちが少しでも楽になることができます。

    辞めるか迷ったときに活用したい薬剤師転職エージェント

    ここからは「薬剤師を辞めたいと悩んでいる方、今の職場から転職しようと悩んでいる方」向けにおすすめな薬剤師転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

    転職エージェントごとに特徴がありますので、自分に合っていそうなものを複数選んで登録してみてください。

    1.薬キャリ|最初に登録しておくべき転職サイト

    薬キャリ

    おすすめ度:
    公式サイト: https://agent.m3career.com/

    薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。
    「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

    最短即日で最大10件の求人を紹介するなど、スピード感のある対応が人気で、非公開求人も紹介してくれます。また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。
    ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。

    求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

    公開求人数 約57,000件(2020年3月現在)
    非公開求人 8,000件以上
    対応エリア 全国(一部エリアを除く)

    公式サイトはこちら

    薬キャリの口コミ(抜粋)

    口コミアイコン
    30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
    妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案もらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。
    求人もすぐに何件か提案してくレました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。


    2.リクナビ薬剤師|キャリアアップしたい方におすすめ

    リクナビ薬剤師

    おすすめ度:
    公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

    リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師さんのための転職サイトです。
    「エージェント型」のサイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポートしてくれます。また、最短3日での転職が可能で急いで転職したい!と希望している方にもおすすめです。

    リクナビ薬剤師の最大の魅力は、キャリアアップしやすい点です。高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。
    ドラッグストアや薬局への転職にも強いです。

    公開求人数 約35,000件(2020年3月現在)
    非公開求人 75%
    対応エリア 全国(一部エリアを除く)

    公式サイトはこちら

    リクナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

    口コミアイコン
    30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
    前職はかなり残業があったので残業が少ない職種を希望していました。給与もできるだけ下げたくない、と希望を伝えたところ、的確な求人を紹介してもらえ、ドラッグストアに転職できました。
    大きくはないですが給与も上がりました。微妙なニュアンスの違いについてもしっかり聞いていただけ、連絡も早く丁寧でした。


    3.マイナビ薬剤師|20代・30代の転職におすすめ

    マイナビ薬剤師

    おすすめ度:
    公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

    マイナビ薬剤師は、20代や30代に人気のマイナビが運営する薬剤師さんに特化した「エージェント型」転職サイトです。全国15拠点の薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さです。利用者満足度No.1も獲得しています。
    また、紹介件数は平均19.5件と他と比べても多く、選択肢が多い方が嬉しい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるので、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。
    サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、とても探しやすいのではないでしょうか。定期的に転職相談会も実施しているので、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

    公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
    非公開求人 40%
    対応エリア 全国(一部エリアを除く)

    公式サイトはこちら

    マイナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

    口コミアイコン
    20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
    転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。
    そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。


    4.ファルマスタッフ|転職に不安な方におすすめ

    ファルマスタッフ

       

    おすすめ度:
    公式サイト: https://www.38-8931.com/

    ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師さんのための「エージェント型」転職サイトです。
    転職相談満足度96.5%と満足度が高く、求人数も約60,000件。
    グループ会社には、日本調剤株式会社があり、教育のノウハウがしっかりしているため、登録者はしっかりとした教育環境を利用できることも大きな魅力です。
      面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。
      「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているので、転職はまだ具体的に考えていない方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

    公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
    対応エリア 全国(一部エリアを除く)

    公式サイトはこちら

    ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

    口コミアイコン
    20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
    第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。
    また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。


    5.アプロドットコム|正社員以外の幅広い提案も。

    アプロドットコム

       

    おすすめ度:
    公式サイト: https://apuro.com/

    アプロドットコムは、求人数約5万件を誇る「エージェント型」転職サイトです。
    求人数が多いことや、丁寧なサポート体制が魅力で、面接対策や履歴書の書き方までサポートを受けることができます。また、派遣の求人数も多いため、正社員だけでなく幅広い提案をしてもらえます。
    登録後、900本以上の講座を無料で受講することができ、薬剤師としてデビューしてから日が浅い方もしっかり学びを深めながら転職することができます。
    求人数が多い分、駅近など条件の良い求人も多いという口コミも。今よりも条件はよくしたいけどまだ自信はない…そんな方におすすめの転職サイトです。

    公開求人数 約47,000件(2020年3月現在)
    非公開求人 約20,000件
    対応エリア 全国(一部エリアを除く)

    公式サイトはこちら

    アプロドットコムの口コミ(抜粋)

    口コミアイコン
    20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
    前回の転職では大手サイトを使いましたが、評判の良かったアプロドットコムさんに登録しました。残業の量や休みなどしっかりこだわったのですが、満足する転職になりました。
    面接に同席してくれ、評判通り丁寧なエージェントでした。ただ、提案してもらった求人より自分で探した求人の方がしっくりきました。

    今の仕事を辞める際の準備・手続き

    この章では、実際に「薬剤師を辞める」「今の職場から転職する」となった際に、今の仕事を辞める際の準備・手続きについて詳しく解説いたします。

    POINT1. 転職活動をしておく

    次の就業先を決めるためにも、転職活動をしておく必要があります。
    転職活動は在職中に行いましょう。退職してから転職活動を始めると、経済的に余裕がなくなり、精神的にもだんだんと追い込まれてしまい希望していない職に就くことになってしまう可能性があるからです。
    次の職種が薬剤師であれ違うものであれ、転職先は退職前に行っておくことが大切です。

    また、一人で転職活動を行うことが難しいのであれば転職エージェントを利用することをおすすめします。
    >>薬剤師転職サイトおすすめランキング15選

    POINT2. 可能な限り、直属の上司にアポをとり、退職の意向を伝える

    転職先が決定したら、直属の上司にアポを取りましょう。
    できる限り早いタイミングで話せるようにしてください。
    退職日の1~3ヶ月前に話すことがベストです。

    退職の話をする際には、必ず直属の上司にアポを取りましょう。この時、直属の上司以外の人にアポを取ってしまうと大変失礼にあたります。
    直属の上司は「自分を飛び越えて重要な話を進められた」と考え、非常に不快な思いをしてしまいます。これでは円満退職が難しくなってしまうかもしれません。
    波風を立てないためにも、アポは必ず直属の上司に取るようにしましょう。

    ちなみに退職の意思は早めに伝えておくほど、円満退職できる可能性は高いです。
    なぜなら、会社としてもゆとりを持った状態で、後任の採用活動が可能になるからです。

    急なタイミングで伝えると、引き留められたり、退職の交渉が難しくなってしまうケースが大いに考えられます。

    法律上では、2週間前に伝えれば退職は可能であるという定めがありますが、業務の引継ぎ等の負担も考えて、なるべく早いタイミングで伝えるようにしましょう。

    お互いが気持ち良く別離するためにも、早めの連絡を心がけてください。

    企業に迷惑をかけずに退職する2つのポイント

    • 引継ぎに重要な資料を作成しておく
    • ゆとりをもって引継ぎができるように、退職日までのスケジューリングをしっかりしておく

    上の表に書いてあること実行して、なるべく迷惑をかけないようにしようとする姿勢を周囲にアピールすることが大事です。

    POINT3. 退職の件についての話し合い

    円満退職をするためには、周囲に迷惑をかけないことが重要です。
    薬剤師の場合はあなたが辞職することで利用者を担当している人員が欠けることになるので、より一層注意が必要です。

    退職の話し合いにおいて重要視すべき2つのポイント

    • 条件の見直しを提示されても絶対にぶれない
    • 引継ぎ業務や退職するうえで必要な業務をしっかりこなすが、転職先を重視する

    条件の見直しを提示されても絶対にぶれない

    施設が人手不足である場合、人材を確保しようとするため現在よりも良い条件を提示されることがあります。
    しかし、条件や環境が変わることはまずありません。決して意思を引きずられることがないようにしましょう。
    断固辞めるのだという姿勢を取り、退職の意をしっかりと伝えてください。

    引継ぎ業務や退職するうえで必要な業務をしっかりこなすが、転職先を重視する

    話し合いの中で「君に退職されたら困る」のような引き止めや、「〇月までは残ってほしい」というお願いをされるかもしれません。
    もし、次の転職先が決まっているのであれば、そのお願いは受けてはいけません。
    退職日は設定した日から必ず動かさないようにしましょう。
    「自分は1か月で退職するので、あと1か月間で出来る限りの引継ぎをいたします」など、あと1か月は最大限のパフォーマンスは約束するものの、退職という気持ちは変わらないと伝えましょう。

    同僚や先輩に仕事を辞める意向を伝える時の注意点

    仕事を辞める時には、上司にアポを取って場所を移し話をするのが鉄則です。
    自分のことだからといって、誰にでもぺらぺらと話していいわけではありません。
    特に、上司に了解をもらったからといって同僚に退職することを話してしまわないように細心の注意を払いましょう。
    飲みの席などでぽろっと零してしまわないように気を付けてください。
    退職の発表はさまざまな事情を踏まえた上で上司が行います。自分で勝手に行わないようにしましょう。

    POINT4. 退職願・退職届を作成・提出する

    退職についての話し合いを終えたら、退職届・退職願の作成・提出を行います。

    退職届・退職願も提出は話し合いの終了後

    退職届・退職願の作成・提出は「退職についての話し合い後」がベストタイミングです。
    なぜそのタイミングで提出するのか理由は2つです。

    • 話し合いが終了してないのに退職願を出してしまうと失礼にあたるため
    • 退職願・退職届を受け取ったタイミングで受理した事と同意義になるので、受け手が戸惑ってしまう恐れがあるため

    以上の2点から、話し合いが終了した後、上司に確認してから作成と提出をしましょう。

    退職願・退職届の作成・提出方法

    退職の際には、書面が必要かどうか施設や病院の慣習や決まりによって異なります。
    口頭でも構わないところもありますが、退職願が必要なところもありますから事前にきちんと確認をとっておきましょう。

    退職願はパソコンでも手書きでも、どちらでも構いません。
    因みに自己都合で退職する場合は「退職願」と呼びます。
    勤務先の都合の上での退職や退職が決定した後に提出する場合は「退職届」、役職持ちの方や公務員の退職は「辞表」となりますので、状況によって呼び方が変わってくるので気を付けましょう。

    退職願のフォーマットなどあるのであれば、順番に沿って記載していきます。
    フォーマットが存在しなければ、白の用紙に縦書きで「退職理由・記載した日付・自筆・押印」を記載します。
    改ざんができる鉛筆や、経年劣化で消えるボールペンなど消しゴムで消すことが可能なものでの記載、修正テープの使用は禁止です。

    宛名は代表者の名前で、退職理由は「一身上の都合により退職させていただきます」とシンプルなものにしましょう。
    決して上司に対する不満であったり、感傷的な文にならないようにしましょう。また退職日に関しては上司と相談して決めた日を記載しましょう。

    封筒も白地を選び、表には「退職願」と記載します。裏には自分の名前を記載。
    最後に誤字・脱字がないか、押印がきれいに押されているかをチェックしましょう。念のために退職願のコピーを取っておくと良いでしょう。

    退職願を提出する理想のタイミングは、1か月前遅くても2週間前には直属の上司に手渡しができるようにしておきましょう。
    手渡しする日がきたら、重々しい表情で上司の前に行き、「退職する決意をいたしました」と渡しましょう。

    この提出・作成方法を理解し、良い形で退職できるようにしましょう。

    POINT5. 引継ぎ・お世話になった方へのご挨拶

    退職願を提出し終えたら、引継ぎ期間に移ります。
    この時期に利用者のご家族やお世話になった方にご挨拶したり、残っている有休消化をしましょう。

    円満に退職を行ううえで大事なことまとめ

    ここでは、退職を決めてから実際に仕事を辞めるまでの一連の流れをご紹介しました。

    流れとしてはこのような手順になります。

    仕事を辞めるまでの流れ

    1. 転職活動をしておく
    2. 可能な限り、直属の上司にアポをとり、退職の意向を伝える
    3. 退職の件についての話し合い
    4. 退職願・退職届を作成・提出する
    5. 引継ぎ・お世話になった方へのご挨拶

    この手順をしっかり守っていれば、円満退職することができるでしょう。

    薬剤師を辞めた方の実際の口コミ

    次にこの章では、薬剤師を辞めた方の実際の口コミをご紹介します。

    「辞めてよかった」という方の口コミと「辞めなければよかった」という方の口コミの両方を集めて紹介していますので、是非2つの観点からの口コミを参考にしてください。

    辞めてよかった

    まずは、「薬剤師を辞めてよかった」「今の職場から転職してよかった」という方たちの意見をご紹介します。

    意見としては、「ライフ・ワークバランスが改善した」「人間関係が改善した」という意見が多かったです。

    口コミアイコン
    20代男性 薬剤師(年収600万円代)
    以前勤めていた病院から調剤薬局へと最近転職をしました。調剤薬局での業務は初めてかつ、未経験であったため最初は不安でしたが、周りの方のフォローもあり、今は慣れて働くことができています。
    変わった点として、病院の時と比べてかなり自分の時間が多くなったと感じています。病院に勤務していた際は、毎日残業で夜遅くに帰ってくるのが当たり前でした。しかし、今の職場では定時に帰ることがほとんどで大きく生活が変わったと実感しています。
    口コミアイコン
    30代女性 薬剤師(年収600万円代)
    前職は調剤薬局で働いていましたが、職場の人間関係で悩んでいたこともあって、地域の病院へと転職をしました。調剤薬局の人間関係は狭く、毎日同じ同僚と顔をあわせることが必要でした。そのため、働いているうちに段々とお互いに不満が出てくるようになり、居心地の悪い状態でした。

    しかし、実際に病院で薬剤師として転職してからは、人間関係に悩むことはなくなりました。給料も前職よりかは低くなりましたが、転職してよかったなと感じています。給料も大事ですが、働く労働環境も重要だと改めて思いました。

    口コミアイコン
    20代女性 薬剤師(年収500万円代)
    薬剤師から企業のMRとして、働くことになりました。MRは医療の営業職ですが、調剤薬局で働いていた頃とは全く違う仕事のやりがいがあり、とても新鮮に感じました。

    正直、調剤薬局の薬剤師としての仕事から離れて営業職に挑戦するということは不安でしたが、転職した結果、現在は仕事にとても満足して働けています。

    辞めなければよかった

    続いて、「薬剤師を辞めなければよかった」「前の職場から転職しなければよかった」という意見もご紹介します。

    意見としては、「逆に働く環境が悪くなった」「給与が低くなった」という意見が多かったです。

    口コミアイコン
    20代男性 薬剤師(年収400万円代)
    転職をして働く環境は良くなったものの、年収が低くなったことがかなりマイナスポイントでした。前職はドラッグストアで働いており、残業代も出たためかなり稼げてはいました。
    しかし、病院に転職をしてからは残業もなくなり、基本給も少なくなったため、もらえる金額が大幅に減ったのは事実です。「転職をしたことで年収が増加した」などの謳い文句は多いですが、実際に私のように年収が下がるケースも多いです。

    口コミアイコン
    20代女性 薬剤師(年収600万円代)
    前職は病院で働いていましたが、色々と転職のことを考えて、ドラッグストアへと転職をしました。病院で5年間働いていた経験があったので、その知識と経験はドラッグストアでのキャリアに活かせるなと思っていました。
    しかし、実際にドラッグストアで働いてみると、病院では経験しないような業務ばかりだったので慣れるのにかなり苦労しました。特にドラッグストアは、医療品以外の健康食品についての知識やお客さんへの対応など新たに覚えることがたくさんありました。職場の雰囲気なども違うので最初は戸惑いましたね。

    薬剤師を辞めたい|まとめ

    この記事では「薬剤師を辞めたい」「今の職場から転職したい」と思っている方に向けて、薬剤師の辞めたい理由や後悔しないために抑えておくべきポイントをご紹介しました。

    また、それと合わせて辞めるか迷ったときに活用したい薬剤師転職エージェントも紹介しました。是非、ご自身に合った転職エージェントを複数選んで登録してみてください。

    転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
    薬キャリ 約55,000件
    全国の提携コンサルタント企業の求人を
    一括で探せる!
    リクナビ薬剤師 約35,000件
    認知度No.1!
    急な転職にも対応しているサイト。
    マイナビ薬剤師 約58,000件
    ご利用満足度No.1!
    全国15拠点でサービスを展開。

    ▶︎横にスクロールできます▶︎

    上記の3つの薬剤師転職エージェントがおすすめですので検討してみてください。

    都道府県別おすすめ転職エージェント
    関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
    栃木 群馬
    関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
    奈良 和歌山
    中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
    石川 福井 山梨 長野
    北海道
    東北
    北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
    中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
    四国 徳島 香川 愛媛 高知
    九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
    宮崎 鹿児島 沖縄