「薬剤師に一番適している転職の時期はいつだろう」「薬剤師として転職したいけれど、どの時期にすれば良いだろう」といった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

転職の時期を見誤ってしまうと、転職そのものがスムーズに進まなくなってしまう可能性がありますから、きちんと正しい時期を知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、薬剤師が転職するにあたって最も適している時期についてご説明していきます。
また、転職する際に絶対に気をつけるべきことや、転職に適していない時期についてもご説明していくので必読ですよ。

記事の中では、併せておすすめの転職エージェントもご紹介しますので、そちらも参考にしてください。

薬剤師求人が
圧倒的に多い
薬キャリ

薬キャリ
薬剤師登録者数No.1
コンサルタント満足度95%

\60秒で登録完了/

公式サイト→

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
最短3日で転職!
キャリアアップにも強みあり

\60秒で登録完了/

公式サイト→

記事の目次

薬剤師転職に適している時期とは

転職に適している時期は、実はひとつではありません。
いくつか適しているタイミングがあり、それを把握しておく必要があります。
ここでは、そのタイミングについてご説明していきます。

1. 求人が増えるタイミング

求人が増えるタイミングには、好待遇の求人が出やすくなるため転職時期として狙い目だと言えます。
最もおすすめであるのが、1月~3月です。
4月入社の社員を募集するために、企業や薬局で大量に募集がかけられるのがこの時期です。

次いで求人募集が多くかけられるのが、10月入社の社員を募集するための7月~9月です。
しかし、こちらは1月~3月より少し量が少なくなってしまう傾向にあります。
そのため、真の狙い目は1月~3月だと言えるでしょう。

求人が多ければ多いほど選択肢は広がりますが、選り好みしすぎて結局選びきれなかった、といったことがないように注意しましょう。
好待遇かつ、自分が転職活動の条件として挙げているものに当てはまる求人を選ぶようにしてください。

2. 「急募」がかけられるタイミング

秋から冬にかけて、薬局などでは風邪の流行を見据えて緊急の増員を行う場合があります。
そのため、「急募」として求人が出されることがあるので、チェックしておきましょう。
「急募」の求人は好待遇のものが多いため、見逃す手はありません。

ただし、「急募」の求人が出されるタイミングでの業務は通常よりも忙しいことが予想されます。
残業が多いことも予想しておかなければなりませんから、もし残業ができない事情を抱えているのであれば、面接の段階で残業の有無に関してそれとなく尋ねておく必要あります。

3. ボーナスが支給された後

せっかくですから、ボーナスが支給された後に転職する方が良いでしょう。
しかし、個人経営の薬局などではボーナスに関する規定がきちんと定められていない可能性があります。
ボーナスがもらえるかどうか、また、いつもらえるか、あらかじめ勤務先の規定を確認しておきましょう。

ボーナスをもらい損ねたまま退職してしまうと、転職後に後悔することになりかねません。
ボーナスに関してはその企業や薬局によって規定がまちまちですから、直接確認することが一番確実だと言えます。

薬剤師転職に適しているタイミングとは

時期を見計らうことも大切ですが、タイミングを逃さないことも同程度に大切です。
ここぞという時に転職することによって、転職の成功率を上げることができるだけではなく、あなたのためになる転職をすることができるのです。

ここでは、どのようなタイミングで転職をすれば、薬剤師としての価値を高めつつ、上手く転職することができるのかについてご説明していきます。

1. なるべく若いうちにする

転職はなるべく若いうちにするのが望ましいです。
働き始めてから1年~2年くらい経った頃からが良いでしょう。
最適なのは25歳を過ぎた辺りです。

これは、転職先の企業や薬局が、「この人は即戦力になってくれる」と思い、雇いやすいと考えてくれるからです。
また、新しい業務を任せても、これまでの経験があるため安心できるという考えを持ってくれることも大きく影響しています。

このようなことを考慮すると、働き始めて1年未満の人にはあまり転職をすることをおすすめできません。
キャリアが浅いため、「本当に戦力になってくれるだろうか」と疑われてしまう可能性があるからです。
そのため、できれば1年以上は同じ職場で勤めて、そこでキャリアを積むことをおすすめします。

2. どうしても今辞めたい時

労働環境が悪く、常に疲労困憊している状態が続いているような日々を送っている場合には、転職をしても良いでしょう。
毎日つらい、つらいと思いながら仕事をすることは何よりも苦痛でしかありません。
パワハラやセクハラが横行している場合や、人間関係で悩んでいる場合などには仕事に集中しにくいですから、転職をする理由としては十分です。

しかし、転職に踏み切る前に一度立ち止まって考えることは重要です。
自分の行動で改善できることはないだろうか、と考え、それでもやはりどうしても転職する以外に解決方法がないという結論に達してから転職に踏み切りましょう。

転職はあくまでも最終手段です。
苦渋の決断として使うべきですから、まずは何かできることはないかと考えてみましょう。

転職する際に気をつけること

薬剤師が転職する際に気をつけたいことは、3つのポイントに絞ることができます。
ここでは、その3つのポイントについてご説明していきます。

1. 条件を明確にしておく

転職するにあたって、自分が転職先に求める条件は明確にしておかなければなりません。
何となく求人情報を眺めていても、良い転職先を見つけることはできないからです。
交通の便が良い、待遇が良い、近くに託児所があるなど、転職先に求める条件は人それぞれ違うでしょう。まずは自分が何を求めているのか整理してみることから始めてください。

また、条件が出揃ったら、次はそれらに優先順位をつけてください。
優先順位がはっきりしていないと、色々な求人に目移りしてしまい、どれに決めれば良いのかわからなくなってしまいます。

条件に関しては、妥協しなければいけないことが多くあります。
全ての条件を満たした職場というものは、なかなか見つからないものです。
それを見つけるまで転職活動を続けようとして、転職期間を長引かせることがないようにしてください。

もちろん入りたくない企業に入社する必要は全くありません。
しかし、転職活動にはある程度の妥協が必要だということも覚えておきましょう。

2. すぐに次の転職をしようとしない

転職先が思っていたようなところではなかったとしても、すぐに次の転職をしようとしてはいけません。
転職を繰り返すと、履歴書がどんどん短い職歴で埋まってしまいます。
これは次の転職に不利になってしまいますから、絶対に避けるべきです。

次の転職先が良いところがどうかは、全く保証ができません。
再度転職したとしても、また肌に合わない職場かもしれない可能性もあるのです。
それを考えれば、今の転職先でしばらく頑張って働く方が良いでしょう。

転職活動は労力が要るものですから、また行うとなるとかなり心身ともに疲労してしまうことは確実です。
今の転職先も、慣れてみれば悪いところではないと思えるかもしれない、と考えてみてください。

3. 転職期間には余裕を持つ

転職期間には必ず余裕を持つようにしましょう。
焦って転職すると、望まない転職をすることになってしまう可能性が非常に高まってしまいます。
もちろん転職活動を長引かせることは良くありませんが、短すぎることも同程度望ましくないのです。

焦って転職しなくても済むように、あらかじめ転職期間を乗り切ることができるくらいの貯金はしておきましょう。
生活費として、3ヶ月程度暮らしていける貯金をしておく必要があります。

安定した生活ができていない状態で転職活動をしていると、どうしても焦りが生じてしまい、内定が出た企業や薬局に「もうここで良いか」と飛びついてしまうことが懸念されます。
きちんと転職先を精査する目を持つためにも、生活にはゆとりを持っておかなければなりません。

転職で失敗しないためにも、転職先はじっくりと適切な時間をかけて選んでいきましょう。

転職することを職場に伝えるタイミング

転職することを職場に伝えるタイミングも、非常に重要です。
遅すぎては迷惑をかけてしまいますから、適切なタイミングで話を切り出しましょう。
ここでは、最適なタイミングについてご説明します。

1~3ヶ月前に伝える

転職することは、1~3ヶ月前には伝えましょう。
もちろん決まった段階で伝えられればそれが一番望ましいです。

法律では、退職届を出してから2週間以内で退職できることになっていますが、2週間では少し急だという印象を持たれてしまい、円満退職ができない場合があります。

企業や薬局としても、抜けてしまった分の人材を確保するための準備があるので、なるべく早く今の職場を辞めることを伝えておきましょう。

繁忙期は避ける

できれば繁忙期は避けるべきです。
繁忙期は皆忙しくしているので、一人でも抜けてしまうと大幅に効率が悪くなってしまうため、あまり良い顔をされません。

周囲に迷惑をかけないためにも、繁忙期は避けたいところですが、どうしても繁忙期に重なってしまった時は、なるべく早めに辞意を伝えておきましょう。
早めに伝えておくことで勤務先としては求人募集をかけやすくなりますから、多少繁忙期に穴が開いてしまうことをカバーできます。

繁忙期は避けたいといっても、最も大切なのはあなたの転職時期です。
あなたの転職先が決定したのであれば、繁忙期であっても仕方ないと考えて伝えるしかありません。

転職に適していない場合とは

ここまでは、薬剤師の転職に適しているタイミングや時期についてご説明してきました。
それでは、反対に適していない場合とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。
ここでは、そのタイミングや時期についてご説明していきます。

1. 理由のないブランクの後の転職

理由が特にないのにブランクがある場合の転職は、非常に危険です。
前の薬局や病院、企業で何かもめ事があったのではないか、体調が悪くなってしまったのではないか、などといった疑念を抱かれてしまう可能性があるからです。

そのため、なるべくブランクを作らないように転職をすることを心がけましょう。
間が空いてしまうと、本当に仕事ができる人なのかどうか疑われてしまいます。

薬剤師としてのスキルが高くても、ブランクがあるだけで採用率は低くなってしまいます。
狙った企業や病院から確実に内定をもらうためにも、ブランクは失くしておきましょう。

2. 転職活動期間が長引きすぎた際の転職

転職活動期間が長引きすぎてしまうと、余裕がなくなり冷静な判断ができなくなる可能性が非常に高いです。
特に薬局などは求人募集を出しているところが多いですから、面接を手当たり次第に受ければどこかから内定をもらえることはあるでしょう。

しかし、そこが本当に自分の求めている条件に合致しているかどうかとなると、話は別です。
「もういいか」と焦って決めてしまうと、入ってから「やっぱりここにしなければ良かった」と後悔することになるかもしれません。

転職活動期間は長引きすぎると次第に余裕を奪っていきます。
適度なところで終わらせられるように、計画性を持って行動できるように気をつけましょう。

女性薬剤師におすすめな転職の時期とは

ここでは、女性薬剤師におすすめな転職の時期についてご説明していきます。
女性薬剤師にはそれぞれが抱える事情があるでしょうから、ライフイベントに合わせて転職の時期を決めましょう。

1. 結婚を機に転職する

女性薬剤師には結婚を機に転職を決めることがおすすめです。
残業が少ない職場へ転職するということも大事ですが、それ以上に産休や育休を見据えて転職するということが非常に大切だと言えます。

個人経営の薬局などでは、育休制度を設けていない場合があります。
また、産休や育休にあまり理解がない職場もありますから、そういったところからは早めに転職するべきです。

産休をとってから復帰しやすい職場を選びたいところですが、入社前に判断することはかなり難しいと言えます。
そこで活用したいのが転職エージェントです。
転職エージェントに転職先の内情を教えてもらえば、産休後の雰囲気を知ることができます。

注意すべきことは、産休や育休をとったままフェードアウトすることです。
休んでいる間の手当だけを享受して、そのままいなくなってしまった人という印象を与えてしまいます。
あくまでも円満退職を目指したいところですから、きちんと勤め上げてから退職するようにしましょう。

2. 育休の申請拒否の可能性について

結婚してから早めに転職しておいた方が良いという理由には、育休制度の申請拒否にも関係があります。
育休制度は入社してから1年以上経過していないと、勤務先から拒否される可能性があるのです。

絶対に育休制度を受諾してもらうためには、入社してから1年以上経過している必要があります。
そのため、なるべく早く転職して育休を絶対にとることができる状態にしておきましょう。

薬剤師の転職を成功させるために重要なこと

ここでは、薬剤師が転職を成功させるために重要なことを2点に絞ってご説明していきます。

1. 一人で転職活動をしない

決して一人で転職活動をしてはいけません。
転職活動をする時は、必ず転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントとは、無料で利用できる転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。
薬剤師に特化している転職エージェントは多くありますから、いくつか登録してサポートを受けましょう。

自分一人では、大量の求人全てに目を通すことはできません。
そこで、転職エージェントでは、提示した条件に適している求人を、専属のエージェントが提案してくれます。

また、エージェントは転職先の企業や病院などの内情を知り尽くしていますから、入社する前にどういった雰囲気のところなのかを詳しく教えてくれます。
直接は聞きにくい年収についてもきちんと答えてくれますから、安心して面接を受けることができるでしょう。

そして、エージェントは面接対策や書類添削も行ってくれます。
苦手意識がある人はぜひお願いしましょう。

このように、転職エージェントを活用することによって転職活動は一気にスムーズに進むのです。

2. 時期を逃さない

常に求人をチェックしておくことも大切です。
転職エージェントに登録すると、非公開求人を見ることができるようになります。
非公開求人も含めて、求人情報は毎日更新されていきますから、必ず毎日確認するようにしましょう。

非公開求人とは?
非公開求人とは、転職エージェントが公にしていない求人のことです。
これらの求人は、転職エージェントに登録することによって、初めて閲覧・応募することができるようになります。

なぜ公にされていないかというと、待遇が良いため応募が殺到してしまうという理由と、企業が採用しているという情報そのものを隠したいという意図があるという理由があります。

また、入社してすぐに重要なポジションを任されるという場合もあります。

こういったおいしい求人はすぐに募集を締め切ってしまうことが多いので、良いと思ったらすぐにエージェントに連絡してください。

薬剤師に特化したおすすめ転職エージェント

ここでは、薬剤師が転職する際におすすめの転職エージェントをご紹介します。
どれも薬剤師の転職に特化しているため、業界を知り尽くしたエージェントが所属しています。
今の悩みを受け止めてくれることはもちろん、今後のビジョンに関する相談や転職活動のサポートを全力で行ってくれる優秀なエージェントばかりです。

1.薬キャリ|最初に登録しておくべき転職サイト

薬キャリ

おすすめ度:
公式サイト: https://agent.m3career.com/

薬キャリは、医療業界専門のエムスりーグループが運営しているサイトです。全国の提携コンサルタント企業30社以上の薬剤師求人を一括で探すことができ、掲載されている求人数は圧倒的。
「サイト型」だけではなく、「エージェント型」としてもかなり評価が高く、薬剤師登録者数No.1・コンサルタント満足度95%を誇っています。

最短即日で最大10件の求人を紹介するなど、スピード感のある対応が人気で、非公開求人も紹介してくれます。また、医療業界に顔が広い企業でもあるため、製薬会社や病院などに転職したい方には特におすすめです。
ママさん薬剤師の方をサポートする「薬キャリmama」というサイトもあり、ママさん薬剤師への手厚いサポートも魅力の一つと言えます。

求人数、情報の質、サポート体制、全てにおいて優秀な転職サイトですので、転職を考えている方は最初に登録しておくべきサイトです。

公開求人数 約57,000件(2020年3月現在)
非公開求人 8,000件以上
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

薬キャリの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
妊娠などで約1年のブランクがありましたが、正社員として雇用してもらえました。自分で探しても見つけることができなかった職場候補を提案もらえたので選択肢の幅がとても広がり、無理なく働くことができています。
求人もすぐに何件か提案してくレました。こんなにすぐ決まると思っていなかったので満足しています。


2.リクナビ薬剤師|キャリアアップしたい方におすすめ

リクナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師さんのための転職サイトです。
「エージェント型」のサイトで、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポートしてくれます。また、最短3日での転職が可能で急いで転職したい!と希望している方にもおすすめです。

リクナビ薬剤師の最大の魅力は、キャリアアップしやすい点です。高収入案件を多数揃えているため、キャリアアップ、給与アップを目指している方はぴったりです。
ドラッグストアや薬局への転職にも強いです。

公開求人数 約35,000件(2020年3月現在)
非公開求人 75%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
30代男性(薬剤師 / 年収500万円台)
前職はかなり残業があったので残業が少ない職種を希望していました。給与もできるだけ下げたくない、と希望を伝えたところ、的確な求人を紹介してもらえ、ドラッグストアに転職できました。
大きくはないですが給与も上がりました。微妙なニュアンスの違いについてもしっかり聞いていただけ、連絡も早く丁寧でした。


3.マイナビ薬剤師|20代・30代の転職におすすめ

マイナビ薬剤師

おすすめ度:
公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師は、20代や30代に人気のマイナビが運営する薬剤師さんに特化した「エージェント型」転職サイトです。全国15拠点の薬剤師専任アドバイザーが転職をサポートしてくれ、必要であれば求人情報の読み方からレクチャーもしてくれる手厚さです。利用者満足度No.1も獲得しています。
また、紹介件数は平均19.5件と他と比べても多く、選択肢が多い方が嬉しい方にはぴったりです。基本的には会って相談できるので、転職活動に慣れていない方や細かいニュアンスまで伝えたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。
サイトでは閲覧数の多い求人をランキングでまとめていたり、求人特集があったりと、とても探しやすいのではないでしょうか。定期的に転職相談会も実施しているので、まだ転職を決めきっていない方も気軽に参加してみてもいいかもしれません。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
非公開求人 40%
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師の口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収400万円台)
転職は初めてだったのですが、しっかりと履歴書など含め教えてもらえたので安心できました。時間がない時や遅い時間には、電話でサポートしてもらえたり、対応も早かったです。
そのおかげもあって早めに転職活動を終えることができました。ただ、病院の求人はあまり多くはないので、希望する方は気になるかもしれません。


4.ファルマスタッフ|転職に不安な方におすすめ

ファルマスタッフ

   

おすすめ度:
公式サイト: https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフは、薬剤師転職サポート20年の歴史をもつ薬剤師さんのための「エージェント型」転職サイトです。
転職相談満足度96.5%と満足度が高く、求人数も約60,000件。
グループ会社には、日本調剤株式会社があり、教育のノウハウがしっかりしているため、登録者はしっかりとした教育環境を利用できることも大きな魅力です。
  面接同行サービスもあるほどコンサルティングには力を入れており、初めての転職や転職に不安のある方、第二新卒の方にもぴったり。
  「転職しない相談会」という、今後のキャリアや自分の市場価値を確かめるための相談会も開催しているので、転職はまだ具体的に考えていない方もぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

公開求人数 約60,000件(2020年3月現在)
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

ファルマスタッフの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代女性(薬剤師 / 年収300万円台)
第二新卒です。求人数が多く、薬剤師専門のサイトだったので登録しました。あまり経験もない状態の転職で不安でしたが、面接にも同行してくれ、親身に相談に乗ってくれたのでとても安心できました。
また、eラーニングの受講ができたので、転職活動中の時間も有効に時間を使えたなと思います。


5.アプロドットコム|正社員以外の幅広い提案も。

アプロドットコム

   

おすすめ度:
公式サイト: https://apuro.com/

アプロドットコムは、求人数約5万件を誇る「エージェント型」転職サイトです。
求人数が多いことや、丁寧なサポート体制が魅力で、面接対策や履歴書の書き方までサポートを受けることができます。また、派遣の求人数も多いため、正社員だけでなく幅広い提案をしてもらえます。
登録後、900本以上の講座を無料で受講することができ、薬剤師としてデビューしてから日が浅い方もしっかり学びを深めながら転職することができます。
求人数が多い分、駅近など条件の良い求人も多いという口コミも。今よりも条件はよくしたいけどまだ自信はない…そんな方におすすめの転職サイトです。

公開求人数 約47,000件(2020年3月現在)
非公開求人 約20,000件
対応エリア 全国(一部エリアを除く)

公式サイトはこちら

アプロドットコムの口コミ(抜粋)

口コミアイコン
20代男性(薬剤師 / 年収300万円台)
前回の転職では大手サイトを使いましたが、評判の良かったアプロドットコムさんに登録しました。残業の量や休みなどしっかりこだわったのですが、満足する転職になりました。
面接に同席してくれ、評判通り丁寧なエージェントでした。ただ、提案してもらった求人より自分で探した求人の方がしっくりきました。

また、以下の記事も参考にしてみてください。

>>薬剤師転職サイトおすすめランキング14選|口コミや選び方も解説【2020年最新版】

より多くの転職エージェントをご紹介しているので、必読ですよ。

薬剤師が転職するのに最も適している時期とは|まとめ

この記事では、薬剤師が転職するにあたって最も適している時期についてご説明してきました。

薬剤師の転職は時期を見計らえば必ず上手くいきます。
タイミングを見失わず、自分が最も納得のいく転職ができるようにしましょう。

そのためにも、転職エージェントをぜひ上手く活用してください。

転職サイト名 公開求人数 総合評価 コメント
薬キャリ 約55,000件
全国の提携コンサルタント企業の求人を
一括で探せる!
リクナビ薬剤師 約35,000件
認知度No.1!
急な転職にも対応しているサイト。
マイナビ薬剤師 約58,000件
ご利用満足度No.1!
全国15拠点でサービスを展開。

▶︎横にスクロールできます▶︎

都道府県別おすすめ転職エージェント
関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城
栃木 群馬
関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 三重
奈良 和歌山
中部 愛知 静岡 岐阜 新潟 富山
石川 福井 山梨 長野
北海道
東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
中国 広島 鳥取 島根 岡山 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本
宮崎 鹿児島 沖縄