無期雇用派遣と紹介予定派遣の比較・違いを解説

無期雇用派遣を目にすることが増えたけど、紹介予定派遣との違いってなんだろう?

疑問に感じることが多いと思います。たしかに両方とも採用試験があったり、直接雇用されたりと似ている点が非常に多いです。

しかし、実際は全く仕組みが異なります。間違って登録してしまうと、思っていなかったことに話が進むこともあります。

こちらの記事では両制度どちらを選ぶべきか判断ができるように「紹介予定派遣」と「無期雇用派遣」の比較や制度の解説を行います。

最初にチェック!高評価の派遣会社
高時給案件が多い
派遣会社

高時給案件多い
求人数に強み
主婦向け案件多数
全国に派遣案件あり

\スマホで登録2分/

公式サイト→

※当サイトで一番人気

大手の実績
抜群のブランド力
全国に派遣案件あり

\スタッフサービスと合わせて登録/

公式サイト→

紹介予定派遣と無期雇用派遣の比較

紹介予定派遣 無期雇用派遣
契約期間 6ヶ月または直接雇用に変更 期限の定め無し
雇用主 派遣元から派遣先に変更 派遣元
採用難易度 比較的社員になりやすい 難しい
給料の上がりやすさ 派遣先に所属変更後上がりやすい 昇級しにくい
就業職種の種類 職種の定めなく幅広く 主に事務職

紹介予定派遣とは

ネコ名札

紹介予定派遣とは最長6ヶ月間の派遣期間終了後、本人および派遣先企業が双方合意した場合、派遣先企業の社員となる制度です。

派遣社員としては、一定期間派遣先企業で働くことで、社風・業務内容などが自分に合うかを確認することができます。

また、通常の就職活動では入社できないような企業にも就職できるチャンスがあります。

受入企業(派遣先企業)としてはその社員が実際に働く様子を確認でき、企業の戦力になり得るか判断することができます。

このことから、両者ともにメリットが大きい制度であります。

紹介予定派遣はネット上では派遣先社員になることは難しいと言われています。

しかし、実際はその逆で、紹介予定派遣で一度派遣されるとほとんどのケースで社員登用化されています。

雇用期間

派遣社員としての雇用期間は最大6ヶ月です。両者とも6ヶ月が経過する段階で、派遣先の社員に切り替わるかもしくは、その職場を辞めることを判断しなければなりません。

また、紹介予定派遣で社員になることを拒んだ場合(企業側が小判他場合も)は、やめた直後から同じ職場で業務を続けることはできません。

やめた場合は紹介予定派遣から派遣に切り替わることになりますが、派遣法では企業側が派遣社員を特定(指名)することができません。

紹介予定派遣社員が引き続き就業することは、企業側で誰が派遣されるか明確にわかり、この特定行為に引っかかるため、禁止されています。

雇用主

派遣期間中(最長6ヶ月)は派遣会社が雇用主となり、派遣先企業に採用された後は派遣先企業が雇用主となります。

派遣先企業に採用後は福利厚生や職務規程などはすべて、派遣先企業に従うことになります。

就職難易度

一般的な派遣(登録型派遣)と違い、書類選考および採用面接があるので、誰でも採用されるわけではありません。

しかし、自身だけで転職活動するよりかは、派遣会社のサポートや派遣先企業の派遣先会社への信頼度により採用されやすくなります。

給料の上がりやすさ

派遣期間中は派遣会社が定めた時給で働くことになりますが、派遣先企業の社員切り替え後は、派遣先企業の給与規定に従うことになります。

時給支払いから月給支払いになることがほとんどで、多くの場合、福利厚生やボーナスを加味して派遣社員時より給与が多くなります。

派遣先企業の給与規定に従うため、社員切り替え後に仕事で実績を残すことで大幅に給与が上がることもあります。

就業職種の種類

一般事務、OA事務、営業事務、経理などの事務職を中心に、営業職や企画職など幅広くの業務から募集されています。

関連記事:【徹底比較】紹介予定派遣おすすめ派遣会社ランキング

無期雇用派遣とは

ネコ昼寝

無期雇用派遣とは派遣会社があなたを直接雇用(正社員)し、派遣先に就業させる仕組みのことをいいます。

一般的な登録型派遣と異なり、派遣会社に直接雇用派遣されることで、派遣先企業で就業していなくても(待機中)でも給与支払われます。

2018年問題への対策として、派遣会社が今後積極的に活用していくことが見込まれています。

雇用期間

無期雇用派遣と名前がついているように、派遣会社に採用されたら契約期間の定めなく働くことができます。

雇用主

雇用主は通常の派遣(登録型派遣)と同じく派遣会社となります。

無期雇用派遣は派遣会社の正社員との扱いになるため、派遣先で長期的に働き活躍したとしても、派遣先の社員になれる見込みはほぼありません。

就職難易度

派遣会社の正社員として採用されるため、登録型派遣と違い派遣会社から「書類選考」や「面接」などが行われます。

一方で現在登録型派遣として就業されている方が、派遣元会社から
無期雇用派遣への転換切り替えの依頼がされることがあります。

しかし、現在の無期雇用派遣はほぼ女性を採用・就業させているため、男性が無期雇用派遣として採用されることはまれです。

給料の上がりやすさ

派遣元企業が定めた「月給」が支払われます。また、登録型派遣と異なり、「賞与(ボーナス)」、「交通費」が支払われますので、登録型派遣より給与が高くなる場合も多いです。

しかし、紹介予定派遣と異なり、長期的に働いても雇用主は派遣会社です。そのため、派遣会社が派遣先企業からの支払いからマージンを取っているため、給与が大幅に上がることはあり得ません

都内在住の方は通常の生活をするぎりぎりの給与で生活することが懸念されます。

就業職種の種類

一般事務やOA事務、営業事務などの事務職をメインに採用募集されています。

今後は様々な職種での採用が見込まれています。

関連記事:【徹底比較】無期雇用派遣おすすめ派遣会社ランキング!事務職未経験から正社員に!

紹介予定派遣の実態と無期雇用派遣の疑問点

悩む子猫

無期雇用派遣は一見、「就業者にとって素晴らしい制度」に見えます。
急に派遣切りされることもありませんし、月給で働ける安心感や、交通費・賞与が出ることの喜びもあります。

しかし、それは派遣ではない働き方をしている人には当たり前のことで、特に珍しいものではありません。

むしろ、昇給もあまり望めず、派遣先企業を転々として、職場になじめなかったり嫌な派遣先企業の上司に当たる可能性も非常に多いです。
無期雇用派遣は登録型派遣と異なり「職場が嫌だからやめる」ことはできません。派遣会社からの指示が出ない限りずっとその職場で働くことになります。

甚大な精神的・肉体的疲労を感じることが容易に想像できます。

一方で紹介予定派遣は6ヶ月間は派遣社員として就業することになりますが、両者の合意後は派遣先企業の社員になります。

派遣期間中にやっぱり職場が合わないと感じた場合は、やめることもできます。

もちろん、派遣先企業で採用後は、その企業の人事評価に従うようになるため、給与も上がりますし、出世の可能性もあります。就業先がころころ変わることもありません。

将来的にキャリアを積んでいきたい・社会的な評価を高めていきたい。
安定して長く働きたいと考えている方は紹介予定派遣の仕事を選ぶことが正しい判断だと考えます

関連記事:【徹底比較】紹介予定派遣おすすめ派遣会社ランキング

関連記事:【徹底比較】無期雇用派遣おすすめ派遣会社ランキング!事務職未経験から正社員に!

エリア別おすすめ派遣会社ランキング
登録すべき派遣会社 派遣会社の特徴・強み
クリックスタッフサービスに登録してお仕事を探す

>>求人数が多いからお仕事を紹介されやすい<<

求人数トップクラス
・リクルートグループだから安心
・翌月から仕事を始められる
クリックパソナに登録してお仕事を探す
未経験案件が豊富
・業界大手の実績
・事務職に強い

未経験で事務職に転職

未経験で事務職に転職

総務事務におすすめの派遣会社ランキング
製造・軽作業・工場におすすめの派遣会社ランキング
アパレル・ファッションに強いおすすめの派遣会社ランキング
コスメ(美容部員)に強いおすすめ派遣会社ランキング
秘書に強いおすすめの派遣会社ランキング
介護職に強いおすすめの派遣会社ランキング
CADオペレーターに強いおすすめの派遣会社ランキング

おすすめの記事